★阿修羅♪ > 国際17 > 723.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国の移民・難民入国制限、なぜこの7カ国? 政府説明と実際のデータ  BBC
http://www.asyura2.com/17/kokusai17/msg/723.html
投稿者 ダイナモ 日時 2017 年 2 月 02 日 10:15:00: mY9T/8MdR98ug g1@DQ4Npg4I
 

ジャック・グッドマン、BBCニュース

ドナルド・トランプ米大統領は27日、特定7カ国の国民の米国入国を90日間禁止する大統領令に署名した。イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの7カ国だ。

シリア難民など難民の受け入れも制限する多岐にわたる入国制限は、オバマ政権下ですでにあった規制を参考に、策定されたものとみられる。特定7カ国は、共和党多数の連邦議会が2015年に可決した査証(ビザ)制度改革法案の中に、「懸念対象国」として挙げられていた。

米国のビザ免除プログラムは、38カ国の国民に対して90日間の無査証入国を認める。日本や英国、フランス、ドイツなどが含まれ、渡航者は電子渡航認証システム(ESTA)を使い事前申請する。

2015年12月に連邦議会は超党派の議員立法で、この制度を変更する法案を可決。ホワイトハウスもこれを支持し、署名成立させた。2011年3月以降に特定の国々に渡航したことのがある人は、ESTAによるビザ免除が適用されなくなった。国内でテロ組織が大きな影響を及ぼしている、もしくはテロリストをかくまっていると見なされた国が対象となった。

法律で当初指定されたイラン、イラク、シリア、スーダンに加え、2016年2月にはリビア、ソマリア、イエメンも対象となった。この同じ計7カ国が、トランプ氏の大統領令でも規制対象となった。

新しい制度では、2011年3月以降にこの7カ国に渡航した人は、ビザを事前に申請し、認められないと、米国に入国できなくなった。

オバマ政権がこの制度変更を承認したのは、2015年11月のパリ連続襲撃事件を受けての対応だった。規制対象がきわめて幅広いトランプ氏の大統領令と異なり、オバマ政権の措置は、そもそも90日間の短期滞在のためのビザ免除プログラムに該当する人に限定されていた。7カ国の国籍者の入国をすべて一時停止するという措置ではなかった。

トランプ大統領は29日、自分の政策は「イラク難民へのビザを禁止した」オバマ氏の命令に「似ている」と表明した。

これは、2011年5月の出来事を念頭においた言及だった。米連邦捜査局(FBI)は当時、連邦法にもとづきイラク市民2人をテロ容疑で逮捕。2人は、過激派アルカイダを具体的に支援し、イラク国内における米軍への攻撃に関与したとして、起訴された。

下院対テロ・情報小委員会は公聴会で、この2人が「イラク難民受け入れの特別プログラム」を悪用したと指摘。イラク難民の審査方法があらためて点検されることとなり、同年のイラク難民受け入れ人数は前年の1万8016人から9388人に一時的に減少した。翌年の受け入れは1万2163人と増えた。

この7カ国の市民が最も危険なのか? 

トランプ氏の大統領命令は、2001年9月11日の米同時多発テロ以来、外国生まれの人物たちが「多数の」テロ関連犯罪を起こしてきたと主張している。大統領令は、この中にはビザで入国した人や難民受け入れプログラムで入国した人も含まれると主張する。

米同時多発テロの実行犯たちは、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)、レバノン、そしてエジプトの出身だった。

下院の国土安全保障委員会は2015年9月、いわゆる「イスラム国」(IS)が西側諸国で60件のテロ計画やテロ攻撃を指揮、もしくはそのきっかけを作ったと報告。60件の中には、米国内での15件も含まれる。イスラム過激派組織に加わったことが確認されている米国市民は、250人。

米ジャーナリストや学識関係者が参加するシンクタンク「ニュー・アメリカ財団」によると、イスラム聖戦主義攻撃に関与した、あるいはそうした攻撃の実行者として死亡したテロ犯の米国在住資格は次の通り――。

・全体の82%は米国籍か永住権を保有

・188人は米国生まれ

・83人は米国籍に帰化した市民

・43人は永住権を持つ市民

・13人は難民

・12人は在住資格不明

・11人は非移民ビザで入国

・8人は不法移民

・38人は不明

近年の米国内で起きた重大な無差別大量殺人事件の犯人はいずれも、入国制限対象の7カ国の市民ではなかった。一部の例を挙げると――。

・フォートローダデール空港乱射(2017年1月)――米国市民

・フロリダ州オーランドのナイトクラブ乱射事件(2016年6月)――アフガニスタン人の両親をもつ米国市民

・カリフォルニア州サンバーナディーノ乱射事件(2015年12月)――パキスタン人の両親をもつ米国市民とパキスタン市民

・テネシー州チャタヌーガ乱射事件(2015年7月)――クウェート生まれの米国市民

・サウスカロライナ州チャールストン教会乱射事件(2015年6月)――米国市民

・ボストン・マラソン爆破事件(2013年4月)――チェチェン系の兄弟。兄はロシアとキルギス国籍で米国永住権を所持。弟は米国市民権を得ていた。

財団のまとめによると、2001年以降に米国内で起きたテロ事件の82%は、市民や永住権のある住民が起こした。同時多発テロ以来、イスラム聖戦主義者によって米国内で殺害されたのは94人。

対象7カ国のうち2カ国の国民が、傷害事件に関わった事例はある。

米シンクタンク「ケイトー研究所」の調査は、米国内で米国人が外国人によるテロ攻撃で殺害される可能性よりも、テロではない殺人事件で殺される可能性の方が253倍高いと指摘している。

共和党のジョン・マケイン上院議員(アリゾナ州選出)とリンジー・グレアム上院議員(サウスカロライナ州選出)は、大統領令がイスラム教圏にどう受け止められるかを強く懸念し、「この国をもっと安全にするよりも、むしろテロリストの募集に役立つかもしれない」と苦言した。

しかしトランプ大統領はこの批判を受け入れず、取材に対して米国の敵はすでに怒っているのだからと反論。自分の第一の責任は国の安全を守ることだと強調した。

そしてトランプ氏の支持者たちも全面的に賛成している。

「ドナルド・トランプはこれは一時的なものだと言っているし、私はあの人を信用している」と、ニューヨーク・スタテン島の住民は言う。「第一の仕事は米国民を守ることだ」。

(英語記事 US travel ban: Why these seven countries? )


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-38823936-bbc-int
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月02日 12:33:54 : y42YJfP4t6 : YxxbUAJ97bk[4]
トランプ大統領と、その周辺の人々は、トランプ大統領の本当の敵が、米国政府内に巣食っていることを熟知している。

トランプ大統領の本当の敵は、ヒラリークリントンを支援して、シリア、イエメンに見られる中東の危機を作り出した。

米国に対するテロ問題は、過去ではなく、現在の中東情勢にある。

ベルギー、フランス、ドイツで起きたテロは、現在の中東情勢と深くつながっている。

おまけ

ほら吹きメディアには気を付けよう。

イギリスのメイ首相が、トランプ大統領の一時的入国禁止措置を批判したと報道されている。

しかし、Brexitが多数を占めたのは、イギリスでも、難民・移民問題が、人々の重要な関心事になったからだ。

実際、昨年11月に行われた世論調査では、イギリス国民の70%は、EUの移民政策を制限すべきだと答えている。

>NatCen study finds 90% favour staying in single market and 70% want limits on EU immigration, posing headache for government

https://www.theguardian.com/politics/2016/nov/16/uk-voters-want-single-market-access-and-immigration-controls-poll-finds


2. 2017年2月02日 13:47:50 : WrFqhoWnPw : 4wPf6nocFOs[1]
>1. 2017年2月02日 12:33:54 : y42YJfP4t6 : YxxbUAJ97bk[4]

阿修羅特有のネット妄想患者だな。笑


3. 2017年2月02日 16:28:58 : 7YR7uvQtAg : 8bEsx3_oCqM[158]
911をいまだに公式発表通りの事件だと信じているなら矛盾しているように見えるだろう。
虚実に基づいた論考は無意味で話を混乱させ物事の実相を隠蔽する役にしか立たない。

4. ダイナモ[153] g1@DQ4Npg4I 2017年2月02日 16:58:45 : xbvVrGFwh2 : XI84yJCmKuA[72]

>虚実に基づいた

この記事のどこが虚偽なのか指摘しないのでは説得力ゼロ
 


5. 2017年2月02日 17:16:37 : ZQaUpuhUK2 : cc0dtlqGZdo[381]
トランプは「911」の黒幕たちを知りつくしていますからね。
だから選挙戦の時も、候補者だったブッシュ弟を相手に「911」に言及した途端、ブッシュ弟は選挙戦から撤退した。
トランプは何度も暗殺されかけたし、ソロスが仕掛けている「パープル革命」のシナリオも知っている。
オバマがシリア難民11万人の受け入れを決めたのは、任期8年の最後、あと8日しか残ってない1月12日のこと。その意味。 シリアのテロリストの99%は83か国から集められた傭兵で犯罪者。 ロシア・イラン・トルコ主導の「シリア和平」と、アレッポ解放とで追い詰められているテロリストたちを、シリアで殲滅される前に、アメリカへ送り込む予定だった。
イランを除く7カ国はすべて、オバマが破壊してテロリストが跋扈している国。CIAが育てて訓練したテロリストが多い。だから、難民に紛れて、そういうテロリストが「トランプ打倒」に送り込まれてくる予定だった。
それをトランプが阻止。
ソロスはダボス会議で「トランプを倒す!」と宣言し、「多国籍企業は、それまで待って欲しい」と言った。
トランプの「入国制限」で、入国した32万5千人のうち、尋問のためとどめ置かれたのはたったの109人。
空港で一時拘束され大騒ぎになった2人のイラク人。1人はブッシュ政権のイラク戦争時の米軍通訳。もう1人は妻が傭兵会社。 イラクで何をしていた? 十分怪しい

6. ダイナモ[154] g1@DQ4Npg4I 2017年2月02日 17:34:18 : xbvVrGFwh2 : XI84yJCmKuA[73]
>>5

>オバマがシリア難民11万人の受け入れを決めたのは ← フェイクニュースそのもの


「米政府、17年に難民11万人受け入れ 15年から57%増 2016年9月14日

http://www.cnn.co.jp/usa/35089042.html

米国は2013〜15年にかけて年間7万人の難民を受け入れてきた。16年にはその数を8万5000人に拡大。17年の11万人受け入れが実現すれば、米国に入国する難民は15年から57%増加することになる。

一方、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官はシリア出身の難民の受け入れ拡大に意欲を示す。オバマ政権が掲げる年間1万人という目標を、6万5000人へと大幅に引き上げたいとしている。」


オバマはシリア難民については年間1万人という目標だった。

>シリア難民11万人の受け入れ 

なんていうのは少し調べればすぐに嘘だとわかるフェイクニュースの類もいいところだ。 >>5


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際17掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際17掲示板  
次へ