★阿修羅♪ > 国際19 > 452.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NSAが開発したサイバー攻撃兵器を使ったサイバー攻撃で騒動になっているが、米支配層の恫喝にも(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/452.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 16 日 18:06:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

NSAが開発したサイバー攻撃兵器を使ったサイバー攻撃で騒動になっているが、米支配層の恫喝にも
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201705150000/
2017.05.16 16:12:08 櫻井ジャーナル


大規模なサイバー攻撃が話題になっている。マイクロソフトのOS、Windowsを使ったコンピュータがターゲットで、アメリカの電子情報機関NSAが開発したETERNALBLUEを使った有害ソフトが使われているという。昨年夏、ShadowBrokersなる個人だかグループがNSAのサイバー攻撃用のソフトを盗み、それをオークションにかけていると話題になっていたが、それが使われたようだ。



ところで、マイクロソフトは早い段階からNSAの要請に従い、自社製品の暗号システムのレベルを下げていた会社。調査ジャーナリストのダンカン・キャンベルによると、ニッコ・ファン・ソメーレンは1998年、Windowsのセキュリティ機能をコントロールするソフトウェアに2種類のカギが存在していることを発見したという。ひとつはマイクロソフトが作業に使う合法的なカギだったが、もうひとつは不明。(Duncan Campbell, "Development of Surveillance Technology and Risk of Abuse of Economic Information Part 4/4: Interception Capabilities 2000," April 1999)

その後、アンドリュー・フェルナンデスはマイクロソフトの開発者が削除を忘れたカギのラベルを発見する。ひとつのカギにはKEY、もうひとつにはNSAKEYと書かれていた。そのまま読むとNSAのKEY。また、メソーレンはWindows 2000の中に3種類のカギを発見している。第1のカギはマイクロソフト用。第2のカギはアメリカ政府用の合い鍵だとして、第3のカギは目的がわからない。

本ブログではすでに書いたことだが、内部告発を支援しているWikiLeaksが公表したVault 7でも、情報機関がその気になれば誰でも監視できることが示されている。CIAのマルウエアはiPhoneやアンドロイド系のスマートフォン、スマートTV、あるいはWindows、OSx、Linux、またWi-Fiルーターに侵入、その情報を入手することができ、利用者が危機をオフにしたつもりでも、本人に気づかれずオンにすることも可能。2015年にサムスンのスマートTVが利用者の会話をスパイしていると問題になったが、こうした危険性があることはインターネットに接続されている機器全てに当てはまる。

エドワード・スノーデンもNSAから内部資料を持ち出しているわけでNSAのサイバー攻撃兵器が盗まれる可能性はあるが、意図的に漏らしたことも考えられる。どちらが正しいかは不明だが、少なくとも結果として、アメリカの支配層に楯突くと何が起こるかを世界へ警告することにはなった。

もしロシアや中国の軍事システムにも有害ソフトが影響を及ぼしていたなら、アメリカは先制核攻撃の前に防御システムを麻痺させるという警告にもなっただろう。が、すでに電子戦の分野でロシアはアメリカを上回る能力を持っているとも言われ、単に軍事的な緊張を高めるだけで終わったかもしれない。





 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年5月17日 14:59:42 : lO1dBRsOCs : C7JHowAP_XU[177]
●NSAがサイバー攻撃の大元
今回のサイバー攻撃で被害が深刻だったのは、ロシア、台湾、ウクライナ、インドといった国だという。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52007999.html
●【ランサムウェア】世界的サイバー攻撃、北朝鮮が関与か...米露調査会社
世界的サイバー攻撃が北朝鮮の仕業だというんだが、ちょっと待てよ、北朝鮮はハッカー養成に力を入れてるというんだが、そもそも国家的規模でネットに無縁の国で、どうやってハッカー候補を探してくるのか、ハッカーなんて商売は、アタマさえよけりゃ誰でもやれるわけじゃない、適性というのが大事だろう。ほとんどインターネット技術者そのものがいない国で、どうやって天才的なハッカーを探し、育てるというのか? そこんとこ、誰も疑問に思わないんだねw
http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11112.html
●ビットコインは犯罪者のマネロン
ウイルス感染のWindows XPユーザー、情弱すぎて身代金支払えず「ビットコインって何?」 犯人も困惑か
http://my.shadowcity.jp/2017/05/post-11110.html
●ランサムウェア「Wannacry」のコードに【ラザラス】と同じ部分があるのを米Googleが発見して露カスペルスキーが検証w。
72時間以内にビットコインのウォレットの開設は難しいかも。 つか、ITリテラシーが低い、ふだんからビットコインを使っているやつ等がターゲット??w
犯人は経産省のIPAだわw。
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/wannacry-link-lazarus
ランサムウェアのキルスイッチが見つかり【ギフハフ団】のマルウェアの拡散がとまる。IPAが原因をミスリード。欧州警察機構(Europol)長官「Wannacryは少なくとも150カ国20万台のPCを攻撃。」
で、そのサイバー兵器を一緒に開発してたのが日本でしたな。
経産省のIPAがミスリードするのはこれで2回めw
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/wannacry-struck-150countries-200kpc
世界150ヶ国で20万台のPCが同時にランサムウェア攻撃され身代金をビットコインで要求される。ビットコインをMUFGコインに換金してP2Pでマネロン?土人政府がミサイルでスピンw
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/ransomware-74countries-global-cyber-attack
●マイクロソフトの自作自演?!感染しないWindows10
『大規模サイバー攻撃150カ国20万件以上確認 経済的被害40億ドルに』
攻撃は、パソコンを感染させ、復旧と引き換えに300ドルを要求する代金(ランサム)ウエアが使われ、企業や病院、学校などが被害を受けた。米国家安全保障局(NSA)のハッキングツールだとされるが、NSAはコメントしていない。
『大規模サイバー攻撃、北朝鮮との関連を調査=セキュリティー会社』
サイバーセキュリティー大手のシマンテック(SYMC.O)とカスペルスキー研究所は15日、世界各国で被害が出ている「身代金(ランサム)ウエア」を用いたサイバー攻撃について、過去に北朝鮮によるものと指摘されたプログラムとの関連性を調査していると明らかにした。今回の攻撃では「WannaCry(ワナクライ)」と呼ばれるランサムウエアが使用された。両社はワナクライの旧バージョンで使用された一部コードについて、多くの専門家の間で北朝鮮が指揮しているとみられているラザラス・グループが過去に使用したプログラムにも含まれていたと指摘した。
『週明け、メールを開く前に気をつけたい3つのこと--IPAが呼びかけ、大規模サイバー攻撃で』
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月14日、5月13日に発覚した大規模なランサムウェアによるサイバー攻撃の発生をうけ、国内における週明け(5月15日)の対策について発表した。不審なメールの添付ファイルを開封したりリンクをクリックしたりしないよう呼びかけている。
ランサムウェアは、感染したPCのファイルを暗号化して、使用できないないよう制限をかけ、制限の解除と引き換えに金銭を要求する不正プログラムだ。「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせた造語。金銭を支払ったからといって、必ずしも制限が解除されるとは限らない。
今回観測されているランサムウェアは、Wanna Cryptorと呼ばれるマルウェアはMicrosoftの古いシステムの脆弱性をついたもので、世界規模のランサムウェア攻撃によって7万台以上のコンピュータが被害に遭っている。
日本マイクロソフトはWannaCryptで使用されている悪用コードは、Windows 10には無効であることを確認している。
『使い勝手が悪すぎて評判が良くないマイクロソフトの最新OS Windows 10』
「Windows10は感染しない」仕組みであれば、普通の大人の常識で判断すれば今回のサイバー攻撃の大騒動ですが、マイクロソフトの自作自演ですね。最新のWindows 10ですが使い勝手が悪すぎて評判が実に良くない。無料でもWindows 10に更新するユーザーが少ないので無理やり強制的に行って数々の深刻なトラブルが発生して大騒動になっていた。
『世界的サイバー攻撃に米情報当局の跡=メディア』2017年05月13日 スプートニク日本
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/9500307175858dcd7ef18ee8ae5a4424
●陸自の偵察機が計器着陸に失敗(サイバー攻撃?)全員死亡
『コンピュータ制御の計器着陸中の墜落事故だった事実を隠したい不真面目で破廉恥な日本のマスコミ』
『全く同じようにサイバー攻撃の一番大事な事実を報じたくない不真面目で破廉恥な日本国のマスコミの態度』
自衛隊機の墜落と同じように、世界規模のマルウェアmalware(コンピューターウイルス)によるサイバー攻撃ですが、使われているのが NSA(アメリカ国家安全保障局)の盗聴システムであり、しかもマイクロソフト社が今回のサイバー攻撃が最新のWindows 10だけ安全だと認めた事実を報じない。陸自の偵察機が計器着陸に失敗して全員死亡したのは今回のサイバー攻撃が原因している。マスコミが忖度して報道を自粛したとすれば、今回のサイバー攻撃の主体は北朝鮮でもロシアでも無いことも明らかな事実である。本当に北朝鮮の可能性が少しでもあれば今とは逆に大喜びで大々的に報道している
『最大の被害はロシア』ランサムウエア、各国で混乱  仏工場一時停止/中国感染4万件』
『日本政府にも提供されていたNSA(アメリカ国家安全保障局)の盗聴システム(コンピューターウイルスmalwareマルウェア )』
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/c43fc2cccc57892c95d435af41c9d2c8

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際19掲示板  
次へ