★阿修羅♪ > 国際19 > 455.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢(ニューズウィーク)
http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/455.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 16 日 20:10:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

  ホワイトハウスでロシアのラブロフ(左)らと歓談するトランプ(中央) Russian Foreign MInistry / flickr


トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/post-7607.php
2017年5月16日(火)15時20分 ハリエット・シンクレア ニューズウィーク


<FBI長官解任に続くアメリカ大統領の信じられない振る舞いに、情報機関の職員や安全保障関係者が一斉に反発>

ワシントン・ポスト紙が5月15日付けで報道したところによると、ドナルド・トランプ米大統領は5月10日、ロシアの政府高官に対し、テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)に関する高度な機密情報を漏らした。このことにより、今後の戦略と重要な情報源が脅かされる可能性があるという。

匿名の政府高官や元高官の話として同紙が伝えたところによると、トランプが機密情報を明かしたのは、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とセルゲイ・キスリャク駐米大使との会談の場。トランプは自慢げに「私には重要な機密情報が手に入る。重要な情報について毎日ブリーフィングを受けている」と語ったという。

【参考記事】ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

同紙によれば、トランプが漏洩した内容は、機密性の高い情報であるという合意に基づいて同盟国から得られたもので、トランプには、ロシア政府はもちろん、米政権関係者の一部に対してすら、そうした情報を開示する権限はない。

同紙はさらに、トランプがロシアに対するテロ計画の詳細を明かし、計画が発覚したISIS支配下の都市名を挙げたことも報じている。そうした情報開示によって、このテロ計画を暴いたアメリカの同盟国が今後、機密情報の収集に支障を来すかもしれないという。

同盟国より多くをロシアに喋った

ホワイトハウス大統領執務室で行われたロシア側との会談後、米政府高官は、悪影響をできるだけ抑えるため、国家安全保障局(NSA)と中央情報局(CIA)に事態を報告した。

【参考記事】トランプ降ろし第三のシナリオは、副大統領によるクーデター

ある政府高官はワシントン・ポスト紙に対し、「これはコードワードの情報(最高機密のうち、閲覧できる人間が限られている情報)だ」と指摘し、トランプは「ロシアの大使に対して、私たちが同盟国と共有するよりも多くの情報を明かした」と述べている。

報道によれば、トランプはまず、ロシア外相と駐米大使に対し、機内持ち込みのノートパソコンを使ったISISの攻撃計画についての情報を説明し始めた。違法ではないが、極めて異例だ。

【参考記事】トランプとロシアの「疑惑文書」を書いた英元情報部員の正体

トランプはそれに続けて、同盟国が収集した特定の機密情報を詳しく話し始めたという。ただし、使われた情報収集の方法は明かさなかったようだ。ニューヨーク・タイムズ紙はこの情報の開示について、違法ではないものの、アメリカ政府と同盟国との関係に悪影響が及ぶ可能性があるとしている。

政府高官2名はバズフィードの取材に対しこの件を認め、そのうちの1名は次のように述べた。「これまで報道されているよりも、事態ははるかに深刻だ」

トランプのこうした行動に対して、諜報機関の職員を中心に、ただちに反発が起きた。ワシントン・ポスト紙の取材に応えた元諜報部員はこう述べている。「トランプは思慮に欠けているようだ。自分が扱っている事の重大さを理解していない。とりわけ、機密情報と国家安全保障のことを何もわかっていない」

トランプがロシア高官との会談したことは、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官を解任した翌日だったこともあって議論を呼んでいた。トランプがコミーを解任したのは、大統領選の際にトランプ陣営とロシア政府が共謀したのではないかという疑惑をめぐる捜査を妨害するためだと主張する人もいる。

本誌はホワイトハウスにコメントを求めたが、回答は得られていない。ただしホワイトハウスは、ワシントン・ポスト紙の報道は真実ではないと否定した。

ホワイトハウスが公表した国家安全保障担当次席補佐官ディナ・パウエルの声明にはこう記されている。「この報道は虚偽だ。大統領は、(アメリカとロシア)両国が直面する共通の脅威に関して話し合っただけだ」

(翻訳:ガリレオ)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年5月16日 20:30:07 : h50bAPrPLk : fDhqhCahJSw[1]
ユダヤのプロパガンダ誌ニューズウィークがどうしましたか?
ヒラリーさん政治活動再開おめでとう!ですか?

ヒラリーメール流出事件の、メールの内容が明らかになっていません
報道してくださいニューズウィーク


2. 2017年5月16日 20:41:03 : stiOITtMlI : hGzR6_icGbU[3]
>1. 2017年5月16日 20:30:07 : h50bAPrPLk : fDhqhCahJSw[1]

いつもながら、わけのわからない妄想をが成り立てているが、
ニューズウイークだけでなく全米のメディアが書いているんだよ。
その妄想をなんとかしないと、世界は一ミリも見えてこないよ。


3. 2017年5月16日 22:48:42 : aNYkCl6qOw : AQV0bUne8oA[98]

「ワシントン政治から国民に取り戻す!」待ち望まれた大統領。そのために大統領

権限をフルに発揮している。ブラボーやりたいようにやれとエールを送りたい。

腐ったCIAとFBIは強権で潰すほかない。虚偽の情報で大統領を操ってきた情

報機関は勝手にマスコミにリークして政治をゆがめてきた。コミー斬り直後にロシ

ア高官を招き入れISIS壊滅を協議したのはCIAへ暗示的な宣戦布告である。

ISISはCIAと同義語、国際テロもCIAと同義語だ。つまりCIA組織の

竣滅をロシアと協力して進めて行くと宣言したのだ。このあと16日にエルドア

ンも仲間に加わる手はずだ。ウオール街では株もドルも続伸、トランプを歓迎だ。

ついでだが朝鮮ごっこはゴミにすぎない。



4. 2017年5月16日 22:52:33 : hKRNRNsg7U : ZKs9_WJa1ss[361]
つまり全米のメディアがプロパガンダ誌ということで問題なし。

全米のメディアを信仰する全米のメディアが見せることしか見えないひとがここにも。
全米と付けば何でも信じる全米主義者、そういうのに憧れる年頃なんだろうな。


5. 2017年5月16日 23:09:23 : xbvVrGFwh2 : XI84yJCmKuA[161]

>つまり全米のメディアがプロパガンダ誌

プロパガンダ紙といえばFOXニュースなら当てはまる。 それとロシアのスプートニクも。
 


6. 2017年5月16日 23:17:37 : ckUCZnCztk : wyHaxR@dl_8[1]
マスメディアと金融を支配していることは、優秀なユダヤ人の誇りなんですよ?

ヒラリーメール流出事件が大問題になったけど、メールの内容は報道されていませんね
公正ですばらしいニューズウィークさんはヒラリーメールの内容を、報道してほしいですねー

報道してほしいですよね?>2さん あなたは報道してほしくないのですか?

わけがわからないのは、あなたの理解する知能が足りないからです
何がどのように妄想であると言うのか、説明するべきです 
できないなら引っ込んでろ >知能が足りない2


7. 2017年5月16日 23:30:15 : xbvVrGFwh2 : XI84yJCmKuA[163]

>ヒラリーメール流出事件 ?
 
>優秀なユダヤ人の誇りなんですよ? FOXニュースもユダヤ人か。
 

8. 2017年5月16日 23:39:55 : X5oePtNUao : DS1bVanxcoA[1]
何ら問題提起する能力もなく、オウム返しするだけの、簡単なお仕事です

9. 2017年5月17日 02:39:35 : rhedYVJXAg : hrg0HkDIj4w[8]
素晴らしい! トランプは本気でIS潰しをやる気だ。ニューズウィークはCIAの雑誌だからね。

10. 2017年5月17日 03:05:26 : ThvQP0ntvE : J7bqvGPaOB0[26]
トランプが大統領になり、長年続いたグローバリストの傀儡から権力を奪取したため、旧権力の背後に隠れていた連中が遮二無二トランプを攻撃することとなり、旗色が鮮明になった。

ニューズウィーク、ニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNN、CNBCなどは、旧権力の背後に隠れていた連中の手駒であることを隠そうともしない。トランプ大統領を攻撃することで忠誠心を誇示しているかのようだが、アンフェアな報道姿勢を隠そうともせず四六時中攻撃する姿は実に哀れである。

CNNはフェイクニュースと名指しされメンツを完全に潰されたが、そもそもその報道姿勢は異様としか言いようのないものであり、自らカミングアウトした格好になった。


11. 2017年5月17日 04:53:22 : 81CW18AuzY : EZN_mwUf7Pk[2]
>4. 2017年5月16日 22:52:33 : hKRNRNsg7U : ZKs9_WJa1ss[361]
▲△▽▼
>つまり全米のメディアがプロパガンダ誌ということで問題なし。

どんな宗教にかぶれているんだよ。笑
それともなにか洗脳でもされたか?
全米だけじゃなく全欧、全アジアのメディアが報道しているのだが???
バカじゃないか、おまえ。


12. 2017年5月17日 10:29:06 : FxtUkZY50E : QkPrCUuYiZo[2]
機密情報をどう使うかは大統領の政治権限。政策目的を達成できるように、うまく使えばよい。政策が達成できたかどうかで、大統領は評価されるべきで、利用の仕方に制限があるわけではなかろう。

一方で、ロシアとの会談内容をもらした政府高官?は厳しく情報漏洩を咎められるべき。彼は選挙で選ばれたわけでなく、こういう会談内容漏洩という政治行動を行ってはならない。刑事罰にも相当するかもしれない。


13. 2017年5月17日 16:52:10 : aE3jBfJDWU : Ri5oDoRRuQQ[3]
情報戦で一方だけ悪者にする報道はすべて為にする報道。

米露そうほうとも悪の帝国同士、その流儀に倣えばロシアがトランプを籠絡しようとするのは当然。

一方、米国がロシアの政権内でプーチンを快く思っていない人物を一本釣りして、籠絡するのも当然。

米中と違い、米露は冷戦とまではいかなくても限りなく冷戦に近い政治的対立を起こしており、オバマ政権で米軍及び米情報機関にとってロシアは旧ソ連並みの要注意国家にランクが上げられている。

同じく米国もロシアからそう見られている。
どっちが正しいかと詮索しても意味はない。
どちらも正しく、どちらも間違っているのだ。


14. 2017年5月17日 17:38:52 : 5E1DKmuwRI : pAtojl59XkA[7]
ISISと飼い主が同じのメディアの言うことだ。

15. 2017年5月17日 21:05:24 : FQ4Cxij8bs : vPrG@QWriHE[9]
>13. 2017年5月17日 16:52:10 : aE3jBfJDWU : Ri5oDoRRuQQ[3]
▲△▽▼
>情報戦で一方だけ悪者にする報道はすべて為にする報道。
>米露そうほうとも悪の帝国同士、その流儀に倣えばロシアがトランプを籠絡しようとするのは当然。

そんなことはどうでもいいんだよ。セレブでもあるまいに、なにをわかったようなことをいってるんだよ。
等身大の一般庶民がこんな連中のでたらめのためにどういう目にあうか、想像もできないだろ。
おまえらは、このサイトにただ単に憂さ晴らしに来ているだけで、世の中を見る力も読む能力も皆無だ。
マンガでも読んでろ。


16. 2017年5月18日 20:51:11 : Ug4l1BrF9c : xzINdlivsH8[1]
>>2 >>15

>このサイトにただ単に憂さ晴らしに来ているだけで、世の中を見る力も読む能力も皆無だ。
マンガでも読んでろ。

おまえには、そっくりそのまま、おまえが書いたことをお返します。

ネット軍師がどうのこうのと、ヒラリーが戦争屋と言われるのが気に入らないだけでしょ、おまえは。

おまえのような無知無能はパチンコでもやって遊んでいるのがお似合いです。


17. 2017年5月19日 14:44:25 : JcpJFUsEl6 : _NEMOAS06UA[8]
このフェイクニュース、記者会見で、プーチン大統領が、なんならロシア側の会談記録を公開しましょうか、と述べた途端、沙汰止みになった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際19掲示板  
次へ