★阿修羅♪ > 国際19 > 671.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イタリア-ワクチン強制-反対デモ全国に広がる-まさに医薬ファシズム⬅伊の重大国家的犯罪の証拠とグローバリズムの中核
http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/671.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2017 年 6 月 19 日 07:31:35: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


イタリア、ワクチン強制、9月からワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア)まさに医薬ファシズム、イタリアワクチン強制の中身イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると


副題: ワクチンは世界的重大犯罪であり、それに関与、もしくは、それを推奨・強制するWHO・製薬企業群は、未必の故意の殺戮を行っている国際的犯罪シンジケート、イタリア政府は、最早犯罪組織、そしてグローバリズムの根幹に迫る




ある国家が、ある企業を捕まえて、そこに対し、国際的犯罪組織認定を行おうとしている…。 ところがその政府自身に、今度は別件で、そこが潜在的犯罪組織なのではないのか?、という嫌疑がかかっている、これは、非常におかしな話である。 が、しかし、これは実話である可能性が非常に高い。


国際的犯罪組織として訴えられたドイツ銀行にあるように、

イタリアのミラノ裁判所で、ドイツ銀行と野村ホールディングスが、現地のモンテ・パスキ・ディ・シエナ銀行と共謀して損失隠し、財務虚偽報告に関与したとする裁判が行われており、押収された資料から、組織ぐるみによる不正行為が明瞭となって、ドイツ銀行が国際的犯罪組織として、判決を受けるよう、求められた…。(上記より抜粋、加筆)


そして今回、そのイタリア政府が、日本の秘密保護法顔負けの手法で、ワクチン接種を強制化しようとしている…。


加えて、最近のアメリカのワクチンに関する研究論文についての記事が、ワクチン接種群は、非接種群に比べて、明らかに有意差のあるような不健康を齎す結果を報告している…。
今回の記事も含めて以下のワクチンに関する過去関連諸投稿から、残念ながら、総体的にみてワクチンは、接種による有効性がその副反応による被害を相当下回っており、被接種者の健康を阻害していると言わざるを得ないだろう。



しかも、ワクチンネタを投稿するとどうも反応が鈍い。 ここにも似非製薬産業群の圧力がかかっているのだろうか。 まぁ、それも頷ける。 何と言っても世界製薬産業の売上高は年間100兆円を超えているのだから。(薬に飲み込まれる地球 : 2016年の世界全体の製薬企業の売り上げ額は「100兆円」を突破) 世界既得権益の最重要根幹の一つであるのは間違いない。 


そのくせ、病はその様態と種類を増やし続けている。(《テロの黙示録 vs ガンの黙示録》⇒テロは、静かに進む世界の病の深刻化のスピンアウトなのか?そして、その裏に潜む可能性) これも当たり前。 ヒトの組成は海水のそれに近く、病や症状に対し、血液を海水と交換するだけで完全治癒するのは、歴史がそれを示している(ロックフェラーも取り入れている海水療法とは!? wantonのブログ、 新たな点滴療法と海水療法は、 放射能時代を生き抜く為の最大の武器となるだろう!wantonのブログ)のに既得権益層ぐるみで隠蔽。(ほんとうに健康を保ちたいのなら自分が何であるのかを知りましょう と それを隠す医療や産業、マスコミ、各国政府、や組織) 多くが石油由来の薬なんぞ、雑多な作用で新たな病気を発症するだけ。(2.凶器と化した薬


で、まず、そのイタリアでの強制接種の法制化について:


INDEEP


イタリア、ワクチン強制、9月から


イタリアが子どもたちへのワクチン強制を宣言しました。5月24日、ベアトリーチェ・ロレンゾ健康相が、ワクチンを受けていない子供は、誰も公立学校へ通学させないと発表。「ワクチン強制接種法」はまもなくが公布され、この秋にも実施される見込みです。なんと、ワクチンに関する「フェイク・ニュース(デマ)」が広まったおかげで、全国的にワクチン接種率が「危機的なレベル」にまで落ち込んだから、というのが理由です。


ワクチンと自閉症の関係、裁判所が認めるーイタリアミラノ地裁判決コメント(企業を守るアメリカのワクチン制度)と支持する資料


イタリアでは、2012年にリミニの裁判所が、2014年にはミラノの裁判所が、MMRワクチンと自閉症の関係を認める画期的な判決を出していますが、政府の主張は「この裁判の結果を受けて、多くの親たちがワクチン接種を拒否した」というもの。


このうち、リミニの訴訟とは:


Rimini: 2012 2012年5月23日、リミニの裁判所でルチオ・アルディーゴ裁判長が、別のワクチン(MMR)がやはり子どもの自閉症を引き起こしたとして同様の判決(MMRワクチンと自閉症の直接の関係を認めた。See: Italian MMR Remini decision 2012)を下している。これは、2004年3月26日、生後15ヶ月の男児がMMRワクチンを接種され、その直後から腸の不調で食事が取れなくなり、一年以内に認知低下を伴う自閉症と診断されたケース。健康省は保障を拒否したが、法廷は、医学的証拠の提出を受けて、この男児がMMRワクチンによる不可逆的な合併症で障害を受けたことを認定した。この判決は伝統的な主流医学界の常識に正面から反対し、MMRと自閉症の関係を「暴く」ものだった。


ところがこのケース、なんと二年後には上級裁判所で逆転敗訴となったようです。政府は、おそらく、裁判官やら学者やらを総動員して原審をひっくり返したのでしょう。それだけではなく、政府は、2016年、ワクチン反対の流れをつぶすために恐ろしい政策−「ノージャブ、ノーペイ」−を打ち出していました。オーストラリアと同じように、ワクチンを受けない子どもには児童手当を出さないという政策です・・・早い話が、医薬産業界の利益のために、もっとも弱いものを人身御供にする医療犯罪です。


 しかしその結果、何が起きたかというと、ワクチン接種率は92.2%まで「上がった」のです。


 つまり、「裁判の結果を受けて接種率が下がった」ということこそフェイクニュースだったわけ。


 それだけでなく、政府は今年4月、子どもたちのはしか罹患率が前年の5倍に達したというニュースを流しました。それが事実なら、理由は、


@ワクチンが効かなかった。
Aワクチンではしかが広がった。
Bその両方。


のどれかだと思われますが、正解はB。現在のはしかの流行は、本来の「野生株」によるものではなく、100%、ワクチン由来であることはよく知られています。つまり、MMR(日本ではMR)ワクチン接種者は、接種後何週間もワクチン由来ウイルスを周辺にばらまき、濃密に接触する人に感染させているのですが、もちろん、政府もメディアもそんなことは伝えません。それどころか、ワクチン反対派の扇動によって接種率が下がったからはしかが増えた!として、今回のワクチン強制を決めたのです。

 かくて、イタリアでは、保育園に通う子どもたちから高校生まで、少なくとも12種類のワクチン(DTP,MMR,HepBなど)を接種しなければならなくなりました。ワクチン免除には医者の証明書が必要、医者はそれを書いてくれない。そして毎年、接種証明書を教育機関に提出することが求められているというから、まさに医療テロリズムが始まろうとしています。これにイタリア人が黙っているとは思えませんが。


(記事の参照)


Italy makes 12 vaccines mandatory for school children in an attempt to ...


Italy votes to make vaccines mandatory | Fox News


Mandatory vaccinations will become law for schoolchildren in Italy ...


ワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア)


子どもたちへ12種類のワクチン強制接種を行うという法律の成立を受けて、イタリア全土で怒りのデモがわきあがっています。マスコミは報道しなくても、市民や独立メディアが状況を伝えているので、その熱気はこちらまで伝わるようですが、まず、6月3日、フィレンツエで行われたデモの様子をご覧下さい。(音が大きいので音量を絞っておくことをお勧めします)


Manifestazione nazionale 3 giugno 2017 FIRENZE


リベルタ!リベルタ!(自由!自由)」という声を背景にした文字は、「・・・先人のレジスタンス(抵抗)のおかげで1945年施行の憲法では個人の基本的人権が書き込まれたが、2014年、ワシントンのホワイトハウスで行われたG20で、イタリア医薬品局(=厚生省)は、すべての児童(生徒)にワクチンを打つのは国際的な責任だ、と決めてしまった・・・子どもたちは、それまでの4本から、12本のワクチン接種が義務付けられ、それに違反すると75ユーロの罰金が科せられる」「我々にはワクチンを拒否する自由がある」というような説明のようです(イタリアに毎年通っていた頃と違って、今は短い文章を訳すのも大変、とほほ・・・)。


  下の写真は6月11日、ローマで行われたワクチン反対の大集会、参加者は少なくとも一万人、このほかにも、さまざまな都市で、また地方の町や村で多くのデモが行われている模様。



イタリアはフランスと並んで、市民が「政府に対する抵抗」ができる能力を持っている国。経済問題や移民の問題と違って、子どもを狙った「ワクチン強制」は、立場の違いを超えて親が団結するしかないことはみなわかっており、今後も激しい反対闘争がくり広げられるはずです。


 それにしても、「抵抗」や「革命」の歴史がほとんどない日本では、今、「ワクチン強制」が実施されたら、いったい誰が反対に立ち上がるのかと思わざるを得ません。


まさに医薬ファシズム、イタリアワクチン強制の中身


イタリアのワクチン強制の情報が続々と入っています。以下、http://www.greenmedinfo.com/blog/italy-facing-unprecedented-mandatory-vaccine-pushをもとにした山本の箇条書きのまとめですが・・・まさに医薬ファシズム、とんでもない中身です。


★今回の「ワクチン強制」は、2015年、イタリア政府AIFA(=厚労省)が突然打ち出した、2016〜2018の四年間の「国家ワクチン計画」A 2015 government planにもとづくもの。


★この計画に対しては、国民の間から「ウラで大手製薬メーカー」が手をまわしたのではないかとの疑惑がささやかれていた。


★そのためか、AIFAはこの計画の立案者の一人だったセルジョ・ペコレッリ氏ーー大手製薬メーカーと利益相反関係にあったーーの理事長就任を見送っている。


★また、大手製薬のグラクソ・スミスクラインも、2015年、今後イタリアに10億ユーロ以上を投資するinvest more than €1 billion in Italy と発表していたことも、この「製薬メーカーの暗躍」を裏付けているようだ。


★ この五月、ジェントリーニ首相とロレンズイン厚労相が、「疾病予防における緊急方策(=ワクチン強制)」を提案したのも、これらの「下準備」を受けてのこと。閣議はこの法令を了承した。


★ワクチンの免除、あるいは時期を遅らせての接種が許されるのは、医者や小児科が本人の健康状況との関係をはっきり認めた場合だけで、それも文書による証明が必要とされている。


★しかも、法令の全貌はいまだに公表されていない(!!)。


★政府健康省のサイトにアップされている法案の「主要な方策」は 以下のとおり(これがひどい!)


  • ワクチンを拒否した親は、法令に従わなかったということで500~7500ユーロの罰金が課せられる


  • ワクチン接種義務を果たさなかった子どもの親あるいは親権者は、地方保健所によって、親権停止を審議する少年裁判所に報告される


  • 義務接種を受けなかった子どもは公立・私立を問わず、学校に入学できない。児童保育所も同様とする。


  • 本法令は次の学期(2018年)から施行される。


★強制接種されるワクチンは以下の通り:


  • ポリオ poliomyelitis


  • ジフテリア diphtheria


  • 破傷風 tetanus


  • B型肝炎 hepatitis B


  • 百日咳 pertussis


  • ヘモフィルスインフルエンザb型菌感染症(Hib) Haemophilus influenzae type b


  • B型、C型髄膜炎菌症 meningococcal B & C


  • はしか、おたふく風邪、風しん measles, mumps and rubella


  • 水ぼうそう varicella


接種拒否者に罰金を課すというのは、戦後すぐの日本でも実施されていました。しかし、予防接種被害者への補償はまったくなく、当時のワクチン被害者は完全に闇の中に置き去りにされたのです。予防接種の歴史は決して「誇るべき歴史」ではなく、むしろその逆。今回のイタリアの強制ワクチンも、その黒い歴史の一ページになるのでしょう。


 一番驚いたのは、この強制ワクチン法の中身は、「成立」した後でないと公表されないということ。これは、イタリア政府は業界に政策を白紙委任するという意味で、TPPとそっくりじゃない。これだけ見ても、イタリア政府は、彼らの義務ーー人民の委託を受けて、人民のためにーーを忘れ去り、「法治」も投げ捨てており、すでに政府として崩壊していることがわかります(日本もそれに近い)。・・・これじゃ、イタリア革命が起きても不思議はないでしょう。


 また、見過ごせないのが、イタリア政府は、初め、ワクチンを拒否した親から子どもを引き離し、それこそ児童相談所に入れるとまで宣言していたとのこと。この発言はすぐに撤回されたようですが、実際に法律に書き込まれているかどうかは、法律が成立した後でないとわかりません。


 もっと悪質なことに、イタリア政府は、ワクチンの危険性を伝えている医師らを告訴できるような方策を考えているということです。実現すれば、医薬産業界は大喜び。「ワクチン・ポリス」が嫌がる子どもを押さえつけて、ワクチンを打ちまくるシーンが普通になってしまうでしょう。


 まさか、インターネットの時代にこういう中世の黒魔術的な医療ファシズムが再来するとは。


「医療の自由」を夢物語にしないように、イタリアの人々に戦ってもらいたい。そして、私たちもそういう事態にならないように、そなえておきましょう。


イタリア、ワクチン強制、9月から
ワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア)
まさに医薬ファシズム、イタリアワクチン強制の中身
いずれもWONDERFUL WORLD一部改変して抜粋


イタリア政府は自ら進んで犯罪国家に成り下がりたいみたい。 さすがマフィア国家。


実際は、接種率が92-93%に上がっている中で、麻疹患者が増えたので強制化せざるを得ないという詭弁。 さらに法案成立まで中身をブラック・ボックス化。 一連の法制化がやましいと、自身で認めている。 これだけでも政府が自分で犯罪者であると言ってるのと同じ。


なんか、痛りあ、もとい、イタリアも日本に負けないくらい政治がドス黒い。 秘密保護法も真っ青ですな。 まぁ、世界は、形は違えど、《権力 vs 大多数》の図式は似たかよったか。 読者のみなさんもいいかげんこのセオリーに気づいてね。


日本でも、このような貴重な記事(前引用WONDERFUL WORLD)を執筆しておられる、市民運動家・環境ジャーナリストの山本節子さんが共謀罪成立を睨んで当局の監視を受けており、この事象は決して対岸の火事ではない事に留意されたい。(環境ジャーナリストの山本節子さんが当局に尾行・監視されている
 


その上、そのワクチンについての、こんな記事が


イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると INDEEPより抜粋


先頃、イタリア政府が、冒頭の報道のように、「ワクチン摂取の強制を盛り込んだ法律」を承認したということが報じられていました。


具体的には、幼少時の予防ワクチンを接種していないと、基本的に国立の保育園や小学校などへ入学できないとする、かなり強制力をもったものです(多大な「罰金」を払えば入学できるようですけれど)。


この背景として、最近、西洋社会の人々の間に広がっている「ワクチンへの不信感」が行動として出始めているようで、予防接種を受けさせない親が増えてきたことへの対処のようです。


今回は、このイタリアのことについて短くご紹介した後に、アメリカの最近の「ワクチンに関係した研究」について発表した医学論文についての記事をご紹介させていただこうと思います。


これは、アメリカ「子どものための医療安全調査研究所(Children’s Medical Safety Research Institute / CMSRI)」のニュースリリースで、下にあります「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが、より病気を持っているか」という、アメリカで初めてとなる調査に関しての報道です。




Vaccinated vs. Unvaccinated: Guess who is Sicker?
2017/05/04


ワクチン接種をした子どもたちと接種していない子どもたち:どちらにより病気が多いか?



CMSRI

アメリカでこれまで1度も行われなかった研究がなされ、その結果が発表された。


それは、ホームスクール(家庭に拠点を置いて学習を行うこと)で学ぶアメリカの子どもたちについて、「ワクチン接種を受けている子どもたち」と「ワクチン接種を受けていない子どもたち」についての疾病の発症状況に関しての調査だ。


現在のアメリカの子供たちには、疾病の多くの問題がある。アレルギー、喘息、不安、自己免疫、自閉症、多動、注意散漫、学習障害等を持つ子どもたちが、過去に比べて非常に多くなっている。


また、アメリカの子どもたちのうち、43%が、肥満を除く 20の慢性疾患のうちの少なくともひとつに苦しんでいる(肥満を含めると、数値はさらに上昇する)。


そして、自閉症や注意欠陥障害、1型糖尿病、トゥレット症候群などの小児障害が急速に増加しているが、そのデータはほとんど研究されたことがない。


現在のアメリカの子どもは、彼らの両親の時代と比較して、慢性疾患を有する可能性が4倍高くなっている。


まして、今の子どもたちの祖父祖母の時代と、現在の「子どもたちの病気が満ちあふれる時代」を比較することは難しいだろう。


現在、アメリカの 5歳未満の子どもの 100万人以上が、精神神経系の薬を服用している。


17歳未満では 830万人以上の子どもたちが精神神経系の薬を摂取しており、ある月に 4人に 1人が少なくとも 1つの処方薬を何かのために服用している。


環境要因として挙げられるものは多い。ファストフード、遺伝子の問題、あまりにも多く時間をさくテレビ・ビデオゲーム、さまざまな薬剤や殺虫剤、氾濫するプラスチックなど、数多くあるが、具体的な説明がつけられたものはほとんどない。


しかし、過去の世代をはるかに越えた量の物質が直接注射されることによって子どもたちが曝露し、体内に蓄積しているものがひとつある。


ワクチンだ。


今の子どもたちは、その親や祖父母の時代よりも、はるかに多くのワクチン接種を受けている。


アメリカでは、6歳までに 14種のワクチン接種を 50回行い、18歳までに強力な免疫調節成分を含む 16種類のワクチンを 69回接種する。


死を含む深刻な副作用や、全体的な健康への影響に関する長期的な研究はいまだ行われていないにもかかわらず、公衆衛生当局は、ワクチンは「安全かつ効果的」であると確信し、これだけの数のワクチン接種が子どもたちに続けられている。


そして、最近の研究で、ワクチンを接種した子どもと、摂取しなかった子どもたちを比較したひとつの研究が発表された。


それは、もしかすると、多くの親たちにとっては驚くべき内容かもしれない。


4月27日に『ジャーナル・オブ・トランスレーショナル・サイエンス(Journal of Translational Sciences)』に掲載されたアメリカ 4州の 6歳から 12歳までの 666人のホームスクールの子どもたちを対象に、その中の 405人のワクチン接種を受けている子どもたちと、261人のワクチン接種を「受けていない」子どもたちを、医師が診断した結果についての発表だ。


以下はその一部だ。

  • ワクチン接種を受けた子どもは、自閉症スペクトラムと診断される可能性が 3倍以上だった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもたちよりアレルギー性鼻炎(花粉症)と診断される可能性が 30倍高かった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもたちよりもアレルギー薬を必要とする可能性が 22倍高かった


  • 予防接種を受けた子どもは、予防接種を受けていない子どもたちよりも学習障害と診断されるリスクが 4倍以上高かった


  • 予防接種を受けた子どもは、予防接種を受けていない子どもよりも注意欠陥多動性障害と診断される可能性が 300%高かった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも肺炎と診断される可能性が 340%高かった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも耳の感染症と診断される可能性が 300%高かった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもに比べて耳管を挿入する手術が 700%多かった


  • ワクチン接種を受けた子どもは、ワクチン接種を受けていない子どもよりも慢性疾患と診断される可能性が 2.5倍高かった


<中略>


◆アメリカの 5歳未満の子どもの 100万人以上が、精神神経系の薬を服用している。
◆17歳未満では 830万人以上の子どもたちが精神神経系の薬を摂取している。


 


問題は、世界の医療・製薬産業 ≒支配層が国家を抱き込んでワクチンを強制化しようとしている点。 最近では子宮頸がんワクチン禍でも明らかなように、接種による危険性のほうが、その目的よりも遥かに上をいっている事。 グローバリズムに反対するトランプ米大統領もワクチンをいやがってる。(<<トランプ大統領/インフルエンザワクチンは最大の屑>> ー 歴代米大統領で医療利権の中核をここまで非難した者はいるか


これも理の当然か。 誰もワクチンを奨励することで国際的重大犯罪行為に加担したいはずもないだろうから。 ここでもおわかりのように、ワクチンに対して肯定的な意見を持つことすら潜在的犯罪行為になりかねないのでは?



このように、ワクチンはタチが最も良くない代物であることを今回も立証してる。 現代医学薬学が如何に虚構で不健康に貢献しているのかを阿修羅読者にも強く認識して、これを拡散していただくことが、自身や家族、知古の真の健康保持につながる事でしょう。


また、医療の闇はこれに留まらず、違法な臓器移植とそれに伴う人身売買が横行している疑惑もある。(「ボコ・ハラムとフラニ・ヘルズメンは違法臓器売買のカバーだ。」フィリップ・C・ジェマンジ博士[必読]」←ゲイツの闇の暴露世界の「行方不明」に関するいくつかの事実 : そして、年間80万人の子どもの行方不明例が発生するアメリカよりさらに多い事では、「行方不明に関する48の興味深い事実」というサイトの記事の 48の項目の中には、「世界中の年間の子どもの行方不明数は 800万人」というデータもある。《抜粋》)こういうブラック・マーケット部分の世界的売上も加味すれば、医療産業群の旨味は図りしれないだろう。


ワクチンは結局、カネ儲けのための、病気の種っちゅーこと。 そして病気や症状の真の治療法を隠蔽し、違法な臓器移植等、裏経済にもそのネットワークを張り巡らせ、暴利を貪り続ける世界にワクチンを推進するWHOを頂点とした医薬産業群は、グローバリストの中核であり、国際的犯罪シンジケートに他ならないのでは? その背後には米国のディープ・ステートがあり、CIAやイスラエルのモサドの暗躍が覗えよう…。 我々、世界市民はこの傍若無人、外道行為を絶対に許してはならない。



引用部分以外はオリジナル



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月19日 22:26:09 : nCB5BtahRA : nmmh8zhEt1E[142]
またファシスト復活か。イタリアは本家だからな。首謀者はムッソリーニみたいに、逆さ吊りにしてやるか。

2. 2017年6月20日 09:18:00 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[883]
 イタリアのワクチン強制には心底あきれて怒りを感じる。

この所ヨーロッパ「先進国」は異常に内部崩壊を感じさせる状態
に陥っているらしいが、何十年という間に各国民をどのように欺
いて来たかが、少しずつ我々の目に触れるようになってきた。
 これも末期的状態の現れだと感じる。


3. 2017年6月20日 22:15:23 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[210]
日本だって同じだろよ、
学校で行われている子宮筋腫ワクチンは強制みたいにやられているんだろ、
後遺症発祥で酷い障害や死亡事例まで有るのに国は強行姿勢でいる、将来それら
女性が子供を産め無くするワクチンかもしれないのにね、言わば強制不妊手術と
同じ意味合いかもね。

4. 2017年7月26日 15:38:16 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[199]
予防接種スケジュールという言葉をご存知でしょうか。
子供が産まれると、ママさん達は可愛い我が子を感染症から守りたい一心で、
せっせとワクチンを接種させます。傍目から見ると狂気じみているほどに。

ワクチン接種は出生直後から開始されます。

・Hib(インフルエンザ桿菌)
・小児用肺炎球菌
・四種混合(ジフテリア、破傷風、百日咳、不活化ポリオ)
・BCG(結核)
・MR(麻疹、風疹)
・水痘(水ぼうそう)
・日本脳炎
・B型肝炎
〈以上義務、以下任意〉
・ロタ
・ムンプス(おたふくかぜ)
・インフルエンザウイルスワクチン
・HPV(子宮筋腫)13歳前後に接種
 などなど…

これらを乳幼児期の生後3ヶ月から1歳前後の期間にほとんど接種しなければならず、
中には複数回の接種が必要なものもあるためスケジュールを組んで打ちもらしのないように
しなければいけないわけです。

これほどの異物を子供の体内に強制的に受け入れさせて良いのでしょうか。
しかも、余計なものまでサービスで混入している毒物かもしれないものを。
まるでロシアンルーレットのような話です。

インフルエンザワクチンは誰もが打った覚えがあるでしょうし、高齢者になれば肺炎球菌
ワクチンの接種が勧められます。これらはまさしく医療産業の販促です。ワクチンほど
簡単で収益の高い商品もないのですよ。

補足になりますが、先日血液一滴で癌がわかる新しい検査が報道されていました。
早期発見、早期治療ということですが、疑わしいものを発見すれば精密検査が必要になり、
CTだMRIだと画像を撮られ、診断を兼ねた切除と、予防を兼ねた抗がん剤投与などで、
病気でない人にも検査・診察・治療を受けさせる=医療機関に金を落とさせる
巧妙な戦略に思えますが。

誰もが見て見ぬふりをする、青空を覆い尽くすケムトレイルの白い粉。
お上は、私たちを病気にしても健康にする気などさらさらない気がします。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際19掲示板  
次へ