★阿修羅♪ > 国際19 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
仏大統領「アサド氏退陣を前提とせず」外交方針を転換〜仏は2011年英や独とともにア大統領に退陣を迫り、翌年には外交関係を
http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/853.html
投稿者 仁王像 日時 2017 年 7 月 14 日 20:00:26: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

仏大統領「アサド氏退陣を前提とせず」外交方針を転換〜仏は2011年、英や独とともにアサド大統領に退陣を迫り、翌年には外交関係を断つ/nhk
7月14日 10時05分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170714/k10011058181000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_008

フランスのマクロン大統領は、内戦が続くシリア情勢をめぐり、「アサド大統領の退陣を前提条件とはしない」と述べ、内戦の終結に向けて、アサド大統領の退陣による政権移行を求めてきたフランス政府の外交方針を転換する考えを明らかにしました。

フランスのマクロン大統領は13日、アメリカのトランプ大統領との首脳会談のあとの共同記者会見で、「われわれは、シリアに対して新しいアプローチで臨むことにした。アサド大統領の退陣を求めない。フランスにとっては、もはや前提条件ではない」と述べました。

これは、シリアの内戦の終結に向けて、一貫してアサド大統領の退陣による政権移行を求めてきたフランス政府の外交方針を転換する考えを明らかにしたものです。

そのうえでマクロン大統領は、期限を定めて政治的な解決と国の再建を急ぐべきだとする一方、「化学兵器の使用は許容できない一線だ」と述べ、アメリカなどと緊密に連携していく姿勢を強調しました。

フランスは、2011年、イギリスやドイツとともにアサド大統領に退陣を迫り、翌年の2012年には、シリアとの外交関係を断っていますが、マクロン大統領は「効果が出ていない」としており、フランス政府が今後、アサド政権とどう向き合っていくのかが注目されます。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際19掲示板  
次へ