★阿修羅♪ > 国際19 > 879.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ氏の支持率、さらに低下 ツイッターで再びメディア批判(AFP)
http://www.asyura2.com/17/kokusai19/msg/879.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 17 日 08:19:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

米ニュージャージー州のトランプ・ナショナルゴルフクラブ・ベッドミンスターで開かれたテニスの全米女子オープンに到着し、観客らに向けポーズを取るドナルド・トランプ大統領(2017年7月14日撮影)。(c)AFP/SAUL LOEB


トランプ氏の支持率、さらに低下 ツイッターで再びメディア批判
http://www.afpbb.com/articles/-/3135962
2017年07月17日 06:17 発信地:ワシントンD.C./米国


【7月17日 AFP】(訂正)米国民のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領に対する支持率が低下していることが、16日に発表された世論調査結果で明らかになった。就任からほぼ6か月たったトランプ氏は、医療保険制度改革(オバマケア、Obamacare)代替法の成立に向けた試みなど、目標に掲げる複数の政策をめぐり苦境に立たされている。

 成人1001人を対象とした米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)とABCニュース(ABC News)の共同調査によると、4月には42%だった同大統領の支持率は36%に低下。不支持率も5ポイント上昇して58%となった。

 回答者の48%がトランプ大統領の仕事ぶりに「強い不満」を示した。これほどの低評価は民主党のビル・クリントン(Bill Clinton)元大統領もバラク・オバマ(Barack Obama)前大統領も経験しておらず、唯一の前例はジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)元大統領が2期目に得たものだった。

 また同じく48%が、トランプ氏が就任してから世界での米国の指導力が弱まったと回答。27%が強まったと答えた。

 トランプ氏をめぐっては最近、昨年6月に長男のドナルド・トランプ・ジュニア(Donald Trump Jr)氏と選対本部の幹部2人が、民主党候補だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏に不利な情報を得るためにロシア人弁護士と面会していたことが発覚した。

 この面会については、回答者の63%が不適切だったと答え、26%が適切だったとした。だが政党別に見ると、共和党支持者のほぼ半数(48%)が面会は適切だったと回答していた。

 トランプ大統領は16日早朝のツイッター(Twitter)投稿で、「今回のほぼ40%(という支持率)は悪くないが、ABC/ワシントン・ポストの世論調査は選挙中、ほぼ最も不正確な調査だった」と主張。さらに、これまでのメディア批判の中でも特に激しい口調で「まがいものの匿名情報筋や、強く偏向し詐欺的でさえある報道で、偽ニュースはわれわれの国の民主主義をゆがめている!」と書き込んだ。(c)AFP

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年7月17日 09:19:58 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[159]
トランプがツイッターでわめくのは、もしかしたら無力感からくるのではないか。必要な職務に充分に人を任命できないでいること、実務を行っている人達からなんのサポートも得られなくなっていること、充分な話し合いをつけるべき党内部となんの合意も充分に得られていないことなど、があるのではなかろうか。トランプは裸の王様でツイッターで勝手なことをいうだけの存在なのかもしれない。
政治は、企業のトップの決断で行うこととは全く異なるのだ。さらに企業の競争相手と、他国の政治家とは全く異なるものなのだ。

2. 2017年7月17日 11:01:37 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[351]
しょんがね。
https://pbs.twimg.com/media/DEdeMnCVoAAB62S.jpg

FAKE MEDIA の偽ニュースを見るのに飽きた。


3. 2017年7月17日 11:24:52 : zorHITkvsh : hKWXg9cEMMQ[1]
トランプはファシストでレイシストでミソジニストだ

トランプは馬鹿だ

トランプは嘘つきだ

トランプは無力だ

少しずつましになってる?


4. 2017年7月18日 11:25:31 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[168]
1です。トランプのここまでの成果について、ほとんどないといわれている。その背景になにがあるのか。

トランプ「支持率最低」政権の深刻すぎる前途
中岡 望 :東洋英和女学院大学客員教授
.............
☆政策立案に専門家が関わっていない

一体何が問題なのだろうか。

それは、政策がトランプ大統領の“思い付き”やホワイトハウスの大統領側近によって決められていることだ。ホワイトハウスのスタッフで依然として影響力を持つのは極右のスティーブン・バノン首席戦略官やスティーブン・ミラー補佐官である。

驚くべきことに、閣僚の最初の全体会議が開催されたのは6月12日である。その会議で閣僚たちはトランプ大統領礼賛に終始した。トランプ政権最大の問題は、経済、通商、外交、安全保障の分野の政策を立案する優れたスタッフがいないことだ。政策立案に携わっている著名な学者や専門家の名前を聞いたことがない。そもそも、3000〜4000名と言われる各省の政治任命人事の多くが決まっていない。優秀な人材は、トランプ政権に参画することで経歴に傷が付くのを恐れている。優秀な専門家がいないため、政策がふらつき、具体的な方針が打ち出せないのである
..............
http://toyokeizai.net/articles/-/180856?page=4


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際19掲示板  
次へ