★阿修羅♪ > 国際20 > 684.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米朝の応酬は「園児のけんか」 露外相が緊張緩和呼びかけ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/kokusai20/msg/684.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 23 日 21:39:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

        


米朝の応酬は「園児のけんか」 露外相が緊張緩和呼びかけ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/214197
2017年9月23日 日刊ゲンダイ


  
   罵り合いが終わらない(C)AP

 エスカレートする一方のトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の応酬を「ガキのけんかかよ」と呆れている人も多いのではないか。

 ロシアのラブロフ外相も同じだったようで22日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、米朝関係を「幼稚園児同士のけんか」と表現し、緊張緩和を呼び掛けた。

 トランプは19日、国連総会で行った演説で、「場合によっては北朝鮮を完全に壊滅せざるを得ない」と警告したことに正恩は異例の声明を出して「最高の超強硬な対応策を取る」と威嚇した上、李容浩外相は太平洋での水爆実験の可能性に言及するなど威嚇の応酬が続いている。

 ラブロフ外相は「核兵器による軍事的冒険は受け入れられない」と北朝鮮を批判した上で、「熱くなった頭を冷やして、接触が必要だということを理解しなければならない」と述べ、米朝双方に自制を要求。

 その上で「われわれは、誰にも止められない幼稚園児のけんかの代わりに、感情的ではなく理性的なアプローチを取るよう努力し続ける」と語った。

 具体的には、欧州の中立国か国連事務総長が米朝の仲介役になることも選択肢のひとつだという考えを改めて示す一方、国連総会中に李外相と会談する予定はないとも語った。









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月23日 22:36:17 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[243]
「われわれは、誰にも止められない幼稚園児のけんかの代わりに、感情的ではなく理性的なアプローチを取るよう努力し続ける」

ほんと、常識的な感覚ではそういうこと
怖いのは、笑い話で終わるとは限らないからだが

「幼稚園児のけんか」に参加したがっているのが安倍


2. 2017年9月24日 16:39:18 : D7jdCfJ6kM : tdgpvRlCMqA[7]

何かいい案かと思ったら、トランプ大統領のことを嫌いなオーストコリア人お得意のただの言い捨てかよ。

ここで応酬やめて得するのが誰かを考えれば、アメリカが止めるわけにいかないのは当然だ。

止めた前回の「六カ国協議」は、カネだけ取られて、言いがかり付けられて、また核開発再開されたから、ここで応酬止める理由も特にない。


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

3. 2017年9月24日 23:23:15 : UOounaho0Q : pV9VIS@IPfw[103]
喧嘩に火 つけたい安倍に 気をつけろ

4. 真相を知りたい[4] kF6RioLwkm2C6IK9gqI 2017年9月25日 16:16:08 : AYoxhSEVbo : 07bLIFN9TRI[4]
「ロケットマン」というのは罵言にしては迫力がないと思ってたが
長崎原爆のコードネーム「ファットマン」の当てこすりかも知れんね。


5. 2017年9月25日 19:10:47 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4331]
2017年9月25日(月)
米大統領発言に反発
国連総会一般討論 北朝鮮外相が演説
事務総長 政治的解決の必要性強調

 【ニューヨーク=池田晋】北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は23日午後(日本時間24日未明)、国連総会で一般討論演説を行い、トランプ米大統領が同国を「完全に破壊する」などとした19日の演説に対し、「自殺行為の任務を進めているのは他ならぬトランプ自身だ」などと強く反発し、威嚇仕返しました。演説後、李氏は国連のグテレス事務総長と会談。国連側の発表によると、グテレス氏は政治的解決の必要性を強調し、緊張緩和と安保理決議の順守を求めました。

 各国首脳から北朝鮮問題の平和的解決と緊張緩和を求める声が相次ぐ一方、トランプ氏の発言を契機に国連の舞台を中心にして再び米朝間の威嚇の応酬が激しさを増しています。

 李氏は、「朝鮮半島情勢の本質は米朝間の対立にある」との見方を示した上で、米朝対立が米国による長年の敵視政策と核による威嚇を背景とするものだと主張。北朝鮮の核戦力の目的は、米国の核の脅威を終わらせ、侵攻を防ぐ抑止力の獲得にあり、「究極目標は米国との力の均衡の確立だ」としました。

 また、米国が、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を暗殺する「斬首」作戦や軍事攻撃の兆候を示せば、「容赦ない先制行動によって予防的措置を取る」と先制攻撃も辞さない姿勢を示してけん制しました。

 自国を「責任ある核保有国」だと位置づけ、「今や核戦力の完成の最後の門までわずか数歩というところまで来た」と宣言。米国の軍事行動に加わらない諸国に対しては、核の使用やその威嚇を与えるいかなる意図もないとも説明しました。

 トランプ氏に対しては、「誇大妄想と独り善がりに満ちた異常者」が「全米へのロケット到達を一層不可避にする取り返しのつかない過ちを犯した」などと攻撃。累次の対北制裁決議を科してきた安全保障理事会のあり方にも不満を表明しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-25/2017092507_01_1.html


6. 2017年9月25日 21:10:48 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4330]
2017年9月25日(月)
北朝鮮危機 破滅をもたらす戦争 絶対おこしてはならない
京都・兵庫 志位委員長が訴え
共産党躍進 こくた(比例・京都1区)・堀内(比例・兵庫8区)氏必勝を

 日本共産党の志位和夫委員長は、総選挙に向けた全国遊説で24日、野党と市民の共闘の勝利、日本共産党の躍進をめざして兵庫県・尼崎駅前、京都府・京都駅前の街頭に立ち、堀内照文衆院議員(比例・兵庫8区重複)、こくた恵二国対委員長・選対委員長(比例・京都1区重複)とともに訴えました。

 両会場では、小選挙区予定候補が勢ぞろいし、市民が応援演説。人垣がぐんぐん膨れ上がり、ぎっしりの聴衆から志位氏の訴えの随所で熱い声援と盛大な拍手が沸き起こりました。志位氏は「比例代表で共産党躍進の大波を近畿からおこしてください。そして小選挙区でも勝利をめざしたい」として、こくた、堀内両氏の必勝を熱く訴えました。

 志位氏は、臨時国会冒頭での衆院解散という「森友・加計疑惑隠し」を狙った前代未聞の党略的暴挙を厳しく批判するとともに、「総選挙は安倍政権を倒す歴史的チャンスの選挙となります」と強調。安倍暴走政治、北朝鮮問題と安保法制、消費税10%と経済改革、安倍首相による憲法9条改定、核兵器禁止条約など、総選挙の争点となる問題について縦横に語りました。

 演説のなかで志位氏は、「北朝鮮の核・ミサイル問題をどう解決するかは、重要な争点の一つです」とのべ、北朝鮮の暴挙を糾弾するとともに「破滅をもたらす戦争だけは絶対におこしてはなりません」と強調。「対話による平和的解決」の重要性を力説しました。

 志位氏は、トランプ米大統領が、国連演説で北朝鮮を「完全に破壊」すると恫喝(どうかつ)し、北朝鮮側も「超強硬な対応措置」と恫喝し、恫喝の応酬となっていることを「たいへん危険な状態です」と批判。「今の最大の危険は、米朝の軍事的緊張が高まるもとで、当事者たちの意図にも反して、偶発や誤算から軍事衝突が起こることにあります。ひとたび軍事衝突が起きたら、だれもコントロールができず、戦争に発展する危険があります。そしてその戦争とは核戦争です。こうした恐るべき事態はどんなことがあっても回避しなければなりません」と訴えました。

 日本共産党が8月12日に発表した声明で「危機打開のために米朝の直接対話」を呼びかけ、関係国に働きかけを続けていることを紹介。「経済制裁の強化は必要ですが、制裁だけで解決することはできません。それと一体に、『対話による平和的解決』をはかることこそ、唯一の解決策です」と訴えると大きな拍手が起こりました。

 志位氏は演説で、日本共産党の立場は世界の大勢でもあるとのべ、独・メルケル首相、仏・マクロン大統領、韓国・文在寅大統領をはじめ、多数の諸国の首脳が「対話による平和的解決」を呼びかけていることを紹介。「こうした時に安倍首相が、トランプ大統領の尻馬にのって、国連で異常な『対話否定』の演説を行い、『すべての選択肢はテーブルの上にあるという米国の立場を支持する』と、米国の軍事力行使を公然と容認する立場をとっている。万一、戦争となったら日本は甚大な被害をこうむります。日本の政府がこんな無責任で危険な態度をとることが許されるでしょうか」と批判。「こうした態度を根本的にあらため、9条をもつ日本政府こそ、『対話による平和的解決』のイニシアチブを発揮すべきではないでしょうか」と訴えると、聴衆から大きな拍手がわき起こりました。

 志位氏は、安倍政権が、北朝鮮問題との関係で、「安保法制をつくって本当に良かった」などとのべ、「米艦防護」や「給油」など、国民に秘密にしたまま発動していることを、「軍事対軍事の悪循環に拍車をかけ、日本を危険にさらす」と批判。「憲法違反の安保法制=戦争法はきっぱり廃止の審判を下しましょう」と訴えると、聴衆から「いいぞ」「そのとおり」などの歓声をともに大きな拍手がおこりました。
接戦区中心に、「1対1」の構図をつくれば、安倍政権を倒せる
兵庫・京都 志位委員長が訴え

 日本共産党の志位和夫委員長は24日、兵庫、京都で行った街頭演説で、この2年間で野党と市民の共闘が大きく発展してきたと語り、今回の総選挙に向けても4野党が「候補者一本化の模索」で合意したと報告しました。

 本気の共闘のためには、共通政策、相互推薦・支援が必要と強調すると同時に「少なくとも、互いに譲り合って、接戦区を中心に、『与野党1対1の対決構図』をつくる。これをしっかりやれば、かなりの選挙区で与野党が逆転します。安倍政権をふき飛ばす選挙にしようではありませんか」と訴えると、「やろう!」の声と盛大な拍手がわき起こりました。
兵庫

 尼崎市では、堀内照文衆院議員(比例・兵庫8区重複)が「国会で、社会保障のさらなる大改悪を許さない仕事をさせてほしい」と力を込めました。

 「安保関連法に反対するママと有志の会@尼崎」の阪本直さんが「私たちの声が形になる政治を実現したい。共闘の道を歩もう」と訴えました。

 志位氏は「堀内さんは厚生労働委員会で社会保障、雇用で切実な要求を掲げて大活躍してきました。質問力、発言力は抜群です」と必勝を呼びかけました。
京都

 京都市では、こくた恵二国対委員長・選対委員長(比例・京都1区重複)が「議会制民主主義を守り、野党と市民の共同をさらに発展させ、この力で政治を変えよう」と訴えました。

 京都精華大学専任講師の白井聡さんが、北朝鮮問題をめぐって危機を助長する安倍政権を批判し、「安倍政権の狂気を止めるという一点において、日本共産党はもっとも努力してきた政党だ」と期待を込めました。

 志位氏は「国対委員長として20年、こくたさんが果たしてきた役割は、野党と市民の共闘の大黒柱であり、日本の議会制民主主義の守り手です。必ず勝利を」と訴えました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-09-25/2017092501_01_1.html



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際20掲示板  
次へ