★阿修羅♪ > 国際20 > 693.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
初のチャーター便、日本から南クリルの墓参へ/クリル墓参団、無事に帰国(Suptnik日本)
http://www.asyura2.com/17/kokusai20/msg/693.html
投稿者 無段活用 日時 2017 年 9 月 25 日 06:26:41: 2iUYbJALJ4TtU lrOSaYqIl3A
 



https://jp.sputniknews.com/life/201709234115471/


初のチャーター便、日本から南クリルの墓参へ



© Sputnik/ Alexander Liskin


社会


2017年09月23日 09:08(アップデート 2017年09月24日 16:43)



ロシアの「アヴローラ」航空会社に行われるチャーター便は23日、墓参に参加している元島民や政府関係者らおよそ70人を乗せ、日本北海道の中標津空港から南クリル諸島へ出発した。



© Sputnik/ Alexei Druzhinin
プーチン大統領は南クリルの主権を日本に渡すつもりはないのか?



スプートニク日本


空路による墓参は6月に悪天候のため中止になったが、露日間で日程を再設定した。従来の墓参は船で移動しており、高齢化が進む元島民の負担軽減を目的に、4月の露日首脳会談で空路墓参に合意していた。

今回、航空機はイトゥルップ島や、クナシル島の両島を訪れる。共同通信によると、一行は元島民17人と家族、行政関係者ら計68人。クナシル島2カ所、イトゥルップ島2カ所の計4カ所で墓参する。

参加者は23日夜、日本に帰る。


タグ 露日関係, クリル諸島, ロシア, 日本



-------------------------------------------------------------------



https://jp.sputniknews.com/japan/201709244118554/


クリル墓参団、無事に帰国



© Sputnik/ Ivan Zakharchenko


日本


2017年09月24日 16:35(アップデート 2017年09月24日 18:49)



クリル諸島へのビザなし交流でエトロフ島とクナシリ島を訪問した日本の墓参団が、無事に日本へ帰国した。


スプートニク日本



© Sputnik/ Michael Klimentyev
プーチン、安倍両首脳 クリル合同プロジェクトを語る



墓参団は、2つのグループに分かれてエトロフ島とクナシリ島を訪問した。

先に現地のマスコミは、エトロフ島を墓参したグループを乗せた航空機が悪天候でクナシリ島に着陸できずサハリンへ向かうことになり、24日になってようやく航空機がクナシリ島を訪問した一行を迎えに行くためクリル諸島へ向かったと報じた。

23日、元島民ら68人からなる日本の墓参団を乗せたロシアの航空会社のチャーター便が北海道・中標津空港からクナシリ島に向かった。クナシリ島で1つ目のグループが降り、2つ目のグループはエトロフ島へ向かった。



© Sputnik/ Aleksey Nikolskyi
クリル諸島 韓国、中国からの投資に日本は反対



同日、航空機は墓参を終えた一行を乗せて日本へ戻る予定だったが、悪天候のためクナシリ島に着陸することができず、エトロフ島を訪問したグループを乗せてユジノサハリンスクへ向かった。

チャーター便による空路墓参は今年6月に行われる予定だったが、天候不良のため延期された。

航空機を利用した墓参は、4月27日にモスクワで行われたプーチン大統領と安倍首相の会談で合意に達した。


タグ 飛行機, 露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際20掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際20掲示板  
次へ