★阿修羅♪ > 国際21 > 646.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェチェン戦争が育んだプーチンの権力 田中 宇
http://www.asyura2.com/17/kokusai21/msg/646.html
投稿者 ねほりんぱほりん 日時 2018 年 1 月 14 日 13:45:20: b0q5dx9x9nAcY gsuC2YLogvGCz4LZguiC8Q
 

プーチンは16歳の時、地元のKGB支部を訪ね、KGBに入りたいと志願した一風変わった少年だった。大人になってから出直すように言われ、7年後、法律の学位を取得し再びKGBを志願。訓練を受けた後、東ドイツに派遣された。KGBは、国家が第一で国民は二の次と考える人たちの集まりだ。そういう考え方がプーチンの体には染み付いていて、変えようと思っても変えられないものである。

首相に就任する1年前、彼はKGBの後継組織、FSB(連邦保安庁)の長官に就任した。プーチンが首相に就任してから1ヶ月後の1999年秋、ロシア各地でアパートが爆破される事件が4件連続して起きた。犯行は全て住民が寝ている深夜に行われ、死者は数百人に達した。この事件で国中が極度の緊張に包まれた。数日おき、あるいは週に1回のペースで建物が爆破されるように感じたからだ。この時、誰も名前を聞いたことのない首相が突然至る所に姿を現し、こう演説した。

「テロリストはどこにいても必ず追い詰める。たとえ便所に隠れていても始末してやる」

プーチンは、このテロを独立運動が続くチェチェンのテロと断定した。ロシア当局はアパート爆破にチェチェンの痕跡があると述べた。関与の証拠ではなく、痕跡である。それが何を意味するのか明確にはされなかったが、新たな軍事侵攻を正当化する理由に使われた。プーチンによる攻撃は残虐を極めた。しかし彼は国民的英雄となった。

アパート爆破事件の前まではエリツィンの後継者として大統領になるチャンスなどないと思われていたプーチンが、たちまち最も人気のある政治家となった。彼らは状況を変える必要があった。選挙の延期を考えなくてはならないような状況を惹き起こせば、世間はエリツィンの汚職問題など些細な問題だと見なすから野党は追求しずらくなる。

1995年前後の第1次チェチェン紛争も、まさしく同じような状況で始まっていた。第1次チェチェン紛争は戦争中に選挙などできないと言って、政府が選挙を中止、もしくは先延ばししようとして引き起こされた。その時と1999年は全く同じ状況である。

つまり、紛争にはエリツィンの利害が絡んでいたのだ。プーチンの思惑とも一致していた。彼は大統領になりたかったからだ。

2000年3月の選挙でロシアに新大統領が誕生した。彼は未来に向かう新しい指導者に見えた。全てのロシア人が望む明るい未来だ。しかし十数年後、過去の暗い影が忍び寄る。

事件の後、様々なメディアがあの時、実際に何が起きたのか、本当の首謀者は誰なのかなど、多くの疑問を投げかけてきた。ミハイル・トレパシキンは遺族の代わりに、この犯罪の調査に2年以上取り組んできた。KGBとFSBに所属した経歴をもつ弁護士だ。チェチェン武装勢力の犯行という公式声明に疑問を持っている。この疑問はFSBの同僚たちの反応を知った後、一層大きくなった。

「これ以上クビを突っ込むと刑務所に入ることになるぞと言われました。手を引かないと面倒なことになると忠告を受けたのです。わたしは元捜査官だから経験もあるし、心得もある。捜査は遺族にために自分のやり方で続けると答えました」

しかし、捜査には多くの障害が立ちはだかった。爆破事件が立て続けに発生した後、ロシア当局があらゆる証拠を隠滅したのだ。現場ではブルドーザーが突然現れてがれきを取り除き、遺体まで片付けてしまった。そしてモスクワから南東におよそ200キロ、リャザンの街で起きた事件で謎は一層深まった。

リャザンのアパートの地下で爆弾が発見されたのだ。見つけたのはそこの住民で、爆弾は無事処理され、事件は未遂に終わった。そして仕掛けたのがチェチェンのテロリストではないことが判明した。FSBロシア連邦保安庁の工作員だった。

爆薬はヘキソーゲンという軍で使用しているものだった。信管も軍用のものが使われていた。FSBがリャザンのアパートに爆弾を仕掛けたという証拠は動かし難いものとなった。

FSBはリャザンで起きたことは訓練の一部だったと主張した。他のアパートの爆破もFSBの犯行ではないかという疑いも政府は完全に無視した。プーチンは自伝の中でナンセンスで常軌を逸した話だと言っている。これまでチェチェン人は一人も訴追されていない。しかし、非公開裁判で有罪となった人もいれば、自白を強要され、裁判でいまもなお戦っている人もいる。そして一貫して言えることは、この事件に深入りすると極めて危険だということである。

このアパート爆破事件を調べていた人たちが何人も殺されている。記者 ユーリー・シチェコチヒン、改革派議員 セルゲイ・ユシェンコフ、元FSB職員 アレクサンドル・リトビネンコ、記者 アンナ・ポリトコフスカヤ。

政治評論家のセルゲイ・マルコフは度々発言をしている。

「爆破事件を起こしたはFSBだとしている調査は、信頼できるものではありません。それはどれも策略を駆使したプロパガンダが目的の捏造されたものです。FSBがモスクワのアパートを爆破したという話は、もう飽きるほど聞きました。FSBの誰かが拘束されていますか? みんな自由の身ですよね。誰も刑務所に入っていませんよ。プロパガンダに惑わされてはダメです。危ないですよ。」

ロシアの連邦議会には、リャザン事件の真相を求める議案が3回提出されたが、全て否決された。プーチン率いる与党が調査や質問に全員一致で反対票を投じるからだ。

トレパシキンは議会から調査を依頼されていた。調査結果を報告する予定の1週間前に彼は警察に呼び止められた。彼らはトレパシキンの身体を2回チェックし、車を調べたが何も出てこなかった。トレパシキンが車のドアと閉めようとした時、警官がカバンを車に投げ込んだ。トレパシキンはそれは俺のじゃない、何をするんだと言ったが、警官は突然カバンを取り上げて、見ろ銃がある、銃があると叫んだ。そこでトレパシキンはすぐに逮捕された。

トレパシキンは刑務所に2年入れられた。出所後、またアパート爆破事件の調査結果について発言したため、さらに2年間収監された。

アパート連続爆破事件はエリツィン体制を救った。ソビエト崩壊後の腐敗した資産分割の体制が守られたのだ。彼らは新しい戦争を始め、ロシアとチェチェンの両方で罪のない何千人もの命を犠牲にした。そしてFSBの人間を政権の座に据えた。もちろん、その彼には民主主義などに関心はない。
 
 
2000年1月21日   田中 宇

 1999年9月22日夜9時すぎ、ロシアの首都モスクワから200キロほど離れたリャザンという町で、バスの運転手をしているアレクセイさんが帰宅時、自分のマンション(公共住宅)の前に、自家用車が停まっているのに気づいた。ありふれた国産車「ジグリ」だったが、運転手という職業柄、ナンバープレートがおかしいのが気になった。

 プレートには、ナンバーの最後の2桁の部分に紙が貼ってあり、「62」と書かれていた。それはリャザンの地域番号だったが、紙の下にある、もともとの番号も透けて見えた。「77」。それは、そこから走って何時間もかかる、モスクワの番号だった。

 変だと思ったアレクセイさんは、警察に通報した。当時ロシアでは、モスクワなどで公共住宅の連続爆破事件が起きており、300人以上が犠牲になっていた。マスコミは無差別爆破の危険を大々的に報じ、「不審な人物や荷物を見たら、すぐに警察へ」といった広報を頻繁に流していたため、通報した方が良いと思ったのだった。

 しばらくして警察がやってきたが、もうその時には、不審な車は立ち去った後だった。警察がマンション(13階建て)を捜索すると、地下室に、白い粉を入れたいくつかの大きな袋が置いてあるのが見つかった。調べてみると、それは爆薬で、袋の近くには時限発火装置がセットされていた。

 その直後から、大変な騒動となった。時限発火装置はすぐに取り外されたが、ほかにも爆弾が仕掛けてあるかもしれないということで、マンション住民250人は、すぐに避難するように言われ、避難勧告が解除されたのは、翌朝7時だった。取り外された時限発火装置は、翌朝5時半にセットされており、大事を取って、それが過ぎるまで、警戒が続いたのだった。午前5時半という時刻は、何日か前にモスクワの公共住宅が爆破されたのと、同じ時刻だった。

 不審な車には男2人と女1人の計3人が乗っており、別の住民がこの3人を目撃していた。ロシアで続いていた連続爆破事件は、分離独立を狙うチェチェン人組織の仕業である可能性が高いと、マスコミでは報じられていた。リャザンのマンションに爆弾を仕掛けたのもチェチェン人ではないか、とも思われたが、不審な3人はチェチェン人ではなく、ロシア人のように見えた。

▼「防犯訓練」と言わざるを得なかった連邦保安局

 翌日の夜、テレビを見ていたリャザンの人々は驚いた。連邦保安局の長官が登場し、「爆弾は防犯訓練のために当局が仕掛けた。火薬のように見えた袋詰めの白い粉は砂糖だった」と発表したからだった。

 訓練にしては、おかしな点がいくつもあった。爆弾が見つかってから訓練だと発表するまでに、丸一日以上過ぎていたし、訓練なら多くの地点で実施すべきなのに、なぜリャザンだけで実施したのかも不明だった。

 だがその翌日、人々は合点がいった。ロシア軍が、チェチェンに対する空爆を開始したのである。爆弾騒ぎは、ロシア当局のチェチェン攻撃と関係がある、もっと言えば、マンションの連続爆破事件は、ソ連時代にはKGBと呼ばれていた連邦保安局が、ロシア人の反チェチェン感情を煽る目的で実行した可能性がある、と人々は考えた。

 当時、首相だったプーチンは、その1ヶ月前まで、連邦保安局の長官だった。彼が首相になった直後に始めたチェチェン攻撃は、ロシア人の愛国心を揺さぶった。プーチンへの支持率は急上昇し、1999年大晦日にエリツィン大統領が辞任し、プーチンはピンチヒッターながら、大統領にまで登りつめた。2000年3月の大統領選挙では、プーチンが当選すると予測されている。

 つまり、99年9月の連続爆破事件は、プーチンを権力の座に押し上げるためにあったようなもので、事件の背後には、プーチンの出身母体である連邦保安局の影が見え隠れしている。

 チェチェン人が爆弾を仕掛けたのなら、一般市民が住む公共住宅ではなく、軍や警察の施設を狙いそうなものだ。一般市民に被害を及ぼし、チェチェン人がやったことにして、もともと「チェチェン人はマフィア」というイメージを持っていたロシア人の反チェチェン感情を煽る目的があったとも勘ぐれる。

 爆破事件に対しては、どこからも犯行声明は出ておらず、チェチェン共和国政府は事件への関与を全否定している。そして、犯人に関する手がかりも、見つからないままである。

▼イスラムテロリストの爆弾工場は幻か?

 その後、プーチンの大統領就任を機に、再び連続爆破事件に対する疑念が、内外のマスコミから湧き出してきた。そのためロシア当局は1月中旬、チェチェン共和国内にある爆弾工場の映像をテレビで放映し、連続爆破の犯人はチェチェン人であることが判明した、と報じた。

 アメリカを狙うアラブ人オサマ・ビンラディン氏が率いるイスラム原理主義テロリスト組織が時限発火装置に使うことが多いカシオの腕時計が、そこでも使われていることを映し出すなど、含蓄に富んだ映像展開になっていた。(カシオの時計については「ミレニアムテロ:アメリカが育てたイスラム過激派」を参照)

 とはいえ、この工場が実在するのかどうか、確かめることはできない。ロシア政府は、チェチェン攻撃が始まって以来、内外マスコミがチェチェン周辺の現場で取材することを厳しく規制しているからだ。外国メディアのチェチェン訪問は全く許可されない。

 こっそり行ったとしても、たとえばアメリカの大手新聞「クリスチャンサイエンス・モニター」の記事によると、同紙の記者は、チェチェンの隣にある北オセチア共和国に入って30分後に、連邦保安局によって身柄を拘束されてしまった。

 このようにロシア政府が、必死で報道管制しているのは、前回1994-96年にロシア軍がチェチェンを攻めた際、マスコミが反戦報道を展開した結果、撤退せざるを得なくなり、チェチェンに自治を許してしまったという、苦い経験があるからだ。

 その後ロシアは、アメリカ政府の、湾岸戦争以降の戦争での報道管制の巧妙さ(狡猾さ)に学び、今回は攻撃開始前から、マスコミの手綱を引き締めた。その結果、ロシアのメディアは、9月のチェチェンへ攻撃開始から一貫して、当局寄りの姿勢をとっている。(ロシアのマスコミの多くは、大物政治家・財界人が支配している)

▼「敵に塩を送る」ロシア軍

 ロシアのチェチェン攻撃をめぐっては、もう一つ疑惑が湧き出している。ロシア軍が、チェチェン周辺のイスラム原理主義軍に武器を渡しているという疑惑である。

 1月上旬、チェチェンの南にあるグルジア共和国の当局は、首都トビリシの郊外にあるロシア軍の基地から、チェチェンの南隣にある南オセチア自治州に向かおうとする民間のトラックを検問し、機関銃の弾5万発や、迫撃砲などの武器を押収した。(位置関係が分かる地図はこちら)

 トラックの運転手はグルジア人で、その前日にも雇われて、ロシア軍基地から南オセチアまで荷物を運んだが、積荷が武器であることを知り、当局に通報したのだった。

 武器押収の様子は、グルジアとロシアのテレビで放映された。ロシアを非難するグルジア政府に対して、ロシア政府は「映像は、グルジア内部の権力闘争を背景とした政治的な目的で、でっち上げられたものだ」と反発した。

 南オセチアは、グルジア共和国内にあるが、イスラム原理主義勢力が支配しており、グルジアからの分離独立を求め、武装している。ロシア軍は、南オセチアの独立派を支援することで、ロシア離れを強めるグルジア国内を混乱させようとしている可能性が強い。

 だが、南オセチアとチェチェンのイスラム原理主義勢力はつながっている。ロシア軍が流した武器は早晩、チェチェン人の手に渡ることは見えている。それを考えると、9月の公共住宅の連続爆破事件の延長として、チェチェンでの戦闘が長引き、チェチェン人に対するロシア人の憎しみが強まるほど、プーチンの人気が高まる、という目論見から、武器を流出させた可能性もある。

▼プーチンは強い改革者?、それとも・・・

 このように、戦争を起こすことで自らの権力を広げてきたと考えられるプーチン大統領だが、アメリカをはじめとする欧米諸国の、彼に対する評価は高い。というのは、彼は今のところ、エリツィン前大統領と同様、欧米と協調する政策を貫きそうであるからだ。

 エリツィン前大統領の歴史上の役目と功績は、共産党勢力など、ロシアに残る冷戦時代の遺構を破壊することに尽力したことだった。エリツィンは古い社会主義の代わりに欧米型の経済システムを導入し、それを起動させるため、欧米からの資金援助が流れ込んだ。

 だが、古い社会主義システムを壊すことは大変で、共産党の復権を防ぎたいあまり、国営企業の民営化などを性急に進めた結果、現在のロシアはあちこちにひずみが生じる状態になっている。

 民営化を急いだため、一部の大物財界人だけが、エネルギーや鉱山などの基幹産業を牛耳るようになり、彼らはその資金力を使って、エリツィン自身をも操るようになった。石油会社やマスコミを支配している財界人ベレゾフスキー氏らが、ロシア政府の黒幕として存在し、エリツィンからプーチンへの大統領交代も、彼らの差し金によるものだという指摘もある。

 彼らが国を牛耳るようになった結果、彼らの傘下にある大企業は税金を払わず、税収が少なくて国庫は財政難が続いている。汚職も多い。プーチンが担おうとしている役割は、こうしたエリツィン時代のひずみを修正し、経済を立て直し、ロシアを再び強大な中央集権国家にすることであるようだ。プーチンは、汚職を強く取り締まることを公言しており、それも欧米諸国にとって好感材料となっている。

 ロシアが強大な国になるために、チェチェン人がたくさん殺されるとしても、再びロシアが欧米と敵対する国に戻ってしまうよりは良いし、ロシアが弱くて混乱している状態が続くよりは良い、と欧米諸国は考えているように見える。

 プーチンは、若いときに10数年間、KGBに勤務し、旧東ドイツなどで諜報活動に携わっていた。そのため大統領就任直後、アメリカの新聞などは、彼がKGB出身であることを批判的に強調する記事を出していた。

 だがその後1週間もしないうちに、「KGB時代、東ドイツに滞在して西側経済をウォッチしていた経験が、彼の自由主義経済に対する理解力の源泉になっている」といったような分析記事が出回るようになり、親プーチンの流れができてしまった。

 おそらく、アメリカ当局のマスコミに対する隠然たる指導によるものだろうが、そういった偏りのベールを取った下に、どんなプーチン像があるのかは、まだ見えてこないのが現状だ。

http://tanakanews.com/a0121russia.htm
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月15日 20:23:47 : sILlsaGiNU : YDVaY4zVqUA[16]

プーチンは、最初、ロスチャイルド等

欧米金融寡頭のバックアップを

受け出て来たが、

連中の意のままにはならず、

逆に、連中と戦っている、

真の愛国者だと思うよ。


2. 2018年1月27日 18:33:40 : 9V8488rFko : fQS2fnuv6XM[1]
ああ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際21掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際21掲示板  
次へ