★阿修羅♪ > 昼休み54 > 561.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
(宗教)なぜインドから「カースト制」がなくならないか…その原因はヒンドゥー文明にある
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/561.html
投稿者 木卯正一 日時 2019 年 10 月 03 日 17:22:21: xdAt6v.ugMgqA ltiJS5CziOo
 

(回答先: Re: (悲報)殺されたこどおじ、毎月30万以上振り込んでもらってた上級国民だった・・・ 投稿者 木卯正一 日時 2019 年 6 月 02 日 02:13:53)

2019/10/02(水) 18:26:24.99ID:Qhxgh+AV9

インドには生まれで人を差別する「カースト制」がある。インド政府は廃絶しようとしているが、なかなかなくならない。なぜなのか。社会学者の橋爪大三郎氏は「インドをわかるためには、ヒンドゥー文明の価値観と行動様式を理解する必要がある。カースト制の理由もそこにある」と説く――。

※省略

ヒンドゥー文明の人びとの、行動様式
(1)まず自己主張する。
(2)相手も自己主張している。
(3)このままだと、紛争になる。
(4)みんなばらばらな法則に従っているので、大丈夫。

インドと言えば、カースト制である。カースト制は、人びとをばらばらにし、接触を最小限にして、紛争を避ける仕組みである。接触を避けるとは、職業を別々にして、なるべく交流しない。結婚しない。穢(けが)れが伝染するからと接触しない、などである。 インドには、イスラム教徒もそれなりの人数がいる。ヒンドゥー教徒とイスラム教徒は住むエリアを分け、なるべく交流しないように暮らしている。

■万物が「真理」に従っていると考える

 カーストの4つのカテゴリー(ヴァルナ)をみると、上からバラモン(宗教を担当)/クシャトリア(政治・軍事を担当)/ヴァイシャ(ビジネスを担当)/スードラ(その他を担当)、となっていて、宗教の社会的地位が高い。とてもインド的だ。

 ではなぜ、宗教の社会的地位が高いのか。ヒンドゥー教という宗教から、どうしてインドの人びとの、考え方や行動様式が導かれるのか。

 こういう順序になっていると思う。

 まず、インドの人びとの考え方の、基本の基本。

 (a)「宇宙には、真理(ダルマ)がそなわっている」

 こう、深く深く考えるのが、出発点だ。

 「真理」は、法律ではない。一神教では、神(God)がいて、法律を人間に与えるのだが、インドではそういう順番になっていない。まず、真理がある。これは、法則性のことで、誰かが決めたのではない。人間も、動物も、そして神々も……、万物が、宇宙のすべてが、この法則に従っている。

 神々も、法則を変化させることができない。逆に、神々は、法則に支配されているのである。

 真理は、宇宙を支配するのだから、普遍的である(インド人の考え方は、世界で通用すべきだ、ということである)。

 この考え方は、4000年ほど前に、バラモン教としてインドに伝えられた。それがだんだん土着化して、ヒンドゥー教になった。仏教も、真理の考えをもっている。

 つぎに、こう考える。真理は、この宇宙に満ち満ちている。しかし人間だけは、この真理とまるごと一体化することができる。それは、素晴らしいことで、人間としてもっとも価値あることである。

※省略

 すると、どうなる。実際に、瞑想(パフォーマンス)を実行するしかない。

 瞑想は、労働ではない。真理に接近するパフォーマンスは、訓練が必要で、時間もエネルギーもかかる。選ばれたごく一部の、特権階級のひとしかできない。これが、バラモンだ。

 バラモンは、サンスクリットで書かれた本を、たくさん読む。神々の祭祀も、行う。けれども本当は、「真理に接近できる特権をもった人びと」のことなのだ。

 そうでない人びとは、この世界に必要な、さまざまな業務を分担する。政治・軍事を分担するのが、クシャトリア、ビジネス全般を担当するのが、ヴァイシャ……、という具合に。彼らは、バラモンより、地位が低い。「真理にアクセスしたければ、輪廻してバラモンに生まれるのを待ちなさい」である。

 カースト制は、差別である。社会的威信(プライド)が、不均等に配分されている。下のほうに位置づけられたら、生きる気力が失せてしまいそうだ。

 これに抗議の声をあげたのが、仏教である。

 ゴータマ青年はクシャトリヤの生まれ。宗教活動をしに修行の旅に出るのは、カースト制のルール違反だ。ゴータマ青年は、命懸けで、

 (d)「カーストに関係なく、誰でも真理にアクセスできる」

と主張したかったのである。

努力の甲斐(かい)あって、覚り(さとり)をえた。ゴータマは、覚った人(ブッダ)となった。弟子を集めて、教団(サンガ)をつくった。どんなカーストからも参加できる。同じ服を着て、共同生活をする。托鉢(たくはつ)してもらった食べ物を、一緒に食べる。人間として平等。差別の厳しいカースト社会の反対の、理想の空間がそこにある。 仏教は、これみよがしの、アンチ・カースト運動である。(続きはソース)

h ttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00030102-president-soci
h ttps://amd.c.yimg.jp/amd/20190929-00030102-president-000-1-view.jpg

2019/10/02(水) 18:40:38.93
>1
なぜってそりゃあ、カースト制度によって利益を得ている人が多数派だからだろ?
大半の人がカースト制度によって不利益を得ているとすれば、そんな制度はとっくに自然消滅しているはずだ。

2019/10/02(水) 19:08:14.36
>1

凄く解りやすいな。
成る程、バラモンがただ単に僧侶という世襲の職業集団ではなく、真理に触れる特権を持って生まれてきた人と考えると、僧職以外のバラモンすら強力に権威を振りかざすのが理解できる。


2019/10/02(水) 18:37:57.26
インドの問題はすべて、
アーリア人の南下が問題

ヒッタイト族から製鉄技術を奪ったアーリア人が、鉄の武器を使い
土着のインド人を虐殺後インドを支配して、土着のインド人をカースト制度で最下位の人間にした

アーリア人は元いた所に帰るべき

2019/10/02(水) 22:40:08.09
>>25
アーリア人ってすぐヒエラルキー作るよな
南米も混血具合でヒエラルキーあるし

h ttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570008384/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
昼休み54掲示板  
次へ