★阿修羅♪ > 昼休み54 > 703.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「終わりの始まり」が、ブレグジット実施で幕を開ける
http://www.asyura2.com/17/lunchbreak54/msg/703.html
投稿者 木卯正一 日時 2020 年 1 月 07 日 17:31:32: xdAt6v.ugMgqA ltiJS5CziOo
 

UKロックの「終わりの始まり」が、ブレグジット実施で幕を開ける

今度こそ本当に「離脱してしまう」のだ

 昨年12月12日の英総選挙の結果を受け、1月末の実施秒読み段階に入った、イギリスの欧州連合(EU)離脱「ブレグジット」。喉元を過ぎたのか、(現時点では)日本での報道は減少している。だがしかし、僕はいまだに「あの日」のショックから、開票速報を見たときの衝撃から、完全に立ち直ることができないでいる。 

 今度こそ、ついに、本当に「やってしまう」のだ――というショックから。「そっちを選んでしまったのか」という、衝撃から……なぜならば、ブレグジットの実施とは「UKロックを根本的に終わらせてしまう」ことと同義だからだ。伝統あるその文化様式の存立基盤が、まさに「根こそぎ」解体されゆく寸前にある、からだ。しかしこの状況は、日本ではまったく着目すらされていないようだ。だから僕はこれから書く。

 UKロックの危機とは、イギリス労働者階級の精神的危機と同義だ。そして、彼ら彼女らは日本人の大多数と無縁ではないどころか、隣人だ。日本人の8割は百姓の子孫だからだ(詳しくは、この論考をご覧いただきたい)。だからいま「あっち」で起きている分断は、「こっち」の頭上にもすぐに落ちてくる。事前に備えておいて損はない。
UKロッカーは伝統的に「労働党支持」だった

 件の選挙結果が衝撃的だったのは、たんに(また)残留派が負けたから、だけではない。英保守党の地滑り的・歴史的大勝はもとより、英労働党の「歴史的敗北」という事実のほうに、僕はより強いショックを受けた。労働党とは、ロックの党だったからだ。

 といっても、党がロックを推していたわけではない。逆だ。元来、イギリスのロック音楽家の大多数は、労働党を支持するのが「当たり前」の流儀だった。音楽家も、そのファンも、基盤となったのは上流でも中流でもなく、圧倒的多数の労働者階級の若者たちだったからだ。つまり労働党の支持者こそが「UKロックを育てた」本家本元でもあった。

 ここが今回「割れた」わけだ。固い岩盤層のごとき支持基盤が、まるで現代アメリカの陰画みたいな深い分裂と分断によって四分五裂しては、そのほとんどがドーヴァー海峡の水中へと没していくような光景を、僕は幻視する。かつては労働党の金城湯池だったはずの階級、社会階層の人々の少なからぬ数が、あろうことかボリス・ジョンソン首相率いる保守党に投票してしまったわけだ。「ブレグジット実施」が撒き餌となって。

 ここに僕は、深い悲しみの感情を抱く。よりにもよって「この大一番で」保守党に投票して自らの首を絞めなければならないほどにも追いつめられていた、なんて……かつて、たとえば80年代、サッチャー政権をつねに批判し、果敢に戦いを挑んでいたのは、パンク〜ポスト・パンク勢を主力とする同国のロック音楽家とそのファンたちだったのに。
ビートルズの3人も、パンク・ロッカーもみんな労働者階級だった

 駆け足で振り返ってみよう。UKロックの歴史とは、イギリス戦後史における社会民主主義勢力の発展とほぼ同期していた。日本も部分的にお手本とした「ゆりかごから墓場まで」を標榜した元祖である労働党は、1945年の総選挙に勝利して初の単独政権を樹立する。そして労働者階級の所得が増えていくなかで、ザ・ビートルズが誕生した。ジョン・レノン以外の3人が労働者階級の出身であることは有名だ。のちにロックが巨大化し、プログレッシヴ・ロックやハード・ロックの時代には中流出身で大卒者の音楽家が増えるなどの事例もあったが、パンク・ロックの出現でふたたび労働者階級が天下を奪取、主流を占めることに。DJやクラブ音楽のクリエイターも基本は同様だった……。

 たとえば、日本ではお洒落野郎ご用達ととらえられることが異様に多い(まあ自業自得の面も否めないのだが)ザ・スタイル・カウンシルは、文字通り「社会主義思想を広く推進するため」の曲を数多く発表した。そのひとつ、85年の「ウォールズ・カム・タンブリング・ダウン!」は庶民の団結によって強圧的な政府や収奪システムは滅びる、あたかも「ジェリコの壁が崩れ去るように」と人々を鼓舞するソウル・ナンバーだ。同時期に全英を震撼させていた英炭坑労働者ストライキを支援していた彼ららしい曲で、今般の惨事の「まったく逆」と言っていいような状況が、高らかに歌われていた、のだが……。

h ttps://news.yahoo.co.jp/byline/daisukekawasaki/20200107-00157873/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 昼休み54掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
昼休み54掲示板  
次へ