★阿修羅♪ > 日本の事件32 > 104.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「人を殺してみたかった」事件の真相は  気持ちが落ち着いてきたという元女子大学生「人を殺さない自分になりたい」
http://www.asyura2.com/17/nihon32/msg/104.html
投稿者 軽毛 日時 2017 年 3 月 25 日 21:00:16: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

「人を殺してみたかった」事件の真相は
3月24日 22時52分
「人を殺してみたかった」。
おととし、知り合いの女性を殺害したとして逮捕された元女子大学生が捜査段階で語った動機です。それから2年余り、元女子大学生の裁判が24日に開かれ、無期懲役の判決が言い渡されました。これまでの裁判で、元女子大学生は何を語り、その心の闇はどこまで明らかにされたのか。傍聴を重ねた記者の目を通して見えた“真相”を伝えます。
社会に大きな衝撃

ニュース画像
平成27年1月。1か月以上前から行方が分からなくなっていた名古屋市の77歳の女性が、市内のあるアパートの一室で遺体となって発見されました。
この部屋に住んでいたのは、当時19歳の名古屋大学1年の女子学生。
女性を殺害したことを素直に認める一方で、供述したのが、冒頭の「人を殺してみたかった」でした。
その後、およそ5か月にわたって捜査が行われた結果、高校時代に同級生に劇物のタリウムをひそかに飲ませるなど、信じられない事件が次々と明らかになり、社会に大きな衝撃を与えました。

不可解な動機

ニュース画像
裁判では、その動機の異常さが際立ちました。その流れは大きく3つに分けられます。

@「タリウム中毒の症状を観察したかった」
仙台市の高校2年生の時に、同級生2人にタリウムをひそかに飲ませ、殺害しようとした事件

A「人を殺して死ぬ過程が見たかった」
大学1年生の時、知り合いの77歳の女性を殺害した事件

B「焼けて死んだ遺体を見たい」
大学1年生の時、実家に帰省した際、2度にわたり、住宅に火をつけて焼こうとした事件

裁判が始まったのはことし1月。元女子大学生は事件当時、未成年でしたが、成人と同じ裁判員裁判を受けることになりました。
名古屋地方裁判所の初公判に現れた元女子大学生は、髪の毛を後ろで束ね、紺の上着と黒のズボン姿、ごく普通のどこにでもいる21歳といった印象でした。裁判官の問いかけには、落ち着いた声ではっきりと答え、凄惨(せいさん)な事件に関わったとは信じられませんでした。

裁判では刑事責任が問えるかどうかを最大の争点に審理が行われ、計6回の被告人質問のほか、母親や精神鑑定を行った医師などに対する尋問が行われ、そのすべてを傍聴しました。

殺人への強い関心

ニュース画像
審理が進むにつれ、元女子大学生に対する当初の先入観が、誤りであったことが明らかになっていきます。

身上や経歴の中で、高校時代は人あたりがよく、クラスの中心的な存在だったとされた元女子大学生。なぜ、いつごろから人を殺すことに興味を強めていったのでしょうか。

被告人質問では“人を殺すこと”に興味を持つようになったのが「中学2年生の時だった」と明かしました。きっかけは、母親との会話の中で、平成9年に神戸市で起きた、当時14歳の男子中学生による連続児童殺傷事件について聞いたときだと話しました。このとき初めて「人を殺すということ(の意味)を知った」と説明しました。
一方、証人として出廷した母親は当時を振り返り「『自分と同じ年でそんなことができるなんて尊敬する』という反応だったので、がく然とした」と証言しました。

その後、元女子大学生はインターネットで過去に起きた殺人事件などを調べるようになり、“人を殺すこと”への関心を深めていったといいます。

高校に進学してからは、クラスメイトに対し、殺人事件の話題を一方的に繰り返し話したり、学級日誌に、過去に殺人に関わった人物の誕生日などを書いていました。なかでも、同年代の少年らが起こした事件に強い興味を抱き、共感を持つようになったといいます。「人を殺したいという理由で殺すのは、少年のうちにしかできないと思い込んでいた」。殺人への欲求は高校時代に大きく膨らんでいったのです。

裁判では、このころ、今回の事件で使用するオノやナイフを購入したこともわかりました。その理由について「人を殺したいという欲求を抑えるために持っていたい気持ちと、ナイフを使って誰かを殺したい気持ちがあった」と説明しました。

さらに、大学に進学すると“殺すための相手”を探して人間関係を築くようになり、そして「殺さずにはいられない」という衝動に駆られた結果、最終的な目的を果たします。

どうやって知り合いの女性を“殺すための相手”として選んだのか。裁判では、この女性のほか、同じ大学の友人2人も殺す候補と考え、具体的な計画を立てていたと明らかにしました。そして、たまたま最も早く自宅に招く機会があったから殺害を決意したとしました。
女性の頭を背後からオノで殴りつけると、抵抗され「どうして?」と聞かれたので「人を殺してみたかった」と答え、首を絞めて殺害したと話しました。

多くの凶悪事件の取材経験がある記者でも、強烈な戦慄を覚える状況を淡々と話す様子からは、深い心の闇と同時に、元女子大学生が自身が犯した罪の大きさを実感できないむなしさのようなものを感じざるを得ませんでした。

中毒症状への関心

ニュース画像
人を死なせる過程を確かめる実験ともいえる事件。それが高校生のときに同級生らに劇物のタリウムを飲ませた事件です。

化学が得意で、さまざまな薬品に興味を持つようになり、2年生になると年齢を偽って、劇物のタリウムや亜硝酸ナトリウム(致死量はわずか2グラム)を薬局で購入しました。「コレクションという気持ちが半分。人に投与したいという気持ちが半分」。
特にタリウムは12年前に静岡県で当時16歳の女子高校生が母親に飲ませて殺害しようとして逮捕された事件を知り「中毒の症状を観察したい」という強い興味を持つようになりました。

そして、「どうしても人に投与したい」という思いが抑えられなくなり、中学の同級生だった女子生徒をカラオケ店に呼び出し、ひそかに飲み物に混入させました。
さらに、その翌日、高校の教室でも同級生の男子生徒が持っていたペットボトルの飲み物にタリウムを入れて飲ませます。男子生徒は目に重い後遺症が残りました。

被害者は人ではなくヒト

人を殺したくて殺し、中毒の症状を観察したいからタリウムを飲ませる。
審理では常に感情をあらわにすることがなく、聞かれたことには淡々と答えますが、被害に遭った人や遺族の気持ちについて、どう思うか尋ねられると「わからない」を連発。他人の身になり、気持ちを推し量ることができないということが伝わってきました。

「被害者は“人”ではなく、実験対象としての“ヒト”」。「人は死んだ瞬間にモノになる」。「人はコンピューターより少し複雑なだけで修理可能」。

タリウムを投与した2人を「2個体」と表現し、観察ノートに症状を記録するなど、被害者やその家族に対する理解や共感をまったく持ち合わせない言動に、裁判を傍聴していてるこちらが混乱してしまうこともたびたびありました。

こうした行動の原因について、精神鑑定を行った3人の鑑定医は発達障害と双極性障害、いわゆるそううつ病の影響を指摘しています。
鑑定の結果、IQ=知能指数は120あったとされ、勉強や表面的な他者とのコミュニケーションに支障をきたすことはありませんでした。
一方、障害の影響で、興味が1つのことに限定したり、他者への共感性が欠如していたと指摘しています。

人を殺さない自分になりたい

ニュース画像
逮捕から2年余り。勾留中に医師の診断を受け、投薬治療などを受けた結果、気持ちが落ち着いてきたという元女子大学生は「人を殺さない自分になりたい」、「こういう事件を二度と起こしたくない」と何度も口にするようになりました。
その一方で「謝罪をしたいという気持ちはあるが、謝罪や反省のしかたがわからない」といい、今でも「週に1〜2度、人を殺したいと思うことがある」とも話しています。

見過ごされた兆候

ニュース画像
裁判の中では、事件の兆候を見抜く機会がたびたびあったことがわかりました。

中学生時代、学校に通えなくなり精神科を受診した時。高校時代、父親が化学薬品やナイフを見つけて警察に連れていった時。タリウムの投与を妹に打ち明けた時。

さらに、殺人事件の4か月前。犯罪者を礼賛するような言動を聞いた母親が仙台市の発達障害の支援センターに連れていったこともありました。そこで殺人に対する願望を打ち明けていたという元女子大学生。
しかし、母親にその結果が伝わったのは1か月後。すでに名古屋に戻っていた元女子大学生に、近くの支援センターに相談するよう伝えましたが、実際に訪問することはありませんでした。

家族や周囲が、その深刻さに気付かず、事件の芽を摘み取ることができなかったのです。

元女子大学生は、弁護士から幼いころの思い出について尋ねられ「泥団子を作るのがうまかったり、かけっこで1位になったことを先生にほめられた」と話しました。研究者を目指したこともあるなど、事件を起こさない道を歩もうとしていたこともあります。

24日の判決で、裁判所は発達障害の影響は限定的で、みずからの意思で犯行に及んだとして、責任能力があったと認定しました。一方で、刑務所で適切な治療などを受けさせるべきだとも指摘しました。

「人を殺してみたかった」。なぜ、そう思い、実行してしまったのか。裁判を通して考え続けてきましたが、最後まで納得のいく言葉を聞くことはできませんでした。過去には同じような動機で起きた事件も少なからずあります。
今回の事件を特異なケースとして片づけるのではなく、事件を防ぐために何ができるのか、これからも取材を続けていきたいと思います。

絹田峻
名古屋局
絹田峻 記者
管野彰彦
ネット報道部
管野彰彦 記者
特集一覧を見る
シェアするhelptwitterfacebook
このほかの特集記事
「人を殺してみたかった」事件の真相は
「人を殺してみたかった」事件の真相は3月24日
おにぎりが小さくなる!? 日本農政のひずみ
おにぎりが小さくなる!? 日本農政のひずみ3月23日
“がん後遺症” 社会復帰を阻む壁
“がん後遺症” 社会復帰を阻む壁3月22日
1号機メルトダウン 冷却装置経験者不在はなぜ
1号機メルトダウン 冷却装置経験者不在はなぜ3月21日
森友学園 5つの疑問
森友学園 5つの疑問3月17日
「保育園落ちた」再び 解消されない待機児童
「保育園落ちた」再び 解消されない待機児童3月16日
高齢ドライバーで医師悲鳴?
高齢ドライバーで医師悲鳴?3月15日
“死後離婚”を考える
“死後離婚”を考える3月14日
WEB特集一覧を見る
スペシャルコンテンツ
日本国憲法 70年 みんなの憲法
日本国憲法 70年 みんなの憲法
東日本大震災 あの日から6年
東日本大震災 あの日から6年
運命の1号機 “3万会話”が明かす真実
運命の1号機 “3万会話”が明かす真実
トランプ大統領
トランプ大統領
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2017_0324.html?utm_int=detail_contents_tokushu_001  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月28日 20:19:04 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[58]
この人も脳の問題が有ると見たね、
何故かと言うと脳には性衝動で活性化する部位と、恐怖や怒りで活性化する部位が
有るのだがその位置は隣にあり恐怖と性衝動が一緒に起るのは戦争などの極限の
生死を掛けた場面では良くある事で、また中世ヨーロッパなどでの公開処刑など
見て性衝動に駆られると言う事が幾つかの書物でも見られる事です。
多分この人もそれらの性衝動と恐怖感又は殺人と言う緊張感で活性化した脳の部位と
一緒に性衝動も起きてしまったと言う事ではなかろうか。
この様な事が起きるのは元々の脳の作りにとそれを押さえないと酷い事に
成ると言う経験不足から起ってしまったような気がするんだが。


2. 2017年3月30日 02:55:18 : U9dppXdDTQ : bc3vRehiMsw[132]
ひとことでサイコパス。

3. 2017年5月08日 21:26:45 : rkJU4oOov6 : NsyCTgkVO_g[144]
サイコパスは精神上の問題で子供の頃の体験や成長過程での問題が多いかと、
脳自体に問題がある訳ではなく思考的な物と衝動的な物で言わばコンピューターと
一緒で変なプログラムが思考の中に入り込む。
インターネットでのエログロ禁止した方が良いかと思うけど。
特に性衝動動画とグロの抱き合わせは禁止位にしないとね、警察さん。



4. 2017年9月26日 04:44:29 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[1098]
NОに問題があるのは、魚、さばいた方でしょ(笑)。さっさと死刑でないと全く浮かばれませんな。

5. 2017年12月29日 13:17:55 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[1152]
魔物やな。エログロ画像やアニメも洗脳あるが、人を殺したいって、ほんとに気持ち悪い奴や。後世の為にも即刻、はり付け獄門さらし首で抹殺願います。それと、榊原と呼ばれる神戸の子供を惨殺した殺人鬼やが、本人が真犯人かどうかは別にして、テレビにでかでかと出たのは、人を殺してみたかった、とか、の文章やな。
もっとおぞましい文章もテレビに出たが、とにかく、人を殺してみたかった、という言葉、これを見て自分は思った、これが洗脳となり、今後、こんなヘタレ魔物人間が出てきて、殺人を犯してから、捕まると、人を殺してみたかった、と供述する魔物的人間がな・・。これは平成に入るころの湾岸戦争と言うフセインを陥れて殺戮したヘタレ攻撃戦争があったが、近代的戦闘機から地上の市民や兵隊などを打ちまくったな。ロックオンして少数の地上の人間を木っ端みじんな。一方的な殺戮戦争な。これを全世界に放映して・・。つまりこれに洗脳されて、弱い立場のものを平気で惨殺するようになると自分は激しく憂慮したな・・。それに女子高生を数人で生き埋めにして殺しても懲役だけって、どんな社会なんだよ。通りがかった女子高生を拉致して、一か月間、凌辱、暴行、惨殺、ドラム缶詰め・・。複数の犯人たちはすでに出所して子供もいる奴もいるとか。どんだけ犯罪者天国なんだよこの国!。

6. 2017年12月29日 13:27:57 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[1153]
人間は画像や物語から感動や、逆に残忍な情感を深く受けると、それが不可視の情感エネルギーとしてこれも不可視の精神的妊娠をする。幼い時に偉人や親の話を聞いて立派な人間になった人物とか、悲惨な家庭に育って悲惨な事件を起こすとかもそうである。家庭は、貧しくとも、精神性が優れていれば立派な人物が出る。

感動や、逆に残忍な情感を深く受けても、その人物の人生にはそれがはっきり現実化しなくとも、そののちに生まれた子にも、その、刻まれた情感が不可視のエネルギーとして遺伝し、その子供本人が、立派になったり、犯罪者になったりすることが考えられる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日本の事件32掲示板  
次へ