★阿修羅♪ > 日本の事件32 > 144.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
飯塚事件特別抗告 弁護側「憲法、判例に違反」(死刑判決の判事が再審認めず!?)
http://www.asyura2.com/17/nihon32/msg/144.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2018 年 2 月 16 日 01:00:38: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: 飯塚事件再審棄却 弁護士「死刑執行 目を曇らせた」(報じなければ忘れる?!) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2018 年 2 月 07 日 11:42:01)

 一審で判決を下した判事が二審に関われば、公平とならなのは明らかだろう。死刑判決を下した判事が再審を認めない、となれば「何故そいつに判断させた?」との疑問は免れない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−(ここから)
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/394015/
飯塚事件特別抗告 弁護側「憲法、判例に違反」
2018年02月14日 06時00分

https://www.nishinippon.co.jp/import/accident/20180214/201802140001_000_m.jpg?1518555691

 福岡県飯塚市で1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」で、久間三千年(みちとし)元死刑囚=執行時(70)=の再審開始を認めなかった6日の福岡高裁決定に対し、弁護側は13日、「憲法や判例に違反する」として最高裁に特別抗告した。

 高裁決定は、確定判決が有罪認定の柱としたDNA型鑑定の証明力を否定しながらも、被害者に付着した血痕の血液型鑑定▽被害者の所持品遺棄現場での不審車両の目撃証言▽元死刑囚の車で検出された被害者と同じ血液型の血痕や尿痕−などの状況証拠で「元死刑囚が犯人であることが重層的に絞り込まれている」と認定。福岡地裁決定同様に弁護側の請求を棄却した。

 特別抗告で弁護側は、血液型鑑定に関して「手法が非科学的。正確な理論と信頼される方法で行われた鑑定は証拠能力を認めるとした最高裁判例に反する」と主張。警察の誘導があったとして信用性を争った目撃証言についても「真摯(しんし)な再吟味をしていない」と批判し、新旧全証拠を総合評価して有罪認定が揺らぐときに再審を開始するとした最高裁の「白鳥決定」(1975年)に反するとしている。岩田務主任弁護人は「高裁決定は結論ありきの不当決定だ。きちんと証拠を判断してほしい」と話した。

 ■「死刑判決関わった裁判官の関与違憲」 弁護側主張

 飯塚事件の再審請求を巡る特別抗告で弁護側は、一審の死刑判決に関わった柴田寿宏裁判官が再審請求即時抗告審にも一時関与した問題を理由の一つに挙げ「公平な裁判を保証した憲法に違反する」とした。

 憲法37条1項は「刑事事件においては被告人は公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する」とし、刑事訴訟法も控訴審や上告審の裁判で下級審(一審や二審)に関わった「前審関与」の裁判官を担当させない規定がある。一方で再審制度にこの規定はなく1959年の最高裁決定は「再審は前審関与の規定に当たらない」としている。

 弁護側は、柴田裁判官の関与について「自らが関与した裁判の当否が審査される手続きに参加することは公平性に反する。予断や偏見を抱く恐れもある」と指摘。59年の最高裁決定に関しては「『疑わしきは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則を再審請求審にも適用すべきだとした75年の白鳥決定以前の決定で、今や妥当性を失っている」と主張している。

=2018/02/14付 西日本新聞朝刊=

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年2月28日 15:11:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3314]
2018年2月28日(水)

冤罪防止・被害回復へ

再審法改正を要求

弁護士ら 国会内集会開く

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-02-28/2018022804_01_1.jpg
(写真)刑事再審法改正を訴える冤罪(えんざい)被害者=27日、東京都千代田区

 冤罪(えんざい)の再発防止や被害回復のために刑事再審法の改正を目指す集会が27日、国会内で開かれました。冤罪被害者や弁護士らが報告し、再審における全面的な証拠開示や請求権者の拡大などの必要性を訴えました。主催は全国刑事再審弁護団・支援団体連絡会(世話人・八尋光秀弁護士)です。

 足利事件で冤罪被害を受けた菅家利和さんは、取り調べで警察官から殴るなどの暴行や暴言を受けたことを紹介し、「(取り調べの)全面可視化を絶対やってもらいたい」と強調。「冤罪は元から断たないといけない」と訴えました。

 飯塚事件弁護団代表の徳田靖之弁護士は、不利な証拠を隠した検察官に対して制裁を科す規定や再審請求における証人尋問などで請求当事者が傍聴する権利を明記した規定などがないことを挙げ「再審法制は欠陥法といってよい」と指摘。「再審法の改正を実現しないことには、再審制度の明日の扉をこじあけることはできない」と述べました。

 日本共産党の仁比聡平参院議員が出席しました。安倍政権が強行した秘密保護法や共謀罪法を挙げ、冤罪被害をなくす法整備が「改革の名の下で逆流している」と指摘し「再審法の改正を掲げての国会内外の運動を大きくする必要がある」と述べました。立憲民主党、社民党の議員らが参加しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2018-02-28/2018022804_01_1.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件32掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 日本の事件32掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
日本の事件32掲示板  
次へ