★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 250.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「慰安婦問題」民進・共産の国際常識がここまで欠如しているとは… これで「共闘」とは笑わせる(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/250.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 16 日 17:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「慰安婦問題」民進・共産の国際常識がここまで欠如しているとは… これで「共闘」とは笑わせる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50728
橋 洋一経済学者 嘉悦大学教授 現代ビジネス

■詭弁だらけの「野党共闘」

先週の土曜日午後、ニッポン放送主催のトークイベントに出演した(http://www.1242.com/lf/articles/17843/)。同局のラジオ番組のレギュラー出演者らが集まったものだ。

会場は、東京国際フォーラムホールA。有名アーチストらがコンサート会場としても利用するところで、2階席までいっぱいで5000人の参加者があった。決して安くない参加費も払ってくれ、寒い中集まっていただいた方々には感謝している。

ちょうどそれと同じ時に、渋谷で「安倍政権NO!」というデモ行進があったという(http://mainichi.jp/articles/20170115/k00/00m/040/008000c)。参加者は主催者発表で約2000人だったようだ。

主催者発表というのは、「実数より多め」が世間相場であるが、それにしても、カネを払って5000人が来たのと比べると、主催者発表2000人は寂しいモノだ。私が参加したトークイベントでは、このデモに参加していた民進、共産らの野党4党批判を思い切りやらせてもらった。

野党共闘の動きのひとつかなと思っていたら、案の定、翌15日の共産党大会でこんな一幕があった。

志位委員長が「安倍政権を倒し、自民党政治を終わらせ、野党連合政権を作るために、ありとあらゆる努力を傾ける決意を表明するものであります」と述べたのだ。

同大会には民進、自由、社民3党の幹部が初めて出席してあいさつした。民進党の安住淳代表代行は「できる限りの協力を行うための話し合いを、積極的かつ具体的に進めていくことを約束する。一日も早く態勢を整え、来るべき決戦に備えたい」とし、共通政策に関しても、「ある一定の幅の中に寄せ合うことは可能だ」と述べた。

野党4党の共闘はどの程度可能であろうか。

筆者からみれば、憲法についての考えでは、民進と共産では超えがたい壁があるはずだ。そもそも憲法については、民進党内もまとまるのかどうかさえあやしいものだ。特に、自衛隊に関しては、民進党は合憲、共産党は違憲である。どうしたら「一定の幅の中」になるのか不思議だ。

消費税増税では、民進党は賛成、共産党は反対である。

これも、どのように「一定の幅の中」に納めるのか。「幅」は限りなく広い、というのであれば話は別だが。賛成と反対を同じというのは詭弁である。

■民・共の決定的な見解の違い

さらに具体的な問題を考えてみよう。それは、慰安婦問題への対応である。

釜山の日本総領事館前に昨年末、慰安婦像が新設された。これは、2015年12月の「日韓合意」に反することは言うまでもない。

そもそも、「ウィーン条約」にも反する行為のため、日本側は駐韓日本大使を一時帰国させ、日韓通貨交換(スワップ)協定の協議再開の中断などを打ち出した。

慰安婦問題に関する日韓合意は、「慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認する」という日本政府と韓国政府との合意である。日本政府の予算10億円で元慰安婦を支援するための財団を設立するとともに、ソウルの日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府は「適切に解決できるよう努力する」と発表している。

日本側は、10億円の拠出は済んでいるので、韓国側によるソウルの慰安婦像の撤去を待っていたところ、新たに釜山の日本総領事館前に新設されるという事態になって、日本側が反発したのだ。

筆者の役人経験からいっても、非は韓国側にある。実は、2015年末の日韓合意に関わった韓国人の多くは、「今回の韓国の対応は不味い」と顔をしかめている。

民進党の蓮舫代表は、15日、駐韓大使の一時帰国措置は「仕方がなかった」とした上で、「日韓両国政府、国民は冷静に対応し、両国政府が正式に約束したことをとにかく履行することに尽きる」と述べた。

一方、共産党の小池晃書記局長は12日、「日本政府は、過去に元慰安婦の人権を著しく侵害したことへの誠実な謝罪が必要だ」と述べた。

民主党の蓮舫代表の意見は、日本側がすでに10億円拠出したことを無視して日韓両国に対応を求める点はおかしいが、政府の措置には一定の評価をしている。

一方、共産党の小池書記局長は、あくまで日本政府が悪いという言い方である。小池氏がそういったのは、在日本大韓民国民団(民団)の新年会での挨拶である。民団の呉公太団長が「慰安婦像を撤去すべき」と話したこととは好対照であった(さらに、呉公太団長は2015年12月の「日韓合意」も評価していた)。

この問題でも、民進党と共産党は、どのように「一定の幅の中」にできるのだろうか。

意見を調整するときには、原理原則がカギである。

慰安婦像問題については、ウィーン条約第22条に「接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害又は公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する」とある。

要するに、各国政府は外国公館の安寧を妨害したり、品位を損なったりすることを防止するため、適切なあらゆる措置をとるべき特別な義務を持つ、ということだ。

ソウルの日本大使館前の慰安婦像については、この条項違反のおそれがあると日本政府は主張している。韓国政府の外交部当局者も、日本の主張が国際的に通用する可能性が高いことを認めている。そうであるからこそ、2015年末の日韓合意が成立したわけだ。

ロジカルにいえば、慰安婦像がウィーン条約違反だから、韓国側に撤去する義務がある、でおしまいだ。しばしば「民間団体が立てたのだから、政府が撤去できない」という意見も聞こえてくるが、道路を使用しているのだから政府で撤去できる。

現に、釜山市では一度撤去されているが、一部の住民の声に屈して設置を黙認してしまった。もし、そうした国内法がなければ法整備を行うという義務も韓国側にある。

■野党にまともな国家観はナシ

こうした意味において、10億円の拠出は必ずしも日本政府の責務でない。ただし、問題解決を円滑に行うための措置であった。

安倍首相が、「10億円を拠出したので、後は韓国の誠意を待っている」との発言が、韓国国内で反発していることを受け、日本のテレビの左派コメンテーターは、韓国国民の感情を煽るような発言を安倍首相はするべきではないという。

しかしこの左派コメンテーターが、「そもそもウィーン条約違反である」ということをいわないのはフェアでない。10億円を日本に返すからといって、慰安婦像が大使館前に存在していいはずはないのだ。

13日、韓国の韓国のユン・ビョンセ(尹炳世)外相は「外国公館の前に造形物を設置するのは国際関係や儀礼上、望ましくないのが一般的だ」と韓国国会で答弁し、日本側の認識を認めている。

今の民進党にも共産党にも、国際常識を判断基準にするのは期待できない。実際、両党関係者から「ウィーン条約」という言葉はまず聞こえてこない。であるから、場当たり的な意見調整はあるかもしれないが、しっかりした判断はできそうもない。

慰安婦像問題でも、当初民進党はだんまりであった。13日、韓国外相の国会答弁があり、それを受けて日本政府が、一時帰国していた大使の訪韓を検討していることが新聞で報じられると、ようやく蓮舫代表は上に書いたように「一時帰国は仕方ない」と容認するようになった。まともな国家観、外交観なんぞみられたものでない。

最後に、民進党と共産党がすぐに意見一致することがひとつある。それを指摘しよう。

それはアベノミクスのひとつである金融緩和への反対である。

本コラムで何回も書いたように、雇用を創出する金融緩和に、日本の左派政党が反対するのは、単なる理解不足によるものだ。アベノミクスに反対というだけで金融緩和に反対しているようだが、それは失業率が改善したことを全く評価していない。つまり、労働者の「敵」になるわけだ。

わざわざ労働者の敵になろうとするのも、世界の非常識であると言っておこう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月16日 18:01:55 : zEKLnmi5Uo : F@tgmZUd0l8[-190]
おまえこそ笑わせる!この時計泥棒が!民進や共産に問題があったとしても安倍の

極悪ぶりとは比較にならん。高橋おまえみたいなくずこそ地獄で彷徨え!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

2. 2017年1月16日 18:15:30 : 5BJvJjpUYM : 6TEqTOJQoM8[13]
タイトルに「橋 洋一」と入れて下さい。

3. 2017年1月16日 18:18:28 : ayoWjjlfCk : 5KXRFfi5acY[2]
ウィーン条約?

都合のよい時は国際条約に逃げ込むところが卑怯だな。


4. 中川隆[6101] koaQ7Jey 2017年1月16日 18:22:03 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6547]

日本人は悪質なデマを流し続けてるから信用されないんだよ:

経済ジャーナリスト・今田真人「従軍慰安婦・吉田証言否定論を検証するページ」
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/310.html


朝鮮女性の場合は日本女性と違って泣き寝入りできなかった特殊な理由があるんだよ

朝鮮は儒教社会だから慰安婦の姉妹や娘は一生 売春婦以外の仕事はできなくなる

だから元慰安婦だったとわかると一家は路頭に迷う事になる

吉田清治はそういう事を考慮して意図的に強制連行した日時と場所を変えて書いたんだ

吉田清治は実際に強制連行した日時と場所を公表しろと何度も言われたけど、元慰安婦の身元がわかって本人や家族が迫害されると困るので、絶対に応じなかったんだ

おそらく、チャンネル桜や文春・産経関係者が慰安婦・南京大虐殺に関するデマを流し続けているので、純真な人は そういうのを安易に信じてしまうのでしょうね


5. 2017年1月16日 18:26:37 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[53]
> アベノミクスに反対というだけで金融緩和に反対しているようだが、それは失業率が改善したことを全く評価していない。つまり、労働者の「敵」になるわけだ。
> わざわざ労働者の敵になろうとするのも、世界の非常識であると言っておこう。

その通りである。
民進・共産党は、アベノミクスによる失業率の改善に反対する労働者の「敵」である。
労働者の「敵」の政党は、打倒されなければならない。


6. 2017年1月16日 18:34:50 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1139]
民進党と共産党の見解の違い (しかも僅かな違い)

おいおい、( ̄∇ ̄;) そんな事ぐらいで揚げ足取ってたら 自民党なんてどうすんだね?

いまだに、自民党内には 靖国神社を 絶対に参拝しない議員がいるし(福田 石破など他にも諸々)
原発推進政策を おもいっきり扱き下ろした河野に 役職を与える始末だし
二階みたいな 中国にゴマする親中国派に でかい面させて何も言えねえ執行部じゃねえか。


7. 2017年1月16日 18:37:22 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[54]
>>4. 中川隆[6101] koaQ7Jey 2017年1月16日 18:22:03 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6547]
> 朝鮮女性の場合は日本女性と違って泣き寝入りできなかった特殊な理由があるんだよ
朝鮮は儒教社会だから慰安婦の姉妹や娘は一生 売春婦以外の仕事はできなくなる
だから元慰安婦だったとわかると一家は路頭に迷う事になる
吉田清治はそういう事を考慮して意図的に強制連行した日時と場所を変えて書いたんだ

つまり、「慰安婦」は「売春婦」だった。すなわち「性奴隷」では無かった。
それ故、韓国政府の主張する「日本政府は20万人の朝鮮人女性の強制連行し、性奴隷にした」は大嘘だった。

「朝鮮は儒教社会だから慰安婦の姉妹や娘は一生 売春婦以外の仕事はできなくなる 」。
それ故、今も韓国人売春婦 世界に8万人、日本には2万人いるわけだ[1]。

[1] 韓国人売春婦 世界に8万人、日本には2万人いるとの分析
http://www.news-postseven.com/archives/20120705_126472.html
2012.07.05 16:00
韓国人売春婦が海外流出したのには原因がある。2004年、韓国政府は売春特別法を制定し売春一掃作戦に乗り出した。ソウル在住の韓国人男性はいう。
「ミアリや清涼里(チヨンヤンニ)といった有名売春街は摘発され、今や壊滅状態です」
職場を失った女性たちは“海外進出”を果たした。この現象は、一部を押さえると他がふくらむ様子から「風船効果」と呼ばれた。
 韓国の国家行政機関・女性家族部は5月、「海外で売春に従事する韓国人女性の総数は約8万人」と発表した。さらに、釜山警察庁国際犯罪調査隊の責任者も衝撃的な数字を述べている。
「海外で出稼ぎする韓国人売春婦は、約2万人が日本で稼いでいる」

 中国の新華社通信が報じた数はもっと多い。
「海外で売春する韓国人女性は8万人。その内5万人が日本で“活躍”している。韓国人売春婦の多さにあきれ、日本では嘲笑の対象となっている」
 同警察庁によると「オーストラリアには、約1万人の売春婦が向かった」。オーストラリアの市民団体の昨年の調査によれば、歓楽街で売春に従事する韓国人女性は1000人以上に達すると報告されている。
※週刊ポスト2012年7月13日号


8. 中川隆[6104] koaQ7Jey 2017年1月16日 19:14:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6550]
>つまり、「慰安婦」は「売春婦」だった。すなわち「性奴隷」では無かった。

それも違うんだ

こういうのは売春婦の範疇外だろ:

現在74歳のチョン・オクスン(ChongOkSun)の証言は、日本帝国陸軍の兵士による性的暴行と日々の強姦に加えて、これらの女性が耐えなければならなかった残酷で苛酷な取り扱いを、とくに反映している。

「私は1920年12月28日、朝鮮半島北部咸鏡南道のプンサン郡フアバル里で生まれました。

13歳の時の6月のある日、私は畑で働いている両親のために昼食の用意をしなければならなかったので、村の井戸に水を汲みに行きました。そこで一人の日本 の守備兵が私を不意に襲い、連れて行きました。ですから両親には自分の娘に何が起きたか分かりませんでした。私はトラックで警察に連れて行かれ、数人の警 官により強姦されました。私が叫ぶと彼らは口に靴下を押し込み強姦を続けました。私が泣いたので警察署長は私の左目を殴りました。その日、私は左目の視力 を失いました。

10日ほどして私はヘイサン市の日本陸軍守備隊の兵営に連れて行かれました。私といっしょに約400人の朝鮮の若い娘がいて、毎日性奴隷として5000人以上の日本兵の相手をしなければなりませんでした――一日に40人もです。

その度に私は抗議しましたが、かれらは私を殴ったり、口にぼろきれを詰め込んだりしました。あるものは、私が抵抗をやめるまで秘所にマッチの棒を押し当てました。私の秘所は血まみれになりました。

一緒にいた一人の朝鮮の少女が、どうして一日に40人もの大勢の相手をしなければならないのかを尋ねたことがあります。質問したことを罰するため、日本の 中隊長ヤマモトはこの少女を剣で打つように命じました。私たちが見ていると、

彼らは少女の衣類をはぎとり、手足を縛り、釘の出た板のうえを、釘が血と肉片 で覆われるまで転がしました。

最後に、彼らは彼女の首を切りました。別の日本人ヤマモトは、

「お前たちみんなを殺すのは簡単だ。犬を殺すよりもっと簡単 だ」

と語りました。彼はまた

「こいつら朝鮮人少女は食べ物がないといって泣いているから、この人肉を煮て食べさせてやれ」

とも言いました。


ある朝鮮人少女は、頻繁に強姦されたため性病にかかり、そのために50人以上の日本兵が病気にかかりました。病気の蔓延を防ぎその朝鮮人少女を「無菌化」 するため、彼らは焼けた鉄棒を彼女の秘所に突き刺しました。

あるとき彼らは私たちのうち40人を、トラックに乗せて遠くの水たまりに連れて行きました。水 たまりは水と蛇でいっぱいでした。兵隊たちは数人の少女を水のなかに突き落とし、水たまりに土をどんどん盛り、彼女たちを生き埋めにしました。


○「兵隊一〇〇人の相手ができるのは誰か」と刀を下げた兵隊が聞いた。その時に手を上げなかった一五人の女性は、他の女性への見せしめとして殺された。その方法は、裸にした女性たちの頭と足を兵隊たちがつかみ、一面に釘を打った板の上をゴロゴロと転がしたのだ。噴水のように血が噴きだし、釘には肉片がこびりついた。

○鄭さんたちが泣いているのを見た中隊長は、「慰安婦たちは肉を食っていないので、肉が食いたくて泣いているんだ」と言った。兵隊たちは、殺した頭を釜で煮始めた。そして、鄭さんたちを木刀で叩いて、無理やりその汁を飲ませた

○オ・チョンヘという女性が、将校によって子宮に鉄の棒を押し込まれて殺された

○オ・ズンイとう女性が、梅毒にかかったことを知らせなかったため将校にうつったという理由で殺された。彼女は口に布を詰められ、焼いた鉄の棒を子宮に入れられて即死。引き抜いた棒には肉がこびりついていた

○鄭さんの口にゴムホースが押し込まれ、水が注がれた。膨れ上がったお腹の上に板が乗せられ、兵隊がシーソーのように踏みつけた

○鄭さんたちは、足首を縄で縛られて逆さに吊り下げられた。兵隊は、針がたくさんついた拳大の黒い塊を持って来てそれに墨をつけた。そして、鄭さんや他の女性たちの口をこじ開けて強く押し込んだのである。鄭さんの前歯は折れ、激しい痛みで再び気を失った

○口だけでなく全身に刺青がおこなわれた。兵隊たちは、殺す前に女性たちの肉体に落書きをしたのだ

○兵隊たちは数人の少女を水のなかに突き落とし、水たまりに土をどんどん盛り、彼女たちを生き埋めにしました


守備隊の兵営にいた少女たちの半分以上が殺されたと思います。二度逃亡を企てましたが、いつも数日で捕まってしまいました。私たちはいっそうひどく拷問を うけ、私はあまりに多く頭を殴られたので、どの傷もまだ残っています。

彼らはまた私の唇の内側や胸、腹、体に入れ墨をしました。私は気絶しました。気が付いてみると、私は恐らく死体として捨てられて山の蔭にいました。私といっしょにいた二人の少女のうち、私とク・ハエ(KuHae)が生き残りました。山の なかに住んでいた50歳の男が私たちを見つけ、衣服と食べるもの多くれました。彼はまた朝鮮に帰るのも助けてくれました。私は、日本人のための性奴隷とし て5年間使役されたのち、18歳のときに、傷つき子を産めない体で、言葉を話すのも難かしいありさまで帰国しました」。


9. 2017年1月16日 19:49:12 : 7D9vO3wELE : y8dNOr0Jt_4[1]
タイトル見て高橋か長谷川かと思っていたら 高橋だった
タイトルだけでどっちかまでわかるようになったら一人前

10. 2017年1月16日 21:07:09 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[55]
>>8. 中川隆[6104] koaQ7Jey 2017年1月16日 19:14:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6550]

そういう朝鮮人の話は殆どがデマだから信じない方がいいよ[1]。
ソウル大学教授でさえ朝鮮人性奴隷の存在は認めていないし[2]、日本を非難した慰安婦たちも、彼女らの言動が支援者団体の意向に従ってどんどん変わっていったと、慰安婦19人の証言を纏めた安秉直教授が大高未貴氏のインタビューで語っている[3]。

[1] http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/209.html
>>10. 中川隆[6084] koaQ7Jey 2017年1月15日 22:43:33 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6530]
>>9
> そういう右翼の話は殆どがデマだから信じない方がいいよ

[2] 性奴隷」を否定した韓国人教授の勇気
日韓両国における「慰安婦問題」の鎮静剤になるか 2016.11.22(火)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48443
2014年10月号『SAPIO』に掲載された1枚の写真が忘れられない。キャプションには「元慰安婦の前で土下座≠する李栄薫教授。女性たちから罵詈雑言を浴びせられる様子が新聞・テレビで報じられた」とある。
ソウル大学経済学部の李栄薫(イヨンフン)教授は、朝鮮時代末期から植民地時代までを経済史的観点から再検討し、日本による土地と食料の収奪を誇張する従来の歴史を否定してきた。
教授は、2004年には、史実に基づいて慰安婦の「強制連行」を否定したが、社会的な非難を受け、ソファーに居並ぶ慰安婦たちの前で土下座させられた。写真はその時のものであった。
こうした民族主義の呪縛が、史実に忠実であろうとする教授を一層奮い立たせ、2006年には反日史観など従来の歴史観にとらわれない新しい歴史教科書を見据えて開催されたフォーラムに参加する。
だが、ここでも反対する勢力から殴る蹴るの暴力を受けたと言われる。しかし、教授はそれにもめげず、2007年に『大韓民国の物語』を上梓し、韓国民に歴史の真実を語りかけた。

[3] 天に唾する慰安婦問題、韓国の言論弾圧に世界も注目
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45370
事大主義で権力に媚びる司法も後進国そのもの 2015.11.27
「帝国の慰安婦」を上梓した韓国人の朴裕河(パク・ユハ)教授が、韓国の地検によって在宅起訴された。地検は言論・出版や学問の自由は憲法が保障しているが、著書は「学問の自由を逸脱した」としている。
教授は慰安婦問題を感情からではなくファクトから追求した結果、日韓間だけの問題ではなく帝国という時代の申し子という考えに至り、学問的に解明しようとした。研究の成果として日本を免罪はしないが、同時に「韓国も変わらなければならない」という考えに至った。
 しかし、「韓国も・・・」という指摘が、韓国民や大統領の意図を忖度する地検には許せなかったようだ。これは権力に媚びる事大主義にも似て、李氏朝鮮以来の国民性でもある。
自由な発言を遮る公権力
 今回の在宅起訴について、日本の全国紙は「自由な議論を封じ不当だ」「政府主張を後押し」「韓国の自由の危機だ」「歴史研究への介入憂う」などと批判している。
 他方、韓国のメディアでは「学問としての主張はどこまで認められるべきか」などと報じ、敏感に反応しているようであるが反応は様々であると読売新聞は伝えている。
 著書は一昨年出版されて以降、慰安婦問題を感情にとらわれないで冷静に、より広い視点から研究したものとして高い評価を受けてきた。その一方で、慰安婦たち(原告は慰安婦であるが、実際は支援団体といわれる)からは名誉棄損として告訴されている。
 しかし、起訴された朴教授の話では、原告になっている慰安婦たちであるにもかかわらず、「名誉棄損での告訴を知らなかった人もいた」というように、「当事者である彼女たちの意思、当事者抜きに行われている」と指摘している。
 日本を非難した慰安婦たちも、彼女らの言動が支援者団体の意向に従ってどんどん変わっていったと、慰安婦19人の証言を纏めた安秉直教授が大高未貴氏のインタビューで語っている。
 すなわち原告から離れて反日支援団体の手で誘導されていった構図が透けて見えるようである。
 朴教授の指摘で忘れてならないことは、帝国主義が慰安婦問題を作り出したとして、他の国も同様の問題を抱えていることを明らかにしたことである。実際、どこの軍隊が動く先々でも、犠牲になった女性がたくさんいた。


11. 2017年1月16日 21:35:09 : ZinNXKm4zE : 5dRrhYTfnM8[15]
この窃盗おっさん、自分は国際常識があると思っているらしい。従軍慰安婦がいなかったと言っているのは日本のウヨの一部だけだよ。お前さんの好きなアメリカでもそうだよ。

12. 中川隆[6108] koaQ7Jey 2017年1月16日 21:52:14 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6554]
>>10
そういうのは朝鮮だけじゃないからね:

ニューギニアで旧日本兵が行った残虐


ウエワクの約2百人の集会ではロレンス・イフィンブイさん(70代・男性)が、

「日本兵にブタを持ってこなければ母親を殺すと脅されたので、ブタを工面して持っていくと、日本兵は母親をレイプし、殺しました。

それも胸だけをカットして、ゆでて食べるという方法です。
母は出血多量で死ぬまで、そこに放置されました」

と語った。

「日本兵の宿舎でセックスの相手をさせられました。兵隊の階級には関係なく、多くの人の相手をしました。約10人ぐらいの未婚女性がいましたが、疲れてできないと拒否して殺された者もいる。

第一キャプテンの名はウエハラ、第二はワギモトでした。わたしは幸い宿舎から逃げ出せました。何ヶ月かわからないけど、長い間でした」


というのはウルゥプ村のカミ・ドマラさん。証言する彼女に寄り添う夫は日本軍のケンペイ(憲兵)として働かされ、暴行を受けたという。


すでに被害登録は約6万5000人にのぼるという。ちなみに現在のパプアの人口は390万人。登録者は約60人に1人になる(登録者はニューギニア島東部だけではなくラバウルなど周辺の島々を合わせた数)。

最も多いのは「武器や食料の運搬に駆り出された」約2万6000人だが、


人肉食犠牲者1817人、

胸を切断され死亡した女性19人、

性器を蛮刀でえぐられて殺された女性8人、

強姦されて殺害された女性5164人


など、とても信じられないような数字が並ぶ。


はたして、この被害の実態が被害者側の証言だけで証明できるのだろうか。おもにオーストラリアとアメリカの資料をもとにニューギニア戦線での日本軍の人肉食を検証した著作「知られざる戦争犯罪」のある田中利幸メルボルン大学教員は、

「東京裁判でオーストラリア側が日本軍の人肉食を戦争犯罪として明示したのに、審理からは抜け落ちた。オーストラリアでは、食べられたと見られる自国兵の死体について約100のリポートが出ている。だが、戦闘中なので目撃証言が乏しく、裁判は難しかったようだ。これらの史料に、わずかだが現地の人たちの人肉食被害が出てくる。現地の人たちについては集落のなかでの出来事なので、むしろ目撃者は多かったのでは」

と指摘する。
http://www.midori-kikaku.com/mariko/j-ist01.html


13. 2017年1月16日 22:07:45 : Uth8eW5rTM : nMv1Hu096QY[56]
>>12. 中川隆[6108] koaQ7Jey 2017年1月16日 21:52:14 : b5JdkWvGxs :
> そういうのは朝鮮だけじゃないからね:
> ニューギニアで旧日本兵が行った残虐

朝鮮人売春婦の話は嘘だと認めた?
結構。もう朝鮮人売春婦の嘘は繰り返さない方が良いいよ。

> 「日本兵にブタを持ってこなければ母親を殺すと脅されたので、ブタを工面して持っていくと、日本兵は母親をレイプし、殺しました。

そういう朝鮮人の作った話は殆どがデマだから信じない方がいいよ。


14. 2017年1月16日 22:34:29 : HrFTRFNcGS : QtQYPlSKr2A[311]
高橋洋一か!
ばかばかしい
歴史否定主義者

15. 中川隆[6109] koaQ7Jey 2017年1月16日 23:54:23 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6555]
>>13
日本人は慰安婦苛めとかこういうのが大好きなんだよ:


拷問の光景を見てみよう。

  土地の者ではないということが、怪しいとみた理由だが、功名心にはやる土屋にとっては、それで十分だった。抗日分子なら大手柄だ。「オレが張った綱にかかった」のである。名前を張文達といった。三十三歳の近くの農村の農民で、「この街に買い物に来ただけ」と、おびえた目で話した。「いやいや、これは怪しい。この男は抗日軍の物資調達係だろう。貫禄から見て班長級だな」ど、士屋は決め込んだ。「何としても本拠地を吐かせ一網打尽にしたい」「これは大変な功績になるぞ」。思いだけは駆け巡るのだが、土屋は実際の取り調べをしたことがなかった。それて先輩格の伍長に取り調べを頼んだ。・・・
 
 まず、伍長が命じたのは、「こん棒を持ってこい。それも生木の丈夫なのだ」。これで殴りつけろ、という。土屋の頭に浮かんだのは、「何も生木のこん棒でなくても。相手は人間なのだから、せめて竹刀ででもいいではないか」という思いだった。だが、伍長の、それも実務を教えてくれようとする上官の命令だ。士屋ど同僚の上等兵とで、こん棒を振り回した。男は殴りつけるたびに、「ウッ」「ウッ」と声を立てたが、何も言わなかった。着ている綿衣からほこりだけはあがった。

 効果がないのが分かると、伍長は、机を二列にして、積み重ねさせ、上に棒を渡した。いわば器械体操をする鉄棒のような形だ。この棒に、両手足を麻縄で縛った男を後ろ手にしてつるした。体の重みを不自然な形の両腕で支えるのだから、苦しい。それも一時間、二時間の単位だ。はじめ真っ赤になった男の顔は、青ざめていき。脂汗をにじませてきた。だが、何もいわない。「こんちくしょう」と、伍長は十キロもある石を軍馬手に持ってこさせ、浮いていた男の足に縛りつけた。両肩の関節がゴクッとなった。「ウーン」とうなり、男は気絶した。舌打ちをした伍長は「今日はもういい、明日は必ず吐かせてやる」と言い残して自分の部屋に戻ってしまった。・・・

 二日目もひどい拷問が続いた。指南役の伍長は、どこからか焼きゴテを探して持ってきていた。これをストーブで焼け、という。「赤くなるまでだ」と、次の場面を予想して躊躇する土屋に付け加えた。男を留置場から引き出し、上着をはがし、背中をむき出しにした。赤く焼けたコテを男に見せて脅し、自白を強要するのか、と士屋は思った。ところが違った。伍長はいきなり背中に押しつけた。ジューッという音と、煙、それに激痛に思わず口をついた男の叫び声があがった。と同時に、何ともいいようのないにおいが部屋にも充満した。

 「お前の本拠はどこだ。仲間は?言え!言わないか!」。伍長は、怒鳴りながら何回となく男の背中を焼いた。「苦しい」を繰り返し、男はついに、「話す。話すからやめてくれ」といった。伍長は手を休めたが、相手は、肩で大きく息をするだけで、結局、何もいわない。伍長が再び赤く焼かせたコテを使った。部屋には鼻をつく臭気がこもり、断続的な男の低いうめき声が床をはった。・・・

 拷問は、さらに続いた。逮捕して二日間というもの、男に何も食べ物を与えていなかった。水すらも飲ませなかったと思う。それが三日目は水責めだった。弱り果てた男を裸にし、長椅子にあおむけに縛りつけた。そして、水を入れた大きなやかんで口と鼻に水をジャージャーと注ぎ込んだ。絶え間ない水のため、息ができず男は口をパクパクさせて水をどんどん飲み込む。みるみる腹が膨らんでいった。すると、拷問指南役の伍長は、「腹に馬乗りになって水を吐かせろ。そして、また注ぎ込め」という。この繰り返しだった。何回やっても同じだ。相手は気絶している。自白を得るという効果はなかった。・・・

 三日目は水責めで終わり、四日目は、いわゆるソロバン責めだった。「丸太を三本持って来い」と、伍長がいい、軍馬手に三角柱になるように削らせた。三本並ペ、その中でも鋭角の部分を上にし、男を座らせた。足はズボンを脱がせ素肌である。いわゆる弁慶の泣きどころに角が当たり、体重がかかる。男はこれまでの苦痛とは別の痛みで、悲鳴をあげた。その上だ。伍長は、男の上に乗っかれ、という。しかも土屋と同僚二人一緒にだ。そして、体を揺すれ、といった。ゴキッと音がし、男はうなるような声を立てた。もはや、脂汗も出ないほど弱っていた。男のすねの状態を、どう表現したらいいか。「生ぬるい。足に板をはさみ、両端に重石をのせろ」。すでに別の世界にいたのか、伍長は、さらに命令した。・・・

 足を痛めつけた翌日、伍長は、何を思ったか、太い針を買って来いと命じた。通訳が布団針を四、五本求めてきた。この針を男の手の指に刺せという。指といっても爪と肉の間にだ。映画でみたか、話に聞いたか、そんな拷問があるとは知っていたが、自分がやることになるとは思いもしなかった。ためらっていると、ほおのこけた伍長が病的な目でにらんだ。やらなければならない。男はこれから何をされるのかを察し、腕を縮めた。この腕を同僚に押さえつけてもらい、土屋は、右手中指の爪の間に針を刺した。だが、実際はろくに刺さらなかった。相手はあれだけ痛めつけられていたのに満身の力で手を引こうとした。それに、土屋はおっかなびっくりだった。それで、腕を押さえるのに伍長も加わった。だが刺さらない。男も自白らしいことは、むろん何も言わない。そのうち血やら汗やらで針がすべり出した。それでも刺そうとすると、針を持つ土屋の指のほうが痛くなってきた。

 男はすでに死を覚悟していたらしく、悲鳴もあげなくなった。ただ、ものすごい形相で土屋たちをにらんでいた。足がすくむような思いに襲われながらも、伍長の命令で続けた拷問だったが、ついに伍長もあきらめた。「張文達三十三歳、近くの農村から買い物に来ただけ」ということ以外、何の自白も得られなかった。班長格の軍曹は、すでに男を抗日分子としてハルビン憲兵隊に報告していた。だが、拷問の限りを尽くしても、本拠地の所在など肝心なことは何一つ聞き出せなかった。かといって、拷問によって半死半生になっている男を、このまま釈放するわけにはいかなかった。男の処分はどうするのか、土屋にはわからなかった。

 こういう時の処分で悩むのは、土屋のような新米憲兵ぐらいである。土屋が初年兵時に公主嶺で経験したように、仕掛けがあった。針の拷問から二日後だった。平陽鎮にいた満州国軍歩兵十五師団の日系軍官である中尉が訪ねてきて、男を連れて行った。「日本刀の試し斬りに」だった。男が墓地で首を落とされるのを土屋も見た。(p.81-86)
http://www.ne.jp/asahi/kuma/radical/dokusyo/special/kenpei_kiroku.htm


広東州の中央憲兵隊へ補助憲兵として私は派遣された。野戦補助憲兵といって、憲兵と同伴の時だけにかぎって憲兵の資格を有していた。主な任務は、保全地区(駐留日本軍の勢力圏内)での治安維持であった。特に、思想犯に目を光らせた。思想犯を捕え、拘留し、洗脳するのであったが、そのやり方は目を覆うものであった。

 コンクリートの上に、真っ赤に焼けた木炭を敷きつめ、その上に裸にした“囚人”を転がした。喚き、のた打つ“囚人”は隅へ隅へと転がってくるが、周囲には日本兵がいて、それを蹴飛ばして再び中央へ戻した。“囚人”の反応の仕方は、もはや人間のものとは思えなかった。多くの“囚人”は三日目を境に死んでいった。

 女に対してもその残虐度は同様であった。やはり全裸にして、獣のように四つん這いにさせ、丸太で打ちのめした。

私は、そればかりはどうしてもできなかった。すると、

「これしきのこと、できんのかッ」

 一人の憲兵が私を蹴飛ばしてから、丸太で渾身の力を込めて女を打ちすえた。

中国人は人間に非ず、否、生き物にさえ非ずとでも思っているような拷問であった。彼らの抵抗は死以外の何ものでもなかった。
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/www.sokagakkai.or.jp/sokanet/HBK/Heiwa/hansen-7.html


日中戦争証言 車河堡 王さん(69歳)柳河口

 1回だけ見たことがあります。強姦したのは普通子どもには見せないんです。

1回見たのは、若い女性に沢山水を飲ませて、お腹を膨らませたり、

鉄の棒を火で焼いて、赤い鉄の棒を乳房に当てたり、女性の生殖器に差し込んだり、

あるいは銃剣の先を焼いて乳房や生殖器をえぐり取ったりしました。

http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/syogen/syakaho.html

860 :名無しさん :02/07/04 01:33 ID:03UDq1eg

死んだ人の事を悪く言いたくなかったけど言わせてもらう。
漏れの近所の銭湯で番台やってた爺さん(もう亡くなった)。

漏れが小さい頃よく戦争当時の話を銭湯の番台で自慢げに語ってたバカ。

『チャンコロ(中国人)の妊婦を木に縄で縛って銃剣で刺したら「ボムッ」って鈍い音出して破裂してよー。

ホント面白かったぞー。だから毎日チャンコロの妊婦探して見つけては、それやって遊んでたんだ。あの頃がなつかしいなあ(ニヤニヤ』


上の話が嘘だと思うなら,まずこれを否定してね:


小平義雄連続殺人事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/kodaira.htm

小平義雄は戦地より帰って以来、性的に突如放縦になった。

放縦なだけでは留まらず海軍被服廠の軍属であった戦争最後の年に、同じ職場の女子工員を強姦した上殺害している。以後、終戦直後の混乱の中で女性を食料をエサに誘いだし、次々と6人も、犯しては殺していった。

小平が女性を犯して殺す、その味を覚えたのは、中国の前線だった。

予審調書の中で小平は言っている。

「大怙では強姦のちょつとすごいのをやりました。…父親を縛り上げて戸棚の中入れ…
クーニャン(娘)を出せと言って出させました。

…強盗強姦は日本軍隊には付き物ですよ。
銃剣で突き刺したり、妊娠している女を銃剣で突き刺して子供を出したりしました。 私も5,6人はやっています」


取り調べと裁判の段階で明らかになったことがあるんですね。それは、彼の戦争体験のことだったんです。

「済南事件」:南京大虐殺の先駆けですね。住民の殺戮です。その時にもの凄く多くの中国人の女性が日本兵によって強姦されて殺された。この小平という人物は、その時の兵隊だったんです。

「連続強姦殺人魔」と言われた人の犯罪を重ねる下地が「戦時強姦」で培われていた、っていうことです。そのことが日本が戦争で負けた後に一気に吹き出してきた事件なんですね。


16. 2017年1月17日 00:12:25 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[551]

またまた右翼保守が湧いて出て、「「慰安婦」は「売春婦」だった。すなわち「性奴隷」では無かった」などと笑止千万な論理で従軍慰安婦問題を否定しようとしている。

それが笑止千万であるのは、現代の女子高校生の「援助交際」だってすぐに暴力団が仕切る「管理売春」にされてしまい、そこに自由意志も、行動の自由も、それを拒否したり辞めたりする自由もなくなってしまうことでも明らかだ。まして戦前の売春のどこに「売春婦の自由」や「売春婦の人権」がある? 親や男に売られて、前借金に縛られて、逃げることもできず、相手を選ぶことも拒否することもできず、ただただ用済みにされるまで見ず知らずの男との性交渉を強制される。まさに、そういう「管理」された「売春」こそが「性奴隷」だろう。

慰安婦問題の本質は、そういう本来自由である女を「性奴隷」にする「管理売春」を国家がやったということだ。戦前戦中の右翼天皇制ファシズム国家日本が自ら管理運営した国立の売春宿が従軍慰安所でそれへ、日本人女性ばかりか、朝鮮人を含めた広範なアジア女性や、占領地で拘置したオランダ人女性を含めた白人女性まで、強制や偽計すら用いて動員し、「慰安婦」という「売春婦」すなわち「性奴隷」にしたという、国家犯罪だ。だから、国家が戦争遂行政策の一環として自らの管理売春業を営んだという不法に加えて、慰安婦の募集、慰安所の設立経営管理のすべての局面でそこで発生したすべての不法行為、非人道的行為、反人権行為、非倫理的行為に対して日本の国家としての責任が問われるは当然だ。

気の毒な日本女性は戦後も跋扈した右翼保守の脅迫や威嚇におびえてその国家責任を問う声を上げることができないでいることは痛ましいが(まだ元従軍慰安婦であった日本人女性が少なからず存命のはずで彼女たちの救済が急がれる)、そういう日本の右翼の脅迫にさらされることがない(韓国については間接的な脅迫があることが明らかだが)韓国やフィリピンやインドネシアやオランダの女性が日本の国歌責任を厳しく問うのは当然のことだ。各国の旧慰安婦被害者が求めているのはそのような日本の国家としての責任の承認と適切な個人補償だ。

以下、従軍慰安所が、当時の戦前戦中の右翼天皇制ファシズム国家日本が管理運営した立派な国立の管理売春であったということ、具体的には慰安所が政府・軍の関与によって設立運営されていたこと、さらにその管理を軍が行っていたことを、事実で示そう。

慰安婦の「調達」と移送に関しては、次のふたつの警察資料(1938年11月の第21軍向け)が、敗戦時の日本政府軍の徹底的な証拠隠滅を免れて現存している。

1.内務省警保局警務課長「支那渡航婦女ノ取扱ニ関スル件伺」(1938年11月4日付)
2.内務省警保局長発大阪・京都・兵庫・福岡・山口各府県知事宛「南支方面渡航婦女ノ取扱ニ関スル件」(1938年11月8日付)(『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』第1巻)

この文書によると、同年11月4日に第二一軍参謀の久門有文陸軍少佐と陸軍省徴募課長の小松光彦陸軍大佐とが警保局を訪問し、「南支派遣軍の慰安所設置の為必要に付、醜業を目的とする婦女四百名(はじめ「千名」とあり、のち抹消)を渡航せしむる様(はじめ「蔭に送付方」とあり、のち抹消)配意ありたし」との申し出を行なている。

久門少佐が警保局長に出した名刺が残されているが、その裏面には「娘子軍約五百名広東ニ御派遣方御斡旋願上候」と記されている。すなわち、第二一軍と陸軍省は警察の元締めである警保局長に慰安所で働く女性の募集と渡航について斡旋を依頼したのだ。

この行動は、同じく敗戦時の証拠隠滅を免れて戦後発見された「陸軍省副官発北支那方面軍及中支派遣軍参謀長宛通牒、陸支密第745号「軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件」(1938年3月4日付)」(以下「副官通牒」と呼ぶ)に基づいたものだ。「副官通牒」が求める「将来是等ノ募集等ニ当リテハ派遣軍ニ於イテ統制シ(中略)其実地ニ当リテハ関係地方ノ憲兵及警察当局トノ連携ヲ密ニシ次テ軍ノ威信保持上並ニ社会問題上遺漏ナキ様配慮相成度」との指示にしたがったがゆえに、第二一軍は久門少佐を警保局に派遣し、斡旋依頼を受けた警保局は、大阪、京都、兵庫、福岡、山口の各府県に対して、女性を集めて中国に送るよう極秘の指令を発したのだ。

さらに慰安所が軍の管理下にあったという基本事実については軍幹部および兵士の以下のような具体的記述がある。

上海派遣軍参謀長であった飯沼守の1937年12月11日の項には「慰安施設の件方面軍より書類来り、実施を取計ふ」、1937年12月19日の項には「迅速に女郎屋を設ける件に就き長中佐に依頼す」とある。

上海派遣軍参謀副長であった上村利通の日記には、1937年12月28日付けで「南京慰安所の開設に就て第二課案を審議す」とある。

山崎正男第十軍参謀の日記には、1937年12月18日に「先行せる寺田中佐は憲兵を指導して湖州に娯楽機関を設置す」とある。

在上海総領事館警察の報告書の1937年12月末の職業統計には「陸軍慰安所」の項目がある。

常州駐屯の独立攻城重砲兵第2大隊長の状況報告には1938年1月20日付で「慰安施設は兵站の経営するもの及び軍直部隊の経営するもの二カ所あり」とある。

元陸軍軍医麻生徹男の手記には「1938年の2月には上海郊外の楊家宅に兵站司令部の管轄する軍経営の陸軍慰安所が開設されていた」、「1938年1月に軍の命令を受け、奥地へ進出する女性(朝鮮人80名、日本人20名余り)の梅毒検査を上海で実施した」とある。

さらに、慰安所が軍の管理下にあったことは、当然のことながら慰安所が酒保と並んで部隊の主計将校が担当すべき管理事項となっていたことからも明らかで、それを実証する文書としては、1937年9月29日制定の陸達第48号「野戦酒保規程改正」、第101聯隊(上海派遣軍第101師団)の一兵士の陣中日記(荻島静夫陣中日記田中常雄編『追憶の視線』下、1989年)、『初級作戦給養百題』、『陸軍主計団記事』第三七八号附録、清水一郎陸軍主計少佐編、陸軍主計団記事発行部発行(陸軍の経理学校の教官が経理将校の教育のために執筆した演習教材集)等がある。

何か業者を使えば自分の責任がなくなるような手前勝手な言い訳を日本の右翼保守はすぐするが(それで、東電の被曝保守作業や事故収束被曝作業の作業員はみんな下請け作業員だが、それをもって下請け会社が法律を犯して作業員の被曝作業を強行しても東電に責任はないか?)、そんなことはまともな社会では通用しない。そもそもやらせているのは国で、業者を選定しているのも国で、その業者の慰安婦の調達や移送等について(当時の)法律を曲げてまで(年齢制限とか渡航規制の「超法規的」な免除)国家機関による便宜(輸送船等の渡航手段の提供)を図っているのも国で、その慰安所の管理を行っていたのも国だ。だから、「国営」だと指摘されるのだし、そこで発生した一切の不法、非倫理的、非人間的行為に対して国の責任が問われるのだ。

改めて繰り返しておくが、従軍慰安婦問題とは戦前戦後の右翼日本天皇制ファシズム国家が行った女性に対する戦争犯罪・権力犯罪であって、その被害者は日本人女性のみならずアジア各国や世界の女性におよぶ。韓国人女性の被害者が、日本政府による責任の承認とその救済を求めているのはそのほんの一部に過ぎない。日本人を除く全ての国籍の被害者が声を上げている。

この点で一番悲惨なのは、たとえその当時売春を心ならずもその生業としていたとしても(東北の娘売りを想起されたい)、前借金に縛られたり騙されたりして(誰が、日本を出てわけもわからない外国の危険な戦地で毎日毎日40人も50人もの荒んだ兵隊の相手をすることを自由意志で同意するものか!)戦地の従軍慰安所の連れて行かれ酷い目にあった日本の女だ。戦後も続いた右翼保守の威嚇と脅迫によって、その戦争犯罪に対する謝罪と補償を求める被害者としての声を上げることができないでいる。それでも、従軍慰安婦にされた日本の女たちも立派な被害者だ。

わたしは、朝鮮人を始めとする従軍慰安婦被害者に同情しその正当な救済を行うべきだと信じる日本人の一人だが、同時に、同じ正義にもとづいて、従軍慰安婦として酷い目に遭わされ人生を狂わされた数多くの日本人女性に同情しその正当な補償と救済を行うべきだと信じる。

従軍慰安婦問題は、決して対韓国問題ではなくわれわれ日本人の日本の国内問題なのだ。

私には、他の多くのまともな日本人と同じく、正義は正義、不正義は不正義とよくわかる。だから、わたしは従軍慰安婦問題のような不正を国家として平然と行った戦前右翼天皇制ファシズム官僚政府も、それを美化するために、ほとぼりが冷めたからもうしらばっくれても大丈夫と、日本人ばかりにとどまらずアジアや世界の女性に対してそれが行った国家権力犯罪の存在そのものを否定する日本の右翼保守の不正義と欺瞞を激しく憎む。

戦前右翼天皇制ファシズム官僚政府が行った「国家管理売春」である従軍慰安所と底における一切の不正と非道と非倫理と基本的人権違反と反人道が日本と日本人の恥であるのに、その歴史的事実を、今になっておめおめと否定しようとする右翼保守の愚かな企ては、その恥に更に恥を上塗りするものだ。まともな日本人として世界と歴史を前に恥ずかしくていたたまれない。この右翼保守の所業を「反日」と呼ばずしてなにを「反日」と呼べるのだ。

「反日」右翼保守は恥を知れ。


17. 2017年1月17日 02:04:05 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[95]
>>16
>現代の女子高校生の「援助交際」だってすぐに暴力団が仕切る「管理売春」にされてしまい、そこに自由意志も、行動の自由も、それを拒否したり辞めたりする自由もなくなってしまうこと

別にそんなことないんですけど。


それから、「中川隆」の言う、朝鮮では売春婦に対する差別が大きかったという説も現実にはあてはまらない。
数十年前までの韓国では、集団就職などで工場などに勤めた女工は、工場主の意向で夜は売春婦として稼がさせられていた例が実に多かった。
自分も昔慶州の国立博物館に見学に行ったとき、売店の管理者みたいなオバサンに、
この売店に働いている女の子どれでも選べば今晩相手するからどうか、と誘われたことがある。
当時はまさかそんなこと、と信じなかったのだが、集団就職の工員が管理者の命令で売春をさせられていたという逸話を聞くと、今ではあれは本当だったと思っている。
つまり韓国女性は、労働者になると主人に売春させられるというのはよくあったことで、労働期間が終わって帰郷したら普通の女性になっていたということ。
売春婦と一般人の間の垣根は「中川隆」が想像するよりもはるかに低いものだった。


18. 2017年1月17日 02:56:44 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[553]

>>17

「まして戦前の売春のどこに「売春婦の自由」や「売春婦の人権」がある? 親や男に売られて、前借金に縛られて、逃げることもできず、相手を選ぶことも拒否することもできず、ただただ用済みにされるまで見ず知らずの男との性交渉を強制される。まさに、そういう「管理」された「売春」こそが「性奴隷」だろう。

慰安婦問題の本質は、そういう本来自由である女を「性奴隷」にする「管理売春」を国家がやったということだ。戦前戦中の右翼天皇制ファシズム国家日本が自ら管理運営した国立の売春宿が従軍慰安所でそれへ、日本人女性ばかりか、朝鮮人を含めた広範なアジア女性や、占領地で拘置したオランダ人女性を含めた白人女性まで、強制や偽計すら用いて動員し、「慰安婦」という「売春婦」すなわち「性奴隷」にしたという、国家犯罪だ。だから、国家が戦争遂行政策の一環として自らの管理売春業を営んだという不法に加えて、慰安婦の募集、慰安所の設立経営管理のすべての局面でそこで発生したすべての不法行為、非人道的行為、反人権行為、非倫理的行為に対して日本の国家としての責任が問われるは当然だ。」

だろう? 

逃げるなよ。恥知らずの反日右翼。


19. 2017年1月17日 03:19:12 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[97]
>>18
日本では「性奴隷」は強制的に売春をさせられている人を言うようですが、

西洋ではprostituteとsex slaveは同義語です

これはおそらくビクトリア朝の常識である、「女性には性欲はなく売春は全員いやいややっている」という信仰に基づいた言葉の使い方だと思われます

田舎の女性が(時には海外に)売春に出稼ぎしたりする日本や朝鮮の風習とは基盤が全然違うのですよ

従って外国人が「性奴隷」と呼んでもそれほど心配する必要はないのです。
外国語の文章を書く場合に、同じ単語の使用はできるだけ避けるというのがあり(外国人が文章を書くところを見ていると、実に頻繁にsynonym探しをしている)、
「sex slave」もしばしばprostituteやcomfort womanの言い換えにすぎない場合も多いですし


20. 2017年1月17日 03:34:15 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1142]
>>13
>そういう朝鮮人の作った話は殆どがデマだから信じない方がいいよ。

そういう 日本による戦争犯罪の話になると限ってネトウヨは 「殆どがデマだから」 と言い出す始末
これが、ウヨの常套手段 印象操作 ペテンに他ならない

● 大袈裟や誇張 嘘や錯誤を 見つけたものなら馬鹿ウヨは 鬼の首取ったように騒ぎ立てる ●

そりゃ確かに 証言の中に 嘘や出鱈目 誇張や大袈裟は 必ず混じっているであろう事は否定しない
しかし 嘘や大袈裟が 混じっていたとして それですべてが嘘だという証明にはならない
100ある証言の99まで嘘だったとしても たった一つだけ本物が有ればそれで犯罪は証明されるのだ

つまり、【殆どがデマ】ではなく【全てがデマ】と 証明せねば、日本による戦争犯罪を無かった事には
まったくもって成らないのである

あんた 必ず 「殆どが」 しか 言っていないだろ? 「全てが」 とは言えてないじゃないか。


21. 2017年1月17日 07:37:57 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[554]

>>19

わたしは、>>16>>18だが、

「従って外国人が「性奴隷」と呼んでもそれほど心配する必要はないのです」って、それ、>>7のような君の右翼仲間全員に言ってやれよ。お前ら右翼全員が、それで納得できるなら、日本の右翼は、「従軍慰安婦問題など存在しない」「「つまり、「慰安婦」は「売春婦」だった。すなわち「性奴隷」では無かった」からだなどと必死に主張する必要もないわけだ。だったら、ニューヨーク・タイムズにあんなこっ恥ずかしい広告を出して、日本人は今頃になってしらばっくれる卑怯者だと世界に大恥をかくこともなかったわけだ。

まあ、当然のことながら、お馬鹿な>>19以外の日本の右翼は(さすがに)そんな姑息な「心配するな」を信じるはずがないわけで、それで今日の従軍慰安婦問題を回る惨状、すなわち国際常識はずれの右翼保守の否定とそれによる日本の国際的信用の失墜という事態に立ち至っているわけだ。

というわけで、少なくとも、議論から逃げまくりの姑息右翼「hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU」さんは「従軍慰安婦」が「戦前右翼天皇制ファシズム官僚国家営んだ国家管理売春」による「性奴隷」であることにご異議がないようなのは同慶の至だ。

それでは、こっちは調子に乗って、さらに書いちゃうぞ。

戦前の右翼ファシズム天皇制官僚国家日本とは、男は兵隊にして殺し、女は慰安婦にして殺した野蛮な狂気の国家だ。どちらも「給料」が支払われていたが、自らの意志に反して(召集令状や前借金のような強制やお国のためという偽計や)外国の戦地に連れて行かれて奴隷労働をやらされた挙句に殺された。そんな野蛮な狂気の国家に「復帰」「回帰」をしたいなどと主張する安倍自民党や日本の右翼保守は、同じく野蛮な狂気だ。それで戦前右翼ファシズム天皇制官僚国家の蛮行を隠蔽したくて従軍慰安婦問題や南京虐殺を必死で否定する。そのためには「慰安婦は売春婦なんだからどういう目にあってもいいんだ」とか「西洋ではprostituteとsex slaveは同義語だから慰安婦が「性奴隷」でなぜ悪い」などと平気で主張する。

こいつらの言うとおりにしていたら、日本は平和民主主義を失って戦前の右翼ファシズム国家に回帰させられて、再び、日本の男は兵隊に、日本の女は従軍慰安婦にされて殺されることになるぞ。男は「お国のために死んで靖国へ祀ってやるんだから文句は言うな」、女は「女なんてもともと売春婦なんだから文句は言うな」と言われて泣き寝入りすることになるぞ。

今、日本の右翼保守が、従軍慰安婦問題について韓国人に対して言っていることをよく見ろ。最初は、韓国人や中国人、次に在日(朝鮮人、韓国人、中国人)、そして左翼、さらに自由主義者、そして最後にノンポリに対して同じことが言われることになるだろう。自分が言われる頃には、一緒に戦おうにももう誰も生き残ってはいない。そうやってファシズムはすべてを滅ぼした挙句に自壊していくのだ。

自分の恋人や妻や娘を「慰安婦」にしたくなかったら、自分が「兵隊」になりたくなかったら、日本の男は今こそ立ち上がれ。日本の右翼保守を打倒しろ。

自分の恋人や夫や息子を「兵隊」にしたくなかったら、自分が「慰安婦」になりたくなかったら、日本の女は今こそ立ち上がれ。日本の右翼保守を殲滅しろ。


22. 2017年1月17日 07:41:14 : 08sqTDIIt1 : se8vkSt0nrs[101]
>4. 日本人は悪質なデマを流し続けてるから信用されないんだよ

チョーセンジンから言われるとは思わなかった。
半島には鏡が無いんだなwwww


[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

23. 2017年1月17日 08:10:15 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[555]

>>21ですが、

文中「ニューヨーク・タイムズにあんなこっ恥ずかしい広告を出して」とあるのは誤りで、正確には「ワシントン・ポストにあんなこっ恥ずかしい広告を出して」です。

右翼じゃないんだから、事実は事実、誤りはきちんと訂正しておきます。


24. 2017年1月17日 08:14:43 : 946gg8YWFU : ukMxcT8ma3s[1]
安倍のウソ支持率と同じだよ、田崎を筆頭に高橋や長谷川、歳川という現代ビジネスに巣くう腐った輩共。

25. 2017年1月17日 08:45:50 : WbjIPXC2bw : T1RRdtRo7f4[1]

中川も「ユダヤの俎板」の上に上がりたいらしい

26. 2017年1月17日 11:17:22 : 8g94hCeZzI : Hr5voZ3A_X4[2]

esmsVHFkrM 、および中川隆の2名が、阿修羅において、ユダヤ人組織から、「今後韓国慰安婦の問題についてホロコーストに擬えて主張するなら、確固たる証拠を求める」との発信に対し、明確に逆らう勢力のようだ

この韓国の工作員2名は、お望み通り、サイモンヴィーゼンタールセンターとかADLとかに通報してやる必要があるだろう


27. 2017年1月17日 11:55:31 : XQ1mjvIPMo : eWEHzvd873A[21]
馬鹿。慰安婦問題など存在しない。

好きに笑っておれ。
野党共闘は売国奴の自民政権を打倒することが第一の目的なのだ。


28. 2017年1月17日 12:53:39 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[98]
>>21
あなたの
>>現代の女子高校生の「援助交際」だってすぐに暴力団が仕切る「管理売春」にされてしまい、そこに自由意志も、行動の自由も、それを拒否したり辞めたりする自由もなくなってしまうこと

という発言が、あまりに現在の売春事情(SNSで楽しく売春、ヤクザではなく警察にばれると自白して警察に手柄を上げさせる、というのは、ヤクザではなく警察管理)を無視し、サドとかの作った変態物語の
妄想の類にしか見えないから否定しただけで、右翼左翼は関係ありません。
ついでにアジアの下層女性には売春がいかに身近かの雑談もしましたが。

あなたがそんなことを思っていたら、「中川隆」並みの変態妄想物語ライター扱いされてしまいますよ、と中国をしただけ。


29. 2017年1月17日 13:20:15 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[557]

>>28

わたしは、>>16>>18>>21のesmsVHFkrMだが、

あれあれ、右翼のみなさんは、反論できないと相手を「「中川隆」並みの変態妄想物語ライター」だと決めつけて印象操作かよ。>>26を書いてるのも君の仲間の右翼だろう。「議論に負けたらみんなで協調して相手を貶めて(そのために自民党ネトサポクラブは中川をわざわざ用意して書かせてるんじゃないのか?)印象操作をしましょう」とでも自民党ネトサポマニュアルにでも書いてあるのかね。自民党ネトサポやってるような雑魚右翼が何人集まって頑張ったって無駄だって。

俺は、esmsVHFkrMだ。ここのところ暇だから、お前ら右翼がインチキ、ペテン、デマ、大嘘を書いていたら俺が出ていって片っ端からぶっ潰してやるから覚悟しておけよ。

と中国(右翼仲間では「忠告」をそう言うのか?)しておこう。


30. 2017年1月17日 13:31:23 : hiMJeiC8rA : E4aHfSbRQIU[100]
>俺は、esmsVHFkrMだ。ここのところ暇だから、

もうこれはお終いのしるし。
リストラされてやけになって変態妄想していると判定しました


31. 2017年1月17日 13:55:26 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[558]

>>30

いやいや、「もうこれはお終いのしるし」って、もう勘弁してほしいとの君の哀願が滲み出ていて泣かせるが、気の毒だが反対だって。「ここのところ暇だから」暇な間は阿修羅を見ていてボコボコにしてやるって言ってるの。わかった、坊や? 覚悟しておいてね。



32. 野良じろう[7] luyXx4K2guuCpA 2017年1月17日 22:21:45 : Gnzi1cF3y6 : 73yxY37vHSk[1]
慰安婦問題は韓国朝鮮人だけの問題ではない。日本軍の事務員として南方に派遣された女学校出の生娘が早速慰安婦にされた事実が記録にある。インドネシアでは村長を通じて村の小娘が挑発された。日本に帰らなかった旧軍人を追跡した橋口譲二氏の「ひとりの記憶」(文芸春秋)の冒頭に出てくる嵩原晋氏の話ではジャングル各所に小さな慰安所が点在していた。
ニューギニアでの旧日本軍による食人は2件ご本人から直接聞いたことがある。一人は若いオーストラリア兵(白豚)をおびき出して殺し、大腿部の肉をこさげ取って食べた話だ。ご本人には気の毒で言えなかったが、これを知ったオーストラリア側は「発狂し」、捕まえて護送中だった日本兵捕虜を皆殺しにしたと記録されている。もう一つは原住民の離反への懲罰として殺してその肉を食べたという西部ニューギニア(今のイリアンジャヤ)での話。これを黒豚という。最後に「大和肉」がある。さすがに本人の証言はない。見つかればもちろん憲兵隊により銃殺された。人肉売買は軍票ではなく現金決済だったとの証言もある。飢餓で追い詰められれば人間は何でもやる弱い存在なのだ。

33. 2017年7月01日 12:45:26 : WfmFgk4rGM : h3I_BAmswGE[1]
産経ニュース

2017.6.29 20:56更新

【歴史戦】
「韓国系団体の言い分だけ聞くべきでない」 米ブルックヘブン、慰安婦像設置に異論噴出、住民が法的措置も

(1/2ページ)
http://www.sankei.com/world/news/170629/wor1706290046-n1.html


    __________

iRONNA

豪州の慰安婦像はこうやって阻止した

『月刊正論』 2015年2月号
http://ironna.jp/article/961


    ____________


中川氏へ


脱・洗脳史講座

日 本 兵 の 凄 さ ま じ い 残 虐 その1

― この残虐を信じる日本人学者 ―
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/kagai/kagai-tokei-2.html


___________________

中国人は人肉を食べることを楽しんできた 投稿者 佐川一政 日時 2002 年 5 月 25 日 23:59:47:
http://www.asyura2.com/2002/war11/msg/982.html様から一部拝借


● 飢餓になると人は人肉を食べる

どの民族でもすさまじい飢餓状態になれば人を食べる。日本では藤吉郎(後の太閤秀吉)が城攻めした鳥取城内で人肉が食われた記録が残っている。・・(略)

だが文献として残されているものはこれが唯一のものだ。日本人は同一民族のせいか仲間同士でのいわゆるとも食いはきびしい飢餓の状況においてさえほとんどみられない。・・・(略)

欧米ではどうだろう。・・(略)

こんな野蛮な行動はしても欧米人には人肉を食べる習慣がない。多分、飢餓状態になれば人肉も食ペたと想像されるが、キリスト教の影響なのか古今の欧米の戦争でもそういったたぐいの話を聞かない。


● 中国人は人肉を食べることを楽しんできた

だが中国人は違う。あきらかに人肉を食べることを楽しんできた。人肉食、人相食、夫食婦、婦食夫、易子而食(親がお互いに子供を交換して食べる)こういう記録が中国の史書の随所に見いだされる。・・・(略)


● 漢方では人体を薬として使う

こういった文化を持つ中国人にとって人体は賞味すべき料理の材料のみならず薬の材料でもある。・・(略)

こんな中国人の強烈な享楽的、現実的パワーには驚きを禁じえないが、この貪欲な好奇心が漢方薬を発展させる原動力になってきたこともまた間違いない。


● 私の経験

私の鍼の先生から聞いた話だ。先生が中国大陸を放浪したときのことだ。「猿の生け作り料理」に出くわした。・・・(略)

先生は吐き気をもよおして、その場から慌てて立ち去った。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ