★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 924.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
思い込みに思い込みを重ねてないか。トランプは、ファシストではないよ 
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/924.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 01 日 20:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

思い込みに思い込みを重ねてないか。トランプは、ファシストではないよ
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/e9cb5bac393f2890994d48a204e28589
2017年02月01日 のんきに介護


太田隆文(映画監督)@ota_directorさんのツイート。

――よく聞く台詞「小泉はダメ。小沢は怪しい。鳩山は宇宙人。古賀は変人。上杉は嘘つき」この中に本気の人が何人もいるのにマスコミに煽動され批判する人々。トランプ大統領についても同じように乗せられている日本人がかなりいる。完全無欠な人なんていない。その人の行動を凝視するべき。本質は分かる!〔13:47 - 2017年1月30日 〕―—

今、世界は激動の時代だと思う。

後世から見て

間違いのない判断をするにはどうすればいいのか。

太田さんの指摘にあるように、

この人は?と思う人を

一旦、OKと考えて、

論点を見直してみることが大切ではないか。

トランプ大統領については、

「アーミテージ、マイケル・グリーン両氏の切り捨て」

という観点がある。

僕は、

この一事だけでも

トランプ大統領の誕生を喜んでいいと考える。

たとえば、

サイト「イエロー・ジャーナル」に

――アーミテージ・グリーン、日本政府・政治家、マスコミを含む財界、という、『日本利権トライアングル』が形成されていたのだ。…だが、トランプ政権の誕生により、逆転現象が起きた。既に〔この利権構造から排除されてきた〕アド・マチダ氏は政権移行チームに入っている。何らかのポストに就く見通しが濃厚だ。「トランプ政権の行方は不透明だが、強固な日本利権≠フ構造に変化が生じたのは間違いない。…」。意外にも、ワシントンのシンクタンク関係者は好意的な評価を下す(〔〕内は、筆者)—―

とある。

 ☆ 記事URL:http://www.yellow-journal.jp/overseas/yj-00000413/

今、日本で

トランプを危険視する人物は、

ジャパン・ハンドラーを通した米国の日本支配を

歓迎する人たちだ。

もしくは、何が今、世界で生起しているか

単に理解できない人だろう

(たとえば、でんでん晋三は、ジャパン・ハンドラーでなくとも、

米国の日本支配を歓迎する――)。

時代の流れが読めているか否か、

とても見えやすくなっているんじゃないか。

流れが読めない人たちは、

トランプの失敗を針小棒大にして

宣伝するか、

自分の殻に閉じこもっている。

そんな混乱に振り回されてはいけない。

ちなみに、

ファシズムとは、

色々に言われるが

核心を言えば、

国民の利益そっちのけの

「国家=政府」という主義主張を指す。

したがって、

「アメリカファースト」とは、

我が国自民党が目指す人権を否定する運動からほど遠く

ファシストという指摘は、

誤りである。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月01日 21:57:44 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1680]
「マスコミに煽動され批判する人々」

各国の首脳も煽動されてるって主張ですかね…
メルケル氏も、オランド氏も、トルドー氏も…
そんなバカな…
日本国内のマスゴミの煽動なら話は分かります。


2. 2017年2月01日 22:05:55 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1681]
孫崎享氏
「安倍首相が、2月10日日米首脳会談後、トランプ大統領と共にゴルフする方向で調整(FNN),多分日本国民の70%は支持するだろう。
 他方メキシコ、メキシコの大統領が国境の壁の建設費支払いを拒み、首脳会談中止69%が「賛成」。
 世界でトランプに隷属を歓迎する国は日本位。日本感覚狂ってる」
https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/826770490316304384

日本のマスゴミとリテラシーのなさすぎる国民が生み出す珍現象。


3. 2017年2月01日 22:25:50 : kYHc7kuHIg : bNoEhnSsMz8[20]
ファシストは安倍ですよ。安倍晋三という人ですよ。今なら世界一でしょう。

日本には現行憲法があるのでまだ極端なことはできませんが、その頭の中はファシストそのものです。彼がいう「侵略の定義は定まっていない」のなら過去の歴史の中で侵略行為は全くなかったということでしょうか。

うそを重ね歴史を無視し、福祉を削り軍事予算を増やし、自分に対する拍手であふれる国会が理想です。北朝鮮と全く同じです。彼の取り巻き、喜び組の稲田朋美、山谷えり子、高市早苗、有村治子も全く同じ考えです。

最近は諸外国に対する援助はミサイル、巡視船、原発が多くまさに死の商人です。トランプがこんなことをすると言ったことはありません。


4. 2017年2月01日 22:40:10 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1682]
竹内明氏
「この数字がアメリカの現実。トランプ氏の移民難民排除の大統領令に49%が賛意を示している。多くに人が「テロ対策」「治安」「市民の安全」を理由に挙げる。
 だが「米国人はイスラムを憎んでいる」というイスラム過激派のプロパガンダに使われるリスクがあると、テロ対策の専門家は危惧している。」
https://twitter.com/nygangsta0327/status/826562198419841024

「奴らが敵だ!」って指し示すと、評判が上がるのです。民衆は釣られるのです。
そしてリスクがかえって高まるのです。
ファシストのやりくちです。


5. 2017年2月02日 00:17:12 : e9jhQ5E9bA : do6vzchWvt8[3]
トランプはファシストではなく、革命家だ。

TPPが成立していれば、日本の国家主権が多国籍資本により破壊されていただろう。それを阻止しただけでもトランプは価値がある。

9.11がブッシュの自作自演であること、イスラム国は影でヒラリーなどが支援しているやらせであること、こんな本当のことを言うのはタブーなのに、トランプはそれを公言している。その実行力ならば、三ヶ月の入出国禁止措置の間にイスラム国を殲滅することが期待される。やらせではなく、本気で殲滅させる気だ。
これらことを知っているにもかかわらず報道しない欧米マスメディアがインチキであることを、トランプは攻撃している。暗殺のリスクをもおそれずこれらのことを実行するトランプの勇気は他の誰にもないものだと私は思う。

トランプ革命の檄文としての就任演説
http://tanakanews.com/170124trump.htm


6. 2017年2月02日 00:24:10 : e9jhQ5E9bA : do6vzchWvt8[4]
トランプ大統領の歴史的スピーチ:1パーセントを打ち破り、古き良きアメリカを取り戻そう!
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=122646

7. 2017年2月02日 08:40:08 : MJydIZVWK6 : FjThDfJWcHg[14]
ネット軍師さまが一番騙されやすいってこと

8. 2017年2月02日 08:50:41 : bZ5OHI55H6 : Ng4tUXgg55g[5]
>メルケル氏も、オランド氏も、トルドー氏

既得権益者の飼い犬じゃねーか
扇動する側だボケェ


9. 2017年2月03日 00:33:02 : oRbTX4lYNA : HqHTr3Ix7Oo[6]
グローバリズムに対抗するような主張をするからといって
「反グローバリズムの英雄」のように勘違いしているご仁が
右にも左にもいて、困惑する。

就任以来、やってきたことを見れば解るとおり
彼に遠大なヴィジョンもなければ
高邁な理想もない。

あるのは目の前の人々が何を望んでいて、何を言ってほしいか
嗅ぎ分ける本能的な嗅覚だけ。
その「人々の望み」を実現して、彼らの幸福に貢献しようという
政治家本来の使命感はトランプにはない。

人々の望んでいることを、声高にさけび
解りやすい敵を設定し、それを攻撃することで
人々を煽り立てる。

これはヒトラーの手法だ。

ヒトラーも、雇用の増大、ゲルマン国家の発展をうたって
人々のかっさいをあびつつ
ユダヤ人を敵とみなし彼らを絶滅収容所へ送り込んだ。

歴史から学ぼう!


10. 新共産主義クラブ[3214] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年2月20日 10:30:31 : RATpiZ8w7A : m9Rxm8xZ624[75]
 
 このブログ主のように、トランプ大統領という民族主義右翼が台頭してきたことにより、これまで着ていた「リベラル」の外套を脱ぎ捨てて、トランプ大統領支持を表明して、元からの民族主義右翼を前面に出す人が現れてきたことが最近の傾向だ。
 
 小沢一郎氏も、トランプ大統領支持を前面に打ち出している。

 日本の「反米右翼」たちの「反米」とは、米国の民主党に対する反発であり、決して「反米」ではなく、米国の共和党に対する親近感を表す言葉であった。
 
 
■自由党の小沢一郎代表は、「米国のトランプ現象」に代表される世界変動の背景にある原因を機関紙でズバリ指摘(板垣 英憲)
 
 「行きすぎたグローバル化と新自由主義の進展による格差拡大」―自由党の小沢一郎代表は、自由党の機関紙「プレス自由」(2017年1月号)の巻頭提言で、「米国のトランプ現象」に代表される世界変動の背景にある原因について、「国民の生活が第1」「仁徳天皇の竈の煙」の精神に立脚して、ズバリこう断言した。
 
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/801.html
 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ