★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK220 > 119.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプの「米国第一」はビジネス交渉ではなく“恐喝”だ 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/119.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 02 日 17:30:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


トランプの「米国第一」はビジネス交渉ではなく“恐喝”だ 永田町の裏を読む
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/198654
2017年2月2日 日刊ゲンダイ

  
   もっといい内容とは「もっと米国第一」(ペンシルベニア州の演説)/(C)AP

 共同通信の世論調査で、トランプ大統領の「米国第一」で国際情勢が不安定になることに「懸念を感じる」人が83.8%に達し、「感じない」は13.1%だけだった。半面、2月の日米首脳会談でトランプが求めてくる可能性がある2国間通商交渉については「応じてもよい」が52.6%で、「応じる必要はない」の36.4%を大きく上回った。この結果は、気まぐれや思いつきで動くトランプ政権の危うさを、多くの人が見抜いているけれども、それはまだ他人事で、自分にすぐに災難が降りかかるとは思っていないことを示しているのだが、それは甘い。

「米国第一」というのは、日本はどうぞ「日本第一」でおやり下さいという話ではなくて、日本にも他の国にもみな「米国第一」に従うことを求めるという意味である。その観点から内容に不満あるTPPはあっさりと葬って、「貿易交渉は2国間で行う」ことで「米国第一」を貫くように切り替えた。その交渉がどんなものになるか、トランプ自身が26日のペンシルベニア州での演説で分かりやすく説明している。

「もし特定の国が我が国を公正に扱わなければ、30日間を期限にした交渉終了通知書を送る。そうすれば、その国は、期限内に『どうか交渉を打ち切らないでほしい』と懇願してくるだろう」と述べ、メキシコ以外との外交交渉でも同様の手法をとる考えを示唆した(1月27日付朝日夕刊)。

 最初から相手を屈服させることを前提として、もし従わなければすぐにでも期限付きの交渉打ち切り通知を送りつけて脅し上げ、「待ってくれ」と懇願してくるのを待つ。これはビジネスライクな交渉でも何でもなく、ただの恐喝だろう。

 安倍晋三首相はまだTPPを諦めきれずに、トランプに会って、それが「中国包囲網」としていかに戦略的に大事かを説明して復帰を促すつもりのようだが、トランプはTPPにはもはや興味はなく、「そんなに自由貿易が好きなら、日米2国間でもっといい内容のFTAを作ろうじゃないか」と誘いかけるだろう。彼にとって「もっといい内容」とは「もっと米国第一」ということだが、何とかしてトランプの歓心を買いたい安倍は、唯々諾々とそれに応じることになるだろう。トランプという禍は早くも日本にとっての現実となる。


高野孟 ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。









 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月02日 17:35:01 : 4ByTS07Xqg : STLmd2HzQA8[5]
日本国総理大臣の「外国第一」は一体何なんだろうか・・・

2. 2017年2月02日 17:39:14 : Aob9xTFA7A : H027ymlI9Mk[10]
日本にとっては恐喝ではない
指示で有り命令です

3. 新共産主義クラブ[3110] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年2月02日 17:40:04 : wgyiatKRpc : 17B04nE8AbE[2]
 
 
 小沢一郎氏は、トランプ米国大統領を支持していそうですね。
 
 
■ トランプが迅速に公約を実行する中、反トランプ派は「パープル革命」を目指してカナダを拠点に
(櫻井ジャーナル,2017.01.26)
 
 ドナルド・トランプは大統領に就任した直後にTPP(環太平洋連携協定)からの離脱を決めた。「チェンジ」を掲げて当選したにもかかわらず、庶民にとって良い方向へ「チェンジ」できなかった前任者のバラク・オバマとの違いを見せつけた形だ。
 
 またイスラエルの情報機関と緊密な関係にあると言われているDEBKAfileによると、トランプ政権で安全保障担当補佐官に就任することが内定していたマイケル・フリン中将はロシア安全保障会議の議長、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、ヨルダンのアブドラ国王などと秘密会談を行ったという。すでにトルコはダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)つまりネオコンたち好戦派の手先になってきた武装勢力に対する攻撃でロシアと行動を共にしている。
 
 トルドー政権はTPPを復活させ、ロシア敵視政策を推進しようとしている。つまり、安倍晋三首相とは親和性が強い。その安倍首相と会談するため、ソロスは今年1月6日、アデアー・ターナー元英国工業連合会長を伴って来日している。ソロスが安倍に「お伺い」を立てることはありえず、何らかの指示を与えるために来た可能性が高いだろう。今後、カナダと日本がネオコンの拠点になるかもしれない。日本が非常に難しい立場に陥る可能性が高いということだ。
 
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201701260000/

4. 新共産主義クラブ[3111] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年2月02日 18:05:10 : wgyiatKRpc : 17B04nE8AbE[3]
>>3(補足)
>小沢一郎氏は、トランプ米国大統領を支持していそうですね。
 
>トランプはTPPにはもはや興味はなく、「そんなに自由貿易が好きなら、日米2国間でもっといい内容のFTAを作ろうじゃないか」と誘いかけるだろう。(記事本文)
 
 
 日米FTAの締結の推進については、小沢一郎氏は、トランプ米国大統領と意見が一致しているようだ。
 
 
■ 9月14日 民主党代表選 小沢一郎演説 全文書き起こし
(2010 年 9 月 16 日)
 
「農業、漁業の個別所得保障制度の充実を前提として、EPA、FTAをはじめ、広域的な経済連携も積極的に推進いたします。」(小沢一郎 民主党代表候補)
 
http://www.asyura2.com/10/senkyo95/msg/254.html
 
 
■ 日米自由貿易協定(FTA)問題で、小沢一郎氏が極めて正当な持論を展開!
(投稿者 最大多数の最大幸福 日時 2009 年 8 月 08 日)
 
>「輸入品は国内産より安いだろうが、良質のものも選択できる。市場価格が生産費を下回れば不足分は支払う。消費者にも生産者にもいい」

>民主党の小沢一郎代表代行は8日、農業の戸別所得補償制度の導入を前提に、農産物も含む
>日米自由貿易協定(FTA)締結を目指すべきだとの考えを改めて強調した。
 
 この辺は、さすが小沢さん!だな。
 全面的に支持します。

 極めて正論だと思うので、この方針で突き進んで欲しい。
 
http://www.asyura2.com/09/senkyo68/msg/883.html
 
 
■ JA全中、民主・小沢氏に抗議声明 日米FTAの反対批判で【NIKKEI NET】
(2009 年 8 月 26 日)
 
 全国農業協同組合中央会(JA全中)は26日、民主党の小沢一郎代表代行が日米自由貿易協定(FTA)推進への反対を批判したことについて抗議声明を発表した。声明は「農協が既得権を守るために運動していると(小沢氏が)批判したことは公党の責任者としてあるまじき発言。極めて遺憾で強く抗議する」とした。

 民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に日米FTAを盛り込んだことに、JA全中は農産物の関税が引き下げられるなどと反発。小沢氏は25日に「相手にする必要はない」などと批判していた。(21:38)
 
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090826AT3S2600W26082009.html
http://www.asyura2.com/09/senkyo69/msg/853.html
 


5. 2017年2月02日 18:25:07 : 7YR7uvQtAg : 8bEsx3_oCqM[161]
安部がイヴァンカにクレバーとホメられたとしきりに宣伝しているが、外交上はウソついてもバラさないというこれまでの不文律は通用しない。ラヴロフに記者会見上でウソを暴露されて外相が窮地に立ったろ。学べよ。

6. 2017年2月02日 19:16:11 : 9jyOzTBXZs : Uc_G4wHSHso[97]
トランプは ちゃぶ台返し ほのめかし

7. 2017年2月02日 21:03:30 : zj5aWqTB4s : fcmtao4I3Z4[27]
ドナルド・トランプ氏が、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの悪役ビフのモデルだった
http://www.tontonpig.com/entry/2016/02/11/141631

この話、本当だったのですね。1985年当時から、ああいう性格だったとは。本当に心配になってきました。これでは本当に「リアル版ジャイアンとスネ夫」ではないですか。


8. 2017年2月02日 21:25:34 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[176]
トランプさんは、本当にゴキブリホイホイだわ。

あちこちに隠れていた偽評論家や御用学者や偽ジャーナリストが噛み付いてくるので、可笑しくてたまらない。
そして、1%の手先に落ちぶれた日刊ゲンダイが探して引っ張りだすので、手間いらずだね。


9. 2017年2月02日 21:44:23 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[644]
>8
同意。トランプ叩きは執拗にすぎる。常軌を逸している。しかしそれほど効果がないのがまた笑える。
これら一様なバッシングの指示がどこからでているかな。安倍はその分おとなしい。
しかし今日の菅の顔は今まで見たことのない顔をしてた。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK220掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK220掲示板  
次へ