★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK221 > 152.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シビリアンコントロールの体をなしていない無様な防衛相。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/152.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 2 月 21 日 07:35:23: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5995.html
017/02/21 06:02

<稲田朋美防衛相は20日の衆院予算委員会で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊部隊の日報に関し、「保存期間が1年未満、用済み廃棄でいいのかどうか検討していく」と述べ、陸自の文書管理規則に基づく扱いを見直す可能性に言及した。

 文書管理規則は、PKO関連文書の保存期間を原則3年と定めている。ただ、例外として「随時発生し、短期に目的を終えるもの」は1年未満で廃棄が可能。南スーダン派遣部隊の日報について、防衛省は例外扱いとしてきた>(以上「時事通信」より引用)


 現場で何が起こっているのかを的確に把握しないでコントロールできないのは何事でも同じだ。自衛隊を武官以外の国民の代表がコントールすることをシビリアンコントロールというが、それが適正に行われるためには現場から上がってくる報告書が重要だ。

 南スーダンに派遣した自衛隊の活動報告書・日報を廃棄したとして防衛相に知らされてなかった、というのはシビリアンコントロールの根幹にかかわる異常事態だ。そして安倍自公政権は防衛省が日報を廃棄したと大臣に報告していたことに震撼としていないのは危機感のなさなのだろうか。

 日報の保存期間が一年未満で良いか否かを検討していくと防衛相が答弁したが、防衛相は何を考えているのだろうか。日本にいる防衛相が遠く離れた南スーダンの自衛隊がいかなる状況下でいかなる活動を実施しているのかを把握する「日報」の扱いを「今から検討する」とはどういうことなのだろうか。

 最初に自衛隊をPKOで海外派遣する段階でシビリアンコントロールを担保するための手段を真剣に議論したのか、という根本的な疑念がわく。日報だけではない、当然ドライブレコーダのような映像として自衛隊の活動を記録しているものだと思っていた私は驚愕するばかりだ。

 活動する部隊の指揮官のヘルメットにレコーダーが取り付けられて、映像と音声が記録するというのは、このIT時代では当たり前のことではないだろうか。今後万が一にも戦闘に巻き込まれて銃火を交える事態に陥った際に、自衛隊員の行動を客観的に証明する手段を確保するというのは当たり前のことではないか。

 そしてその映像を作戦終了が終了して現地基地へ帰還したならネットで本国の防衛省に送信して本部が保管するというのは必要不可欠ではないだろうか。なぜ国会は自衛隊を海外へPKOであれ何であれ派遣する際にそうした記録を執ることを義務付けなかったのだろうか。

 国会で政治家諸氏はいったい何を議論しているのだろうか。自分たちは国民の代表であって、税を使って活動している、という自覚があれば当然そうした議論は尽くされているはずだ。日報の保存期間を今から決めるなどといった弛緩しきった政府の命令で身の危険を冒して南スーダンで活動している自衛隊員は遣る瀬無いだろう。

 戦闘は国会と異なり言葉遊びではない。南スーダンは死と隣り合わせの苛烈な現場だ。その自衛隊員を真に守りたいのなら、そうした体制をしっかり執るべきではないのか。口先だけ勇ましい安倍氏のこの無様な防衛相はシビリアンコントロールすらどういうことなのかご存知ないのだろう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 勝田久二[7] j5@TY4t2k_E 2017年2月21日 12:01:35 : JXsjITDCv2 : JIR2nBEMtek[6]
自衛隊の最高指揮官は私でありますと言って、稲田大臣の答弁に割って入る首相は、国民に嘘をついた防衛相幹部にどういう責任をとらせているのか。
調査委員会の設置を政府与党がつぶしたらしいが、なにおかいわんやだ。

2. 2017年2月21日 14:55:19 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2040]
大串博志氏
「シビリアンコントロール=文民統制が十分機能していない状態で、活動を継続するには重大なリスクがあり、自衛隊員の生命を守るために、南スーダンからの撤収を求める」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170221/k10010884601000.html

撤収しましょう。


3. 2017年2月21日 21:21:56 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[145]

>投稿者 笑坊 日時 2017 年 2 月 21 日
> シビリアンコントロールの体

阿修羅の馬鹿投稿者消防くん、己の主張を説明しろよバカヤロ。

あなたは自分の主張の理由を説明しないで他人を批判し貶めている。

クズ人人間のバカウヨでないなら文民統制の体の要件を具体的に言え!!

喋るな馬鹿ウヨ!!



4. 2017年2月28日 23:39:29 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-5864]
2017年2月28日(火)
きょうの潮流

 発端は2007年6月6日、日本共産党の志位和夫委員長が記者会見を開き、陸上自衛隊情報保全隊が作成した内部文書を公表したことでした。イラク派兵反対などの平和運動をはじめ広範な市民の行動を監視し、詳細な記録文書を作成していたことを指摘。違法な活動を告発したのです▽新聞20紙が翌日付1面で報じるなど大問題に。しかし、当時の自民党政権は、監視活動を正当化し監視文書の存在も認めようとしませんでした。この権力の壁に風穴を開ける大きな力となった裁判闘争があります▽同年10月5日、監視されていたなかの東北地方の市民らが国・自衛隊を相手どって仙台地方裁判所に起こした、監視差し止めと損害賠償を求めた訴訟です。昨年10月26日の最高裁決定まで9年余のたたかい▽原告、弁護団と支援する市民が一丸となった運動は数々の貴重な成果をあげました。監視が違法だという司法判断は、不十分な点もありましたが、最高裁まで維持。監視文書を自衛隊が作成したことも認定されました▽さらに二審では、「闇の部隊」と呼ばれ秘密のベールに覆われた情報保全隊の元隊長らを法廷証言の場に。市民の運動を「反自衛隊活動」と敵視する危険な実態が浮き彫りになりました▽安倍暴走政治が加速するなか、この訴訟の果たした役割は大きい。来月4日、仙台市で訴訟を振り返る集会が予定されています。告知するチラシには、こんな見出しが。「歴史に残るたたかい、国を相手に勝訴」「今後の運動に活(い)かそう」。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-28/2017022801_06_0.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK221掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK221掲示板  
次へ