★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK221 > 196.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「民主主義という病い」膏肓に入る  小林よしのり
http://www.asyura2.com/17/senkyo221/msg/196.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 22 日 01:53:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


「民主主義という病い」膏肓に入る
http://yoshinori-kobayashi.com/12519/
2017.02.21 小林よしのりオフィシャルwebサイト


日米首脳会談を評価する世論が64%で、キス寸前の親密さに
75%が好感を持ったという。

どんだけヘンタイな国民だ。

その上、日本が米国の雇用創出に協力することを62・5%が
賛成だという。

まったく呆れかえる。

トランプの脅しに震え上がって「朝貢外交」をやるのは
安倍政権のポチ的性癖かと思っていたら、
ポチ的性癖は日本国民にもうすっかり浸透していて、
古代・支那王朝への「朝貢外交」の感覚に戻ってしまって
いるらしい。

独立心を崇高な価値とするわしの感覚とは全然違う。

属国万歳の大衆である。

さらに呆れたのは「共謀罪」に賛成している者が44%、
反対は25%だというのだ。

あれだけ金田法相が天下一品のタワケ脳を晒しているのに、
反対が増えないのだ。

「共謀罪」に賛成とは、国民はむしろ管理社会・監視社会を
望んでいるらしい。

これは絶対に権力に逆らわないという意思表示でもある。

いざとなれば権力に大いに逆らうと決めているわしに
とっては実に不愉快な数字だ。

これが「民主主義」なんだから仕方がない。

『民主主義という病い』は膏肓に入る最悪の状態である。














 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年2月22日 02:26:14 : cU008axM6M : TZwntHe5JxY[3]
今の安倍政権は民主主義ではない。今のマスコミは民主主義の対極にある。そのマスコミが世論を操作している。

2. 忍穂耳の垢[488] lEWV5I6ogsyNQw 2017年2月22日 03:18:39 : idCFfXzd0g : ps3H9E8oQUY[4]
このお方も、いつのまにかすっかり左巻きな風になったかと。

左巻きな御仁はいつも、虐げられる側の「恨み」を焚き付ける。
記事にご案内の‥

>古代・支那王朝への「朝貢外交」の感覚に戻ってしまって
いるらしい。

‥のように、だ。(笑)

このお方の左巻きな芸風の先には、女帝待望論が見え隠れしている。

ほんらい、皇統には有り得なかった女帝を立てたのは、昔々の蘇我氏だった。
その蘇我氏が逆賊であるという見立ては、戦後になって、いつの間にか消えた。
それは、戦後、より濃くなったリベラル思考と軌を一にする。
それは、もとはと言えば‥
優秀であるが故に間違いが仇の国学者・本居宣長がして、古事記を特別視せしめた結果だ。
なにしろ、古事記には男子継承の大事さが、すべて落されているのだから。
この御仁は、よくよくお勉強した故に、その蘇我氏等の息を吸い込んでしまったかと。

こうした御仁が出るのも、戦前戦後に通じて流入した、
西欧のリベラル思考に染まる日本が生んだ、あだ花とも言えようか。


3. 2017年2月22日 03:42:45 : cU008axM6M : TZwntHe5JxY[6]
>2 必死の工作文ご苦労さん。まだ安倍支持のコメントを書くのも疲れるのう。国のためとか言うやつが国有財産を強奪しているのに。

気は確かか。耳あかが溜まり過ぎだな。


4. 2017年2月22日 16:22:23 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2057]
平井宏明氏
「安倍首相夫妻が肩入れする、「戦前回帰」を目指す忠君愛国幼稚園。
「君が代」はもちろん「教育勅語」や「軍歌」まで教え込み、「天皇崇拝」など「皇国史観」を植え付ける。
さらに4月には同様の小学校も開校だという。
このような教育を無垢な園児や児童に施すのは絶対に間違いだ。」
https://twitter.com/NiST_HH/status/834300994263543809

間違いは正そう。


5. 2017年2月22日 16:35:25 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1523]
  2氏は、日本が民主主義以前に租税主義国であることを忘れていると思う。
  つまり、国民から徴税してあらゆる福祉政策や公共政策に血税を使用しなければ、国家は成り立たないのである。
  いわば、会員から会費を徴収し、それを会の運営に充てる会員制組織と同様である。  
  会員制組織は会費を払った会員が総会にて会則を作り、会費の使途の優先順位を討議の末に決めるシステムであり、会員数が少数であれば、直接民主制で会費の使途は比較的合意が早いだろうが、これが国体となると、億単位の国民が代議士を選出して議会に出し、法律という規則を作り、血税の使途の優先順位を多数決により決定しなければならない、間接民主制となるのである。
  間接民主制であることにより、会員制組織であれば会員である納税者が代議員として出す議会システムによっては、適切に血税が使用されない場合がある。
  選挙による代議士の選定の問題、かつまた多数決主義の不適切、会員制組織であれば、会長が会にとって公平、公正、中立な立場に居るかの問題など、様々なファクターにより、真の民主主義とは似ても似つかぬ様相を呈するのである。
  だからと言って、民主主義の正否を簡単に語ってはならず、租税主義である以上、血税の使途の優先順位を決定するための民主的なシステムは不可欠であり、より良き民主主義を常に心がけるか否かは、その国の国民の良識を表すだろう。
  他国は分からないが日本の場合は、まず血税の優先順位を決めるにあたって、会員制組織であれば会計担当者にあたる行政機構が、血税の使途の優先順位を決めてしまっていることが問題である。
  会員制組織であれば会則にあたる、憲法理念とそれに基づく基本法原則では無く、行政機構が次々に出す要綱や通達、行政指導を疑似法律とし、国民生活を、許認可や補助金、交付金の匙加減を以て規制しているのであり、納税者が求める血税の優先順位は官僚機構によって全くないがしろになっていると言える。
  かつまた、法律という規則を作るにしても、審議の末に可決する際に、党議拘束を掛けた与党の数の力で事務方都合の法案が可決され、議員立法が普及していないため、これまた納税者の民意が反映される事は滅多に無い。
  会員制組織であれば会長や運営委員といった役が、租税主義国なら総理や閣僚であろうが、会長らが会員に対して公正公平中立な立場に立たず常に会費を預かった会計担当者の胸先三寸に同調していれば会員制組織とて、会費を納めた会員の求める会の在り方にはならないのと同様、国政も、総理と閣僚が議会を占拠、党是を披歴する党大会状態であり、公平公正中立の立場に立っていないために、租税主義国としての真の民主主義とは程遠い形になっているのは必然である。
  日本は、酷い敗戦から急速な高度経済成長を目指す過程で、真の民主主義を確立する機会を端折り、会員制組織であれば会長や運営委員にあたるところの総理大臣や閣僚が、会員制組織であれば会計担当者であるところの官僚機構とタッグを組み、国税を、議会という民意形成を無視して、料亭に集まっては使途の優先順位を決めてしまうという護送船団方式に終始して来たのである。
  民主主義には様々なファクターが必要であり、それらが切磋琢磨しない場合には機能しないのであるが、日本の護送船団方式は、一献傾けた料亭政治による、政財官学司法にマスコミ、の責任意識の欠如が際立っており、結果的に、自重、自戒、自省なき、傲岸不遜の暴走集団となっているのである。
   会員制組織であれば、本来会計担当者は独自の判断では飲食すらせずに公金を扱う筈であるが、会長や運営委員と会計担当者が一体化し癒着すれば、会費は湯水の如くに会員の民意を計らずに出費される。
   それと同様の背任行為が、国家にて堂々行われているという事であり、民主主義云々とは全く関係の無い、公金を扱う権限の有る者による、大犯罪なのである。
   
  

6. 忍穂耳の垢[489] lEWV5I6ogsyNQw 2017年2月22日 19:03:32 : Pmugg44p8w : LyTKeggu@eo[2]
>>3. 殿 コメント有り難う。

>気は確かか。耳あかが溜まり過ぎだな。

なるほど。とりあえず、耳掃除をするとしよう。


7. 忍穂耳の垢[490] lEWV5I6ogsyNQw 2017年2月22日 19:04:27 : Pmugg44p8w : LyTKeggu@eo[3]
>>5.
>  2氏は、日本が民主主義以前に租税主義国であることを忘れていると思う。

私に対するご批判と拝見しても、さっぱり分からない。(笑)
こうした板では、簡単明瞭な短かめな文のほうが、好ましいとは思うが‥

ともあれ、
記事にある『民主主義という病い』や「共謀罪」がらみの論陣‥かと理解させていただこう。
それについて、一言云うとしよう。
冒頭記事には、こうある。

>「共謀罪」に賛成とは、国民はむしろ管理社会・監視社会を
>望んでいるらしい。


管理社会・監視社会を、先の敗戦末期の状況を揶揄しての物言いとするなら、
あれは生きるか死ぬかの戦時という緊急事態が招いたもの。

さすがに、隣国半島に現出している騒動を革命と賛美する方は
日本には居られないだろうが、あれは民主主義ではないし、
むしろ、あれを間近に見るからこそ、
革命を根拠にした暴挙の徒に備えなければならない‥となるだろう。
島根では隣国からの抗議訪問団が捕えられたと聞く。東京五輪も間近なのだ。

ちなみに、
記事のような「管理社会・監視社会」は、
皮肉なことに、「平和」や「平等」「人権」など高邁な理想を唱う、
リベラル思考が横溢する社会にこそ現出するのだよ。

現代は、
すでに賞罰の厳しい管理・監視社会になっているのはご存知のとおり。
そのリベラル思想の延長線上にある、共産主義社会も、
チベットやウイグルのみならず、国民あまねく思想を統制し弾圧する中国。
粛清という、人の命まで奪い、民を管理し監視する北朝鮮。

貴殿は、こうしたリベラルに待ち受ける罠を知らぬとみた。


8. 2017年2月22日 19:35:18 : Gml50uxUzo : bCqP4fQkRDc[80]
大船に 乗ったつもりが 詐欺に遭い

9. 2017年2月22日 21:00:37 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[149]

>小林よしのり
>民主主義という病い膏肓に入る

それ見たことか墓穴を掘ったのはよしりんでしょうか。
民主主義なる政治形態は民意を政治に反映させる形式。
民主主義そのものに病や欠点などあるはずがないだろ。

病は人間がかかるものだ。病が蔓延した社会が病膏肓。
民主主義を営む人間を蝕む邪宗教のせいだと言うべき。

正統な日本人の自覚なき者は民主主義の運営に間違う。

単にそうゆうことだよ。改心して目覚めるべきだろう。



10. 2017年2月22日 23:40:27 : BePxUM43iE : zkQX0eYY77A[1]
>>9
> 民主主義なる政治形態は民意を政治に反映させる形式。
> 民主主義そのものに病や欠点などあるはずがないだろ。

学校で習ったことの鸚鵡返しがごとき思考停止.小林氏の批判の矛先に居ることに気づかぬ愚鈍w


11. 2017年2月22日 23:53:43 : rFgvzJku7E : iuEcK6WxPTE[21]
>7.
>チベットやウイグルのみならず、国民あまねく思想を統制し弾圧する中国。
粛清という、人の命まで奪い、民を管理し監視する北朝鮮。

これ笑うとこ?
どっかで聞いた事あると思ったら、まさに君の大好物であろう「安倍ジョンウン政権」が目指す政体そのものじゃん。
良かったな、この調子で安倍将軍様を崇め奉れば、もうすぐ半島の彼の国と同じマンセー国家が誕生するぞ。


12. 2017年2月23日 02:43:58 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1525]
10氏に賛意。
    小林氏は、民主主義そのものを「病」だと言明しているのだが、民主主義にも直接、間接とあり、ギリシャローマ時代あたりは直接民主制を採っていたらしいが、人口が増加するに伴い、代議士を議会に出して代弁をしてもらう間接民主制を採らざるを得なくなったということだろう。
    では、間接民主制を採用し議会で代議士が何を決めるかと言えば、無論血税の使途の優先順位の指針とも言うべき、法律である。
    間接民主制に不可欠な議会を立法府と呼ぶのは、租税主義である限りは血税に関してルール化し、それに準じた歳出事務を、行政機構である公僕に執行させる必要があるからだ。
    無論、最高法規は憲法であるところ、憲法理念を損なうようなルールは御法度である。
    さて、7あたりは、監視、管理社会に言及、リベラルの存在が、監視、管理社会を生む旨言うが、民主主義者イコールリベラルな人々、というバイアスを掛け、リベラルの存在が監視、管理社会を作ってしまうという意味で、民主主義を批判、小林氏に同調して「民主主義は病である」としたいようである。
    では共産主義が良いのかと言えば、中国、北朝鮮の体制を嫌悪しているようであり、どうも支離滅裂である。
    リベラルな人間が居るから監視、管理社会が生まれると言いたいようだが、リベラルが存在しなくても監視、管理社会であるのは、7が自ら、中国や北を説明していることで明らかであろう。それとも北も中国も、以前は民主主義だったのか?
    自分が言いたいのは、民主主義は思想信条では無いということだ。
    民を主体とするシステムを民主主義とするところ、権力サイドにとって不愉快なのは何故かと言えば、それは民衆から徴税した資金を、民衆自身のために使う義務を権力者が課されているからに他ならない。
    だからこそ、監視、管理を強化し、黙々と年貢米を納めた百姓の如くに庄屋としては一揆が起こらぬよう、監視、管理に務めたくなるのである。
    だが、近代ではどこの先進国も民主主義であり、それはビジネスライクに考えれば、血税を納めた者が血税の使途の優先順位を決め、その国のスタイルを造り上げるシステム、という意味であり、それ以上でも以下でも無いのである。
    リベラルな人間が居るから民主主義になり監視社会になるのでは無く、そもそも、租税主義であり篤志家の寄付で国家が形成されているのでは無い限り、「血税を納めている民が主体となって血税の使途の優先順位を代議士を立ててルール化し、国家を形作る」のが民主主義であろう。
    それは、農業立国であったり軍事立国であったり観光立国であったりと、血税の使途に何を優先するかでその国の形は違うだろう。リベラルだろうとコンサバティブだろうと、国の形を納税者自身で決めることを民主主義と呼ぶのである。
    いずれにしても、直接にしても間接にしても、民主主義自体が病だとし、監視社会を呼ぶとするなら、先ずは、病の原因である、租税主義、徴税主義の是非を議論するのが先決だと思う。

13. 2017年2月23日 03:09:58 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[893]
51対49で、51の方が与党権力者となる。2票や3票、これくらい何とでもなるだろ、金権力者連中は。純粋に51対49でも、国や民族、或いは小学校のクラスでも、半分の意見が潰される。だから民主主義はだめだ。権力者でなく、民が、人々が、公衆が主である、なんて聞こえはいいがね。大権力者にひっついて搾取してやろうと思う奴らも、社会全体の幸せを考えている人たちも、同じように立候補するんだからな、口先はなんとでも言う。困ったもんだ。良いやり方はこうだ。
51対49になったら、51対49の社会構成にするんだよ。51の意見の通る社会、49の通る社会、という事だ。全体の正義や天然に害のある事はダメだが、其の他なら、51対49の社会構成にしたらいい。無理に一つに絞らなくともよい。
自由平等博愛なんて言ってるんじゃないぞ。そんなのは一番怖い。人間、卵パックみたいに均一化されてたまるかってんだ。それぞれの生き方が互いに安全に満足できる社会の実現が大事だ。神仏のような人物がいれば自然に祭りあげられるしな

14. 2017年2月23日 05:06:43 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[152]

>>10. 2017年2月22日 23:40:27 : BePxUM43iE
>小林氏の批判の矛先に居ることに気づかぬ愚鈍
>学校で習ったことの鸚鵡返しがごとき思考停止

お前は学校でそんなこと習ったのか。随分と気の毒な思考回路してるんだな。

思考停止してるのはお前が先生と言う小林よしのりの方なんだよ、分かるか?

民主主義とは形式的に方法論のことを言うんだよ。習わなくても経験則として。

しかしここではヨシリンの著作物における邪悪な表情の意味を考えるがいいだろ。

墓穴を掘ったと批判してるんだよ、思考停止なんぞと脈絡の分別もない単細胞よ!


15. 2017年2月23日 05:26:15 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[153]

>>12. 2017年2月23日 02:43:58 : IJjjrLkBu1
>10氏に賛意
>民主主義にも直接、間接とあり・・・
>・・・間接民主制を採らざるを得なく・・・
>民主主義は思想信条では無い・・・
>直接にしても間接にしても民主主義自体が病・・・
>病の原因である租税主義、徴税主義の是非・・・

これこそ同類項が学校で習った政治論の鸚鵡返しに我見の刷り込みだろう。

民主主義が宗教論であるはずないが民主主義の起こりと進化論も関係ない。

民主主義の病が税法などに起因するとする考えも現実と本質を誤っている。

ヨシリンは明らかに民主主義という言葉を引用して現状を一般化している。

漫画の題名が与える影響は現実を押し付けて民主主義を誤解させるものだ。

お前らは話が合うような素振りだけするが言ってることは支離滅裂なんだ。

喋りゃ何でもいいという訳じゃない。継ぎ接ぎ論者のトンチンカンどもよ。


16. 忍穂耳の垢[491] lEWV5I6ogsyNQw 2017年2月23日 14:33:55 : IhRtozIaWQ : F@VpVyoqGRk[4]
>>11.

>これ笑うとこ?
>どっかで聞いた事あると思ったら、まさに君の大好物であろう「安倍ジョンウン政権」が目指す政体そのものじゃん。

お笑いいただくのは構わないが、
某よしのり氏と同じ勘違いをされているやにみるが。


あくまでも、延長線上と分けたけれども、
世のリベラルと、共産主義は似た者同士な、共通項がある。

 ・虐げられる側の「恨み」を焚き付け、その打倒を謳う
 ・民衆から立ち上がる行動・革命を善しとする
 ・平等や人権など慈母愛的で高邁な抽象概念を標榜し、それに耽溺する

せいぜい違いは、三番目の表看板の違いぐらいだ。
逆に言えば、人間はそれほど複雑に出来ていないということでもある。

困ったことに、普段から抽象概念を扱う頭でっかちさんほど、これに魅入られる。
隣国の慰安婦像問題に、謝罪の手紙を出したと聞く某新聞記者などがそうかも。

残念ながら、
この高邁な慈母性を標榜する社会は、真逆な苛烈な賞罰、管理・監視社会となるのだよ。

冒頭記事の話に戻れば、
あくまでも‥画像にみる帯やコピペ文字列からして、
まるで、「共謀罪」を推す安倍政権という独裁者が、管理・監視社会を招くと読める。
それを指弾するリベラルが、管理・監視な社会ではないかのように。
だが、上記したようにそれは実態とは違う。

はからずも、この某よしのり氏の見識の浅さが露呈している‥となろう。


17. 2017年2月23日 18:28:51 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1527]
  国民代表議会制民主主義と租税主義はどちらが欠けても意味を為さないのであり、国民代表議会制民主主義は、単に思想信条のぶつけ合いのみで成っている訳では無く、国民から徴税した血税を、例えば軍事に使うか、インフラ整備に使うか、カジノに使うか、等々の国の在り方に納税者国民の思想信条が反映されると言う意味で、思想信条の論議と同時に国税の使い道をも、政府では無く議会できっちり決める、という車の両輪であろう。
   ところが、代議士という職業が、地元の顔役として地元支持者の子息の就職や就学の世話などから始まり非常に世俗的であり、思想信条は建前として、実は既得権の引き継ぎ、といった側面を多分に持ちつつ政界に出ていると見える。
   政財官護送船団方式による料亭政治は、専ら利権や既得権のやり取りが主体であろうところ、一方で国民の思想信条の持ちように関しては非常に神経を使っているのであり、このことで、政財官護送船団ムラの意図する国税の使用に繋がる行為と、国民の意識を思想信条の部分で詮索する、という二重の論理で、権力機構は、民主主義というものを上手に使い分けているように感じる。
  従って、国民は、例えば君が代を歌う、歌わない、で、政財官にその信条を詮索されて、個人として、リベラルだとかコンサバだとか、左だとか右だとかのレッテルを貼られつつ、一方で政財官はそんな事には関係無く、レッテルを貼られて悩む民衆を尻目に、集団による、血税の護送船団に都合良い使用を至上命題とし励んでいるのである。
  納税者が行政訴訟や国賠訴訟を提議しても、法廷に出て来るのは全く個人の顔の無い法務省職員や検事であり、彼らの言い分は、思想信条的に国家権力の決定に不服従であるのでは断罪されても仕方が無く、国家秩序維持のためには行政処分は適切である、などとして、国税の不当な歳出や国有地の濫用に関しての訴訟を、納税者や末端公務員の理不尽感情をスルーし、政官に国税使用の不適切は無かった、とのみ判じているのである。
   憲法理念にしても、それに基づいた基本法にしても、原則は、どこにどれだけ費用を使えばどういう国になるか、であり、それが租税主義を採用した国の民主主義の現実的な側面でもあるから、租税主義の現実と思想信条の問題とをリンクさせるべきで、左だ右だののレッテル貼りに集中するあまり、国税の使途に関して無関心でいてはならないと思う。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK221掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK221掲示板  
次へ