★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222 > 204.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
言葉で誤魔化す政治を終わりにしよう。(日々雑感)
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/204.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 3 月 10 日 21:01:24: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-6028.html
2017/03/10 18:25

<安倍政権は10日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣している陸上自衛隊の施設部隊を撤退する方針を決めた。南スーダンには2012年1月から派遣し、道路整備などに従事。しかし、大統領派と前副大統領派の間で激しい戦闘が起きるなどしており、実施計画に定めた「有意義な活動」ができないと判断した。>(以上「朝日新聞」より引用)


 上記記事にはないが、撤撤退時期は道路整備が終わる五月を目途にする、ということのようだ。なぜ直ちに撤退せよ、と現地南スーダンの自衛隊に最高指揮官として安倍氏は命令しないのだろうか。

 南スーダンは防衛相がいかなる表現を用いようと「武力衝突」が日常的に起きている「戦闘地域」だ。PKO派遣五原則に反するのは勿論のこと、「駆けつけ警護」も可能になっている現在、いつ何時自衛隊が武力衝突に巻き込まるかも知れない危険な状態だ。

 そうした「戦闘地域」に軽装備とはいえ、武装した自衛隊がいれば当然軍隊とみなされて攻撃される事態は想定しておかなければならない。政府軍にせよ、反政府軍にせよ、彼らは迫撃砲やロケットランチャーなどで装備している。いかに訓練を積んだ精鋭といえども自衛隊の軽機関銃では対応できないのは明らかだ。

 戦闘に巻き込まれれば自衛隊員の命が危ない。そうした戦闘地域に自衛隊を派遣した安倍氏の判断は誤りだ。第一、自衛隊の活動範囲を「周辺事態法」で縛っていたシバリを勝手に解いて、地の果てにまで派遣可能とした安倍自公政権の憲法違反は厳しく問われるべきだ。

 願わくば五月に南スーダンから撤退するまで戦闘に巻き込まれることなく、全員が元気な顔で帰還することを祈るばかりだ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月10日 21:22:46 : L28hflME4Q : jviU4gjhT@8[44]

 「5月までに・・・」だと?
 悠長な・・・。

 撤退すると決まったになら急げよ。
 隊員一人ひとりの命が大事なのだ。


2. 2017年3月11日 20:04:10 : hUkJW5PNLO : vS5oQ06@H3c[283]
撤収の 前に合わせろ 辻褄を

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK222掲示板  
次へ