★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222 > 663.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプから憲法を変えろと言われていた安倍首相  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/663.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 3 月 21 日 10:10:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

トランプから憲法を変えろと言われていた安倍首相
http://kenpo9.com/archives/1133
2017-03-21 天木直人のブログ


 稲田防衛相では駄目だと米国から言われていたことをスクープ報道したのは日刊ゲンダイ(3月18日号)だったが、今日発売の週刊アサヒ芸能がそれを確認する記事を掲載した。
 しかも、変えろと言われていたのは稲田防衛相だけではなかった。

 南シナ海に進出する中国を抑止するため日本の自衛隊も動けと言われ、憲法があるからそれが出来ないと答えたら、「それなら憲法9条を変えればいいじゃないか」と言われたというのだ。

 どうりで安倍首相は最近またやたらに改憲の必要性について口にするようになった。

 もしこの週刊アサヒ芸能の記事が本当なら、安倍首相はどこまで行ってもトランプの言いなりになる度し難い対米従属の首相ということになる。

 因みに週刊アサヒ芸能の記事は、内閣改造で稲田防衛相を更迭して森友疑惑を乗り切る事が、もはや当然の成り行きのように書いている。

 安倍首相はトランプに、逃げるなと命令されたに違ない(了)


関連記事
稲田防衛相を代えろと米国に迫られていた安倍首相  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/535.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[3419] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年3月21日 10:20:47 : icpQmTOWa2 : WcKD1vpIpCE[17]
>南シナ海に進出する中国を抑止するため日本の自衛隊も動けと言われ、憲法があるからそれが出来ないと答えたら、「それなら憲法9条を変えればいいじゃないか」と言われたというのだ。
 
 
 2014年7月1日の閣議決定以来、日本国憲法第9条は、侵略戦争を禁止する以外の歯止めが無くなり、実質的に欧米先進国と同じ解釈がされる憲法になったように思う。
 
 私は、安全保障に関する日本国憲法の条文の解釈は、フランス憲法に一番近い形になったと思う。
 
 日本国憲法第9条において、軍事力行使に他の欧米先進国よりも厳しい歯止めが掛っているように装うどうかは、政治状況によって政権が自由に判断できるように変わってしまったと考えておいた方が良い。
 

2. 中川隆[7240] koaQ7Jey 2017年3月21日 10:24:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7712]
自分の国を自分で守るのは当たり前の事だろ

いつまでも植民地でいるつもりか?


___


1972年2月、当時のニクソン米大統領とキッシンジャー補佐官が北京を訪問し、
周恩来首相と会談した時に、日本に対して三つの密約が交わされた。
米中密約の内容

1.日本に核武装そして単独防衛させない
2.これを防ぐために米軍は日本に駐留する(ビンの蓋論)
3.朝鮮半島および台湾問題で日本に発言権を与えない

この密約は、2002年10月、当時の江沢民中国国家主席が、
テキサスの牧場に当時のブッシュ大統領を訪ねたときにも再確認された。


3. 2017年3月21日 10:24:48 : LkMvmw38dc : 60Mco8Dr4Ks[5]
根拠のない憶測記事だけで、わけのわからない妄想を繰り広げて
それでどうなるというのか???

4. 2017年3月21日 10:34:07 : 3mgVDq1CCc : N3YnK2nP9iI[1]
これで憲法改正はいよいよ規定路線だろうか?

5. 2017年3月21日 10:38:18 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[568]
中国にしてみれば、核発電推進原理主義組織にまんまと騙された外務省から、核開発計画書を持って来い、ということくらいのことならば、簡単に出来ることですよね。

日本国民全体としては、これも逆手に取れば、読み終わった新聞をまとめて廃品回収に出せば、トイレットペーパーと交換することは日常生活習慣の知恵として誰もがやっていることであり、これを外交カードに利用するならば、古紙回収業者にしてみれば、それこそ押し紙制度なるもので売れ残った新聞も、古新聞と一緒に、中国に輸出し、中国からはトイレットペーパーを輸入することで、この古新聞を輸出することによる消費税還付金と、トイレットペーパーを輸入することによる消費税を、相殺して税務申告をすれば、日本の財務省に置かれましては、何ら面倒な仕事が増えるまでもないことは、誰が見ても明らかなことだし、文部科学省にしてみれば、この古新聞を、歴史修正主義教科書に置き換えれば、沖縄県教育委員会にしてみれば、まんまと騙されたふりをして、貰えるものは貰っておこう、ということで、歴史修正主義教科書を無料で受け取ってから、そのまま中国に売り飛ばしたお金で、独自に採択したまともな歴史教科書を購入して、これを沖縄県の子供たちに配布することにでも利用できるはずのことだし、ましてや元外務官僚であれば、それこそ自民党の官房長官でも構わないし、下着泥棒大臣だろうと、自民党にいる屑議員にでも、表紙を差し替えただけの偽物の核開発計画書を、中国外務省にでも持って行かせてやり、お土産に「トイレットペーパー」を持ち帰らせてやることにでも利用するように、働きかけてみても良いのでは?

中国にしてみれば、この表紙を差し替えた偽物の核開発計画書を、そのままアメリカにでも差し出すことで、トランプ大統領に対しては、国連安全保障理事会で、旧敵国条項に基づく制裁決議を発動してもらう様に、ロシアやフランス、イギリスと共に、強く働きかけて頂くくらいのことにでも利用するならば、南京大虐殺をはじめ、大日本帝国軍性奴隷問題の前科を裏付ける動かぬ証拠も、差し出すことで、憲法9条を亡き者にしてでも戦前の日本を取り戻そうとする安倍首相自ら招いたことであることは、誰が見ても明らかなことであることは、国際社会全体にしてみれば、バレバレのことであることを逆手に取れば、アメリカのトランプ大統領にしてみれば、安倍首相に対して、本物の核開発計画書を持って来い、さもなくば、国連安全保障理事会で制裁決議を覚悟しておけ。それが嫌なら、核発電推進原理主義組織を差し出すことで、脱原発に向かうならば、同時に、日本会議も中国に差し出せば、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜るくらいのことならば、考え直してもよいのだからな」ということで、まんまと騙されたふりをして、自民党をどんどん揺さぶって貰うことにでも、元外務官僚であれば、そっと静かに働きかけるならば、日本国民全体としては、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、背中を押してやりたいところなのですが?


6. 2017年3月21日 11:05:08 : FFz4peZORY : 6QScso8k9O0[1]
アホくせえな、週刊ウソヒも、天木も。

どうしたらそんな憶測と妄想が出るのか?


7. 2017年3月21日 11:09:34 : zEKLnmi5Uo : F@tgmZUd0l8[-354]
02>糞川隆。おまえは人の国にかってきて徴兵逃れしているんじゃない。

祖国北朝鮮の軍隊に入らないと血の粛清を受けるぞ!

[32初期非表示理由]:担当:言葉使いで処理が大量にあるので全部処理

8. 2017年3月21日 11:33:23 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[882]

これではっきりしただろう。

右翼は何かと言うと戦後の平和民主主義憲法をアメリカの押し付け憲法だと言うが、じつはそれが大嘘で、憲法を改悪しようとすることこそがアメリカの押し付けだということだ。憲法の戦争放棄と戦力の禁止をなしにしたいのは、アメリカの戦争にアメリカに押し付けられるまま参加したいからだということだ。

だから、日本では、右翼が売国で、リベラル左翼が愛国なんだ。

これが何よりの証拠だ。

ざまあみろ、売国右翼、アメリカの犬。


9. 2017年3月21日 11:46:41 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2519]
さようなら、稲田朋美氏。

10. 日高見連邦共和国[3914] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年3月21日 12:20:22 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[722]

さようなら、>>01のクラゲ。(笑)

11. 2017年3月21日 12:34:55 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1319]
「それなら憲法9条を変えればいいじゃないか」

って おいおいおい 馬鹿丸出しの単細胞だなトランプという道化師は
トランプなんぞに言われるまでもなく、安倍ちゃんは 憲法を改正したくてしたくて
夜も寝れないほどの改憲論者だ 改憲をまったく考えていそうにもない人間に対してそれを言うなら解るが
安倍に対して言うのは 無知の極みだろう 本当にこいつ 一国の大統領を自認しているのか?

どーーーしても 改憲の ハードルが高過ぎて やむなく苦肉の策として産み出したのが安保法制である
しかしその安保法制でも 支持率ガタ落ちだった経緯すら知らんのかこいつは
最近ようやくほとぼりが冷めて 支持率も少しずつ回復しているというのに 台無しだろう。


ホント アメリカは なんという お馬鹿を大統領にしてしまったのか

今 改憲を 口に出してしまったら(それを政治テーマとして焦点を当てては) 安倍は 潰れるぞ。


12. 2017年3月21日 12:36:42 : nukAybdoDE : QTPe4yLsSG0[1]
8>>。ホ右翼は何かと言うと戦後の平和民主主義憲法をアメリカの押し付け憲法
    だと言うが、]

  押し付けというより、違反憲法である。


国際法(ハ−グ条約)違反にがいとうする、その他にも理由あり

ハーグ陸戦条約では、「国の権力が事実上占領者の手に移りたる上は、占領者は、絶対的の支障なき限、占領地の現行法律を尊重して、成るべく公共の秩序及生活を回復確保する為、施し得べき一切の手段を尽すべし」

GHQが勝手に、占領国の憲法をかえてはならない。


共産党も日本国憲法9条に反対していた。

交戦権の否認を『民族の独立を危うくする』として厳しく非難した。徳田球一も野坂参三も最後まで9条に反対し続けた、共産党は唯一憲法9条に反対した政党だった。

 日本国憲法は違法、無効の憲法で、なるべく早く破棄して

 新憲法を制定するのが、一番筋の通る方法である。


もう一つは 9条と日米安保でワンセット、米国に守ってもらい

日本は何もしない、そんな虫のよい話は世の中でいつまでも通用しない。

ものの道理というもの、小学生にきかせてもわかる話。


 


13. 2017年3月21日 12:38:19 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[92]

自公靖国カルト政権の政治の本質は日米同盟が日米間の絆とアメリカに訴え泣きつくものだ。
国民の多くは潜在意識において政治的な空白を感じ取り本来の日米関係を危惧するに至った。

政治そっちのけ寝ても覚めても集団的自衛権と壊憲国防軍、嫌中・嫌韓・嫌北チの排他思想。
その上に隣国の反感をかってばかりで領土問題や拉致問題などの解決は完全に失敗している。

中国が太平洋上の公海に出るのは自由だろう。日中間の武力的な対立こそ問題とされるべき。
日本の時代逆行と戦前回帰を彷彿とさせる政治と世論形成に隣国が猛反発するのは当然だろ。
国民主権の意思を離れた政治集団と支援組織が憲法改悪を企て謀罪する事実に証明は不要だ。

靖国カルト思想が日本会議や神道政治連盟などの組織活動で政教一致の政治を強行している。
明らかに現在の日本政府が行う政治と外交は世界と日本の平和を脅かす挑発と威嚇であろう。

日米同盟で隣国と戦争する事態を楽しみに待ち望むカルト連中は全く何てことをしやがるんだ!
まったく日本の逆賊である馬鹿ウヨども国防狂らは自衛隊の装備を試し撃ちしたいだけの非国民

アメリカ様は日本に煽てられて航行の自由の為に現状変更は認められないとを言ったのではない。
日本の国防賊が夜な夜なとアメリカ様に泣きついて安全保障政策の示威行為に耽っただけである。

お国の為に恥を知って改心しろよ逆賊の恥知らずども。


14. 2017年3月21日 13:25:50 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[883]

>>12

そもそも明治憲法は欽定憲法であって、男子普通選挙ですらなかった帝国議会でもそれをありがたく拝領しただけで同意も承認もしていない。だったら、明治憲法は、天皇と国体と呼ばれる支配階級の憲法であって、日本人の憲法ではない。

現にこの憲法のわずか55年間右翼国家主義の下、日本の人民は、基本的人権を否定され、弾圧され、貧窮化し、ついには愚かで悲惨なアジア太平洋戦争で女子供を含む300万人が犬死させられた。日本人にこんな憲法を守る筋合いも義理もない。

そこへ行くと、戦後の日本国憲法は、男女普通選挙によって選出された国会が、代表者と通じて起草し、賛成多数で制定した憲法であるから、日本の人民の憲法だ。だから、普通の日本人の主権と基本的人権の保障と平和主義が定められている。おかげで施行から70年の長きに渡って、日本と日本人は未曾有の繁栄を平和を謳歌してきた。

この確かな実績を持つよい憲法が、アメリカの押し付けだなどという右翼の言いがかりが大嘘であることは、現にこの投稿にあるように、アメリカが自分の戦争に動員しようとしても、この憲法が妨げとなって日本人を守っていることで証明されている。

さらに、「9条と日米安保でワンセット」などというのは、アメリカの犬となって恥じない自民党と右翼のペテンだ。自民党と右翼が米軍の駐留と支配の受け入れという自分達の売国をごまかすためのふざけた言い訳だ。九条と安保がそもそも相容れないのは、砂川事件一審の伊達判決が、米軍の駐留を憲法違反であると断定したことでも明らかだ。

日本を守るとは、地位も金も権力も特権もない普通の日本人を守るということだ。米軍に頼るとしても自前の戦力によるとしても、今度の前線は大陸ではなく国内だ。一旦戦線が開かれれば、その地域住民とそこへ派兵された日本兵は大量に死ぬ。これではちっとも日本の防衛にならない。

それでこの弱点をつかれると、右翼はすぐ戦力は抑止力だと強弁するが、抑止力が抑止力に留まった試しがない。こっちの抑止力は相手の抑止力を呼び、相手の抑止力がこっちの抑止力を高めさせ、とめどない軍拡に至って、ついに国民経済が疲弊した挙句に、高まった緊張がちょっとした事故で破れ開戦に至る。これが歴史の示すところであり、これではちっとも日本人を守れない。

だからこそ、日本人は、あの悲惨で非道なアジア太平洋戦争の教訓から、日本の防衛は戦争放棄と戦力不保持の平和主義でいくと決意したのでありその決意は尊い。その尊い決意の現れが憲法だ。

右翼は、その押し付けたはずのアメリカが憲法を邪魔者にして、日本におけるアメリカの犬たちである自民党と右翼をけしかけてその憲法を亡きものにしようとしている事実についてはそろって口をつぐむ。アメリカの押し付けについてあんなに敏感な人たちが奇妙なことだ。

現に、>>12も、わたしの>>8を批判するとしながらも、このスレ投稿の趣旨であり>>8のポイントである、アメリカが憲法を邪魔ものにしていて自民党と右翼に憲法を改悪することを要求しているという事実については一切触れない。反論できない。あたかもなかったかのおうに無視するばかりだ。

ものの道理とはこういうことだ。小学生にはわかっても、無知蒙昧で卑劣で愚劣な売国奴にはわかるはずがない。右翼とはそれほど腐った人間のクズだ。

改めて、恥を知れと言いたい。


15. 中川隆[7242] koaQ7Jey 2017年3月21日 13:47:29 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7714]
>>14
また嘘言ってる

現行憲法が国民の承認を受けた事は一度も無いよ

政治家もマッカーサーに脅迫されて仕方なく言いなりにしただけだ


16. 中川隆[7243] koaQ7Jey 2017年3月21日 13:50:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7715]
護憲派の悪質な嘘を暴く

アメリカは1943年の時点で日本には未来永劫 自主防衛力は持たせないという方針を決めていた

第九条もその段階で決まっていた事


そもそも現行憲法は国民の承認を一度も受けていないだろ

日本国憲法は、 「日本国民が主権を保有していない時期」 すなわち、1945年8月15日から、サンフランシスコ条約が発効になった1952年4月28日の「間」に作られた


幣原首相が憲法九条を提案したとして、一体、何の権利を持って提案したのか、という問題が生じます。幣原首相は、日本国民の主権を代表する立場だったのですか?


 何しろ、当時の日本国民には主権がなかったわけで、「存在しない主権を代表する」ことはできません。幣原首相が憲法九条の提案者だったとしても、「主権がない時期に制定された憲法」であることには変わりませんし、むしろ幣原首相は一体全体「何の権利」に基づき、憲法九条を提案したのか、という別の問題が出てきてしまいます。


 憲法九条の提案者については、諸説あるようですが、問題はそこではなく、主権という「根本的な話」なのです。


日本国憲法を作ったのは軍隊のアルバイト


マッカーサーは日本政府に憲法改正を命令したが、軍による独裁には従わないとして東久邇宮内閣は総辞職しました。

マッカーサーは連合軍という軍隊の司令官にすぎず、日本政府や議会に命令する立場に無いのに、勝手に軍事政権を作った事になる。


日本側はマッカーサーの命令を拒否し、憲法調査会を組織して、時間を掛けて改正すると回答しました。

1945年11月に憲法改正のための委員会が発足し、1946年1月にGHQに提出しました。

日本側の案は現行憲法(帝国憲法)に米国の要望を取り入れて改正する案だったが、マッカーサーは拒絶しました。


アルバイトに適当な憲法を書かせて「拒否するなら何発でも原爆を落す」と議員らを脅迫した。


軍事政権が作った憲法

マッカーサーは民政局長のコートニー・ホイットニーに憲法作成を命令し、ホイットニーはアルバイト職員らに草案を書かせた。

こうして約7日間で書き上げたのが「日本国憲法」の原文の英語版でした。

当時日本の新聞はGHQの支配下にあったので、マッカーサーは日本政府に伝える前に、勝手に新聞で発表してしまいました。


先に日本政府に伝えるとまたゴネだして、内容を変更したり無効になると考えたからでした。

日本の国会議員らは新聞を読んで初めて憲法の内容を知り、激怒して絶対反対の態度を取りました。

するとマッカーサーは「新憲法を承認しなければもう一度戦争だ、原爆をまた落す」と言って脅迫しました。


東京大学などの法学者は新憲法を違法だと言い、反対の態度を取ったが、これも「認めなければ戦犯にしてやる」と脅迫して認めさせました。

当時マッカーサーはA級戦犯、B級戦犯などランク付けし、連合軍に反抗的な公務員や学者らを逮捕しては処刑していました。

GHQを恐れた東京大学は「憲法学」という学問を作り、日本国憲法は日本国民が作ったと言い出しました。


これが今日に残っている「憲法学」で、マッカーサーが「戦犯になるか憲法を認めるか」と脅迫して作らせた学問です。

GHQ支配下の新聞、NHKはこぞって「国民が新憲法を作った」という嘘の報道を繰り返し、やがて嘘の方が事実として広まりました。

帝国議会は「もういちど原爆を落とされたいか」と脅迫され、ほとんど審議せず新憲法を承認しました。


新憲法は「国民が作った」という宣伝の後で、1947年(昭和22年)5月3日に施行され、今日に至っている。

これを誰が作ったと考えるかはその人の考え次第だが、少なくとも日本の総理大臣や国会議員はまったく関与していない
http://thutmose.blog.jp/archives/65117879.html


アメリカは1943年の時点で日本には未来永劫 自主防衛力は持たせないという方針を決めていた

第九条もその段階で決まっていた事を記しただけのもの

アメリカは北朝鮮や中国の核武装は容認するけど、日本の核武装や自主防衛力は一切認めない

天皇一族はアメリカの手先だから護憲・平和主義なんだ


17. 2017年3月21日 14:12:31 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[884]

>>15、

中川君に「嘘言ってる」と言われたら、それが嘘でないことの証拠だ。これほど確かなお墨付きはない。

ありがとう。


18. 2017年3月21日 14:20:33 : Pk2qTlfiFI : e6E8qicyr78[3]
バカ川はCIAに洗脳されてるんだよ、気にするな。

天木だって元はCIAの下請け害無償の役人。説得力がねーよ。


19. 2017年3月21日 14:51:10 : G2tZcUyZhc : zhYb4x6sEEE[4]
日本の憲法は自衛権を否定していない。これは自民党から共産党まで広範に認められている解釈。

どこにも改定の必要はない。憲法を改定するならまず自国日本の自主性を確保した後のことだ。外交も防衛も今の日本は自主権も国民主権もできていない。


20. 2017年3月21日 15:44:39 : nukAybdoDE : QTPe4yLsSG0[2]
18>>。ヨ東京大学などの法学者は新憲法を違法だと言い、反対の態度を取ったが、   これも「認めなければ戦犯にしてやる」と脅迫して認めさせました。」


  正論、事実であろう。


  まさにGHQが全部筋書きしたのが日本国憲法

  そして、GHQの言論統制で憲法批判はゆるさない、雑誌、新聞

  テレビ(TV無かっ時代じゃな)手紙まで検閲してGHQたいする
  
  批判を一切おさえこみ、日本人に自虐、洗脳教育をした。

  それが大成功だった。

  自虐サヨクの増殖、日本国憲法礼賛体質が70年の間しみついてしまい。

  どうしようもない状況にある。

  たしかに9条をうまく利用してきた面はあろうが賞味期限きれだろ。


  平和、平和とお題目はそれでいいのだが、現実的対応は違う。

  そんなに良い憲法なら米国も自分が作った日本国憲法使えばいい。

  なんでつかわない、米国が作った平和憲法米国が先に使えよ。

  使う分けない、その段階にない、世界はね。


21. 2017年3月21日 17:05:36 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1320]
馬鹿ウヨの 悪質な嘘(インチキとペテン)を暴く

現憲法が 連合国の管理下で制定されたものである事は事実だが
それはあくまでも“承認を受けた”という事だけである 「戦争放棄」に関してだけは
幣原喜重郎を中心とした日本人の発案であり アメリカの押し付けでも何でもない

現に、アメリカは 日本に対して再三再四 憲法改正を希望しており、トランプが急に言い出した訳ではない
世界中の誰が見たって 「アメリカにとって都合の良い憲法」 とは言い難いのは 厳然たる事実だ

● アメリカに都合の悪い日本の憲法 馬鹿ウヨは こういう都合の悪い事実は まったく無視する ●

ならばなぜ、幣原ら 憲法草案の発案者は 「アメリカに押し付けられた」 という風説に反論しなかったのか
それはあくまでも、当時の日本人にとって神のような存在 【天皇陛下の立場】を 決めるのが自分達では
余りにも畏れ多いから 「アメリカの押し付け」 という事にしておいた これが真実である

確かに GHQの顔色を窺いながらの憲法草案ではあった事は事実ではあるが
戦争放棄を言い出したのは あくまでも日本人による発案である
アメリカがあくまでも押し付けたのは 天皇の立場(天皇主権から国民主権へ)に関してだけである

『天皇主権を変えなければGHQは 日本の主権そのものを 認めようとしなかった事は事実であるし
象徴天皇というのが アメリカにとってはギリギリの妥協点だった(米国世論は圧倒的に皇室廃絶だった)』


そして、現在 本当の 「アメリカの押し付け」 は、【憲法改正と集団的自衛権の容認】である事は
誰の目にも明らかである


※ アメリカの押し付け とか言いながら、アメリカに媚び諂う だから馬鹿ウヨと呼ばせてもらう ※


世界中の誰が見たって、アメリカの身勝手な世界戦略にとって 日本国憲法は“目障り”なのである
アメリカの【金づる】は、日本である事は 世界中の誰でも知っている事 湾岸戦争での拠出額で判る事だ。


22. 中川隆[7247] koaQ7Jey 2017年3月21日 17:08:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7719]
>>21
>幣原喜重郎を中心とした日本人の発案であり アメリカの押し付けでも何でもない


また嘘言ってる

幣原首相が憲法九条を提案したとして、一体、何の権利を持って提案したのか、という問題が生じます。幣原首相は、日本国民の主権を代表する立場だったのですか?


 何しろ、当時の日本国民には主権がなかったわけで、「存在しない主権を代表する」ことはできません。幣原首相が憲法九条の提案者だったとしても、「主権がない時期に制定された憲法」であることには変わりませんし、むしろ幣原首相は一体全体「何の権利」に基づき、憲法九条を提案したのか、という別の問題が出てきてしまいます。


 憲法九条の提案者については、諸説あるようですが、問題はそこではなく、主権という「根本的な話」なのです。


23. 中川隆[7248] koaQ7Jey 2017年3月21日 17:16:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7720]
>>21
>現に、アメリカは 日本に対して再三再四 憲法改正を希望しており、トランプが急に言い出した訳ではない


おまいはアメリカが一枚岩だと思い込んでるだけだろ


金融資本の中心的な存在がJPモルガンだが、そのJPモルガンが担いでいたハーバート・フーバー第31代大統領は1932年の選挙で再選されず、ニューディール派のフランクリン・ルーズベルトが選ばれてしまう。ルーズベルトは支配階級の出身だが、自身が病気で下半身不随になってから弱者に目を向けるようになり、巨大企業の活動を制限し、労働者の権利を認めるという看板を掲げていた。

 一方、フーバーはスタンフォード大学を卒業した後、鉱山技師としてアリゾナにあるロスチャイルド系鉱山で働いていた人物。利益のためなら安全を軽視するという姿勢を見込まれて出世したという。(Gerry Docherty & Jim Macgregor, “Hidden History,” Mainstream Publishing, 2013)

 1932年11月8日の投票で勝利したルーズベルトだが、翌年の2月15日にフロリダ州マイアミで演説中に銃撃される。その際、隣に立っていたシカゴ市長のアントン・セルマクが殺されているが、ルーズベルトが狙われていた可能性も小さくない。銃撃したジュゼッペ・ザンガラは3月6日、大統領就任式の2日後に処刑されてしまった。事件の背景などは詳しく調べられていない。

 大統領就任後、ルーズベルトを排除しようとする計画がウォール街で立てられている。スメドリー・バトラー退役少将の議会証言によると、1934年の夏に訪ねてきた「コミュニズムの脅威」を訴える人物は巨大金融資本が派遣した使者だった。

 彼らはルーズベルト政権を倒すためにドイツのナチス、イタリアのファシスト党、フランスのクロワ・ド・フ(火の十字軍)の戦術を参考にし、新聞を利用して大統領を攻撃してクロワ・ド・フのような50万名規模の組織を編成、大統領をすげ替える計画だった。

 しばらくの間、バトラーはクーデター派と接触し、その計画内容を聞き出した上で申し出を拒否する。その当時、アメリカ軍の内部で強い影響力をもっていたバトラー少将の説得にクーデター派は失敗したのだ。50万人の兵士を利用してファシズム体制の樹立を目指すつもりなら、自分はそれ以上を動員して対抗するとバトラー少将は通告したという。

 バトラー少将の知り合いだったジャーナリストのポール・フレンチもクーデター計画について議会で証言している。彼によると、クーデター派は「コミュニズムから国家を守るため、ファシスト政府が必要だ」と語っていたしている。(Public Hearings before the Special Committee on Un-American Activities, House of Representatives, 73rd Congress, 2nd Session)

 反ルーズベルトの動きは民主党の内部にもあった。デュポンや「右翼実業家」から資金の提供を受け、「アメリカ自由連盟」なる組織を設立している。1972年のジョージ・マクガバン候補に対する民主党内の動き、あるいは現在のドナルド・トランプに対する共和党内の動きと似ている。

 1935年にバトラー少将はFBIのJ・エドガー・フーバー長官に接触してウォール街の計画を説明したが、起訴するために必要の証拠はなく、自分には捜査を命令する権限がないとして断っている。(Peter Dale Scott, “The American Deep State,” Rowman & Littlefield, 2015)

 そのFBIは1940年にポール・ニッチェとナチスとの関係を調査、ニッチェはネルソン・ロックフェラーの米大陸問題調整官室へ逃げ込んだ。大戦後の1947年にニッチェはCIAの創設させた国家安全保障法を執筆、また1970年代、ジェラルド・フォード政権でデタント(緊張緩和)派が粛清された際の黒幕は彼だった。

 1945年4月、ドイツが降伏する前の月にルーズベルト大統領は急死、ウォール街がホワイトハウスを奪還した。ルーズベルトが死ぬ前からOSSのアレン・ダレス(ウォール街の弁護士)はナチスの幹部たちと接触、ルーズベルト大統領が死亡してからはナチスの幹部や科学者、協力者を逃亡させて保護、さらに雇用する。

 冷戦がアメリカの姿勢を変えさせたのではなく、こうしたアメリカ支配層の一貫した政策が冷戦を生み出したと言うべきだ。第2次世界大戦後、こうしたアメリカの支配層に立ち向かった大統領はジョン・F・ケネディくらいだろう。

 なお、1932年から真珠湾攻撃まで駐日大使を務めたジョセフ・グルーはJPモルガンの総帥(ジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア)の義理の従兄弟で、戦後は日本を「右旋回」させるジャパン・ロビーの中心的な存在になっている。

 ニュルンベルクの「国際軍事裁判」にしろ、東京の「極東国際軍事裁判」にしろ、基本的にファシズムを支持していたアメリカの支配層が大戦前の権力秩序を維持するために実施したセレモニーにすぎない。その延長線上に現在のファシズム的な状況はあり、圧倒的多数を占める庶民の富が奪われるのは必然だと言える。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201703010000/


要するに、アメリカにも社会主義のシンパと反共ファシストの両方がいて

日本国憲法の原本を書いたのは社会主義のシンパのルーズベルト派

日本に軍備を持たせようとしているのは反共のアメリカ金融資本・ファシスト勢力

なのさ


24. 2017年3月21日 17:19:13 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1321]
馬鹿ウヨの言う事は 誰も信用しません 
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/596.html

25. 中川隆[7249] koaQ7Jey 2017年3月21日 17:27:28 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7721]
阿修羅は >>24 みたいに自分の頭で考えて論理的判断を下す能力が無くて

XXさんが言ってるから正しい

という判断しかできない知恵遅ればかりなんだな


26. 2017年3月21日 17:31:23 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[569]
北朝鮮に一役買って貰うのであれば、日本国民全体としては、まんまと騙されたふりをして、使い物にならない間抜け総理に他ならなかった小泉純一郎元首相を、倅の小泉進次郎と共に、北朝鮮の土下座大使として送り込むことで、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守って参りますから、小泉親子に置かれましては、どうぞ心置きなく、誇りを持って、どんどん涙を流し続けながら「天皇陛下有難うございます」とだけ深く感謝しながら、北朝鮮の土下座大使として、そのままそっと静かに幸せに暮らして下さい、と共に、北朝鮮の金正恩指導者に置かれましては、国際社会にどんどん見せつけて頂ければ、この見返りとして、拉致被害者の皆様を返して貰えれば、これだけで構いませんから、核の問題については、日本はロシアと共に、そっと静かに暖かく見守っていくことで、このままひっそりといないふりをすることで、北朝鮮にとってのメリットになると同時に、韓国にとってのメリットにもなると同時に、中国にとっての核心的利益にもなり、アメリカにとってのメリットにもなることを、具体的目標として共有することで、戦前の日本が仕出かした前科に対する責めてもの罪滅ぼしとして、何もせずに、そっと静かにいないふりをすることで、このまま名誉ある孤立化をしていくことで、これが結果的に、憲法9条にノーベル平和賞のお墨付きを賜ることになるのならば、この安倍首相こそが、どんどん涙を流しながら「天皇陛下有難うございます」とだけ深く感謝しながら、泣き寝入りするのを、全人類に対して、どんどん見せつけて参りますので、韓国と北朝鮮に置かれましては、深く感謝して、「どうぞ心置きなく、もっともっと、国際社会の中で、どんどん涙を流しながら、どんどん輝いて下さい」と働きかけて下さいます様、どうぞよろしくお願い申し上げます、ということで構わないのではないでしょうか?

27. 2017年3月21日 19:17:36 : DPAOxyQ1qo : 7xHSG2kq6zw[2]
中川馬鹿は毎日一升メシを食うという糖質百貫デブの引きこもりよ。頭が悪い。
そんなに我が国最高法規である日本国憲法が気に入らないならさっさと日本から出ていけ。
日本は日本国憲法をベースに成り立っており何の問題もない。
と言ってもお前のような馬鹿は引き取ってくれる国があるかどうか、
北朝鮮くらいか 笑

28. 2017年3月21日 19:22:42 : DPAOxyQ1qo : 7xHSG2kq6zw[3]
売国奴アベの様な憲法違反の犯罪者を取り締まる憲法裁判所必要だな。
憲法に明記するべきか。

29. 2017年3月21日 20:41:38 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[95]

>>25. 中川隆
>自分の頭で考えて論理的判断を下す能力が無く・・・

阿修羅の精神異常者 馬鹿川よ

盗んだか洗脳されたまんまを我見に語るな変態!

お前のコメントは重複コピペだらけの間違いだ。

嘘と間違いを撤回してから知ったかぶりしろ!

昭和天皇が纏めて日本国憲法を公布したんだろ。

ポツダム読んで憲法ろくに読めない馬鹿中川隆!



30. 中川隆[7256] koaQ7Jey 2017年3月21日 20:53:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7728]
>>29
>昭和天皇が纏めて日本国憲法を公布したんだろ。


昭和天皇がマッカーサーに頼んで軍隊を持てない様にしてもらったのさ

軍隊があるとクーデターを起こして共産革命になるからな


31. 中川隆[7259] koaQ7Jey 2017年3月21日 21:15:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7731]

東京を囲むように米軍基地がある。
横須賀に海軍もある。
東京に敵は攻めて来るか?
なら、東京周辺は、何のために?

天皇家を守るために、又ク-デタ-を心配して駐屯しているのだそうだ。


ホイットニー文書【以下がヒロヒトの発言記録(1946・4〜6)】

@ 天皇は「日本人の心にはいまだに封建制の残澤がたくさん残っている。それも根こそぎにするには長い時間がかかるから占領は短かすぎない方がいい」といった。

A「神道を奉じる分子とその同調書は反米的だから警戒を要する」といった、というものである。


ヒロヒトの発言は決して日本国の象徴たるものにふさわしいといえない。まさに偽帝の言というべきである。
http://zenkyoto68.tripod.com/CourtneyWhitney1.htm
http://nueq.exblog.jp/20875307/


これで憲法第九条が何の為にあるのかわかったろ


32. 2017年3月21日 21:38:38 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[97]

>>30. 中川隆
>軍隊があるとクーデターを起こして共産革命になるからさ

クーデター起こして樹立する政権は国家権力の正統性を断絶するから軍隊は関係ない。

武力政権が誕生するのと共産革命を起こすのとでは似て非なるも意味合いは全く違う。
どちらがマシかを考えるならば国ごとに異なる歴史と国民性によるという以外にない。

共産主義の利点はとっくの昔から取り入れられたがトリクルダウンは起こらなかった。
だからといって国民が逆賊の国盗人政権より共産政権を望むことにはならないだけだ。

生かさず殺さずに生かされ身に染みついた日本人気質が外国人にはなかったんだろう。


33. 中川隆[7262] koaQ7Jey 2017年3月21日 21:56:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7734]
>>32
とにかく天皇一族はクーデターを極端に恐れていたんだ:


革命に恐れおののいていた天皇家の人々


梨本宮伊都子妃の日記

梨本宮伊都子妃の日記が死後発表された。梨本宮伊都子妃は昭和51年まで生き、死後、この日記は発表された。よく発表したもんだと思う。プライベートに書き綴ったものを遺族が発表したのだ。ここまで書いていたら普通なら発表しない。あるいは、この部分は省略するか、あるいは発表する前に破り捨ててしまうか。それをしなかったのは大変な勇気だと思う。


伊都子妃が、「日本ももうだめだ」と考えたのが昭和33年11月27日だ。その4ヶ月前、その皇太子さまも、絶望的な気持ちになっていた。「おことば」はこうだ。

 『昭和33年7月14日。
 きみ、きっと、これが僕の運命だね。
 明仁皇太子』

 どんな運命かというと、「暗殺される運命」だ。島田の「解説」には、こうある。

 『この日、イラク国王ファイサル二世は、軍部のクーデターと民衆の蜂起により暗殺された。ご学友の橋本明氏がたまたま御所に招かれていて、一緒にお茶を飲んでいると、侍従から報告があったという。

 「皇太子はその瞬間、蒼白になり、手にしていた紅茶が入った茶碗を膝の上に落として、数秒だったが、口をおききになれなかった」が、自分を取り戻してこう発言されたそうだ。まだ美智子妃の実家、正田家が婚約を固辞していた頃だ。二十二才で暗殺された国王の不幸を他人事とは思えなかったのだろう』


(3)「浩宮の代で最後になるのだろうか」と悲しいおことばを

 昭和33年というのは、1958年だ。60年安保闘争の直前だ。左翼の力が強かった時だ。「天皇制打倒!」を叫ぶ人々も多くいた。そうした日本の風潮も知っていたのだ。そこにイラク国王の暗殺の報だ。

 しかし、ご学友が遊びに来てる時にわざわざ、こんな事を報告するなんて、侍従もおかしい。島田はさらにこう続けている。

 『のちに、戦後初の国賓として来日し、鴨猟で接待したエチオピア皇帝ハイレ・セラシェも亡くなり、イランのホメイニ革命によりパーレビ王朝も打倒され、アジアからは続々、王制が消えてゆく。

 長男浩宮が生まれると、明仁皇太子は学友たちに「浩宮の代で最後になるのだろうか」といったという』
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/2005/shuchou0822.html



34. 2017年3月21日 22:08:29 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[98]

>>31.
>ヒロヒト・・・象徴たるものにふさわしいといえない
>偽帝の言というべき
>これで憲法第九条・・・何の為にあるのか分ったろ

中川よ
お前のコメントから理解できることは、お前の異常な思考回路だけさっさ

大日本帝國だった時代は天皇が天下統一した天皇主権国家ではなかったんだよな。

開国前に欧米文明のを身を以て知って狂ったサムライが天皇を政治利用しただけ。

武士が天皇を皇帝にし軍服を着せて軍人にし敗戦という悲痛な思いをさせたんだ。

別に戦後レジュームにうなされる訳じゃないけど廃仏毀釈は天皇に対する反逆だ。

だから正統な日本人は天皇に対して常に仏法興隆の詔への回帰を願ってるんだよ。

究極の天皇の政治利用により数千万人の命を奪った戦争責任は思想責任でもある。

正統な日本人の自覚なくして今の時代に世界大戦の戦争責任を問える資格はない。

言論は自由だが謬説かぶれの外道かぶれが政治思想かぶれては馬鹿丸だしだよな。


35. 中川隆[7264] koaQ7Jey 2017年3月21日 22:15:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7736]
>>34
>大日本帝國だった時代は天皇が天下統一した天皇主権国家ではなかったんだよな。
>開国前に欧米文明のを身を以て知って狂ったサムライが天皇を政治利用しただけ。


それが昭和天皇がまき散らした嘘なんだな

戦前も戦後も外交はすべて昭和天皇一人が独断で決めていた:


私が会った皇室家族の二人は、私との会話に、1926年からの日本の支配者、裕仁天皇についての、いくつもの物語を滑り込ませていた。こうした物語は、印刷物として報じられたことはなく、私は最初、皇室内のゴシップとして聞き流した。
しかし、後にその全体の文脈で見ると、そこには取り上げるべき重要さが潜んでいた。

たとえば、真珠湾攻撃の夜、裕仁がマラヤからの短波放送を聞いていたとか、
彼はかって、息子をもつため、人工授精による出産をおこなっていたとか、
彼の誕生は、一般に言われているより一年早かったとのうわさがある、などなどである。


 こうした話から私が確信することは、裕仁が、少なくとも、そのように見せようとしているような、素直な歴史の被造物なぞでは決してないということである。

彼の侍従の話では、彼は、強力な独裁制の主唱者として登場してきたという。

彼は、卓越した知性の持ち主とも言われている。

1945年までは、彼は、政府のあらゆる詳細に明るく、すべての分野の官吏と逐一協議しており、常時、世界情勢についての全体的視野を保持していたという。

彼の、民事、軍事、宗教上の力は、絶対的なものと受け止められておりながら、
彼はそれをただ儀礼的に、かつ国務大臣の推奨を追認するのみで執行していたとも言われている。

また、どの話の中でも、彼は常に大臣の構想に遅れを取らずに助言を与え、
そして、彼が受け入れられるような推奨案へと舵取りしていたことが次々と語られている。

また、時には、反対する見解をも採用し、少数意見も受け入れ、あるいは、
ひとつの推薦案を丸々無視したとすらも認められていた。

裕仁天皇は、米国との戦争の布告に署名をしていた。それは、彼の意思にはそわずにされたものと言われていたが、戦争開始数ヶ月後の、近衛首相の退陣までに作成された記録には、そうした記述は残されていない。また、もし彼が戦争を差し止めようとしたならば、暗殺されたかもしれないとも言われている。しかし、こうした主張は、こじつけのようである。というのは、兵士も将校もすべて、天皇のために死ぬ備えをしており、彼を暗殺するほどにかけ離れた日本人は、戦争に反対の西洋化した銀行家や外交官だけであったからである。

 裕仁天皇は、1937年、軍隊を華北へ送る命令に判を押した。これも後に、意思にそわずに行われたものと言われ、また、その二ヵ月後には、華中、華南へ出兵する命令にも判を押した。

彼は参謀本部の躊躇した「軍国主義者」の忠告に従い、華南の命令の執行を不本意に延期した。彼は、戦局を自ら掌握できるよう、皇居のなかに、大本営を設置した。

当時の首相が天皇のあまりな傾倒に苦言を呈しているように、彼は戦争計画に没頭するようになった。

そして遂に、彼の伯父は、中国の首都、南京攻撃の命令を引き受け、南京のあるホテルに居を移し、彼の軍隊が、10万人を超える無防備の軍民双方の捕虜を殺しているのを傍観していた。それは、第二次大戦でおこなわれた最初の集団虐殺で、この伯父が東京に戻った時、裕仁は、自らでかけて、伯父への名誉の勲章を与えた。

 それをさかのぼる1931年から32年、裕仁は、満州領有に許可を与えた。これも後になって、不承々々のものとされたが、彼は、自らが代表する天皇の統帥機関により生じた企ての全的責任を負うことに躊躇していた、と当時の記録は明確に記録している。そしてふたたび、この領有が完了した時、彼はその実行者たちに勲章をあたえ、その大将を自分の侍従武官兼軍事輔弼〔ほひつ:天皇への助言者〕の主席にさせている。

 こうした明白な諸事実より、天皇裕仁の行為と、後年、彼について語られた言葉との間には、大きな食い違いがあると結論付けうる。

私は、資料文献を読みながら書き留めたノートのすべてを見直しかつ再考察し、日本の近世の歴史は、第二次大戦以来提起されているように、一部、参謀本部の逆諜報専門家や、一部、皇室取巻きの上層部によって、戦争末期に捏造された幻想に巧に由来している、と確信するようになった。

 こうした日本の表向きの物語は、何度も、すでに生じていたことがその結果にように引き合いに出され、論理的に逆転している。偶然な出来事や自然発生した大衆行動が、高官レベルで、それに先立つ数ヶ月あるいは数年前に、実際に議論されていたことを、その時々の資料は、一度となく示している。天皇の主席政治輔弼、内大臣(訳注)は、慣例のように次期首相を任命し、現職首相の職が危ういような政府の危機の際には、それに先立つ数週間ないし数ヶ月間は、「彼の特務期間」と呼ばれた。そのやり取りは記録として残されてもおり、その中で内大臣は、続く二代の政府の組閣構成やその成果を、正確に見通している。

終戦時、オーストラリア、ニュージーランドそして中国の高官はすべて、裕仁天皇は日本の君主であり、日本の戦争責任者のリストの先頭におかれるべきであることに同意していたことを、キャンベラの書庫で発見して、私には心をやわらげられるものがあった。彼らは、その後、マッカーサー将軍の決定――天皇を国際法の下の戦争犯罪人とするより日本の復興のために用いる――(私自身、これは賢明な決定と思う)に従った。

私の調べた確証から浮かび上がる天皇の姿は、公式の伝記にあらわれる姿とは、まるで写真のネガとポジのように異なっていた。

私の見方では、裕仁は、献身的で、衰えを知らず、利巧かつ細心で、そして忍耐力を備えた、卓越した戦争指導者だった。

彼は、アジアから白人を追放するというその使命を、大祖父から引き継いでいた。だが、国民は無関心かつ後進的であったので、人々をそうした役務にかりだすため、戦争の20年前から、心理的、軍事的に準備を重ね、巧みにあやつっていった。

公式の人物像は、これとは逆に、裕仁を、魅力に乏しいところの多い、文化的な隠居した生物学者で、自らの公務は将官や総督にゆだね、そのすべてのエネルギーをおだやかに、きのこや小さな海洋生物につぎこむ人、と描いていた。

その年の一月、私の調査が終わろうとしていた時、原書房という東京の小さな出版社が、戦時中の陸軍参謀総長、杉山元〔はじめ〕大将が1940年から44年に書きとめた備忘録〔『杉山メモ』〕を出版した。これは、日本国家の最高位の軍事将校による歴然たる手書き資料である。杉山は日本が降伏した1945年に自殺しており、彼の記録を装飾する機会はなかった。記録のほとんどは、無味乾燥な軍事的詳細か、さらに単調な軍事用語で満たされていた。しかし、そのうちのいくつかは、裕仁との会話の言葉どおりの記述である。

それらは、裕仁が、真珠湾攻撃の数ヶ月前、軍事的、経済的計画について、詳細な質問をしていることを記していた。

それは、マッカーサー将軍が語ったという、裕仁が戦後将軍に告白した――1941年にはすべての軍事的、経済的事柄については無知であった――という発言と真っ向から食い違っていた。

 最も驚くべきことは、1941年1月、対米戦勃発の11ヶ月前、裕仁が独自に、真珠湾への奇襲攻撃のフィジビリティー調査を命じていることを、『杉山メモ』が記録していることである。

それ以前では、欧米の歴史家は、少なくとも1941年11月までは、裕仁は真珠湾奇襲攻撃計画については何も知らなかった、と信じていた。1941年当時の侍従長、鈴木貫太郎は、戦後、裕仁は真珠湾攻撃計画については、それが実行されるまでは知らなかった、とはばかることすらなく記している。

 『杉山メモ』はまた、裕仁は、真珠湾計画に、彼の公式軍事輔弼がそれを告知される丸六ヶ月前の段階で、参加していたことを明らかにしている。極東国際軍事法廷の連合軍判事たちに提示され、また、宣誓のもとでの目撃証言や緻密な調査によって検証された証拠は、裕仁を戦争にまで引きずり込んだとされる「軍国主義者」の誰もが、1941年8月まで、真珠湾計画を知らなかったと結論ずけている。


国際軍事法廷は、日本人指導者に「侵略戦争への陰謀」との判決を下し、1928年から1936年の間の日本を運命付けた少なくとも八件の主要陰謀を明白とさせた。また、陰謀は、日本文化においては、古くから、由緒ある地位に置かれてきた。戦前の日本の領土軍〔植民地配属軍のことか〕は、公式に「謀略部」と称する参謀チームを設けていた。

私は、その連合国判事が判明させたリストに、さらに六件の陰謀を加え、それらのすべてを、裕仁を中心とする皇室がからむ陰謀とした。裕仁は、秘密裏に少数派に働きかけ、最初は日本を欧米との戦争に導き、そしてそれに敗北すると、その記録を隠蔽した。

欧米の歴史家は、日本人をえがくにあたって、集団ヒステリーの産物という考えでもってあまりに懲り固まっているようだった。

日本経済の記録は、そうした思い込みが誤りであることを示している。わずか一世紀昔の1868年、日本の経済発展は、1485年にヘンリー七世が王座にあった英国に相当すると見られていた。

過去一世紀の変貌は、常軌を逸した不可解な人々によって成し遂げられたのではなく、もっとも勤勉で知的な人々によってなされたのである。

私は、これまでの生涯、日本人に畏敬とそれを知ることの喜びを感じてきた。日本の指導者たちが、欧米の指導者たちと同様に、極めて賢い人たちであるということは、この著作の基本的前提である。

1945年、連合軍がドイツを制圧した際、何百万ページもの国家文書が発見された。これに対し、連合軍が取り決められた日本の占領を始めた時、戦争終結からまだ2週間しかたっていないにもかかわらず、アメリカ人の手に入ったもので、何らかの重要性をもつ文書は、日本人によって自発的に提供されたものであった。

1937年より1945年まで皇居において天皇が議長を勤めて行なわれた天皇本部の会議議事録は、すべて焼却されたと言われている。陸軍参謀本部、海軍参謀本部、特高警察のファイル類の大半も、同様であった。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_04_choshakara.htm


東京から80キロメートルほど海岸線沿いに下った山間に、節くれだった松林に囲まれ、等身大以上の観音像――慈悲の仏教の女神――が立っている。 観音の衣の背後の草むらの中に、1.2メートルほどの空地を見つけることができる。下部の通路からは見えないそこに、七枚の灰色に変色した無塗装の細板が地面に突き立ててある。

それぞれには、墨で書かれた以下の名前が見られる。

東条英機、板垣征四郎、土肥原賢二、広田広毅、木村兵太郎、武藤章そして松井岩根。

彼らは、日本のヒットラー、ヒムラー、ゲーリングとして、二年間の審問の後の1948年、連合軍によって絞首刑に処せられた者らである。

その近く、数百メートル下った海を見晴らす高台に、小さな神社がある。その軒先には、色とりどりの紙で飾られたしめ縄がかけられている。その周り廊下の端に置かれた台の上に記名帳があり、そうした絞首刑にあった者の家族らが、1950年初め以来、毎月一回ないし二回、そこに記名している。

おおくの日本人にとって、彼ら七人は、そう罰した国際法廷が言う意味での有罪犯ではなかった。彼らは、日本を戦争へと導いた悪い陰謀者でも、ヒットラーやその一味のような狂った者らでもなく、むしろ、天皇への忠誠な奉仕者であり、政府の責任ある官吏であり、西洋式法廷の要求を満たすため、支配階級によって白羽の矢が立てられた象徴的身代わりであった。

 日本人のほとんど誰もが、1948年の戦争犯罪法廷での判決を非難するが、だからといって、日本人は、多数の選択として戦争を行ったとも、その兵隊たちが公式の指令なくして強姦や殺人を行ったとも思っていない。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_10_1.htm


36. 2017年3月21日 23:00:45 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[99]

>>35.
>昭和天皇がまき散らした嘘・・・
>すべて昭和天皇一人が独断で決めていた
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アホだな〜
中川よ、全部お前の嘘だろ。だから精神異常者なんだ。

天皇は全てを報告されず臣下を軍部の人間に殺された。

アホだな〜
まず中川よ
全部嘘と主張したコメントを撤回し嘘を皆んなに謝罪しろ。


37. 中川隆[7265] koaQ7Jey 2017年3月21日 23:10:22 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[7737]
>>36
御文庫といって天皇の宮殿の地下深くに御文庫を作り

そこに大本営を置いて天皇が参謀たちを集め図面を置いて

毎日毎日、今度はここ行けここ行けと指図をするわけ

それを指図ができると東条英機が受けてですねやるわけです

だから参謀たちが天皇を大参謀に、参謀たちが戦争計画を作り、それを東条に渡すわけです

東条英機は大文庫に、御文庫の中には入れないわけです

他の連中も

そういうシステムで戦争が進んでいく訳です
http://www.youtube.com/watch?v=eugXzHoKnes


昭和天皇の身代わりに死刑にされた松井岩根

キーナンは、自分が技巧的に追及してきたその判決を聞いた日の夜、
彼の切り札証言人、田中隆吉と一杯飲みに外出した。彼は酔いにかまけつつ、

「馬鹿げている、まったく馬鹿げた判決だ」と口にした。彼が最も反対してきた判決は、
松井――南京攻略の際、その命令が悪用された痛ましい小柄な大将――の死刑だった。

 公正は私に、被告に有罪を決定する際、天皇の免責について再考するよう、求めている。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_13_3_4.htm

東京裁判で収監された東条英機は尋問に答えて、

「我々(日本人)は、陛下のご意志に逆らうことはありえない」と言った。

これは当時としては真実である。

しかし東条のこの発言が宮中に伝えられると天皇は焦ったと言われる。
責任が全部自分に来てしまい、自分が絞首刑にされる。

それで天皇は部下を遣わして、東条と軍部に戦争責任を負わせるべく工作をした。

 それから天皇は、なんと東京裁判のキーナン検事に宮廷筋から上流階級の女性たちを提供し、
自分が戦犯に指名されないよう工作した。キーナンはいい気になって、しきりに良い女を所望したと鬼塚氏は書いている。

キーナンに戦争の責任は全部東条ら陸軍軍人におっかぶせるからよろしく、
との意向を女を抱かせることで狙った。女優・原節子がマッカーサーに提供されたという噂は、噂ではあるが、当時から根強くあったのは有名である。おそらくそういう悲劇が多数あったのだろう。

みんな天皇一人が責任を回避するためであり、東条らが天皇を騙して戦争を指揮したというウソの歴史をつくるためであった。


38. 2017年3月21日 23:23:32 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[100]

>>37. 中川隆

中川よ
天皇の宮仕えを信用しない軍人が天皇を妬んで疎んだということだろ。

嘘の歴史をつくるなんぞ考えるのは阿修羅名物の中川くらいなもんだ。

軍人は不都合な証拠を隠滅して歴史修正主義に捏造するのが本来任務。


39. 2017年3月21日 23:32:37 : yI713auNdg : S1LkSsT5rhg[101]

中川よ
日本の逆賊の習性を詳しく観察すれば普通に分かるはずなんだが。

記録は無いと報告を受けた大臣が無いと答弁してから出すんだろ。

天皇を戴く帝國軍人も敗軍の将ともなれば中川みたいな嘘つなのさっさと寝ろ!


40. 2017年3月22日 02:59:07 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1323]
その 「天皇が圧倒的に支配していた大日本帝国憲法」 に、早く戻したくて戻したくてうずうずしている
完全に矛盾した思考しかできない妄想狂 中川

お前さんのような輩が居るから日本国民は 絶対に現憲法を 変える事に圧倒的な不同意なのである


馬鹿ウヨが どんなに発狂しようとも 日本国憲法は変わらない変えようが無いという事実
つまり、どれほど ウヨ連中が、マトモな日本国民からは まったく信用されていないかという証し
安保法制を言い出しただけで あれほど高い支持率だった安倍政権が 支持率急落した事実が物語る
≪憲法解釈を変えるだけで この反発であると言う事≫
改憲法案が たとえ2/3で国会を通過しても、国民投票で【絶対に否決される】事は火を見るより明らか

● そりゃそうだ 善良なる日本国民は ウヨ連中の嘘とペテンに騙されて 壮絶なる苦しみを味わった
そのトラウマは たとえ100年経ったとて 忘れる事などできる訳がない 未来永劫なのである ●


41. 2017年3月22日 09:08:24 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[2331]
>>35 中川 私が会った皇室家族の二人は、って除籍された日本会議の竹田馬鹿親子じゃないのか?

42. 2017年3月22日 09:56:30 : SLti3Vm5xc : TNDqQTq1IMU[168]
 
>しかも、変えろと言われていたのは稲田防衛相だけではなかった。
>南シナ海に進出する中国を抑止するため日本の自衛隊も動けと言われ、憲法があるからそれが出来ないと答えたら、「それなら憲法9条を変えればいいじゃないか」と言われたというのだ。


百歩譲ってこれが事実として、普通に読めばトランプではなく「マティスが」言ったんだと思うけど
トランプの圧力を捏造する悪質な天木と思われても仕方ない


参考:稲田防衛相を代えろと米国に迫られていた安倍首相  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/535.html
 


43. 2017年3月22日 11:06:52 : JFoXqmGuEo : J0DEZgv5rIw[162]
この状態で幾ら議論をしても、日本丸は大海に浮かぶ木の葉のようなものだ。
どうしようもない・・流れに身を任せるだけだ。

米国の属国から離れたら(梯子を外されたら)別の国に属国志願するしかない。

自由な外交どころか、自由な内政も経験ない国が急にやれったって無理な話だ。
現実的には、北朝鮮よりは自由を持っている内に、疑似全方位外交を築き、将来の道を確保することが残された唯一の道ではないか。


44. 2017年3月22日 19:09:17 : wuPTshTvnY : L5SDrLoSGwQ[1]
高給 か 低給 か 低能 かなんか分からんオッサン 耕作因 に騙されたらあきまへんで。
天木直人はんと盗耕者 赤かぶ グループはん。

今時はトランプはんのフェイスブックとかツイッターを直接見に行きなはれ。
内外ともに嘘塗れの大安売りの大バーゲン真っ最中だっせ。
極普通の一般人は情報を比較する癖をつけとかんと騙す塵やデンデンと金魚の糞取り巻き連中みたいに騙されまっせ。
残念やけど阿修羅もおんなじみたいだっせ。
チョロット見るだけやったら洋行しても手間暇はかかりまへんで。
おまけに公衆便所の落書きの鏡 かみにみはなされたらうんをつかめ とおんなじ程度の
日刊ゲンダイ(3月18日号)と 週刊アサヒ芸能 とちゃいまんの。
こんな塵ネタをまんまに信じる奴の御 カンバセ を一度見てみたいもんでんな。

有名なEDR日英対訳辞書での「カンバセ」の英訳で
http://ejje.weblio.jp/content/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%BB
顔  読み方 ガオ;カオ;カンバセ

というピンボケな内容もありまっせ。
このウエブロをチェックしてる担当者は なりすまし で日本語が分からんような気がする。

話題が劇的に代わって例えばメルケル婆さんとトランプ大統領閣下の会談の話題が最近でもありましたやろ。
大日本帝国の塵マスコミは会談は決裂したおもろいなーばっかりでした。
冷静に考えたら国益を第一に考えるのが一国の指導者の役割なんやから議論を尽くすのが当たり前ですわな。
安易に妥協する方が救いようの無い馬鹿。
互いに言うべきは言うというスタイルでんな。
国際間ではこれがむしろ当たり前でっしゃろ。

ここでおもろい事がありまんねん。
掲載されている写真を拡大してよー見て見なはれ。
メルケル婆さんの顔は皺だらけでものすごー老けて疲れたような感じになってまんねん。
反対にトランプはんの顔は皺ものばされてツヤツヤして若返っているような感じに上がってますわ。
つまりホトショップで加工しまくりになってまんねん。

なんでこないすんのか勝手に考えなはれや。
お馴染みの印象操作で軽く写真までをも加工するんやからもしかしたらこの内容も嘘が混じってるんかもしれまへんで。

ここで更におもろいのが デンデン無視 と トランプ爺さん とのツーショットですわ。
どっちもホトショップで加工しまくりで顔と顔とがモノスゴー近いんですわ。
一線を超えた恋人同志なんでっしゃろか。
あるいはホモサピエンスのお友達の関係とまちがわれるんとちゃうやろか思たらジョークかなんかしらんけどおんなじ指摘をしてるブログが外国でもありました。
税金よーけ貢いで飯食ってゴルフしてエアホースワンに乗せてもうて舞い上がっているんやからこないになるのは当たり前かしらんけど可笑しいでんな。
大日本帝国の塵マスコミは会談は最高で深い親交?が結ばれたになってました。
深い親交?となるとヤッパ怪しいお釜友達?。

おまけでおもろいのが塵売り珍聞の英語版の新聞ですわ。
気もちが悪いほどトランプ最高あんたは偉いあんたは社長あんたが大将になってますで。
どこかの塵箱の中にでも散らばってたら一遍見てみなはれ。
金だして買う値打ちはおまへんけど国内版と落差がモノスゴー大きうておもろいでっせ。
知らんかったけど他の英字新聞はみんな潰されて塵売り珍聞一つになってまんねんな。
こんな英語関連で飯食えるのは官僚の嫁はんとか帰国子女あたりが多いみたいでっさかいにこの辺りの人材の頭の中身もこの程度になるんでっしゃろか。

ほいで何たら中堅企業の社長の弟とかホゲホゲ大企業の重役の息子とかピンキリ大学や専門学校で講師や助教授やってる優雅な工作員諸君このネタの原文はどこら辺りに行ったら落ちてまんねんやろな。
PKO派遣の時に後で大嘘と分かったショーザフラグとよー似てまんな。
阿保やからよー見つけんかった。
よろしゅうたのんまっさ。
基地外屋さんとかあるいは頭の中とか夢の中とかにでも行ったらあるんやろか。
しかしこの連中毎度お馴染みのちり紙交換何時までワンパターンで続けるんやろか。
今はもしかしたらまだ 明治時代? 。


45. 2017年3月23日 02:45:17 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1326]
馬鹿ウヨ諸君 「憲法九条はアメリカの押し付け」 などという嘘を いけしゃあしゃあと言うのなら
なぜアメリカが 再三再四 憲法を変えろ変えろとやかましいのか まずそこを説明できなきゃ
普通の一般国民を納得させる事など 永遠に不可能だぞ


「アメリカに押し付けられた」 とか言いながら

「アメリカ様の仰せの通りに」 改憲すべき では 誰も納得などしない ≪馬鹿ウヨの妄言≫だから。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK222掲示板  
次へ