★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK223 > 526.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
銭ゲバ・昭恵の財布は、官房機密費バキューム機能付きなのか。国家を私物化する首相夫妻 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/526.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 03 日 22:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

銭ゲバ・昭恵の財布は、官房機密費バキューム機能付きなのか。国家を私物化する首相夫妻
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/a6bd4a19f65f6a58be7098fc0701cced
2017年04月03日 のんきに介護


但馬問屋‏ @wanpakutennshiさんのツイート。

――〈週刊新潮〉今週号より

お付きの旅費まで自腹で払う「アッキー財布」は官房機密費!?

昭恵夫人の5人の夫人付き、全国に講演、イベント、スキーなど…付き人の交通費だけでも、
年間290万円。

どこからお金が出ているのか?

とある高級官僚いわく「官房機密費なら説明がつきます」。〔19:25 - 2017年3月27日 〕—―




「アッキー財布」は官房機密費!? “お付きの旅費は自腹”に疑惑
http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03300559/?all=1
週刊新潮 2017年4月6日号

 昭恵夫人の“出張”には、政府職員が同行することが多い。だから「公人」ではないかと問えば、その旅費は夫人が私費で負担している――。政府はそういう見解だが、年間数十回も、本当に私費で賄っているのか。そこで疑惑浮上。官房機密費ではないのか……

 ***

   
     これも自腹?(安倍昭恵夫人Facebookより)

 昭恵夫人について、政府はご丁寧にも「公人ではなく私人であると認識している」という答弁書を閣議決定したが、その「私人」のもとには政府職員の“サポート役”が経産省と外務省から5人も配置されている。ちなみに、歴代の総理夫人で常勤職員が付くのも、2人以上が配置されたのも初めてなのである。

 それを聞いて、歴代の総理夫人はともかく、昭恵夫人にかぎって「私人」だと思う人は、よほど偏屈だと言っても差支えあるまい。

 しかも彼らは夫人の“出張”にも頻繁に連れ添っている。このところ国会で明らかになっただけでも、森友学園運営の塚本幼稚園での講演や山形でのスキーイベントに数回ずつ。さらには“疑惑の本丸”とされる加計学園に絡むものも、神戸の保育園での講演や、岡山での弁論大会まで複数回にのぼる。

 政府は職員の帯同を、当初は「私的活動」としながら一転、「公務」だったと認めたが、一方、菅官房長官は「職員の旅費は夫人が私費で支出した」と説明した。だが、昭恵夫人は頻繁な“出張”のたびに、職員の旅費にポケットマネーを投じるだろうか。職員はそれをよしとするだろうか。

■1人に290万円

 本誌(「週刊新潮」)は昨年4月から1年間の昭恵夫人の足跡を追ってみた。すると講演、イベントへの参加、組織や施設の訪問や見学……と、実によく出かけている。その回数たるや、選挙応援や総理も参加した式典、総理の外遊同行を除いても、北海道2回、東北8回、東京を除く関東5回、中部9回、関西10回、中国15回、四国1回、九州・沖縄2回、そして海外4回にもおよぶ。

 ちなみに、それぞれに職員が1人同行したと仮定すると、新幹線は普通車、飛行機はエコノミークラスを利用し、ビジネスホテルに宿泊したとして見積もっても、290万円ほどかかる計算になるのである。

「公務員は出張命令がないかぎり勝手に出かけられず、出張命令には予算措置がつきます。予算措置がついているなら、なぜ私人の活動に公金を拠出するのかという批判は免れませんし、職員の旅費は昭恵夫人が出した、という説明との間にも齟齬が生じます」

 霞が関のさる高級官僚は、そう言って、こう継いだ。

「官房機密費という語を用いると、すべてに説明がつくのです。これは総理とその周辺にいる人間に関わる事柄なら何にでも使える、使い勝手のいいお金で、その額はかなり減ったと言われますが、それでも月に1億円以上あるとされます。職員の日当も予算をつけなくても金一封で済むし、切符などをいちいち精算する必要もありません」 

 疑惑の目を向けられたくなければ、きちんと説明するほかなかろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年4月03日 22:49:22 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2770]
籠池佳茂氏
「拝啓安倍明恵様
いつもお世話になっております。籠池の長男の佳茂でございます。御夫人におかれましては連日ご心痛の事とお察し致します。しかし、最も心を痛めているのは貴女様ではなく全ての関係者です。ここは全日本人の為に腹を括ってはいかがでしょうか?ご主人様の名誉にも関わると思うのです。」
https://twitter.com/hFooVlSSUtGKvvJ/status/848767301251760128

谷査恵子氏も…
神宮大麻吸引仲間も…
水も…
心を痛めているのではないでしょうか。


2. 2017年4月03日 22:50:52 : 3niate2Hso : Kz@xEurlHms[28]
公務員の人件費は一人290万円どころではない。経費も含めれば係長級でも年間」1千万円は下らない。

3. 2017年4月03日 23:31:23 : R92qCpZsAA : qfj@zz2ldiA[119]
日本会議内閣

4. めんたいこ[1245] gt@C8YK9gqKCsQ 2017年4月04日 01:13:04 : tcF0Hwn5g2 : V9gvpYazeeg[19]

官房機密費が月に1億円以上あるなら、自分へのご褒美に毎月1000万くらい

家に持って帰れば年間で1億2000万くらい箪笥貯金出来るな。

それに夏と冬のご褒美に其々(それぞれ)+1000万持って帰れば鼻血が出る

くらいの喜びだわな。幾ら持って帰っても打出の小槌で領収証も何も要らない。

だから安倍は辞めるのが嫌なのだろうか。政治には興味なく国民虐めには全力を

傾け喜んでいるからな。官房機密費という強い味方もR。


5. 無段活用[1644] lrOSaYqIl3A 2017年4月04日 12:34:08 : B6X0vSd4SE : XJjdYejZpH0[3]

>国家を私物化する首相夫妻

結局、これだろう。二人とも1%の出自。それが悪いとは言わないが、言っていることややっていることが一般国民の一般常識からかけ離れている。

安倍氏は議会制民主主義のプロセスを頭から無視してきた。夫人だって、自分の部下ですらないのに官僚を私的な使用人にしていると見られているだろう。

辞職したところで次は麻生氏か岸田氏。政策は大して変わらないだろうから、一度解散して民意の前に自分の身を晒した方が良いのは確か。世間はそれを「禊ぎ」と言うが。

2人の姿から「チャウシェスク」という名が頭をよぎる。私だけか?


6. 2017年4月04日 15:46:07 : oxuDHDyii2 : wwqJIbo@U8w[17]
 
>官房機密費という語を用いると、すべてに説明がつくのです。

こんな言い方ができること自体、問題ではないでしょうか
まさに、権力者の私的流用が(実質的に)許されているお金、というふうに聞こえるのですが

日本の政治の問題点を考える上で、分かり易い教材とも言える森友アッキード疑獄事件です
せっかくの機会なので、官房機密費の問題も考えてみたいもの

内閣官房機密費はやはり原則公開できるはずである!
http://blogos.com/article/7944/?p=1
 


7. 2017年4月04日 16:33:26 : MhsKhvnTic : KonTLpopQSg[340]
政権交代して民主党になった時鳩山氏は機密費をできるだけ公開すると公約した当時平野官房長官が中身はすべてでないが公表した、あの時確か7,8千万だった、鳩山氏が退陣させられ菅総理になったとたん元に戻ってしまった、年間12,3億だったと思う、政権側が国民の血税だから出来るだけ公表する気持ちがあればできる事だ。安倍政権になってからはどれだけの機密費が使われている事か想像以上だろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK223掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK223掲示板  
次へ