★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK223 > 879.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/879.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 12 日 00:43:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203276
2017年4月11日 日刊ゲンダイ


  
   最初に離党した3人のうち木村都議(中)と山内都議(右)が公認予定(左は大場都議)/(C)日刊ゲンダイ

 10日、民進党からの離党を表明した長島昭久衆院議員に党内から白い目が向けられている。「共産党との選挙共闘は受け入れ難い」などと、もっともらしい理由を並べたが、都議選を前に民進党を捨てて、“小池新党”にすり寄ろうとしているのは明らかだ。

「共産党との選挙協力が嫌なら昨年の参院選前に離党すべきでした。都連の幹事長を務める長島氏が“敵前逃亡”したことで、民進党はますます浮足立つことになるでしょう」(政治評論家・伊藤達美氏)

 民進党では、これまでに都議選の公認内定者36人のうち7人が離党届を提出。そのうち4人が小池知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」から出馬する。もっとも、民進党より「離党ドミノ」が深刻なのは自民党だ。都民ファーストの公認予定者25人中11人は、自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。

「都民ファーストは昨年の都知事選で小池知事を応援して自民党を除名処分にされた“7人の区議”の中から、これからまだ公認候補を選ぶ予定です。他にも『もったいぶって公認を出さなかった自民党より、勢いのある都民ファーストから出馬したい』と意欲を見せる自民党の区市議がまだいます。都連幹部は『小池陣営の切り崩しに歯止めをかけなければ』と表情を曇らせますが、何か具体策があるわけではありません」(自民党関係者)

 都民ファーストは下村博文都連会長のお膝元・板橋区に女優の平愛梨の実弟、平慶翔氏を刺客候補として擁立した。党勢低迷でヨレヨレの自民党と民進党。小池知事の攻撃による離党ドミノは止まらなそうだ。























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 罵愚[4989] lGyL8A 2017年4月12日 04:24:28 : LPgYYlYYWk : d6@UKqcdGRA[43]
 冷戦が終わり、社会主義、共産主義が消滅して"左翼 Vs 右翼"や"保守 Vs 革新"の時代が終わり、国内では自民党一党体制が固まったかにみえた。しかし、巨大化した与党はタガが外れて、内部崩壊…あるいは分解しはじめている。評論家的に言えば、それは保守勢力内の"自由主義 Vs 社会福祉"の論争ともいえるのだろうが、実質的には"改憲勢力 Vs 金権保守"だと思う。
 話題の長島氏の離党劇は、いわば沈没船のような民主勢力からネズミが逃げ出す現象なんだろうが、かれが金権保守の都議会自民党ではなく、都政改革派の小池新党との合流を目指すのは時流に乗った自然な流れかもしれない。
 いずれにしても ★阿修羅♪のお花畑の議論にはならないのだろう。

2. 2017年4月12日 07:14:51 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[981]

>>1、暗愚、

「"左翼 Vs 右翼"や"保守 Vs 革新"の時代が終わり」、「"改憲勢力 Vs 金権保守"」の時代がきたって、「"改憲勢力"」がすなわち「"金権保守"」なんだから、それって「自己対立」かよ?

冷戦が終わって、消滅したのはソ連とソ連型社会主義国家であって、社会主義や共産主義の思想が消滅したわけではない。先進民主主義国における政治対立は依然として「"左翼 Vs 右翼"や"保守 Vs 革新"」で、それは自由放任主義に対して社会主義的修正をどれくらい加えるかをめぐる社会民主主義対保守主義(新自由主義と呼ぶ19世紀型自由主義の復活)の対立だ。あのアメリカにおいてさえ、民主党予備選で99%層の支持を集めたサンダースが自らを「民主社会主義者」(社会民主主義者より左だ)と定義したぐらいだ。

そんな21世紀においても、一週遅れの右翼国家主義が生き残っているのが日本で、その右翼国家主義政党の自民党が、「自由民主主義」のふりをして長期間にわたり政権の座にあって、戦後民主主義憲法とその諸制度を内側からなし崩しにした挙句に、持ち前の強権的支配や言論統制やプロバガンダで、「自民党一党体制」を固めているという話だ。

だから、そもそもこんな20世紀前半の右翼ファシズムの生き残りがいつまでも続くはずがないわけで、それが「内部崩壊…あるいは分解しはじめている」のは当然だ。しかしそれは、もっと射程が長く、単に戦後の自民党の一党独裁大勢の崩壊ではなく、それが戦後民主主義憲法体制下における民主主義的欺瞞装置として保護してきた明治維新以来の右翼利権官僚国家主義システムの崩壊だ。自民党はこのシステムの戦後における民主主義的帽子に過ぎない。その実態は右翼利権官僚による独裁システムだ。

しかし、このシステムの限界と内部崩壊は近い。そのシステム的限界(官僚利権と大企業利権偏重による硬直した経済政策と強権的な産業政策)により日本経済は逼塞するばかりだ。戦後民主主義で一旦隆盛をみた日本産業は、右翼国家主義の復活に伴って次々に衰退し今や昔日の面影はない。建設利権と結びついた過度の国土インフラ投資は失敗に終わり(金ばかり食った挙句に役に立たない空港と港湾とダムを見よ)その老朽化で負の遺産に変わろうとしている。54機も作ってしまった原発は、事故により国を滅ぼしかねないばかりでなく自己処理と廃炉に膨大な費用を要するため今や巨大な負債となっている。衰退する産業と改悪され続ける労働条件のため賃金は国際的に見て異常に低く抑えられ、日本人は急速に貧窮化している。社会福祉政策と労働政策の貧しさから出生率は低く抑えられ、人口は老齢化する一方で年金制度は崩壊し社会福祉制度は破綻し、日本人は出口のない老齢化と貧困にさらされようとしている。

もはや明治以来の右翼利権官僚独裁システム自体がその耐用年限(明治維新以来150年だ)を越えようとしているのだ。このシステムの崩壊は近い。

「改憲勢力」とは即「右翼国家主義者」であって、それはこの明治以来の右翼利権官僚独裁システム擁護勢力であるのだから、当然その本質において構造的に「金権」だ。現に利権官僚や自民党や維新やその補完勢力である有象無象の保守政治家において「金権」でない者が一人でもいるか? みんな「金権」だ。民主党においても長島のような保守政治家はみんな「金権」だ。「改憲勢力」である「右翼国家主義」の「保守政治家」は、みんな「金権」なのだ。

だから、日本における政治的対立は、このような右翼利権官僚独裁システムを倒して民主主義を確立し推し進めるか否かの「民主主義対国家主義」の対立であって、それは当然「左翼対右翼」で「清廉対金権」の対立だ。

わたしは、小沢の民主党が政権を取った時には、このまま先進民主主義国の「社会民主主義対保守主義」二大政党制へ移行し、右翼利権官僚の独裁システムが平和的に修正されていくのかとの希望を持ったが、利権官僚どもはそれを許容しなかった。行き詰まったシステムはやがて自己崩壊することが確実なのに、利権官僚どもはそれに執着することを選んだらしい。それで、小沢の民主党を、無理やり政権から引きづり降ろしたのみならず、その後に安倍のような剥き出しの右翼国家主義ファシストを据えた。これは、この明治以来の右翼利権官僚独裁システムが、もはや以前の自民党のようなソフトなファシズムでは維持できないということで、この安倍自民党政権のようなハードなファシズムの現出こそが右翼利権官僚独裁システムが崩壊する予兆だ。

これが今現在の日本の政治状況だ。

これが「"改憲勢力 Vs 金権保守"」だなどと見えるとは、どこまでも無知蒙昧で低脳なニート右翼の暗愚だ。

どうだ、グーの音も出まい。ほら、低学歴低脳ニート右翼の暗愚には阿修羅の議論にはついて来られないだろう?

大笑い。



3. 2017年4月12日 12:20:15 : lO1dBRsOCs : C7JHowAP_XU[42]
小池百合子は「自民党所属」のままでしょ。なんで下っ端議員は離党しなきゃいけないのかしら?
都知事選では不正選挙で最初から小池百合子勝利が決まってたけど、小池選対のイメージカラー「百合子グリーン」は、ジャパン・ハンドラーのマイケル・グリーンの操り人形だという意味。
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/765.html#c3←コメント3
小池百合子は以前、「幸福の科学」にも支援してもらってたしね。
https://matome.naver.jp/odai/2146716997995459801
ソロスにも会いにいってるし。
https://blogs.yahoo.co.jp/x_lucy0_x/42875379.html
小池百合子は「都政改革本部」の顧問に橋下ブレーン上山信一マッキンゼー軍団起用
https://blogs.yahoo.co.jp/x_lucy0_x/42882781.html
マッキンゼーマフィアや百人の会人脈が「都民ファーストの会」に移行してるみたいね。
ちなみに「百人の会」事務局長は、安倍晋三と写真とって有名になった在特会の増木重夫で、理事長の辻淳子は維新の女性局長。結局「維新の会」とこの会とは一体。稲田朋美、山谷えり子、高市早苗、西田昌司、中山成彬、野田数ほか、そして森友の籠池氏も「百人の会」メンバー。
「都民ファーストの会」代表は、「百人の会」の野田数。
▼元日本維新の会から国政に出て落選した、そして維新もズブズブの教育再生百人の会の野田数が、都民ファーストの会代表で、小池百合子の側近。
百人の会の動画で、大阪教育基本条例の集会に登壇した野田数は、大阪維新と草の根保守の熱気に感化され、「東京でもガンバリマスー!」って、エラい感動してた。
「都民ファースト」のプレイヤーたち見てると、野田数、上山信一と、大阪維新のプレイヤーとまったく同じなんで、大阪と同じことが行われるんだろうけど、ただ、大阪と東京の違いは、警察の存在というか、警察の立ち位置の違いだな。
http://twilog.org/noiehoie/date-170412
…こうして見ると、「都民ファーストの会」は、かなり危険ですね。

4. 2017年4月12日 12:56:14 : TEKdCzsobU : 06Xf1aUG2eY[1]
>>2
>先進民主主義国における政治対立は依然として「"左翼 Vs 右翼"や"保守 Vs 革新"」で、
>それは自由放任主義に対して社会主義的修正をどれくらい加えるかをめぐる社会民主主義対保守主義(新自由主義と呼ぶ19世紀型自由主義の復活)の対立だ。
世俗が基本の自由主義と伝統や宗教が基本の保守主義を混同していること自体おかしなことで、
古典自由主義を新自由主義と完全に同一視していることもまたおかしなこと。
社会民主主義政党が単に二極の一角でないのはアモンが得票率5位と予想されているフランス大統領選をはじめ多くの欧州などで特別なことではない。

>小沢の民主党が政権を取った時には、このまま先進民主主義国の「社会民主主義対保守主義」二大政党制へ移行し、右翼利権官僚の独裁システムが平和的に修正されていくのかとの希望を持ったが、
鳩山はそれこそ子供手当ブルジョアの典型。
民主党も民進党も社民主義政党ではなく単なる選挙互助会政党。
グループも自民党よりもなぜか多いぐらい。
江田と松野も分裂するぐらいのまとまりのない選挙互助会政党。
長島一人が離党して即変わるものでもない。


5. 2017年4月12日 16:27:58 : LlRoSZ3skA : G4yg6e3xUfM[7]
「都民ファースト」VS「自民ファースト」
この構図で選挙戦を戦えば勝敗は明白w

6. 罵愚[4996] lGyL8A 2017年4月12日 18:18:30 : LPgYYlYYWk : d6@UKqcdGRA[50]
こんなのもあるよ、
https://www.youtube.com/watch?v=Ds2mHY0I9BE

7. 2017年4月12日 20:18:06 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[985]
>>6

ネトウヨが張ったリンクは怖いよう。


8. 2017年4月12日 20:40:47 : Ns2JBRgFnI : oIDT3yHl9HY[99]
勝ち馬に 乗ればいいのさ どこだって

9. 2017年4月12日 21:48:11 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[986]

>>4

>>2だが、君の無知ぶりには驚かされる。

英国保守党に典型的に見られるように、およそ1980年代より、先進民主主義国の保守政党は新自由主義に依拠している。新自由主義は、個人の自由や市場原理を再評価して政府による個人や市場への介入を最低限とすべきだとする点で、結局19世紀の自由主義の復活だ。だからこそ、市場経済に社会主義的修正を加えようとする社会民主主義に対抗する保守主義となる。というわけで、現在の先進民主主義国における「左右対立」は「社会民主主義対新自由主義」の対立だ。

英国の労働党、ドイツの社会民主党、イタリアの民主党を中心とする中道左派連合、フランスの社会党と共産党は、みんな社会民主主義勢力で各国において政権を争う有力政党だ。フランス大統領選挙においても、決選投票に進み極右のルパンと対決するのはマクロンとなるのが確実だが、そのマクロンは、社会党オランド政権の第2次マニュエル・ヴァルス内閣における経済・産業・デジタル大臣だ。それに対し、右派の共和党フィヨンは脱落し、今では急進左派のメランションと同程度の支持率になっている。それが、どうして「社会民主主義政党が二極の一角ではない」ということになるのか? それって、とにかく書いておけば印象操作になるという自民党ネトサポ的工作なのか?

民進党の評価については、まさに評者がとる政治的立場を反映するものとなる。社会民主主義を嫌い安倍自民党を熱烈に支持する右翼の君が、民主党=民進党を「選挙互助会政党」と切って捨てたい気持ちというか事情は理解するが、右翼を嫌い安倍自民党=利権官僚政府の打倒を心から願う私は、日本の現在の政治状況において社会民主主義こそがスイートスポットであると考える。民進党は、英国労働党、ドイツ社民党、フランス社会党のような社会民主主義政党となることによってのみ生き残れる。その意味で、長島だろうが誰であろうがいわゆる保守政治家が民進党から離党することはいいことだ。そういう獅子身中の虫をすべて駆逐なければ、民進党は社会民主主義政党にはなれない。

しかし、わたしはすでに>>2に書いた通り、選挙による改革に対しては懐疑的だ。右翼利権官僚と安倍自民党が、ハードなファシズムに転換してまで明治維新以来の右翼利権官僚独占システムに固執して一切の改革を拒むのであれば、行くところまで行けばいいのだ。ドイツ人だって、右翼国家主義の愚かさと怖さを悟ってそれを捨てるのに2回も世界大戦に敗れて国土を焼け野原にしたのだから、日本人だってもう一度痛い目に遭わなければわからないだろう。

それが、明治以来の右翼利権官僚システムの終焉だ。革命は戦争とともにやってくるのだ。

その後の日本では右翼保守は憎悪されて根絶やしにされるぞ。君たち右翼は首を洗っておくことだ。



10. 2017年4月12日 23:07:29 : TEKdCzsobU : 06Xf1aUG2eY[2]
>>9
>英国保守党に典型的に見られるように、(中略)現在の先進民主主義国における「左右対立」は「社会民主主義対新自由主義」の対立だ。
宗教や伝統を重んじる傾向の保守主義と世俗を重んじる自由主義とは根本的に異なる。
欧州議会の会派などでも保守系と自由主義系は基本的に別会派である。
さらに詳しく書くとデンマークは違う種類のリベラル自由主義政党が3政党も議席を持っているのがいい例。
急進自由党は古典自由主義左派および社会自由主義で自由党最左派が自由党から分裂して結党した。
自由党は古典自由主義中間派および保守自由主義。
自由同盟は古典自由主義右派および新自由主義や自由至上主義。
あとオーストリア自由党は古典自由主義とは関連が低く発生要因が異なる独自のリベラルである国家自由主義。
イギリスとドイツの自由民主党は混同しやすいけどイギリスが社会自由主義でドイツが古典自由主義。
リベラル自由主義は結局5種類以上あるらしい。

>英国の労働党、ドイツの社会民主党、イタリアの民主党を中心とする中道左派連合、フランスの社会党と共産党は、みんな社会民主主義勢力で各国において政権を争う有力政党だ。
フランス共産党やギリシャ共産党は小党のはずだが。
中道左派社会民主主義政党はボロボロでまだましなのは少し支持率を回復させているドイツ社民党とオーストリア社民党とあとは労働党が強いノルウェーぐらいなもの。
イギリス労働党は補欠選挙で保守党に敗北して野党が与党に負けるのはまれでスコットランド奪回のめども立っていない。
労働党はスコットランドのセーフシートを失っている上にスコットランド議会選でも保守党に負けて比較第三党に転落している。
戦後セーフシートが大幅に動いたのは初めてだと思われる。
スペイン社会労働党はポデモスと比較第二党争いをするがやっと。
アイスランドは総選挙で新興政党に食われて5%強がやっと。
ポーランドは全議席を失ったが比較第二党に回復するめどさえ立っていないのでギリシャなどと似た状態。
中道や保守穏健派もいるので完全な社民主義政党とは言い切れないがイタリア民主党は左派の離脱離党で支持率30%を割って25%強がやっと。
ギリシャは支持率を落としたシリザを追うこともできずスペイン社会労働党よりさらにひどい状態。
アイルランド労働党も同じくスペインよりひどくシンフェインを追う体制でさえない。
オランダ労働党はアイスランドやアイルランドやギリシャなどの中道左派社会民主主義政党と同じく大敗した。

>フランス大統領選挙においても、決選投票に進み極右のルパンと対決するのはマクロンとなるのが確実だが、
>そのマクロンは、社会党オランド政権の第2次マニュエル・ヴァルス内閣における経済・産業・デジタル大臣だ。
>今では急進左派のメランションと同程度の支持率になっている。それが、どうして「社会民主主義政党が二極の一角ではない」ということになるのか? 
マクロンは中道新党を結党したので社会民主主義政党の候補者ではない。
イギリスやデンマークなどでもこのような新党はあった。
アモンがフランス社会党の候補で得票率は第5位にとどまると予想されている。
つまりオランダ労働党と同じ状態だと言えるだろう。

>そういう獅子身中の虫をすべて駆逐なければ、民進党は社会民主主義政党にはなれない。
駆逐しても無理で選挙互助会政党のままなだけ。

>それって、とにかく書いておけば印象操作になるという自民党ネトサポ的工作なのか?
>その後の日本では右翼保守は憎悪されて根絶やしにされるぞ。君たち右翼は首を洗っておくことだ。
いずれも分析とは思えないので興味がない。


11. 2017年4月13日 05:33:36 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[28]

>>10. 2017年4月12日 23:07:29 : TEKdCzsobU
>宗教や伝統を重んじる傾向の保守主義
>世俗を重んじる自由主義・・・
>欧州議会・・・保守系と自由主義系は基本的に別会派
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>分析とは思えないので興味がない

>>10. TEKdCzsobUよ、チミは根本のところで致命的な間違いを犯している。

チミは宗教を一括りに論じているが世界と日本には邪宗教が無数に存在している。

邪悪な保守勢力が世の中に存在するのは事実で保守主義を正当化する理由がない。

チミが興味本位で歴史や世の中の仕組みを論ずること自体が既に大間違いだろう。

そんな理由で導かれた我見に執着するのは気の毒だが愚か過ぎて話にならない。

謙虚になって己の未熟な判断を認識し我見に固執しないで見聞を広めればいい。

そんな考えでは危険が過ぎるだろ。自覚なされや。



12. 2017年4月13日 05:44:20 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[29]

>11.を補足する。

邪悪な保守勢力は獅子身中の虫である。


13. 知る大切さ[8343] km2C6ZHlkNiCsw 2017年4月13日 06:04:47 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4192]
>11・12

でもなそのコメント発しているのが自称【正統な日本人】なのがね、、、
お前が語るなよ、 なんか原発板の【茶色のウ◯コ】みたいな立ち位置だね。

それに 又IDが変わったんだね、
過去は随時消していくんだね、お主は? 理財局のデーターみたいなクソだな。
(2017/3/29〜2017/4/11)
http://www.asyura2.com/acas/s/sr/srw/sRwT8aYp_yM/index.html

長く居るんだろ? 自称【正統な日本人】、ハンドルネームもてドアホ!


14. 2017年4月13日 07:31:42 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[30]

>>13. 知る大切さ
>ハンドルネームもてドアホ

知る大切さを標榜するストーカーよ
お前がやってることは悪質な粘着行為だ!

なお、部屋の掃除をすればアドレスが変わることも分からないのか。
コメント履歴が百を越えればスクロールが大変だとも思わないのか!

知らね大雪よ、お前はあまりにも平気で嘘と非常識を語っている。

ここのスレは保守について議論がある。改心しろクズ人間の土アホ人!



15. 2017年4月13日 07:43:38 : 1tESIHVIXQ : rJR1MRa62UA[3]
>>11
欧州議会の会派は保守系と自由主義系で別れているのかいないのかどちらなんですか?
イギリスのEU離脱の影響を一番受けるのは社民会派で労働党の分がなくなる。
他国の分もオランダ労働党などが敗北で全体的には減らしそうだけど。
自由主義会派は幸か不幸か自由民主党の議席は1議席しかないので影響は微々たるもの。
保守キリスト教系会派は保守党が別会派なのでこれも影響を受けないが。

16. 2017年4月13日 07:44:03 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[31]

>>13. 知る大切さ
>理財局のデーターみたいなクソ

知る大切さを標榜する偽善者よ

私人のネット利用は公務と性質が全く異なる。

個人の感情で公私混同する愚か者! 誰もが笑うだろう。

宗教や伝統を重んずれば良いと限らないのは当然に正しい。

どんな正統な日本人だってお前ほどは違うことはないだろう。

改心しろ! hahahahahahabaka ! 


17. 2017年4月13日 07:56:21 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[32]

>>15. 2017年4月13日 07:43:38 : 1tESIHVIXQ
>欧州議会・・・どちらなんですか?

>>11.は>>10.コメントに対して主張の論理不正を問い質したものです。

そして保守主義に正当理由を求めて間違いは間違いと指摘しするものだ。

現在の日本が抱える問題に漠然とした保守主義の台頭が確かに確認できる。

保守について日本人が再認識することは重要と考えるのが自然の流れだろう。

つまり、>>15.さんが尋ねる問題は根本的な間違いに比べると枝葉でしょう。



18. 知る大切さ[8347] km2C6ZHlkNiCsw 2017年4月13日 08:11:56 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4196]
>14
>コメント履歴が百を越えればスクロールが大変だとも思わないのか!

ハンドルネームつけてやると ファイル化されて貴殿の履歴が更に見やすくなる。
(2017/3/29〜2017/4/11)
http://www.asyura2.com/acas/s/sr/srw/sRwT8aYp_yM/index.html

堂々とウソを平気でつく、佐川チかお主は。

なに平気で嘘をつくのか? 恥知らずは情けないね。それも宗教から語るから情けなさ倍増だぜ。


19. 2017年4月13日 08:26:28 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[33]

>>18.
>ハンドルネーム・・・履歴が更に見やすくなる

あなたの望みを叶えることは容易なことですよ。

半値は面倒くさくて使用しないだけですから。

知識欲を満足させて知る大切さを満喫してください。

但し、勝手に迷惑しないでください。理解不能は誰にもある。

正統な日本人の自覚は読書で理解できる性質のものではない。

人生の数十年を経て確信に至る境涯のことです。

別に押し付けてないし教えるほどのことでもありません。

だが興味本位で感ずる印象で否定するほどのことでもないだろう。

お互いのコメントから何かしら知ることが大切でしょうから。


20. 知る大切さ[8348] km2C6ZHlkNiCsw 2017年4月13日 09:21:47 : EFhzPJHfgM : nNZRQLw@UJY[66]
>19
>あなたの望みを叶えることは容易なことですよ。


又平気でウ◯コ貼り付けている。

簡単ならハンドルネームを付ければいいだよ?
なのにコメント14で何言い訳してんだ?

自身で決定できる事すら、やれないのに、さもやれる事のように
語る虚像で語る僕ちゃんを当方は、信じない。

この阿修羅で他人に
自己同一性を他人に認識させる簡易な方法は何だ?
長く居続けている割に1ヶ月程度でコロコロIDを変えるヘタレが

>但し、勝手に迷惑しないでください。理解不能は誰にもある

いや【正統な日本人】に何か教えていただきたい訳でも何でも無い、
夜中に道路に釘を撒き散らす【覆面した迷惑な奴】
がどんな顔してるか?自覚が無さそうだから、

自身が正しいと信じるなら、、、覆面外せと地道に諭しているだけ。

コメント14やコメント19みたいな虚構の言い訳せずにね。

周りに唾吐き続けるだけのろくでなしになりたく無いならね。

そうここは場違いだから
貴殿の為に(4/7から)特設スレッド設けたのに、、
近寄りもせずに
常に他のスレッドで騒ぎまくるのがお主、

http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/687.html

言い訳ばかりで見苦しいぞ? 早くステージに立って物言え。(待ってるんだが?)

原発板の【茶色のウ◯コ】 初期非表示確定
政治板の【裸の俺様】 初期非表示確定
政治板の【正統な日本人】

よーにとるよきみらのコメントの行動パターン


>正統な日本人の自覚は読書で理解できる性質のものではない。
>人生の数十年を経て確信に至る境涯のことです。

数十経て今のお主ね、 誠に残念な箱庭だこと


21. 2017年4月13日 09:40:19 : 3fL4nnE7kA : eVSlJjMyAuw[35]

>>20.の知らね大雪くん

漫画の読みすぎなんじゃね?

実に気の毒な思考回路だな。

あなたは妄想と現実を混同している。

レス要らねえし自己マンしてください。



22. 2017年4月13日 10:50:39 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[988]

>>10

>>9だが、

欧州議会とかデンマークとかオーストリアを例に出して、「英国保守党に典型的に見られるように、(中略)現在の先進民主主義国における「左右対立」は「社会民主主義対新自由主義」の対立だ」が間違いだと論証できるのかい? そんなものに例を求めなければならないことこそが君の誤りを証明しているんじゃないのか?

そもそも、右翼会派が複数存在するからといって、先進民主主義国における左右対立が、民主主義の社会主義的修正(社会民主主義)とそれに対する右翼保守勢力からの反動(新自由主義)を基調にしているという事実は否定できない。現に君があげた「保守主義」会派も「自由主義」会派も連携して(閣外協力や連立)新自由主義的政策を行おうとしているではないか。

「中道左派社会民主主義政党はボロボロでまだましなのは少し支持率を回復させているドイツ社民党とオーストリア社民党とあとは労働党が強いノルウェーぐらいなもの」というのも驚きだ。政党勢力に伸長があるのは政治の常で、一回の選挙結果をもって、もう左翼勢力は2度と政権についてその社会民主主義的政策を進めることはないと断定するとは愚かだ。それなら、英国保守党も2000年代においては「もう2度と政権につくことはなくその新自由主義的政策を進めることはありえない」はずだが、それが誤りであるのは現在英国が保守党政権下にあることで明らかだ。そもそも民主主義国家における選挙とは、勝ったり負けたりするのが健全で、一回どっちかが勝ちどっちかが負けたからと未来永劫その勝ち負けが続くのはナチや自民党だけだ。

「マクロンは中道新党を結党したので社会民主主義政党の候補者ではない」なら、地方自治体の知事選で自民党の候補者はいないことになる(みんな「県民党」だろう)。マカロンは、極右のルパンの大統領選挙勝利を阻止するために社会党のスパンを超えた広範な支持を受けるためにいわば国民戦線を結成したのであって、むしろオランドの不人気がありながら右派にそれをできなかったことにこそ、フランス共和党の弱体化を見なければならないのではないのか(君と違ってこれをもってボロボロでもはや政権を争う有力政党ではなくなったと判断しないが)。

私の>>2の意図は、>>1の妄論にきちんと反論しておくことで、そのためにこそ、先進民主主義国における基本的な政治対立の概観を行った。それが、フランス革命以来の左翼と右翼の定義どおり(フランス革命に始まった民主主義を進化させる勢力が左翼、それへの反動勢力が右翼)、現時点では自由民主主義に社会主義的修正を加えようとする社会民主主義の左翼とその社会主義的修正を拒もうと新自由主義に依拠する右翼の対立になっていることを指摘した。先進民主主義国における左右対立の概観は、あくまで>>1の妄論を否定するためのものなのは、>>2に明らかだ。

だから、わたしを批判するのであれば、私の>>2の論点である「日本における政治的対立は、このような右翼利権官僚独裁システムを倒して民主主義を確立し推し進めるか否かの「民主主義対国家主義」の対立であって、それは当然「左翼対右翼」で「清廉対金権」の対立だ」との関連においてされるべきだ。そうでなければ、左右政治勢力のヨーロッパ各国における違いと直近の選挙における各政治勢力の伸長について論じることは衒学的議論に過ぎなくなる。そんな衒学的議論には、わたしこそなんの興味もない。

それでも君がわざわざ出てきてわたしを、その議論の本筋ではなく(興味がないんだろう)周縁の一部を捉えて執拗に批判しようというのは、どういう意図があるのか? そういえば、瑣末な一部を批判して、それをもって相手の言っていることはみんな間違いだと主張して印象工作するのが得意な連中がネットにいる。ネトウヨと呼ばれる「エセ愛国心」が大好きなならず者たちだ。

だから、「それって、とにかく書いておけば印象操作になるという自民党ネトサポ的工作なのか?」、「その後の日本では右翼保守は憎悪されて根絶やしにされるぞ。君たち右翼は首を洗っておくことだ」と書いた。

図星だろう。

正々堂々と議論しろよ、右翼。



23. 2017年4月13日 10:58:57 : QlEERQzOBQ : v5bkG3NrwYM[7]
共産党は最初から都民ファーストでマスコミに報じられる都議会の問題の言い出しっぺはいつも共産党なのに
なぜか無視される、悲しい

24. 知る大切さ[8352] km2C6ZHlkNiCsw 2017年4月13日 13:56:38 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4197]
>21

おやおや【正統な日本人】

返信不要の間違った使い方してるね。
何で君らはそんなに傲慢なんだろうね?

>「自分の感情を吐き出すため」
>などの理由で、
>『言いたいことを一方的に言って「返信不要です」と書く』
>というのは、
>『相手のエネルギーを奪う行為』です。

だそうだぜ?
何をそんなに怖がっているんだ?
日蓮正宗の顕正会所属の【正統な日本人】は?


25. 2017年4月13日 17:26:53 : cGiWsXCu3I : B76V0sWVrpw[2]
社会民主主義も新自由主義も終わっている。対立などではない。資本主義も共産主義も、とっくにご臨終。民主主義の仮面をかぶった衆愚主義も終わっている。つまり、有効な原理原則がない時代。

26. 2017年4月13日 20:33:01 : 1tESIHVIXQ : rJR1MRa62UA[4]
>>22
>そもそも、以下略 
さらに詳しく書くとデンマークは違う種類のリベラル自由主義政党が3政党も議席を持っているのがいい例。
急進自由党は古典自由主義左派および社会自由主義で自由党最左派が自由党から分裂して結党した。
自由党は古典自由主義中間派および保守自由主義。
自由同盟は古典自由主義右派および新自由主義や自由至上主義。
それぞれが合併しないということは自由主義であっても個々の考え方が違うからでしょう。
デンマークで名実ともに新自由主義自由至上主義系なのは自由同盟だけでしょう。
そもそも欧州議会の自由主義系会派と保守キリスト教系欧州人民党系会派だけで過半数にはなっていません。
左派側からみても緑の党系の会派や共産党系の会派は社民系会派(欧州議会では正確にはイタリア民主党右派を中心に一部中道系なども混ざっているが)とは違う。
特にギリシャやアイルランドやアイスランドやオランダなどでは本国では社民主義政党が比較2党でさえないので矛盾していることになる。
フランス大統領選のアモンの支持率も5位どまりで共産党系などの急進左派が社民系よりも強い国家があるのでそういう意味からも論理矛盾であろう。
あと例えばイギリス労働党はスコットランドをほぼ失っているが、スコットランドで保守党にも負けてるのは独立が残留かでは中途半端なので没落した要素もあるかもしれないが。

>「マクロンは中道新党を結党したので社会民主主義政党の候補者ではない」なら、以下略
マクロンにもメランションにも勝てないのが確実なアモンやフランス社会党をまず役立たずと非難するべきであろう。
そもそも少なくてもアモンがマクロンやメランションに勝てばそれでいいはずだが。

>>25
EUの勝ち組であろうドイツとオーストリアがいずれも大連立なのは偶然ではないかもしれません。


27. 2017年4月13日 22:43:24 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[989]

>>26

>>22だが、

頭の悪い人には、どこまでも世界が雑然としたパッチワークにしか見えないということがよくわかるレスをいただいて感心した。まさに「木を見て森を見ず」。木々一本一本の見え方の違いにこだわるばかりで、それが全体として構成する森林構造などまったく見えもしなければ理解もできない。

フランス革命以来近代国家における政治的対立の基本構造は、一貫して、民主主義を進化させようとする左翼とそれへの反動の右翼の左右対立だ。したがって、民主主義を巡る政治思想は、民主主義の進化にい伴って長期的に、左翼から右翼に遷移する。かつては左翼が自由主義を主張し右翼がそれへの反動として国家主義(フランス革命戦争時のナポレオンのお古だ)を主張したが、20世紀における民主主義の進化に伴い、左翼は自由主義への社会主義的修正を主張するに至り、それへの反動として右翼は、さすがに破綻した国家主義を放棄して左翼のお古である自由主義を採用するに至った。だから、現代先進民主主義国における左右の対立軸は、自由民主主義に対する社会主義的修正の程度を巡るものとなっており、だからこその、社会民主主義と新自由主義(19世紀左翼自由主義の20世紀右翼リバイバル版)の対立だ。

私にとって世界はこう立ち現れる。私はそこに木ではなく森林構造とそのダイナミズムを見る。>>2はそういう考察だ。

木しか見えない者はいつまでも木の数を数えているがいい。

そんな時間つぶしには興味もない。


28. 2017年4月13日 23:00:49 : 1tESIHVIXQ : rJR1MRa62UA[5]
>>27
EUの勝ち組であろうドイツとオーストリアがいずれも大連立なのは偶然ですか?
とくにオーストリアは戦後は大連立のほうが一般的ですが。

29. 2017年4月14日 08:27:08 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[993]

>>28

議会過半数確保のため大連立をやれば基本的な対立軸がなくなるとでも?

そもそもオーストリアはオーストロファシズムの苦い経験からの特殊事情ですし、他のEU勝ち組である北欧諸国やベネルクスやフランスに大連立はありませんが。

あなたの話は相変わらず木の数ばかりですね(しかも数え間違えている)。



30. 2017年4月14日 22:57:58 : QTvjiRS8a0 : JTzPzoqE1A4[1]
>>29
>フランス革命以来近代国家における政治的対立の基本構造は、一貫して、民主主義を進化させようとする左翼とそれへの反動の右翼の左右対立だ。
まずあなたの主張する二項対立を大部分の国で適応できるということ自体間違っています。
欧州議会であれだけの会派が発生している以上多項対立のほうが可能性としては高いと思われます。
あなたの主張する二項対立はそれこそ戦前のオーストリアなどぐらいでしょう。
オーストリアは共産党がドイツと違って弱かったとされています。
戦前のオーストリア社民党は事実上共産党と社民党の両方の性格を持つ左翼統合政党だとされています。
あなたのいう社民主義はむしろオーストリア・マルクス主義かもしれませんが。

>したがって、中略
>だからこその、社会民主主義と新自由主義(19世紀左翼自由主義の20世紀右翼リバイバル版)の対立だ。
これは大抵保守主義で必ずしも国家主義ではありません。
例えばベネルクスのCDAやCUなどは中道寄りですが保守です。
オランダCDAや小党ですがCUは新自由主義自由至上主義とはほぼ無関係です。
どちらも宗教政党ですから別におかしくないんですが。
そもそもオランダは総選挙前までは自由主義系の比較第一党と社民主義系の比較第二党の実質大連立だったはずですが。
デンマークの急進自由党と自由党と自由同盟はなぜ合併できないのですか?

>議会過半数確保のため大連立をやれば基本的な対立軸がなくなるとでも?
>そもそもオーストリアはオーストロファシズムの苦い経験からの特殊事情ですし、他のEU勝ち組である北欧諸国やベネルクスやフランスに大連立はありませんが。
オーストリア自由党と組めないという表向きの理由だけで大連立していますが実際は一時期ですが国民党も社民党も戦後オーストリア自由党と組んだことがあります。
オーストリア自由党は独自の自由主義である国家自由主義政党です。
オーストリアで新自由主義自由至上主義政党はシュトロナッハでしょう。
別に中道自由主義系のネオスもありますが。
シュトロナッハに限っては次の総選挙で泡沫に転落することがほぼ確定的です。
ドイツも議席数からいうと左派連立が成立したはずですが大連立になりました。
社民党が左翼党を嫌ってのことでしょう。
これも社民政党系と緑の党系と共産党系が必ずしも一枚岩協力関係ではない傍証かも知れません。
社民政党であるカナダ新民主党みたいにケベックで勝ったことがかえって仇になって第三勢力に再び転落した実例もあります。
イギリス労働党はスコットランドをほぼ失っている上にスコットランドでは保守党にも負けてるのは独立が残留かでは中途半端なので没落した要素もあるかもしれませんが。
スコットランドの主なユニオニスト政党は保守党と労働党と自由民主党でスコットランドの主なナショナリスト政党はSNPと緑の党です。
上記を見る限りスコットランドでは独立残留の是非が左右とは必ずしも関係していないことになります。
アイルランドもナショナリストは穏健派の社民主義政党の社会民主労働党やアイルランド労働党よりも急進左派のシンフェインを支持する傾向にあります。
ポーランドのように議会内に左翼がほぼいない国もありますのでその場合は指摘の対立軸が議会内ではほぼないことになります。
他ではオランダ、アイスランド、アイルランド、ギリシャなども社民政党が諸派レベルなので主張されている対立軸ではないことになります。
ギリシャは保守対急進左派ですが社民はむしろEU政策上などで保守のほうに近いぐらいです。
ギリシャの急進左派政党であるシリザは右派政党である独立ギリシャと連立しています。
どちらも支離滅裂ですが、そもそもシリザは社民政党ではないです。
共産党などとの左派政党とは連立していません。
つまり共産党系や緑の党系が社民党形の別動隊や陣営とは必ずしも言い切れない傍証でもあります。
社民主義政党の全ギリシャ社会主義運動はむしろ保守の新民主主義党とのほうがとくにEUに対する考え方などでは近いとされています。
実際メランションはフランス社会党のアモンに選挙協力で票を差し出すことを拒否しました。
今となってはメランションの選択は間違っていないのかもしれませんが。
アモンは事実上脱落しています。
つまり社会民主主義と新自由主義(19世紀左翼自由主義の20世紀右翼リバイバル版)の対立ではない国が少なからずあるということです。
ポーランド、オランダ、アイルランド、ギリシャ、アイルランドはその典型です。
アモンが脱落したフランス大統領選もそういう情勢でしょう。


31. 2017年4月15日 06:54:26 : esmsVHFkrM : Z3UQbl@PdwA[994]

>>30

相も変わらずの「木の数」の話、うんざりです。

わたしは、初めから(>>2)、党名に「社会民主」とあるのが「社会民主主義」を進める左翼、「自由」とあるのが「新自由主義」に依拠する右翼だなど書いておりません。党名やそれが綱領で示す長期的な目標や理想にかかわらず、それら諸政党の対立軸が、実際、自由民主主義に社会主義的修正を加えるか否か(社会民主主義か新自由主義か)になっており、これは民主主義を進化させるか(革新)否か(反動、したがって保守)のフランス革命以来の民主主義国家における構造的な政治対立なのですから、当然前者が左翼、後者が右翼とされていることを指摘しました。

だから、これを「森林構造」を観ているのだと説明したはずです。「森」を、一本一本の「木」を見るのではなく、高木層、亜高木層、低木層、草本層、こけ層の全体としての構造として観ているのです。

現に、あなたの「木の数」の話(党名にこだわっておいでですから「木の色」というべきかもしれませんが)にかかわらず、欧州各国の様々な党名の諸政党は、「雑多だ」で済まされているわけではまったくなく、各国それぞれにおいて、左翼と右翼に分類されているではありませんか。政治学とはそういう政治の構造を観る学です。

あなたの>>30の結論は、はしなくもその正しさを裏付けるものとなっています。あなたは、こう書いておられます。

「つまり社会民主主義と新自由主義(19世紀左翼自由主義の20世紀右翼リバイバル版)の対立ではない国が少なからずあるということです。
ポーランド、オランダ、アイルランド、ギリシャ、アイルランドはその典型です。
アモンが脱落したフランス大統領選もそういう情勢でしょう」。

あなたは、あれだけ「木の色」の話をし「木の数」を数えながら、その「社会民主主義と新自由主義(19世紀左翼自由主義の20世紀右翼リバイバル版)の対立ではない」国として、「ポーランド、オランダ、アイルランド、ギリシャ、アイルランド」のような国(アイルランドのダブルカウントは目をつぶるとして)と「アモンが脱落したフランス大統領選」しか挙げられないではありませんか。

それらの「少なからず」の国についても異議はありますが(特にフランス大統領選について「メランションの脱落」を無視しているのは大笑いですが)、その「あなたの結論」がわたしにとってすでに好ましいものであることは上に書いたとおりですし、わたしは、「冷戦が終わり、社会主義、共産主義が消滅して"左翼 Vs 右翼"や"保守 Vs 革新"の時代が終わり」というような妄論を否定するために政治の「森林構造」を論ずることには興味がありますが、「木の数」を数えることには「興味はない」なのであえてここであなたの相手をして「木の数」を数えることはいたしません(「木の数」では切りがありませんし)。

以上、わたしは「木の数」を数えることに興味がないことを改めて繰り返すとともに、もうこれ以上「木の数」を聞かされることにうんざりしていることを(読者の方々も同様であると思料しますが)お伝えしておきます。念のために申し上げますが、これは「無視する」の婉曲表現ですよ。

悪しからず。


32. 2017年4月15日 15:01:06 : pQSbDcS62o : uSwkZ7MQ9Uo[1]
>>31
EU勝ち組のドイツとオーストリアは大連立してますよね。
ドイツも大連立が通常になるかもしれませんが、とくにEU政策では類似しているので容易に大連立が成立するのです。
大敗した社民主義政党の大部分がEUシンパ系なのは考慮したほうがいいでしょう。

イギリス労働党は補欠選挙で保守党に敗北しており野党が与党に負けるのはまれでスコットランド奪回のめども立っていない。
スコットランドを奪回しない限り労働党は国政では政権をほぼ望めません。
労働党はスコットランドのセーフシートを失っている上にスコットランド議会選でも保守党に負けて比較第三党に転落している。
戦後セーフシートが大幅に動いたのは初めてだと思われる。
特にスコットランドは独立反対が主要政党の保守党、労働党、自由民主党などで独立賛成がSNP、緑の党など。
対立軸が左右ではない上にSNPは欧州議会では環境政党の会派で社民の会派ではない。
スペイン社会労働党はポデモスと比較第二党争いをするがやっと。
ポーランドは議会内にそもそも左翼政党が下院ではいないので議論の余地が議会内ではほぼない。
オランダ、アイスランド、ギリシャ、アイルランドは社民主義政党が比較第三党でさえないので社民主義は事実上対立軸から外れている状態。
オランダは得票率上位4党が非社会主義政党で労働党はグリーンレフトや社会党にも負けて得票率第7位に転落した。
アイスランドは得票率第7位に転落して既存の左右では判断できない勢力が躍進した。
アイルランドは保守中道2党で政権を争う体制に戻った上に急進左派が3位に浮上した。
ギリシャは左派のシリザと右派の小党が連立している上に小党に転落した社民政党の全ギリシャ社会主義運動はとくにEUとの関係では保守の新民主主義党とのほうに親近感がある状態で左右の対立軸とは言い切れない。
スペインポデモス、オランダ社会党とオランダグリーンレフト、アイスランドグリーンレフト、アイルランドシンフェイン、ギリシャシリザとギリシャ共産党は社民主義政党ではありません。
欧州議会の会派自体左翼系だけで3会派もあります。
欧州議会だけも左翼統一会派が成立する情勢ではとてもありません。
あなたのいう共産党と社民党の両方の性格を持つ左翼完全統合型の社民主義政党は戦前のオーストリア社民党などに限られます。
オーストリア共産党は第二次世界大戦後すぐの一時期を除いて国政では泡沫です。

>それらの「少なからず」の国についても異議はありますが(特にフランス大統領選について「メランションの脱落」を無視しているのは大笑いですが)、
脱落したのはアモンでメランションではないはずですが。フランス大統領選はアモンを除いた今のところ4つ巴のはずです。


33. 2017年4月24日 12:08:29 : z2iQpjuJEE : 6mDdK_IT5ag[5]
平おとうと君、そんな人だったとは残念至極じゃのー。
おねえさん気の毒。


小池新党の目玉、「平愛梨」弟 不祥事で秘書解雇の過去

デイリー新潮 4/18(火) 5:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00519761-shincho-pol



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK223掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK223掲示板  
次へ