★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224 > 305.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
美智子さまをも驚かせた、アッキーの「鈍感力」 ゴッドマザー・洋子もサジ投げた(週刊現代)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/305.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 17 日 16:05:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


美智子さまをも驚かせた、アッキーの「鈍感力」 ゴッドマザー・洋子もサジ投げた
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51448
2017.04.17. 週刊現代  :現代ビジネス


美智子さまは、私の気持ちを分かってくださる――そう言って昭恵夫人は喜んだという。しかし、傍から見ると決してそうは映らなかった。すべてを都合よく解釈するから、反省することを知らない。

皇后の真意

羽田空港には、一般客の眼に決して触れることのない部屋がある。皇室、そして海外からの国賓といった「VIP」のみが利用できる貴賓室だ。

柔らかな絨毯の敷き詰められたその部屋に、その日は天皇と美智子皇后、皇太子、そして安倍総理と昭恵夫人という、まさに日本の枢要が一堂に会していた。去る2月28日、天皇・皇后の初のベトナム訪問に先立って、お見送りのための式が行われたのだ。

その中で、式次第に書かれていない「事件」が起きた。皇后が昭恵夫人に近づき、何やら声をかけたのである。

「居合わせた関係者によれば、皇后の『お言葉』を、途中まで恐縮して頭を下げて聞いていた昭恵さんは、突如『ありがとうございます!』と言うと、感極まったのか、滂沱のごとく涙を流し始めたのです」(全国紙宮内庁担当記者)

周りを固めるスタッフだけでなく、皇族方までも一瞬ギョッとした表情を浮かべ、室内にはぎこちない空気が流れた。

しかし、昭恵夫人はどこ吹く風。天皇・皇后が歩き去った後、隣の安倍総理に「やっぱり、皇后陛下はお分かりなのよ」と、嬉々として話しかけていたという。

その後、滑走路に移動し、飛行機に乗り込む天皇・皇后を見送る際には、夫人はまるで憧れの芸能人の海外出立を見送りに来た少女のように、ちぎれんばかりに手を振っていた。

「しかし、この時の皇后の『お言葉』に、微妙なニュアンスがあったようなんです」(前出・全国紙宮内庁担当記者)
というのも、その内容が普通なら、

「皇后さまに言われれば『ご心配をおかけして申し訳ありません』と、恐縮してしまうようなものだったそうなのです。あえて類推すれば、『大変な時にも、元気にいろんな場所へお出かけなさっているようですね。大丈夫ですか、お気をつけになって』というような。

ですが昭恵夫人は、その真意に気付かず、ただ自分への『お気遣い』、『激励』の言葉であると受け取ったわけです」(前出・全国紙宮内庁担当記者)



昭恵夫人の交友に端を発した森友スキャンダルで、国政がすっかり停滞し、国民はますます政治不信を強めている――その事実は、日ごろ新聞、テレビのニュースはもちろん、週刊誌や月刊誌まであらかた目を通すという天皇・皇后も、よく知っているはずだ。

予想と異なる昭恵夫人の反応に、皇后も内心で驚いていただろうと、宮内庁関係者は「忖度」する。

「生前退位」の問題を持ち出すまでもなく、天皇・皇后はかねてから、安倍総理の「タカ派」路線に警戒感を抱いてきたと多くの国民は見ている。

片時も休むことなく国民のことを思う天皇・皇后から見た時、昭恵夫人の行動は、率直に言ってさぞかし「底の浅い」ものと映ることだろう。こうした背景が、皇后の言葉にはあったはずだ。

SNSがしたくてたまらない

〈雪景色を見ながら、ちょっとのんびり……〉

昭恵夫人は3月23日以降、騒動の後もほぼ毎日更新していたフェイスブックを停止し、いかにも事務方が書いた――事実、安倍総理の右腕・今井尚哉総理秘書官のチェックののち公開されたという――「反論文」を載せたきり、国民に対しては何の説明もしていない。

しかし一方で、昭恵夫人が、写真と短い文章を投稿する若者に人気のSNS「インスタグラム」を、今なお更新していることを知る人は少ない。4月2日には、前述のような呑気なコメントとともに、どこかの山中だろう、雪深い林の写真が投稿された。

自民党ベテラン議員が言う。

「これは河口湖近くにある総理の別荘で撮った写真です。安倍総理が、自分が疲れているのはもちろん、昭恵さんがかなり参っているのを見て、珍しく『気分転換に別荘へ行こう』と誘ったらしい。

家にいるとマスコミも来るし、(総理の母の)洋子さんにチクチク小言も言われる。安倍総理も、毎晩出歩いてはヤケ酒を飲み、そのあげく『眠りが浅くて疲れが取れない』とこぼす昭恵さんが心配になったのでしょう」

さすがの昭恵夫人も4月に入って、前々から引き受けていた講演依頼をキャンセルするなど、多少、自粛する気配を見せてはいる。だが、ある官邸スタッフによれば「昭恵さんは、批判に懲りてSNSを止めているわけではない」という。

「昭恵さんのSNSページに頻繁に登場する人を対象に、官邸では身辺調査を始めています。昭恵さんの人脈に『第二の籠池』が潜んでいないかどうか調べるためです。

昭恵さんは籠池(泰典・森友学園前理事長)氏の証人喚問が行われるにあたって、電話帳、LINEやメールのやりとりなど、携帯電話の中身を全て調べられてしまった。それにうんざりしたから、フェイスブックは止めたと聞きます。ほとぼりが冷めるまで、世間に知られていないインスタグラムを使うつもりなんです。

本人は『次の選挙で応援依頼を受けたら、自粛を解禁しようかな』と言っています。

万が一、この夏、東京都議選と衆院選のダブル選挙なんてことになれば、総理の地元の山口は昭恵さんがまわることになる。落ち込んでいるどころか、実は張り切っているんですよ」



夫婦仲は良くなっている

野党と世間からの批判の矛先は、昭恵夫人と籠池氏の関係だけでなく、「総理大臣夫人付」と呼ばれる昭恵夫人のお付きの官僚にも向いている。中でも籠池氏との実際のやりとりを担当していたことが判明、渦中の人物となったのが、経産省から昭恵夫人のもとに出向していた谷査恵子氏だ。

「谷さんは経産省に戻されました。『口止めのために海外に飛ばされた』なんて噂も流れましたが、今のところはマスコミの取材を避けるため、静かにしてもらっている。昭恵さんはそんな中、こっそり彼女と会い、『ごめんなさい』『今までおつかれさま』と伝えた。谷さんは涙ぐんでいたと聞きます」(安倍総理周辺)

こうした昭恵夫人の近況から分かること。それは、「私には何ひとつやましい点はない。謝罪や説明をしなくたって、国民はきっと分かってくれるはず」、「むしろ、皇后さまをはじめ、みんなは私に味方してくれている」と心底思っている、ということである。

先にも触れた通り、こうした態度に呆れ果てている女性がいる。安倍総理の母、洋子氏だ。

「事件発覚以来、洋子さんがたびたび『総理の妻という立場を、あなたは分かっているの?』と昭恵さんにお説教している、ということはすでに漏れ伝わっています。しかし最近は総理も『もう(籠池氏の)証人喚問は終わったんだから、いいじゃないか』と昭恵さんをかばうようになり、洋子さんは諦めモードです。

洋子さんは、かねがね一人で講演会やデモに出て好き勝手な発言をしたり、夜半すぎまで飲み歩いたりする昭恵さんの生活を快く思っていなかった。

しかし今回は、安倍総理が『隠れていたら、かえって痛くもない腹を探られる。いつも通り、堂々としていればいいんだ』と反論して、昭恵さんの外出を自ら許可しているんです」(前出・総理周辺)

これまで安倍家の内情は、洋子氏と安倍総理vs.昭恵夫人という構図で語られることが多かった。政界でも、総理と昭恵夫人はほとんどすれ違いの日々を送っており、夫婦仲は冷え切っている、という認識が大勢だった。

しかし今は、まるで「苦難にともに立ち向かうことで、夫婦の絆を取り戻した」かのように、総理と昭恵夫人の距離は急速に縮まっている。

「国会でも、昭恵さんを責める野党に、総理は顔を真っ赤にして反論していた。総理はあれだけ責められてもかたく口を閉ざしている昭恵さんに、相当感謝しているようです。

『(森友スキャンダルは)昭恵には気の毒だったよ』、『今は総理より注目されているからね。選挙に出たら当選できるんじゃないか』と軽口を言う余裕も出ている。官邸では、今までとは感じがちょっと違うな、という雰囲気になっています」(前出・官邸スタッフ)

昭恵夫人は、原発や憲法改正といった重要政策で安倍総理と食い違う、「家庭内野党」と言われてきた。しかし今回の件で、昭恵夫人を単なる「アンチ安倍」とする見方はやや表面的だった、ということが分かったのではないか。

昭恵夫人とその関係者に取材し、『安倍昭恵「家庭内野党」の真実』(文藝春秋より電子版で販売中)を著した、ノンフィクション作家の石井妙子氏が指摘する。

「昭恵夫人は、森友学園の教育方針についても、本心から感銘を受け支持していたのだと思います。森友学園は『日本唯一の神道の学校』を標榜していますから、『日本の伝統』が好きな昭恵夫人には、自然に受け入れることができたはずです。

ふつうの人が見れば一見、昭恵夫人の行動は思想的な一貫性がなく、支離滅裂に見えます。

しかし、客観的な是非はともかく、彼女の中には『日本のためにいいことをしたい』という明確な信念がある。だから、『神道を重んじるのも、被災地支援をするのも、すべて日本のためにやっていること』、『私も主人も、神に選ばれて国のために頑張っているだけ』と、心から考えているのだと思います」



お酒はやめられない

籠池氏の証人喚問の前後には、時に日本酒一升、時にワイン数本などと昭恵夫人の酒量はいつになく増え、未明になってから姑・洋子氏のいる私邸ではなく、公邸へと泥酔して帰る日々が続いていたという。しかし、安倍総理が必死でかばったことが効いたのか、そのような乱れた生活も落ち着きつつあるようだ。

前出の自民党ベテラン議員はこう評する。

「結局、総理と昭恵さんは根っこのところでは『似た者同士』なんですよ。理屈よりもその時の感情で動いてしまう。自分が信頼する人の言うことは、無条件に信用してしまう。本はあまり読まないし、学歴で人を見ることを嫌う。よく言えば先入観がない。悪く言えば、ものごとを深く考えられない」

昭恵夫人は、今年の2月以降に籠池氏の妻と交わしたメールの中で、「神様は全てご覧になっています」「何でこんなことになってしまったのか、神様は何を望んでるのでしょう」「祈ります」などと述べている。

一方で事件の前、「総理大臣になるっていうのは(中略)『神』という言い方をしなくてもいいんだけど、なんかこう、『大いなる力』が働いていると私は思っていて」(「BLOGOS」'16年11月9日のインタビューより)とも語った。

全ては神様の意志、運命で決まる。自分はその流れに身をゆだねるだけ――昭恵夫人がまさに「私人」として、このような考え方を持つぶんには一向に構わない。

しかし、それが例えば「特定の人物・団体への、国有地の格安払い下げ」のように、国民の具体的な利害に影響を及ぼすならば、国民にとってはたまったものではないだろう。

「ゴッドマザー」洋子氏すら匙を投げた今、昭恵夫人の「勘違い」を止めることは、もう誰にもできそうにない。

「週刊現代」2017年4月22日号より






















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[3706] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年4月17日 16:31:45 : 53VNl1W1BI : IHOE7G_eYp4[1]
>「しかし、この時の皇后の『お言葉』に、微妙なニュアンスがあったようなんです」(前出・全国紙宮内庁担当記者)
というのも、その内容が普通なら、
>「皇后さまに言われれば『ご心配をおかけして申し訳ありません』と、恐縮してしまうようなものだったそうなのです。あえて類推すれば、『大変な時にも、元気にいろんな場所へお出かけなさっているようですね。大丈夫ですか、お気をつけになって』というような。
 
 
 皇室の発言は、本人に確認しようがない。
 
 「全国紙宮内庁担当記者」の発言を、鵜呑みにしない方がよいと思う。
 
 安倍内閣倒閣を宮内庁担当記者や皇室頼みにして、宮内庁担当記者や皇室に世論形成の一翼を担わせたら、国民にとって後々の災禍を招くことになるだろう。
 
 
■ 天皇陛下、安倍政権の特例法案に不信感!宮内庁「納得がいかない表情を浮かべた」
(投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 12 日 )
 
9. 新共産主義クラブ[3641] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年4月12日 10:23:30 : HV5OehK4pk : OY2c7dFcJZc[97]
 
 宮内庁関係者が「天皇陛下のお気持ちは○○○○と察せられる」と報道関係者に伝える場合は、その件について、天皇が国会や記者会見において、国民や報道関係者に意見を直接伝えられる場が設けられることを前提にしてほしい。
 
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/877.html#c9

2. 2017年4月17日 17:16:13 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[1159]
花見するぐらいなら、証人喚問に出ろ!! 卑怯な馬鹿夫婦で。桜は散っている。

3. 2017年4月17日 19:06:53 : C0CDFiDX8E : 0W5ley3lsOA[52]
皇后の 前で見事に 恥をかき

4. 2017年4月17日 20:05:12 : 0URAHOb0AM : WNqZFRhkQhU[33]
おい、マスゴミ連中よ。

壺三たちの夫婦愛とかで騙されるとでも思っているのか?
バカじゃないのか、貴様ら。

壺三たちが演ずる三文芝居に誰が感動するとでも思っているのか?
もしかして、マスゴミ連中は感動しているのかよ?

壺三たち同様、底の浅い連中だ。
壺三たちの行動は国民の艱難、壺三たちの思いつきは国民の辛苦だと思え!!!
コイツらのせいで、どれだけの人が泣いているか考えろ。
 


5. 2017年4月17日 21:02:31 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[395]
安部晋三首相は、女性の観点からいえば、”夫はこうあるべき”の見本。
彼はいかなる事情の下でも妻を擁護し、妻が幸せだと思うことは何でも自由にやらせる。妻の幸せは自分の幸せだと思っている。

こうした環境で奔放さを増していった昭恵夫人は、夫の寛大さに感謝をし、夫への信頼を深めていくから、夫を裏切る不倫などの行為は決してしない。彼女の自称「家庭内野党」とは、夫に自由に物を言えるという意味。
お二人は、以心伝心、同じ極右思想を共有する、知見からは程遠いが、おしどり夫婦なので〜す。


6. 2017年4月17日 22:37:10 : oxuDHDyii2 : wwqJIbo@U8w[41]
 
>総理と昭恵さんは根っこのところでは『似た者同士』なんですよ。

要は、どうしようもないお子様同士なのです
それはもう仕方ありませんが、総理夫妻にしてはいけない人たちだった
担いだ人間がバカばかりなんでしょう
森友疑獄事件をよい機会として、きっぱりと引導を渡してあげるのが、国民の責務だと思われます
 


7. 2017年4月18日 01:09:57 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[405]
嘘言って、他人を騙しても、神道は認めてくれるのでしょうか?

そんな神様はおられるのでしょうか?

神だ、神道だ!といっても、言ってる本人は俗人だ。

神を信じているお方が、このような嘘をつき、国民の財産である国有財産を、タダ同然でお友達にプレゼントして、果たして、神様は許してくれるのでしょうか?

偽信者ということですよ!安倍夫婦は。

こんな男が子供たちの道徳教育導入だとは、聞いて呆れます。

安倍道徳とは、嘘ついていい道徳でしょうな?

子供たちが、嘘を平気で言うようになりますよ!

身勝手な、男です。

これが日本の総理大臣か? 恥を知ってもらいたいですね。

安倍晋三を収監せよ!


8. 2017年4月18日 02:45:30 : 0URAHOb0AM : WNqZFRhkQhU[36]
>>5
>女性の観点からいえば、”夫はこうあるべき”の見本。

キモイぜ、工作員。
貴様は女じゃないだろう?

ゴキブリが交尾しているのを見て、繁殖する前にブチ殺そうとは思っても、
それを微笑ましく思うのは、貴様ぐらいなもんだろう。
 


9. 2017年4月18日 08:10:39 : Ts8z9dA2f2 : nMgunTWZqVM[56]
ぶぶ漬けのおかわり迄して帰ったようですね。

10. 2017年4月18日 08:35:27 : gFW7dka71U : YrM0Tpn31nI[913]

勘違いバカの「05」ヨ〜

>>昭恵夫人は、夫の寛大さに感謝をし、夫への信頼を深めていくから、夫を裏切る不倫などの行為は決してしない。

では〜?「布袋寅泰」との関係は「不倫」では無く「本気」?

それとも〜、夫も仲良く信頼を深める「3P」仲間ですか〜?

さすが「アッキ〜ド夫」は寛大で「随喜の涙」を毎回流したとさ!

めでたし、めでたし〜♪。

>>知見からは程遠いが、おしどり夫婦なので〜す。

「おしどり」は『離婚』『浮気』もしま〜す!

ただ相手の羽配色・模様が酷似しているから、同じ相手と「一生添い遂げる」と誤解されてるだけで〜す♪。

って事は、「05」は、アッキ〜ド夫婦の「家庭内 離婚」認めてま〜す♪。


11. 2017年4月18日 08:42:46 : FLPY6JOXuY : MQXzXXfLOL4[47]
原因は安倍にあり
後は察してください
仮面夫婦です

12. 嫌韓[1175] jJmK2A 2017年4月18日 08:44:43 : HQvugpL4is : DdTx6rtACIY[4]
美智子妃殿下も若い頃、随分と陰険ないじめに遭われたと言う。
今、マスゴミに虐められている昭恵ちゃんに同情したのだよ。

美智子妃殿下は、美人であられるが、昭恵ちゃんは稀代のブスだ。
より一層同情され、温かいお言葉を掛けられたのだろう。

皇室の御威光を捏造し、政治的運動につなげるのは厳に慎まねばならん。
解ってないなこの週刊誌!!


13. 2017年4月18日 10:06:57 : qR0GencIu2 : bouSuIC6KCw[221]
こんな夫婦が子孫を残さなかったことだけでも、国民にとっても自民党にとっても、またご自身の家系にとっても、幸いな事でした。

14. 2017年4月18日 10:36:46 : MhsKhvnTic : KonTLpopQSg[425]
07>さんに同意。昭恵の言う神は自己保身の為ならどんな嘘をついても他人を傷つけても許して下さる、という事なのか

15. 2017年4月19日 00:18:59 : Vf3AXw3LDc : Re382j8vhEE[6]
脅しや危機対応や時間稼ぎに、地震テロや気象攻撃を行うのですね。
そして仕掛ける連中(安倍の我が軍・皇軍も当然協力、皇軍故に北朝鮮も当然協力
改憲カルトが目指す大日本帝国は北朝鮮がお手本)とその後の支援そして復興利権
すべて同組織が執り行うマッチポンプなのですね。

『 で、今回の気象操作も当然知ってたはず 』

『 で、今回の気象操作も当然知ってたはず 』

『 で、今回の気象操作も当然知ってたはず 』


はい、日米安保条約が結ばれた時、つまり岸信介政権の時から自殺の名所なんだ。
なるほどね。

で、この日米安保条約が結ばれた時、つまり岸信介政権の内閣官房副長官(CIA資金担当)が、オウム真理教の宗教法人を認可した鈴木俊一東京都知事ということです。


で、今回の気象操作も当然知ってたはずですよね。
その上で、この地で会合

https://blogs.yahoo.co.jp/mvbzx0147/33364843.html

オウムのバックは、笹川財団です。

笹川 良一(ささかわ りょういち、1899年(明治32年)5月4日 - 1995年(平成7年)7月18日)は、日本の政治運動家、社会奉仕活動家。
国粋大衆党総裁、衆議院議員、財団法人日本船舶振興会(現公益財団法人日本財団)会長、全日本カレー工業協同組合特別顧問、福岡工業大学理事長を務めた。称号は箕面市名誉市民。勲一等旭日大綬章受章者。

以上のように、 1995年(平成7年)7月18日に死去

ようするに、CIA笹川さんの遺産相続を巡る事件と考えるのが一つの筋道です。
どれだけの資産を持っていたのか?それどうなったのか??
とうことですね。

もちろん笹川さんは、白い粉ものロンダリングをしてたわけです。

前にも書いたように、運輸省というのは、米軍が日本を支配する時に制空権を支配するために傘下に置いた役所です。


モーターボート競争は、運輸省の管轄
それを一手に取り仕切っていたのが笹川良一


海外から違法なものがやってくるのを取り締まる海上保安庁は、運輸省の傘下

ということです。


で、これからは、パチンコやモーターボートに加えてカジノになるんだそうです。

では、話をつづけます。

上九一色村で何が行われたのか??


国際勝共連合
沿革
1967年
7月 山梨県上九一色村の本栖湖畔の「全国モーターボート競走会連合会」の施設に日韓両国の反共首脳が集まり、「第一回アジア反共連盟結成準備会」を開催。統一教会、文鮮明と劉孝之(ユ・ヒョウジ)、日本側は笹川良一、児玉誉士夫代理の白井為雄、市倉徳三郎らが集まり、反共団体設立に向けて会合を持つ[15]。
1968年
1月13日 韓国で「国際勝共連合」を創設。全国勝共幹部50人が、韓国を訪問し、38度線を視察。
4月1日 日本で、「国際勝共連合」を創設。統一教会の初代会長、久保木修己を会長に、笹川良一を名誉会長に。

wiki


つまり、日韓暴力団連合の手打ち式をやったのが、笹川さんのシマの上九一色村


地下鉄サリン事件でほとんどの患者が運ばれたのは、笹川医療財団会長の日野原重明院長の聖路加国際病院=米軍極東中央病院


事件の3年前に、戦時用のタワーを建設


ま、そのままです。

笹川さんの死去後、日本財団のトップになったのは、放射能は健康に良いとか言ってる頭のおかしいオバさん曽野綾子


まあ、チェルノブイリ事故の被害を調査したのが、笹川財団で、嘘の報告したということなわけですけどね。


ちなみに、笹川さんの甥が、この前出て来た石原慎太郎のオトモダチ=糸山英太郎
つまり、日航機123便墜落事故の株の上げ下げでトップの株主になった人


現在の会長が笹川陽平


で、笹川陽平の別荘が鳴沢村にあるのは、ある種当たり前のことですが。


アベッチの別荘まであるとは知りませんでした。


安倍晋三首相は11日間におよぶ長期の夏休みの多くを山梨県河口湖畔にある別荘で過ごした。そこは祖父である岸信介・元首相の時代から使っているというログハウス風の建物だ。
http://www.news-postseven.com/archives/20130820_206250.html

えー、鳴沢村は、河口湖には面していません笑)
http://orz.fujiblog.jp/?eid=561643

以下は朝日


 ゴールデンウイーク最終日の5月6日、富士山を望む山梨県富士河口湖町のゴルフ場に、安倍晋三首相(58)の姿があった。快晴の青空の下で昭恵夫人(50)らと汗を流した安倍首相は「富士山からパワーをもらった」と、満面の笑みを浮かべた。
 余裕の休日を過ごせるのも、アベノミクスが好調なゆえ。ただし、見る人によっては実に『意味深』な休日だったようである。
 ゴルフ前日の5日夜、安倍首相は山梨県鳴沢村にある自身の別荘に滞在した。祖父・岸信介元首相の時代から手直しして使っているという小さなログハウス風の山荘だ。その『隠れ家』を、一人の経済学者が訪れた。静岡県立大教授の本田悦朗・内閣官房参与(58)である。本田氏は安倍首相らと約3時間にわたって夕食をともにした後、午後9時前に別荘を後にした。
以上引用
astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2013052000004.html


祖父のCIA岸信介の時代からあるんだ。なるほどね

富士山の産廃利権が何なのか?とか

あ、青木ヶ原樹海が自殺の名所だったのも、そういうことか。

CIA岸信介と笹川良一の別荘とくりゃ、それはね。

以下wiki

「青木ヶ原樹海は自殺の名所」という噂により、他の深い森より自殺者が多く、その遺体が遊歩道からそう遠くない所で見つかることも少なくない。ちなみに、「青木ヶ原樹海は自殺の名所」というのは、テレビドラマ化もされた松本清張の『波の塔』などで取り上げたために有名になったという説がある。しかし、近隣自治体などの対策により、近年自殺者数は大きく減少している。


『波の塔』(なみのとう)は、松本清張の長編小説。『女性自身』に連載され(1959年5月29日号 - 1960年6月15日号、連載中の挿絵は森田元子)、1960年6月に光文社(カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。人妻と青年検事の恋愛とその行方を描く、著者の代表的長編恋愛ロマン。
1960年に松竹で映画化、また8度テレビドラマ化されている。


はい、日米安保条約が結ばれた時、つまり岸信介政権の時から自殺の名所なんだ。
なるほどね。

で、この日米安保条約が結ばれた時、つまり岸信介政権の内閣官房副長官(CIA資金担当)が、オウム真理教の宗教法人を認可した鈴木俊一東京都知事ということです。


で、今回の気象操作も当然知ってたはずですよね。
その上で、この地で会合


16. 2017年4月19日 00:25:37 : ktHXav5HlQ : rHpHpo4l5WE[44]
>>15

旧大日本帝国軍部が、北朝鮮建国を手助けしていたと

当然、ボスは、CIAシオニスト組織だと

マンチュリアとか、フグとか、「ユダヤ人と日本人」で

描かれている、A級戦犯を祭るカルト・オブ・ヤスクニ

北朝鮮で、大日本帝国軍の夢よもう一度、時期を伺い

財団、統一教会カルト、麻薬、暴力団、安倍私兵部隊、

総動員で日本を、北朝鮮と同じ軍事独裁弾圧国家に変えると


17. 2017年4月19日 08:19:20 : UQJ9d5SLn2 : l74Lp42vfCs[10]
オーム真理教の宗教法人を、認可したのは石原慎太郎元東京知事でしたよね

事実は事実でしっかりと伝えるべきだ・・でないと、もう戻りようのない最悪の
状態になっていることさえ理解できないのですね


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK224掲示板  
次へ