★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK225 > 649.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
水木しげるが50年前に書いた文章が発掘…「ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだがそれは許されないのだ」(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/649.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 14 日 02:34:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

            
             『総員玉砕せよ!』(講談社文庫)


水木しげるが50年前に書いた文章が発掘…「ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだがそれは許されないのだ」
http://lite-ra.com/2017/05/post-3155.html
2017.05.13 水木しげるが50年前に書いた文章が発掘 リテラ


 2015年11月に亡くなった漫画家の水木しげるが、昭和40年頃に書いたと思われる自筆の文章が発見され話題になっている。今月11日、水木プロダクションの公式ツイッターアカウントがその文面を公開。そこにはこんなことが書かれていた。

〈戦記物は勝たないとつまらないらしく「レイテ海戦」なぞかくとトタンに売れなくなるのだ。(中略)ぼくが書きたいのは敗け戦の話だったんだがそれは許されないのだ。少年たちは花々しいガダルカナル戦あたりまでしか読んでくれないのだ。だから本があいついで売れるためには戦争に肯定的にならざるを得ない。自分が思ったことを書いて売れるなんて、マンガはソンナもんじゃない〉(原文ママ)

 水木しげるといえば、まず思い浮かぶのは『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめとした妖怪漫画の数々だが、ご存知の通り、漫画家としてのもう1本の柱として、自身の戦争体験を多分に反映させた戦争漫画を描き続けてきた作家でもある。

 水木はこの文章が書かれた数年前から「少年戦記」という、貸本向け戦記もの漫画専門誌の編集を任され、自身もそこに寄稿していた。そこで、読者にどんな漫画がうけるのか色々と試行錯誤していたのだが、その結果導き出された結論は上記のような残念なものだった。

 日本軍がひ弱な姿を見せたり、ボロボロに負けたりする作品は読者にうけないということを把握した彼は、ある程度、読者におもねった雑誌づくりが必要だと感じていたようだ(とはいえ、そんな時期に描かれた漫画でも、カルトとしか言いようのない精神論を振りかざす日本軍を揶揄する描写などが差し挟まれていたりはしている。また、たしかに主人公は優秀な戦績をおさめるヒーローとして描かれがちだが、最終的には非業の戦死を遂げるパターンも多く、作品のなかに厭戦的なメッセージは含まれているのだが、それでは物足りなかったということなのだろう)。

 というのも、当時の水木はまだメジャー出版社で漫画家デビューする前。『ゲゲゲの鬼太郎』も『悪魔くん』も生まれる前である。極貧生活のなか、ギリギリの状態で貸本用漫画を描いて暮らしている彼にとって「少年戦記」はなんとしても商業的な成果をおさめなければならない雑誌だった。文章には〈これが失敗すれば餓死しなければならなかった。必ず成功させなければならなかった〉とまで書いている。

水木しげる「本当の戦記物は「戦争は無意味」と知らせるためのもの」

 ただ、それは、先に引用した文章にもある通り、作家・水木しげるにとって不本意なものだった。彼がラバウルの激戦地に送られ、爆撃により左手を失っていることは有名だが、その他に彼が残した戦争中のエピソードを読んでいると、生きて帰ってこられただけでも奇跡としか言いようのない体験を多くしていることがわかる。たとえば、不寝番で兵舎から離れていたところを敵の奇襲にあい、彼の所属する分隊が全滅したという逸話はマンガや随筆のテーマとしてたびたび取り上げられているが、もしも不寝番の担当が違う時間帯であったら、彼は生きて日本に帰ることはできなかっただろう。

 そういった経験をしているからこそ、水木しげるには戦争を憎む気持ちが強くあり、『総員玉砕せよ!』をはじめ、後年に描いた戦争漫画では一貫して戦争をむごく、陰惨なものとして描いた。だから、前述の文章のなかで彼は、貸本に描いた戦記漫画に関して、このように綴っている。

〈(雑誌の)ダウンは即ち、餓死に通じていた。こうしたものを即著者の思想と早合点してもらってはこまる。営業ということが相当加味されているのだ〉

 戦争を描く自分の漫画は、日本兵が勇ましく戦って勝利をおさめるような話ではなく、「敗け戦」を描くものでありたい。それは、実際に彼が目にした戦争は、惨めで、恐ろしくて、格好悪く、無意味に人が死んでいくものであり、もう二度と繰り返してはならないものだからだ。

〈戦記ものと称する一連のマンガ「0戦はやと」とか「紫電改のタカ」「我れは空の子」での一発の銃はなんのために発射するのか、というと、自分の身を守るためで、いわば冒険活劇漫画であって、本来の意味での戦争マンガというものではないだろう。とにかく戦争のオソロシサは少しもないし、万事つごうよく弾丸がとび、考えられないほどつごうよく飛行機もとんで万事めでたい。食料なんかも常にあり、感激ありで、読んでいるものは戦争を待望したくなるくらいだ。(中略)しかし、ぼくは、本当の戦記物というのは「戦争のおそろしいこと」「無意味なこと」を知らせるべきものだと思う〉(「朝日ジャーナル」1973年7月27日号/朝日新聞社)
〈自分としては、下級兵士たちのカッコ悪い日常を描くことで意味もなく死んだ彼等の無念さを伝えたいと考えたのです〉(朝日新聞1974年4月10日)

水木しげるは「死んだ戦友の夢を今でも見る」と語った

 そのような漫画を描くことは、死んでいった戦友に対する慰霊でもある。もう二度とあのような戦争を繰り返さないことこそが、若くして死んでいった者たちへの供養なのである。そして、それこそが、戦争を生き抜き、戦後に漫画家としてペン一本だけで食べていけるようになった自分がやるべき仕事だと悟った。

〈僕は今でも、その頃の事を夢でよくみる。(とても生きている間は忘れる事が出来ない。)
 若い時代だったからよく記憶していて、“戦死”した“戦友”たちが毎日のように登場してくる。
 食うものも食わずに、毎日殴られて死んだ若者たちだ。
 まァ、“悲劇”という言葉があるが、僕は今ごろになって「悲劇以上の悲劇だった」と思っている。
 そんな事で「戦記物」も思わず“力”が入ってしまうのだが、それほど売れたわけではない〉(『水木しげる貸本戦記漫画大全(1)戦場の誓い』パロマ舎)

「『コミック昭和史』や『総員玉砕せよ!』を描いたのは、戦争を体験した漫画家として、残さなければならない仕事だと思ったからだ。心ならずも亡くなった人たちの無念。敗戦は滅亡だった。食に困らず、豊かさを味わえる現代は天国のようだ。戦争をすべきでない」(2006年8月16日付毎日新聞大阪朝刊)

〈ぼくは戦争ものをかくとわけのわからない怒りがこみ上げてきて仕方がない。多分戦死者の霊がそうさせるのではないかと思う〉(『総員玉砕せよ!』講談社)

 しかし、どんなに水木しげるが戦争体験者としての経験を漫画に落とし込み、戦争の悲惨さを繰り返し主張しても、日本はその恐ろしさを忘れどんどん右傾化していく。その先鞭をつけたとも言える、90年代後半に出版された小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』(幻冬舎)がヒットした時、水木はエッセイマンガを通じてこんな警鐘も鳴らしていた。

〈私は『戦争論』で、ふとあの戦前の勇ましさを思いだし、非常になつかしかったがなんだか輸送船に乗せられるような気持ちになった(中略)『戦争論』の売れゆきが気になる。「戦争恐怖症」のせいかなんとなく胸さわぎがするのだ〉(『カランコロン漂泊記 ゲゲゲの先生大いに語る』小学館)

 残念なことに、約20年前に水木しげるが感じた〈胸さわぎ〉は、ことごとく悪い方に的中。安倍政権は、特定秘密保護法、安保法制を整え、今度は「共謀罪」を強行採決させようと動き、そして、いよいよ日本国憲法第9条に手をつけようとしている。

 政権がいたずらに東アジア情勢の緊張を煽り、「戦争もやむなし」の空気をつくろうと必死ないま、水木しげるが50年以上前に書いた文章が見つかったのも偶然ではないのかもしれない。我々はいまこそ改めて彼の伝えようとした思いを噛み締める必要がある。

(新田 樹)















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年5月14日 03:25:35 : VwOdVI70pA : fguStGljyrM[3]
水木さんがこの事を書き残してくださって有り難い・・・

2. 罵愚[5097] lGyL8A 2017年5月14日 03:47:25 : LPgYYlYYWk : d6@UKqcdGRA[151]
 負けるとわかっていながら戦争に突っ込んでいった指導者を批判するのはたやすいが、人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史を忘れてしまってもいいものか、どうか…昨今の国際情勢のなかで、今昔を対比させながら考えてみるのも楽しかろう。

3. ピッコ[1283] g3ODYoNS 2017年5月14日 06:02:54 : GJJuGZxsFs : @EcljS0yhKI[112]
>2. 罵愚さん

「アイツもあんなことしたんだから」と、自分がやったことを正当化したり、罪の重さを軽く見せようなんてことは、いい加減止めなさい。 タマなしの、腐れた男がすることだよ。 そもそも、この投稿はそんな内容ではないでしょ?  人の肉片が目の前で飛び散る戦場で、食うものも食わずに、毎日殴られて死んでいった若い戦友たちを目にしてきた水木しげるさんにとっては、実際に戦場で戦った敵より、そういう目に合わせた当時の日本政府の指導者たちに対する憎しみのほうが何十倍も強かったのではないかと思う。 無残な死に方をしていった戦友たちの無念さが、片腕を失いながらも戦争を乗り越え、生き続けることができた水木さんの心に乗り移るように住み着いて、戦争は無意味であることを後世の人たちに知らせようと、水木さんを動かしたのではないか。


4. 2017年5月14日 06:26:08 : 4XDKrNSC1g : so0uSXnIt9s[52]

     戦争は忘れると、やって来る。



5. 2017年5月14日 08:14:00 : uqKw9C6SsQ : oqqOTDFNAGc[5]
戦争をしたがる奴ほど、「今の国際情勢や・・・」、「テロが起こる」、「ミサイルが・・・」などと屁理屈を煽る。そしてそういう奴等が国を滅ぼしてきた売国奴共。

バグ、貴様のような輩の事だよ。


6. 2017年5月14日 08:36:23 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[38]
負けるとわかっていながら戦争に突っ込んでいった指導者を批判するのはたやすいが、人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史を忘れてしまってもいいものか、どうか

そうなんだよ、大東亜戦争の前はアジアに独立国は日本だけだった(タイはおまけ)

アジア、アフリカは欧米(イギリス、オランダ、フランス 米国ら)の領土、植民地

だった、中国も半植民地状態だったのだ。

正当化てなんだ、ピッコ 正当化ではなく、正当防衛の戦争だった。

戦争あいての米国のマッカ−サ−司令官が言ってるんだからな。


原文と和訳は以下の通り

"There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security."

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったので


米国らがABCD包囲網で日本を経済封鎖した、石油、鉄鋼などがなくては日本は生き

ていけない、生きるために欧米の植民地の石油がほしかったの、

東南アジアに独立国はなかった、オランダ、イギリスの領土に日本は出かけてったの。

自衛、正当防衛なの。 「マッカ−サ−が言ってるの」。

戦争あいてが、日本は正当防衛で戦ったて言ってる、これどう解釈する ピッコ

日本の首脳部も米国と本当は戦争しおたくなかった、米国がcome on jap

だもの・・・。


タマがあるか無いかは関係ないの。


7. 2017年5月14日 08:42:30 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[649]
>>2

 人種差別と闘ったことと、「中国人や朝鮮人(や沖縄の人)を差別し、東南アジアの(インドネシアなど)人たちを土人呼ばわりして差別した」ことは如何なることか?

 欧米の植民地支配と戦って、その土地を「日本の植民地にしてしまった」という事の整合性はあるのか?(確かに、戦闘はしたという事は事実だがな)

 いい加減に、デタラメ三昧は止めた方がいいよ。デンデンになってしまうよ。

 

 


8. 2017年5月14日 09:16:29 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[39]
大東亜戦争の真実に海外も目覚める!?東南アジアからも上がり始めた日本悪玉論への疑問

http://hakkou-ichiu.com/post-2826/  


●シンガポール人として日本人に感謝する。日本人は名誉と尊敬にふさわしい人々だ。日本人はアジアのために、本来しなくてもよい仕事をやりとげた。しかもそれは誰からも感謝されることのない仕事だった。いまここにある「自由なアジア」はあなたがたが残した偉大な遺産である。

●インドネシア系シンガポール人として言いたい。「ドーモアリガトウ、ニッポン」

スポンサードアド
●僕は中国系マレーシア人だけど、学校では日本軍は残虐行為ばかりしていたと教わった。だけど本当はどうだったのか真実が知りたい。加えて、国民党への破壊工作や内戦における役割など、中国共産党が実際はどんなことをしていたのかも知りたい。親日国家マレーシアの歴史の国定教科書をごらんください。マレーシアは、日本によるイギリスからの開放によって歴史が始まったとされているようです。

「マレーシアの教科書に大東亜共栄圏のおかげで独立を勝ち取ることができたと書いてある」


マレーシアの教科書には「日本軍が、イギリスを追い払い大東亜共栄圏のおかげで独立を勝ち取ることができた」そのことが克明に記されています。

日本が東南アジアでなしえたことそれは日本人自身がしっかりと把握しておかなければならないと思います。

日本人としての意識をもう一度考えなおすために日本のメディアや中国の言動に惑わされず真実を見極めることが必要不可欠だと思います。

7>> 上記のような評価もある、日本よくやってくてたありがとうていう評価を

どう解釈するの?  7 デンデン


9. 知る大切さ[8495] km2C6ZHlkNiCsw 2017年5月14日 09:40:47 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4329]
シンガポールではこんなのがスタンダードだと思われるが、
>6・8
http://www.jas.org.sg/magazine/yomimono/other/shinryaku/Kawahara09Mar.htm

日本の侵略でしか無いね。(植民地支配だね)

6・8は
はどんな教科書からの抜粋なのかね?

今沖縄でこのこの国がやっている事見て、共存共栄を望む国民性が権力を握る側に
十分に育っているか?

アッキード疑惑すら解明しようとしない腰抜け政府だぜ。


10. 2017年5月14日 10:04:43 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1332]
>>6は1951年5月3日のアメリカ上院軍事・外交合同委員会聴聞会におけるマッカーサーの発言を意図的に捻じ曲げているね。
Securityを安全保障と訳しながら、いつの間にかそれを、自衛・正当防衛と言い換える。
その聴聞会は、そもそも日本が主要な議題ではない。対中国政策が主要な議題であり、マッカーサーはかつて日本に対して行ったのと同じことを今の中国に対して行え、と言っているのだ。
つまりマッカーサーは、アメリカが太平洋戦争開戦時に日本に対して行った政策を擁護している。
マッカーサーの発言の全文はこちら。
http://ameblo.jp/scopedog/entry-10023353939.html

あの時日本はどうすればよかったか?戦争に打って出るしかなかったのか?
そんなことはない。単に中国から撤兵すればよかったのだ。そうすれば経済封鎖されることもなく、また無謀な戦争に打って出る必要もなかった。
当時は満蒙は日本の生命線と言われたが、それは、その満蒙を失った戦後に日本が経済発展をできたことより、まったくのウソであることがわかる。


11. 2017年5月14日 10:09:22 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[40]
9>>知る大切さ「日本の侵略でしか無いね」

 そうか、一歩ゆずって

 侵略者 白人 イギリス、オランダ アメリカの領土、植民地を 日本軍が逆侵略


 で、白人を追っ払った、  白人にたいする逆侵略だね。

リベンジ侵略


12. 2017年5月14日 10:23:36 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[41]
イギリス、オランダらが東南アジアを自分たちの領土にして(植民地)にして、資源

、石油 スズ ゴムなどを独占し、なおかつ資源ゼロの日本に対し 輸出禁止

ABCD包囲網で日本をしめあげた。

石油ない、工場STOP,車STOP,煖房STOP 生きてゆけない

このままでは死んでしまう。

どうする、どろぼう(欧米)が横取りした資源をいただくしかないわ。


13. 2017年5月14日 11:36:07 : wlOqQjTAPw : tnSiC1wgd3s[1]
>>2

くだらんな。
そんな「高邁な理想」は庶民向けのおためごかしと言うものさ。権力者が始める戦争とはいつだって利己的な動機に満ち満ちている。敵味方どちらの庶民にとってもいいことはないが、それを隠蔽するための「きれいごとに」見事に引っかかっているとは。特にお宅の場合、「戦争で殺し合うことが魂のステージを上げる」とか言う、どこかのカルトに洗脳されたわけでもなさそうなのに、自ら引っかかるとは情けない。


14. 知る大切さ[8496] km2C6ZHlkNiCsw 2017年5月14日 11:47:24 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4330]
>11

追っ払った後に無償(何の見返りも求めずに)でその国の人に渡せる器量が
あればね。

でも現実は常に傀儡政権を打ち立てて影で実行支配する。
(今の日本の状況)で満足してるのか?
コメント6・8・11は

己が満足できない事を他国なら我慢せいとでもいいたいのか?
それを是としない事実の一つ当方はコメント9で引用している。


15. 知る大切さ[8497] km2C6ZHlkNiCsw 2017年5月14日 11:50:44 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[4331]
ABCD包囲網で日本をしめあげた

そうなぜABCD包囲網を展開したかが大事だ。

欧米に追いつけ追い越せの島国の
野心国家があったんだ。

地理的特性を好き勝手やってた、、、、井の中の蛙で
すぐ調子にのる国民性を持つ島国国家がね。

今北朝鮮に近い島国の事さ。


16. 2017年5月14日 12:26:35 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1333]
>>14 >>15 知る大切ささん
あなたのコメントの大部分に同意するが、以下の間違いを指摘する。

>>14
>でも現実は常に傀儡政権を打ち立てて影で実行支配する。
「実行支配」は誤変換で、「実効支配」が正しい。

ついでながら補足。
ビルマで、日本からその傀儡国家のリーダーになることを期待されながら、それには満足しなかったアウンサンは、インパール作戦の失敗で敗走する日本軍から救援を要請されたが、逆に日本軍に襲い掛かり、日本軍を撃退した。
なお、戦後、アジアにあるイギリスの植民地が次々と独立したのは、政権がチャーチルの保守党からアトリーの労働党に変わって、政策が変更されたことが大きい。

>>15
>今北朝鮮に近い島国の事さ。
これは違う。北朝鮮は他国(他民族国家)への侵略戦争は行っていない。
>>10の私のコメントも参照。


17. 2017年5月14日 12:36:57 : yI4givJaF6 : iHYifx0YXWg[19]
>2 人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史

そんなものがどこにあったのか、と聞きたい。おそらく、内地にいた少年や参謀たちの心の中にあった想像の産物としかいいようないだろう。


18. 2017年5月14日 13:07:48 : GZmOUWKgHU : Lq3ZeDf87YU[1]
水木氏が「戦争の大義名分」を知らない、という事はあり得ないと思います。小林よしのり氏の「戦争論」もちゃんと読んでいるようですし。その上で、さらに「現実の戦争の悲惨さ、みじめさ」を描こうと考えた、という事です。「例え始める方にどんな大義名分があったとしても、前線に立つ兵隊にとっては戦争は単なる殺し合いでしかない。それは、どんな戦争であっても変わらない。」という事ではないでしょうか。

19. 2017年5月14日 14:00:15 : yvd5dfMr6k : wHvKjYB4c_M[1]
16さんよ。あたりまえのつまらない教科書的コメントすぎるな。くそうよへの説教に傾注して欲しい。

大体だな、日本の中国進出もよくみれば、大企業や国家主義者の押しだけど、裏には中共を成立させたいアメリカのパペットになってたんだよ・

海軍がいい例だぞ。長征の側面援護で、河北に日本陸軍を導入するだけじゃ足りなくて、上海に二度も陸戦隊を派遣して、大戦争を起こしただろう。

だから石原カンジなんていいおもちゃだったんだよ。ましてや大東亜共栄圏なんて当時の日本人もネトウヨの馬鹿どもと同じレベルの一部の狂信者を除いてだれもしんじちゃいなかったんだから。

本んとうの歴史なって教科書になんか絶対乗ってないんだよ。


20. 2017年5月14日 16:04:02 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[42]
19>>。ヨ大体だな、日本の中国進出もよくみれば、大企業や国家主義者の押しだけど、裏には中共を成立させたいアメリカのパペットになってたんだよ・」


 どういう意味、裏歴史かい?

 だれが アメリカのパペットなの、 日本の大企業か、 それとも海軍が

 アメリカのパペットののかい

 アメリカのパペットで 日本は米国に操縦されながら、日米戦争をたたかっ

 たの?  アメリカの脚本で全部動くのかよ、世界はアメリカを中心に

 動くてか・・・。スゴイネ


21. 2017年5月14日 16:45:46 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[43]
20>>。ヨ本んとうの歴史なって教科書になんか絶対乗ってないんだよ。」

  歴史のき教科書の前書きに書いておくべきだな。

  教科書には本当のことなど絶対乗ってません、そのつもりで

  ぎゃくにいえば、嘘がのってます。

  勉強する意味あまりない。寝てろ こんな前書きな。

  


22. 2017年5月14日 17:02:43 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[650]
>>6

 まだ「バカな自己弁護論」を言い張るのかね?

 ABCD包囲網は「大日本帝国いじめ」の単純なジャイアンの行動だったのか?

 寝言は根て言え。

 


23. 2017年5月14日 17:07:37 : zU3bOA6eeQ : D1Ln9H3teEc[651]
>>11のバカ者

 お前本物のバカ者だな。リベンジの意味知っているのか?

 


24. 宇宙の塵[196] iUaSiILMkG8 2017年5月14日 17:16:26 : ysTae0IZqY : VCYUeOo7Gsw[4]

>>戦記ものと称する一連のマンガ「0戦はやと」とか「紫電改のタカ」「我れは空の子」での一発の銃はなんのために発射するのか、というと、自分の身を守るためで、いわば冒険活劇漫画であって、本来の意味での戦争マンガというものではないだろう。

ちばてつや の『紫電改のタカ』は、「少年マガジン」に連載されていましたね。 最後は主人公の近い死(戦死)を暗示するような終り方だったと思います。 何か物足りないというか、言ってみれば中途半端な終わり方でしたが、私の記憶違いでなければ郷里で自分の帰りを待つ女性の描写が最後の場面だったような・・・・。

確かに、戦争のむごさや残忍さを伝えようとするような漫画ではなかったですね。 しかし、どことなく厭戦的な雰囲気の、心の襞に引っ掛かる無言の何かがありましたね。 思い返せば、心のどこかで生涯を共に歩んできたような、今でも身近に思い出される漫画です。 作品名を見て書かずにいられなくなりました。


>>日本軍がひ弱な姿を見せたり、ボロボロに負けたりする作品は読者にうけないということを把握した彼は、ある程度、読者におもねった雑誌づくりが必要だと感じていたようだ

まだ自我や自尊心の形成途中にあって、世の中の仕組みもまだよくわかっていない年代の読者に、その所属する共同体の負の側面を知ってもらう場合は、たとえそれが事実であっても、教え方に工夫が必要なのかも知れませんね。
ただリアリティーの連なりを提示しさえすればよいということではなくて、水木氏はよくわかっていると思うのですが、そこに何かが凝縮されていれば、一片のリアリティーであっても十分な場合がありますからね。

「読者におもね」るというよりも、読者とともにそこに居合わせる想像力が作家には求められるのであって、水木氏にはその想像力があったからこそ大成できたのですよね。
 
 


25. 2017年5月14日 17:47:00 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1456]
>>6 は、完全なる「ウヨのインチキ」 マッカーサーは 「日本は資源を持たないから戦争に訴えた」
と言っているだけで 自衛(Self-defence)だったなどとは一言も言っていない

「資源を欲した戦争」 イコール 「侵略戦争」 である事は 国際的な常識なのだ

※ 戦争には「侵略(Aggression)」と「自衛(Self-defence)」という明白な国際法上の区分が存在する ※

http://migino38.seesaa.net/article/373684683.html


● 要するに 「マッカーサーの自衛発言」 は、ウヨ連中の捏造である ●

むしろ逆にあの当時の日本が掲げた 「アジア解放」 だの 「人種差別撤廃」 だの 後から取って付けた綺麗事を
根底から否定しているようなもの 「実は 資源獲得のための戦争だった」 と
『日本の起した戦争は 侵略戦争でした』 と、むしろ思いっきり暴露しているのだ

そして、日本が 国際社会から完全に孤立し 経済封鎖を受けるようになった根本的な原因は
その大部分が 「日本による大陸への侵略行動」 にある事も、歴史的にも国際的にも常識である

自作自演の柳条湖事件から始まった満州事変 満州事変から世界の目を逸らす目的でワザと起こした
第一次上海事変 関東軍の謀略は挙げればキリが無いほど 次から次と出て来るのだが
極め付けは ドイツに降伏させられたフランスへ 火事場泥棒同然の侵略行動『仏印進駐』である
(侵略と言われてもやむなし これは後世の人間ではなく 当時の 軍人達が 認めている事である)

● 経済封鎖を受けた原因は大部分が日本側に有り 「経済封鎖をする方が悪い」 と言う論理は
 今の北朝鮮を擁護するのと同じで 馬鹿の妄言としか言い様はないのだ ●


26. 2017年5月14日 19:28:17 : yvd5dfMr6k : wHvKjYB4c_M[2]
20、21は新聞でも読んで投稿していろ。チャーチルが戦後、選挙で負けたとか、マッカーサーが変節したとか、現代史をちょっとかじったら、誰でも知っているもったいぶった一説を引用しているだけだろ。そういう公的に認定されたような歴史カンにしがみつきたいならな。そのていどがネトウヨに毛が生えたて度だってことだな。すくなくとも米内とかヨハンセンとか検索してから、批判しないと陰謀論の板なんだから、場違いのペダンティックなおっさんということになるぞ。(おばはん?)

27. 2017年5月14日 20:03:13 : g9Sh5YnDmc : A6YoXtWhhCw[44]
26>> 了解 インチキ陰謀論の板ですか

まともな話はいらないのね。

    こりゃまた 失礼しました バイバイ(by植木等)

    


28. 2017年5月14日 22:04:10 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[887]
まったく、みんなひねくれた「孫」ばかりだな。(笑)
頭でっかちで陰謀論ばかり語りたがる。
これじゃあ、祖父(じい)ちゃんたちの身の上話なんか素直に聞かなかったわけだ。

29. 2017年5月14日 22:09:09 : lh1GGwoOtM : YsxGZGc1SWo[888]
それから、大所高所から結構なお説を垂れてる人もいるが、いざ、戦になったら、あなたは総理でも防衛大臣でも幕僚長でもない、ただの一兵卒なんだよ。
昔の水木さんと同じ立場なんだ。

そのことは忘れるなよ。


30. 2017年5月14日 22:41:10 : n8SitkzjXg : reM66gowbg4[7]

≫2罵愚まる出し現人神洗脳愚人

≫6義務教育社会科点数零点人コメ・・・「日本会議」会員ですか

≫8も6と同じだ。―――大日本帝国は明治初期から資源略奪のため朝鮮を植民地にして侵略を開始した。そして、最後はヒトラーと手を組み2000万人も人を殺したアホたれ天皇日本だった。北朝鮮よりひどいね。
>インドネシア系シンガポール人として言いたい。「ドーモアリガトウ、ニッポン」
・現地の富裕層と、日本人に脅かし騙された人々がそう叫んだ・・・が、その後反日となった。
・敗戦直後、あの日本共産党までも、米軍進駐に「占領軍バンザイ」「沖縄も解放された」と言ったくらいだからね。

≫11反省という言葉を知らない人。
アナタ、天皇裕仁の「臣民」に生まれていたら、「兵隊」、「軍国少年」になっていたね。

≫12、だからお前さんもドロボー強盗の仲間入りをするか・・・ノー酸欠?

≫19
>当時の日本人もネトウヨの馬鹿どもと同じレベルの一部の狂信者を除いてだれもしんじちゃいなかったんだから。

「しんじちゃいなかった」のに???、、、海を渡って人殺し2000万人、日本人300万人が戦争で殺された。。。日本人はロボットだったのか???お前さんがその時徴兵命令「赤紙」出されていたらどうした?


31. 2017年5月14日 23:25:00 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1334]
>>27
そんなくだらないコメントに反応してどうするのだ。
それよりも、君の>>6のコメントを完璧に論破した、>>10>>25のコメントに反応しないのはなぜだ。
反論できないからだね。できないのならしなくてもいいよ。

>>30
>敗戦直後、あの日本共産党までも、米軍進駐に「占領軍バンザイ」「沖縄も解放された」と言ったくらいだからね。

獄中18年の日本共産党書記長の徳田球一は、戦後GHQによって解放された。
だから気持ちはわかると言って同情してあげないと。
しかしその後GHQは変質し、反共政策に転じ、レッドパージを行うようになる。


32. 2017年5月14日 23:51:16 : n8SitkzjXg : reM66gowbg4[9]

≫31さんへ
30ですが、一言

>後GHQは変質し、反共政策に転じ、

完全に違います。
それはアメリカの美化行為です。
その認識ではアメリカの対日支配と、現「日本国憲法」の持つ弱点、そして「日米軍事同盟」体制の現状を正しくつかむことはできないと思います。
一例だけ挙げますと、
広島と長崎への原子爆弾投下行為は、まさに帝国主義国の「反共政策」から引き起こされた事象と言えるでしょう。
アメリカの「反共政策」は当時も一貫したもので、具体的対応の現れ方に差があるだけです。
(夜も更けたので失礼)



33. 石爺[341] kM6W6g 2017年5月14日 23:54:28 : RU3sAuaixg : vuRW108KvSM[287]

  日本会議には天罰を

  神社本庁には神罰を

  公明党には仏罰を

  世界人類には希望を


池田大作 名言100選 より
-------------------------------------------------------------------
民主主義

戦前の軍国の日本は、

民衆一人一人が意見をもつことが許されず、

戦争の暴走を食い止めることができなかった。

民主主義は、制度の問題だけではない。

民主主義を支える民衆が自らを高めていく努力が不可欠である。

-------------------------------------------------------------------
平和憲法

戦争放棄をうたう日本国憲法に掲げられた

平和の理念と精神を、

全世界に広げることが日本の使命である。

戦争を放棄するためには、不信を信頼に、

憎悪を友情に変え、

戦争など起こさない友好関係を、

すべての国々と築いていく以外にない

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

34. 2017年5月15日 08:36:38 : E1VMpc8PGe : ttVwtYSxb5I[7]

お金を(通貨発行権)支配する者が人を支配する ← 世界財閥ロスチャイルド
戦争も(人殺し)お金(利益)の為にするのであって決して正義の為にするのでは
ありません人殺し自体が不正義だからです

政府紙幣を発行している国家は世界でも少数であり政府紙幣を発行してない
殆んどの国の通貨にロスチャイルド一族は関与している
日本は硬貨は日本国と印字していますが紙幣は日本銀行券になっております
尚且つ日本銀行株の55%は政府所有ですが残り45%は非公開となっており
この非公開の45&の大部分がロスチャイルド一族が所有していると認識されてます
政府紙幣を発行していない他の国でもこの様なパターンで世界の通貨に
ロスチャイルド一族は関与しており実質ドルはもちろん世界通貨に関与しています
ケネディは何故暗殺されたかそれはそれまでの大統領がしなかった政府紙幣を
ケネディは発行したからと世界の識者は解説しています

ケネディが暗殺後半年でこれら政府紙幣はすべて回収されそれ以後歴代大統領は
政府紙幣を発行していません

ロスチャイルド一族は毎日ロンドンで世界の通貨の価格を独占的に決めている

世界の王族でもロスチャイルドの権力には(暴力を含む)とても対抗できないのが現実です



35. 2017年5月15日 08:43:01 : E1VMpc8PGe : ttVwtYSxb5I[8]
34です   ↑の続きで

世界の裏 銀行の秘密をリンクしておきます
        ↓

http://sekainoura.net/%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E9%A8%99%E3%81%99%E8%A9%90%E6%AC%BA%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A03.html


36. ボケ老人[1664] g3uDUJhWkGw 2017年5月15日 10:31:10 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[128]
>2.罵愚:人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史

具体的にはどんなものがあるのか教えてくれないか?
フランスが敗退した後に米国が仏領インドシナに傀儡政権を立てて侵攻したのは人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史になるのかい?

中国が(北朝鮮でもよいが)アメリカに制圧された日本人民を救う
アジアから白人を追い出す
アジアをアジア人の手に
中国版五族協和の錦の御旗を立てて攻撃してきたら、人種差別や植民地支配と戦う中国の栄光の民族史となるのかい?

>6.A6YoXtWhhCw:日本は正当防衛で戦った

ねじ曲げた解釈は止めようね。安倍の閣議決定のようだ。
正当防衛となる根拠は?
日本は何もないから周辺国に強盗を働いた。この解釈の何処に間違いがある?
両方とも同程度の偏った解釈だと思うが。

>8.A6YoXtWhhCw

適当なブログの適当な個所をつまみ食いするだけのコピペではなく、
自身の主張がどうなのかはっきりさせようね。
日本だけが悪玉であったわけではないが、そのことをもって日本を正当化することはできない。

>11.A6YoXtWhhCw:一歩ゆずって

別に譲らなくても良いが、リベンジは本来「復讐」あるいは「報復」「仕返し」という意味だが日本軍の中国侵略は誰に対する復讐なのかナ
もっと安直にリターンマッチの意味で使用しているとしても意味が通らない。

>12.A6YoXtWhhCw:どろぼう(欧米)が横取りした資源をいただくしかないわ。

泥棒の上前を撥ねるの意味で使っているのかもしれないが、
日本語が理解できていない御仁だネ。小学校の国語からやり直しスベシ。
欧米から上前を撥ねたのならご立派(?)だが、欧米の真似をして、最後に出てきた侵略者というだけのことだ。
オレオレ詐欺の最後の最後に、搾りカスまで盗んでいったのが日本だということもできる。
それを、オレオレ詐欺の最初の集団が自分たちの領分に入ってきた新参者を鉄拳制裁したのが先の大戦だ。

    


37. 2017年5月15日 12:08:15 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1458]
36さん ネトウヨどもに そんな問いかけしたところで、マトモに答えなど返ってくる訳は有りません

連中は そんな事、百も承知で “すっとぼけて”言っているだけですから

まず、アジア解放なんて 後から取って付けた綺麗事である事 結果的にアジアは解放されたが
日本の国家としての功績などでは まったく無いという事

そして、正当防衛だの自衛だの まったく空虚で無意味な論議にしかならない事
世界中の誰が どこから見たって 日本の起したあの戦争は 立派な立派な侵略戦争である事
歴史的にも これが常識であるという事

これらは 本当は 判ってて すっとぼけているだけなんですよ哀れなネトウヨは


そして 極め付けの【お間抜け論理】は
あいつ等が(欧米諸国が)先に泥棒したんだから、俺たちが(日本が)同じ事やっても何が悪いのかという理屈
これは、自分達が泥棒である事を 思いっきり認めてしまっている論理で 誘導尋問でも使われる罠のような論理
他の者だって同じ犯罪を犯しているんだからと言われると 自分の罪が軽くなったかのように錯覚する心理を
利用した 一種の 引っ掛け論理でもある訳です

だが、どんなに 他人の泥棒行為をあげつらっても それによって許された泥棒はいないのですから
欧米諸国が侵略したからって、日本による侵略が許される訳でもないのは 当り前の事です

しかも、欧米諸国の侵略と植民地支配よりも【日本による支配はもっと酷かった】という声は、フィリピンなどで
圧倒的に大きかったのも 動かざる事実で、アジアが日本軍を解放軍として迎えたのは最初の内だけだった
日本を侵略者と見なさなかったのは 侵攻が及ばなかった(日本による圧政を経験してない)インドだけなのです。


38. 2017年5月15日 12:22:59 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1338]
>>37
>日本を侵略者と見なさなかったのは 侵攻が及ばなかった(日本による圧政を経験してない)インドだけなのです。

それは違う。インドの初代首相のネルーの次の文章を読んでくれ。

  ネルー著『父が子に語る世界歴史3』大山 聡訳 みすず書房(1975 10刷)
http://www.asahi-net.or.jp/~EB6J-SZOK/nehru.html
                
 日本のロシアにたいする勝利がどれほどアジアの諸国民をよろこばせ、こおどりさせたかということをわれわれは見た。ところが、その直後の成果は、少数の侵略的帝国主義諸国のグループに、もう一国をつけ加えたというにすぎなかった。その苦い結果を、まず最初になめたのは、朝鮮であった。日本の勃興は、朝鮮の没落を意味した。日本は開国の当初から、すでに朝鮮と、満洲の一部を、自己の勢力範囲として目をつけていた。もちろん、日本はくりかえして中国の領土保全と、朝鮮の独立の尊重を宣言した。帝国主義国というものは、相手のものをはぎとりながら、平気で善意の保証をしたり、人殺しをしながら生命の神を聖公言したりする、下卑たやりくちの常習者なのだ。だから、日本も朝鮮にたいして干渉せぬことを、ものものしく宣言した口の下から、むかしながらの朝鮮領有の政策をおしすすめた。対中国戦争も、対ロシア戦争も、朝鮮と満洲を焦点とする戦争だった。日本は一歩一歩地歩を占め、中国が排除され、ロシアが敗北した今では、あたかも無人の野を行く観があった。
(引用終わり)

ネトウヨは、上の文章より前の部分の、ネルーが「日本のロシアにたいする勝利がどれほどアジアの諸国民をよろこばせ、こおどりさせたかということをわれわれは見た。」と語っている部分のみを引用し、上の文章までは引用しないので、だまされないように注意。

ついでにガンジーを引用してもいいが、面倒くさいので、興味があれば自分で調べることをお願いする。

なお、上記は政治家の発言で、一般民衆は日本のことをよく知らないのでさほどの嫌悪感を持っていないということはありうる。



39. 2017年5月15日 15:42:27 : uFl7RKFYfA : thp0HlIM4n8[14]
ネッツウヨの言うには
水木しげるは腕のない障害者で、戦争なんか行ってない
だ、そうだ 笑

40. 2017年5月15日 16:53:34 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1460]
>>38
なるほど これは 勉強になりました インド人ですら 日本を侵略者とみなす人間は いるという事ですね

まあ とにかく アジアの住民達は 日本軍の侵攻を 解放者として期待した部分は 最初のうちだけあった
ただそれは、本当の 最初の内だけで 「実際 欧米よりむしろ酷かった」 のも、まったくの事実ですから
ネトウヨ連中は、その 都合の良い最初の部分だけを 殊更に強調し 都合の悪い部分には絶対に触れない
彼らは ご都合主義の権化 みたいな存在で いまさら騙される人間は まずいないと思いますが
念のため注意はしておかなくては なりませんね。

【あの戦争は自衛だった などという馬鹿の妄言 いけしゃあしゃあと吐く人間が いまだに居りますから】


41. 2017年5月15日 17:01:20 : GtpmlVgZrQ : GFFWBYu9lXM[138]
>>2
>人種差別や植民地支配と戦った栄光の民族史を忘れてしまってもいいものか、
そのタテマエを通すって簡単なチート手段が有ったのに、自分等でブチ壊して元の宗主国の方がマシと言われるなんてのはアホの極致だ。

42. 2017年5月16日 00:34:50 : gcUEelSbaA : 55hsthnV@to[1]
31つまらねえ。くそうよにまともに相手にしていちゃバカにされるぞ。こいつらは修正主義なんだからな。建前の教科書の歴史なんて、東大の研究室の中ぐらいの真実なんだよ。

43. 罵愚[5106] lGyL8A 2017年5月17日 05:17:40 : LPgYYlYYWk : d6@UKqcdGRA[160]
 歴史はつねに多面体である。かたよった歴史認識に侵されて、片側からスポットライトあてたり、偏光グラスでのぞいたような議論が好ましいとは思わない。つねに全体像を見すえたうえに、見えない裏側にまで想像力をはたらかせて、思いやった議論が望まれる。
 それは、けっして局所的な話題をとりあげないという意味ではなく、たとえ局地的な話題でも、全体像を把握した、信頼できる歴史観・国家像を背景にもった議論したいということです。

44. 2017年5月17日 13:01:21 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1468]
誰が見たって どこからどう見たって 日本の起したあの戦争は 立派な侵略戦争である

現地住民に 教育勅語を暗唱させる 毎朝 皇居の方向に拝礼を強要する 他にやる事はいくらでも有るのに
600か所とも言われる【神社を真っ先に建立する】 これが、侵略でなくて何なんだ?

水木しげる氏は、日本の侵略行為と不条理な行為を すべてその目で見てきているのだ

https://ameblo.jp/rebotco5102/entry-12215367432.html

そしてさらに、軍事や歴史を語らせれば 政治家の中にに右に出る者はいないと言う 自民党元幹事長 石破茂が
馬鹿ウヨの代表格 田母神俊夫の 妄想に近い論文を扱き下ろした一文で あまりにも正論なので紹介する
_____________________________________

 「東京裁判は誤りだ!国際法でもそう認められている!」確かに事後法で裁くことは誤りですが、では今から「やりなおし」ができるのか。賠償も一からやり直すのか。

 「日本は侵略国家ではない!」それは違うでしょう。西欧列強も侵略国家ではありましたが、だからといって日本は違う、との論拠にはなりません。「遅れて来た侵略国家」というべきでしょう。

 「日本は嵌められた!」一部そのような面が無いとは断言できませんが、開戦前に何度もシミュレーションを行ない、「絶対に勝てない」との結論が政府部内では出ていたにもかかわらず、「ここまできたらやるしかない。戦うも亡国、戦わざるも亡国、戦わずして滅びるは日本人の魂まで滅ぼす真の亡国」などと言って開戦し、日本を滅亡の淵まで追いやった責任は一体どうなるのか。敗戦時に「一億総懺悔」などという愚かしい言葉が何故出るのか。何の責任も無い一般国民が何で懺悔しなければならないのか、私には全然理解が出来ません。

http://ironna.jp/article/3133

↑ 「遅れて来た侵略国家」 自民党幹事長を歴任し 次期総裁候補の一人とめされる 石破茂 ですら
ハッキリ こう断言しているのですぞ つまり 左はもちろん 右から見ても完全に侵略戦争であり
自衛だなどと言うのは 田母神とか石原慎太郎とか籠池とかって【名うての馬鹿ばっかり】だろう
極めてごく少数派でしかない 馬鹿ウヨ連中だけです。


45. ボケ老人[1671] g3uDUJhWkGw 2017年5月17日 17:03:03 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[135]
>43.罵愚:たとえ局地的な話題でも、全体像を把握した、信頼できる歴史観・国家像を背景にもった議論したいということです。

だから?

>44.5KToaZSVnLw:誰が見たって どこからどう見たって 日本の起したあの戦争は 立派な侵略戦争である。
開戦前に何度もシミュレーションを行ない、「絶対に勝てない」との結論が政府部内では出ていたにもかかわらず、

この通りだと思います。
山本五十六が最後の御前会議で『是非やれといわれれば、初めの半年や一年は、ずいぶん暴れてごらんにいれます』と言ったとか。
一武人としての発言ならこれでも良いだろう。
しかし、国家の指導者の一員としての発言なら許し難い。
山本五十六もそれが分かっていて、ブーゲンビル島上空で撃墜されたのは贖罪として覚悟の視察飛行だったともいわれる。

御前会議の方針は半年一年で華々しい戦果を挙げた後、厭戦機運の広がった米国との仲介をソ連に依頼して有利な条件で講和する目論見だったという。
己の脳内お花畑のストーリーで物事が進むと考えるバカの集まりに日本は指導されたということだ。

欧米諸国が正義で日本が悪者であったわけではない。
戦争とは正義と正義の衝突である。それぞれが正義を言い立て愛国を煽る。
しかし、戦場となったインドシナ、フィリピンは日本軍と米英仏軍に蹂躙され、侵略を受けただけである。

是非とも罵愚の見解を聞きたいものだ。

    


46. 2017年5月18日 03:13:10 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1472]
45さん まったく仰る通り 日米開戦に反対していた と言われる山本五十六だが
 実は最も責任が大きい

なぜなら、強硬派たちだって 米国と戦争などして勝てる筈がないという事は 判っていたのです
彼ら強硬派武断派とよばれる軍人達は 虚勢を張っていただけで、内心では勝てる見込みが無い事を
充分に判っていたのです 彼らだって馬鹿ばっかり揃っていた訳ではない
(陸軍大学校なんか いまの東大よりも超難関のエリート大学で 上層部の人間は ほとんどが出身者でした)

中国からの撤兵に強硬に反対し 強硬派武断派の代表格と見られた 軍務局長 武藤章は、政府高官に対して
「海軍が 戦争は出来ない 絶対に勝てないと主張してくれれば、陸軍の方は俺がなんとか纏めるから」
実は こういう“本音を”漏らしていたのです(もちろん 海軍にはこの話 伝わりませんでしたが)

結局 勝てる筈など無いという 虚勢を張った強硬派たちにとって救世主となったのは 山本五十六の唱えた
「早期決戦 早期講和論」 だった事は 間違い有りません

「なるほど、早期講和 これなら戦争始めてもいいかも(負ける前に止めればいいのだから)」

こう考えたから 勝てる筈のないアメリカとの戦争 おっぱじめてしまったというのが
私の考える あの戦争の始めるキッカケ 本当の原因 だと思っています。


そして、現実には 二発もの原子爆弾 落とされてもなお 容易に戦争を止める事が出来なかった
最後の最後まで ポツダム宣言を受諾するのに抵抗し続けた若手将校達を見れば理解出来る事
【戦争と言うのは 始めるのは簡単でも、終わらせるというのは かくも困難で難しいという事】

これを、我々は 肝に銘じておくべき事だと 私は思います。


47. 罵愚[5114] lGyL8A 2017年5月18日 05:27:23 : LPgYYlYYWk : d6@UKqcdGRA[168]
 またいつもの金魚のウンコがついてきた…

48. ボケ老人[1674] g3uDUJhWkGw 2017年5月18日 08:06:01 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[138]
>47.罵愚:またいつもの金魚のウンコがついてきた…

反論できない罵愚の嘆き節か

   



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK225掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK225掲示板  
次へ