★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226 > 134.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「9条は危険」米国大手紙が日本に憲法改正を促す 日米同盟の片務性が改めて俎上に(JBpress)
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/134.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 21 日 09:20:21: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

フィリピン海を航行する海上自衛隊の護衛艦、米海軍のミサイル駆逐艦、ミサイル巡洋艦と原子力空母「カール・ビンソン」。米海軍提供(2017年4月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/US NAVY/Z.A.LANDERS〔AFPBB News〕


「9条は危険」米国大手紙が日本に憲法改正を促す 日米同盟の片務性が改めて俎上に
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50063
2017.5.20 古森 義久 JBpress


「日本の憲法9条は同盟国との集団防衛を阻止するため、日本にとって危険となりつつある」――。

 米国の大手新聞が最近の社説で日本の憲法9条を取り上げ、日本自身の防衛にとって危険だと断じ、改正を促した。

 このところ米国では、日米同盟の片務性という観点から日本の現行憲法への批判が出てきていた。そうした状況の中で、この社説は論点を憲法9条に絞り、現行の制約のままでは日本が中国や北朝鮮の軍事脅威に対処できなくなるから危険だとして改正を訴えた。

「日本の憲法改正の論議は遅すぎた」

「ウォール・ストリート・ジャーナル」(5月8日付)は「日本の憲法の賭け」と題する社説を掲載した。

 ニューヨークを拠点とする同紙は米国で最大の発行部数を誇り、全米規模の販売網を持つ。インターネット版の読者数も新聞サイトとしては全米でトップを走っている。政治的には共和党寄り、保守志向とされるが、トランプ政権に批判的な論評も多く、政権側からたびたび非難を浴びてきた。

 5月8日付同紙の社説は、まず、安倍首相が最近、現行憲法を2020年までに改正したいと言明したことを取り上げ、「日本憲法は新しい現実に適合させるために刷新する必要があるという点で、安倍首相の改正への動きは正しい」と賛同する。そのうえで以下のような主張を述べていた。

・戦後の米国にとって日本に対する大きな懸念は、日本の軍国主義の復活を防ぐことだった。米軍の日本占領期に、ダグラス・マッカサー司令官の幕僚たちによって草案が作られた日本の新憲法は、9条で戦争を放棄し、軍隊の保有や「武力による威嚇または武力の行使」を禁じている。

・これらの禁止事項は、日本が民主主義国家となった以上、もう不要となった。だが、日本は米国の安全保障の傘下に避難していることに満足してきた。

・憲法9条は、もはや日本にとって危険になりつつある。なぜなら憲法9条の制約は、日本の同盟諸国との集団自衛を阻止するからだ。

・自衛隊は、日本が外部から直接的に攻撃された場合にのみ自衛を許されるという条項によって正当化されてきた。だが、今や北朝鮮の核兵器が日本や世界に対する脅威となった。中国も軍事力の行使範囲を拡大している。日本は自国が直接的に攻撃を受けていない状態でも、米国などとの共同の軍事行動に参加できる攻撃能力を持つ軍隊が必要となったのだ。

 ウォール・ストリート・ジャーナルの社説は以上のように述べ、経済改革のための諸課題が後回しになる政治リスクがあるとしながらも、「日本の憲法改正の論議は今や遅すぎたくらいであり、その議論は日本にとって極めて健全である」と強調していた。

明らかに変わってきた米国の態度

 日本が同盟相手である米国とともに集団的防衛活動に加われない問題については、トランプ大統領も大統領選中から「今の日米同盟では、日本が攻撃されたときに米国は助けるが、米国が攻撃されても日本は助けない」などと発言し、繰り返し批判してきた。

 民主党側からも同様の声が上がっている。今年2月、下院外交委員会のアジア太平洋小委員会の同党側筆頭メンバーのブラッド・シャーマン議員は、「米国は日本の尖閣諸島を守る必要はない。なぜなら日本は同盟相手の米国が攻撃されても助けようとはせず、憲法の制約をその口実にするからだ」と述べ、日本の憲法の制約を「不公正」だと非難した。

 このように米国では最近になって、日本の憲法9条の規定が日本の集団防衛活動を阻み、日米同盟を一方的にしているという批判が広まってきた。

 これまで、憲法9条の規定が日本の防衛にとって、さらには日米同盟の機能にとって「危険」な障害になっていると断じる意見はほとんどみられなかった。だがここに来て、ウォール・ストリート・ジャーナルが社説で日本の憲法9条を正面から取り上げて「危険だ」と断定したことは、米国の日米同盟や日本の防衛努力に対する態度が根本から変わってきたことの反映だと言えそうだ。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-7556] koaQ7Jey 2017年5月21日 09:26:26 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
アメリカは日本がまともな軍備を持てない様に画策してるけどな:


1972年2月、当時のニクソン米大統領とキッシンジャー補佐官が北京を訪問し、
周恩来首相と会談した時に、日本に対して三つの密約が交わされた。
米中密約の内容

1.日本に核武装そして単独防衛させない
2.これを防ぐために米軍は日本に駐留する(ビンの蓋論)
3.朝鮮半島および台湾問題で日本に発言権を与えない

この密約は、2002年10月、当時の江沢民中国国家主席が、
テキサスの牧場に当時のブッシュ大統領を訪ねたときにも再確認された。


2017年05月07日
日本は攻撃用兵器を保有できるか? 巡航ミサイル導入議論


防衛だけしていても「防衛」はできないという矛盾を自衛隊は抱えている


日本がトマホーク導入希望

一部報道によると北朝鮮情勢が厳しくなる中で、日本政府が巡航ミサイル導入を希望しているとされている。

米国製「トマホーク」導入を想定し、来年度予算に調査費計上を予定していると、政府関係者が語ったという。

自民党は4月30日、北朝鮮の弾道ミサイルなどを想定し、敵基地攻撃能力の保有を政府に提言していました。

過去には日米防衛協力のための指針、日米ガイドラインで日本は敵基地を含めるよう要請したが、米側が拒否してきた。

この議論は日本国内で何度か盛り上がった事があったが、アメリカの反対などで毎回断念してきた。

アメリカは何度か日本に戦争への参加や攻撃能力取得を求めたが、日本側が要望したときには拒否してきた。


古くは1950年の朝鮮戦争時、非武装だった日本に「日本軍再結成」と朝鮮出兵を求めてきて、日本側は拒否した。

ベトナム戦争の時も協力要請があったが、やはり日本側は直接の協力を拒否し、湾岸戦争でも出兵を拒否した。

それでいて日本がF2戦闘機やF22戦闘機取得で攻撃能力を得ようとすると、アメリカは毎回拒絶してきた。


1993年に北朝鮮が核開発と弾道ミサイル開発を本格化させたとき、米クリントン政権は北朝鮮攻撃を決め、日本に協力要請してきた。

日本側はまた協力を拒絶した一方で、日本が戦闘機に攻撃能力を持たせる件を、アメリカ側が拒絶してきた。

こうした両国の食い違いによって北朝鮮は野放しになり、日本は攻撃用兵器を取得できずにいる。


日米安保の機能不全

日本が戦闘機などに敵基地攻撃能力を持たせようとすると、アメリカは必ず「極右政権」や「侵略戦争を肯定している」のような批判を浴びせた。

つまりアメリカは朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争などで自分が負けそうに成ると「おい日本、敵を攻撃しろ」と言ってくるが、攻撃用の兵器を持とうとすると反対している。

2013年頃にも自衛隊が独自開発する短距離弾道ミサイルを配備するという話があったが、その後情報はなく立ち消えになったかも知れない。


今回の巡航ミサイル導入も、トマホークはアメリカ製兵器であり、アメリカが許可しなければ導入できない。

一連の出来事で分かるのは、アメリカ政府は日本が攻撃用兵器を保有する事を、過去ずっと拒絶してきたという事です。

敵基地を攻撃できるという事はハワイやグアム、アメリカをも攻撃できるという事で、アメリカ軍にとって脅威となる。


生かさずころさずという言葉があるが、アメリカは日本が「過剰な軍事力」を持たないように、日米安保という枠に嵌めている。

日米安保が有る限り日本は守られるが、その一方で日本が攻撃兵器を持つことは許さない。

日本が他国を攻撃できなくすることで、アメリカは日本の軍事的主導権を握り、何でも要求を飲ませる事ができます。


早い話、日本が核ミサイルを保有してしまえば、アメリカが貿易赤字で騒いでも、日本政府は「だからなに?」と突っぱねるでしょう。

現実の日本はアメリカに安全保障を依存しているので、アメリカの要求を拒否することはできません。

アメリカの機嫌を伺っているのだが、攻撃用兵器を保有しないことで、ますます日本のアメリカへの発言力は低下している。
http://www.thutmosev.com/archives/70798368.html


航ミサイル導入議論 >


2017年05月06日
アメリカの対日貿易赤字が急増 米は再び日本だけを攻撃する


アメリカから非難されると、日本は謝罪して許しを請うしか選択肢が無い状況は、80年代と同じ。
引用:http://livedoor.blogimg.jp/tntnnk-itigiku/imgs/f/1/f1eaed8d.jpg


アメリカの日本叩き

米商務省は5月4日、ロス商務長官の「米国はもはや対日貿易赤字に耐えられない」という声明を発表しました。

この日発表された3月の米貿易協定では、対日貿易赤字が先月より65%増加し72億ドルになっていた。

輸入による対日赤字の7割を自動車が占めていて、前月より38%増加の51億ドルになった。

          

ロス商務長官の声明ではメキシコと日本を名指しして、両国との貿易赤字が1ヶ月で16億ドル増えたと強調している。

日本に対しては9年ぶりの高水準になり、日本市場開放や日本製品への輸入規制、円高圧力を強めるでしょう。

一方で米国の貿易赤字トップの中国に対してはトランプ大統領が、「北朝鮮制裁に協力すれば問題にしない」と発言している。


中国は南シナ海を占拠し、数千発の弾道ミサイルを周辺国に突きつけ、北朝鮮に強い影響力を持っている。

これらを取引材料にすれば、米国を威嚇して譲歩させたり、逆に中国が譲歩して貿易面で優遇してもらう事ができる。

日本は軍事面の取引材料を持っていないので、アメリカに非難されると総理がワシントンに行って謝罪するしかない。


軍隊には金が掛かるが、強い軍隊が強い外交力を生み、貿易交渉や経済交渉で優位に立つのも事実です。

韓国は朝鮮半島が不安定になるという脅し文句でアメリカと交渉しているし、台湾も中国危機を巧妙に利用している。

日本はアメリカから見て安全パイなので、まあ放置しても良いやという事になります。


画竜点睛を欠く安倍外交

アメリカから不公正貿易を指摘されたとき、日本には取引材料がないので一方的に攻められるだけになるのが、日本経済の弱点になっている。

歴史問題でも慰安婦でも、アメリカは1億人犠牲にした中国や、1千万人犠牲にしたロシア、民間人を無差別攻撃したイギリスなどを決して非難しない。(自分もやっている)

それらの国は核兵器とアメリカを攻撃できる軍隊を持っているからで、アメリカの安全保障上重要なので目をつぶる。


日本はアメリカを攻撃しえる軍隊を持っていないので「日本などいくら怒らせても良い」、だから日本だけを非難します。

国際政治のメカニズムとは、実はこんな下らない力学で決まっていて、「喧嘩が強い奴」が優位に立つのです。

経済や貿易も国同士の喧嘩であり、喧嘩が強い奴が貿易のルールを決めています。


安倍首相は就任以来、地球をくるくる周回して熱心に外交活動しているが、何度訪問して何千億円援助しても、「お金をくれるおじさん」以上になれないでしょう。

フィリピンが海洋領土の大半を占領されても中国の一言で従うのは、中国の軍事力を恐れ、日本の軍事力は怖くないからです。

日本外交が画竜点睛を欠くとはこの事で、様々ないい事をしても、肝心なものが無いのです。


日米経済交渉で米側は不公正貿易を厳しく追及してきますが、日本側には「奥の手」や交換条件がないので、やっぱり謝罪するしかありません。

御免なさいと謝ってもアメリカは許さず、過去の貿易摩擦と同様に、市場開放や輸入の数値目標、為替レートの円高目標を要求してくるでしょう。

日本側は抵抗しますが、結局はアメリカと取引する材料を持っていないので、言いなりに成るしかありません。


アメリカには中国韓国欧州と連携して、侵略戦争や慰安婦で日本を攻撃して屈服させる、という奥の手もある。

それも結局は外交力の裏づけになる軍事力がないので、各国から見て「日本人が怒ってもどうでも良い」からなのです。
http://www.thutmosev.com/archives/70791178.html


[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

2. 2017年5月21日 09:35:23 : BfZmhfjzZM : jZ8QXpGoiX4[8]
日本におけるネオコンとは「スネオ・コンサバティブ」の略である。

3. 2017年5月21日 09:39:28 : ySEJBuLbIQ : LLa0n9stR@c[1]
 古森の記事だろう。

 古森のフィルターは信用できん。


4. あおしろとらの友[235] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2017年5月21日 10:07:45 : sEQSnDSc5E : kJwvwNdQQTo[1]
アメリカは今度は憲法改正を押し付けてくる気だな。ほっといてくれ。

5. 2017年5月21日 10:47:32 : eG7Bd5vIiQ : 7EiW3PSxQvw[5]
イラク戦争・ブッシュ支持 
「恥辱の殿堂」ことサンケイの古森じゃねーか

6. 戦争とはこういう物[2081] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2017年5月21日 11:24:21 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[724]
 憲法改正をしたがる党首様の言い分は「日本国憲法は、米国の都合で押しつけられた短期でいい加減な作文」なるもの。
 実際は、軍事政権を嫌悪した国民の選択により支えられてきたもの。米国の都合は党首様の御望みどおり。

7. 2017年5月21日 12:17:55 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1479]
憲法九条が アメリカの押し付けだなどと 法螺を吹くネトウヨ諸君

憲法九条を作る事を許してしまった事を、一番後悔しているのはアメリカだ
その次が アメリカに媚び諂う 馬鹿ウヨ連中だ。


8. 2017年5月21日 12:44:58 : LOLfGyNDJQ : 1eMcc7kPBI8[3]
仮に古森の記事が”正確”という前提に立って書くと
まず、沖縄の基地といい、日本に展開しているアメリカ軍は第一義にアメリカを守るためにあります。それ以外の目的は二の次です。
日本が在日米軍に基地を提供している以上、”日本側は何もしていない”などという主張はアメリカ人自身、誰からも支持を得られないでしょう。
ネトウヨや古森らは沖縄の米軍基地のそばに住めばいいのです。爆音の中、それでも日本が何もしていないなどという愚かな主張をすればいい。
日本ですら、今さら新たに「ショーザフラッグ」とかやってもネオコンのたわごととしか思われません。

・「日本の軍国主義の復活を防ぐこと」
・「日本が民主主義国家」
いずれも現政権で某国並みに崩壊しつつある。記事を書いている古森を含め、戦前軍部の礼賛と擁護(史実をみない等)、国民主権はダメ、治安維持法の復活など。仮に本当にアメリカ人が日本を民主主義国家だと思うなら、9条以前に、まずこれらの危機を注視すべきでしょう。そうした事実を無視しての己の軍事意見のみの押し付けは、本質はアメリカ得意の独裁傀儡政権やテロリストの活用(それがどんな酷い集団や政治弾圧体制だろうと、アメリカに利用価値があればいい)という非人道と人種文化的偏見に基づいた意見と何ら変わりありません。

・「日本の同盟諸国との集団自衛を阻止するからだ。」
はあ?冷戦時代のシーレーン防衛からやっていますが?

・「今や北朝鮮の核兵器が日本や世界に対する脅威」
北朝鮮の核兵器はアメリカに向けられたものです。北朝鮮を攻撃するアメリカの基地が日本にあるから攻撃が加えられる可能性が高いというだけの話です。今回もトランプが戦争をちらつかせ軍を派遣したことが発端で緊張が高まったことがその証拠です。日本のマスコミはトランプの動向を真っ先に報道し、安倍首相はその間に花見やゴルフを楽しみました。日本にあるアメリカの基地が攻撃を受けた場合に自衛権を発動することは、現行憲法で何ら問題はありませんし、アメリカ政府は9条を問題視していませんし、(安保は問題にできても)問題にできません。

・「米国などとの共同の軍事行動に参加できる攻撃能力を持つ軍隊が必要」
議論以前に、そもそも攻撃能力を持たないというのはどういう兵器なのか(笑)。仮に事実だとすれば、こんな見方の欧米人がいること自体が驚き。
古森よ、だいたい兵器に攻撃もへったくりもないから「軍隊」主張していたのは、あなた方ウヨクの側であろう。

勘違いしているのは、アメリカが北に攻撃すれば(または北朝鮮がアメリカを攻撃する場合)、それはアメリカ対北朝鮮という戦争になるということ。安保があろうがなかろうが、この点が非常に重要です。つまり日本の戦争ではなく、アメリカを守る戦争だという事実。北朝鮮は多くの国交を持っていますが、北朝鮮に味方する国はほとんど皆無でしょう。日本も同じです。そしてアメリカは北の軍事行動を抑えるために日本や韓国国土を巻き込む形になります。勝手に始めるなら、お願いと頭を下げるべきは米国側です。
この問題と日本やほかの国が北朝鮮の支配体制に批判的なこととは関係ありません。だから経済でも国交でも関係を保つ国が多数あるのです。支配体制を理由にアメリカが攻撃したとしても、それはアメリカの方針(イデオロギー)で行うことにしかすぎません。
この妄想記事の問題点は、仮に北朝鮮が核問題で日本を単独攻撃する(もしくは日本が北朝鮮を攻撃する)想定でアメリカ議員が日本の憲法論を持ち出す点です。もし仮にこれらWSJや議員が本当にこうした主張を繰り広げていくなら、それらは古臭い自国戦争論の議論の単なるすり替えか扇動にしかすぎません。
仮に本当として常識的に問題とするなら安保条約のほうで、憲法ではありません。憲法はアメリカ人ではなく日本人が決める事柄ですから。
欧州人などから見れば(実際、なんで日本人はアメリカの肩を持つのか聞かれたこともあるが)、愚かなアメリカ人の一部が日本に迷惑を押し付けているとしかみえないでしょう。そもそも今のアメリカ人が、こうした時代錯誤な差別的な上意下達の間抜けな発想で見ていること自体考えにくいです。

肝心なことは北朝鮮の人たちが自身の手で国を変えていくことです。その自立のために、周りの国が手助けすればいいというのが私の考えです。たぶん韓国の人も同じ考えだと思います(知り合いがいないのでわかりませんが)。


9. 2017年5月21日 14:24:38 : OEU2AjXRPQ : rayy9taTC30[1]
片務もなにもアメリカの傭兵になるこたない。

10. 雅則[436] ieuRpQ 2017年5月22日 00:59:13 : rsexbjvq3E : IsJRuGOP7dM[17]
東アジアでアメリカ合衆国がロシア中国北朝鮮の軍事力を恐れて戦争が続けられなくなった。だから日本が韓国と共に戦争出来る国に成つてアメリカ合衆国を助けてくれという事だ。其れには憲法9条戦争の放棄の平和憲法が邪魔だから戦争できる様に変えろという。でも考えてご覧日本の隣国はロシア中国北朝鮮と韓国台湾、アメリカ合衆国も東アジアで戦争する事をあきらめて平和に暮らしてたら如何ですか。9条変えた所で危険な戦争をする国としてロシア中国北朝鮮から核攻撃されるだけです。アメリカ合衆国が戦争を続ける限り日本への借金は増えるばかりです。武器を売るより助け合って働く事が豊かな生活を確実にします。世界中から優秀な人々を集められるアメリカ合衆国の底力を信じなさい。戦争はしない事。

11. 2017年5月22日 02:53:24 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1480]
憲法九条を変える事が 良いか悪いかはさておき 絶対に必要な条件はこの アメリカの意向と圧力を
そして お馬鹿なネトウヨによる【デマ】を、完全に排除してからでないと 日本に戦争をさせたい
アメリカの支配層と 日本の馬鹿ウヨ連中に 大いに利用されてしまうのは明らかであり
危険極まりない風潮であると 言わざるを得ない

※ アメリカのために 九条を変えるのは絶対に 駄目である

※ 押し付けだから(デマ)変えるというのも インチキである

そして >>8 さんの仰る通り もしも北朝鮮からミサイルが飛んできて 日本国民に被害が発生したとしたら
それは紛れもなく【アメリカのせい】であるという事 アメリカの身勝手な世界戦略の巻き添えである
北朝鮮のミサイルは 間違いなく 米軍基地を狙っている事は誰の目にも明かで 日本を護っているとは
とても言い難いのであるという事 護っているのは アメリカの国益と世界戦略であるという事。

馬鹿ウヨの 嘘と出まかせに 耳を傾けては 絶対にいけない。


12. 日高見連邦共和国[4537] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年5月22日 11:35:48 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[1284]

アメリカ側から“片務性”を言ってくれるのか、コレもっけの幸い。(笑)

だったら日本は、
@平時の上空管制権
A有事の無制限国土使用権
B事故時の治外法権
などを含む、“片務性”を主張すれば良い。

特に『地位協定』の廃棄、または抜本的見直しの上での『日米安保条約大改訂』が必要だろう。

それでこそ、日本とアメリカは“真の友人”になる為の第一歩を踏み出せるんだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK226掲示板  
次へ