★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226 > 378.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「安倍改憲提案の自衛隊明記で憲法9条は180度変わる」一橋大学名誉教授 渡辺治さん 
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/378.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 27 日 02:03:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「安倍改憲提案の自衛隊明記で憲法9条は180度変わる」一橋大学名誉教授 渡辺治さん
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-12278028243.html
May 26, 2017 かばさわ洋平


安倍改憲提案の自衛隊明記で憲法9条は180度変わる!

安倍改憲提案の問題と本質はどこにあるのか。自衛隊を明記することで戦争する国への歩みが強まると一橋大学名誉教授の渡辺治さんが指摘します。また教育無償化とセットで毒薬とアメを同時にのませようとしているとも指摘しています。その背景は、野党共闘の進展がありさらに進むと3分の2はおろか、過半数も維持できななくなる恐れからの焦りだと語ります。野党共闘と市民の共闘のさらなる発展で改憲ストップへ。


赤旗日曜版 5/28

安倍晋三首相の「いちかばちか」の改憲提案で憲法は戦後最大の岐路を迎えました。これからの数年は、安倍改憲を国民の共同が阻むのか、それとも許すのか。日本の針路を決する正念場になります。

安倍提案には重大な特徴が四つ、一つ目は、改憲の本丸を9条と明言したことです。これまでは、最初に国民に受け入れられる改憲を行い、次に9条改憲に踏み込む「二段階改憲」や「お試し改憲」という議論もありました。しかし、実際は改憲派にそんな余裕はありません。国民の改憲への警戒心は根強く、国民投票は2度できない。本命を出して正面突破をはかる決意を示したのです。

二つ目は、9条改悪で「加憲論」を出してきたことです。これまでの改憲論は「戦力」保持を禁止した9条2項の削除を求めるものでした。政府は自衛隊が「戦力」でないというために、海外での武力行使も集団的自衛権行使も国連軍参加もできないと言わざるを得なかった。そこで2項を削除し「正々堂々」自衛隊保持をうたおうとしてきた。

加憲論は、そうしたこれまでの改憲論からの「一歩後退」だという点をきちんとみる必要があります。9条2項の削除論では、とうてい国民の支持は得られず改憲多数派もできない。加憲論はそんな現状打破の奥の手として登場したのです。

だから加権論は、首相が言うようようなたんに「自衛隊を合憲化する」ための改正などではありません。まず憲法に自衛隊保持を書くことで9条が持つ意味は百八十度変わってしまいます。

海外で武力行使をせず国民に支持される自衛隊は、それが憲法9条の禁止している「戦力」にあたるのでは、という緊張下で形成されてきたのです。ところが自衛隊保持が明記されることで自衛隊はその緊張から解き放たれ、事実上の軍隊として羽ばたくことになります。事実上の軍法、軍法会議も3項を根拠につくられる。それだけではありません。すでに安倍政権が強行した戦争法により、2項の戦力不保持に伴う自衛隊の活動制約には大穴が空いています。そこに自衛隊が合憲化されることで、2項の破壊・空洞化、戦争する国への歩みが加速化します。

3つ目は、9条加憲と、緊急事態条項、教育無償化規定の新設をセットで出していることです。衆参両院で公明党や維新の会を抱き込むだけではなく、国民投票で「9条」一本とならないように”毒薬”と”アメ”を同時にのませようとしています。


4つ目は歴代首相ではじめて、2020年施行という具体的な改憲日程を示したこと。改憲には依然国民の警戒心も強く、国民の要求にはなっていません。改憲ムードがない、これが最大のハードルになっています。

20年夏には東京五輪、おそらくその1年前には天皇の退位・代替わりもあり、メディアは大騒ぎとなります。それに便乗して、「憲法を変えて新しい日本を」と進めるもくろみです。メディアも総動員し、改憲への国民の機運を盛り上げていこうという狙いです。


首相はアメリカに追随し、海外で武力行使できる日本をつくるために戦争法制を強行しました。だが9条は死んでいなかった。「小手調べ」として南スーダンに派遣した自衛隊への駆け付け警護の新任務の付与は国会内外の批判をよび、森友疑惑の危機とも連動しかねないため、自衛隊は撤退せざるを得ませんでした。最大の焦りは、戦争法案反対運動の課程で、民進党を含む野党共闘が形成され、国政での改憲多数派形成が困難になったことです。野党共闘がこのまま進むと、次の衆院選では3分の2どころが、単独過半数もおぼつかなくなる「恐れ」がある。9条改憲のためになんとしても野党共闘を分断せねばならない。このいらだちが安倍発言を生んだのです。

中略

安倍改憲阻止の何よりの決め手は、衆参両院で発議させないこと、解散・総選挙に追い込み安倍自民党を敗北させること、安倍政権を倒すことにつきます。その切り札は野党共闘にあります。”安倍改憲は許さない”という点で一致する野党4党と市民の共闘を発展させることが大切です。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年5月27日 02:59:34 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1487]
たとえ 国会議員の2/3で 発議しようとも 国民投票で否決される事は ほぼ間違いない
だからと言って油断してはいけないが 安保法制ですら 廃案にすべきは65%超えであったのに
憲法そのものを改正ともなると、国民の拒絶感は計り知れないだろう 安倍には九分九厘無理である
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/aa4fb768a648c7af81fb4926ef0b918e

安倍晋三がやるから 国民が拒絶するのである 逆の意味で もしもの話だが 憲法改正を本当に実行可能
だった首相は 後にも先にも 先の戦争へ大いなる反省を示せた 村山富一 ただ一人だけだろう。

( 実質 自民党政権で、傀儡の首相だった村山政権 この政権のみが 国民の拒絶感を和らげることが出来
 なおかつ 憲法改正を速やかに実行可能だった唯一の政権だと 思える )


2. 忍穂耳の垢[620] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月27日 05:27:37 : qz7CagTxqU : hMEXaKpJJMo[52]
右に振り切れた戦前を、どうしても封じたいという気持ちも分らぬではないが、
もう、時代が切り替わり始めていることを理解した方が良い。

日本人はもう、考え方が変化している。
自衛隊を、誰から見ても合憲にしたいと、多くの方が思い始めているだろう。

加えて、
北朝鮮や尖閣諸島をめぐる有事などが起きれば、
よりいっそう、それは進む。

もう時代は変わったのだよ。


3. 2017年5月27日 06:40:14 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[22]
 多摩散人です。

 9条は中曽根政権が「専守防衛」の政策を採用し、その後村山政権が自衛隊を合憲と認めた時点で、とっくの昔に180度変わってしまっている。だって、9条には「戦争放棄・戦力不保持」が定められているのに、専守防衛・自衛隊合憲は「戦争不放棄・戦力保持」だからだ。自衛隊合憲は、今更憲法に書き込まなくても、とっくの昔に全国民によって認められている。つまり、9条は国民の心の中ではとっくの昔に破棄されている。

 破ってしまった9条は、今後いくら破っても同じことだ。


4. 2017年5月27日 07:25:39 : jbDvKkAmsQ : WBKM_dUGbuE[41]
不磨の大典というのがそもそも空虚な嘘なんだ。
これに騙されてどれだけ無駄な神学論争がなされたことか。

5. 2017年5月27日 08:14:50 : gLsJVSy1Pk : sZrktToSadQ[2]
交戦権が認められていない自衛隊を実質的軍隊とする見方は幼児の考えと似たり。

専守防衛に限って日本に限定した最小限度の武力を持つことは許されるとした国際法上の慣習と生存権合憲説は自衛隊合憲の解釈の一つでもあるけれど、日本国憲法においては交戦権も認めていないので最小限度の武力を有していても交戦権(戦争)する権利を放棄している以上、自衛隊を3項に書き込んでも自衛隊のままで何も変わらない。
自衛隊が交戦権もないのに、武力を用いて交戦状態に入ったとしたら、交戦を放棄された組織によって外国で武力組織ではないまったくの一般人を誤って攻撃で傷つけたり、最悪殺害してしまった場合、自衛隊には組織を法的に補完する法律(わかりやすくいえば軍法)がないから自衛隊によって違法な殺害が起きてしまったら責任の所在は日本政府でもなく自衛隊という組織でもなく、現地の自衛隊員が負うということになってしまう。
まさか?と思うだろうがこれは安保法制論議のときに民進党の質疑で出てきて、議会中が騒然となった問題である。

集団的自衛権だからそういうことが起きる。
だから集団的自衛権なんか止めろという理屈では、自衛隊のこの矛盾は解消できない。
専守防衛でも全く同じなのだ。
自衛隊はその成りと外形だけは世界の軍隊と比肩しうる組織であるが、中身は交戦権は認められていないが、最小限度の武力は許されている自衛組織であるという大矛盾を抱えた欠陥品である。
これを見ずして自衛隊は実質的に軍隊と同じだという見方は無意味だということだ。

これは昨日の報ステで井上達夫が主張していたことだが、井上は安倍の9条加憲論は改憲派をバカにしているもので、改憲派は安倍に対して怒るべきだと主張しただけではなく、護憲派に対しても交戦できない自衛隊のまま法解釈だけ変えて外に出して武力も使えると嘘八百を言う政府に対し、ただ反対するだけではなく、自衛隊の現実を直視し存在を認めたうえで自衛隊を法的に規定する。
そして自衛隊の暴走を抑制化する現実を選ぶことが護憲派のすべきことで、盲目的に反対することが護憲ではないと怒りを表明していたが、俺は井上の意見に100パー同意はしないけれども、井上の怒りは理解できる。


6. 2017年5月27日 08:32:51 : emIjKsUzFh : Y8f89I9VyYE[4]
憲法9条があっても自衛隊が認められてきたのだから。憲法に自衛隊を合憲と書き込むことは何も変わらないという意見があるがそうではない。

今の憲法9条があるから、日本はベトナム戦争にもイラクへの一方的な攻撃にも参加しなかった。できなかった。それが世界の多くの国から信頼を得てきた。それが崩れる。軍事的にもアメリカの言いなりの国となる。


7. 2017年5月27日 08:35:36 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[24]
>5
 多摩散人です。

 戦争放棄を戦争不放棄に、戦力不保持を戦力保持に解釈改憲して、全国民が嘘を認め合っているくらいなんだから、どんな解釈改憲だって出来るよ。


8. 2017年5月27日 08:47:19 : gLsJVSy1Pk : sZrktToSadQ[4]
>>6
>今の憲法9条があるから、日本はベトナム戦争にもイラクへの一方的な攻撃にも参加しなかった。できなかった。それが世界の多くの国から信頼を得てきた。それが崩れる。軍事的にもアメリカの言いなりの国となる。

間接的には加担してきたでしょ?
井上達夫の怒りは護憲派が参加という直接的行為を以って9条が止めているという論理は、米軍の基地となることで特需を生み日本が経済的に恩恵を被ってきたことを直視していない欺瞞だというものだ。

自分の平和のために他人に血を流させていることに対する鈍感さ。
日本は軍事的にもとっくにアメリカの言いなりですよ。
まずそれを認めろと言うのが井上の怒り。


9. 2017年5月27日 09:33:16 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[25]
>6
 多摩散人です。

>今の憲法9条があるから、日本はベトナム戦争にもイラクへの一方的な攻撃にも参加しなかった。できなかった。それが世界の多くの国から信頼を得てきた。

 だけど、日本は9条を全然守っていない。守ってはいないが、あると得することもある。だから、9条を廃止する必要はないが、今まで通り破り続けることはよいことだ、となる。


10. 2017年5月27日 09:54:32 : JRa5Nh5pcc : byGaz06To0E[4]
>7
>どんな解釈改憲だって出来るよ。
という訳で、さもしい多摩散人は刑法のどの条文を解釈無効化して欲しいのかな?

>8
>日本は軍事的にもとっくにアメリカの言いなりですよ。
>まずそれを認めろと言うのが井上の怒り。
という訳で、筋が通るように軍事的な行動の方もアメリカの言いなりにできるように
せよと。なるほどなるほど

まあ四の五の言っても、忍穂耳の垢が動く生ゴミヒトモドキでありさもしい多摩散人
が地獄から迷い出てきた亡者であることが識別できるようにならないと状況打破の入
口にもたどり着かないわけで


11. 2017年5月27日 10:16:17 : 4x3D50rUHI : pFoD2Euw0DU[1]
>>5
政府解釈では、「交戦権」を「交戦国特権」としているはず。

>そして自衛隊の暴走を抑制化する現実を選ぶことが護憲派のすべきことで、盲目的に反対することが護憲ではないと怒りを表明していたが、俺は井上の意見に100パー同意はしないけれども、井上の怒りは理解できる。

これには理解できる。
問題は「自衛隊の暴走を抑制化」するにはどうしたらよいか、どのような条文にすべきか法律?のプロである井上はどう提案するのか、持論の徴兵制か?

少なくとも「護憲派」の多数は、9条を保持することが「自衛隊の暴走を抑制」できる近道だと現在は信じているんだから彼らを納得させられる論理を見つけられるのかだろう。

>>8
>間接的には加担してきたでしょ?
>井上達夫の怒りは護憲派が参加という直接的行為を以って9条が止めているという論
>理は、米軍の基地となることで特需を生み日本が経済的に恩恵を被ってきたことを
>直視していない欺瞞だというものだ。

それ昔からの左翼の主張だな。
いくら左翼が沈滞したからと言って、
いまごろ目新しい自分の「独創的」な主張のようにメディアでのたまうのは
学者としてどうなんだ?

そりゃ加担してきたことはその通りだけど、
じゃあ実兵力送るのなら欺瞞でないとでもいうのかいな(笑

>>3,7
憲法に限らず法律というものはな、
条文上に明示された意味と慣習としての解釈・運用の二重構造があるんだよ。
素人が読んだ条文の意味と実際の法律家の解釈運用が全く同じでないことなど、
法律には普通にあることだ。
貴殿はそれなりのお歳のように見受けられるが、
10−20代のガキのようなこと言うんだな。


12. 2017年5月27日 10:24:54 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[26]
>10
 多摩散人です。

>刑法のどの条文を解釈無効化して欲しいのかな?

 「刑法」?

私は憲法の全条文を守るべきだと思う。そのためには最善策として9条を廃止するのがよい。そうすれば憲法の全条文は守れる。しかし護憲派の皆さんのお心も尊重して、次善の策として、9条を護り、9条を破り続けるのもよい。これで護憲派も喜び、改憲派も当面困らない。護憲派は9条を護るためなら、どんなに9条を破ってもいいと考えている。自衛隊は合憲だなんて主張はその最たるもの。自衛隊は違憲に決まっているじゃないか。嘘だと言うなら、ウソ発見器の前で「自衛隊は9条に違反しない」と唱えて見ろ。


13. 2017年5月27日 10:46:04 : EYArkIqUqM : I0xO0qMH6gc[6]
>12
>「刑法」?
いや、さもしい多摩散人には総会屋系右翼だった過去が有りそうなので、憲法よりも刑法の方が本命なんだろうな、とかおもっていたら
>ウソ発見器の前
ときたもんだ。やっぱりやられたことあるの?どんな様子だった?
 なお、発言者の人品と発言内容の価値の関係が取りざたされる昨今であるが、さもしい多摩散人に関してはその存在自体が間違いであり、その書き込み内容に意義を見出す必要は無い

14. 2017年5月27日 12:59:00 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1488]
「破ってしまった9条は、今後いくら破っても同じことだ」 とか 悟りきった事を言う割には結局
「そのためには最善策として9条を廃止するのがよい」 これが本音だろうネトウヨ散人さん

だが、憲法九条 破っているというのは ウヨの都合の良い勝手な解釈

確かに、憲法九条 素直に解釈してしまえば 自衛のための戦力と交戦権まで放棄しているとなる
しかし、日本国民には 生存権というものがある 自分達の生活を脅かす事態に対処する権利がある
人間としての生存権は 憲法にすら優先する つまり 破っているのではなく 優先しているだけだ
だから 現実に 自衛隊と言うものが存在している

つまるところ 憲法九条に欠陥があるのは ほとんどの日本国民が認めている所 なのに何故 改正うんぬん
となると拒絶反応が出るのか それは一にも二にも 「自衛」 という言葉の意味を勝手に拡大解釈する
馬鹿ウヨ連中の存在が元凶なのだ いまだに かつての戦争を、自衛戦争だなどと妄言ほざく馬鹿どもである
まあ 散人さんは そこまで馬鹿ではないと信じてはおりますがね

要するに 自衛という言葉の意味を 勝手に拡大解釈する連中が 一匹でも這いずり回っている内は
憲法改正など時期尚早であるというのが ウヨを除く一般国民の 共通認識なのですから
(かく言う私だって 憲法九条 いつまでもこのままではいけないと 正直考えますが、ウヨを根絶やしに
一匹残らず退治してからでないと絶対に危険であると 思いますけどね)

なにせ ウヨ連中は かつて 「自衛」という名目で 満州国を勝手に作り上げ 日本を後戻りできなくした
日本の国を 戦争への道へ引きずり込んだ張本人たちですからね

● 自衛と言う名の侵略 これを真に反省できない限り 憲法改正など有り得ません ●



15. あおしろとらの友[271] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2017年5月27日 14:45:58 : zXkJPSAH3w : p1xrd87cif8[2]
日本国侵略の恐怖が9条破棄。第三次世界大戦の恐怖が9条堅持。

16. 2017年5月27日 15:04:34 : H4Uu73j18Y : W4sBItWGMuo[99]
   


 >02 時代が切り替わり日本人はもう、考え方が変化したんだ。
 >03 破ってしまった9条は、今後いくら破っても同じことだ。
 >05 交戦権が認められていない自衛隊は欠陥品である。

 言い分すべてに納得。
 しかし国民は利巧だし頑固だ。 時の流れとともに国民の考えも変化する。が、たとえ戦争屋が煽っても昔のようにはならないヨ。
 学者は学者。国民は国民だ。学者が違憲と言わざるを得ない自衛隊でも国民はOKなのさ。 欠陥品の9条。 それでもいいんだ。 
 成り行き上の突発事態を心配するなら事前回避をすることさ。  
 人殺しを「よし」とする法律をわざわざ作ることはない。
   


17. 2017年5月27日 16:37:53 : n8SitkzjXg : reM66gowbg4[67]

≫2 能天気な臆病者の「垢」コメ

>右に振り切れた戦前・・・に「耳の垢」が青年だったら天皇陛下万歳と戦地で野垂れ死に
>もう、時代が切り替わり始めている・・・人災は防ぐ、その思考ができない「耳の垢」
>自衛隊を、誰から見ても合憲にしたいと、多くの方が思い始めているだろう。
↑、この文章は、内容が成立しません。小学校の国語のお勉強からし直した方がよいでしょう。
「誰から見ても・・したい」?―――そんなことは決して不可能です。
だから、
>多くの方が思い始めているだろう。・・・という文章は成立できません。テストは零点。
>北朝鮮や尖閣諸島をめぐる有事などが起きれば―――臆病者は「起きれば」とイチコロとなる。。。有事???日本列島はすでに72年間、核爆弾付ごろつき国アメリカの戦争出撃基地となって数々の有事をつくり出してきた物騒な島なんですがね。「垢」はそんなことを言っても難しくて無理だよね?
そして、そんな「垢」のオツムだから、
>時代が切り替わり始めている
>もう時代は変わったのだよ
と、
はじめと終わりの文章が血迷うのでした。


憲法改定は、アメポチのままではダメ。
「ポツダム宣言」を受諾した国なのだから、
いかなる占領軍も日本から完全撤退して、独立した国として改めて徹底して憲法論議をすればいいでしょう。
だいたいが、戦争犯罪人が「象徴」の憲法など噴飯物です、
終戦どさくさ強行憲法だから・・・「9条」も弱点を持っていて、そのスキが狙われているのです。
但し、まず、
アメ公を日本から追い出してから徹底的にやればいい。


18. 2017年5月27日 17:46:06 : TgZSfhqKRM : xdAsNhtrV0k[1]
元から、自分の領土内での殺人を、9条は禁止していない。
(当然、自分の領土内では、今のままでも、武器使用無制限)。
自分の領土内とは、集団的自衛権があるから、当然、日本の領土内とアメリカの領土内のこと。

中国軍や北朝鮮軍が、自分の領土内に侵略して来て大量殺人を始めた場合、
日米の法律に従って、その、無差別大量殺人を行っている凶悪犯達を殺してかまわない。
たとえ憲法で禁止されてたとしても、基本的人権等(犯罪者にも人権があるとか)が禁止しているのであって、9条が禁止してるわけじゃない。
その殺人を機動隊がやろうが自衛隊がやろうが関係ないだろう。どちらも警察なのだから。
どちらも自分の領土内から出ないのだから警察。

9条を変えなくても、今のままで、自衛のための活動に、何の支障もない。
自分の領土内では、武器使用無制限だし、殺人も禁止していない、9条はね。

国民の間で問題にされてるのは、
スーダンでの駆けつけ護衛のように、他の国の領土内での殺人だろう。

9条を変えないといけないと、説いてまわっている人達は、
他の国の領土内での殺人を問題にしてるのに、
自分の領土内での殺人の話に摩り替えて
「自分の領土内での殺人さえ9条のせいで出来ない」などという嘘を広めるのは、
やめてほしい。

問題点が「他の国の領土内で行う」ことにあることに国民に感付かれないよう、
自分の領土内での殺人の話に摩り替えないといけないから、
「自分の領土内での殺人さえ9条のせいで出来ない」などという嘘を広めてるんだろう?

日本を外敵から守らないといけないと本気で思っているのなら、
そういう、嘘と誤魔化しばっかりやっていないで、
実際に、9条のせいで出来ないことを例に挙げて、説得してほしい。

例えば、他の国の領土内から自分の領土内にミサイルを撃って来たときに、
その国の領土内に押し入って、その国の国民を殺すこと、とか。
9条を変えないといけないと言うのなら、
そういうことを具体的に挙げて、それに限定して、その活動だけ可能にするように変える
と説得すればいいんですよ。

具体的に挙げずに曖昧に何でも可能にするように変えようとするから、
自衛隊に、
自衛と関係のない、他の国への侵略をやらせようとしてると
国民に思われるんですよ。
というか、本当に、他の国への侵略をやらせるのが目的なんだろう!


19. 2017年5月27日 22:55:51 : ibcrF7OdZg : D@5sW8QA2bM[6]
>18
 多摩散人です。

>元から、自分の領土内での殺人を、9条は禁止していない。

 9条のどこに「日本の領土内なら侵略者を殺してもいい」なんてかいてあるんですか。9条は「戦争放棄・戦力不保持」ですよ。


20. 2017年5月28日 05:38:48 : Un82dL1gS2 : XFbqZLdK95Y[4]
>14
 多摩散人です。

>確かに、憲法九条 素直に解釈してしまえば 自衛のための戦力と交戦権まで放棄しているとなる

 その通り。9条は自衛戦争も自衛のための戦力の保持も禁止している。その通りじゃないか。

>しかし、日本国民には 生存権というものがある 自分達の生活を脅かす事態に対処する権利がある

>人間としての生存権は 憲法にすら優先する つまり 破っているのではなく 優先しているだけだ

>だから 現実に 自衛隊と言うものが存在している

「9条を破っている」という代わりに「生存権は9条に優先する」と言い換えているだけだ。私もどっちでもいいよ。実質は同じで、私の表現によれば9条を破ってもよいということだから。

 それより、9条は「自分達の生活を脅かす事態に対処する権利」である「生存権」にさえ抵触するのだから、間違った法律である。9条は、憲法に優先する生存権違反である。だから、廃止するべきではないか。

 そんな議論が通るなら、憲法に「人を殺してもいい」という条文があってもいいことになる。なぜなら、憲法に優先する権利があって、その規定によれば、「人を殺す権利はない」からだという議論も成り立つのではないか。


21. 2017年5月28日 13:21:06 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1490]
>>20
いいや たとえ貴方の言う通り 間違った法律であっても 今はまだ必要である
(私だって、遠い将来 変える必要はあると認めるが それはまだまだ先の話)

なぜなら、いまだに あの戦争を 「自衛の戦争だった」 などと言う妄言ほざく馬鹿ウヨどもが
実際に存在しているからである 毒を以て毒を制す あるいは 馬鹿には馬鹿を という事である
どんなに欠陥憲法であろうと 欠陥だらけだった軍国日本とその信望者たちを抑え込むには 必要である

こういう 【欠陥憲法】を もたらした そもそもの元凶は、勝てる筈のない馬鹿な戦争はじめて
日本国民を壮絶な苦しみに陥れた 【軍人共と馬鹿ウヨ連中】に まず文句を言うべきである

※ 腐った魚を食べさせられて のた打ち回るほどの苦しみを味わった人間が、新鮮で安全な魚ですら
 いっさい口にする事が出来なくなったとしても 誰がその人を責められようか 責められるべきは
 腐った魚を 食べさせた人間である ※


どうしても、憲法九条を 廃止させたいのならまず 馬鹿ウヨ連中を 一匹残らず駆除するのが先である
すべての政治家および日本国民が あの侵略戦争を心の底から反省できるようになったらである
その時は私も 喜んで憲法改正に 賛成するだろう。


22. 2017年5月28日 19:33:01 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1494]
要するに 300万人もの日本人と 二千万とも言われるアジア諸国の人達を 殺してしまったあの戦争を
「自衛だ」 などと言えるならば、どんな戦争でも 再び起こせるという事 なんでもかんでも自衛に出来るなら
日本が経験した対外戦争のすべてを 自衛の戦争と言い張ることが出来てしまう

※ 本当の 自衛の戦争は、1274年の 元寇 これだけである ※

その他は 秀吉の朝鮮征伐に始まり 日清日露 シベリア出兵 満州事変 日支事変 太平洋戦争まで
すべて、侵略戦争であるという認識なのが 国際社会における常識なのであるからだ。


23. 2017年5月29日 01:59:04 : EnD8929z1d : GCLiIKNq2GI[11]
>21
 多摩散人です。

 無関係な理屈を並べて護憲を唱えているが、それはそれでよい。どうせ守っていないんだから、あっても実害はない。護憲論者と強調して9条を護り、いくらでも破るのは小気味よい。9条はいくら破っても、護ってさえいれば護憲派もそれで気が済むだろう。

 次は敵基地攻撃だ。新しい軍拡政策を打ち出せば、護憲派はそれ以前の政策への反対論は忘れた振りをして、黙認・追認する。現に、自衛隊は合憲だなどと嘘を承知で言っているじゃないか。


24. 2017年5月29日 02:50:39 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1495]
>>23
無関係な理屈 とか言ってる時点で 貴方やっぱり ご都合主義のネトウヨだ、現実から逃避している

@ 憲法九条の欠陥 矛盾は すでに大多数の国民が とっくの昔から認めているという事実

A なのに 憲法改正となると 国民の拒絶感は いまだに絶大であるという事実

貴方方ウヨは この、二つの厳然たる相反する事実を 説明できないだろう いや 説明したくないのだろう

説明できる論理としては 日本国民が経験した壮絶なる苦しみによって トラウマになっているとしか
どう考えても 他に 説明のしようがないのですぞ

【たとえ憲法に矛盾があっても それでも良い もう二度と戦争は御免だ】


そして、貴方の ご都合主義 矛盾は 「どうせ守っていないんだから実害はない」 とか言って
「廃止するべきではないか」 これ、まったく 矛盾しておりますぞ

● 有っても実害はない(ウヨでさえ認める所) ならば 廃止する必要も無い ●


25. 2017年5月29日 04:59:25 : FLREjhBhUE : NV9LpZaS1WI[7]
>24
 多摩散人です。

>そして、貴方の ご都合主義 矛盾は 「どうせ守っていないんだから実害はない」 とか言って「廃止するべきではないか」 これ、まったく 矛盾しておりますぞ

 日本国民は9条を守れるとも思っていないし、守ろうとも思っていないし、守ってもいない。だから、廃止するのが当然だ。最善策は廃止である。

 ところが、あんたみたいな変な理屈を言う人が、「9条を守っていないことは事実だが、反省しない限り、廃止させない」と国民を騙している。だから、次善の策として9条を護り、必要に応じていくらでも破る。あなたも満足だろう。

>【たとえ憲法に矛盾があっても それでも良い もう二度と戦争は御免だ】

 あなた自身、9条は守れないことを認めているし、また、9条を護っていれば戦争に巻き込まれないと思っているんだから、9条を護ってさえいれば、いくら破っても安心しているだろう。

 「9条を護る」という言葉は「9条を破る」という意味だということは、あなたも含めて、全国民が知っています。ただ、口に出さないだけですよ。


26. 忍穂耳の垢[621] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月29日 07:08:10 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[74]
>>24.殿 横から失礼する。

気になったので、コメントさせていただく。


>@ 憲法九条の欠陥 矛盾は すでに大多数の国民が とっくの昔から認めているという事実

>A なのに 憲法改正となると 国民の拒絶感は いまだに絶大であるという事実

>貴方方ウヨは この、二つの厳然たる相反する事実を 説明できないだろう・・


これは説明できる。明々白々だよ、これは。
あたかも、矛盾にみえるけれども‥
それはそのまま、左巻きさんらが認めたくない矛盾も、含むだろう。

それは、
端的に言うなら「不改常典(かはらずのつねのり)」が原因。

これは左巻きさんらが嫌う、旧憲法に出る「不磨の大典」よりも古い言葉だ。
ま、言葉は古いが、両者が言うところは同じ。つまり言葉の言い換えに過ぎぬもの。

一般に、
「不改常典(かはらずのつねのり)」とは「天智天皇が初め定めた法」と言われるらしい。
私見ながら、弟の天武天皇の後継王朝で語られるということは、その根はもっと古い。

つまるところ、
日本人は、法典、つまりは話題の憲法を、民衆の側から定めたいとは思ってはいないということ。
そうした歴史を、この語彙を引用した元正女帝以降、千数三百年間弱、日本人は生きてきたことになる。
少なくとも‥だ。つまりは、それは日本人の習合的無意識野に刻まれているということ。
それが原因。簡単なお話だよ。

それは同時に、その集合的無意識は、いまだ生き続けているということでもある。
つまりは、左巻きさんらの言う、
近代的な「立憲主義」とやらを支える、西欧的な思潮が、
この日本に育っていないということを意味するだろう。

なにしろ、先の敗戦は‥
西欧からは一種の解放劇とみるかも知れぬが、
いまだ天皇を戴く国としての姿は変わっていない。
西欧が、明治維新を一種の民主革命とみるのも、もちろんあたらない。
やはり、天皇を戴く国の姿は変わらぬままだからだ。武士から明治政府に代っただけのこと。

かように、
日本は、西欧の云ういわゆる国民国家の概念を体した国では無い。
同時に、それに染まぬ姿は恥ではない。
なにしろ、その国民国家の考え方自体が病んでいるのだから、受け取れぬのは当然なのだよ。
その国民国家な先進国が今、テロで怯える国となっているのは偶然ではない。

裁判員制度の話もそうだが、日本に西欧発の仕組みをそのまま持ち込んでも、上手くゆくとは限らない。
それは持ち込んだ者の、歴史観、世界観の狭さを示していることとなろう。

>説明できる論理としては 日本国民が経験した壮絶なる苦しみによって トラウマになっている

それは、戦後のいわゆる「団塊の世代」あたりまでは、
仮説としてはあり得るかも知れぬが‥、
いま自衛隊を合憲にしようと動き始めている、その動きを、むしろ説明出来ないだろう。
 


27. 忍穂耳の垢[622] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月29日 07:12:09 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[75]
>>26 失礼。
誤 テロで怯える国となっているのは偶然ではない。
正 テロに怯える国となっているのは偶然ではない。

28. 忍穂耳の垢[623] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月29日 07:15:55 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[76]
>>17.殿 コメントありがとう。

なかなかに辛辣なコメントだが、どこかでお会いしたかな?

>いかなる占領軍も日本から完全撤退して、独立した国として改めて徹底して憲法論議をすればいいでしょう。

反米も分らなくもないけれど、その議論はそれこそ周回遅れだろう。
米国はオバマ時代の広島と真珠湾でのセレモニーで、日本に対してはある種の「変わり目」を迎えたとみる。
もう、かつての強硬な米国ではない。
それに反米を向けるのは、この時点では悪手‥というよりも‥時勢を読んでいないとなるのではないかと。

それと、徹底して憲法論議など、この国では難しいかも知れぬ。

それは、国民が憲法を推戴するという根にある、欧州発な思考とは、
この日本は、少し違うかも知れないからだ。(その話はすぐ上のコメで詳述した)
断っておくが、それが欧州に比べて遅れているとかの、文明史的な価値観とは別次元の話として。


29. 忍穂耳の垢[624] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月29日 07:27:41 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[77]
>>26 失礼。もうひとつ誤りがあった。
誤 明治維新を一種の民主革命とみるのも・・
正 明治維新を一種の民衆革命とみるのも・・

30. 忍穂耳の垢[625] lEWV5I6ogsyNQw 2017年5月29日 09:45:53 : FUCsYNm71O : 31NrLrpQPUg[78]
>>26 のコメで記した 「国民国家」について、解説するのを忘れていた。

Wikiをみても、どうもピント外れなので、少し補足しておこう。

国民国家とは、
言語や伝統・風土と、国家の概念との間にある深いつながりを、切り離した概念だ。
単一民族がなす国家とは少し違う。その先進国が英仏とされるのをみても解るだろう。

欧州は、長い伝統をもつ王の権威も、それを支える神の稜威をも、
ある時から捨ててしまい、この国民国家という概念をなした。
それは‥古くは、啓蒙主義に始まり、宗教革命を経て、神の権威から遠ざかり、
やがて市民革命によって、国民から王政のしがらみを切り離したものが、それ。
国民主権、デモクラシーの原点とも言えよう。

日本人には、これが何を意味するのかを理解するのは、
同じ民主主義を標榜する国ではありながら、なかなかに難しいかも知れない。

なぜなら‥
日本人にとり、政(まつりごと)を執る、為政者の背後には、
(あたり前に‥)言葉や伝統があり、それを延伸してゆけば、結局、皇室、天皇に行き着く。
だが、人々は、それをぼんやりとした無意識的にしか知らない。
知らないとは存在しないという訳ではない。むしろ国民は、無意識にそのルーツに安んじている。
逆に言えば、
こうした為政者の権威を支えるルーツ、霊性と言ってもよいものを、
壊してしまった社会がどうなるのかを、日本人は想像することが出来ない。

左巻きさんらが言う‥
「近代の」という冠詞が付く国民国家という概念には、こうしたものが含まれている。

別の言葉で言うなら、
民族や伝統と、国家の成り立ちを分離した人工的概念といえよう。
それが、民族や伝統文化と分離した「国民」なる抽象的概念を生んだ。

これをして、
保守な者が「国とは言葉だ」と言挙げすれば、左巻きさんは「それは違う」と噛みつき、
日本は、為政者が縛られる「立憲主義」な国ではない‥と言えば、これにも噛みつく、
それも脊髄反射とも言うような感情が立ち上がる、その背後の背後にあるのがこれ。

だが、
こうした人工的な産物と、生身の人間とは、残念ながら相容れない。
例えば‥
大戦前夜にあった、ドイツ民族の復興という古いタイプの思考を、この国民国家は許さなかった。
その左路線が敷く脅威は、当時のドイツの人々に、強い対抗心さえをも生んだだろう。

それは、往時のドイツ人を、ますます一致団結させ、
その思考は異様な血統思想と結びつき「血と土」というスローガンまでをも生んだ。
第二次世界大戦だ。

こうした、古きドイツの願いは、もろくも否定されて今がある。
もちろん、どれが善くてどれが悪いかは、措いての話だ。
ちなみに、こうしたドイツを、遅れてきた国民と嗤う愚かな議論もあると聞く。


31. 2017年5月29日 12:18:56 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1497]
>>25
「実害はない」 こう言い放ったのは 貴方ですぞ 害の無いものをどうして排除せねばならぬのか
何の説明にもなっていない  ただ 愚痴をこぼしているだけに過ぎない

>9条を護っていれば戦争に巻き込まれないと思っているんだから

私は ↑ こんな論理は 一度たりとも書いた覚えはないぞ ウヨ特有の 思い込みの激しさですな
自分に反論して来るのは すべて左翼人なのだろうという
 
もしも、まともに 字が読めるなら 私がいつどこで 「九条を護っていれば戦争に巻き込まれない」 と主張したのか
探してきて御覧なさいよ 別にこのスレでなくとも他のスレでも良いから。


32. 2017年5月29日 16:09:20 : bsOz82EvKE : rbqYpnfPnoo[10]
>31
 多摩散人です。

>害の無いものをどうして排除せねばならぬのか何の説明にもなっていない

 9条は悪法だが、誰も守ろうと思っていないから、あっても害はないと言ってるんです。25に書いた通りです。

>私がいつどこで 「九条を護っていれば戦争に巻き込まれない」 と主張したのか
探してきて御覧なさいよ

 あなたがそう仰るなら、私の勘違いなんでしょう。

 とにかく、次善の策として9条を護り、9条を破り続けるという点では私とあなたは共闘できる。

 これからも共闘しましょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK226掲示板  
次へ