★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226 > 417.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
スピン、その3 蓮舫は、台湾人だ 
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/417.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 5 月 28 日 00:02:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

スピン、その3 蓮舫は、台湾人だ
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/8ce81313cc55f29cb766d7bc3145cc4f
2017年05月27日 のんきに介護


蓮舫氏の二重国籍問題は、

安倍でんでんが

もっとも頻繁に会うという

インテリジェンス(機密情報)を担当する北村滋内閣情報官が

ほじくり出したものだ。

このおっさん、

山口敬之という強姦魔と気脈を

通じておったという、

アイヒマンの異名を持つ

悪党だぞ。

もし、悪党が言い過ぎなら、

スパイ映画見過ぎのアホたれだよ、こいつ

(拙稿「安倍でんでんが頻繁にあっている人物とは――」
参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/3d4f2c3cd4a860c7364402c1a74c6c9a)。

二重国籍問題って、

一体、なんぼのもんや。

法律的に考えて何の問題もないんだよ。

人の家に

土足で上がり込んで

「お前んとこの家、臭いな」

と言っているのと変わらない。

とても失礼な話だよ。

しかし、あえて、それを繰り返して言うのは、

自民党が沈みかけの船だからだ。

面白いのは、

この事実を隠そうとしているのが

長島昭久‏@nagashima21っていう元民主党員だという事実だ。

古巣の悪口になることを言わないと

浮上しないのか――。

このおっさんの神経症的な反応に付き合いたくないと

心底、思う。

彼は、

こういう。



台湾が友好国だというなら、

内政干渉になるようなこといつまでも言うな。

これにつき、

kaz hagiwara(萩原 一彦)‏ @reservologicさんが

こんな風に解説される。






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年5月28日 00:33:48 : gLsJVSy1Pk : sZrktToSadQ[10]
ネトウヨは台湾を親日国と持ち上げるが、蓮舫が台湾と日本の二重国籍だと知ると台湾の親日を批判できないものだから、外省人と本省人に分けて蓮舫は外省人の家系だから親中だという無茶苦茶な理屈をつけて批判していたな。

蓮舫自身が自分の父親は本省人だと答えているので、そもそもこの批判自体デタラメなんだが、たとえ蓮舫が外省人の家系であっても外省人だから親中なんて理屈が成り立つわけがない。
国民党が中共が支配する中国を認めるわけがないんだし。


2. 2017年5月28日 07:35:12 : jbDvKkAmsQ : WBKM_dUGbuE[45]
>二重国籍問題って、一体、なんぼのもんや。法律的に考えて何の問題もないんだよ。

先ず日本の国籍法では「重国籍」を認めては居ない。「認めれば良いじゃないか」「認めている国はいくらもある」という意見があるのは承知しているが、現時点では「重国籍」を認めては居ない。
既にこれだけで「法律的に考えて何の問題もない」というのが間違っている。
レンホー氏のような場合、20才までは二重国籍でも構わないが、20才になれば外国籍か日本国籍の何れかを選択しなくてはならない。猶予期間は2年間である。つまり22才まで。
この期限までに外国籍を放棄しなかったら日本国籍は失効する。だから22才以降は台湾籍か日本国籍かの何れかで、「二重国籍」にはならない。
「二重国籍でも日本国籍があるから日本人だ」という人も居るが、それも間違いということである。
台湾とは国交が無いから手続きが出来ない、ということはない。放棄を宣誓すれば良いと言う便宜的な手続きがある。
中国は外国籍を取得した時点で中国籍は自動的に失効するとしているから、自動的に失効している筈だという意見もあるが、それなら氏は台湾籍ではなく中国籍だったことになる。その可能性はかなり高いと、個人的には思っているが、氏からはそのような説明は無かったと記憶している。
問題はその次である。
日本国籍が失効している状態で国会議員になったとしたら、法案成立(又は成立阻止)に外国人が関与したことになり、成立した法律が有効か否かという憲政上の疑義が生ずる。
野党だから関係無いと言うことはない。国会での質疑を通じて他議員にも影響するからである。まして3年間は与党でもあったのだから、確実に「日本国の政策」に関与していたのである。
外国人の政治活動は違憲であるという判例もある。本来は政治的デモを行うことにも疑問符が付くのである。
氏には真摯にこの問題に向き合って、誠実に説明して頂きたいと思っている。

「法律的に考えて何の問題もないんだよ」という奇想天外な発想はどこから来るのだろう。不思議でならない。


3. 2017年5月28日 09:17:12 : grillesa1M : JRoXrgdPOD0[1]

そもそも蓮舫が国会議員に立候補する時に、公機関が審査すべき問題だろ?

責任は審査した公機関にあるし、

間違いなく彼女には日本国籍がある。

そして、所得税その他をほとんど日本に納めている。

それだけで十分。他に外国籍があろうがなかろうがそんなことはどうでもいい。

極論、スパイ活動云々なら、国籍あるなしは関係ない。


4. 2017年5月28日 12:37:45 : jbDvKkAmsQ : WBKM_dUGbuE[49]
>他に外国籍があろうがなかろうがそんなことはどうでもいい

私の周囲にも居るが、「兎に角アベが憎い・嫌い」と言う人にとっては、こういう論法が成り立つらしい。


5. ピッコ[1300] g3ODYoNS 2017年5月28日 23:51:25 : GJJuGZxsFs : @EcljS0yhKI[129]
>2.jbDvKkAmsQ  20才になれば外国籍か日本国籍の何れかを選択しなくてはならない。猶予期間は2年間である。つまり22才まで。この期限までに外国籍を放棄しなかったら日本国籍は失効する。台湾とは国交が無いから手続きが出来ない、ということはない。放棄を宣誓すれば良いと言う便宜的な手続きがある。

あなたの主張が正しいのであれば、とっくの昔に蓮舫さんの日本国籍は失効しているはずだし、蓮舫さんは台湾人で、「在日外国人」ということで、滞日ビザで日本に滞在していることになる。 日本国民でなければ選挙権も選挙に立候補する権利も無いはずだ。 ところが現実はそうではない。 蓮坊さんは選挙で多くの国民から支持されて国会議員に選ばれ、今や日本の第一野党の党首だ。 何かを隠してそうなっているのではない。 つまり、あなたの主張は間違っているということだ。


6. 一主婦[2206] iOqO5ZV3 2017年5月29日 02:48:07 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[117]
>先ず日本の国籍法では「二重国籍」を認めては居ない。

↑、この問題は、これに尽きると思います。

日本の国籍法で、二重国籍が認められていない。だったら、これは法違反ですよね。そして、憲法や法を守る責任は,国民以上に国会議員の主要義務です。
国会議員が、違反をして居ると言うことですから、これは問題ある事だと思います。増してや国会議員の野党第一党の党首と言う位置にいらっしゃる方なのですから。問題ありですね。これは、ぜひクリアしなければならない大事だと思います。あやむやではいけないと思います。


7. 2017年5月29日 23:47:58 : WrvV6a5R42 : rlPc6N_NSa8[131]
まあまともな野党だったらこのような人物を代表からおろしもっとまともな人物を代表選ぶでしょうね。
いくら安倍政権下ろしを主張しても全く説得力なし。
わざと自民党を助けるためにバカやっているんだろ第二自民党こと民進党よ。

8. 2017年5月31日 10:22:07 : jbDvKkAmsQ : WBKM_dUGbuE[59]
>5

阿修羅で暇人があーだこーだ言ったってラチは開かない。
国会でグダグダやったって税金の無駄遣い。

レンホー氏が戸籍を公開すれば一発で解決する。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK226掲示板  
次へ