★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK229 > 315.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
立憲4党と語る、これからの日本 自由党編 「勝つための共闘を」 玉城デニー幹事長、森ゆうこ議員 市民連合インタビュー
http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/315.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 18 日 18:00:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

立憲4党と語る、これからの日本 自由党編 「勝つための共闘を」 玉城デニー幹事長、森ゆうこ議員 市民連合インタビュー
http://shiminrengo.com/archives/1735
May312017 市民連合


「経済か平和かという従来の不毛な対立構図を乗り越えて、基地負担の軽減という平和への歩みこそが経済の起爆剤になる、という翁長流の考えが、オール沖縄の原点になった。細かい枝葉の政策ではなく、いくつかの共通理解を幹として結集する。そうしてまずは、まとまって選挙に勝つ。何よりもお互

市民と立憲4党の共闘の原点は、尊厳ある個々人の暮らしを守るための「リスペクトの政治」。 そこから浮かび上がる日本の課題、また必要な政策対応はどのようなものなのでしょうか。 市民の声に応え、衆院選で確かなオルタナティブを提示するために、 立憲4党それぞれが構想する未来の展望をじっくり聞いてみました。

「経済か平和かという従来の不毛な対立構図を乗り越えて、基地負担の軽減という平和への歩みこそが経済の起爆剤になる、という翁長流の考えが、オール沖縄の原点になった。細かい枝葉の政策ではなく、いくつかの共通理解を幹として結集する。そうしてまずは、まとまって選挙に勝つ。何よりもお互いを尊重しながら、共闘を強固に作っていくことから始めること」と玉城デニー幹事長が語った。

「事実上一騎打ちになる1人区で、自民党・公明党に対抗するのにバラバラだったら勝てるはずがない。そういう意味で、野党共闘は非常に合理的。それだけでなく、選挙で勝てたのは、ママたちを中心に市民が一丸となって戦えたからだ」と森ゆうこ参議院会長は、2016年夏参院選の自らの経験を振り返った。

森さんの勝利は、さらに新潟県知事選挙での脱原発派候補の勝利にもつながった。「3.11以降、原発をなくし、新しいエネルギー産業で地域を起こしていくというのは当然とるべき政策だ」と言いきる。

小沢一郎と山本太郎という二枚看板を有する自由党からは、ともに沖縄と新潟における選挙戦を統一候補として勝ち抜いてきた、野党共闘を象徴する政治家にお話を伺った。

自由党ってどんな政党? ーー小沢一郎という羅針盤

津田 こんにちは、ジャーナリストの津田大介です。本日は市民連合主催の「立憲4党と語る、これからの日本」の最終回、自由党の議員さんにインタビューをします。市民連合から岡歩美さんと一緒に、自由党幹事長の玉城デニーさん、参議院議員の森ゆうこさんにお話を伺っていきたいと思います。
自由党はどのような党で、どのような成り立ちなのでしょうか?



森 私が初当選した16年前は、小沢一郎代表が率いる衆参合わせて30名の小さな政党でした、その後、民主党と合併をして、民主党小沢代表の元で自民党と二大政党の一翼を担い、政権交代に成功。しかし、消費増税の問題があり、「国民との約束を守らないのはおかしい」ということで、民主党から出ることになりました。その後、脱原発を一番の政策の柱として「日本未来の党」になった。それはあまり上手くいきませんでしたが、一貫しているのは、まっとうで穏健な保守層、大部分の日本人の期待に応えることができる政党であるということです。

津田 中道右派って感じですよね?

森 どちらかというと右というイメージを持たれていたと思います。小沢一郎といえば改憲派と思われていました。

津田 しかし、自民党時代の小沢さんからみるとだいぶ変わっていると思います。

森 小沢さん自身は変わっていません。憲法や安全保障に関して、日本の平和主義、国民主権、基本的人権、国際協調主義を大切にするという信念はまったく変わっていません。戦後の平和主義を壊してはいけないと考えています。自衛権の拡大解釈が過去の戦争を生んできた。集団的自衛権も同じです。急迫不正の事態に自衛のために闘うが、それは国連の集団安全保障活動が始まるまでと限定しなければいけません。

津田 玉城さんはなぜ自由党に入ったのでしょうか?

玉城 最初に国政に出たのは2003年の衆議院選挙です。喜納昌吉さんが当選した後に声がかかりました。最初は市議会議員でした。しかし、2004年の郵政改革法で選挙があってぼろ負けしました。市議会議員のときに、「上が変わらなければ、社会は変わらない」と思い、自分の考えと近い民主党に入りました。2005年の衆議院議員選挙で落選してからは、自分の政治のお手本になる人がいなかったのですが、この人だけは唯一自分の考えと近いと思った、その人が小沢さんでした。
日本は独立国家ではありません。もともと対米従属で、さらに小泉純一郎元総理の新自由主義政策によって、従来の対米関係よりもさらに酷いものになっていきました。そういうことに対する考えも含めて、2009年民主党で当選してから小沢一郎という政治家の考えを政治信条にしています。

津田 対米従属のことで考えると沖縄では本土よりもより色濃く感じられるのではないでしょうか?



玉城 沖縄では自民党が保守で社会党系が革新です。ですから、革新と一緒に戦えば変わると思っていました。ところが、革新のみなさんと活動し始めると、憲法の話をしない、対米従属の話をしない、憲法は立派だからさわらない、と言うんです。「それで沖縄や日本の将来はどうなるの?」、と思っていました。ここに沖縄の限界がありました。55年体制で政治が仕組まれてきたことの影響が残り、国が言っていることに付き従うヒエラルキーができあっていました。私が革新の中でより根本的な改革を主張すると、「デニーは革新じゃない」と言われはじめました。

津田 よく沖縄は右左じゃないと言われます。平和と経済の2つの軸があるように思います。どちらもちゃんと追求する形で政治をしていく必要があるということですよね。

玉城 そういうときに、自分の考えに一番共感してくれた人が小沢さんでした。

岡 小沢さんって一体どんな方なのでしょう?

森 いい意味でも悪い意味でもカリスマだと思います。決して盲目的に小沢さんを持ち上げているわけではありません。政治姿勢の羅針盤になっています。

津田 森さんは小沢さんとはどういうきっかけで知り合ったのですか?

森 新潟で自由党の女性の候補を応援したことがきっかけになりました。

岡 いわゆる「小沢ガールズ」と呼ばれていますよね。



森 この年になってガールズはないだろって言ってますけどね(笑)。
男女共同参画も遅いし、女性の政界進出もまだまだという中で、小沢さんが一番、男女の平等を考え、女性がもっと政治に入れるようにしようとしていると思います。選択的夫婦別姓についても、いち早く導入した方がいいと言っていました。

津田 岡さん、自由党についてはどのようなイメージがありますか?

岡 生活の党から自由党に党名を変更した理由や、どんな人がいるのかがよくわかりません。

森 「国民の生活が第一」というのが基本になっています。日本未来の党で掲げた原発ゼロの政策はそういう理念に基づいていました。3.11以降、原発をなくし、新しいエネルギー産業で地域を起こしていくというのは当然とるべき政策だと思います。私たちには、しがらみがないからこそ一番重要なことが主張できます。

津田 確かに日本未来の党は、「卒原発」的な、割と現実的な提案をしていたと思います。国民の生活が第一と考えたときに、経済政策や税制についてはどう考えますか?

玉城 規制緩和と税制のあり方を見直すべきです。いま安倍政権が考えているトリクルダウンは結局のところ起こりません。企業の内部留保ばかり増えて、利潤が庶民のところに流れていきません。私たちが考える税制のあり方は、民主党政権で一緒にやったときから変わっていません。「まず財源を持ってきてからその政策を実現しなさい」というムードにまるめこまれてしまうのではなく、必要な政策にしっかり財源を使っていこうということです。そうしなければ日本は先細りしていきます。だから、根本的な分配をやっていかなきゃいけない。

自由党が目指すものとそれぞれの決意

津田 これから特に注力していきたい問題はなんですか?

森 残念ながら、自民党の妨害で、民主党政権の掲げたチルドレンファーストが徹底されず、いまは「安倍友ファースト」、「森友学園・加計学園ファースト」になってしまいました。そもそも、2009年政権交代の時点でも子育て支援を拡充するのが遅すぎでした。あの時が最後のチャンスだったと思います。というのも、どれだけ子育て支援を充実しても、子どもを産める女性の数自体が減っていってしまうからです。自民党は、給付型奨学金を創設しましたが、ごく一部の学生にしか適用されません。アリバイ作りにすぎない。本気でやるならもっと大胆にやったほうがいいです。

津田 教育の無償化は、憲法改正の道具に使われていますね。

森 介護保険料、介護サービス利用料引き上げの法案が成立しました。国民の負担を増やすことばかり考えています。デフレの悪循環は、社会保障政策の失敗によって作り出されている。しかしその話をすると、すぐ消費税増税の話にすり替えられてしまう。



玉城 国会を運営するときに、国民にこれ以上負担をかけないようにやるという視点が必要です。少子高齢化の中で貧困化が進めば、100均でしか買い物ができなくなってしまいます。根本的に政治を転換させなきゃいけない。

津田 岡さんは生活実感としては何を期待していますか?

岡 私はやはり保育の問題や教育にもっとお金を使って欲しいと思います。

森 それはできますよ。しかし、公共工事等のためには平気で借金するのに、なぜか教育や社会保障充実の話になると、「財源はどうするんだ」という話になります。消費税増税などでお金を無理やり集めることが財源を確保することにならないし、結果的に経済を悪くしている。なぜそれで国民のみなさまが納得してしまうのかわかりません。

津田 経済の貧困の問題に関してはどうお考えですか?

玉城 全国では6人に1人、貧困問題に直面しています。沖縄では3人に1人が貧困です。私の地元のうるま市の平均所得は168万円。沖縄の平均は206万円。200万きったらワーキングプアなんですよ。そういう現状にあるのだから、社会保障をどこに分配しなければならないかといえば、子育てと教育の環境をきちんと作らないといけない。若い人たちからとるのではなく、若い人たちに与えていくこと。

沖縄では「基地か経済か」と言われます。しかし、この貧困は基地があろうとなかろうと直面している問題です。実際、基地経済は沖縄のGDP4兆円の5%、2000億円くらいしかありません。もらっている予算と同じ額の税金を国に納めています。基地がないと貧困の家庭が増えるというのはデタラメです。貧困の問題を解決するためには、半分は子どもや人材育成につかっていくべき。民主党政権時代に地方分権の形として、沖縄を先駆的なモデルとしてやろうということになり、それで徐々に良くなってはいますが。

津田 玉城さんはラジオDJをされていた頃から政治のこととか考えていらしたんですか?



玉城 考えるわけないよ!毎日ロックンロール(笑)タレントとしてデビューしたのは30代くらいです。それから30代も後半になって、将来自分が何をやりたいかと考えたときに、いろんな人たちに会って勉強をしたかった。そこでいろんなことを学びました。
本当はNPOを立ち上げて下支えなどをしたかったのですが、一度はタレントとして表に立ったのだから、最終的に表に立って政治家をやろうと思いました。「二足のわらじだ」と相当ボロクソ言われたり、「議員になって苦労しなくてもいいさ〜」とも言われました。議員になって欲しくないという人もいっぱいいましたが、なにか世のため人のためにできるならと思って議員になりました。自分の人生のことだから自分で決めたかったというのもあります。

津田 森さんはどういう経緯で議員になられたのですか?

森 私は逆にすごく意識低い系でした(笑)。昭和63年に夫の母と同居するために、地縁、血縁のない所に家を建てました。1万人くらいの町だったのですが、たまたま近所に住む教育長さんから、一番下の子どもが幼稚園に入るときに、社会教育指導員という仕事をしてほしいと。これからはお任せ民主主義の時代ではない。自らの頭で考えて行動する町民を育てて、新しい町づくりのムーブメントを起こしてほしいと頼まれました。

津田 いままでそういうことされていた経験は?

森 なんにもないですね(笑)。3人の子育てや、自分の仕事で忙しくて、社会変革とはまったく無縁でした。1番目の子どもを育てるときに新進党ができて、「へえ日本も変わるのかな」と思いました。新潟では田中角栄の人気がすごかったので、その愛弟子である小沢さんへの期待もありました。

津田 そういう意味でも小沢さんが自民党から出たのは衝撃でしたか?



森 新しい政治を作ってくれそうな小沢さんを一度総理にしたいという人はたくさんいました。
私はまちづくりのイベントや介護・保育等のボランティアを育て、その事務局をやっていました。介護保険がちょうど始まる年の地方統一選挙のとき、自分たちの代表を政策決定の場に送らねばということになり、いつの間にか外堀を固められ、選挙に出るしかなくなってしまった。だから、玉城さんとは真逆(笑)。私は最後まで抵抗しました。町会議員の選挙は一番難しいんです。申し合わせで街宣車も回さないし、朝晩知り合いのお家に行ってお仏壇のお参りをするのが選挙運動という土地柄です。そして、その町では初めての女性議員でした。

勝つための共闘を――市民が参加する新しい選挙のかたち

津田 そんな風に嫌々議員になってからは、小沢さんの懐刀になりましたね。

森 懐刀ではないですけどね。国会議員としての怖いキャラの森ゆうこと、地域のまちづくり、ひとづくりからやってきた、市民連合的な活動をしてきた森ゆうことのギャップがありますね。

津田 そうやって市民目線でやってきたということですね。野党共闘は前と違って本当にいろんな垣根がなくなっていますね。



森 怖キャラで野党統一候補には一番向かないとみんな思っていたと思います。「あの森ゆうこをなんで応援しなきゃいけなんだって思っているでしょう」っていうところから演説をしました。だから、合言葉は「ニュー森ゆうこ」でした(笑)。

一同 (笑)

森 事実上一騎打ちになる1人区では、当然、自民・公明党が強い。そこに対抗するのに、他の政党がバラバラだったら勝てるはずがありません。ですから、この共闘は非常に合理的だと思います。これは小沢さん的なリアリズムでもあります。市民連合が一番汗をかいてそれをやってくれたと思います。参院選、新潟県知事選挙と、2連勝できたのは、こういう状況の中で希望の光になったかな。

津田 沖縄での共闘はいかがですか?

玉城 翁長さんが県知事選挙のときに、経済か平和かで対立をさせられてきました。しかし、経済人の中に平和が大事という人がいて、また平和は経済からという人もいる、なのになんで一緒にできないんだろうという思いがありました。そういうときに、もっとも保守だった人が歩みよってきた。沖縄にこれ以上の基地負担をさせないで、そこを返還して経済の起爆剤にしようと。これが翁長流の考えでした。翁長さんは革新側にも呼びかけて、大きな柱を作って見せてくれました。これがオール沖縄の原点になっています。

岡 私は2016年の参議院選挙で野党統一候補を応援しましたが、新潟の経験をもっと知りたいです。森さんが、市民と一緒になって選挙をやってよかったことはありますか?

森 新潟には安倍さんをはじめ、閣僚がたくさん応援に来ました。菅官房長官は一番大事なときにNSC(国家安全保障会議)をサボって新潟に応援にきたくらいです。そういう選挙で勝てたのは、特にママたちを中心に、市民が一丸となって戦えたからだと思います。「僕たちの選挙プロジェクト」略して「ボクセン」というのもできました。かっこいいでしょ。身近な生活と未来のために、新しく事務所にきた人たちも、新しい感覚で参加できるように工夫しました。新しく、かっこよく、自然に活動に参加できるっていう取り組みができたと思います。それがさらに進化したのが県知事選挙でした。

津田 最後に、次の衆院選に向けてどのように戦っていきますか? また自由党として打ち出したいことはありますか?



玉城 細かい枝葉の政策が違うということではなく、いくつかの軸で幹を作り、その共通理解の中でいろんな人を集めてやっていくことが必要です。小さい枝葉のところから議論を始めると絶対にまとまりません。まずはまとまって選挙に勝つことが大切です。それが政権を変えることになり、政権を変えることが生活を変えることになり、生活を変えることは未来への希望をもう一度打ち立てることになります。ですから、まずは何よりもお互いを尊重しながら、共闘を強固に作っていくことが一番重要です。

森 もう一つ、野党としては、今の政治の私物化、独裁を象徴する森友学園、加計学園、安倍友ファースト、これを今後も徹底的に追求していきたいと思います。

津田 ありがとうございました。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年7月18日 19:14:49 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[359]
安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合、のホームページ、いいですね。
http://shiminrengo.com/

「立憲4党と語る、これからの日本」は自由党編のほか、社会民主党・日本共産党・民進党編がありますね。ここ( http://shiminrengo.com/ ) から読めますが、赤かぶさん、できればすべて転載してもらえると嬉しいです。
これはつまり、野党共闘を応援するページ(山口先生など学者の会の方や、総がかり行動実行委員会の方などが協力)です。

ちょうど、衆院選・小選挙区の得票数と議席数の推移を調べていたところだったので、メモ代わりにここに置いておきます。

@2009年、投票率69.28%
自民2730万票(64議席)  民主3347万票(221議席)

A2012年、投票率59.32%
自民2564万票(237議席) 民主1359万票(27議席)

B2014年、投票率52.66%
自民2546万票(223議席) 民主1191万票(38議席)

ここから、何かを読み取って下さい。


2. 2017年7月18日 19:16:27 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[24]
沖縄or私にとっての幸運はデニーさんが自由党にいることです。

たしか「国民の生活が第一」のころ
デニーさんの事務所に選挙ポスターをもらいにいって、我が家の前にはって
政治に燃えていた時期がありました。
もちろん今後も支持し続けます。
それにしても、すばらしい顔ぶれの党ですね。


3. 2017年7月18日 19:18:07 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[4400]
沖縄と新潟、野党共闘の成功の地ですね。象徴的なお二人です。

4. 2017年7月18日 20:59:52 : 8jwH3q4Kw6 : lzjqpvenirA[2]
玉城氏>「細かい枝葉の政策が違うということではなく、いくつかの軸で幹を作り、その共通理解の中でいろんな人を集めてやっていくことが必要で・・・まずはまとまって選挙に勝つことが大切です、それが政権を変えることになる」


  ”ベルが鳴る鳴る!、野党共闘最終列車、乗るか乗らないか自由だが”


  安倍の余りの悪政、苛政の中で、国民の忍耐も既に限界超えたんが現状だ。野党共闘は、“やるべし”論なんか遥かにこえて最早、天の声、地の声、国民の声になっちょる。この声が聞こえないもんは、政治参加の資格喪失で去る。野党共闘に対し優柔不断だったり、グジャグジャ言うもんは、最早時間がねえ、見切り発車の時だ、自分達の同調者みつけてそっちへ行くべし。蓮舫・野田も、登場以来約1年待ったが、何か成果あったか、変化あったか。社会を一新する政治は、翌る日には目に見える変化、更に翌翌日には更なる変化がある、つうくれえなドラスチックな動きねえと、国民からはナーンダつうことになるよ。
  野党共闘が政権に就いた時、今日より明日、明日より更に明後日と、国民の暮らしが改善する、暮らしが眼に見えてよくなる、野党共闘はそういう政治を目指すべきだ。こういう思い切った政治をやったんが、テエシタもんだ、実は我々の目の前にいる、安倍晋三だ。テエシタもんだが、この5年間明瞭に、今日より明日、明日より更に明後日と、国民の暮らしは釣瓶落としに悪くなった。国民からはケツ毛まで毟り取って、お友達や大企業にこれでもかこれでもかと貢ぐ。じゃけん、安倍流も真に受けてホイホイ乗った企業も、東芝みてえにアップアップでハッピイにさせてもらえなかったわけだから、それが安倍の限界だが。
  野党共闘は、最早、天の声、地の声、国民の声なんだ。この辺を、昨日の阿修羅小沢提唱オリーブの木構想サイトにコメ載せたので、再掲する。

 「勝利すると、小沢さんは既に読み切っちょるな。碁将棋で言えば優勢から勝勢に転じた段階、陣形もほぼ確定しあとは形つくりの段階、つうあたりだな。なんせ、地方の動きが凄まじい。埼玉で言えば、6月1日に所沢で<野党共闘めざす8区市民の会>が、市民と民進・社民・自由・共産の野党4党の参加で結成され、これで県内15小選挙区のすべてで野党共闘の会が成立した。このパワーは凄ええよ、単純票割り計算でも、15選挙区の全てで自公を凌駕しおる。おんなしことが、全国でも展開してる、地方の変革の炎が、遼原の火の如く燃え広がり、今や中央を舐めつくそうとしているんだ。中央は、蓮舫野田みても分かるとおりグズグズと百年河清待つたぐいだが、地方の動きが中央の優柔不断を乗り越え、新たな政治運動を引き起こしおるよ。
  こうした動きを、小沢さんはイメージ的にオリーブの木にダブラせるが、むしろその遥か前の構造改革運動に似ちょると、小生はみてる。構造改革は、中道左派政権を成立させたが、余りに強い共産党(仏・伊)に対し、対抗上に保守は中道を巻き込み連立し政権についた。我が国の場合は逆で、アメリカCIAバックの自民があんましに強ええんで(外見上)、中道が共産を巻き込み政権奪取目指しおるつう状況だろう。いずれにしても、オリーブの木であろうが構造改革であろうが、政治変革のテープは既に切られたんだ。この動きに竿刺すもんは、蓮舫野田であろうと大河の中でアップアップとなる。大魚も針で引き寄せてから、最後の引き寄せが最も難しい、ここは小沢さんの腕の見せどこるだろう」


5. panbet37[372] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2017年7月19日 14:16:00 : d0KiGcfCiM : RVfJJNnmykc[1]
強く応援します。”オリーブの木”戦略もよし。とにかく国政をいい方向へ変えてください。

6. 2017年7月19日 16:35:24 : 8rLFpOrAm6 : JNqoL6E4iNA[180]
自由党には小沢氏をはじめ森さんデニーさん、山本太郎さん青木愛さん他すべて議員として本当によく活動している、2009年の政権交代で小沢バッシングと小沢氏の人物破壊が起きてからそれでも負けない小沢氏の政治家としての理念と信念に感銘し政治に興味を持つようになった。小沢氏共々森さんの支持者でもあります。少数政党で思う活躍が出来ないのが本当に悔しい、国民の生活第一を思っているのは自由党が一番当てはまる、野党共闘して絶対政権交代して貰いたい。もう安倍独裁政権と政治の私物化には我慢できない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK229掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK229掲示板  
次へ