★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK229 > 707.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
想像以上に深刻な防衛省の組織崩壊  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/707.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 27 日 12:20:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


想像以上に深刻な防衛省の組織崩壊
http://kenpo9.com/archives/1885
2017-07-27 天木直人のブログ


 日報疑惑に関する特別監察報告書があす28日に公表されるのを前にして、きょう7月27日の朝日新聞が、その最新刷りで、大スクープを報じた。

 すなわち岡部陸自幕僚長が引責辞任するというのだ。

 やはり、あの日報疑惑は、陸自ひとりが責任を取らされる事に対する陸自の謀反だったのだ。

 その監督責任から逃れられないことを知った岡部陸自幕僚長が、更迭を潔しとせず、みずから辞任する腹を固めたのだ。

 この背景にある防衛省内部の混乱を見事に教えてくれているのが、夕刊フジに連日のように書いている桜林美佐という防衛問題研究家である。

 間違いなく彼女は現役自衛官からの内部情報を得て書いている。

 それもどちらかといえば陸自からの情報だ。

 彼女に言わせればこうだ。

 現地に配置されている自衛官(陸自)にとってみれば、東京の政治的配慮など関係なく、軍人として現地で見てきた事をそのまま書くのが日報である。

 現地では戦闘行為が行われていたのだ。

 ところが、東京はそれをそのまま認めるわけにはいかない。

 桜林氏ははっきりこう書いている。

 「・・・日報には『戦闘』と記述されていたことで野党の攻撃を受けたため、河野克俊統幕議長が『戦闘』という表現を使う場合には注意するよう、現地部隊に指示するに至った。これは尋常ではない。現場の隊員たちが国会を『忖度』して文言を考える、またそのことで頭を悩ませるなど、あってはならないことだ・・・50度もあるという灼熱の地・南スーダンで汗を流す彼らにとってはバカバカしくてやってられないだろう・・・統幕そのものが『政治寄りだ』と見られてもおかしくない。そうなると陸海空自衛隊VS統幕などという構図になりかねない・・・目には見えないし、言葉に出さないまでも、統幕に不信感を持つ自衛官が増えているような事になれば・・・それが国のためになるのかどうかを私たちは考えなければいけない・・・」(7月27日夕刊フジ)

 桜林氏は明らかに右翼的思想の持ち主であり、自衛官は武人だとまで書いている人物だ。

 その事を割り引いても、もしここに書かれているような不満を持っている者がPKO派遣部隊の中はもとより東京の自衛官の中にいるとすれば、そして、彼らの中で内部告発として情報をメディアに流した者がいたとすれば、これは大げさに言えば陸自のクーデターだ。

 河野克俊統幕議長と岡部陸幕長の間に対立があってもなくても(私はないと見ているが)、陸自の部下を監督できなかった岡部陸幕長の責任は免れない。

 しかし、この混乱の原因は、岡部陸幕長の引責辞任では済まされない。

 河野統幕議長も、黒江防衛事務次官も責任がある。

 そして、そのような防衛省内の混乱を知ってか知らずか、防衛省の制服組と背広組の双方から相手にされなかった稲田防衛大臣の責任は重大だ。

 そんな稲田大臣をかばい続けた安倍首相の責任は重大だ。

 内閣総辞職をして、自衛隊組織と政権の信頼関係を再構築しなければいけない。

 それほどの大きな問題である。

 関係を果たしてあす28日に公表される特別監察報告書は、その事を国民の前に明らかにしてくれるのだろうか(了)






陸上幕僚長、引責辞任へ 南スーダンPKO日報問題
http://www.asahi.com/articles/ASK7W03SSK7VUTIL06C.html
2017年7月27日01時05分 朝日新聞


岡部俊哉陸上幕僚長

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊が作った日報をめぐる問題で、陸自トップの岡部俊哉陸上幕僚長は引責辞任する意向を固め、稲田朋美防衛相に伝えた。複数の政府関係者が明らかにした。

 政府関係者によると、岡部氏から「情報公開請求への対応や陸自内に日報の電子データが保管されていた問題の監督責任をとって辞職したい」と申し出があり、稲田氏も認める方向で、後任の調整に入った。

 陸自の日報問題をめぐっては、防衛省は28日にも特別防衛監察の結果の公表とあわせ、関係者の処分も発表する方針。調査結果には岡部氏の関与も盛り込まれる見通し。一方、岡部氏は処分内容にかかわらず、稲田氏に辞任する意向を伝えている。

 防衛省は8月上旬の発令を予定しているが、自民、民進両党は、日報をめぐる防衛省の特別防衛監察の結果の公表後、この問題に関する閉会中審査の実施で合意している。閉会中審査の日程によっては、発令の日程が変わる可能性もある。

 岡部氏は陸自北部方面総監を経て、昨年7月に陸幕長に就任。自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長の後任の統幕長の有力候補だった。(土居貴輝)



















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年7月27日 12:25:19 : Q3qbpnbECo : 6BVWkq@hfqA[363]
閲兵中に銃が暴発なんてことがないようにお祈り申し上げております

2. 2017年7月27日 12:38:18 : mINW8bMxUQ : 4BobKM9F48E[732]
 
 自衛隊なんて「存在価値がない」

 であるからして 稲田など まったく「素人」でも 防衛大臣になれる

 単なる「名誉職」でしかないのだ

 ===

 名誉職の稲田を 温存するために 最高幹部を 更迭するらしい

 つまり〜〜  自衛隊の最高幹部なんて いても居なくてもよいらしいのだ

 ===

 国の安全って言葉は 存在するが その意味する所の物は グチャグチャで 価値のない物なのだ
 


3. 日高見連邦共和国[5566] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年7月27日 12:43:45 : 0nvyZmqwOI : 00PWiMHvM_Y[122]

まさに組織、幹部は“壊死”してる。

派遣先、災害の前線でがんばってる自衛官に謝れっ!!


4. 2017年7月27日 12:47:51 : 5mu3HK0Sxs : 7qA5TFu8nGA[1]
現地・現場での日報などの記録は極めて重要案者である。今後の活動計画などの立案には何物にも代えられない参考資料である。いい加減な情報で立案すれば、戦闘に巻き込まれたりして隊員が命を落としかねない。また、記録は正確に事実と客観性をもって記述しなくては、今後の参考にならないばかりか、道を誤ることになる。大本営発表とはわけが違うであろう。
そんな大事なものを簡単に破棄するわけがない。極論すれば、戦闘などで危険になって装備を残したまま緊急撤退することになっても、日報などの記録だけは持って逃げるだろう。お寺が火事になったとき、ご本尊、経典、縁起帳などは救い出そうとするのと同じである。そんな大事なものを「すでに破棄した」と強弁する方がどうかしているし、隠していることがバレバレである。

5. 2017年7月27日 15:41:14 : 3MUKz5z08i : nu22RyhxAQo[32]
 南スーダンPKOは過酷な任務だったと思う。

 詳細には報道されていないが、自殺者も出ている(帰国後ということだが…)。猛暑、酷暑の南スーダンとは違うが、映画「動乱」で酷寒の辺境、中朝国境の地に飛ばされた高倉健さん演じる宮城大尉(おそらく2・26事件の安藤大尉がモデル)の苦闘をイメージした。
 安倍・稲田のクソ上司を余儀なくされた陸自の不満が分かる。
 今回の日報改ざんはPKO派遣判断の失敗を糊塗したい安倍・稲田(はっきり言って安倍)の意向が暗躍していたと容易に想像できる。安倍・稲田の失政隠ぺいのために引責辞任する陸上幕僚長の不条理にも同情してしまう。

 シビリアンコントロールは大切だ。同時に戦闘集団をコントロールするシビリアン側にも重大で、必須の責任があることを忘れてはいけない。何より、嘘はいけない。自衛隊員たちを「こんなひとたち」と一緒の感覚で操ろうとでもしていたのなら、万死に値する。

 安倍以下、枚挙にいとまがない腐敗した政治家、官僚、財閥経済人…。いけないよなぁ、駄目だよなぁ、絶対に駄目だよなぁ…と思いながらも、陸自の中にも宮城大尉みたいなひとがいるのかなぁ…と考えてしまう自分が怖い。


6. 2017年7月27日 15:52:58 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[274]
「シビリアンコントロールに問題が出る」
と言われていたのに制服組を外して直接大臣直下に置いたのは安倍自民党だよね。
ここでも野党の指摘の方が正しかったって証明になって居る。

7. 2017年7月27日 16:03:36 : mINW8bMxUQ : 4BobKM9F48E[733]

 >自殺者も出ている(帰国後ということだが


 帰国後にした ということ    自殺 = 戦死

 戦闘だから 戦死したわけで  衝突なら 死者はでないくらいのイメージだよね〜〜

 戦死者がでたのだから 戦闘と記述した 自衛隊のメモは 正しい記述なのだ
 

 


8. 2017年7月27日 16:54:41 : mDoP0aVL3w : uYfEqr8Dos8[1]
普通の会社だったら会議の内容を外部に漏らしたら守秘義務違反で懲戒解雇ですよ。法律に違反していなければの話ですが。

9. 2017年7月27日 18:08:12 : 2qGDYPbav2 : Z0JTk0nOMZU[1]
4さん然り 
日報に事実を書くなとの命令を現地に出したのなら統幕と大臣は免職に該当です。
現地隊長は”やってられない”と部下に受命事実を吐き出したはずだ。

10. 2017年7月27日 18:12:19 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[193]
>8

通常の真っ当な組織だったら、皆の前であからさまな嘘を言っていたら、次からはあてにされなくなり、組織がおかしくなりますよ。いかに今の官邸や官庁幹部がおかしくなってきたかわかるだろう。


11. 2017年7月27日 18:33:55 : 9ndwsSAYl2 : MaG_i_zOciw[95]
『<自衛隊>という名称を<災害救助隊>に変えるだけで、全ての“齟齬”は解決する。』

要はさぁ、現行平和憲法は「国際紛争を解決する為の手段としての武力装置&行使を放棄」してるんだから、これに“異”を唱えるためには、抜本的な「憲法変更議論と手続き」が必要であることは、小学生でも解る“理屈”なんだよ。
エセウヨ<日本怪偽一派>&<ウソツキしんちゃん>が喚いてるのは、「自衛隊を国軍として認知せよ!」一点張りの「未来ビジョンを欠く大日本帝国懐古趣味」でしか無い。まぁ、ノスタルジーに浸るのは個人の勝手だが、世界はそんな引き籠もり単純思考では生き延びていけないのである。
「日本国憲法」のバックボーンは「侵略戦争否定」なのである。
従って現行憲法を維持するためには、「他国の侵略行為に対する対処・反撃方法の規定」が必要不可欠なのである。“仮想敵国”の想定を含めた、「戦争を放棄した国・日本」を継続するか?「普通に戦争をできる国」に後戻りするのか?が問われているのである。



12. 2017年7月27日 23:03:17 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[4532]
こんなときこそ考えたい。

知ってはいけない──隠された日本支配の構造 矢部宏治著
http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/japan-taboo#info

増補版 アメリカからが消える 堤未果著
https://www.amazon.co.jp/dp/4594077404

対談 「未来から見た日本」と「過去から見た日本」
https://www.youtube.com/watch?v=_uFGk-XJRSI

アメリカから独立しましょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK229掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK229掲示板  
次へ