★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK230 > 778.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「戦争を憎み、平和を重んずる国」は安倍首相の本心か? 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/778.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 17 日 17:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


「戦争を憎み、平和を重んずる国」は安倍首相の本心か? 室井佑月の「嗚呼、仰ってますが。」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/211664
2017年8月17日 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   15日、鳥ヶ淵の戦没者墓苑での安倍首相(C)日刊ゲンダイ

「私たちは、歴史と謙虚に向き合いながら、どのような時代であっても、この不動の方針を貫いてまいります」(安倍晋三首相)

 これは15日、全国戦没者追悼式で安倍総理が述べた式辞。

 この前の言葉は、

「戦後、わが国は、一貫して、戦争を憎み、平和を重んずる国として、ただひたすらに、歩んでまいりました。そして、世界の平和と繁栄に力を尽くしてきました」

 であった。

 なので、安倍さんがいう「この不動な方針」というのは、「戦争を憎み、平和を重んずる国」であり、「世界の平和と繁栄に力を尽くす」ってこと。ご丁寧に、「どのような時代であっても」とまで言っている。

 信用していいの? 官僚が書いている原稿を、そのまま読んだだけだったり?

 今、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩氏は、挑発し合っている。この国は米国の核の傘に守られているからって、ミサイル撃ったらやり返すからな! というトランプさんを盲目的に支持するんでいいんかい?

 式辞での言葉が嘘でないなら、ドイツのメルケルさんやフランスのマクロンさんのように、「そういう危ないことは止せ」となぜ言えない?

 14日付のAERAdot.に、古賀茂明さんの〈グアムへの北朝鮮ミサイル迎撃すれば、戦争状態 日米安保に殺される日本〉というコラムが載っていた。

〈今起きているのは(中略)「日米同盟を守るためには、米国と一緒に戦うしかない。そうしなければ日本の安全が根底から脅かされるのだから」という理屈で戦争のリスクまで一般の日本国民が負わされるという事態だ〉〈「日本国民を守るための日米安保条約」を「守る」ために多くの日本人が死ぬというパラドックスが現実のものになってしまうだろう〉

 日米同盟と、この国の人々の命、どっちが大切か、いわずもがな!












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月17日 17:42:28 : higvHj5RBm : u1lf@EEaz7c[1]

>「戦争を憎み、平和を重んずる国」は安倍首相の本心か?

もちろん本心じゃないよ。いつもの大ウソだよ。
アヘが大ウソつき野郎ということはもう全国民が判ってるからさ。


2. 2017年8月17日 17:48:03 : 5heivJ0QxE : jP@mi2kzKoY[125]
●9条Tシャツやバッジをつけているだけで「思想犯」扱い、公的場所から排除! 安倍政権が憲法弾圧に乗り出した
さらにツイッターでは、一般ユーザーによる〈クリスチャンの女性が「平和がだいじ」と書いた可愛らしい絵本袋を持って国会周辺を歩いていたら警官に職務質問されたそうだ。彼女が警官に「どうして聞くんですか」と聞いたら絵本袋をさして「平和って書いてあるから」と。今や「平和」は犯罪!〉という投稿も確認できる。前述のバラカン氏や議員会館で制止された女性の例を踏まえると、さもありなんだろう。いま、「9条」や「平和」のメッセージを身につけているだけで、“危険思想”の持ち主かであるかのように扱われる事態が起きているようだ。
冒頭で紹介したバラカン氏は、「ちょっとこの国、もしかしたらちょっとおかしな方向に行き始めているんじゃないかな」という。そのうち、「平和が一番だよね」と言うだけで、あるいは持ち物に「9」の数字が入っているだけで、危険思想の持ち主として公的な場所から排除される──冗談ではなく、そんな世界はすぐそこまできているのかもしれない。
http://www.asyura2.com/15/senkyo196/msg/347.html

3. 2017年8月17日 18:06:52 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1550]
全くその通り。日米安保条約と在日米軍基地の存在が日本を危険にさらす。それらがなければ、北朝鮮が日本を攻撃する理由がない。

そして集団的自衛権の行使を容認してしまったから、これは一層にそうだ。アメリカが攻撃されたら、というより、実際にはアメリカが攻撃されていないのにこのままではアメリカが攻撃されそうだ、という判断をアメリカがしたら、日本はアメリカとともに戦争をすることになる。これは北朝鮮から見たら日本による先制攻撃だ。当然に反撃される。

アメリカが起こす先制攻撃の戦争に、日本も付き合わされる。なにしろ先制的自衛権や予防的自衛権という考えがアメリカにはあり、先制攻撃であっても自衛なのだというこじつけを行う国だからね。これはイラク戦争を見ていたらよくわかる。今までは日本は在日米軍基地をアメリカの出撃基地として提供するだけだった。それでも反撃される危険はあったのだが、安保法制が成立した今では、さらに日本の自衛隊までが米軍と肩を並べて戦争する事態もありうることとなってしまった。

在日米軍基地は日本を守るために存在するのではない。アメリカの他国への侵略前線基地なのだ。沖縄にいるのは海兵隊が主力だ。海兵隊というのは、他国への殴り込み部隊だ。実際にベトナムにもイラクにも出撃した。


4. 2017年8月17日 19:13:48 : ImXvLQspMM : zD3PraAYsiM[32]
「あべこべごっこ」を延々と繰り返す小学生のような男。

それが「誰の」「どういう基準の」査定に適うのか。

そういう行動を是とし後押しする存在は、どういう思想を持っているのか。


5. 地下爺[272] km6Jupbq 2017年8月17日 19:48:44 : O1ko4sqODU : xayR_dX9Zmo[775]

  しょせん 妖怪 岸信介の 外孫。

  本来の家系は 大津聖人 の 安倍寛 なのだが

  晋太郎さんが 妖怪の娘 嫁にしたのが間違い。


  その失敗が日本を破滅に向かわせている。。。


  


6. 2017年8月17日 22:18:25 : GW9eLBVdic : 4P6ZhNAZLqI[79]
まったく、もう。こいつ 60にもなって まだ幼稚園時代の嘘つきの癖が

治らない。あっちに行ってはぶち上げ、こっちに来たらぶちあげ。

信用できん男やな。そいでも 安倍でなくちゃというのがいるんだから

世のなか狂っちゃうよ。


7. 2017年8月17日 22:51:56 : 7kQAF2r33E : _vA@Ka_Kk8w[6]
『「戦争を“憎み”、平和を“重んずる”」という文言の意味・脈絡・歴史観不明こそが問題なのである。』

そもそも「戦争を“憎む”」とはどのような史実と歴史観に基づいているんだろうか?ここには、「侵略国と被侵略国」「加害者と被害者」の根本的な関係の追及が放棄されている。
惨敗<大日本帝国>が、<アメレか様>の“暴虐”=広島・長崎原爆実験や無差別焼夷弾爆撃に対して“猛抗議&賠償請求”出来ないのは、全面降伏時期を致命的に誤ってしまったことと、自らのアジア諸国に於ける“暴虐”を言を左右にして部分的にしか認めて来なかったことにある。
“憎む”というう表現は、あくまで“被害者”の言い分である。
序でに言えば、「重んずる」という表現も、“比較的”であり、“平和への責任・意欲・決意”を著しく欠いている、所謂<霞ヶ関曖昧模糊朦朧体>に過ぎないのである。


8. 2017年8月17日 22:57:46 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[752]
反省しない人間の言う事なんか信用できません

9. 2017年8月17日 23:27:21 : zL1oewVjVY : g9puO0kYCCQ[682]
>>2. さん
>クリスチャンの女性が「平和がだいじ」と書いた可愛らしい絵本袋を持って国会周辺を歩いていたら警官に職務質問されたそうだ。彼女が警官に「どうして聞くんですか」と聞いたら絵本袋をさして「平和って書いてあるから」と。

その人がクリスチャンかどうかは知らないが、TVにその場面が丁度映されたその場面を私も見ましたよ。


10. 2017年8月18日 11:05:12 : O42R4Z80NU : E48bXmsqp2w[55]
安倍晋三自らの心からの言葉ではない。

そう思ってしまうほど、この人間を信用してはいない。

今更信用するに値する男ではない。


11. 2017年8月18日 15:28:43 : yNywFulJFU : LHeMEY@jnTQ[403]
[戦争を憎み平和を重んずる国〉というコトバは安倍総理の本音と思います。トランプ大統領の当選を事前に予想していた私。しかも「トランプ大統領と安倍総理はそろつて「ノーベル平和賞に推挙されるだろう」と予言した私の見るところでは安倍総理の周辺の日本会議系議員など極右主義の悪党たちや、産経新聞や正論やWILL]などに巣食らう極右戦争屋の論客や政財官界の「安保と戦争が第一」の武闘派の連中が安倍総理を唆して、平和と民主主義の「戦後レジーム」を一掃させて、戦争に明け暮れた帝国憲法下的体制〈戦前レジーム」への回帰路線を取らせていると見ています。麻生副総理のポロリの本音「ナチスに学び」は忠実に実行されて、野党はほぼ壊滅状態。いつの間にか日本の体制が自民党の一党独裁的な国にすりかわつたと思います。都議選でも都民の右傾化が証明されました。「極右の野田数。小池都知事」ら「フアシズム」系勢力が大勝。「戦争容認の自民党より野田数。帝国憲法支持であり尖閣問題の武闘派であり「武闘派フアシズム系と分析していますす」。中道右派路線の安倍総理は暑中ご苦労さんですが、周囲の極右派の雑音に屈することなく反戦平和のためにトランプ大統領とともに戦争回避に努力してください。よろしく。

12. 2017年8月18日 16:24:13 : 8rLFpOrAm6 : JNqoL6E4iNA[383]
全然信じない。今までどれだけ嘘の上塗りをしてきた人間か、こんな人間の言う事を誰が信じるか

13. 2017年8月18日 19:39:24 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[2005]
●本音はこちら。

『米中は経済戦争中、北朝鮮は余興〜バノン氏』
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6250954

−−−−−−
アメリカ・トランプ政権のバノン首席戦略官は、メディアが16日に掲載したインタビューで、「アメリカは中国と経済戦争の最中で、北朝鮮問題は余興にすぎない」と述べた。
−−−−−−

●目的はこちら。

「死の商人」の売上増!

『陸上型迎撃システム導入へ=ミサイル防衛強化―防衛省が予算要求』
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000046-jij-pol

−−−−−
防衛省は17日、2018年度予算の概算要求に、陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入に向けた調査費を計上する方針を固めた。

北朝鮮による度重なる弾道ミサイル発射を受け、ミサイル防衛態勢の強化に乗り出す。

ワシントンで17日に開かれる外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で、こうした方針を米側に伝える見通し。

イージス・アショアは、海上自衛隊のイージス艦に搭載したミサイル防衛機能を地上に固定配備するシステム。1基800億円程度で、2基で日本全土をカバーできるとされる。

概算要求段階では、額を明示しない「事項要求」とし、年末の予算編成に向けて具体的な額と内容を詰めていく。
−−−−−−


14. 2017年11月04日 13:40:34 : VFuXUvd0sU : GRaTALnjqt8[2]
竹島を乗っ取り対馬も乗っ取るつもりの敵国が憂慮するんだから、当然安倍さんの方針は正しい。
やられてもやり返せない国なんか、へタレすぎて話にも何にもならん。
イザという非常事態に備えて、国民の生命と財産、その他諸々の大事なものを護ってくれる自衛隊を一刻も早く正規軍に昇格せんといかん。
そんなの常識だろうに。要するに、なりすましと洗脳されたシンパが反対するんだろ?

Yahooニュース

[社説]“戦争ができる国”願う安倍の圧勝、憂慮する朝鮮半島

10/24(火) 7:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171024-00028769-hankyoreh-kr


15. 2017年11月24日 22:12:17 : FrGTZcyOIQ : Io8_KMsjAwo[4]
かなりおかしいよね、中韓シンパの室井さん。


何かおかしいよね、今の日本。

「戦争ができる国」になってこそ、戦争のリスクを下げることができる、という逆説。

2017-11-19 17:57:48   テーマ: 国防
https://ameblo.jp/yamatogusa/entry-12329684380.html(一部引用)

(略)

■6.「平和が欲しければ戦争に備えよ」

 ●平和安全法制が審議された時に、左翼は「戦争ができる国になる」と言って、反対運動を起こした。「戦争ができない国」であれば平和が守れると言う考え方は、根拠のない信仰である。歴史はそれが誤りである事を教えている。

 ●チベットは第二次大戦後、唯一他国に侵略されて植民地に転落した国である。そこで起こったことは、「戦争ができない」国がシナに簡単に侵略されたということであった[c,d]。

 ●もしチベットが多少なりとも「戦争ができる国」であったとしたら、アフガニスタンの山岳ゲリラがかつてのソ連軍や、今日の米軍に粘り強く抵抗しているように、シナに易々と植民地化されることもなかったであろう。

 ●侵略国は、侵略のメリットとコストを天秤にかけて考える。侵略のメリットよりも、コストのほうが大きいと思えば、侵略に乗り出す事は無い。「戦争ができない国」はそのコストがほぼゼロということであるから、容易に侵略に乗り出すことができるのである。

 ●戦争をしたくなかったら、「戦争ができる国」となって、侵略しても割が合わないようにする必要がある。これが「抑止力」の概念である。

 ●ルトワックは「戦争は可能な限り避けよ。ただし、いかなる時にも戦争が始められるように行動せよ」と指摘しているが、これは4世紀のローマ帝国の軍事学者ウェゲティウスが「平和が欲しければ戦争に備えよ」と言っていることと同じである。

(略)


■8.「安倍首相はまれに見る戦略家だ」

 以上を踏まえれば、ルトワックが「安倍首相はまれに見る戦略家だ」[1,544]と言う理由がよく分かるであろう。

 ●第一に、安倍首相は左翼が言うように日本を「戦争ができる国」にしようとしている。それは戦争のリスクを減らすために、必要不可欠なことだからだ。

 ●第二に、安倍首相は精力的な外交努力で対中包囲同盟を築きつつある。そこにはアメリカやインドなどの大国だけではなく、フィリピンやベトナムなども含まれている。安倍首相の提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」は、日米同盟を従来の極東からインド洋にまで拡大し、インドとの協力強化も含めたものである。

 ●先ごろ日本を訪れたトランプ米大統領も、この戦略を共有する姿勢を示した。日本が世界戦略を示し、アメリカがそれに賛同するというのは戦後初めての現象であろう。そしてその戦略は、世界的な戦略家ルトワックが激賞したものなのである。

 ●しかし偏向したほとんどの日本のマスコミは、こういう点を論じない。マスコミの記者自身が、ルトワックの説くような戦略論に無知なのか、あるいは敵側の視点でその戦略に恐れをなしているからであろう。

 ●自由民主主義国家にとって大切な事は、国民が「平和が欲しければ戦争に備えよ」「戦争ができる国になることが戦争のリスクを減らす」という防衛の逆説を理解し、多くのマスコミの偏向報道を見破って、正しい戦略をとっている政治家を後押しすることである。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK230掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK230掲示板  
次へ