★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232 > 344.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
見逃してはいけない日本のインドに対する核拡散協力ー(天木直人氏) 
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/344.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 15 日 15:40:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

見逃してはいけない日本のインドに対する核拡散協力ー(天木直人氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sq6ekk
15th Sep 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks


安倍首相が日印首脳会談を終えて帰国した。

 その報道を見ると、バカのひとつおぼえのように、

北朝鮮に対する軍事圧力強化に同調を求めている。

 インド洋への海洋進出を強める中国をけん制している。

 しかし、私がここで問題にしたいのは、北朝鮮や中国に対する軍事的けん制、

対立政策ではない。

 インドに対する核拡散協力だ。

 今度の首脳会談で、日印原子力協定に基づくインドへの原発輸出に関する

作業部会設置が合意された。

 今年7月に日印原子力協定が結ばれた時、

核拡散条約に加盟していない原爆保有国のインドと原子力協定を結ぶ是非について

問題視されたことがあった。

 つまり原発と核兵器開発は紙一重であり、

原爆実験を繰り返すインドに対する原発輸出は核不拡散の方針に背くことに

ならないのかという疑義である。

 しかし、結局日本はインドとの原子力協定に踏み切った。

 そして今度の日印首脳会談においては、

さらに一歩踏み込んで原発輸出に向けた作業部会の設置が合意されたのだ。

 おりから北朝鮮の危機を前にして、

日本国内では非核三原則を見直す動きがでてきた。

 米国の核抑止力にますます頼らざるを得なくなり、

米国の核持ち込みやむなしという声が出て来た。

 核兵器廃絶に堂々と反対するまでになった。

 そんな中でのインドへの核拡散協力だ。

 それでいて北朝鮮の核保有は絶対に認めないという。

 このまま日印原子力協定が進んでいっていいのか。

 その事を警告する記事がどこにも見当たらない。

 憲法9条の下での外交・安保政策が、

どんどんと国民の知らないところで音を立てて崩れつつある。



日印首脳、対北朝鮮「圧力を最大化」=原発技術輸出へ作業部会
http://www.nippon.com/ja/genre/politics/l10494/
2017.09.15 nippon.com

【ガンディナガル(インド西部)時事】安倍晋三首相は14日昼(日本時間同日午後)、インド西部ガンディナガルでモディ首相と会談した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議を完全履行し、「圧力を最大化」することを確認。日本の原発技術輸出に向けた作業部会の設置も決めた。

両首脳は、非核化に向けた北朝鮮の具体的行動を引き出すため、「全ての選択肢をテーブルの上に置くことが必要」との認識を共有。安倍氏は共同記者発表で「安保理決議を国際社会全体で履行し、北朝鮮に政策を変えさせなければならないとの考えで完全に一致した」と述べた。

両首脳は会談で、7月の原子力協定発効を歓迎。作業部会は官民で構成し、対印技術輸出の具体的な内容を詰める。

海洋安全保障では、東・南シナ海、インド洋への進出を強める中国の動きを念頭に、両首脳は「力を背景とした一方的な現状変更は容認しない」ことを確認。モディ氏は日印米、日印豪などの連携の重要性に言及した。

防衛装備に関しては、無人車両(UGV)などロボティクス分野での研究協力に関する協議を始めることで合意した。海上自衛隊の救難飛行艇US2の対印輸出は継続協議となり、安倍氏は「早期の具体的進展」に期待を示した。

両政府は、日本の新幹線方式を採用する高速鉄道整備をはじめ総額約1900億円の円借款供与で一致。人的交流促進に向け、安倍氏はインド人観光客向けのビザ緩和を表明した。両首脳は、インド人の日本語教師を5年間で1000人養成する目標を申し合わせたほか、航空自由化(オープンスカイ)の実施でも合意した。

両首脳による会談は10回目で、今回の訪印は首脳が交互に相手国を訪れるシャトル外交の一環。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月15日 15:53:17 : 9qcEy7U0ok : giXILhK7jOc[16]
日印首脳共同声明「北朝鮮への圧力最大化を」
9月14日 18時20分 NHK

インドを訪れている安倍総理大臣は、モディ首相との首脳会談に臨み、北朝鮮が核実験を強行したことについて、国際社会への最大の挑戦だとして、先に採択された国連安全保障理事会の制裁決議の全面的な履行を国際社会に求めていくことで一致しました。

会談の冒頭、安倍総理大臣は「日印関係は世界で最も可能性を秘めた2国間関係であり、モディ首相とともにその潜在力を全面的に開花させ、インド太平洋地域と世界の平和と繁栄を主導していきたい」と述べました。

これに対し、モディ首相は「日本とインドの関係をさらに強化したい。両国は今後、国際的なリーダーシップを取っていくことが重要だ」と応じました。そして、両首脳は、北朝鮮が6回目の核実験を強行したことについて、国際社会への最大の挑戦であり許されざる行為だとして、先に採択された国連安全保障理事会の制裁決議を厳格かつ全面的に履行するよう、国際社会に求めていくことで一致しました。

また両首脳は、海洋進出を強める中国を念頭に、日本とインドはインド太平洋地域で大きな責任を有しているとして、力を背景とした一方的な現状変更は認めず、平和的解決を図る重要性を確認しました。

この後、両首脳はそろって記者発表に臨み、安倍総理大臣は「北朝鮮問題に対しては断固たる対応を取る。先に採択された国連安保理決議を国際社会全体でしっかりと履行し、北朝鮮の政策を変えさせなければならない」と述べました。

モディ首相は「日本とインドは2国間の関係だけに限らず、国際的な課題でも協力が密になっている。両国の原子力協定は歴史的協定だが、クリーンなエネルギーや気候変動に対しても協力していきたい」と述べました。

インドと北朝鮮の関係

インド政府は、北朝鮮が今月、6回目の核実験を強行したことに対し、「北朝鮮は朝鮮半島の非核化を目指す国際社会の努力を無にした」などと厳しく批判しました。

そうした背景には、北朝鮮がインドと対立するパキスタンの「核開発の父」とも言われた科学者のカーン博士から核開発技術を提供された問題があると指摘されています。

インドは北朝鮮にとって中国などに次ぐ第3位の貿易相手国でもありますが、5回目の核実験を受け、ことし4月からは国連安保理の制裁決議に基づいて北朝鮮との貿易を制限するなど、圧力を強化しています。

一方、インドは40年以上にわたって北朝鮮と外交関係を結んでいて、おととしには北朝鮮のリ・スヨン外相がインドを訪問したほか、北朝鮮の人権侵害が国際法上の「人道に対する罪」にあたるとして、国連総会で国際刑事裁判所への付託を求める決議が採択された際にも棄権にまわるなど、北朝鮮に友好的な側面も見せていました。

さらに去年、一部のメディアは、インドが北朝鮮から少なくとも30人の科学者を受け入れて訓練を行い、核やミサイルの開発を支援していると伝えましたが、インド政府はこれを否定しており、確認されていません。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011139291000.html

インドはしたたかだ。安倍はピエロだ。


2. 2017年9月15日 16:16:59 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[5129]
山口二郎氏
「北朝鮮の核開発を非難する理由は、NPTを脱退して、核拡散を進めているからだろう。それは当然。
ならば、同じくNPTを無視して核保有国となったインドを非難せず、あまつさえ原発を供与するのはなぜなのか。日本政府の核拡散に対する方針を臨時国会でぜひ質してほしい。」
https://twitter.com/260yamaguchi/status/908570576158990337

パキスタン、イスラエルも同様の理由で非難していきましょう。
さらには、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国も非難していきましょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK232掲示板  
次へ