★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232 > 607.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「解散」は憲法的には天皇の国事行為の一つ(憲法7条)。イギリスなど先進国では「解散」を制限する方向へ。
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/607.html
投稿者 gataro 日時 2017 年 9 月 21 日 09:58:54: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 











そもそも首相の解散権は憲法上制限されているのではないのか?そもそも首相の解散権は憲法上制限されているのではないのか? 自由にやれると何処にかいてあるというのだ!


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[4621] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年9月21日 10:23:55 : tgB3pTnIXY : TFFrMssdVpA[101]
 
 内閣不信任決議案が否決されるか、内閣信任決議案が可決された場合は、(一事不再議の原則を破り)再議決されない限り、その国会の会期中においては、国会を解散できないように、日本国憲法を改正してはどうだろうか。
 

2. 罵愚[5698] lGyL8A 2017年9月21日 11:49:16 : aIhriL3H4o : XIBlZt2lBV8[4]
 解散どころか、議会も選挙もない国へのシンパシーを隠さない、ゆでガエルのご都合主義…

3. 2017年9月21日 12:49:45 : b9KG690g2M : pO7sdWjOMcM[2]
「解散」は憲法的には天皇の国事行為の一つ(憲法7条)。

平成近衛師団は明仁氏の意向を汲んで、
米軍べったりの自衛隊参謀本部解体に向かうのか?

天皇皇后は20日急遽埼玉県日高市の朝鮮半島からの渡来人ゆかりの高麗神社を訪れ朝鮮半島爆撃は許さんと意志表示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011149351000.html
明仁天皇と美智子皇后が20日、埼玉県日高市にある高麗(こま)神社を参拝することが分かった。
高麗神社は高句麗滅亡後、日本に定着した流民(日本では渡来人)たちが高句麗最後の王「宝蔵王」の息子「高若光」(日本名:高麗若光〈こまのじゃっこう〉)を迎えるため建てた。
天皇と皇后が高麗神社を参拝するのは初めてだ。

朝鮮爆撃は絶対に許さんゾと天皇・皇后が高麗神社参拝で米軍・自衛隊に警告
朝鮮爆撃は絶対に許さんゾと天皇・皇后が高麗神社参拝で米軍・自衛隊に警告
http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html

朝鮮爆撃は絶対に許さんゾと天皇・皇后が高麗神社参拝で米軍・自衛隊に警告
朝鮮爆撃は絶対に許さんゾと天皇・皇后が高麗神社参拝で米軍・自衛隊に警告
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html
宣伝リンク認定28748631.html
http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/Philippines3.html

戦前からずっと切れ目なく朝鮮半島で挑発と策謀を繰り広げ凶暴な支配構造を作り上げて来た日米資本は平成になって南北分断を強化し益々その悪辣さを増している。
宣伝リンク認定28959993.html
http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html


4. 2017年9月21日 14:15:09 : 6eBLvZiSxc : _GGn7azOl@s[14]

吉田茂の「馬鹿野郎解散」が初めてではないか?

馬鹿野郎解散は結局は与野党合意解散だったかも知れない。


5. 2017年9月21日 15:25:19 : quMKleKEOA : apQvoj4eROs[462]
イギリスは共産党にとって先進国なのか

6. ステン[164] g1iDZYOT 2017年9月21日 17:30:27 : kXe4SWCDeQ : b8GeeCbCV68[127]
いわゆる7条説ってやつですね
解散権の限界の話から考えると今回の解散はあまり褒められたものじゃないとは思いますけどね

7. 罵愚[5701] lGyL8A 2017年9月21日 17:37:24 : u2rGGsY8qk : CBUsOmz4rK0[3]
>>6. ステンさん
>あまり褒められたものじゃないとは思いますけどね

 おマエさんに褒められて喜ぶようじゃぁ内閣総理大臣の資格はあるまい(笑)。


8. 2017年9月21日 19:04:16 : UOounaho0Q : pV9VIS@IPfw[79]
改憲だ だから違反は 糞食らえ

9. 2017年9月22日 02:11:54 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2254]
  69条では、内閣不信任案が議会から提出された結果、不信任案の可決で解散、あるいは信任案の否決で解散、と明記されている。
   従って、69条では無く7条を適用したのは何としても解散をしたかったからであることは明らかだが、手続き的には異常である。 
   69条を用いた不信任案の提出では、これまでどおり自民が党議拘束を掛けるから、絶対に否決になり解散は出来ない。
   従来ならそれは野党に対して「ザマー見ろ」だったのだろうが、解散をしたいのだから否決されれば困るという訳だ。
   しかしながら、7条というのは象徴である天皇が命令を発する国事行為であるだけで、決定は議会でしなければならないのは、例えば総選挙で多数を取った政党が内閣を形成した場合に天皇より憲法遵守義務を誓って国務に就くことを命じられるという形式的なものであり、選挙も無しに天皇の一存で内閣に就く者が指名される訳では無いのは、今更ながらだが、国権の最高機関を国会とし主権者を国民とする、国民代表議会制度である以上当然である。
   何が何でも解散ということで、天皇の事後の国事行為である任命儀式を活用して7条適用としたらしいがムリ筋である。
   大体、天皇の意志が反映されて解散に踏み切った訳でも無いのに、何故7条が出て来るのかということだ。それとも、天皇が「安倍さん、もう辞めなさい」とアドバイスでもしたのだろうか。
   それが有り得ないのは、政治行為には天皇は直接関われないからであり、従って、解散が決まれば天皇が任命を解くということはあるがそれ以上でも以下でも無いのであり、主体は議会による意志決定である。
   とにかく、解散したければ自党に内閣不信任案を出させ、それを例によって党議拘束の掛かった状態で可決してもらう事である。とはいえ、内閣的には解散したくても、一般議員的には失職の恐れもあり、不信任案を可決する意志は無いだろうが。
   いずれにしても、政治家とはあくまでも代議士であるから、自分らの政党の思想信条や党利党略を選挙民に浸透させるのではなく、逆に、あくまでも支持者の声を聞き取り、それを国政に生かすべく、地元と議会を往復して常に論戦の経緯を報告したり意見を聴き、最終的に一人一党の精神で採決に臨むべきである。
   それにしても、議会をスルーするためか内閣府などを作ってしまって特定官僚を取り込み霞が関を分断させた官邸の罪は重く、天皇の国事行為を大義名分とした解散も含めて何から何までデタラメなのは、拠って立つ法の根拠無き内閣と行政、つまり護憲の精神を持たない人治主義、イコール無法主義であったからである。
   

10. 2017年9月23日 04:47:00 : 3E5d2h6VWQ : eHnFFADRH3Q[57]
天皇の国事行為だから内閣の助言で解散する。
内閣の助言を代表しているのは総理大臣だから、総理が決断して閣僚が賛成すれば助言できる。
そういう風に憲法で定めている。
解散権を制限するのが世界的潮流(いつもながらの言い方だが)で、日本もそうしたければすれば良い。
しかしそれじゃ憲法改正容認かって話だ。
憲法改正しなくとも法律で実質上改憲に近い効力〜なんて、どこかの内閣がやっている手法だが、それには断固反対するんじゃなかったのか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK232掲示板  
次へ