★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK233 > 339.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
九条改正は「日本を戦争のできる国にするか」の問題だが、米朝戦争での集団的自衛権行使は「日本は戦争するか」という緊急の問題
http://www.asyura2.com/17/senkyo233/msg/339.html
投稿者 新共産主義クラブ 日時 2017 年 10 月 02 日 18:39:40: w0NMVeciJ/Y.. kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ
 

 
 今回の総選挙の最大の争点は、米国が北朝鮮を攻撃した場合に、日本も集団的自衛権を行使して、戦争に参加することに、「賛成か、反対か」です。
 
 希望の党の小池百合子代表は、総選挙の争点に、非常にわかりやすい基準を設けました。
 
 自衛隊に集団的自衛権を行使した武力攻撃を認めた2015年の安保法制に「賛成か、反対か」という基準です。
 
 希望の党や、自民党や公明党や維新の党と、リベラル派の各党との最も重大な違いは、「日本の集団的自衛権行使」を認めるか否かということです。
 
 トランプ大統領の発言を聞く限り、トランプ大統領は、北朝鮮との対話は「時間の無駄」としていて、既に北朝鮮に対する武力攻撃を心の中で決めているのではないかと不安になります[1]。
 
 米国のマティス国防長官は9月18日(現地時間)に、ソウルを重大な危険に陥らせることなく北朝鮮に取り得る軍事的なオプションが存在すると述べたことに対して、北朝鮮は、「ソウルを危険に陥れない軍事的選択肢など最初からない。朝鮮半島で戦争が起きた場合、南朝鮮(韓国)全域が焼け野原になる可能性がある」と述べて反発しています[2]
 
 さらには、中国も、北朝鮮に対する軍事攻撃をおこなう可能性が出てきました[3]。
 
 安倍政権を支持し、集団的自衛権行使を認めた安保法制や、自衛隊の防衛力増強に賛成しつつも、トランプ大統領の発言を聞いても、戦争がおこるとは少しも予想しない人、朝鮮半島有事での日本の集団的自衛権行使への賛否が、総選挙での争点にはならないと考える人は、むしろ「平和ボケ」と言われても仕方ありません[4]。
 
 武力行使を控えるようにと、トランプ大統領をいくら米国国務長官が説得しても、まして日本政府が説得しても、トランプ大統領が武力行使を決意すれば、トランプ大統領の意思だけで北朝鮮への先制攻撃の命令を下せるのが、現在の米国の体制であり、国際社会の状況です。
 
 米朝戦争は、決して起きてほしくはありませんが、もし起こった場合に備えての国民的な議論が一度もおこなわれずに、戦争が起きた時の日本の首相と与党の独断だけで、集団的自衛権を行使して、日本が戦争に加わるかどうかを決めてほしくありません。
 
 あれだけ異論の多かった2015年に制定された安保法制なのですから、日本が集団的自衛権を行使するか否かを問うせっかくの機会ですので、総選挙の最大の争点として、自民党も、公明党も、希望の党も、維新の党も、間もなく結成されるという民進党のリベラル派の新党も、日本共産党も、社会民主党も、自由党も、はっきりと選挙期間中に、朝鮮半島における日本の集団的自衛権行使についての態度を明確にしてほしいのです。
 
 朝鮮半島有事に日本も集団的自衛権を行使して戦争に加わるかどうかを、民意によって決めることは、憲法9条の改正の是非よりも、喫緊の課題であるといえます。
 
 憲法9条の改正は、「日本を戦争のできる国にするか、しないのか?」に関わる問題ですが、今回の総選挙の最大の争点は、「日本は北朝鮮と戦争するのか、しないのか?」という、差し迫った問題への賛否です。
 
 米国と北朝鮮が戦争を始め、米国から集団的自衛権の行使を要請されたときに、日本は、きっぱりと断れるのでしょうか?
 
 そのとき自民党や公明党や希望の党や維新の党が政権を担っていれば、これまでの各党の発言から判断すれば、日本は米国に逆らえず、躊躇なく、北朝鮮への自衛隊の防衛出動をおこなうでしょう。
 
 米国の国民は、中東や東アジアや東南アジアでの戦争で、米国国旗に包まれた米兵の遺体が本国に送り返されることに、もう辟易としています。
 
 犠牲の多い地上戦に、米兵が繰り出されるのは、もうゴメンだと思っています。
 
 そうなると、犠牲の多い朝鮮半島の地上戦に駆り出されるのは、韓国陸軍と、日本の陸上自衛隊になるでしょう。
 
 北朝鮮と日本との戦争において、日本の自衛隊は、在韓日本人や韓国滞在中の在日朝鮮人の救出や輸送、米艦や米機への補給をおこなうだけでは済まないのです。
 
 集団的自衛権行使のための、自衛隊の北朝鮮に対する防衛出動への賛否を、総選挙の最大の争点として、国民的議論を深めていくことは、憲法9条の改正の問題よりも、差し迫った喫緊の課題であるといえます。
 
 
  
 『新共産主義クラブ』は、朝鮮半島有事における日本の集団的自衛権行使に対して、断固として反対していきます。
 
  
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 
【参考文献】
 
 
[1] トランプ大統領、北朝鮮との対話は「時間の無駄」 国務長官に助言
(ロイター,2017年10月2日)
  
 [ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は1日、ティラーソン国務長官に対し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との対話を図ることで時間を無駄にすべきでないと伝えたとツイッターで明らかにした。
 
 大統領は金委員長を再び「小柄なロケットマン」と表現し、「国務長官に対し、小柄なロケットマンとの対話に努めることで時間を無駄にしていると伝えた」と投稿した。
 
 その後のツイートでは、米国の歴代大統領は皆、北朝鮮指導部に寛大な態度を取ったことで北朝鮮問題への対応に「失敗した」と指摘し、「なぜいま従来の手法が通用するだろうか」と疑問を投げかけた。
 
 中国を訪問しているティラーソン長官は前日、核問題を巡り北朝鮮と直接接触していることを記者団に明らかにした。
 
 これを受け、トランプ大統領は「長官はエネルギーを節約したほうがいい。われわれは必要なことをする」とコメントした。
 
 米政府高官は大統領のツイートについて説明を求められると、「北朝鮮が挑発を続けている状況下では、大統領は同国と交渉すべきと考えていない」と回答。米朝間の外交ルートは、北朝鮮に拘束されている米国人の帰国を目指すためのものでもあると述べた。
 
https://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-trump-idJPKCN1C61WN
 
[2]ソウルを危険にさらさぬ軍事的選択肢ない=北朝鮮紙
(ソウル聯合ニュース,2017/10/01) 
 
 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は1日、マティス米国防長官が言及した「ソウルを重大な危険にさらさない軍事的選択肢」は存在しないと主張した。
 
 同紙は個人名義の論評で、「米帝(米国)の好戦狂らは、不安と恐怖におびえる傀儡(かいらい、韓国を指す)を安心させようと『ソウルを危険にさらさない軍事的選択肢』があるとしながら策動している」と非難した。

 続けて「ソウルを危険に陥れない軍事的選択肢など最初からない。万一、米帝のつまらぬ戦争狂気で朝鮮半島で戦争が起きた場合、南朝鮮(韓国)全域が焼け野原になる可能性がある」と威嚇した。
 
 マティス国防長官は先月18日(現地時間)、国防総省で記者団から「ソウルを重大な危険に陥らせることなく北朝鮮に取り得る軍事的なオプションがあるか」と問われ、「ある。しかし詳細は言わない」と答えた。
 
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/10/01/0300000000AJP20171001001500882.HTML
 
 
[3]中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び――米中の「北攻撃」すみ分けか
(YAHOO!ニュース,2017/10/2)
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長,筑波大学名誉教授)
 
 ◆アメリカとすみ分けて、中国が北を武力攻撃
 
 トランプ大統領が金正恩との舌戦を繰り広げ、国連総会で金正恩を「ロケットマン」と呼び、ツイッターで「ちっぽけなロケットマン」と書くに及んで、米韓による北朝鮮への武力攻撃の可能性は高まってきているように見える。
 
 しかし、その一方では、ティラーソンの記者団に対する発言にもあるように、アメリカはいくつものチャンネルを設けて、北朝鮮と直接会話を試みている。トランプはティラーソン発言を否定しているが、米朝が水面下で接触しているのは明白だ。
 
 かといって、いざとなったら武力攻撃がないわけではない。
 
 それを見据えて、中国は早くから考えていた「中国による北朝鮮に対する武力攻撃」を「米中とのすみ分けの中で」模索している。
 
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20171002-00076461/
 
 
[4] 「衆院選公示日に北朝鮮がミサイル発射」は根拠なし
(WEDGE Infinity,2017年10月2日)
 
礒ア敦仁 (慶應義塾大学准教授)
澤田克己 (毎日新聞記者、前ソウル支局長)
 
 安倍晋三首相は衆議院解散にあたって、北朝鮮の脅威という「国難」に言及した。ただ北朝鮮の核・ミサイル開発に反対しない政党があるとは思えず、日韓両国に多大な被害をもたらす軍事的解決を避けねばならないという点でも各党の考えは一致するだろう。

 それだけに選挙で争点になるとは考えづらいが、一方で総選挙の公示日である10月10日は北朝鮮の支配政党である朝鮮労働党の創建72周年記念日である。
 
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10703
 
 
 *   *   *   *   *   *   *   *
 
 
「新自由主義」から「新共産主義」へと、政治と経済のパラダイムシフト(潮流変化)を導き、
人と社会の未来を築(つ)くる、『新共産主義クラブ』.

© 2017 新共産主義クラブ.
 
 
The New Communist Club builds the future for human and society,
leading the paradigm shift, the change of the tide,
in politics and economy from neoliberalism to new communisim.
 
Copyright © 2017 New Communist Club. All Rights Reserved.
 
 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[5636] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年10月02日 19:06:32 : lt7TdFOYcQ : Br9qzPsZN0k[365]

バカクラゲに言っておく。『米朝戦争』など起きない。

なぜならばそれは“既に起き”、現在は“休戦状態”だからだ。

そこで戦争が勃発するのは、いずれかの陣営が“休戦協定破り”した場合だ。

米韓軍は、国連軍としての機能と能力を“授権”したままだ。

米韓軍は“国連軍”とそして、毅然とした態度を取ればいい。

それが出来ない(しない)のは、現状の緊張関係の存在をアメリカこそが“望んでいる”からだろう!

で、“半島のポニーウォー(いんちき戦争)”が新たな局面(戦争)を迎えるのは“日北戦争”だ。

本来なら日本は、北朝鮮が“仲裁”こそを求める相手なのに、安部のアホぅのせいで“当事者”だ!!

ちなみに、半島有事に際日本(自衛隊)は、安保条約によって有無を言わさず米軍の管制下に入る。

集団的自衛権云々を今更持ち出して“安部の土俵”に乗る愚かさを噛み締めよ、安部サイドの工作員クラゲよっ!!


2. 新共産主義クラブ[4861] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年10月02日 19:12:47 : 7fYaolSQls : ErtE2FEnsLY[10]
>>1さん
>ちなみに、半島有事に際日本(自衛隊)は、安保条約によって有無を言わさず米軍の管制下に入る。
 
 
 意味がわかりません。
 
 詳しく説明してください。
 
 朝鮮戦争有事には、自衛隊は、自動的に米軍の指揮下に入り、朝鮮半島での軍事作戦に参加せざるをえないという意味ですか?
 
 

3. 新共産主義クラブ[4862] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年10月02日 19:13:46 : 7fYaolSQls : ErtE2FEnsLY[11]
>>2(訂正)
 
 
 朝鮮半島有事には、自衛隊は、自動的に米軍の指揮下に入り、朝鮮半島での軍事作戦に参加せざるをえないという意味ですか?
 
 


4. 2017年10月02日 19:32:13 : bHb3PiU31c : A1bAMi8ju0s[8]
今や日本の安倍政権は北朝鮮に対して世界でも最も好戦的な国家。どこの国からもあまり相手にされてもいないがそこらじゅうで北朝鮮に対して敵意を煽り立てている。

日本の新聞に対北朝鮮先制攻撃を主張する記事までのるようになった。最も戦争好きな国になってきたよ。


5. 2017年10月02日 20:11:43 : eivdcZ5VXQ : ueLIiqTd5qA[2]
>>1さんに同意

>『米朝戦争』など起きない。

その通り。以下URLの内容を既にテレビでも報道していたよ。
さすがプーチン、頑張ってくれている。残念だったね。
また、北オデブちゃんの逃げ先も、北方のロシア領にと報道していたな。

中国は、日中戦争なんか、まっぴらごめん、と表明していたよ。

さて、アヘ戦争屋はどこ向いて戦争ふっかける?それとも米国軍事産業救済に、兵器大量購入し、日本経済を戦争国家にするんでっか?

また、もっとすげえニュースが出たよ。
普天間県外移設か海外移設かで、騒いでいた時期、米国はグァムでいいよ、と言った時期があり、グァムもOKし準備していた。

そのグァムが、軍事施設建設を中止!だとさ。もう戦争屋に騙されたくない〜だとさ。
中東の米軍も、半分残して立ち去った国、全米軍を米国に返した国がどんどん出てきている。
つまり、グローバリストのユダ戦争屋とユダ金融屋の資金窮地策が、ばかのバカの大ばか者のニホンというわけだ。


http://dailynk.jp/archives/96659

北朝鮮とロシア、外務省高官が会談…情勢緊張で意見交換

2017年09月30日 | インテリジェンス, ロシア 北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソニ)北米局長が29日、ロシア外務省を訪れ、オレグ・ブルミストロフ巡回大使らと会談した。

ロシア外務省の説明によれば、両氏は「朝鮮半島情勢に関する詳細な意見交換」を行ったという。崔氏はイーゴリ・モルグロフ外務次官とも会談した。

ロシア外務省は会談後に発表した声明で、ロシア側は会談を通じ、現在の朝鮮半島における緊張を平和的な政治・外交手段を通じて解決するために協力する用意があることを確認した、としている。

ロシアは国連安全保障理事会で対北朝鮮制裁決議に賛成しながらも、同時に米韓合同軍事演習の中止を求めるなど、北朝鮮の要求に沿った主張をしている。

藤原直哉‏ @naoyafujiwara · 9月30日

グアム州知事、国防総省に軍基地建設中止を要請



6. 2017年10月02日 21:21:49 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2288]
  米国というか、米軍産複合体は米国本土では決戦をしないのが特徴である。
  ブッシュの中東戦争でも、悪の枢軸国を掃討する目的で空爆をした後は、米は主にクウェート軍を先頭にして掃討作戦を実行したのである。
  自国の兵隊は可能な限り被害を受けないようにするのは或る意味まともな軍の指導部であれば当然で、玉砕や突撃命令で無駄に命を捨てさせる愚かな軍隊よりはまともであるが、同じ中東人同志で殺し合いをさせられる側にすれば複雑な心境であったろう。
  中東を散々滅茶苦茶にした米軍産複合体の次なるターゲットはアジアであるところ、北がイラクのように煽られてその気になり、負けん気の強さから引くに引けない状況で正面衝突も辞さない勢いではあるが、結局は例によって、米国は自国の上空の上での戦闘行為はしないのである。
  では中東のクウェートの的立場はアジアではどこかと言えば韓国であろうが、その前に日本政府が、目立ちたいたいとばかりに他国の喧嘩に顔を出し、今や主役級になっているところ、米国からすれば日でも韓でも、米軍から高値で新古、中古、試用段階の兵器を買い込んで戦闘で消耗、リピしてくれれば御の字であろう。
  兄弟分の喧嘩におっとり刀で駆けつけたが、ふと我に帰れば自分だけが矢面に立っていたようなものであり、日本の為政者と言うのが、歴代で階級制を這い上がって来たような成り上がり故か、中々の好戦型ではあるが戦争マネージという緻密な計算は出来ないゆえに、今やクウェートの如くに貧乏くじを引く段階にいるということだろう。
  米国は、北のロケットだかミサイルだかが、カリフォルニアまで来る、と日本に念を押し、是非とも我々から購入した立派な兵器で米国本土に到達する前に撃ち落としておいてくれれば有難いというところであろう。
  中東における宣戦布告無き先制攻撃と言える、悪の枢軸国退治を大義名分とした空爆は、想像以上に難民やテロを排出した事で米はいささか食傷気味であるところ、何処に落ちるか解らないミサイルを日本が宇宙空間で撃ち落とし、それに対する反撃も日韓で受け止めてくれればベストであろう。
  北の興奮が本気であり、本格的な戦闘行為となれば、日韓に配置している米軍が対処するが、米軍と共に日本も本格的に戦争に参加して欲しい、さすれば米本土に被害が及ぶことは先ずないとトランプ政権は踏むだろう。
  米トップは、遥か数千キロ離れた指令室で様子見をしつつ、状況が行き過ぎれば撤退することも企図するであろう。暴れる所を是非政府にお見せしたいとして兵隊を特攻や玉砕や突撃に導くなど派手な立ち回りを演出、誇らしく凱旋した日本参謀のようにはならないのは、米国は、兵隊の無駄死にには議会が黙っていないからである。
   日本では、閣議は防衛官僚と内外軍事ロビイストの思惑にもノーチェック、本会議も、党議拘束を掛けた与党の強行採決が可能、司法は人事を法務官僚に牛耳られ、常に大勢側に軍配を挙げる日本の疑似国民代表議会制度では、一旦始まった本格的国家間戦争を止められる者はどこにもいないのであり、国民に鍋釜貴金属を供出させても、勝つまでは負けていない、の緻密、冷徹を欠いた妄想論理で、米国本土への波及を止めるべく自滅的に突き進む可能性は否定できないのである。
   
   
    

7. 2017年10月02日 21:48:30 : CxgnuWhjEg : yPkr6OX20Og[1]
米国は中露ののど元になる朝鮮に上陸することは無い
安陪は民進の在日議員の質問に答え、憲法上で韓国を守ることは出来ないと答えている
その為、陸上自衛隊の出番はない

米国の攻撃はグアム駐留の戦略爆撃機での空爆が中心になり、空母を持たないので航空自衛隊が果たす役割は無い

また、海上自衛隊は領海線上での海上封鎖及び朝鮮船籍の攻撃に備えるだろうが、それは領海防衛なので問題ない

どういう事態を想定すると、自衛隊が活躍するんですかね


8. 2017年10月02日 23:50:04 : ZL7o43eS1o : dOhFRJJYtdE[514]
な、アホウヨの成りすましだからこういうこと言うのよ
昔自演もバレてたし

違うルートから否定してやるは
ソウルと東京に向けて何基ミサイルが向いてるか
仮にアメリカが北を攻撃した場合、これらの一斉攻撃を食らう

その時点で個別自衛権が成立する

つまりアメリカがやる気なら、極東においては集団的自衛権云々は重要じゃないってことだ


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK233掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK233掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK233掲示板  
次へ