★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234 > 192.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
候補者の演説風景から予想される選挙結果。しかし、また予想は、裏切られるのではないか 
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/192.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 16 日 01:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

候補者の演説風景から予想される選挙結果。しかし、また予想は、裏切られるのではないか
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/150485fe620e72c763e38adca9186ac4
2017年10月16日 のんきに介護


ありとあらゆる手を使って

国民の目を逃れて

選挙演説している国難、

安倍晋三。

しかし、こっそり開いた演説会場にて

居合わせる国民が

手に手にプラカードをもって、

「嘘つくな」

と責める。

希望の党は、

そんな安倍の率いる自民党の補完勢力であることがばれてしまい

閑古鳥が鳴いている。

これらの

国民に背を向けた政党と対照的なのが

立憲民主党。

常に千人単位で聴衆が押しかけ、

熱心に枝野氏の演説を聞いているという。

勝負あったというところだが、

また不正選挙をやられ、

国民の望まない選良が選ばれることだろう。

その結果を避けるには、

ムサシの使用を選管に止めさせるしかないのだが、

この意見、

どこまで市民権を獲得するか。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月16日 01:06:54 : asYKPuO65A : CfOPVV7t4Zw[77]
選挙に行かなければ罰金というのがいいがそれでは経費が掛かるすぎるので選挙にいけばその手間賃として各投票者に2千円ほど配るのがいい。投票は国民に権利でもあるが義務でもある。ばらまきではない。

投票率は大きくあがるだろう。上がった分は自公にはほとんど行かない。


2. 2017年10月16日 01:35:47 : NaXgEKPnHg : f07XSFrqaHA[34]
ムサシムサシ言っているやつは 投票率下げたいのかね?
まぁ補完勢力とか第二自民言っているやつは 結果的に自民アシスト続けて
おかしくなって最後はフセイセンキョ!と叫びだす運命なんだが

3. 2017年10月16日 02:26:17 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[239]
>>2

短絡的思考で不正選挙の現実を訴えているのではありません。
選挙不正は事実行われています。事実だからみなに伝えたいのです。

不正選挙なのかもしれないと思えば、その人は選挙に行かなくなると思い込む方が
短絡的思考と言えるかもしれませんね。

事実を知って、それにどう対処すべきかをみなで考えねばなりません。
対抗するひとつの方法が、不正許すまじと圧倒的多数の有権者で投票所に押しかけること。
だから、不正選挙だが、みんなで投票に行こうと訴えているのです。

もし、共闘支持者が#国難という紙を持って投票所に向かえばどうなるか。
誰の目にも明らかな世論調査になります。
そういう事を考えていきたいし、考える仲間を増やしたいのです。

まず事実を知ること、調べることです。


4. 2017年10月16日 03:34:34 : wmR6bwWyO2 : zEzFiouZM4o[14]
東京23区内だけど2012年の史上最低投票率はオカイシと思った
長蛇の列が出きてたのは一部ではなく全国的だとネットでは写真が出ているしね

それ以降、出口調査とやらを監視してるけど10人に一人もこえかけてなし無いし
答えない人も居るし、マスコミの調査員は数時間に一度交代している
そんな調査方法で投票終了後に即当確が出るってオカシイでしょ

開票担当者だって一部の地域の自分の分担の一部しか知りえないわけでさ
モリカケで明らかな用に複数省庁が不正をすれば一般人に検証の術はない今はね
検証可能で証拠を掴んでも佐川みたいに記憶に無い記録がないで押し通せるのが今の日本だ

なにを証拠に陰謀論だぁーなどというのかな?


5. 2017年10月16日 04:02:44 : fjl2G9Zmro : eMcPigBWLHg[154]
不正選挙問題も、誰が言ったかではなくて、

何を言ったかで判別すべきである。

ようつべ動画の「さゆふらっとまうんど」で検索するが宜しい。

オレは、こいつが老害極左のオルタスジャパンの小田昭太郎の

忠実な下僕であるためにヘドが出るほど大嫌いなんだが、

無料で視聴するだけで寄付金をカンパしなければ良いのだから。


6. 2017年10月16日 07:13:48 : E8IBsgEpYQ : MBHBO4uIRxI[1]
家の地区は、自民(前)、希望、公明、維新、共産、希望、諸派で立候補してるが
自民の票は変化ないとして
野党はこれだけ分裂して、票を散らばらせてどうやって、自民に勝とうとしてるんだろうな
これは、本当に不思議だ
だから、自公300議席というのも、そうなんじゃないのという認識だわ

7. 2017年10月16日 07:49:06 : 66utgH8agI : W6tKtqvYFcE[240]
>>6
>野党はこれだけ分裂して、票を散らばらせてどうやって、自民に勝とうとしてるんだろうな

それでも自民党に勝てるのが道理です。共闘組が勝たねばおかしい。
なぜか?

この選挙は反安倍・反自公独裁政権に対する反対票が圧倒する状況だからです。

誰が格差社会を望んだか。
誰が年金を株価釣り上げに使ってくれと言ったか。
誰が、事故処理も被災者支援も投げ出し、原発を再稼働してくれと思っているか。
国民の大多数はそんな事を求めては来なかった。

誰が、集団的自衛権を認めて米軍と共に戦える自衛隊を望んだか。
誰が共謀罪の制定を求めたていたか。
すべて自公独裁政権が、強行採決によって一方的に通したものだ。

私たちは、豊かな暮らしも安全な社会も、平和も、自由も奪われ失いつつある。
この想いは自公独裁政権に NO!! を叩きつけています。
どれほど野党候補が競合していようと、
国民の声を国政に反映してくれるまともな党は、立憲民主党・共産党・社民党しかない。
選択肢がある限り、自民党が勝つ道理はないのです。

それでも自民党が勝つなら国民の投じた票は消されているということ。
私たちは、民主主義・国民主権まで奪われ、失いつつあります。
声を上げましょう。大きな声を。


8. 2017年10月16日 08:00:05 : 2vATKuM1Ps : nEakCJ4FamY[6]
 多摩散人です。

 こういう記事もあるので、参考にして下さい。

●民主・枝野氏が「改憲私案」 集団的自衛権行使・多国籍軍参加容認:日々かがやきを失う、民を映す鏡
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/123.html
投稿者 手紙 日時 2017 年 10 月 14 日 17:22:01:


9. 2017年10月16日 08:04:30 : E8IBsgEpYQ : MBHBO4uIRxI[3]
>>6
訂正です
公明党の候補者はいません訂正します

10. 名乗る程の者ではない[9] lryP5oLpkvaCzI7SgsWCzYLIgqI 2017年10月16日 08:28:02 : NAPAX1aEgA : oGM@EQIOgJk[3]
>>8

だから?

あんた、昔よく書いてたね。
多摩川のほとりを云々て、そろそろそこに落ちておぼれたら?


11. 阿快[103] iKKJ9Q 2017年10月16日 14:17:00 : Rg4q2OC9rk : 6R9F7_1rw1M[7]
余計な老婆心からいうのだけど、立憲民主党なんて党名で、将来、だいじょうぶかね。
利権民主党とかいわれないだろうね。いまは「一見民主党」といわれているが、
おれは将来、なにか事件起こして「利権民主党」といわれそうな気がしている。

12. 2017年10月16日 21:17:35 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[1276]
裏切られるだろうね
自民が圧勝して
笑うのは政治家
後悔するのは国民なんだけどさ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK234掲示板  
次へ