★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234 > 380.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
総選挙で「左派社会党躍進」の再現 少数政党が改憲を阻止した62年前の総選挙(リベラル21)
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/380.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 20 日 00:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

総選挙で「左派社会党躍進」の再現 少数政党が改憲を阻止した62年前の総選挙
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-4134.html
2017.10.20 岩垂 弘 (ジャーナリスト) リベラル21


 現行の日本国憲法が施行されたのは1947年である。それから70年もの間、一度も改憲されずに存在し得たのには、それなりの理由がある。さまざまな理由が考えられるが、その一つは護憲を旗印にした政党、それも極めて小さな政党が存在していたからだというのが私の見方だ。その少数政党の名は「左派社会党」である。

 日本国憲法がこれまでに遭遇した最大の危機は、1954暮れから55年にかけて生じた改憲への動きである。吉田茂・自由党内閣総辞職を受けて54年12月10日に成立した鳩山一郎・民主党内閣は憲法改定に意欲を示し、鳩山首相も「改憲を目指す」と明言した。

 鳩山首相がこうしたの姿勢を明らかにした背景には、米国の対日政策の転換があった。すなわち、太平洋戦争に敗北した日本を占領した米国政府は日本を「非軍事化」することに力を注いだが、1950年に朝鮮戦争が勃発すると、その方針を転換、日本を「反共のとりで」とする方向に舵を切った。そして、日本政府に防衛力強化(軍備増強)を要求するに至るのだ。鳩山発言も、こうした米国政府の意向をくんだものであった。

 当時は、第9条で「戦争の放棄」「戦力不保持」「交戦権の否認」をうたった日本国憲法は広く国民に支持されていたから、鳩山首相の改憲発言は国民に衝撃を与えた。

 当時、私は長野県諏訪市の県立高校3年生だったが、下校時に駅のプラットホームで会った同年生が、「政府が改憲を変えるなら、それを阻止するためにオレは命がけで抵抗する」と、思い詰めたような表情で私に話しかけてきたことを今でも鮮やかに覚えている。この一事でも分かるように、鳩山首相の改憲発言は若者たちにも深刻な不安をもたらしたが、戦争が終わってまだ9年しかたっていなかったから、若者たちは鳩山発言に「日本はまた軍備をもつ国になるのか。だとすると、若者はまた戦争に駆り出されるのか」という危機感を抱いたわけである。

 鳩山政権下の最初の総選挙(第27回総選挙)が1955年2月27日に行われると決まった時、憲法を支持する国民の関心は1点に集中した。護憲を掲げる政党が衆院議席の3分の1以上を獲得できるかどうか、という点だった。憲法第96条の規定により、もし改憲反対の議員が3分の1以上になれば、改憲を目指す議員による国会での改憲発議を阻止できるからだ。

 憲法改定に反対する人々には不安もあった。なぜなら、直近の総選挙結果では、護憲派は全議席の3分の1を下回っていたからである。すなわち、1953年4月19日に行われた第26回総選挙の当選者454人の内訳は次のようなものだったからである。

<自由党199、改進党76、左派社会党72、右派社会党66、分派自由党35、労農党5、共産党1>

 要するに、護憲を掲げる左派社会党と右派社会党は合わせて138人にとどまり、衆院議席の3分の1(151人)に届いていなかったのである。

 ところが、55年2月27日の第27回総選挙(衆院議席は467人)は次のような結果をもたらした。

 <民主党(改進党の後身)185、自由党112、左派社会党89、右派社会党67、労農党4、諸派2、無所属6、共産党2>

 左派社会党と右派社会党を合わせると156人となり、衆院議席の3分の1(155人)を1議席上回ったのである。

 かくして、鳩山首相の改憲願望は挫折し、日本国憲法は改定を免れた。当時、私は大学に入学したばかりだったが、総選挙の結果に「よかった」と胸をなで下ろしたことを覚えている。

 第27回総選挙の結果を受けて、この年10月に左派社会党と右派社会党が統一して「日本社会党」になり、同11月には、民主党と自由党が合同して「自由民主党」(自民党)を結成する。「改憲志向の自民党」対「護憲堅持の社会党」を軸とする「55年体制」の始まりであった。

 そして、それ以降、今日までずっと、日本国憲法は改定されるこはなかった。この間、衆院で護憲派が絶えず3分の1以上を占め、このため、自民党も衆院で改憲発議が出来なかったからである。

 しかし、2012年12月の第46回総選挙で改憲志向の自民・公明が衆院議席の3分の2以上を獲得、14年12月の第47回総選挙でも、両党を中心とする改憲勢力が衆院議席の3分の2以上を占めた。さらに、16年7月の参院選挙の結果、自民・公明を中心とする改憲勢力が参院議でも初めて3分の2以上を占めるに至った。

 こうして、改憲勢力は衆参両院で改憲の発議が可能になった。そして、今回の総選挙。憲法改定が争点となっており、改憲勢力が勝利すれば、来年にも衆参両院での改憲発議、次いで国民投票という運びとなるだろう。

 話を1955年2月27日の第27回総選挙に戻す。

ここでは、護憲政党が衆院議席の3分の1以上を獲得し、鳩山内閣の改憲意図を打ち砕いたわけだが、これを実現した原動力は左派社会党だった。

 敗戦直後、革新政党がいくつも名乗りを上げたが、最大規模のそれは「日本社会党」であった。が、同党は51年10月、右派社会党と左派社会党に分裂した。きっかけは、同年9月にサンフランシスコ講和会議で調印された対日平和条約をめぐって意見が対立したからだった。右派は、ソ連など社会主義諸国を排除した対日平和条約(「片面講和」と言われた)に賛成したが、左派は、社会主義諸国も含めた「全面講和」を主張し、対日平和条約に反対した。サンフランシスコではまた、日米両政府間で日米安保条約が調印されたが、それには両派とも反対だった。
 
 分裂した時の代議士数は右派社会党30人、左派社会党は17人。が、53年の第26回総選挙では、左社72人、右社66人と逆転、55年の第27回総選挙では左社が89人を獲得し、右社の67人を引き離した。

 なぜ、こうした左派社会党の躍進があったのか。同党が掲げた「全面講和」「中立」「基地反対」「再軍備反対」といった、日本国憲法に立脚した平和路線が、有権者の心をつかんだからだと言われている。とりわけ、同党の鈴木茂三郎・委員長の「青年よ再び銃をとるな」という訴えが若者たちの心をゆさぶったと語り継がれている。

 間もなく総選挙。62年ぶりに“奇跡”が起こってほしいと願わずにはいられない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月20日 00:58:36 : MKqG1kdtXk : W038J8cHJL0[7]
鳩山一郎ってそれなりに立派な人物だったはずだが、それと安倍でんでんを比べるとは失礼にもほどがあるだろw
その鳩山の改憲を阻止できて安倍の改憲を阻止できなかったら、この62年間の日本人の劣化にもほどがあるな・・・

2. 2017年10月20日 01:19:41 : quMKleKEOA : apQvoj4eROs[525]
これって「55年体制」賛美じゃないですか

3. 青々[2] kMKBWA 2017年10月20日 01:46:26 : D2O2y7lHjs : DybfCI5CtgY[2]
鳩山一郎首相の再軍備論は、「自主外交」(米軍に出て行ってもらう)とセットのはずです。
次の石橋首相も同様でした。
その次の岸内閣からおかしくなりました。だんだん米軍にものが言えなくなってゆくのですね。
次に米軍にものを言った首相は、「普天間基地は最低でも県外」の鳩山由紀夫首相です。

4. 2017年10月20日 01:49:34 : YfyYzljsEE : x0beGIc_4yY[15]
55年体制は冷戦時代に日本がうまくやるにはぴったりの制度だった。

自民党と社会党は安保、防衛で全く意見が違うように見えたがこと内政に関しては両方が与党で国体その他で双方が納得する落としどころを探り決め大半の法案は両社賛成で決めていった。今のように資本側、経営側の一方的な意見は決して通らなかった。労働側、弱者にも配慮する内容になっていた。

一方、外交面では社会、共産党は安保破棄とか全く現実性のない政策を主張していたが社会党はいつの選挙でも決して過半数の議席が狙える候補者を立てなかった。つまり野党に甘んじ政権を取る気は全くなかった。また自民党もアメリカつまり西側の軍事同盟に完全に属していたが建前は全方位外交をとなえ中国、ソ連、その衛星国に対しても敵対感情が起こらないように努めていた。中国、ソ連とも日本にはロシア、中国に親近感を持つ勢力があるということで日本はおれらの国ともいい関係を保っていた。それはうまく機能していたのだ。

それがベルリンの壁がなくなりソ連が崩壊したことで対立の根本がなくなってしまったのだ。政権に入った社会党はたちまち安保容認、自衛隊賛成になってしまった。自民党からしても中露は敵ではなくなった。

しかし今またアメリカと復活したロシア、大きく経済が成長した中国は対立を始めている。長期的にはアメリカには勝ち目がないように見える。今の方が危ない。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK234掲示板  
次へ