★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235 > 322.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本太郎議員 / 「野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから、基本に忠実な『野党共闘』の応援にシフトチェンジした」 
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/322.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 05 日 15:30:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

山本太郎議員 / 「野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから、基本に忠実な『野党共闘』の応援にシフトチェンジした」
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/ea738cc33a1c05ce71e9fb443ec985ba
2017年11月05 のんきに介護


希望の党に関して、

笹山登生‏ @keyaki1117さんが

こんなツイート。



ハイジャックされたために、

事実上、野党共闘が不可能になった。

タイトルに選んだ

山本太郎議員の

「野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから、基本に忠実な『野党共闘』の応援にシフトチェンジした」

というのも、

似た状況下で彼が選び取った戦略だった。

その戦略上、

山本議員が選挙期間中に訪れたのは、

全国約40ヶ所、

20人を超える民進・共産・自由・社民系の候補者の応援に回った。

その行動を見て

「ひとり野党共闘」

と呼ばれた。

IWJがそんな彼を直撃。

衆院選で「ひとり野党共闘」を実現した自由党・山本太郎参院議員を直撃!「野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから、基本に忠実な『野党共闘』の


この動画では、

小沢一郎の関りに関して、

山本が

次のようなコメントをしている。

―― 選挙中、候補者の応援弁士として各地を訪れていた山本議員に対し、有権者からは「やはり小沢氏が裏で絵を描いていたのか」という疑念の声も寄せられたという。しかし、山本議員は「小沢代表が裏で絵を描いていたら、途中でぶっ壊されることになっていない。だからこそ、話し合いの場には入れてもらえず、前原さんと小池さんとの話し合いになった。『結集』というアイデアだけパクられてしまった」と反論した。――

☆ 記事URL:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/404458

この点、

同党の森ゆうこ参議院議員も、

「小池氏が最初に打ち出したコンセプトで結集していれば必ず勝てた選挙だった」

と振り返っている。

自民大勝の衆院選でも粘り勝ち! オール野党+市民+連合新潟の共闘を実現させた「新潟ショック」の裏側に迫る!〜岩上安身による自由党・森ゆうこ参議員


すなわち、

小池が最初に打ち出したコンセプトを投げ捨てたが故の

敗北だったという内容の総括だ。

果たして、

小池は、

何が原因で態度を変えたのか――。

この点については、

もともと彼女は、

態度を変えていないという理解がある。

すなわち、

小池は、

もともとごりごりの反共主義者で、

改憲を目論んでいた。

狙うところは、

安倍晋三に対する手土産として

反安倍の勢力を

分断するつもりだったというわけだ。

山本は、

彼女についてこう評価する。

――小池さんがどれだけ骨のある政治家なのか、私はまったく知らない。自分と照らし合わせると、考え方が違うなとは思う。確かに、小池さんというカードは良い手ではないかもしれないが、政権交代をするためには使えるカードだったことは間違いない。しかし、そのカード自体が意思を持ち始め、自分たちのやりたいことをやり初めて『排除』につながった――

平たく言えば、

小池というただの道具に過ぎない者が、

自分の意思を持つに至った点が失敗の原因だった、と。

実際、彼女は、

権力欲の権化のような人だから、

合流が

目鼻立ちついた時点で

「こいつら、全員、私の子分や」

という思い上がった気持ちが顔出し、すべてを台無しにしてしまった

という面はあるだろうな。

下の動画は、

希望の党による「踏み絵」や立憲民主党の結党など、

選挙期間中に起きた騒動についてもその都度、インタビューした事柄につき、

約1時間の映像にまとめたものだという。

捨て身の選挙活動、

ご興味があれば見たらいいと思う。

第48回 衆議院選挙 山本太郎「ひとり野党共闘」



コメント

山本太郎議員 (こころ)
2017-11-05 13:00:52

選挙応援に走り回る動画は何本か視聴しましたが、こちらの動画、後程拝聴させて頂きます。
ありがとうございます。


Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ジャムサ)
2017-11-05 13:08:18

本当にすごい。ひとり野党共闘ですね・・・!
影響力もある方ですし、このような形で自由に動けるのもなかなか魅力的な作戦ではないでしょうか。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月05日 16:54:40 : S1GkvBNx1M : Oar@LuvwSaQ[4]
おい、希望の党騒動の黒幕が小沢だと言ってた汚物ども、何か書き込めよ。

2. 2017年11月05日 16:56:26 : S1GkvBNx1M : Oar@LuvwSaQ[5]
カレイドスコープ、板垣英憲、やのっち、兵頭正俊、田中龍作、上西小百合……他に誰がいたかな。

3. 2017年11月05日 16:57:53 : S1GkvBNx1M : Oar@LuvwSaQ[6]
ゴミ工作員どもは今すぐ舌噛んで死ね。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
4. 2017年11月05日 17:19:56 : V0plG5TNmw : COu_DFCk8ms[425]
小池氏が最初に打ち出した、コンセプト

に信用を置いたのは小沢氏、前原氏なのか。

豹変した小池氏にしてやられたということか。

そもそも、最初から詐欺師だったのに、信用してしまったという、

よくあるオレオレサギに前原氏、小沢氏はひっかかったということなのか。

安倍と小池氏はそうすると、オオスズメバチ同士の戦いに巻き込まれたというわけなのか。


5. 2017年11月05日 17:37:14 : S1GkvBNx1M : Oar@LuvwSaQ[7]
>4
小沢が主導していたのは民・由・社の合併案ですよ、汚物さん。

6. ニールセン[23] g2qBW4OLg1qDkw 2017年11月05日 17:59:59 : R5EJvEK1Ls : W3J22QTzB6w[1]

>1,4

汚物はお前らだよ。
小池は自分の意志でなど動いていない。
初めからマイケル・グリーンのロボットなんだよ。
まだ分からないのか?
小沢氏に悪意は無かったかもしれないが、小池の凶悪な正体を見抜けなかったという事だ。


7. ニールセン[24] g2qBW4OLg1qDkw 2017年11月05日 18:10:16 : 6zPeWMcfNk : _cwJ6d61gkA[1]
1,4は1,5の間違い

8. 2017年11月05日 18:31:10 : myJzit9NGk : DIPtZOIUv2k[1]
小池百合子の秘書に読売社員がいる理由、
この秘書はアメリカCIAの日本の窓口読売
ナベツネと小池百合子の連絡係、前原はナベツネの子分
民進党解体して野党分裂させ自民を勝たせた
謀略の謎が解ける、発売されたばかりの
フナイ12月号の飛鳥氏が日本のマスコミを動かし
てるナベツネが日本の黒幕の暴露記事が書かれてある

9. 阿快[285] iKKJ9Q 2017年11月05日 18:36:44 : CfXdjt6nME : i4mP7xMJhrY[3]
>野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから(山本太郎)

それは違うだろ。笑
豊田さんなら「ちがうだろ〜」と怒るぞ。

乗っ取られたのじゃなく、幼稚園児みたいにかんたんに「ちゃんせー(賛成)」
って、みずから出ていったのじゃない。

つまりぶっ壊されたんでなく、じぶんたちでぶっ壊したんだよ。
乗っ取られたなんて被害者みたいなこというと、どれほど野党議員たちは暗愚なんだとバカに
されるよ???

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

10. SHIGE[57] gnKCZ4JogmaCZA 2017年11月05日 19:23:41 : 8UP26mIKBQ : hYRsxvg75QU[36]
この記事で気が少し晴れて同時に安心した。以下はその理由。

希望の党騒動は、政権交代を展望できるムーブメントを少なくとも当初は確かに持っていて、心ある議員にも共感されていたこと。

小沢さんは、はじめは絡んだが、途中以降外されたといった経緯はあまり重要でなく、小沢さんの提唱したオリーブの木構想的な考えが指導理念としての価値は見いだせること。

山本議員の選挙時の行動こそは、まぎれもない小沢氏の構想を体現したものと理解できること。そしてこれからも繰り返し企図され国民に受け入れられる可能性を失っていないこと。

山本議員と小沢さんの結びつきは、目標を共有するということ以外は度外視できるという、ほんとうの政治家同士のものであることがはっきりわかること。

以上大変な収穫のある記事でした。


11. 2017年11月05日 20:12:45 : k4dVJFUjGA : cUrVk0UP6Gk[1]
「ジャパン・ハンドラーズ」 陰でこの日本を操る本当の政府
http://blog.goo.ne.jp/izuookawa/e/d47a7a715a45e60d54e4f577b42d5d19


12. 2017年11月05日 21:04:44 : gDuJsjuxdc : b1x@ShChRGI[592]
■森さん・山本さん

 お疲れさまでした

 次期参院選に向けての

 ご活躍を期待しています!

 


13. 未来のTOW[240] lqKXiILMVE9X 2017年11月05日 22:09:13 : axQRSCtu06 : r08jFopFGWs[2]

小沢信者たちは総選挙前に「希望の党を応援しろ」と言っていたような気がするが、
彼らは今どこで何をしているのだろう?
小沢信者たちは、何を思って希望の党バンザイに走ったのかな?

当の小沢氏も、直前になるまで希望の党の敵なのか味方なのかわからなかった。
ニュースでは「合流を模索」と報じられていたし、森ゆうこ議員は「一両日中に決める」という態度。

「先に出て行った者の股はくぐらない」と言った野田氏や、立憲民主党立ち上げの枝野氏と比べ、ずいぶんと判断が遅かったような気がする。
結局、小沢氏は無所属出馬だし、自由党公認は一人もいないし。
小沢氏は一体何がしたかったのだろう。

小沢信者は教祖小沢氏の意向を汲むことにかけては一流なので、小沢氏は希望の党への合流を本当に考えていたのだろう。
小沢信者が必死に「希望の党アピール」をしていた理由もそれでわかる。

だが、希望の党惨敗で小沢氏は希望の党を見捨て、立憲民主党へラブコールに走るだろう。
強者にすり寄るのは小沢氏の常套手段だ。
小沢信者たちが、希望の党を見放し、立憲民主党ラブになるのも、時間の問題だろう。


14. 2017年11月05日 22:50:56 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[609]

>>6. ニールセン

汚物はお前だろ。小池氏はロボットではなく自らをAIと言っている。

従ってマイケルの凶悪なロボットという根拠も事実も出鱈目である。

それを見抜けないなんぞと話を陰謀論にするお前が下水行きの汚物。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

15. 2017年11月05日 22:57:31 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[610]

>>13. 未来のTOW
>小沢信者たち・・・走ったのかな?
>希望の党を見放し立憲民主党ラブ・・・

お前は本当にゾンビのカルト脳ほどに進歩がない馬鹿な人間だよな。

小池新党も民進党も立憲民主も野党。野党の本分は政権を訴えること。

一般国民の考えは共産カルト脳とは違うから。暴走違憲政党とは違う。

いつまでも野党支持者の仮面を被って自公より酷い野党分断する気だろ。




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

16. 2017年11月05日 23:08:43 : GSOOEkSjCo : KPboaSagcWs[10]
安倍の我が軍「自衛隊」、トランプ米軍に差し出したってことで、
安倍自公政権の売国っぷり、ここに極まれりの象徴的軍事デモンストレーション。
独立とは真逆だぜ、本当に情けないね、安倍自公不正選挙政権は、、、、
人工地震惹起テロや噴火詐欺や拉致活動や不正選挙その他、これまでシオ二スト・カルトの命令どおり動いてきた安倍の「我が軍」、これからは世界軍事侵略戦争
での人殺しも任務として加わったわけだ、、、、

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235 > 320.html  

<森友問題>籠池佳茂氏「両親が勾留されて丸3ヶ月。接見禁止が解けません。家族とも会えない」 
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/320.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 05 日 13:50:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

34. 2017年11月05日 22:59:38 : GSOOEkSjCo : KPboaSagcWs[9]

▲△▽▼
偽極右・日本会議(統一教会)安倍は、日本が米国(トランプ軍事政権)に
抱きつき心中(日本だけ本当に亡くなり米国はペロッと舌を出し延命)で
絡みつかれた状況について、全く理解及んでいないことだろう。

北朝鮮と自由に米軍やCIAが行き来する横田基地で、米国大統領が演説ぶつ
その場所に、日本の「自衛隊」が列席していることのナンセンス、安倍自公が
日本国憲法に違反しCIA御用達カルト「不正選挙」議員ら数合わせで採決した
「戦争法案」米国の世界軍事侵略戦争のために米軍の命令下日本の自衛隊が
命を差し出し加担する、その結果がこれ。

安倍偽極右日本会議がこれまで右翼組織や日本国民向けに主張してきた
「日本の真の独立」が、完全な詐欺、だったって事が日本国中に知れ渡った
ってこと。

安倍自公の不正選挙の背後にCIAや米軍が居たということが、立証される
米日共同軍事デモンストレーションを、トランプ来日に併せて興行したと
いうことだ。

2017年11月5日2:43 PM

やっちゃえトランプ😉

トランプ氏、横田基地で演説「敵の心に恐怖心食らわす」

 トランプ米大統領は5日午前、アジア歴訪の最初の訪問国として日本に到着した。大統領専用機「エアフォースワン」で米軍横田基地(東京都福生市)に降り立った。約2千人の米兵や自衛隊員の前で演説し、核とミサイルの開発を進める北朝鮮を念頭に「いかなる独裁者も、国家も、米国の決意を過小評価するべきでない」と述べ、軍事的措置の可能性をちらつかせながら牽制(けんせい)した。
 巨大な星条旗が掲げられた演題にトランプ氏が立つと、米兵から「USA」の大合唱が起きた。マルティネス在日米軍司令官から、空軍ジャケットを送られると、「着た方が良いかい?」と笑顔で袖を通した。さらに、米兵らに直接「君らの階級は何だ? 上げようじゃないか」と語りかけると歓声がわき起こった。
 演説では「日本は、米国の貴重なパートナーで、重要な同盟国だ」と強調。「私のアジア歴訪を始めるのに、素晴らしい米兵と自衛隊員がいるこの基地以外にはない」と語った。
 その上で「米軍と自衛隊が肩を並べ、自信に満ち、結びつき、これまでにないほどの能力を持ち、ここに立っている。我々、同盟国の心に自信を吹き込み、同時に、敵の心に恐怖心を食らわす。こうあるべきだと思わないか」と語った。
 演説では、北朝鮮を名指しすることは無かった。ただ、北朝鮮を念頭に「暴君が進む道は、必ずや貧困と苦痛と隷属に続くということを歴史は繰り返し証明している。一方で、強い国家と自由な人々には、繁栄と平和の道がある」と訴えかけた。
 演説を終えると、大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」に乗り込み、安倍晋三首相が待つ埼玉県のゴルフ場に飛び去った。
 トランプ氏は7日に韓国に発つまで滞在する。6日には天皇、皇后両陛下と会見。安倍首相との首脳会談の後、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会し、横田めぐみさんの母早紀江さん(81)らと会う予定だ。


17. 2017年11月06日 00:56:17 : tLKfSo2RvA : @YhxVkq8DQ8[3]
>政権交代をするためには使えるカードだったことは間違いない。

これを信じている奴らは再び同じ間違いを繰り返すだろう


18. 2017年11月06日 01:03:59 : tLKfSo2RvA : @YhxVkq8DQ8[4]
>>14
ネトサポ臭いよ

19. 一主婦[2441] iOqO5ZV3 2017年11月06日 02:43:52 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[1]
小沢支持者の一主婦でございます。
希望の党を支持していた輩はドコに行ったのだろう?とのご質問が何方からかありましたので、参上いたしました。今も、私は[希望の党]支持をしております。どこにも行っておりません。相変わらず、同じ支持でございます。では、今回の[衆議院選]のおさらいと反省をいたしたいと思います。

先ず、今回の衆議院選挙は[政権交代]を掛けた大切な選挙であった事はこちらのどなたも反論はないと思います。「安部打倒」[政権交代」を掛けた衆議院選挙と言う位置づけで、そういう大切な戦いでしたね。元首相の福田氏や小沢氏に限らず、この国と国民を本当に思っている国会議員は[政権交代]を今度の衆議院選挙で成し遂げなければ「もうこの国は持たない」という危機感迫る想いで動いていました。そのチャンスが小池新党、後の「希望の党」の出現で実現性も高まりました。「千歳一隅」のチャンス到来だったのですね。希望の党を敵視して分裂選挙をしたのでは、安部打倒も政権交代も出来ないのです。それなのに、その分裂選挙をやってしまいました。

時間的流れを遡れば、民進党の「党首選」からがその始動でした。
党首選は前原氏と枝野氏で争われました。二人の主張は、前原氏は左右に翼を最大限に広げた「野党再編」による「新党の器」での衆議院選の戦いを提示しました。枝野氏は、今までと同じ「4野党共闘」と言う従来の戦い方を提示しました。この違いは、小沢氏が言う所の[最善策]と[次善策]との闘い方の違いです。「千歳一隅」のチャンス到来ですから[最善策]で望むのが良いと言う事は誰が考えても分かるはずと思います。そして、希望の党が出現した事で、その「大きな新党の器」での[最善策]が取れる状態だったのですから、前原勝利でそれが近くなりました。↓、参考のツイートです。


※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
公明党と共闘する自民党を倒そうとするなら「野党共闘」が必須なのは当たり前です。おかしいのは、ネット上に、先の参院選でやったような「4野党共闘}を続けるのが良いかのような言説が溢れている事。参院選では、複数区や特に比例区ではいうまでもなく1人区でも野党共闘側は自公共闘に大敗したのですよ。

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki ·
野党を応援するなら、これを読み返すべき。あんな野党共闘(←今回の枝野さんの構想)で勝ったかのような話は大間違い。⇒「自民党はほとんどの1人区で公明党の推薦を確保…21勝11敗と勝ち越した」2016参院選:野党共闘及ばず…比例に課題

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
「民進党の再生」への言及が、代表選の最中だけに多い。しかし、〈民進党のための〉民進党の再生など望むのは、国会の三分の一を辛うじて占める万年野党が欲しいだけの贋「リベラル」言論人だけだろう。国民の生活実態を心配するなら、期待すべきは、〈日本の再生のための〉民進党の再生であろうに。

↑は、党首選での参考になる呟きです。やはり、今回の衆院選は[次の次など無いのだ、今回政権交代しなければこの国は潰れてしまう]と言う切羽詰った選挙戦でしたから、枝野氏の[次善策]ではない前原氏の[最善策]を取れるチャンスが希望の党の出現により到来していたのですから前原党首の案で大正解だったのですね。そこで、注目されたのは[希望の党]と言う国政政党が誕生した事です。ここを取り込むことでしか[最善策]はあり得ません。この希望の党ができたというのに、枝野氏の[次善策]で「4野党共闘]だけで、百合子新党を敵視しての戦いでは、到底「安部打倒」も、念願の[政権交代」も手に入らない事は、ここの住人ならば、どなたでも理解可能な事でした。

ところが、実際は、その誰でもが理解できていた、百合子新党[希望の党]を敵視しての[分裂選挙]になってしまいました。小沢氏がいつも言っていた[集結]とは程遠い動きを執ってしまった結果が[自民党単独過半数越えの圧勝]と言う結果を生んでしまったのです。私達は、この「千歳一隅」のチャンスを、またしても、「愚行」によってつぶしてしまったのです。小沢氏が[次の次]など無いのだと今度の衆院選を位置づけたのに、マスコミの分断工作に乗せられて[政権交代]を逃がしてしまいました。その点では、今回の山本太郎さんも、枝野氏も、社民党も、共産党も[リベラル」と言う違いを煽り、わがままを言って、その間違いを犯してしまったと言う事になると思います。

小沢氏が、今回の衆院選を経て発した言葉は「野党は、好き勝手を言って分裂してはいけない、集結して闘わなければ、政権交代は成就しないのだ」と言う事を仰いましたが、その小沢氏の想いを壊した最初のキッカケが社民党と枝野派の小沢排除にあったのです。それをキッカケに、マスコミの分断工作にひっかかり、リベラルと言う煽りで分断させられた結果が自民党圧勝だったのです。それに加え、小池バッシングと抱き合わせの枝野立憲民主党ヨイショ報道。

その原因になった最初のキッカケとドコから分裂が始まったのかの時系列と原因。そして、百合子新党へのバッシングである[踏み絵]とか[排除リスト]も嘘の情報が撒き散らされた、その辺りの事も、ここからは、その原因になった時系列を、私が語ると長くなりすぎますので、その関連の参考資料をお借りして、今回の衆議院選での惨敗のおさらいと、反省をしてみたいと思います。↓どうぞ。


※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
三野党首会談では報道通り、三野党合流のことが話し合われる予定だったが「社民党」が渋ったそうです。それの、タイミングを計ったような安倍さんの解散意思表明。多くの人が知っているのは、この二つの理由。が、キャンセルの必要があったのか疑問。

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
小沢さんの構想は、まず自由党・社民党が民進党に合流して結集の軸となる事(←これが民進党内(枝野派)で排除された、次に、右の小池新党が野党色を鮮明にするなら小池新党とも組み、左は共産党と選挙協力という広範な結集の構図だった。

※壺井須美子‏ @hivere
これ(三野党合流瓦解)は公開されている情報です。日曜日にも関わらず9月23日に国会内で予定されていた3党幹事長会議が「社民党」の反対で流れた事。しかしその記事の重要性を伝えた記事はありませんでした。それ以前に野党共闘の前哨戦として自由と民進の合併が進められていた事は直接民進党議員さんから聞いていました

※Y家の母妻(小沢自由党 応援 ❣️)‏ @yhahatuma ·
民進との合流は「自由党だけではダメ」「社民も一緒でないと合流できない」とゴネたのは「民進内のリベラル(枝野派)」だと。そして「社民党」は合流しないと突っぱね、共産党との協力体制になった。三党合流話は先送りされ、希望の党と組むと急にきまった、これがいままでの流れ。

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
大同団結を呼びかける小沢一郎を、民進党が「排除」して始まった「排除と反目」の連鎖が、この形勢をこの形勢のまま決定的にする。政権の受け皿が小さくて、ひび割れしている。

※ハンニバル‏ @sockskurogohan
小沢さんを拒否したい人たちが拒否する理由を【作って】動いた。
改憲論者が護憲と宣い、1票でも多く取らないと勝てない選挙で『数じゃない』と宣う。壊したのはたくさんの人。壊さないように動いたのは、【数の意味を知る】小沢一郎。

※airis‏ @airisarisia
野党に求められていたのは倒幕の為に右から左までの大道団結であった。しかし野党は国民のニーズに応えることはなく躍起になったのは自分達の生き残りであった。

※平野貞夫
小沢代表がかねてから提唱していた民進・自由・社民の三党による比例区オリーブ型だった。 これが不調になったのは社民党の一議員の反対であった。理由は「前原民進党代表の安保政策を許せない」ということ。次に出た構想が、民進党と自由党が合流するという「第二次民由合併」だ。狙いは小沢自由党代表が民進党に入り共産党との間で残っている小選挙区調整を信頼関係で解決し、民進党の重鎮として政権交代のために国民に安心感をもたせるということであった。民進党の若手やベテランも歓迎し、9月20日の松木けんこう議員のパーティーでは前原代表も出席してその方向で盛り上がっていた。 ところが、その構想を民進党の「小沢アレルギー派」が潰すことになる。


↑のように、最初の躓きは「三党合流」の話を蹴った社民党と枝野派による小沢合流阻止が最初のキッカケになりました。そして、前原氏は、今、盛んに叩かれていますが、前原氏の今回行動は、経験不足もありごたついてしまいましたが、結果的に希望の党との合流を果たしましたので、器作りとしては正しい動きだったのです。↓にそれ関係のツイートを載せます。


※上杉隆/ UesugiTakashi‏認証済みアカウント
前原代表の決断が新しい流れを作った。
小池代表ばかりが注目されがちですが、今回の新党の流れを現実にしたのは前原代表の決断です。前原代表は、自民党に対抗できる政権担当可能な政党を作り上げるために、捨て身の決断をしました。

※天野慧 K.Amano自由党オリーブの木‏ @peacosmos
「希望の側から立てたいという方たちを必死にブロックし、前原氏が全ての民進議員をと一生懸命説得していた最中に、偽りの名簿が夕刊フジにより出されてしまった」と。その名簿には、枝野氏、長妻氏、阿部知子氏、近藤氏が記載されていませんでした。どう考えても、裏に官邸??自分たちで選んだ代表を信じることなく党内バラバラ(笑)。会見を聞く限り、前原氏の行動は批判されるものではないなと思いました。

※前原氏は約束を守ったのだ。だが、結果は数名の排除が行われた。それも数名だ。この数名の排除の責任を前原氏ひとりに帰するのは無理がありすぎる。 なぜなら、前原氏から最初に相談を受けて賛同した当時の党幹部の枝野代表代行も連帯責任を負うからだ。結局、希望の党が正式に排除した議員は滋賀1区の嘉田由紀子氏だ

※saori‏ @ka2saori
一番の問題は自党の代表言葉 よりも 曲者情報 を信じた党員
真の敵矢は・tv:新聞ヤ ・信頼ド?のSNSを駆使 ・日本人の気質
テキ矢は思惑以上!で異常な手段。冷酷にも 友の手によって 共食いさせた。
安倍政治は友党の公明さえ脅す恐怖政治。政権への執念は野党のヒでは無い。

※ヒトを嗤うゴリラ(時々パリ)‏ @tokidokiparis ·
前原が進めていた民社自合併を小沢排除の為に直前で潰し、希望の排除対象でない事を知りつつ排除を理由に新党立ち上げ、マスコミのくれたリベラルの帽子を悪用し(共産党のリベラルあおりに乗り)湧いてでた膨大な資金で選挙に圧勝。選挙後リベラルなんて言ったことはないと。全て官邸援助。安倍とシールズは大笑い。

※hillcrest0919‏ @hillcrest0919
官邸が仕掛けた偽リストによって希望と民進党が分断。
世論もネットを含めてみんな官邸に騙された。
#オプエド #上杉隆

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki · 11月2日
たしかに、大騒ぎになった希望の党の「排除リスト」はデマだったし、安保法制に関する「踏み絵」なる物も、最終的には次の文言であった:「現下の厳しい国際情勢に鑑み、現行の安全保障法制については、憲法にのっとり適切に運用する。その上で不断の見直しを行い、現実的な安全保障政策を支持する」。

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki · 11月3日
政策協定書には「憲法にのっとり適切に運用する」に続き、「その上で不断の見直しを行い」とあるのに、なぜかそこを隠すのか?⇒「集団的自衛権の行使を可能とした安全保障関連法について、『憲法にのっとり、適切に運用する』などとした政策協定書」

※壺井須美子‏ @hivere
希望「安保法の考え 民進と変わらず」 協定書(踏み絵)の中身は、民進党の方の考え方と齟齬(そご)をきたさないと確認した、樽床氏。違憲疑いの安全保障関連法を廃止を含めて見直しをしていく。まさにわれわれが言ってきたことそのもの、玉木氏

※みつや‏ @mitsuya_niwa
それが、事実なら、本当に面白いことだと思う。枝野氏の秘書が元安部氏の秘書だということ等々、面白い。少々考えが変わって来た。それが、真実なら、偽リストを配布することにより、立憲民主党の旗揚げの正当性が生まれたとも言える。立憲民主のPRは短期間にしては出来すぎていて、どこか不審でした。なるほど。

※いりちゃん:花と月に魅せられて 🌷 🌒‏ @irityan0316
リベラルと称する人達が煽りまくって、これまでの都知事選の様相を呈して来た。かつて、都知事選で舛添対細川が争っていた時、選挙後、細川に勝ったと喜んでいた某候補がいたが敵をはき違えては、この国の民度が疑われる。アベ政権打倒が大命題。

※田畑稔‏ @tabataminoru
そのとおりです。今回、共産党や(結党されるかもしれない)リベラル立憲民主党が議席を伸ばしたとしても、安倍政権が存続したらそんなもん勝利でもなんでもない。でも言うんだろうなあ、我々は正しかったって。ズレてる。

※平野 浩‏ @h_hirano · 10時間10時間前
小池人気の凋落は「排除発言」にあるのではなく、その発言をキッカケにワイドショーをはじめとするテレビがまるで示し合わせたように小池攻撃に転じたこと。かつての小沢叩きと同じで、自民党が選挙対策として絡んでいる可能性は大。安倍内閣は日本のメディアは完全に内閣の支配下にある。

※よしぼ〜‏ @yocibou
マスコミの捏造、誘導報道に乗っていては真実は見えてきません。
主権者の多くは、「安倍を倒す!」ことを目指した。
足らなかったのは、その為の政党の側の道理と熱意です。
このことにおいて、立憲民主党の結党は誤りだったと申し上げたい。

※壺井須美子‏ @hivere
野党が分裂して、安倍政権を勝たせた結果です。皆反省した方が良い。立憲含めて野党は完全に負けたのですよ、そのツケはこれから続々と。こんなに重要な選挙だったのに!

※激オコぷんぷん丸‏ @azvvvtulip
左翼リベラルが希望の党を敵視した結果は、与党300議席超え、改憲勢力で2/3超えを許すことになるだろう。野党第一党を分断させ支配する安倍自民の権謀術数に嵌められてるのに気付かないパヨクの愚鈍さ。

※くっきい‏ @smaomi
野党が分裂した段階で自民圧勝はわかっていたことだと思います。
自民党を批判するのではなく、多くの人が、物凄い勢いで、希望の党を攻撃してました。これじゃあ、安倍政権の独裁は続くとわかっていたことだと思います。

※まーちゃん 🍀‏ @makimakiia
過半数を超える候補者を出した希望の党を自民党の補完勢力だとレッテル貼りを繰り返し結果は自公で3分の2を取らせたってことが今回の選挙結果だ。それで満足なのだろう、小さな立憲民主党の誕生に歓喜している。その姿を見て一番喜んでるのは実は安倍晋三自民党だということに気づくべし!簡単なことだ。

※ジョー 日本に本当の民主主義を‏ @gentleman0811
自公政権打倒!とか言いながら、計算一つ出来んのか?立民とだけで過半数は無理ですもんね。戦略無しだわって思いました。志位さんや瑞穂さんたるものが何であそこで切り替わらなかったか。

※手塚一佳‏ @tezukakaz 手塚一佳さんが壺井須美子をリツイートしました
希望の党による政権交代予測が出て以降の立憲民主党設立とその盛り上げの経緯、野党壊滅までの過程はきちんと検証されなければならないと思います。立憲民主党設立近辺はあまりに胡散臭い。

※山岸飛鳥 日本独立&絶対反戦‏ @sensouhantai
希望の党の批判に血道をあげるリベラルの皆さんへ。
あなた方もきっと大好きなあの世界一貧しい大統領、ホセ・ムヒカの言葉をご紹介します。「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」
この意味と重みをわかってください。


↑以上です。時系列経緯と事実確認と反省も含めたツイートでした。長くなって済みません。


20. 2017年11月06日 06:27:28 : ay4OCYadEo : fWE5JgN9rpY[192]
小池百合子や野田、前原は本籍自民党CIISのアーミテージやマイケルグリーンのポチだと誰でも解っているはず。安倍一味なんだから共産党含めた野党共闘を最初から潰す為に画策したのは選挙前から解っていた。売国奴に乗っ取られた日本。

21. 2017年11月06日 07:21:15 : Vf5Yeiv3P2 : tArId55fWcI[7]
小池百合子を都知事の座から引きずり下ろそうとする勢力は
それに失敗して地団太を踏んでいる姿はみっともない。

22. 2017年11月06日 07:21:41 : yhqgtQH9sI : mPRqr01Fkuw[182]
☆☆私はアベです。「大義なき国民愚弄解散総選挙=国民の血税630億円使用」のアベです❗

☆☆私はアベです。「第四の権力=マスメディア」+「犬HK」諸君の世論誘導と
「緑のタヌキ=小池百合子のタヌキ芝居」で
内閣支持率不51%」の中「自公政権313議席を獲得」達成できました❗

「第四の権力=マスメディア」+「犬HK」+「緑のタヌキ=小池百合子」に感謝❗❗

☆☆☆☆「自公政権313議席を獲得」迄の経緯☆☆☆☆☆

☆☆私はアベです。8月3日の内閣改造で「仕事人内閣」発足❗
↓↓
☆☆野党が憲法に則って「臨時国会」を6月末から要求するが拒否❗
↓↓
☆やっと9月28日に「臨時国会」開催されることになるが「野党」が大勢が整わない内にと
「首相の専権事項」を振りかざし所信表明演説も行わず冒頭で
「大義なき国民愚弄解散総選挙=国民の血税630億使用」を決行→「モリカケ隠し」の為❗
↓↓
「仕事人内閣」→「仕事しない内閣」に終わる❗
↓↓
10月10日の選挙公示日より「第四の権力=マスメディア」に「機密費=国民の血税」を使って
「自公政権圧勝❗」と言った世論誘導させ有権者の投票意識を失わせる❗
↓↓
「第四の権力=マスメディア」は選挙期間中、有権者を今回の争点の「モリカケ隠し」から
「緑のタヌキ=小池百合子」のタヌキ芝居に世論誘導する❗
↓↓
「第四の権力=マスメディア」が世論誘導した通り、「内閣不支持率51%」にもかかわらず
「自公政権313議席を獲得」となる❗
↓↓
この結果「安倍内閣」は25%の得票率で60%の議席を獲得❗
「アホ安倍」はあたかも「国民の信任を得た」と勘違いし
国民の80%が納得していない、国民の血税が「加計学園の申請許可」を実行する❗
↓↓
恥を知れ「第四の権力=マスメディア」「安倍政権」❗


23. 2017年11月06日 07:24:50 : yhqgtQH9sI : mPRqr01Fkuw[183]

>>22の訂正

「内閣支持率不51%」→「内閣不支持率51%」


24. 2017年11月06日 08:07:39 : CzvbE28hdQ : GdErV7VvsvM[1]
>19
小沢戦略をぶっ壊したのが前原だとどうしても認めたくないがゆえに全方向に喧嘩売ってる連中の一人か。こいつらの振る舞いを見て「野党を結集しようとしている人たちだ」と思う人がいたら、眼科に行った方がいい。

25. 2017年11月06日 10:43:20 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[228]
堀 茂樹氏に反論

政策協定書には「憲法にのっとり適切に運用する」に続き、「その上で不断の見直しを行い」とあるのに、なぜかそこを隠すのか?⇒「集団的自衛権の行使を可能とした安全保障関連法について、『憲法にのっとり、適切に運用する』などとした政策協定書」

こじつけにしか聞こえない。そもそも憲法違反の安保法を『憲法にのっとり、適切に運用する』とは何事か?

明らかに論理矛盾ではないか。そこまでして小沢を庇いたいのか。

4党共闘は野党共闘ではないとでも云うのか。そんなに立憲民主と枝野を嫌うなら小沢信者が考える野党共闘とは何なんだはっきり示すべきだ。

小池の排除発言は無かったことにするのか?
排除発言の時点で何故小池と闘わなかったのか。今になって評論家のように適当なことを云うな!


26. 2017年11月06日 11:47:20 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-25]

>>25
愚か者!^^

安保法の何処が憲法に違反しているのか?^^

違反している条文を示してみよ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

27. ボケ老人[2414] g3uDUJhWkGw 2017年11月06日 11:50:46 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[846]
>13.未来のTOW:

このスレにおけるコメには全面的に賛同します。

>17.@YhxVkq8DQ8:これを信じている奴らは再び同じ間違いを繰り返すだろう

これにも同意。

一主婦さん
コピペ大王【中川隆】そっくりになってきましたね。
幾ら長くなっても良いから、コピペでないものをお願いしたい。

>19.一主婦:前原氏は左右に翼を最大限に広げた「野党再編」による「新党の器」での衆議院選の戦いを提示しました。
今回の衆院選は[次の次など無いのだ、今回政権交代しなければこの国は潰れてしまう]と言う切羽詰った選挙戦でした。希望の党の出現により到来していたのですから前原党首の案で大正解だったのですね。

国民はそうとは受け止めなかった。
小池は【日本のこころ】では当選できない中山成彬を幻の希望の党人気にあやかった比例区で当選させた。これは安倍に近い右翼ではなく、安倍のさらに奥に控える右翼ではないか。
地域の実情を精査することなく、維新と野合して恣意的に候補者の立候補選挙区を右に左に弄んだ結果、民進系でない純粋希望の党の候補者がどれだけ当選したか。
比例区で当選した候補者の実体は民進系議員が獲得した比例票に助けられただけではないか。

乾坤一擲の、次が無い勝負なら
小池百合子は何故山口4区から出馬しなかったのか。
安倍とさしで戦って破れれば本望だろうに。
死んだ子の齢を数える愚は犯したくないが、
【排除】だとか【さらさらない】などと言って反安倍勢力を分断することなく
小池百合子が決死の形相で山口4区で戦いを挑んだならば
山口4区で討ち死にしたとしても、自民を過半数割れに追い込めたと思う。

さらにさらに
選挙後の動向を見ても、小池ファーストばかりが目立ち
結局は希望の党とは、野党分断が目的であって、小沢がその同調者でないとすれば、先見の明なく単に落ちぶれて騙された過去の人である。

若狭勝なぞ最初から評価していないが、彼が政界を引退する本心は
小池百合子に対する失望、絶望からだと考えるのは下衆の勘繰りだろうか?

    


28. ボケ老人[2415] g3uDUJhWkGw 2017年11月06日 12:01:50 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[847]
>26.ygp0MrIJl_E:安保法の何処が憲法に違反しているのか?^^違反している条文を示してみよ^^

横レスだが、【>>25愚か者!^^】というぐらい、詳しそうな方なら
その前に、安保法とは何ぞやを簡潔に纏めてUPしてごらん。
答えてあげるから。

    


29. 2017年11月06日 12:04:40 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[229]
>26
愚か者とは失礼千万。このようなことしか言えない物に同じ言葉を返したい。
説明する気にもなれない。

もう少し勉強したらどうなんだ!


30. 2017年11月06日 12:15:04 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-24]

「違憲」に該当する条文とは^^

新法(現法)には存在しない^^

実は、改正された前法に存在した^^


安保関連2法案のうち、『我が国及び国際社会の平和及び安全の確保に資するための自衛隊法等の一部を改正する法律』によって^^

自衛隊法第3条が改正されたわけだが^^

改正前の条文、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛←が、違憲であった^^

此れが^^

我が国の平和と独立を守るため、我が国を防衛←に、書き換わった^^

此れが、違憲状態から合憲に変わった理由だ^^


安保関連2法案のうち、『国際平和共同対処事態に際して我が国が実施する諸外国の軍隊等に対する協力支援活動等に関する法律』によって^^

「国際平和共同対処事態」という新たな概念が生まれることになり^^

「戦争(国家vs国家)」と「非戦争(相手は国家ではなく犯罪組織)」の区別が明確になった^^


すなわち、自衛隊法を改正するための法律では、9条1項2項による日本の武装解除とは、対外戦争の禁止を意味するので、この法律によって^^

自衛隊は、対外戦争でなければ、在日米軍との共同対処でなくても、独自に犯罪行為に対する平和維持活動が展開できることになっている^^


そして、国際平和共同対処事態に関する法律では、9条1項2項による従来の規定について^^

これを国際平和共同対処事態と呼ぶことで^^

こちらは、日米安保条約締結の基本概念である=日本は対外戦争を放棄=という9条1項2項の規定ならびに国連憲章52条の規定に基づき^^

日本は個別自衛権の行使について、アメリカ合衆国に委託し^^

アメリカ合衆国は、日本の個別自衛権の代理行使を受託した^^

↑この範囲が明確化されて、国家vs国家となる平和維持活動については、日米共同対処と明示されてることで^^

合憲となっているのである^^




[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

31. 2017年11月06日 12:22:08 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-23]

愚か者とか、自ら「ボケ」ていると自認している者とかは^^

安保法と呼ばれる法律が、2つの法律の総称であることも、おそらく知らない^^

当然、何が書いてあるかなど、読んだこともないはずだ^^


それで、違憲だとか、違法だとか、適当にケチをつけているに過ぎないのである^^

普通^^

違法だとか、違憲だとか言うからには^^

何処が違法だとか、何処が違憲だとか、必ず指摘できるし、出来ねば主張は論拠が無い^^

こいつらは^^

何の根拠も無いのに、他人を犯罪者扱い=冤罪を仕掛けているだけでしかない^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

32. 2017年11月06日 13:27:17 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-22]

例を挙げるなら^^

尖閣沖に展開する、中国の違法領海侵入で行われている操業などに用いられる^^

漁船と名乗った、機関砲実装の事実上の軍用艦など^^

海上保安庁の軽装で取り締まることは危険である^^

侵入/侵略だとすれば、国家間紛争ということになるので、自衛権は自己判断で出動できず、在日米軍の出動要請ということになる^^

その命令によって役務の負担であれば、憲法9条及び国連憲章52条に基づく、日米安保の前文(締結目的)に準じた出動ということになる^^

しかし^^

中国が、国家として知らんよ←こうなった場合^^

此れが、近年における、尖閣周辺の漁業組合者や、海底探査事業などへの威圧として、日本国民の生計を圧迫する要因になってきた^^

そこで^^

軍艦を改造した違法操業船=中国軍ではないなら、自衛隊は、在日米軍との共同対処を必要とせず、独自に此れを排除できることを可能にした←これは1例だが^^

安保法制定目的とは、こういうことなのだ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

33. 2017年11月06日 13:29:23 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-21]

自衛隊は自己判断で出動できず=◉^^

自衛権は自己判断で出動できず=×^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

34. 2017年11月06日 13:39:26 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-20]

また^^

共同対処事態の設置について^^

その範囲を日本の領土領海だけではなく、在日米軍の艦艇も、この範疇に含んだ理由は^^

日本の領土領海に対する、ミサイル攻撃を想定とした、此れへの自動迎撃システム=イージスシステムとは^^

相手が発射した瞬間に撃ち返さねば間に合わない^^

そのため^^

相手が発射した瞬間に、その標的が日本の領土領海を狙ったものなのか、在日米軍の主力艦艇を狙ったものなのか、判断出来ないための措置でもある^^

イージスシステムによる迎撃機能は、第3艦隊や第7艦隊を構成する自衛隊の護衛艦に実装された機能であるため^^

万が一^^

イージスシステムが発動して、自衛隊護衛艦の自動迎撃が、当該目標を攻撃した場合^^

その自動迎撃を誘発した相手方の攻撃目標が、日本の領土領海を狙ったものではなく、米空母を狙ったもの←此れが違法になるということは、あってはならなので^^

この条文は記載されているものである^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

35. 2017年11月06日 13:43:46 : KFvtdlgSCw : ygp0MrIJl_E[-19]

こういうことが、法律解釈として整備されていなかったので^^

整えたものが安保法^^

憲法制定の時に存在しなかったため、設置目的を明確にするため、憲法9条に加筆されるべきが^^

3項の自衛隊に関する記載^^

こういうことでしかない^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

36. ボケ老人[2416] g3uDUJhWkGw 2017年11月06日 13:55:03 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[848]
>26.30〜33.ygp0MrIJl_E:

ナーンダ
安保法制とは何ぞやと正面から問われたら
何にも答えられないただの馬鹿か

安倍が出した、朝鮮有事の避難における‟お涙頂戴”の有り得ないパネルのような例え話か、自衛隊法の重箱の底をつつくようなことしか出せないようだ。
違憲かどうかというのはそんな小手先の議論ではない。

安保法案とは従来の歴代の政権がとってきた外交防衛方針とは異なるものだ。
それにはそれなりの理由がある。
余すところなくその存念を述べよ。
右翼でも軍国主義でも良い。それなりの矜持があるだろう。
もう一回チャンスをやろう

安保法案とは何ぞや
簡潔にまとめてUPせよ。

    


37. 2017年11月06日 13:55:34 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[1]

さて^^

では概要を貼っておこう^^
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/gaiyou-heiwaanzenhousei.pdf

ボケ爺!^^

さっさと、何処が憲法違反か?指摘せよ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

38. ボケ老人[2417] g3uDUJhWkGw 2017年11月06日 14:00:37 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[849]
>37.QVwFbjXjfT4:さて^^では概要を貼っておこう^^

腰抜けメ!!!
最後はコピペで逃げるのか情けない。

   


39. 2017年11月06日 14:12:53 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[2]

これ以上、簡潔な資料が何処にある?^^

何も指摘できまい^^


それに私は^^

歴代内閣に、憲法に抵触している行政判断があると指摘している^^

歴代内閣により、設置された法律に、憲法に抵触する記載があるので^^

安倍内閣により、当該法律瑕疵を修正したものが安保法だと記述している^^

つまり^^

安保法に憲法違反は無く、歴代内閣の方には、憲法違反の可能性があったのだ^^
(特に、南スーダンへの自衛隊派遣を決定した民主党政権)

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

40. 2017年11月06日 14:29:42 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[3]

それに^^

私は、私個人が、ボケ爺ごときに、高評価されたとて、何も喜ばしくはない^^

むしろ^^

閲覧者に、正確に資料を提示できない方について、憂える者であるから^^

安保法の解説について、内閣府の発行物を提示するのだ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

41. 2017年11月06日 15:00:37 : SHqK28lYEU : zf4NDhHNGKo[311]

でも野党にも乗っ取り工作員の朝鮮系が紛れているじゃないですか


《 姜 英紀》立憲民 新「日本でも戸籍制度を廃止するべき」

かん英紀【公式】立憲民主党大阪13区 @kanhideki

昨日の民進党大阪府連大会。解放同盟大阪府連の赤井隆史委員長は蓮舫代表の戸籍公表を厳しく非難しました。戸籍で人々が差別されてきた歴史と真摯に向き合わなければなりません。韓国を含め、アジアのほとんどの国は戸籍制度を廃止しています。日本でも廃止すべきか、議論の余地があるかもしれません。

13:57 - 2017年7月31日


42. 2017年11月06日 15:10:40 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[230]
憲法の許容範囲は自主防衛・専守防衛までだ。海外に派兵してしかも米軍の指揮下で戦うことなど憲法が許せる範囲でないことは常識だ。

難しい議論は全く必要ない。阿修羅はリベラル派が多いと思っていたが、いつのまにか安倍自民の下駄の雪になってしまった。

これではネトウヨと全く変わらないではないか?
憲法について語るなら先ず安倍の改憲案とどこが違うのか明らかにしてからにしてもらいたい。1230


43. 2017年11月06日 16:20:02 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[-7]

>>42
また、そーゆー根拠の無いことを言う^^

では訊こう^^

南スーダンへの自衛隊派遣と、中国軍指揮下での国連平和維持活動とは^^

民主党政権が決定したものだが^^

これは、>>42の憲法解釈に照らして^^

合憲か?^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

44. 22A[16] glGCUUE 2017年11月06日 16:21:30 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1828]
>>19. 一主婦さん

あれ?意外な事にこの期に及んで一主婦さんがこの掲示板に現れたね。
最近では、極オザと言われる人たち、それがオザマエシンに進化し、さらにはユリシンへと変異を遂げた人もいるようだね。
希望の党の失速により、そのうち絶滅するだろうと思っていたら、意外と生き延びているね。
小沢さんが一言「枝野は男の中の男だ」と慎太郎と同じことを言ったら、だいぶ違うんだろうね。

でもその極オザのおばさんたち、一主婦さんが引用しているツイッターを書いている人たちだけど、すごーく怖いね。とても私のような気の弱い人間では、レスを付けることができない。

で、極オザの中では、最も心が優しい人だと私が思っている、一主婦さんとはじっくり話をしたいと思っているのだけど、ごめんね、そろそろ医者に行く時間になってしまった。またあとでよろしく。



45. SHIGE[58] gnKCZ4JogmaCZA 2017年11月06日 17:15:14 : 8UP26mIKBQ : hYRsxvg75QU[37]
山本太郎議員の「野党第一党が乗っ取られ、ぶっ壊されたから、基本に忠実な『野党共闘』の応援にシフトチェンジした」を受けての一主婦さんの「おさらいと反省」

は、彼女が引用した他のコメント者と比べても秀逸だし、渾身の分析結果と心情の表出だろう。とても揶揄やヒヤカシで済ませられない丁寧さ緻密さだ。

当方、この板で「10」のコメントをさせていただいたものだが、さらに意を強くした。
政治好きをでなく、普通・一般の国民大衆を代弁し、またそこに届く論説を今後も期待する。


46. 2017年11月06日 18:22:52 : 2zsIOUmGxU : kzMWxluG7j0[28]
吉永小百合さんのような知性と教養が備わった、深い慈愛と勇気を伴う行動力
の持ち主であっても、「米国ファースト」などという詭弁を弄して、米国民を
欺き、ただの米国戦争屋軍事政権の操り人形と化しているトランプが洗脳され
ている「白人優位主義」の偏向思想の前では、単なるイエロー・ジャップ、
イエロー・マンキーに過ぎないわけである。
決して誇張ではない、だからこそ世界で唯一原爆が落された当事者被害国で
ありばがら「核軍縮政策」に賛同せず真逆の「核兵器所有」の為の原子力推進
政策に狂ったように突き進む安倍など、トランプは同じ人間だとは看做しては
いない、「白人」にとっては売国総理であろうが、世界の平和を訴え人間
の尊厳や民主主義を守ろうと必死の命がけの行動をしている真のヒューマニスト
も、イエロー・ジャップ、イエロー・モンキーに過ぎない、「同じ人間」では
ないのである。故に日本内部で在日米軍とその配下の売国に本らと共に
「気象兵器」や「地震テロ」や「原発テロ」でで日本を攻撃し、売国政治組織
自民党、公明党を駆使し、カネをむしり取っていくことに何の良心の呵責も
ないわけである。

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235 > 362.html  

<素敵>吉永小百合さんがトランプ氏の「リメンバーパールハーバー」に物申す!「広島や長崎、福島、第五福竜丸も忘れないで
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/362.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 06 日 14:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU

11. 2017年11月06日 18:05:13 : W1vchuVrCA : J2hVt@LBuIY[17]

▲△▽▼
フィリピンやタイあたりで、貧しい家庭の子供の人身売買、これは古くから英国王室や
それに付き従う「自称高貴な人間(現代の自称少数エリートに連なる)」が、麻薬貿易
と同様組織的に行ってきた犯罪が、現在でも継続して行われてきている人間の「恥部」
なのだが、米英仏サウジ王室&イスラエル米国がISISという子飼いのテロリストを
使い軍事侵略を行う過程で、こうした幼い子供たちの誘拐や戦争孤児の人身売買が行わ
ていることも、いかにこの「自称高貴な人間(現在の自称エリートを含む)」がおぞま
しく野蛮冷酷な性根の人非人集団であるかを象徴する事実である。
今ではネットで自由にその人身売買や拉致誘拐で自由を奪われた幼い子供たちが、大勢
の性奴隷として代わる代わる客を取らされ、残酷な虐待を受け続けている映像を見る
ことができるが、その幼い子供達に残酷な虐待を行う奴らはすべて「白人」なのである。
中には米国の政府高官や米国政治家や財界VIPらが多数組織的に作られた、性接待
クラブで行うような「男児強姦趣味」に繋がる、レディボーイやシーメールといった
「女性化された男児」らが大勢やはり「白人」の性奴隷として虐待されている映像も
多数見受けられる。「今のアメリカ人を非難するつもりはない」などという自己暗示
のような逃げ口上など全く通用しない世界の「自称高貴な人々(自称少数エリートを
含む)」が組織的に行っている、アジアや中東での子供達への残忍極まる行為虐待の
一部始終、「白人」の実態がそこに厳然と存在しているのである。


47. 2017年11月06日 18:23:08 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[616]

日本共産党並びに支持者の国民の皆さん! 

自由党の山本太郎を可愛がってくれて礼を言う。

野党共闘は一野党のどの政党も排除しないっっ=3

希望の党の小池氏に猿以上の反省を求めるべきだ。




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

48. 2017年11月06日 19:26:01 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[619]
>>42
>阿修羅はリベラル派が多いと思っていたが、いつのまにか安倍自民の下駄の雪になってしまった。

【^^】←ニコちゃんマークの書き込みはバイトですから、心配しないで下さい。1コマ30円とかの。
でもまあ、ネット内リベラル派は分裂しましたね。
太郎が苦労するのも道理です。私は太郎の支持者で、投票は立憲民主党(選挙区)と共産党(比例)にしましたけど。

>>44
極オね。三宅雪子さんの命名ですね。

ツイッター内政治クラスタ・オザワ派、と言っても小沢支持者の全部じゃないと思うけど、あのグループは人数のわりに、声が大きい印象。
Noisy minorityなんです。そして、グループで固まる。

その一部の人たちが、何年も前から三宅雪子さんと敵対していて、色々な人が巻き込まれて来たのは、5万人以上いる雪子さんのフォロワーなら知ってること。
(揉め事の中身については私は適当にしか知らないが、雪子さん自身の対応にも問題はあったと思います。が、小沢支持者たちの雪子さん叩きもひどかった)。

で、その人たちが極オに進化した過程は、一部のおばさんが「前原、前原」と騒ぎ始めたのが発端でしたね。
(前原って?)と驚いたが、前原が小沢さんに近づいた後からですから、「甘いマスクとソフトな喋りにポ〜ッとなった」というところでしょう(私は前原はぜんぜん好みではないし、中身が嫌いなので近寄りたいとも思わないですが)。

その後は、小池新党擁護、民進党分裂擁護、前原擁護、あと枝野批判でしょう。
いちいち読んでる暇はないので、詳しくは知りませんが。

何年も小沢さん信者の言動を見てきての感想は、感情過多、ときにヒステリック(男女ともにです)。
これは今に始まったことではなくて、共産党が頑固に独自候補者を立て続けていた頃に、「共産党は候補者を降ろせ」と騒いでいたのもこの人たち(それが叶ったので最近は共産党への悪口は控えているらしいが、特に褒めもしないように見える)。

感情過多というのは身びいきが強すぎるということ。小沢氏の(ひいては、前原氏の)行動を擁護するためなら、理屈が通らないことにでも無理やり理屈をつけて、正当化しようとする。
だから今回の民進党分裂中〜分裂後の、彼らの前原擁護発言ばかりのツイートを読んでも、何がなんだかよくわからない。牽強付会という印象しか残らない。

極オと言われるような過激な人たちの中心は、全共闘世代でしょうね。その周辺を、アラフィフ位までのオザシンが取り巻いている感じ。

問題は、この人たちの言動が自由党の支持を上げるのではなく、自由党に比較的好意を持ってきた人(例えば、私)をどんどん離していくことでしょうね。


49. 2017年11月06日 19:35:06 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[620]

とゆうことでもないのではないのでしょうか



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

50. 2017年11月06日 19:51:18 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[620]
>>49
過去コメ読ませてもらいましたが、日蓮正宗を肯定し、反共で、小池百合子を褒めていることから、あなたは創価学会の信者ですね。

51. 2017年11月06日 20:08:41 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[231]
「一主婦」を褒める御人に云う。

一主婦は多分壺井須美子だと思われる。彼女のSNSの意見とあまりにもよく似ている。偶然にしてはよく出来ている。

自分の発した言葉が例え善意であっても、後の書き込みを見ると完全にネトウヨに利用されている。

ネトウヨをおびき寄せる効果絶大。

ネトウヨを喜ばせるような主張はいい加減にしてくれ!


52. 一主婦[2442] iOqO5ZV3 2017年11月06日 20:36:27 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[2]
>>27. ボケ老人[2414] さま

ボケ様。返レスありがとうございます。

>一主婦さん
コピペ大王【中川隆】そっくりになってきましたね。
幾ら長くなっても良いから、コピペでないものをお願いしたい。

↑中川さんを私と抱きあわせで批判なさる事で、何の効果を狙っていらっしゃるのでしょうか?私と中川さんは別人格ですよ。私を批判するなら、他の方を用いずに、私だけの範囲で批判するのが的を射た批判です。第一、中川さんに対しても失礼に当たりますから。どうぞ、他人の名前との抱きあわせのレッテル貼りはご遠慮下さい。

私は、自分の表現を超える内容の文章なら、他人様のものをもお借りして、自分の表現力の足りなさを補う事に使わせていただく事を厭いません。自分の考えを的確に分かってもらう為に書き込む訳ですから、その目的の補強になるのならば、他人様の優れた表現の文章もお借りする事は「理にかなう」ことだと思っています。これは、ボケさんになんと言われようが、優れた他人様の例文は、今後も、お借りする事を辞めるつもりはありません。どうぞ悪しからず。分かって貰える事が第一の目的ですのでね。コピペであろうと、無かろうと分かって貰える事が大切です。コピペが悪いと決め付けては、こちらの記事の多くは、他所での文章やブログの借用が多いのですから、それもいけないと言う事になりますね。優れたブログや文章ならコピペも有用だと私は思います。

ボケさんも、貴方より優れた例文をお借りしたらいかがでしょうか?
なんか、貴方のコメントは、いつも上から目線でトゲが有りすぎて、その上に他人様にレッテル貼りを盛んになさり、いつも他人様に突っかかるだけの文章に思えてそれの方が際立ち中身がぼやけてしまっているように思えます。自分より優れた表現の文章をお借りすれば、貴方のコメントも上から目線にならずに、すんなり他人様に自分の考えが分かってもらえるようになりますよ。ぜひどうぞお試しになってください。優れた文章はたくさんありますからお借りしてみて下さいね。効果が上がると思いますよ。貴方の文章は、時々何を仰っているの?勘違いもはなはだしいと思える事が多々ありますからね。

私を中川さんと並べてくださっていますから、折角ですから、貴方もどなたかと並べて差し上げたいと思います。さしづめ「ボケさん」と「知る大切さ?」さんでしたっけ?他人様にいつも突っかかっていあの方と貴方はそっくりに感じられます。知るさんは、他人様に塚本幼稚園とかと言う造語の自分勝手なレッテルを貼り、そのほかにも盛んにいろいろな造語を作ってレッテル貼りをなさって、所構わず、誰彼かまわずと言う様相で、自分と違う考えの方に突っかかっているサマは、貴方とそっくりですね。いろいろな考え方があるのですから、他人の考え方もそれなりの敬意を持って自分の違いを述べましょう。上から目線や、自分だけが正しいという態度一色と、卑屈な造語レッテル貼りは、ここの掲示板では皆さんに感心されないと思います。おせっかいかもしれませんけれど。


>>19.一主婦:前原氏は左右に翼を最大限に広げた「野党再編」による「新党の器」での衆議院選の戦いを提示しました。
今回の衆院選は[次の次など無いのだ、今回政権交代しなければこの国は潰れてしまう]と言う切羽詰った選挙戦でした。希望の党の出現により到来していたのですから前原党首の案で大正解だったのですね。(一主婦のコメント)

>国民はそうとは受け止めなかった。

↑は、[国民は」では表現に誤りがありますね。多くの国民は今度の衆院選をその様に位置づけていた言うのは嘘ではないと思います。ですから、そう受け止めていなかったのは「ボケ様自身」と言う表現になさるほうがここでの反論では適切だと思います。貴方は、国民を代表する方では有りません。国民のお1人ですから「私はそう受け止めてはいなかった」という書き方が適切と思います。コレもおせっかいですけれど。折角ですから本音で語らせていただきました。


>小池は【日本のこころ】では当選できない中山成彬を幻の希望の党人気にあやかった比例区で当選させた。これは安倍に近い右翼ではなく、安倍のさらに奥に控える右翼ではないか。地域の実情を精査することなく、維新と野合して恣意的に候補者の立候補選挙区を右に左に弄んだ結果、民進系でない純粋希望の党の候補者がどれだけ当選したか。比例区で当選した候補者の実体は民進系議員が獲得した比例票に助けられただけではないか。

↑での、中山氏の事も、自民党に勝つための人数としては有効だと思います。当然、中山氏も百合子さんの政治姿勢や政策には同意なさった上での公認なのでしょうから何も問題ないのでは無いでしょうか?貴方のそのような細かいこだわりの考え方が、今回の政権交代の失敗を導いたのだと思います。今回の闘いの敵は、リベラルと保守の戦いではなかったはずです。自民党安倍政権対野党の戦いだったはずです。そこを勘違いして分裂したのが今回の失敗だったのです。

貴方は、ここでも中山云々をまだ仰っているようでは、もう先が思いやられます。いつまでもそんな事を、そんな細かい違いでごねているようでは、政権交代も安部打倒も無理と言うものです。では、もう一度、↓の、素晴らしい、ムヒカさんのお言葉をお借りして、分かっていらっしゃらない貴方に、分かってもらう為にプレゼントいたします。良くお読みになって、事の重大性を読み取り、理解して下さいね。↓の素晴らしいお言葉を、貴方にお贈りいたします。↓どうぞ。


※山岸飛鳥 日本独立&絶対反戦‏ @sensouhantai
希望の党の批判に血道をあげるリベラルの皆さんへ。
あなた方もきっと大好きなあの世界一貧しい大統領、ホセ・ムヒカの言葉をご紹介します。「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」
この意味と重みをわかってください。


>乾坤一擲の、次が無い勝負なら
小池百合子は何故山口4区から出馬しなかったのか。
安倍とさしで戦って破れれば本望だろうに。
死んだ子の齢を数える愚は犯したくないが、
【排除】だとか【さらさらない】などと言って反安倍勢力を分断することなく
小池百合子が決死の形相で山口4区で戦いを挑んだならば
山口4区で討ち死にしたとしても、自民を過半数割れに追い込めたと思う。

↑、はあなたの勝手な想いですね。
百合子さんは都知事で[都民ファースト]を標榜し、それに向かって努力しています。国政選挙時の党首だけでしたら二足の草鞋も可能ですが、国会議員に立候補したなら両立は、それは不可能です。ですから、百合子さんは百合子さんのお考えでその選択はなさらなかったのだと思います。それは百合子さんのお考えに任せるべきです。そして、貴方がそんなに仰るのならば、枝野こそ、その任を負う方が「理に叶う」と思います。その方が「新党」など立ち上げて「野党分断」するくらいなら、枝野が安倍の選挙区で戦ったなら、それはそれで「野党分断」にもならずに「立派な闘い方」だと思います。


>さらにさらに
選挙後の動向を見ても、小池ファーストばかりが目立ち、結局は希望の党とは、野党分断が目的であって、小沢がその同調者でないとすれば、先見の明なく単に落ちぶれて騙された過去の人である。若狭勝なぞ最初から評価していないが、彼が政界を引退する本心は小池百合子に対する失望、絶望からだと考えるのは下衆の勘繰りだろうか?

↑、コレも、貴方自身の思い込みだと私は思います。
後から造った[立憲民主党]が野党分断になった事は間違いありません。
規模から言っても、野党分断の器の何者でも無いのです。あの規模では政権交代の器にはなり得ません。民進党の党首が政権交代為の器として[希望の党]と決めたのですから、希望の党が正式な器だったのです。それに反して立ち上げた[立憲民進党]は政策からしても決してリベラルで無く希望の党と被る政党です。これは、後から造った事でも、規模の上からも[政権交代]の器では無く「野党分断」の政党にしかなりません。これは確かです。

民進党の党首が「希望の党」と合流し、それを「主軸」にして[政権交代」を果たそうと決めて「全員一致」で決めたのですから、前原党首を「信じて協力」するのが筋だったのです。それが、政権交代への唯一道だったのです。民進党を解党までして望んだ[政権交代」の器の[希望の党」だったのです。小沢党の「自由党」も前原氏に習って「解党」してまで「政権交代」に掛けたのです。それなのに、自分たちが選んだ前原党首を信じ切れずに、あちら側が野党分断のために流した[排除リスト]や[踏み絵]の「嘘情報」を信じ込むような民進党議員と、民進党支持者の「駄目さ」が、この「野党分断」を作り出したのです。「排除リスト」も「踏み絵」も真っ赤な嘘の情報でした。

嘘の方を信じ、自分たちが選んだ自分たちの「民進党前原党首」を信じない、こんな人々だからこの結果になったのです。これは「反省」が必要です。「自民党圧勝」を作り出した「野党分断」の新党結成の「枝野立憲民主党」と、それに「リベラル煽りで加担」した「共産党と社民党」もその事での「反省」はぜひ必要と思います。マスコミと合同の「リベラル対保守」の闘いにしてしまった「反省」も必要と思います。リベラル逮捕主ではなく[安倍対野党]の戦いだったのです。そのために「希望の党」まで「敵視」してしまった愚かさが、今回の「野党分断」の成り行きです。希望の党を敵視したのでは到底「安部打倒」も「政権交代」も無理なのですから。

民進党は、支持率からも有権者の信頼からも、あのままで闘ったなら壊滅に近い政党でした。当選者数も散々な結果だったと思います。民進党はもう潰れる寸前の政党でした。そんな潰れかかった政党を「希望の党に合流」して「一致団結」したなら、そして共産党を含む野党全党も「合流」氏、合流が難しいという共産党は「党外協力」と言う形で固まって、その器に集結して戦ったなら、小沢氏も仰っていましたが「政権交代」は可能だったのです。それなのに、野党が何分裂もして「リベラル対保守」と言う偽りの戦い方をしてしまったから、自民党圧勝になってしまったのです。分裂して戦えば自民党が勝つのは当たり前でした。「集結」こそが「自民党打倒」の唯一可能な道だったのです。

嘘の情報を信じて、前原党首を信じなかったツケが「自民党圧勝」と言う事です。貴方のように「希望の党」を「野党分断」のため政党と言ってしまったのでは、政権交代も安部打倒も夢のまた夢と言う事です。ここでも、やはり百合子バッシング、希望の党を野党分断野党とのたまう方に必要な事は、ムヒカさんの言葉だと思います。小さな事に拘り「リベラル」でなければとか、「保守」だからとか、百合子新党は自民党と同じとか「敵視」ばかりしていたのでは、念願の政権交代は手に入らないという大切な事を思い出していただく為に、また、また、大切な例文をお借りして載せます。これをよく読んで、どうぞ良くお考え下さい。では再掲します。大切な事ですから、何度でも分かっていただけるまで乗せ続けようと思います。では、ボケさんどうぞ↓。


※山岸飛鳥 日本独立&絶対反戦‏ @sensouhantai
希望の党の批判に血道をあげるリベラルの皆さんへ。
あなた方もきっと大好きなあの世界一貧しい大統領、ホセ・ムヒカの言葉をご紹介します。「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」
この意味と重みをわかってください。

以上で終わります。毎度長くて済みません。


53. 2017年11月06日 21:05:02 : yhqgtQH9sI : mPRqr01Fkuw[193]

☆私はアベです。「大義なき国民愚弄解散総選挙=国民の血税630億円使用」のアベです❗

☆☆今回の選挙で「緑のタヌキ=小池百合子」の「タヌキ芝居」に騙されなかったら
「野党と市民の共闘・連携」で「自公政権」と「1対1」で対等な戦いができたと思います❗

☆☆「前原誠司」は両院総会で、今までの民進党だったら「共産党」との連携などで
「結果は惨憺たるものだった?」とか言っているのを聞いて
↓↓↓
☆☆新潟県の菊田議員(前原派?)が「衆議院総会」で「野党と市民の共闘・連携がほぼ出来ていて、選挙をすれば勝てるところまで行っていたのに❗」と言って前原の言い訳は聞きたくない、途中退席したと一部のメディアが報道していた。

☆☆☆前原は腹黒い「安倍晋三」&「小池百合子」と「同じ穴のムジナ」ということがよくわかった❗


54. 一主婦[2443] iOqO5ZV3 2017年11月06日 21:11:34 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[3]
訂正

リベラル逮捕主ではなく[安倍対野党]の戦いだったのです(誤)

「リベラル対保守」では無く[安倍政権対野党」の戦いだったのです(正)


55. 2017年11月06日 21:22:32 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[625]

>>50. 2017年11月06日 19:51:18 : 8K8L3PSaYk
>過去コメ読ませて・・・

ということではないでしょ。

あなた随分と単純ですよね。

そろそろアドレス変更するから粘着しないで下さい!




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

56. 知る大切さ[10644] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月06日 21:40:18 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1471]
>55
アドレス変更でドロンパより、HNつけて我有りがよくないかい?

毎回毎回過去捨てて、同じ事する事が是だとお主の宗教はといているのか?

正統な日本人 てそんな程度なの?


57. 2017年11月06日 21:45:30 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[623]
>>55
50ですが、一度、アンカーつけただけで粘着とはこれいかに。

はい、単純でしたね。すぐ上にあるあなたのコメント、

>>47. 2017年11月06日 18:23:08 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[616]

日本共産党並びに支持者の国民の皆さん! 
自由党の山本太郎を可愛がってくれて礼を言う。
野党共闘は一野党のどの政党も排除しないっっ=3
希望の党の小池氏に猿以上の反省を求めるべきだ。

を見逃していましたからね。
「日蓮正宗肯定・反共・小池百合子ほめる」のコメントを書きながら、こういう正反対のコメントを書いていることを知るために、阿修羅は過去のコメントが読めるようになっているわけです。
つまりあなた、攪乱屋さんね。


58. 22A[17] glGCUUE 2017年11月06日 21:51:37 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1829]
>>48

正確に言えば、三宅雪子さんは「極オ」と言っているが、私は「極オザ」と言っている。あのごく一部のうるさいおばさんたちのことをね。もちろん意味は同じ、オザシンがオザマエシンへと進化したもの。その中にはユリシンへと変異した人もいる。

私はこの人たちと論争しようと思ったこともあるが、もう時間の無駄なのでやめた。まずこの人たちを動かす原理は論理ではないし、説得は絶対に不可能だ。

さらに、自由党支持者のうち、こういう極オザはそれほどの比率ではないだろう、と思う。たとえば山本太郎さんは極オザではない。玉城デニーさんも極オザではないだろう。さらにいえば、森ゆう子さんは、以上の2人よりは極オザに近いかも知らないが、でも本質的には極オザではない。そうでなければ新潟知事選や衆議院選新潟選挙区の野党共闘をまとめられない。

というわけで、たしかにNoisy Minorityだが、極小カルト集団であり影響力はないから放置しておけばいいだろう。
要するに、このおばさんたちのツイッターを見なければいいのだ。見たって何の価値もないからね。



59. 2017年11月06日 22:22:23 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[624]
>>58
あの、一部のうるさい人たちと論争をしようとしたんですか?勇気ありますね。
私は絶対に話しかけないし、フォローもしません。
(一切関わりたくないからです。話が通じるわけがないし、ひたすら面倒になるだけだから)。

あの方々の行動原理はもちろん論理ではありません。感情です。
しかしそこに無理に理屈を立てるので、わけがわからなくなるのです。
信仰心に近い。盲従かな(むろん小沢支持の方をぜんぶそう言っているのではありません、極オ(極オザ)、マエハラシンの人たちのことです)。

太郎さんもデニーさんも、まともだと思いますよ。森ゆうこさんも極オとまでは言えないでしょう。そこまで盲信してない。
極小集団だからでしょうが、自由党に近い位置にいる人間には、ツイートが目に入ってくるんですよね。誰かがリツイートしたりしますから(まあ、ミュートすればいいだけのことですが)。


60. 2017年11月06日 23:04:36 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[2]

中核派が、まともなわけがない^^

山本太郎のような中核派が支持できる=世界標準では、テロリストだ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

61. 2017年11月06日 23:17:17 : sAykuuF5dA : v0dvxMfUJTc[327]
58、59さん

一主婦さんの文面に関しては一つも反論しないのですね。

オザシンとかの「レッテル張り」で、中傷ばかりですね。

逃げてばかりいないで、一度、真っ向から反論してみてはいかがでしょうか?


62. 2017年11月06日 23:56:07 : p5hpDg9KCY : G15A0SExD7o[38]
私は小沢一郎とは距離のある政治的付き合い方で十分だと言いたいね。立憲民主党の枝野がやっているような付き合い方だ。野党連合に役に立つような野党党首として振舞っているうちはその範囲で信用し付き合うと。だけども政治家小沢一郎を全面的に信頼するわけではないと。
(枝野その人に対してもこれとどうような信頼でいいだろう。立憲民主党党首としての枝野に対しては90%ぐらい信頼しているが民進党の枝野という政治家は80%ぐらいの信頼にすぎない。ちなみに自由党党首小沢一郎は75%ぐらいだ。)

どういう意味か?1、小沢の現在の政治姿勢は「日本改造計画」時の政治姿勢と違いすぎる。2、自自公連立政権こそが今の自公連立に繋がる発端であり、自自公連立時にやってのけた政策の延長戦に今の安倍政権もある。3、小沢は今でも小選挙区制論者だ。4、小沢は自衛隊海外派遣の突破口を開いた立役者の一人だ。5、小沢も枝野も消費税増税の道を作った政治家だ。将来の増税を否定していない。

つまりなんというか...小沢はシャドーボクシングでないが過去の自分の影と戦っているように見える。にもかかわらず過去の自分の行為を一切否定していない。(生活の党を自由党と改名するところに過去の自分の行為を肯定が見える)枝野にはまだ多少の否定の素振りがみえる。小沢はその素振りすら見せない。ならば信用しようがない。

大体今回の希望の党の展開も未来の党の時と同じ展開に見えるし、希望の党の方向性を否定していたのなら無所属で立候補した理由がわからない。(社民や共産はその手のあほな行動はとってない)無所属で立候補したという事実だけで未来の党との合流の旗振りをやっていたんだなというのが透けてみる。小池が右翼なのは昔からだ。つまり政策や理念はどうでもいいと言っているのと同じ


枝野が言っている理念を明確にし筋を通すという方向と小沢の言っている小異を捨てて二大政党制に大同団結の方向は全然交わっていない。

そもそも中道路線がもてはやされた時代(市民派、新党と言えば受けた時代)は既に終わった。

小池からの連絡が途中で途絶えた。だって?それって普段、小沢本人がよく周囲から言われるセリフをパクっただけじゃない。自分にとって都合が悪くなると「いや俺は関係してない」でごまかすのは鳩山政権時にもやっただろう。(幹事長の俺は知らない)


63. 2017年11月07日 00:03:11 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[121]
選挙後に久々にきました。
「極オ」っていう言葉があるのですね。知らなかった。w

しかし、どうしようもない選挙でしたね。
今回の選挙前からの動きを見ていた限りでは、小池氏はどうしようもないし、小沢氏もここ一番で駄目、更には前原氏は論外ですし、枝野氏もなんだかなあ、という感じでしょうか。

かといって山本太郎さんの苦渋の選択も分からなくはないが、小池新党の扱いは他にも選択肢があったように思えなくもない。いや、でもこうするしかなかったですよね。山本太郎さんは相変わらずよく頑張っている。

共産党さんについては、その姿勢は評価出来ますが、戦略としては安易で稚拙でしたね。

まあ、今回の選挙での野党壊滅の元凶は小池氏である事は間違いないし、その元凶を更に悪化させたのが前原氏というところでしょうか。

そして、最初の元凶を機転にして、あとは目まぐるしく全ての歯車が上手く噛み合わなくなくなった。
結局、最後の最後までその軌道を修正出来るリーダーシップを取れる人物がいなかった。

結果、自民党が勝利して安倍最低総理の継続となった。

ホントどうしようもないですね。

本当に安倍自公に勝ちたいならば、全野党一丸。ただそれだけのことなのですけどね。
小池だろうが前原だろうが共産だろうが小沢だろうが自民の補完勢力だろうが何でも良いのです。
表向き野党である限りは。

全てが共闘しないと強大な安倍政権は倒せませんよ。
こんな単純明快な事がなぜ政治の世界ではこうも上手くいかないのでしょうか。

批判を顧みず極端な事を言うならば、細かな政策などどうでもよいとすら思いますけどね。

まあ、結局のところ行き着く所は国民の危機意識の問題なのでしょう。
この状態で、反安倍政権を求める野党支持者間で四の五の言い合ってるようでは、国民全体で考えた時に未だに余裕があるということなのでしょうし、本当の危機を感じれば細かな事など顧みず、誰もが全野党での共闘を求めるようになるのでしょう。

「極オ」かどうかは分かりませんが、個人的には小沢氏の言っている事は普通に的を得ていると自分は思いますね。

安倍自公政権を倒したいならば、「結集」。これ以外ありませんからね。

なぜここまで単純で当たり前の原則を今回の選挙時のように簡単に踏み外してしまうのでしょう。
しかも、国民自身がこの分裂に平気で加担しているのですから摩訶不思議国日本としか思えませんね。

都民


64. 22A[18] glGCUUE 2017年11月07日 00:24:57 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1830]
一主婦さん

ごめんね、医者の診察が思ったより時間がかかってしまった。
幸いにして、大きな問題はなかったので、まだまだ生きられると思うよ。

最近は、一主婦さんの超長文へのレスは、ぼけ老人さんがやってくれているので、私はそれにすっかり甘えてしまった。ぼけ老人さんのコメントは、私にとっても納得できることが多いから。

>>51
>一主婦は多分壺井須美子だと思われる。

これはちがうだろう。一主婦さんのような超長文でしか語れない人は、ツイッターには向かない。


それはともかくとして、
前にも言ったけど、やはり野党共闘の原点を見据えることが大事なのだよね。

何回も言うけど、何より重要なのは、
「安保法制を廃止し、立憲主義を取り戻す。」、これなのだ。
これこそが野党共闘の原点なのだ。

これで2015年当時の野党4党が、市民たちの「野党は共闘」コールに背中を押されて、今までのかたくなな態度を捨てて結束したのだよね。それは2016年の参議院選の一人区で、一定の成果を上げた。
その流れの延長線上でしか、野党の連携は語れないのだよ。
突然現れた緑のタヌキなど、あっち行け!

もちろん一主婦さんは、野党4党だけでは政権交代できない、と言う考えであることはわかっているよ。もっとウイングを広げるべきだ、といいたいのだろう。
でも右へウイングを広げた結果はどうなったか。それは上で書いた、野党共闘の原点をぶち壊したのだ。これは結集ではなく、結果としては分断になったのだよ。

早くから共産・社民・市民連合は、希望の党は共闘の対象ではない、と言っていた。また枝野氏も民進党の代表選の時に言っていたね。
つまり右にウイングを広げようとしたら、左のウイングを切り落とすことになるのだ。

あるいは一主婦さんは、人気絶頂の小池百合子(私としては緑のタヌキと言いたい)のもとに全野党が結集したら自民党に勝てたのだ、と言いたいのかもしれない。
そしてそれ以前の、民進・自由・社民の合流の話の際(注;私としては実際にこういう話があったのかどうかは知らないのだが、ここでは一主婦さんの説に従う。)社民が拒否してお流れになったとかいう話があるが、政党が合流と言えばね、特に民進党が圧倒的に大きい党だから、他の党は吸収されることとなる。その際には、いままでの綱領や独自政策を捨てなければならない。社民党がそれを拒んだとしても、なんで社民党を責められるの? やはり社民党の意思を尊重しないといけない。

別に政党は、合流する必要はない。共闘で十分なのだ。

小池百合子のタヌキの党に結集しない共産・社民・立憲民主・市民連合を、「分断した」と言って非難するの? それはあまりにも勝手な理屈だろう。狸の党と連携するためには、これらの党は基本政策を捨てなければいけないんだよ。そんなことは、これらの党は当然ながら拒否する。

一方では、タヌキの党の側でも、まさか共産党との共闘など考えてもいないだろう。実際にタヌキの党の創立メンバーである細野氏などは、共産党との共闘に反対して民進党を離党したのだ。ましてや極右の日本のこころ出身の中山夫妻においては当然。

さて、壷井須美子さんだったかどうか忘れたけど、排除リストはデマ、踏み絵もデマ、などと言っている人がいるね。一主婦さんもそう思う? もしそうなら、これに対して、もしも一主婦さんが要望するのなら、それが実際にあったという証拠をいくらでも私は提示できるから、それを要望するのなら言ってよね。


あ、最後に言っておこうか。いわゆる踏み絵についてね。確か次のような文面だったね。
「安保法制は憲法に則り適切に運用する」(これは私の記憶に従って書いたので、あるいは少し表現が違うかもしれない。)
これは、どうも、はじめはもっと露骨な文章だったのだが、それを前原氏が修正させてこの表現になった、と前原本人が言っていた。つまり物事をあいまいにする「前原語」だ。(実はもともとは元日本のこころの中山成彬が言い出したらしい。)

この文章は、「安保法制は違憲だから廃止する」と言う主張と、「安保法制は合憲なのでそのまま運用する」と言う主張、さらにはその中間の、「安保法制の違憲部分のみを廃止し、そのほかは運用する」と言う主張の、すべてを含むものだろうか。
こんなに根本的に違う考えの全てを許容する文章とは、つまり、

「この文は何も言っていない」

ということだよ。

もともと民進党は安保法制には反対していた。
だから、右の人も左の人も、つまり安保法制に賛成する人も反対する人も、上の文についてそうは解釈していない。「運用する」に力点を置いて考え、右も左も、民進党から希望の党へ移った人は踏み絵を踏んで自分の政治信条を捨てた、と解釈したのだ。(右の代表は産経新聞、左の代表は共産党だろう。)

立憲民主党の方の公約は以下。
「・専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する安全保障法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」
ずっと明確な文章だね。
これでも希望の党と立憲民主党の公約は同じ、というつもり?


では、良い子の私は寝る。
一主婦さんは、ドラキュラになって、このあと何時間もかけて、私のコメントについて十分に考えてね。



65. 22A[19] glGCUUE 2017年11月07日 01:14:57 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1831]
都民さん

もー、寝ようと思ったのに。
都民さんのコメントを久しぶりに見たから、私としてはレスしないわけにはいかなくなったじゃないか。

極オについてはね、私はよりはっきり意味が分かる「極オザ」と言う言葉を使っているのだけど、これは三宅雪子さんのツイッター、さらに彼女と言い争っている、「自由党応援」とか「壷井須美子」さんのツイッターなどを見たらわかる。

でも、私としては、こんなツイッターを追っかけることはお勧めしない。はっきり言って時間の無駄だよ。

もともと「オザシン」(=小沢信者)と言う言葉があり、さらにその人たちが、小沢さんと前原氏が何度か会談をするようになってから、前原氏も信用するようになり、まとめて「オザマエシン」に進化したんだね。「極オザ」=「オザマエシン」なんだよ。単なる小沢支持者のことは、極オザともオザマエシンともいわない。

さらにその中での一部の人は、さらに「ユリシン」へと変異した。もちろん例の緑のタヌキのこと。

その代表的人物は、言うまでもなく、

*************
* 一 主 婦 さ ん *
*************

なんだね。

で、都民さんの主張の、
>本当に安倍自公に勝ちたいならば、全野党一丸。ただそれだけのことなのですけどね。
>小池だろうが前原だろうが共産だろうが小沢だろうが自民の補完勢力だろうが何でも良いのです。
>表向き野党である限りは。

>全てが共闘しないと強大な安倍政権は倒せませんよ。
>こんな単純明快な事がなぜ政治の世界ではこうも上手くいかないのでしょうか。

>批判を顧みず極端な事を言うならば、細かな政策などどうでもよいとすら思いますけどね。

これについては、上に書いた一主婦さんあてのコメントとも被るけど、ちょっと書くね。
そもそも野党共闘の原点とはなんであったか、それが重要なのだと思うよ。
「安保法制を廃止し、立憲主義を取り戻す。」
それは譲れない。

だからこれについて合意できないところとは、それがカッコつきの「野党」であっても、手を結ぶわけにはいかないのだ。

もちろん安倍政権は倒さないといけない。でもその際に、倒した後に何をするか、というビジョンが必要であろう。
またそうであないと多くの国民の支持が得られない。

今回の総選挙では、多くの人に「筋を通した」とみられた立憲民主党が、結党して間もない党であるにもかかわらす支持を集めたのだよね。枝野氏は、ほとんど国民的英雄に近い存在となった。
そして狸の党は失速した。

それを見ないといけないと思うよ。



66. 2017年11月07日 05:03:16 : FHp7PzcijU : eLFgPC_pphU[4]

安保法制の廃止と、立憲主義が両立するには^^

安保法制の違憲←これを挙証せねば、安保法制の廃止と立憲主義は両立できまい^^

安保法制の違憲←これが挙証されないのに^^

安保法制の廃止と、立憲主義の両立とか、成り立ちようがない^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

67. 知る大切さ[10645] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 05:10:40 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1472]
>63
都民さん
>安倍自公政権を倒したいならば、「結集」。これ以外ありませんからね。
>なぜここまで単純で当たり前の原則を今回の選挙時のように簡単に踏み
>外してしまうのでしょう。

確かに野党結集は必要だ、そのために4党は野党共闘を結んでいたと見ている。
新興勢力はその野党共闘に無関心だった、黙ってついてこい的なスタンスに当方には
思えたし、その後、排除発言もあり野党共闘をするつもりは微塵も無い事も垣間見えた。

確かに野党結集は必要だ
今後希望や自由の党が「結集」でどんな行動を取るか?を当方は見る。



68. 知る大切さ[10646] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 05:21:33 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1473]
ちなみに政党支持率はコレらしい
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/390.html

野党第1党は現状どれなのかは外せないポイント。


69. 一主婦[2444] iOqO5ZV3 2017年11月07日 06:54:59 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[4]
>>64. 22Aさん

>一主婦は多分壺井須美子だと思われる。

先ず↑に返事。 ブブー  大外れです。
貴方が言うように,壺井さんのように短い文章で自分の考えや思いを伝えられるなら、とっくにこちらでもそれを遣っています。出来ないで苦労しています。長くなるとそれだけ時間を食いますからね。ですから、私は壷井さんではあり得ません。素晴らしいツイッター文を書ける壺井さんである訳がありません。ブブーです。


>何回も言うけど、何より重要なのは、
「安保法制を廃止し、立憲主義を取り戻す。」、これなのだ。
これこそが野党共闘の原点なのだ。

↑、これは「左〜中央」までのどちらかと言えば「左寄りの塊」の場合の、いわゆる「4野党共闘」での「次善策」での「決め事」ですよね?この戦い方では「政権交代」まで行く事は難しい事は今までの経過でも明らかです。各政等の支持率合計からも無理なことです。ですから、政権交代を「確実」に目指す為には「右から左」まで翼を大きく広げた「野党再編」での「大器」での「政権交代」が「最善策」と、小沢氏も言っているのです。そして、今回の衆院選は、その「最善策」の形が出来上がりつつあったのです。百合子新党「希望の党」を中心として、右から左まで「集結」して自公政権と戦うと言う闘い方です。

そうした時に、以前の「4野党共闘」と言う、いわば「政権交代」には手が届かない「次善策」での「左寄り」だけの塊のときの「決め事」に拘る共産党の貴方はずれ過ぎていると思います。この決め事を、左右に翼を広げた「大きな器」となった「希望の党」に当て嵌めることは「無理」があるのです。左右にウイングを開くと言うことは、そういうことです。左寄りだけの「4野党共闘」と言う小さな塊での「決め事」を、右も含めた大器に当て嵌めようとするのは無理があると思います。第一それではまとまれません。

共産党さんの言い分だけで推し進めようとしても、それは無理があります。やはり、共産党さんの考え方は「理想的」に見えますが「現実的」でないのです。現実の世界は、「現実的」な外交と国防で動いています。ですから政権を担うには、絵空事ばかりの政策では動かせないのです。これは、今回の百合子さんの会見を聞いて、私たちもやっと目が覚めました。絵空事ばかりを言っていては、大きな器で政権交代をしようとしている時には、それは邪魔をすると言うと事になってしまいます。そんな主張を通そうとしたら、左右に翼を広げた「政権交代」可能な大きな器が出来上がりません。

貴方のおっしゃっていることは「最善策」がどうしても不可能な場合の「次善策」での「決め事」でした。野党共闘の「原点」は「政権交代」をすることです.それをしないことには、安保法制も憲法改正も、消費税増税も何も改善できないのです。ですから、貴方が主張している「原点」は、最善策に当てはまらないのです。あの時点での「原点」を流れている現状に当て嵌めようとしても無理なのです。現状は動いて流れている生き物なのですから。原点もその小さな原点ではなく、大きな原点としての「政権交代」が野党共闘の基本の「原点」なのです。これは動きつつある現状でも基本ですから変わらない「原点」になるのです。

小沢氏が今回の衆議院選の失敗を経て発した言葉は「野党は我侭を言っていては何時まで経っても政権を取れない。集結こそが大切」といっていたことはそれを指してしているのだと思います。左だけの考え方で左右がまとまろうとしてもまとまれない。だから我侭を言わずに、共闘できる左右の「歩み寄り」が大切と言うことだと思います。


>これで2015年当時の野党4党が、市民たちの「野党は共闘」コールに背中を押されて、今までのかたくなな態度を捨てて結束したのだよね。それは2016年の参議院選の一人区で、一定の成果を上げた。その流れの延長線上でしか、野党の連携は語れないのだよ。突然現れた緑のタヌキなど、あっち行け!

↑、これはこれで共産党さんにとっての進歩でした。それ以前は共産党さんは「共闘」と言う事は皆無でしたし、全国区に候補者を立てて、野党分断の形で自民党一党独裁を長年手助けする形でしたから「大きな進歩」だとは思いますが、やはりマダマダだと思います。失礼ですが、まだ「独善性」が抜け切れていなくて、野党共闘の足を引っ張っているように私は感じます。今回もそんな事を共産党はやらかしてしまったと思います。「リベラル」をあおり「立憲民主党」の野党分断の形に「加担」して、結果は「自民党圧勝」を助けました。

政権交代が目前だった「希望の党」中心の政権交代を「立憲民主党」の設立での「野党分断」の形に、それを「リベラル」と煽り「加担」して潰した結果が、現在の「自民党圧勝」と言う「結果」です。何を言っても「結果」がすべてです。百合子新党を「緑の狸」といって分断していては「安保法制」も何も始まりません。以前の「4野党共闘}とか{市民連合}を執拗に持ち出していますが、それでは勝てないということも明らかなのですから、勝てる方法にシフトすることも必要ですし、今回はその「最善策」が出来つつあったのですから、以前の形で無いからといって「裏切り」だとかと言っていたのでは、共産党の「政権交代」に対する想いが「本物」で無く、共産党アピールのパフーマンスの党利党略のためと疑われますよ。


>もちろん一主婦さんは、野党4党だけでは政権交代できない、と言う考えであることはわかっているよ。もっとウイングを広げるべきだ、といいたいのだろう。でも右へウイングを広げた結果はどうなったか。それは上で書いた、野党共闘の原点をぶち壊したのだ。これは結集ではなく、結果としては分断になったのだよ。

↑、これも、同じ事を繰り返していますね。野党共闘の原点は「安保法制」だけでは無いはずですし、それは「野党4党」だけの共闘での話ですよね。でも、今回は「野党4党」だけの共闘の「次善策」ではなく「最善策」の左右に広げた大きな器での確実に「政権交代」を狙う戦いに進みつつあったのですから、何時までも「次善策」だけの約束事に拘っている貴方(共産党)の考え方は、国民の思いに反しているように思います。なぜ?そんなに「次善策」にばかり拘って「最善策」を拒み続け「政権交代」阻止の方向に導くのかと怪しくさえ思えてしまいます。

野党共闘の「原点」をぶち壊した?「政権交代」が「野党共闘」の「基本」であり「原点」であるはずです。だってそれが叶わない限り、貴方が執拗に「原点」と主張している「安保法制」も何も叶わないのですから。支持率から計算しても、左寄りだけの塊である「4野党共闘」だけでの戦いでは、自公政権には遠く及ばないのです。ですから左右に翼を広げた「大きな器」での戦いが必要なのです。まだ分かりませんか?政権をとらないことには何も始まらないのです。ですから左右に翼を広げて、場合によっては自民党にも手を突っ込んでの「野党再編」での政権担当能力の備わった器が必要なのです。共産党は特別に「党外共闘」と言う形で良いのでしたよね。良かったですね、共産党さんは特別にその形を熟知されているのですから、決して「切捨て」ではありませんよね。


>早くから共産・社民・市民連合は、希望の党は共闘の対象ではない、と言っていた。また枝野氏も民進党の代表選の時に言っていたね。つまり右にウイングを広げようとしたら、左のウイングを切り落とすことになるのだ。あるいは一主婦さんは、人気絶頂の小池百合子(私としては緑のタヌキと言いたい)のもとに全野党が結集したら自民党に勝てたのだ、と言いたいのかもしれない。

↑、これも上の内容と同じ繰り返しかな?
だから、共産、社民、市民連合の「左寄りだけの塊」だけでは、何時まで経っても政権は取れないのです。「希望の党」は共闘の対象で無いというのはどういう理由でしょうか?立憲民主党とは政策も何もかもほとんど変わりはありませんよ。希望の党とは共闘できないのに、立憲民主党は共闘できる?立憲民主党は「リベラル」?そんな矛盾を平気でノタマウ共産党とは、まるでマスごみと一緒の方向ですね。そんな違いを作って我侭を言っているから、自民党一党独裁が何十年も続いているのです。

共産、社民と市民連合と言っても左寄りだけの塊ですよね?それでは支持率から言っても絶対に政権は取れません。小沢さんが言うところの「野党の我侭」と言う事です。そんな事を何時までも突っ張って言っていては、野党共闘と政権交代の足を引っ張ることになります。実際に今回もそうなってしまったのです。考え方をもっと大きくしないと、野党分断になりますし、何も手に入らず、きれいな絵空事を掲げているだけになってしまいます。共産党さん、もっと国民の事を真剣に考えてください。絵空事を言って誤魔化して、野党分断し、政権交代を遠のかせるのは止めてください。お願いします。

そして、左右にウイングを広げることは、何も左のウイングを「切落す」ことにはならないと思います。誰がそんな事を言ったのでしょうか?左右にウイングを広げた一つの器になることには,極左の共産党さんは「拒否」なさっていますし、前原氏も百合子さんも、小沢氏さえもそれは「無い」といっていますから、一つの政党への「合流」の話では「共産党」を除くという冠言葉がいつもつけられていることでも分かります。それは共産党も野党新党も双方で拒否しているという現実があります。ですが、同じ野党として「政権交代」を目指し、国民の為に救国政策を実現しようとするならば、一つの政党には加われなくても「党外協力」はできるはずですし、共産党さん自身も「党外協力」と言う方法での共闘を提示しています。

それなのに、誰が「共産党を切る」などといったのでしょうか?貴方の被害妄想かな?一つの政党に合流して「新党」を作るという話でなら、前原氏も小沢氏も共産党さん自身もそれは「無い」と言っているのは知っていますが「政権交代」を目指す協力での「拒否と、切り捨て」という話は聴いたことがありません。貴方、ナンカ勘違いして「ひがんで」いるように思いますが?違います?そんな「切捨て」はあり得ません、ご安心を。ただし、今度のように共産党自身が共闘を拒否して野党分断の行動をとるならば、それは共産党が自ら政権交代の共闘から「切れた」という表現になると思います。それも立憲を引き連れての政権交代阻止ですから、困ったものです。


>そしてそれ以前の、民進・自由・社民の合流の話の際(注;私としては実際にこういう話があったのかどうかは知らないのだが、ここでは一主婦さんの説に従う。)社民が拒否してお流れになったとかいう話があるが、政党が合流と言えばね、特に民進党が圧倒的に大きい党だから、他の党は吸収されることとなる。その際には、いままでの綱領や独自政策を捨てなければならない。社民党がそれを拒んだとしても、なんで社民党を責められるの? やはり社民党の意思を尊重しないといけない。別に政党は、合流する必要はない。共闘で十分なのだ。

↑の社民党の「合流拒否」の話は本当です。確実な情報です。新聞記事にも載っているのですし、平野貞夫氏の文章でもその内容は公表されています。内部の民進党議員の話しとしても伝わっているそうです。そして、何よりも野党の「合流」は大切です。小選挙区制で、自民党に対抗するには、小さな野党が複数でバラバラに戦ってもそれは勝てません。合流しないで「4野党共闘」での戦いでは勝てないことは経験済みです。政党支持率から言ってもそれでは勝てません。計算上もそうなります。

「4野党共闘」と言う形は、何度も言いますが「左寄りの塊」でしかありませんから、支持率の計算から言っても自民党には勝てないのです。そして貴方が主張する「社民党の意思」よりも「国民の政権交代を願う意思」の方が、私は大切と思います。共産党や社民党と言う「政党」が国民よりも大切と言うのでは、政治家として本末転倒といえると思います。小沢氏は「国民のためなら,自党の解党など、いつでもできる」といっています。それが本物の政治家としての考えだと思います。

ですから、政権を取って政策を実現するには、左右に翼を広げて、大きく枠を広げた「野党再編」での大きな器での戦いが必要なのです。それには、場合によっては自民党も割っての器作りが必要なのです。今までの左側だけの政党を残したままでの共闘では、それぞれの党の党利党略が邪魔をし、うまく機能しませんし、選挙の度に、ごたごたしてしまい、まとまりきれずに政策もバラバラ,綱領も違っていては、何よりも投票者が混乱し投票率にも影響します。大きな器を有権者に提示することで、有権者の投票行動と政権交代への期待も大きくなります。そして、突然の解散では、その調整が間に合わず、結局まとまり悪く、今回の様に自民党圧勝になってしまいます。


>小池百合子のタヌキの党に結集しない共産・社民・立憲民主・市民連合を、「分断した」と言って非難するの? それはあまりにも勝手な理屈だろう。狸の党と連携するためには、これらの党は基本政策を捨てなければいけないんだよ。そんなことは、これらの党は当然ながら拒否する。
一方では、タヌキの党の側でも、まさか共産党との共闘など考えてもいないだろう。実際にタヌキの党の創立メンバーである細野氏などは、共産党との共闘に反対して民進党を離党したのだ。ましてや極右の日本のこころ出身の中山夫妻においては当然。

↑「希望の党」を敵視して「政権交代」のための「集結」を邪魔をし「野党分断」したのでは「非難」されて当然です。「結集」こそが「政権交代」の為の唯一の方法だからです。それも、左右に翼を広げた器で無ければ政権は取れないのですから「希望の党」を敵視して「緑の狸」などといっていたのでは、「分断した」といわれても仕方がないのです。そんな事を言っていては、永遠に政権は取れないのです。共産党を拒否と言っていますが、それは「一つの政党に合流」と言う場合の話でのことです。でも、それは、共産党さん自身が「拒否」をしているという事実があるのです。一つの政党に合流はしないと共産党は以前から言っていますよね。

共産党は「希望の党」とは連携できないのに「立憲民主党」とは連携できるという「矛盾」こそが問題だと思います。「立憲民主党」と「希望の党」との政策の違いはほとんど無いに等しい事を貴方はご存じないのでしょうか?共産党や社民党は「野党分断」をさせて「政権交代」をさせない意思が働いているとしか思えません。なぜ?「立憲民主党」をリベラルと煽って「野党分断」させる働きを共産党が主導するのか?怪しくさえ思えてきます。枝野自身が「リベラルではなく保守である」と宣言していますし「アメリカとの安全保障の進化も謳っています」それなのに希望の党は拒否をし、なぜ、野党分断になる同じ政策の「立憲民主党」をリベラルの仲間に引き入れる工作で「野党分断」なさるのかと不審に思います。

本当に国民の為を思うなら、国民が熱望している「安倍打倒」「政権交代」の阻止になる動きをするわけが無いと思うのですが、そのように動く共産党をみて、私たちは不信感でいっぱいなのです。いつも共産党はここぞと言うときに、そのような働きをしていることにも気がつきました。あの小沢冤罪のときにも、マスコミと一緒にマスコミ以上に最後まで煽り続けました。なぜ、野党分断の動きをなさっているのでしょうか?まさか、共産党は、噂どおりの「ずっと以前から自民党のガス抜き政党で、自民党補完政党)と言うことでは無いと思いたいですが、ナンカ最近疑いが出てきてしまい、そんな感じにもなってしまっています。


>さて、壷井須美子さんだったかどうか忘れたけど、排除リストはデマ、踏み絵もデマ、などと言っている人がいるね。一主婦さんもそう思う? もしそうなら、これに対して、もしも一主婦さんが要望するのなら、それが実際にあったという証拠をいくらでも私は提示できるから、それを要望するのなら言ってよね。

↑、これも、排除リストと踏み絵も、マスコミ主導で行われたデマであることは事実として挙げられています。壺井さんが「独自」で流している訳ではありませんよ。随分な書き方ですね。良く調べて確かめられれば、貴方も納得すると思います。選挙後に隠れていた真実と情報が続々と出てきています。事実も続々と明かされています。すこし調べると直ぐに分かります。疑うことばかりで、調べる事を拒否していては真実にたどり着けません。簡単に調べられますから、調べてからおっしゃってください。壺井さんの独自のデマ情報ではありませんよ。貴方は失礼なことばかり書いていますね。軽蔑します。


>あ、最後に言っておこうか。いわゆる踏み絵についてね。確か次のような文面だったね。「安保法制は憲法に則り適切に運用する」(これは私の記憶に従って書いたので、あるいは少し表現が違うかもしれない。)これは、どうも、はじめはもっと露骨な文章だったのだが、それを前原氏が修正させてこの表現になった、と前原本人が言っていた。つまり物事をあいまいにする「前原語」だ。(実はもともとは元日本のこころの中山成彬が言い出したらしい。)この文章は、「安保法制は違憲だから廃止する」と言う主張と、「安保法制は合憲なのでそのまま運用する」と言う主張、さらにはその中間の、「安保法制の違憲部分のみを廃止し、そのほかは運用する」と言う主張の、すべてを含むものだろうか。こんなに根本的に違う考えの全てを許容する文章とは、つまり、「この文は何も言っていない」ということだよ。

↑、またまた得意の曲解と誤魔化し、要点ずらしが始まりましたね。
最終文言が正式なものと言うのは当たり前です。どの組織でも、最初から最後まで一字一句変わらずに決められることは無いと思います。いろいろと思案しながら「最終決定の正式文書」になるのは当たり前です。そのように、正式発表にたどる過程で変わるのは当たり前です。おかしなことで文句をつけていて、恥ずかしくないですか?こちらの掲示板でのv0dvxMfUJTcさんのコメントで、例の百合子さんの「排除」発言が、いかにマスコミによって曲げられ作られたものであるのかをコメントされている優れた内容がありましたのでお借りして載せます。貴方の曲解の修正の参考にしてください。

※「排除する」というのは、もともとは横山某という記者が定例記者会見の質問で使った言葉です。小池氏は排除という言葉に対して「特定の言語を使っていらっしゃる」と正しました。その上で、東京都に関する問題ではないとして、第二部のぶら下がり取材に廻しました。ぶら下がり取材では、小池氏は「というか、絞り込ませていただく」「候補者を選挙区毎、これから、一人に絞り込み作業を進めます」と説明していました。(9/29の定例記者会見の録画を見ればわかりますよ)本来は、希望の党と民進党の立候補者の乱立を防ぐための立候補者の「調整の場」だったのですが「排除」という言葉に置き換えられてしまいましたね。テレビって怖いですね。

「排除する」はマスコミのネガキャン。
「排除する」というのは、もともとは横山某という記者が定例記者会見の質問で使った言葉です。小池氏:「わかりました、お答えします。前原代表がどういう表現をされたか承知をいたしておりませんけれども、排除をされないということは、ございませんで、排除いたします」 しかし、これだけで発言は終わっていません。「というか、絞り込ませていただきます」 「候補者を選挙区毎、これから、一人に絞り込み作業を進めます」 と続いています。

マスコミやネットのライターは都合の良いところだけを切り取って印象操作します。 今回、マスコミは 「排除をされないということは、ございませんで、排除いたします」 この部分だけを切り取り、繰り返し報道しました。 始め聞いたときは、何を言っているのか分からず、不思議な発言だと思いました。本来は、希望の党と民進党の立候補者の乱立を防ぐための立候補者の調整の場だったのですが、排除という言葉に置き換えられてしまいましたね。
  

↑が[排除]発言の真実です。それから、安保関連と憲法改正関連の真実は、↓の百合子さんの会見で述べられています。参考にしてください。

※希望の党の小池百合子代表は26日、安全保障関連法容認を掲げながら、同法に反対した民進党の出身者を受け入れたことについて、「不断の見直し」を明記した政策協定書への署名を理由に、矛盾は生じないとの見解を示した。東京都内で記者団の質問に答えた。希望の25日の両院議員懇談会では、安保法への対応をめぐって議論が交わされた。これに関し、小池氏は「憲法にのっとった形で不断の見直しをすると政策協定書に書いてある。そのへんを皆さんと改めて認識した」と説明。「民進党と食い違いはないと確認したのか」との記者団の質問に対し、「その通りだ」と答えた。希望の樽床伸二代表代行は25日に「民進党の考え方と齟齬(そご)を来さないという確認をした」と発言。小池氏もこれを追認した形だ。

※「安倍政権下」での9条改正に反対。
小池氏は当初から以下のように述べています。
「改憲の議論は進めるべきだが、今の北朝鮮情勢で、憲法の9条だけを取り上げて国民に問うのは危険です。」希望の党に、安倍政権下での9条改正に反対意見が多いのは当たり前。小池知事は安倍首相が作った国際平和支援法なる安保関連新法への支持を「公認の条件」にしているわけではなく、有事の際に自衛隊がちゃんと機能するよう実態に即した法案見直しが必要で、そのために改憲が必要であれば議論に背を向ける人とは一緒にはなれない、と言っているのだ。

※前原氏もhttp://lite.blogos.com/article/241525/ から飛べる前原氏の政見を見る限り、集団的自衛権行使容認は白紙撤回し専守防衛に徹するとした上で、民進党としての立憲主義に基づいた改憲案を出そうとしています。

↑の通りです。希望の党と立憲民主党の違いは無いに等しいのです。それなのに、共産党はリベラルと煽って立憲民主党を支援共闘していますが、希望の党を極右扱いをして叩いて拒否し、野党分断に加担しています。その辺りの共産党の胡散臭さも私は奇妙で仕方ありません。野党分断の意思がありありと見えて共産党嫌いに拍車がかかりそうです。


>もともと民進党は安保法制には反対していた。
だから、右の人も左の人も、つまり安保法制に賛成する人も反対する人も、上の文についてそうは解釈していない。「運用する」に力点を置いて考え、右も左も、民進党から希望の党へ移った人は踏み絵を踏んで自分の政治信条を捨てた、と解釈したのだ。(右の代表は産経新聞、左の代表は共産党だろう。)

↑、これも、上で示したように、安保法制についても、希望の党と民進党と立憲民主党の違いはほとんどありません。ですから「踏み絵」でもなんでもないのです。「右とか左とか、リベラルとか保守とか」言って「野党を分断」している共産党さんでは、国民にとっての困った党になってしまいますよ。「裕福な層が第一」の自民党に対する、野党側は「国民の生活が第一」で固まるのが良いのです。右と左、リベラルと保守と言う「違い」を煽って「対立」させ「分断」させてはいけないのです。

政策は「現実不可能」な「絵空事政策」でなく、今国民が困っている事を「現実的」な「政策」と「方法」で速やかに「実現」できるように、野党同士が擦り寄って野党がまとまるのことが必要です。貴方は「違いばかり」をあげて「分断」させようとしているように見えます。それでは国民の為になりません。共産党と言う政党は助かるかもしれませんが、それでは国民は救われないのです。

右と左、リベラルと保守での違いで「分断」していては、何時まで経っても国民の困窮を救うことは出来ません。現実を見て動くしかありません。絵空事で実現不能な政策を並べて自己満足し、共闘と集結を拒否していたのでは、何時までも自民党が続いてしまいます。違いを並べるのではなく、違いをすり合わせて、現実にあわせて努力する事が共産党や社民党には足りません。そこを克服しない限り野党は左右に大きくウイングを広げてまとまることが出来ません。どうぞわかってください。国民の為です。

共産党と言う政党や綱領が大切なのではなく、現実に苦しむ国民の生活や命を救うことの方が大切なのです。政党などつぶしたって国民の生活が生き返るなら、そのほうが本当の政治と言うものだと思います。小沢氏の考えはそうです。「自分の政党などいつでも潰して合流できる。それが国民の為になるならば」とおっしゃっています。社民党や共産党も小沢氏に学んでほしいと思います。


>立憲民主党の方の公約は以下。
「・専守防衛を逸脱し、立憲主義を破壊する安全保障法制を前提とした憲法9条の改悪に反対」ずっと明確な文章だね。これでも希望の党と立憲民主党の公約は同じ、というつもり?

↑、希望の党との違いは無いでしょう?どこが違うというの?↓に希望の党の政策を載せます。同じですよ。

※希望の党両院議員総会が開催され、以下の点について改めて確認。
希望の党は安倍自民党政権と対峙し闘い、他の野党とも連携し政権交代をめざす。
安倍の9条改定には反対。
憲法違反の現行安保法制には反対。

以上で反論終わりです。本音・本音で語りました。


70. 知る大切さ[10653] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 07:25:13 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1480]
>69
一主婦さん
下記データを見てから
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/390.html
今後は何処がイニシァチブを握って「結集」の軸かぐらい
判断できないでは、偏屈者の戯言と言われかねないよ?

野党第1党は立憲民主党、、、希望では無い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これは「左〜中央」までのどちらかと言えば「左寄りの塊」の場合の、いわゆる「4野党共闘」での「次善策」での「決め事」ですよね?この戦い方では「政権交代」まで行く事は難しい事は今までの経過でも明らかです。各政等の支持率合計からも無理なことです。ですから、政権交代を「確実」に目指す為には「右から左」まで翼を大きく広げた「野党再編」での「大器」での「政権交代」が「最善策」と、小沢氏も言っているのです。そして、今回の衆院選は、その「最善策」の形が出来上がりつつあったのです。百合子新党「希望の党」を中心として、右から左まで「集結」して自公政権と戦うと言う闘い方です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


72. 22A[20] glGCUUE 2017年11月07日 08:27:28 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1832]
>>70. 知る大切ささん

前にも言った気がするけど、他人の発言の引用は引用とわかるようにしてほしい。(先頭に>をつけるなど)
さもないと、それがあなたの発言と思われてしまうよ。

それにしても、タヌキの党は失速し、今や共産党よりも支持率は低いのだね。
もしかしたら今後は一主婦さんは、「共産党を中心に結集」と言い出すかもしれない。

また、野党第一党の支持率がこんなに高くなったのも、久しぶりのことだね。


73. 2017年11月07日 08:33:11 : W8RodauDME : Rl0_ITINjuE[14]
小沢はハンドラーに
弱味を握られているからイラク派兵を拒否できなかった。

小池は表で裏は小沢。
小池で野党をハイジャックし損ねた希望の党だが、
今度は
小沢で立憲民主ハイジャックか!
ハンドラーも余裕がない!
「小沢代行の山本太郎にはご苦労だったが、」      

自民圧勝とは、立憲民主の勝利を意味する。
立憲民主台頭となっては、自民圧勝とするしかなかったからだ!

立憲民主台頭は想定外の大番狂わせ。
自民と野党の勢力を拮抗させ、
野党の選別乗っ取りで野党、補完勢力工作との思惑が外れ、
慌てて、急遽、
自民の圧勝と予測変更、
自民圧勝なら、立憲も小沢と組むしか対抗出来ないとの理屈で
小沢を立憲に送り込む。

信用崩壊の安倍を小池という新顔で補完もしくは交代で改憲の「裏」である緩和テロ=「異次元緩和」継続え化粧直し。
小池崩壊で
立憲民主が立ちはだかっては自民の改憲も金融テロ継続も難産となる。
そこで、小沢に立憲を乗っ取らせ、
自民の補完+代行との筋書きとみた。



74. 2017年11月07日 09:03:51 : Z6Z1jyGRrA : FyDRJjows7U[4]
>>65.22Aさん

お久です。
ああ、そういう意味なのですね。解説ありがとうございます。

「極オザ」=「オザマエシン」
なるほどですね。

そしたら民進党代表選後の両院議員総会までは自分もある程度そうだったかも。
まあ、希望の党合流宣言で一瞬にして終わりましたけど。笑

>>そもそも野党共闘の原点とはなんであったか、それが重要なのだと思うよ。
安「保法制を廃止し、立憲主義を取り戻す。」
それは譲れない。


仰ることはよく分かります。
確かに筋を通した立憲民主党が多くの国民の支持を得ましたよね。共産党さんも筋を通したという意味では同じですよね。

これに関して国民世論が分断する事になりますが、私と22Aさんの考えの違いもここが起点となります。

勿論、基本的には殆ど同じ考えなのです。
ただ。現在の危機的状況を考えるならば、私は敢えて小池新党とも共闘する道を探ります。勿論、小池百合子が何らの影響も及ぼさないように弱小政党を立ち上げただけならば当然ながら22Aさんと同じ考えになります。

ですが、今回の様な顛末になる事が容易に予測できる場合なら私は小池新党とも手を組まざるを得ないという考え方なのですね。

勿論、小池百合子など信用する訳ありませんし、当然ながら支持もしませんよ。
単に国民願望成就の為に利用するべきだという立ち位置です。

ただ、これをやるには前原氏では役不足でしたし、共産党でも無理、小沢氏でも駄目でしたね。感情的にならず、きちんと野党勝利への絵図を描ける戦略に長けた勢力、または人物が必要なのでしょう。

これは政治家ではなく、もしかしたら我々国民側が後押しすべき事だと自分は思う。

>>もちろん安倍政権は倒さないといけない。でもその際に、倒した後に何をするか、というビジョンが必要であろう。
またそうであないと多くの国民の支持が得られない。

これも確かにそうは思います。
要は永遠のテーマである、ニワトリと卵の理論と同じ状態なのですよね。

政策が先か、それとも政権交代が先かという事ですね。

22Aさんはその後のヴィジョンを見据えた上で、最低限の根幹部分である政策での共闘を願い、私は先ずは政権交代を願う。

これ、どちらが正解とも言えないのですよね。

たた、ここが毎回市民側が分断される根幹の部分ですし、小池新党はこの点を上手く利用して見事に野党を分断しましたね。

相手側の立場に立つならば、市民側勢力を分断する事など容易な事だと思いますね。
要は政策論争や共産党との連携、政権交替ありきの野合か、それとも政策堅持か。

ここを突けば市民側勢力は簡単に割れますね。

必要なのは、このテーマに関して、市民側勢力を分断せずに納得のいう語りで見事に一丸に出来る強いリーダーシップを持った人物。
別に小沢一郎じゃなくても良いのですよ、要は勝つ為の戦略と周りを納得させられる交渉力のある人物。そんな存在が必要なのかもしれませんね。


何しろ、先の選挙戦やここ阿修羅でもそうですが、野党が一丸になる為には先ず我々国民側が一丸になる必要があるから。

因みに私は先ずは政権交替派ですが、これは政策放棄ではないですよ。政策を大事にするからこそ先ずは政権交替という考えです。
でも、安保反対、立憲主義を取り戻すという最低限の政策堅持もまた22Aさんと同じ考えなのですよね。

要は毎回起こり得る、太陽の党だの希望の党だの分かりやすい邪魔者政党に本当の意味で邪魔されてどうするのと言いたいのです。

こんな緑のおばちゃん一人に何故振り回されなくてはいけないのでしょう。
国民はこういった勢力を上手く利用して活用ふる視点を持たなければ毎回相手側の思う壺、相手側の意図通りにいいように踊らされて終わりではどうしようもありませんね。

長くなっちゃったけど、最後に。

先のコメで小池はどうしようもなく、小沢も駄目、共産党は安易で稚拙、前原は論外、枝野はなんだかなあ。と書きましたが一応簡単にその意味を。

小池の二枚舌、これは本当にどうしようもなく、安倍政権を倒すと言いながらその行動は真逆という有様。言行不一致の典型でありこんなもの信用する方がどうかしている。

小沢氏が何故駄目なのか。
それは自らが語るヴィジョンを他者にやらせようとしていること。これが小沢一郎の最大の欠点だと思います。野党第一党が旗振り役を担うべきという妙な固定観念を理由付けして自ら語るヴィジョンを自らで具現化しようとしない。これは駄目ですね。
これでは期待できませんが、そのヴィジョンと経験はやはり正解随一だとも思うので勿体無い政治家。

前原氏は単なるお馬鹿ちゃんだと普通に思いますね。上に立つ器ではなかったのでしょうし、余りにも空気が読めてない気がします。
あの立ち位置であれば、打倒安倍への熱意を表明し、無数の選択肢があるにもかかわらず、その選んだ選択肢がこの結果なのですからそれをお馬鹿ちゃんと言言わずに何というのでしょう。

そして、安易で稚拙と書いた共産党さん。
これは異論があるでしょうが、やはり安易で稚拙という考えは変わりません。
では何がそうなのかといえば、それは小池新党に対する反応がそれです。
小池百合子の言説に対し、自民党の補完勢力だと即座に反応してたのは共産党でしたが、個人的にはこの時点で瞬時にして政権交代の芽は潰えたと思いました。
勿論、その正直さ、筋道を通す姿勢こそが国民からの支持を得ている持ち味なのは確かですし理解も出来ますが、少し正直過ぎましたね。

小池新党が自民党の補完勢力だなどということは多少でも政治に明るい人ならば誰でも承知の事なのです。仮に即座に反応して自民補完勢力だとやるならば、それを公言しても勝てる算段がなければなりませんし、何らの考えもなくそう言っただけではその時点で第一の大義を捨てる覚悟を国民に示すべきでしょうね。第一の大義とは勿論、打倒安倍政権を諦めてくれということです。

何しろ如何に小池が胡散臭かろうが、内実として自民の補完勢力だろうが、それでも表向きは野党の立場ですから、何らかの形で手を組まなければ絶対的に打倒安倍は無理なのは明らかなのですから。

要は即座に反対姿勢を表明するのも一つのやり方かもしれないが、冷静に考えれば他にも選択肢はあったのだという事です。
特に野党共闘を打ち出して政権交代を目指しているのですから決定打を打つ前に他の野党に最低限でも相談する方がより良いでしょうね。大きな目的を一言で終わらせる決定打なのですから先走っては何の得もない。

最後に国民から大人気の枝野氏ですが、個人的には上手く時流に乗ったなという印象しかありません。勿論、他に選択肢がありませんから、この政党に期待するしかなく、国民側の後押しで上手く政党として熟成すれば良いですが、まだまだ信頼というには程遠い。

何故なら代表の枝野氏自らが永田町の数の論理には組しない等の訳の分からない発言をしているから。言葉の捉え方の問題かもしれないが、数が無ければ政権は取れません。

私は野党は結集あるのみという小沢氏の考え方に近いですが、どうも枝野氏はこの一丸となる方向とは少し違うような印象を受けてしまう。立憲民主党に関しては現時点では是でも否でもなく、今後の在り方を見守るという感じなのでなんだかなあ。という感じ。

長くなりましたがこんなところで
しかし「極オザ」とは面白い。

都民


75. 2017年11月07日 09:16:07 : Z6Z1jyGRrA : FyDRJjows7U[5]
>>67.知る大切ささん
こんにちは。

基本的には同じ考えですよ。
私が少し違うのは、小池に関するところでしょうか。

この緑のたぬきと組むのか組まないのか。
排除するのかしないのか。

個人的には小池百合子などはなから信用してませんし、今後も信用する事はないでしょう。
でも国民の願いが阻害される恐れがあるのなら、私は小池百合子をいい意味で利用する事を選択します。組む気などないですよ、

選挙前から言っていたように、あくまでも目的達成の為に利用するという立ち位置なのです。

都民


76. 2017年11月07日 09:27:11 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[625]
22Aさんの主張は理解できるけれども、一主婦さんの主張は「事態の認識が違い過ぎて」どうしようもないので、むなしくなりますね。

「安保法制を廃止し、立憲主義を取り戻す」ために野党共闘をしよう、と言ったのは確かに共産党の志位委員長でしたよ。
しかしそれは次善策だから、最善の策と言える政権交代のために、

>百合子新党「希望の党」を中心として、右から左まで「集結」して自公政権と戦う

と一主婦さんは書いているけど、小池新党・希望の党なんて、ついこの間まで無かったんですよ。
で、小池百合子は日本会議で、長島昭久も日本会議で、二人とも米国・軍産複合体の覚えめでたいエージェントのような人で(ついでに言えば前原さんも、日本会議ではなかったが、米国に何十回も通ってる人であり、ついでに反共ね)、こういう人たちを中心にした政権交代って、安倍内閣とどう違うんです?

閣僚のほとんど全員が日本会議の安倍内閣とは、テイストは多少は違うでしょうが、選挙の前にもここに書いた気がするけど、「カレー味のうんこ」と「うんこ味のカレー」のどっちか選べて言われてるようなもんで、そんな究極の選択をしろと言われても、ついてけないわ、オザーさん。が私の本当のところだ(ちょっとスガ語)。

まあここで信者の方々は、「小沢さんの構想に間違いがあるわけはない!」と怒るんだろうね。もう見えてるからさ、むなしいんだけど。

>左右に翼を広げた「政権交代」可能な大きな器

いや、共産・社民がどうやって、希望の党の政策についていけるのよ?
左右にウイング? あまり詭弁は使わないでいただきたい。
左を結果的に切ることが目的で、そもそも前原は、民進党内の中の左派を潰すために自爆テロをやったようなものです。
その証拠に彼は、「党が左に寄りすぎた」演説をさんざんしてるじゃないですか。

選挙前、川内博史さんには中山成彬(こころ⇒希望)から電話があって、「君は安保法に賛成するか?」「改憲に賛成するか?」と聞かれた、まさに踏み絵を踏まされたと、IWJのロングインタビューで詳しく語ってますよ。川内さんは勇気を出して断りましたけどね(そして立憲に行った)。

左切りですよ。
>何も左のウイングを「切落す」ことにはならない
は絵空事です。でなきゃ、「思想転換してから来い」という傲慢。

大体私は、山本太郎が新党今はひとりの時からの支持者ですが、太郎だってデニーさんだって、希望の党から見たら許せないほど左、というか、全然政策が合わないじゃありませんか。だからデニーさんが無所属で出たのは当たり前だけど、太郎もデニーさんも、極右(中山とか)と同じ政党になれるわけないじゃない。

一主婦さんの長文は、苦痛なほどの超長文になってきましたから、もういちいち読んで書くのは無理ですが、「左切りではない」(これは間違い)、「つべこべ言わずに政権交代に協力しろ」と主張してるようで、ほんともう、ツイッターの極オの主張と同じになっちゃったんですね。

で、結論はこうですよ。保保二大政党制でしょ?結局ね。

というより、極右の二大政党制なのかしら。ありえないけど。

英国みたいな二大政党制ならまだわかるけど、似たような政策の党が二つあって政権交代して、何が国民のためになるんですかね?

私が小沢一郎さんについてけなくなったのはここから。もともと寄り合い所帯を作る方ではありましたけど、自民以上に右かも知れない希望の党と、太郎(主張はむしろ、共産・社民に近い)やデニーさんまで一緒になって安倍政権を倒すと考えたのか、倒した後のことをどう考えてるんです?ということだ。

党内が民進党以上にまとまらないのは目に見えているので、「文句は言わない」一筆を取って、というのは希望の党がやったこと。
そこから出てくるのは党議拘束の徹底と、緘口令じゃないんですかね。

それから、そもそもそういう構想に有権者が乗って来るか、という疑問もある。

デニーさんが無所属で立候補したことや、太郎が立憲・共産・社民を応援したことで「あたりまえだー」とホッとしたけど、小沢さんに対する疑問は膨らんだままですね。(注・私は反小沢ではありません)。


77. 2017年11月07日 09:58:02 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[-17]

枝野幸男は^^

持論でも、安保法賛成^^

そりゃそーよな、^^

南スーダンへ自衛隊派遣した時の執行部なんだし^^

9条3項に自衛隊について加筆も賛成だ^^

↑小池百合子と、全く同じ^^

ただ両者は^^

加筆が先行、のちに安保法←こういう手順が必要と言ってるだけ^^

ここも両者は、同じ主張^^

枝野は、自分が執行部として決定した、自衛隊の南スーダン派遣を憲法違反と言ってるのと変わらない^^



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

78. 22A[21] glGCUUE 2017年11月07日 10:26:11 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1833]
一主婦さんも都民さんも。

もー、長いなあ。二人とも、壷井須美子さんに弟子入りしなさい。
ただし学ぶのは作文技術だけね。考え方までまねしないように。

今はとてもそんな長い文章を読む気力がないよ。そのうち元気が出てから読むことにする。



79. ボケ老人[2422] g3uDUJhWkGw 2017年11月07日 11:56:53 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[854]
>52.一主婦:↑中川さんを私と抱きあわせで批判

決して抱き合わせ批判ではありません。意味のない(あなたにとっては意味有りなのかも知れないが)コピペを多用することを、【中川隆】そっくりと述べたまでです。
頭の良いあなたのことだから、私の真意を十分把握した上で、【抱きあわせで批判なさる事で、何の効果を狙っていらっしゃるのでしょうか?】とあらぬ方向へ向けようとする。

>52.:ボケさんも、貴方より優れた例文をお借りしたらいかがでしょうか?

残念ながら私は頭が悪いので自分で理解したことでしか表現できないのですヨ
資料として引用することは多々ありますが、誰がこう言っている、彼がこう言っていると自分の考えを添えずにコピペすることには抵抗を覚えます。
ただ、他人に強制することではないので、今後はお好きにどうぞ。

>52.:貴方のコメントは、……中身がぼやけてしまっているように思えます。
>52.:貴方の文章は、時々何を仰っているの?勘違いもはなはだしいと思える事が多々ありますからね。

わたしの表現力の不足です。不悪。
ただ、わたしは正面から議論してくる方を上から目線で罵倒しているなんてことはないと自負しています。

>52.:「ボケさん」と「知る大切さ?」さんでしたっけ?他人様にいつも突っかかっていあの方と貴方はそっくりに感じられます。

『知る大切さ』氏は不本意かもしれませんが、そっくりと云われても気になりません。彼のデーターを駆使して議論するやり方には敬服しています。ただ、素人の掲示板でデーターを駆使しても理解できる人は少ない。どなたかのコピペと同様読んでもらえないのではないかと危惧していますが。
彼が名付けた【ドロンパ】、わたしが名付けた【阿ホ快】、まさにそのとおりと思いませんか?

>一主婦:前原氏は左右に翼を最大限に広げた「野党再編」による「新党の器」での衆議院選の戦いを提示しました。
>ボケ:国民はそうとは受け止めなかった。
>:一主婦:↑は、[国民は」では表現に誤りがありますね。……「私はそう受け止めてはいなかった」という書き方が適切

希望の党と立憲民主党の得票率を踏まえて、敢えて[国民は」と表現しました。
あなたの言う「新党の器」が否定されたわけではありませんが、立憲民主党と比較して国民に受け入れられなかったということです。

>ボケ:小池は【日本のこころ】では当選できない中山成彬を幻の希望の党人気にあやかった比例区で当選させた。
>一主婦:↑での、中山氏の事も、自民党に勝つための人数としては有効だと思います。

右寄りにウィングを広げ、左を切り捨てた。その結果が今回の選挙結果です。
打倒安倍政権ではなかったのですか?
そのためには自民党の良識派にまで手を突っ込んで掻き回す必要があったのです。これが両翼を広げるということです。
右端を選挙運動の要らない比例で当選させる必要がどこにあったのですか?
九州地区には中山成彬しか人材がいないということですか?

>52.:ここでも中山云々をまだ仰っているようでは、もう先が思いやられます。【貴方のそのような細かいこだわりの考え方】

これと【排除します】
どちらが細かいこだわりですか。

>51.:あの世界一貧しい大統領、ホセ・ムヒカの言葉をご紹介します。「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」この意味と重みをわかってください。

その通りです。
【排除の論理】こそが、この言葉の反対的象徴ではありませんか?

>ボケ:乾坤一擲の、次が無い勝負なら小池百合子は何故山口4区から出馬しなかったのか。
>一主婦:↑、はあなたの勝手な想いですね。

そうです。わたしの勝手な想いです。
そんな意気込みも覚悟なく、何を偉そうに政権交代の乾坤一擲ダ  これが私の本音です。

>52.:枝野こそ、その任を負う方が「理に叶う」と思います。その方が「新党」など立ち上げて「野党分断」するくらいなら、枝野が安倍の選挙区で戦ったなら

たんなる八つ当たりですネ。
民進党内のゴタゴタで難破船状態の民進党を立て直すのが枝野の代表選立候補です。
前原に代表選で負けた。ならば前原のリーダーシップで新たな希望の党で出直しを図ろうとしたが小池に阻まれた。
小池の側には「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」なんて気はさらさら無かった。こういうことでしょう。

>52.:百合子さんは都知事で[都民ファースト]を標榜しそれに向かって努力しています。

標榜はするものの小池ファーストであることは『都ファ』『希望の党』の事実経過が示しています。

>52.:あの規模では政権交代の器にはなり得ません。

ところが、その程度の規模の政党にさえ追い付かなかった選挙結果を正視していますか?

>52.:「排除リスト」も「踏み絵」も真っ赤な嘘の情報でした。

『前原党首を「信じて協力」するのが筋』この筋を曲げたのが前原と小池です。
前原が公認した候補者をそのまま公認すれば何の問題も無かった。リストだとか踏み絵だとかにスピンさせないでくださいネ
重要なのは、あなたが例に挙げた「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」という両翼にウィングを広げた鶴翼の陣だったのです。
片翼を圧し折ったのは小池の方です。

枝野は関ケ原の戦いで全滅を免れ、辛うじて薩摩に逃げ帰った島津の陣です。
石田三成のような全体の大将ではありません。
『ヘビだって抱きしめる』覚悟も無く、政権選択などと誇大妄想したのは希望の党です。
枝野は民進の立て直しに必死でした。全滅を免れようと、それこそ乾坤一擲の勝負に出たのです。
反省が必要なのは希望の党側ではありませんか。
この体たらくの状況となっても、共産党とは組めないなどとバカなことを
それなら勝手におやりなさいと突き放された結果が今回の選挙です。

一主婦さんホセ・ムヒカの言葉はまさに希望の党にお返しします。
この意味と重みをわかってください。

>69.:その「最善策」の形が出来上がりつつあったのです。百合子新党「希望の党」を中心として、右から左まで「集結」して自公政権と戦うと言う闘い方です。

この最善策を潰したのが小池百合子です。
ホセ・ムヒカの言葉を思い起こしてください。

>69.:共産党さんの言い分だけで推し進めようとしても、それは無理があります。

具体的にはどういうことでしょうか。
昭和20年代の火炎瓶等々の武装闘争を放棄して60年前後になります。
この間、中共、ソ連とも袂を分かち、日本独自の共産主義政党となり、未だに教条主義的な部分は残っているが、共産主義は名ばかりとなっています。
あなたの言う『共産党の言い分』とは?

今回の選挙を見ると、まさにアンパンマンの顔を演じたのが共産党であった。

>69.:小沢氏が今回の衆議院選の失敗を経て発した言葉は「野党は我侭を言っていては何時まで経っても政権を取れない。集結こそが大切」といっていたことはそれを指してしているのだと思います。左だけの考え方で左右がまとまろうとしてもまとまれない。だから我侭を言わずに、共闘できる左右の「歩み寄り」が大切と言うことだと思います。

正にその通りです。
両ウィングが必要なのです。「歩み寄り」を拒んでいるのは小池党です。

>69.:政権交代が目前だった「希望の党」中心の政権交代

これこそが脳内お花畑の寝物語に過ぎなかったと思います。
結果が示しています。
『敗軍の将は兵を語らず』と言います。
他責ばかりを語るのではなく
希望の党は冷静に選挙結果を、冷静に冷静に冷静に、考察しているのでしょうか?
それとも、【わたしは知らないわ都政があるもの】ということでしょうか。

>69.:以前の「4野党共闘}とか{市民連合}を執拗に持ち出していますが、それでは勝てないということも明らか

逆に、これはあなたの思い込みで、希望の党はそれ以上に国民に受け入れられなかったのではないでしょうか。
新潟で北海道で沖縄でそれなりの成果を上げています。
『それなりに』ということでしかありませんが
もし、希望の党の軽挙妄動の騒動が無ければ、他の地域でも成果があったと考えています。
『もし』の話を続けても意味がないので、あなたも枝野が分断を図ったから負けたという他責論はソロソロ卒業されてはいかがですか。

>69.:共産党は特別に「党外共闘」と言う形で良いのでしたよね。良かったですね、共産党さんは特別にその形を熟知されているのですから、決して「切捨て」ではありませんよね。

共産党を足蹴にしてなんという思い上がりか!!!
今回の選挙で共産党は立憲民主党に対してアンパンマンの顔を演じた。
小池百合子の私党にも同じ顔をするとでも?

>69.:小沢さんが言うところの「野党の我侭」

『我侭な野党』の候補者と『我侭な野党』の資金をあてにしないと何にもできないのが希望の党の実力だったことが十二分に証明されたでしょう。
『絵空事を言って誤魔化して、野党分断し、政権交代を遠のかせるのは止めてください。お願いします』
この言葉はホセ・ムヒカの言葉と一緒に一主婦さんにお返ししたい。

>69.:誰が「共産党を切る」などといったのでしょうか?

『共産党とは組めない』これは『共産党を切る』とどう異なるのでしょうか。
もしも【「政権交代」を目指す協力】を願うなら、共産党とは云々と言及する必要性は無いと思います。(細野その他に注意してください)
協力不要というなら「共産党を切る」ということ同じでしょう。
テニオハの字句の言葉遊びは止めましょう。

>69.:共産党は「希望の党」とは連携できないのに「立憲民主党」とは連携できるという「矛盾」こそが問題だと思います。

どこが矛盾でしょうか。あなた自身でも言っているように、希望の党は小池百合子の私党です。
しかも、共産党とは組めないと断言している細野豪等が結党メンバーです。
共同代表に玉木がなるか大串がなるかで路線も変わりそうです。
小池百合子が国政政党を立ち上げて、選挙に負けたら【私は都政ヨ】と逃げ出すようでは、この政党はいったい何処へ向かうのかわかったもんじゃないと不安視するのは当然でしょう。
立憲民主党は同じ俄仕立てであっても、代表者が存在する政党で、共産党とは組めないと突き放しているわけではありません。是々非々の協力関係を構築しようとしています。
もっと言うと
共産党が希望の党とは連携できないと言っているのですか?

>69.:「立憲民主党」と「希望の党」との政策の違いはほとんど無いに等しい事を貴方はご存じないのでしょうか?

あなたの思い込みではないですか?
わたしは中山成彬や細野豪から柚木までテンデンバラバラで得体のしれない政党だと認識しています。

>69.:本来は、希望の党と民進党の立候補者の乱立を防ぐための立候補者の「調整の場」だったのですが「排除」という言葉に置き換えられてしまいましたね。テレビって怖いですね。

嘘を言ってはいけません。
記者の質問に答えただけかもしれませんが、【排除します】【全員を受け入れる気はサラサラ無い】
これは小池百合子が発した言葉です。
『綸言汗の如し』といいますネ
【調整の場】とは後付けの理屈です。
都議選以来、盟友としてタッグを組んできた若狭勝も比例名簿の中身を知らなかった。
そもそも【調整の場】が在ったのか?
【場】というからにはそれなりの複数人での検討会が在ったはずです。

>69.:現実にあわせて努力する事が共産党や社民党には足りません。そこを克服しない限り野党は左右に大きくウイングを広げてまとまることが出来ません。どうぞわかってください。国民の為です。

〔52.69.〕でのあなたの主張は、共産党や社民党あるいは立憲民主党を希望の党に置き換えても何ら違和感なくスーッと入ってくるのは私だけでしょうか。

あなたに合わせていたらすごく長くなってしまった。

    


80. 2017年11月07日 12:21:59 : UNVLacPfHY : GtSAqu4QFcU[1]

そう?極オザなんているんだ?阿修羅も進化しているんだね。私は小沢さん苦手だけど、あえていうなら小池百合子は日本会議のメンバーで、希望の党を裏で操っているのが日本会議なんだよね。極オザなんて進化したものがいるのだから、私が攻撃された理由が納得。



81. 一主婦[2445] iOqO5ZV3 2017年11月07日 12:49:01 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[5]
>>70. 知る大切さ[10653] さん

>一主婦さん
下記データを見てから
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/390.html
今後は何処がイニシァチブを握って「結集」の軸かぐらい
判断できないでは、偏屈者の戯言と言われかねないよ?
野党第1党は立憲民主党、、、希望では無い。


↑そんなデーターは、一瞬で崩落する事は百合子さんの党を見ても分かるはずです。何しろ立憲メンバーの中心は菅政権の中心メンバーですから、そろそろ皆その中身の腐敗メンバーの過去の行いに気が付きます。そうなると奈落も早いですよ。それに加えて何しろあの「生方」の様な人物も立憲議員なのですね。皆さん立憲の汚さに気が付き始めていますよ。支持率低下などあっと言う間ですからね。

そして、私と22Aさんとで、ここで今話している中身は、これからの野党連携では無く、今回の衆院選での野党共闘の失敗とその原因について反省の意味を込めて語っています。ですから、貴方のそのデーターは関係無いのです。そして立憲の支持率も危ういようですよ。何しろクーデター組みが創設している立憲ですから、その汚い中身がばれるのも時間の問題らしいですし、もうばれ始めているそうですよ。↓参考例です。ご覧下さい。

※髭爺‏ @higejii20
枝野も見せはじめてきた驕り、立憲も先が見えてきた気がする。野党が協力し合うと言う謙虚さも見えない、(マスコミ応援で)立憲民主党が漁夫の利を得たことが見えてない。共産党の減議席分が立憲に移動しただけと言う事も。昔から枝野はそうだった、野田と組んで小沢氏を追い払い、そんな事ばかりしてきた人間性欠ける人間だ。

※HIRO(日本に生まれて・・・)‏ @hsggg
小沢一郎を「排除」した菅政権時代の主だったメンバーが揃った立憲民主党。なにお血迷ったか、共産党に小選挙区で世話になりながら、行く先々で比例は立憲民主党にと叫んでいるようだ。リベラルだの保守を使い分け有権者を惑わしながら美味しいことを並べ立てている。党名は変われど中身は変わらず。

※山岸飛鳥 日本独立&絶対反戦‏ @sensouhantai
やっぱ「たしかな野党」を目指すのね。
立憲民主党が初の両院議員総会 枝野幸男代表「権力ゲームと距離を置く」
立憲の枝野代表は 「永田町の論理で,単なる数合わせには与しない」 というような発言をされていて,合流等々には否定的だ。

※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
枝野氏の会見トーク。「市民連合」と引き続き連携するとした上で「従来から私は『野党共闘』『選挙協力』という言葉は使ったことがない」と言明。(何かやる場合は6党でやると言う事も、選挙共闘や連携を指すのではなく国会内での協力とと言う事に限る)

※satirica‏ @satirical_act
立憲民主党は3.11の時の民主党棄民政権そのもの。
菅直人と枝野幸男だけではない。立憲民主党候補者は民主党政権の主要幹部ばかりだ。(小沢・亀井・鳩山を追い出した、菅直人政権クーデター人員まるっとそのもの)

※出張SE ‎@ryuzi2014
立憲民主・・・なんだこの顔ぶれ・・吐き気がする。
東日本大人災の「政権支持率1%でも辞めない」菅内閣に、赤松口蹄疫とか、もう悪夢だ。 嫌がらせなのか?それとも国民の記憶力を試しているのか?

※岩上安身‏認証済みアカウント @iwakamiyasumi
今日、枝野さんは共産があそこまで譲歩したにも拘らず、共産党とは「野党共闘ではない、野党連携だ」と強い口調で言いました。「非共産・非自民」とも。改憲がかかっているのに、「156という数字にこだわっていない」とも。


そして、知るさんは今後の野党共闘の中心は立憲になるという予想をしていましたが、立憲は出来たばかりで地方の組織が無く、その勤めは出来ないらしいですよ。↓参考例です。

※平野 浩‏ @h_hirano
民進党の大塚代表は希望と立民との連携に自信。それは地方組織である。現在、希望も立民も地方組織を持っていない。枝野代表が連携を強く拒んでいたのは、民進党はいずれなくなり、地方組織を立民化できると考えていたからだ。結局3党のなかで一番強いのは民進党。しかもカネも握っている。(したがって連携の中心になるのは民進党の党首である大塚氏)

※平野 浩‏ @h_hirano
民進党はなぜ大塚代表に一本化したのか。混乱を収拾し、希望、立憲民主、無所属をうまくまとめる役割で、敵が少なく、ソフトで、人柄のよい大塚氏に一本化。

そして更に、大塚氏による野党再編第二弾第三弾があるそうですよ。そして希望の党の共同代表が決められますが、肝心の正式な代表は空白です。誰が座るのでしょうね?楽しみですね。再編により自民党よりも大きな新党になる可能性もありますから、その代表には政権運営にも長けた経験も力量も備わった人物が座る事に成るのでしょうね。きっと自由党も合流するはずです。↓参考例です。

※hasebe‏ @lovemeters · 10月6日
〜小池知事は首相になるより政界再編を選んだ〜
安倍自民は、巨大与党では無くなる。野党再編と合流により安倍は下野する。
この選挙は、第1ステージ、
第2、第3ステージが必ず来る。
必ず、政界再編が起こる。
#オプエド 上杉隆氏

以上です。


82. 一主婦[2446] iOqO5ZV3 2017年11月07日 13:09:45 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[6]
>>78. 22A[21] さん

>一主婦さんも都民さんも。
もー、長いなあ。二人とも、壷井須美子さんに弟子入りしなさい。
ただし学ぶのは作文技術だけね。考え方までまねしないように。

あ〜長くてゴメンね。
でも、最後の言葉はいただけないわ。
貴方の考え方が正解で、壺井さん的な考え方は間違いと決め付けて、私にそうなるなと言っているのは傲慢ね。人それぞれに考え方があるのです。貴方に合わせる必要など有りません。おかしな事を言わないでね。


83. 知る大切さ[10656] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 16:00:11 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1482]
>81
一主婦さん
希望の党が今後どうなるかを当方は見ているけどね。
シコリが今回の選挙で希望が一番内在していると当方は
見ている、立憲民主党に近い(主義主張の)政党はもういらないから
希望の立ち位置てマジに微妙だと思うんだ、

数ヶ月前の衆議院の寄り合い所帯だった民進党の状況に近いもんだと当方には思える。

それに立憲民主党に近い政策を希望が立党の誓いを捨て擦り寄るならそれ
擬態だよね。

野党共闘には誓約が不可欠。 その共闘に一番遠いのが希望じゃないのかな?
(維新を除く)



84. 知る大切さ[10657] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 16:01:19 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1483]
そうそう当方は山本太郎を一押しね。

85. 知る大切さ[10658] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 16:04:59 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1484]
>82
それと一主婦さんが引用している方々を
当方は全然知らないんだ。 結構な論陣張っている人なの?

少なくとも阿修羅の常連さんじゃ無いから、当方は
どうですか?と貼られても。どうにもなんともとしか
言いようがなくても、字数が多くてウンザリするとしか言いようがない。


86. 知る大切さ[10659] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 16:13:35 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1485]
>75
>選挙前から言っていたように、あくまでも目的達成の為に利用
>するという立ち位置なのです。

都民さんの考えも理解できますが、誰がどうやってオーナー小池
を切る術があるのか?当方には想像ができないんですよね。

だから今の状況下において希望を中心の野党共闘とか当方にはイマイチピンとこない。

次の選挙前には当然野党共闘と国会質疑でも野党共闘で国民にアピールは大事で

希望の党には擬態立憲民主党にならない事を望んでいます。
擬態するぐらいなら志がほぼイコールなら、立憲民主党に個人で移籍するべしが良くね?


87. 一主婦[2447] iOqO5ZV3 2017年11月07日 16:19:21 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[7]
>>79. ボケ老人さま

返レスありがとうございます。
あ〜確かに長いですね。私の欠点をうつしてしまいましたね。すみませんね。

>希望の党と立憲民主党の得票率を踏まえて、敢えて[国民は」と表現しました。
あなたの言う「新党の器」が否定されたわけではありませんが、立憲民主党と比較して国民に受け入れられなかったということです。

↑、これはですね、マスコミによる操作、立憲ヨイショ、百合子バッシング希望の党潰し作戦の結果でも有りますよ。そして、共産党の協力があったためです、共産党の減数分がそっくり立憲に移っただけの話です。↓、参考例。長くなりますから一つだけ参考例を載せますね。

※髭爺‏ @higejii20
枝野も見せはじめてきた驕り、立憲も先が見えてきた気がする。野党が協力し合うと言う謙虚さも見えない、(マスコミ応援で)立憲民主党が漁夫の利を得たことが見えてない。共産党の減議席分が立憲に移動しただけと言う事も。昔から枝野はそうだった、野田と組んで小沢氏を追い払い、そんな事ばかりしてきた人間性欠ける人間だ。


>右寄りにウィングを広げ、左を切り捨てた。その結果が今回の選挙結果です。
打倒安倍政権ではなかったのですか?

↑の結果は、何度も言っているように、立憲民主党とそのリベラル煽りの共産党社民党が分裂選挙に持ち込んだ最悪の結果だからです。分裂させてはいけなかったのです。そして、立憲ヨイショ、百合子バッシング、希望の党叩きの結果がそれと言う事です。正当な結果では有りません。分裂選挙にしなければ、そういう結果にはなりませんでした。


>その通りです。
【排除の論理】こそが、この言葉の反対的象徴ではありませんか?

その排除と言う言葉は、その後に続いて発言された百合子さんの説明の言葉で修正されています。本当の意味は、民進党と希望の党の立候補者が同じ選挙区でかち合わないような選別を意味すると話されました。それが本当の意味です。悪意を持ってわざと排除と言う言葉だけを報道されました。どの党でも選挙区の選別はあるのが当然です。ですからそこにはムヒカさんの言葉は当てはまりません。

当てはまるのは、リベラルと言う左だけの狭い枠でしか考えないで、野党分断をした側に当てはまるのです。貴方も、百合子新党を野党と見なさず、排除の考えで希望の党を敵視していました。それが排除の為の野党分断になったのですから、それに対して、私はムヒカさんの言葉を貴方に贈呈いたしました。


>たんなる八つ当たりですネ。
民進党内のゴタゴタで難破船状態の民進党を立て直すのが枝野の代表選立候補です。前原に代表選で負けた。ならば前原のリーダーシップで新たな希望の党で出直しを図ろうとしたが小池に阻まれた。小池の側には「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」なんて気はさらさら無かった。こういうことでしょう。

↑、ですから、小池氏に拒まれたは嘘です。その排除リストは嘘情報だったのです。排除されてもいないのにリーダーの言葉を信じずに、野党分断になる新党作りは辞めてほしいといわれたというのに、野党分断行為を決行したのです。実際に排除された人物は1人だけと聞きました。それは嘉田さんと言う事です。嘘情報を信じて、自分たちが選んだ自分たちのリーダーの前原氏を信じなかった結果です。

ですから、排除などしていない小池さんにはムヒカさんの言葉は必要有りません。小さな狭い「リベラル」と言う枠で立ち上げた立憲民主党は、やはり純粋培養の考え方ですから、大きなウイングから見たら、やはりムヒカさんの言葉は必要です。リベラルだけで固まって野党分断しては政権交代など手には入らないらないのですから。小さく分断してはいけないのです。ムヒカさんの言葉を贈る必要があります。


:あの規模では政権交代の器にはなり得ません(私)
>ところが、その程度の規模の政党にさえ追い付かなかった選挙結果を正視していますか?

これも、同じ事を上でで述べました。マスコミの立憲ヨイショと希望の党バッシングもありましたから、その様な結果になりました。百合子さんも、テレビが勝敗を作るという発言をしていましたよね。その通りの事が起こったのです。貴方もそれはご存知のはずです。そして何よりも野党が分裂してしまったから、その様な悲惨な結果になったのです。それがなければ希望の党で一本化して闘ったなら、本来なら政権交代可能な器だったのです。これは小沢氏もそう仰っていました。


>『前原党首を「信じて協力」するのが筋』この筋を曲げたのが前原と小池です。
前原が公認した候補者をそのまま公認すれば何の問題も無かった。リストだとか踏み絵だとかにスピンさせないでくださいネ重要なのは、あなたが例に挙げた「必要とあらば、ヘビだって抱きしめなければならんのさ」という両翼にウィングを広げた鶴翼の陣だったのです。

↑、前原氏も百合子さんも筋は曲げていません。上でも書いたとおり、排除リストは嘘情報でした。そしてそれは排除では無く選挙区のスリ合わせ立だったのです。百合子さんはその排除発言の後に、その詳細を述べて排除の意味を修正しました。修正部分を切り取って排除と流し、排除リストの嘘情報をも流したのは、政権交代をさせない為に動いたマスコミとその周辺です。リベラルが排除されると嘘のリベラルあおりをして、立憲分裂選挙に持ち込みました。

前原氏からもその百合子さんの言葉の修正と真意は枝野氏にも伝えられていました。ですから排除では無かったのです。排除といった百合子さんも、その直ぐ後に続けて選挙区の調整の事だと訂正しました。その排除切り取り情報に続いて、排除リストと言う嘘の情報リストも流されました。それを信じて野党分裂の愚を犯してしまった立憲に非があると思います。それによって国民の念願の政権交代への夢を、嘘情報を信じて野党分裂選挙にして潰してしまったのですから。大きな間違いを犯した事になると思います。


>枝野は関ケ原の戦いで全滅を免れ、辛うじて薩摩に逃げ帰った島津の陣です。
石田三成のような全体の大将ではありません。『ヘビだって抱きしめる』覚悟も無く、政権選択などと誇大妄想したのは希望の党です。枝野は民進の立て直しに必死でした。全滅を免れようと、それこそ乾坤一擲の勝負に出たのです。
反省が必要なのは希望の党側ではありませんか。この体たらくの状況となっても、共産党とは組めないなどとバカなことをそれなら勝手におやりなさいと突き放された結果が今回の選挙です。

↑、コレも、偽りの情報で野党分裂をした枝野派に非があると思います。誰も排除などされなかったのですから。排除されるという嘘情報に踊らされリベラルと言う言葉に踊らされて野党分断をして、国民念願の政権交代の芽を積んでしまったのですから。そして民進党の立て直しよりも、前原氏が選んだ民進党と言う名を捨てて、国民を立て直す方が政治家として取る道の正解だと思います。

泥舟で国民から見捨てられていた、ちんまりした民進党など立て直して何になるのですか?安倍政権を倒す大きな器を造らなければ政権交代も無理で、安倍政権が続くのですから、それでは国民の方が潰れてしまいます。今現在の状況がそうなのです。立憲が勝っても国民は救われません。それでは本末転倒です。自由党も解党をして政権交代に備えました。民進党の建て直しや発展など、国民の建て直しや救済の法が重要です。国民のためなら民進党も解党すると言う前原氏の方が国民派の本物の政治家です。

そして共産党の合流拒否は一つの政党になると言う事ですから、これは共産党は無理なのです。共産党自身が合流して一つの党になる事を拒否していますし、小沢氏も前原氏もそれを知っていますから[共産党を除く]と言う枕言葉がいつも付く訳です。それは双方の思いなのです。共産党は新党合流には加わりませんが[党外協力]と言う形での協力は以前から申し出ています。貴方は誤解なさっていますね。


>>69.:共産党は特別に「党外共闘」と言う形で良いのでしたよね。良かったですね、共産党さんは特別にその形を熟知されているのですから、決して「切捨て」ではありませんよね。

>共産党を足蹴にしてなんという思い上がりか!!!
今回の選挙で共産党は立憲民主党に対してアンパンマンの顔を演じた。
小池百合子の私党にも同じ顔をするとでも?


↑、共産党自身が拒否をなさっているので、その特別な枠組みになっているのです。別に足蹴にしている訳ではないと思います。合流して一つの政党になるのを拒否しているのは共産党なのですから。そして、立憲民主党のアンパンマンになってもらっては、国民が餓死してしまうのです。立憲と組んで共産党と社民党が分裂選挙をしたなら、政権交代は不意になってしまい、安倍政権が続くのです。それでは、国民がアンパンを食べられずに餓死してしまうのです。

ですから、立憲には野党分断になる行いをたしなめ、前原氏を信じて希望の党で協力する様にたしなめるのが、国民にとっての本当のアンパンマンの役割の共産党のはずです。リベラルと言う小さな枠を煽って、野党を何分割もして闘う道を共産党は加担してしまいました。立憲に対するその行為は立憲に対するアンパンマンですが、国民にとっては、餓死ををさせる共産党になってしまいました。その結果安倍政権圧勝で安倍政権継続になったのですから。


>一主婦さんホセ・ムヒカの言葉はまさに希望の党にお返しします。
この意味と重みをわかってください。

↑、いいえ返してもらう必要はありません。希望の党は、左右に翼を広げた、政権交代の為の幅広い集合体ですから,ムヒカさんの言葉は合っています。狭いリベラルでないととか保守はだめと言う小さな器で固まっている器では有りませんから。そして、野党分断と言う狭い考え方を執ってしまった政党にこそ、その重みは分かってもらう必要があるのです。その狭いこだわりで野党分断し、国民に政権交代の夢を潰してしまった行いなのですから。ムヒカさんの言葉を噛み締める必要があります。ですから、返してもらう必要は無く、分断と言う行為を執った狭い考え方を修正する為にもムヒカさんの言葉を良くかみ締めて欲しいと思います。


>>69.:共産党は「希望の党」とは連携できないのに「立憲民主党」とは連携できるという「矛盾」こそが問題だと思います。

>どこが矛盾でしょうか。
立憲民主党は同じ俄仕立てであっても、代表者が存在する政党で、共産党とは組めないと突き放しているわけではありません。是々非々の協力関係を構築しようとしています。もっと言うと共産党が希望の党とは連携できないと言っているのですか?

↑、ハイハイ、その通りです、共産党も社民党も百合子希望の党とは政策が違っているので組めないと仰っています。リベラルでないからだそうですよ。組むためには綱領とか政策を潰さなければならなくなるので立憲とは組めるけれども希望とは組めないのだそうです。ですが、立憲は政策も政治の方向性も希望の党と殆ど変らない政党です。リベラルでも有りません。枝野自身がリベラルではなく保守であると宣言しているのですから。それなのに立憲とは組めるけれども希望は自民党と同じだから組めないと仰っていますよ。お確下さい。そんな矛盾はおかしいと思います。政策が同じで枝野自身がリベラルで無く保守だといっているのですから。


>>69.:共産党さんの言い分だけで推し進めようとしても、それは無理があります。

>具体的にはどういうことでしょうか。
昭和20年代の火炎瓶等々の武装闘争を放棄して60年前後になります。
この間、中共、ソ連とも袂を分かち、日本独自の共産主義政党となり、未だに教条主義的な部分は残っているが、共産主義は名ばかりとなっています。
あなたの言う『共産党の言い分』とは?


↑、またまた、そんな所に話しを広げてしまって。
希望の党は、右から左までを集結すね政権交代を目指す大きな器でした。ですから、今までの4野党共闘での約束事は左寄り中心の政策でしたが、それを希望の党にそっくり当て嵌める事は無理があるのはお分かりになりませんか?ましてや、共産党主導で進めた市民連合時の政策は左も左、極左に近いものになっています。ですからそれをそのまま希望の党に変えずに当てはめようとしても無理があると言う事を申したのです。


>正にその通りです。
両ウィングが必要なのです。「歩み寄り」を拒んでいるのは小池党です。

↑いいえ、小池氏は政党を一つに合流すると言う計画には共産党は除くという考えでした。それは共産党自身が拒んでいる事です。希望の党への合流話ですよ。共産党が希望に合流をする事が可能なのですか?そんな話は聞いた事がありません。共産党さん自身が拒否をしているのですから。双方が合流話には拒否と言う事です。小池が拒否したなんて、そんなの嘘です。双方が拒否していると言うのが事実です。


>69.:政権交代が目前だった「希望の党」中心の政権交代

>これこそが脳内お花畑の寝物語に過ぎなかったと思います。
結果が示しています。『敗軍の将は兵を語らず』と言います。
他責ばかりを語るのではなく希望の党は冷静に選挙結果を、冷静に冷静に冷静に、考察しているのでしょうか?それとも、【わたしは知らないわ都政があるもの】ということでしょうか。

↑、これは選挙前の事を言っています。政権交代を目指して前原氏も小池新党に合流し、自由党も解党までしたその政権交代を目指しました。あの立憲のわがまま分裂行動がなければ、それが可能だったのです。小沢氏もそうおっしゃっていました。希望の党に集結し、共産党は党外協力と言う形で政権交代を目指していれば、政権交代は可能だったのです。夢やお花畑では無いのです。小沢氏も、今回の衆院選で政権交代を果たす[次の次など無いのだ]と宣言しました。勝手にお花畑と断定などしないで頂きたいですね。あの立憲の分裂と共産党と社民党の立憲加担がなければ、その小沢氏や前原氏、小池氏の政権交代の夢は実現できたのです。


>69.:「立憲民主党」と「希望の党」との政策の違いはほとんど無いに等しい事を貴方はご存じないのでしょうか?

>あなたの思い込みではないですか?
わたしは中山成彬や細野豪から柚木までテンデンバラバラで得体のしれない政党だと認識しています。


↑、あらあら、その違いは政策を見て判断するものです。中山氏も希望の党の公認になったのですから、希望の党の政策に合意したと言う事ですよ。何でテンでバラバラだと、あなたが勝手に決めるのですか?希望の党と立憲の政策を比べてみてください。殆ど差がありませんよ。私の思い込みですって?おかしな事を仰いますね。政策を比べれば思い込みで無い事は分かりますよ。だからこそ、政策のすり合
わせが難しい共産党は双方で合流を拒否しているのです。政策のすり合わせがシッカリと出来ていると言う事です。バラバラでは有りません。


>>69.:小沢さんが言うところの「野党の我侭」
『我侭な野党』の候補者と『我侭な野党』の資金をあてにしないと何にもできないのが希望の党の実力だったことが十二分に証明されたでしょう。
『絵空事を言って誤魔化して、野党分断し、政権交代を遠のかせるのは止めてください。お願いします』この言葉はホセ・ムヒカの言葉と一緒に一主婦さんにお返ししたい。

↑希望の党は、資金をよそから調達すると、そこに[しがらみ]ができてしまうから、それはやらずに、自前で立候補者自身からの資金で選挙をすると言う決意だったと聞きました.そして、前原氏からの民進党の資金提供もお断りしたと聞いています。希望の党は、その資金面でもわがままは言いませんでした。自前でやったそうです。そしてもあなたが皮肉たっぷりに何度も仰る、希望の党の実力と言うのは、マスコミによるバッシングが影響をして、その上、野党分党と言うわがまました方をマスコミが立憲ヨイショをした結果です。立憲の結果も本当の実力では有りません。上の法で例を揚げていますが、共産党の減数も立憲に流した結果でもあるそうです。マス込みによる援助と、共産党の減席舌結果の優遇の選挙結果になっています。バッシングと優遇結果を比べても意味がありませんね。ですので私に返されても使い方で困ります。お断りいたします。


>嘘を言ってはいけません。
記者の質問に答えただけかもしれませんが、【排除します】【全員を受け入れる気はサラサラ無い】これは小池百合子が発した言葉です。
『綸言汗の如し』といいますネ
【調整の場】とは後付けの理屈です。
都議選以来、盟友としてタッグを組んできた若狭勝も比例名簿の中身を知らなかった。そもそも【調整の場】が在ったのか?【場】というからにはそれなりの複数人での検討会が在ったはずです。

↑、そうですよ、その調整の場はあったのです。前原氏や玄葉視が携わったそうです。そして、そのさらさら無いと、排除しますの発言の後、直ぐにその言葉を百合子さんは修正したそうです。それが選挙区での調整の場だそうです。実際は採取宛気に弾かれる人はいなかったわけですから、野党分裂の新党など造らずに、前原氏の言葉を信じて待てばよかったのです。


>〔52.69.〕でのあなたの主張は、共産党や社民党あるいは立憲民主党を希望の党に置き換えても何ら違和感なくスーッと入ってくるのは私だけでしょうか。


ええ、そうだと思います。貴方だけの様な気がします。だって希望の党には当てはまりませんもの。リベラルとか保守党とか、政策が綱領がどうのこうのとわがままを言って分裂選挙をしたのは、希望の党ではありませんからね。希望の党には当てはまりません。


あぁ、やっと最後ま返事を差し上げられました。抜けた部分はないと思いますが、もしぬけていましたらごめんなさい。では、失礼致します。


88. ボケ老人[2428] g3uDUJhWkGw 2017年11月07日 17:27:22 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[860]
>87.一主婦

都合の悪いことはすべてマスコミの所為、○○のバッシング、○○が悪いの一点張りですね。
もう一度言います。
『綸言汗の如し』
言い訳はみっともないと思います。

共産党が合一して一つの党となることはあり得ないことはわかっていたはずです。
小池百合子も細野も最初から拒否しています。
おそらく呼びかけもしなかったでしょう。
もし、安倍が敵で乾坤一擲の勝負を挑むとするなら、攻めるべきは安倍だけのはずです。
何故ことさらに共産党とは組めないというのですか?
靡かない者は放っとけばよいだけの話です。
ことさら共産党とは組まないと力説することは反安倍勢力の分断にはならないのですか?

【調整の場】玄葉と前原がいたのですか?
わたしはその情報は知らないが、もしそうだとして
国政政党を標榜する公の場とは程遠く、安倍のオトモダチ政治とどう異なるのでしょうか?

また、枝野を悪者にしてしまっていますが
立憲民主党を立ち上げる前に、安倍一強を倒すのだと、枝野と膝を交えて話をした事があるのでしょうか?
前原が公認した候補者を希望の党が拒否、たとえそれがわずかな人数であれ、わずかであればこそ話せばわかることではなかったでしょうか?
無所属で出馬した候補者と話をした事があるのでしょうか?
安倍よりも右の中山成彬とさえ合意できたぐらいなのだから、枝野や岡田とはもっと容易く合意できたはずと考えます。

こんな事すらできない包容力で……
バカバカしいからもう止めましょう。

わたしは希望の党に民意は無いと考えていますが
一主婦さんが応援されるのは勝手です。

わたしは枝野よりも、もっと左の人間です。共産党とは相容れないが、両翼を広げる意味で共闘すべき、
また、『ヘビだって抱きしめなければならん』という感覚で自民党の中の反安倍勢力とも手を組むべきだと考えています。

    


89. 2017年11月07日 17:53:08 : 8X06MUzLBE : G5yo2knpVQ8[80]
>79 様のコメントがストンと胸に落ちます。どうして希望が失速し呆れたのか     
    多くの議員を落選させてしまったのか。これで終わりでなくまだ流動的に 
    なるのでしょうか?一つ分かったことは議員がおのが身の振り方をあたふ
    たとみっともなくさらけ出してくれたことは大きな収穫であった。
    国会で安保条約反対を唱えていた党が賛成をうたう党とどう一緒にやって
    くとというのか。安倍政権を倒すためならこれも仕方なしとどういえるの     か。筋を通した立憲民主に共感が寄せられたのは当然だった。安倍政権を
    倒したらもっと過激な党が生まれたは勘弁してほしい。

90. 知る大切さ[10661] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 18:38:54 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1487]
>「ボケさん」と「知る大切さ?」さんでしたっけ?他人様にいつも突っかかって

一主婦さん
それ否定しません、でも突っかかるポイントは確かに
「ボケ老人」さんと当方は結構似ていますが、それぞれ独立し個々の意見で
実は違いは多々ありますよ、ですがその違いを互いに認識しあってます。

都民さんとも当方は多分大きく差異はありません。ただ自我ある政治家、小池女史を
利用できるとか制御できるとかを市井の民や著名な政治家が成し得ないと勝手に
当方が想定しているから、現状では希望の躍進より立憲民主主導の野党再編がより
現実的との考えです。 (小沢氏が中心は当方は既に想定していません)

それでも山本太郎氏を一押しが当方です。


91. 2017年11月07日 18:41:49 : mlvvEUnN7E : @BJnBuTctlU[3]
ま、少なくとも、希望の党に関わっていた政治家には今後一切入れないし援助もしない
たとえ対立候補が自民党しか無くても、だ・・・自民党にも入れないが
希望の党に所属していた議員、安保法に賛成票を投じた議員、松下政経塾出身の議員、官僚出身の議員、その他etc・・・名簿はすべて手元にある
知り合いに問われれば、喜んでそれを見せることにする

92. 22A[22] glGCUUE 2017年11月07日 19:04:19 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1834]
一主婦さん

ごめんね、あなたのコメントを全部は読まない状態で、コメント返しをする。

最近は、一主婦さんの漫才の相方はすっかりボケ老人さんになったようだね。
私は以前は一主婦さんと遣り合ったのだけど、あの超長文にすっかりくじけてしまって、もうまともに相手する気力もなくなってしまったので、ボケ老人さんには感謝する。

私の心からの叫びは以下。

一主婦さん。お願いだから戻っておいでよ。決してダークサイドにはいかないで。

この人の弟子になればいいのではないか、と言うことで私のおすすめの人の名前を挙げるよ。

まずは日高見さん。この人は決して「極オザ」ではない。いわば「真正オザ」だね。
緑のタヌキを批判し、さらに枝野氏に対しては、「猪八戒と言ってごめんね」と謝っていたね。
次は山本太郎さん。この人は「極オザ」ではないことはもちろん、「真正オザ」でもないだろう。リベラル派の一人。今回の衆議院選では、共産党・立憲民主・社民党・無所属の候補の応援演説をしていたね。でも希望の党の候補の応援をしたとは、私は寡聞にして知らない。

一主婦さん、自分より若い男が好きなんでしょ?
やっぱりこの人たちの言うことに耳を傾けてよ。


社民党が合流を拒否したことが不満なの?
だったらね、例えば私が一主婦さんに対して、今の旦那さんとは別れて私と一緒になれ、と要求し、それを一主婦さんが拒否したら私が「分断した」などと非難したらどうなるのよ。相手には相手の都合があるのにそれを無視しているよね。
なおこれはたとえ話であり、実際には私はそんなことはしないよ。残念だった?

前原や緑のタヌキに対して、そのうち一主婦さんは言うのだろうか。
「こんなに好きにさせといて、勝手に好きになったはないでしょう。」と。
この言葉の出典は、一主婦さんの年ならご存知だよね。

さらについでにやってみようか。


好きです好きです日本が好きだとか、愛していますよと、甘い言葉の裏には、どす黒い野望があった。
(中略)
悔しいけれど騙されたのは、どうやら私の方だったみたい。別れに涙はいらない。できることなら怒りとなれ。

さよならさよなら日本を壊した、最悪の安倍総理。別れの舞台は今ここ。直ちに辞任をしてほしいわ。

だからアベノミクスは今では、巡りめぐって振出よ。
いつまでたっても三本の矢は、一つも的には当たらない。

(長渕剛さんの「純恋歌」の、私による替え歌。)


93. 22A[23] glGCUUE 2017年11月07日 19:25:01 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1835]
一主婦さん

一言いい忘れた。

社民党は党としての合流を拒否しても、決して野党共闘を拒否したわけではない。
民進党が希望の党に合流する話が出た後、ただちに共産党の小池書記局長と社民党の又市幹事長が会談し、両党での統一候補擁立で合意したしね。
もちろん枝野氏が立憲民主党を立ち上げてからは、3党での協力が進んだ。

党の合流となれば、それまでの綱領や独自政策を捨てなければならない。こんなことを相手の意向を無視して押し付けてはいけない。


94. 一主婦[2448] iOqO5ZV3 2017年11月07日 20:27:10 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[8]
>>93. 22Aさん

ゴメン、もう体力の限界。
漫才の舞台は今日は店仕舞い。
また体力が戻ってから、貴方との漫才のお相手します。
貴方の方が、バトルをしていても、なんか温かみを感じるわ。
長くバトルをしていたせいかな?
でもチョット休ませてね。
回復も年々遅くなってしまって哀しいわ。

若い男?そうね、年寄りよりは若い方が好きよ。
これ、夫にはナイショ!
では、今日は早めに休むわ。
昨夜は、貴方のおかげでドラキュラだったから。
これからGYAOで映画を一本観てから休みます。
お休み〜
(全然関係ないコメントだから管理人様に叱られるかしら)


95. 2017年11月07日 20:44:49 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[1]

中核派=テロリスト^^

世界の常識^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

96. 2017年11月07日 20:53:14 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[2]

http://ksl-live.com/blog11044

↑社民党を離党した増山麗奈^^

三宅洋平の大麻購入に、山本太郎の寄付口座が使用されたことを暴露^^

しかし、相変わらず昭恵夫人へのヘイト発言も忘れないキチぶり^^



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

98. 2017年11月07日 21:05:09 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[3]

https://matome.naver.jp/odai/2149783605727961401

↑み、な、さ、〜、ん^^

これが中核派だよ!^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

99. 2017年11月07日 21:09:35 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[4]

http://www.zenshin.org/zh/

↑中核派にもホームページが!^^



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

100. 2017年11月07日 21:17:00 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[5]

https://mobile.twitter.com/i/web/status/827180619402670081

↑増山麗奈の選挙資金流用で製作された映画に^^

中核派=山本太郎が出演^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

101. 2017年11月07日 21:18:17 : SJCgnZlodc : JlLQ7v@DM40[1]

主婦は工作員。

都民も工作員になった。


まともに反応するだけ時間の無駄だぞ.


102. 2017年11月07日 21:22:23 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[6]

http://chikyu-megumi.org/event/2015/post-439.html

↑映画「ママの約束」^^

^^

[撮影/監督/編集]増山麗奈
[時間]90分(NTSC)
[出演]小出裕章 山本太郎wwww
オリバー・ストーン 武藤類子
佐々木るり 広河隆一 藤波心 他

^^


[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

103. 2017年11月07日 21:24:33 : Af9dheL6BY : Zf_fGqvv@zM[7]

https://mobile.twitter.com/Photobra7/status/909213835260653568

↑この映画=不正資金流用で訴えられています^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

104. 2017年11月07日 21:43:46 : xwAcoNgzrA : 0ks8mKnxp4I[5]
自民の圧勝なんて不正だってことになるな! 

不正にして、いいもの悪いものひっくこめて一緒にしようと、

立憲民主が一番まともで、

まともな立憲を駄目にしようと、悪いものが入り込む。

都民のたくらみとはそういうところだよ。

邪魔がはいらなければ立憲は80までいってたな。 


105. 2017年11月07日 21:55:06 : oRGalH95b6 : NTWwFoRMpVE[10]
連中は立憲が怖いんだよ。
なにせ草の根、民意立ち上げだからな。

皆で立憲を育てていこうぜ!
立憲で国民決起といこう。


106. 2017年11月07日 21:57:03 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[626]
私は何度も出て来る山本太郎の支持者ですが、

>>87
>立憲民主党とそのリベラル煽りの共産党社民党が分裂選挙に持ち込んだ

これは、ひどい。違いますよ。

小池がいざ新党を作るという時のモーニングショーで、
「野党共闘が成功したら、東京の選挙区はどうなるか」という予想をしていた。
もちろん、民進党が解党される前の話です。

このときの野党共闘とは、以前からの四野党共闘(民進・共・社・自)のことで、それができれば、東京都の大半の選挙区は民進党が勝つ。逆に、できなければ、希望の党と自民党がかなりの議席を占めると放送していた。

これは東京に限った予想でしたけど、そこで玉川さんが、
「与党としたら、これ(野党共闘)をやられるのが、いちばん困るわけでしょ?」と田崎スシローに突っ込んだら、スシは困った顔で「そうです」と認めたんですよ。はきりとね。私は見たし、まだどこかに録画がアップされてるかも知れません。

その「与党が一番困る四野党共闘」をぶっ壊したのは誰ですか?

前原誠司と小池百合子です。小沢さんにも責任がありますよ、相当ね。

しかし、一番の責任者はどう見ても前原誠司でしょう。

「立憲民主と共産と社民が分裂選挙に持ち込んだ」なんて、とんでもない責任転嫁はやめて下さいね。
立憲は民進党が分裂した結果、急ごしらえでできた政党で、共産と社民は豆鉄砲を食らった立場です(これは、共産党の山下芳生さんがインタビューで、「民進党が希望の党と合流することなど全く知らなかった」と言っています。豆鉄砲を食らいながら、立憲民主の候補者が立つ選挙区の大半から、急いで共産党は候補者を降ろしたのです。希望の党は自民党の補完勢力だという立場から)。

そもそも今回の選挙は、政権交代を望むような時期ではなかった。
なんとか自公の議席を減らして、野党全体の議席を伸ばし、安倍政権が好き勝手なことができないようにするべき選挙でした。

まさか裏で前原さんと小沢さんが以前から相談し、前原が小池百合子に渡りをつけていたなんて、普通の有権者は知りません。

自由党共同代表である山本太郎だって、希望との合流なんて、直前までほとんど知らされていなかったんですからね。

ですから、前原誠司の自爆テロが、分裂選挙になった主たる原因です。

で、民進党内リベラル派がはねられることは「想定内」だったそうですから、彼が一番の自公の別動隊かも知れない(不思議ではありませんね。米国への渡航歴を見れば、彼が代弁したいのはどういう立場の声なのか想像がつきますから)。
四野党共闘なんて絶対にしたくなかったし、右へ右へ舵を切りたかったので、代表になったばかりの自分の所属政党を分解しました。

それと、上に書いたように、川内博史さんは自分が踏み絵を踏まされたと証言していて、その肝は「安保法」と「改憲」だった。
ネットに出回ったペーパーが本物か偽か、私はわかりません。
わかりませんが、少なくとも踏み絵を踏まされた予定候補者がいたことは事実です(私は川内さんを政治家としては相当、正直な人だと思ってますから)。

とにかく、何の因果でそこまで希望の党を擁護し、前原誠司を擁護しなければならないのか?小沢さんの責任にもつながるからでしょうか。

分裂選挙に持ち込んだのは希望ではない野党三党のせいだなどと、都合のいいストーリーを作るのはやめて下さい。
曲解と牽強付会で、結果的に自由党の評判も小沢さんの評判も下げることになるのがなぜわからないのか。これはもう、ひいきの引き倒し。

以上のようにまったく見方も考え方も違うので、私は山本太郎の支持者ではあっても、自由党の支持者にはならずに終わりそうです。


107. 知る大切さ[10664] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月07日 22:46:18 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1490]
>101
おらはお前が一番怪しいんだが? 本日羽化したてで変わってるぞ?

108. 2017年11月07日 23:24:03 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[122]
>>86.知る大切ささん
こんばんは。

>>だから今の状況下において希望を中心の野党共闘とか当方にはイマイチピンとこない。

別に希望を中心になどする必要はないでしょう。私も絶対に嫌ですね。w

現在であれば主導権は立憲民主が握るべきですし、それと同時に野党共闘を進めてきた志位さんや小沢氏や山本太郎さんらが市民側勢力の前面に立つべきでしょうね。

この前の選挙であれば、民進党中心での野党共闘になるべきだったと思いますが、何をとち狂ったのか前原氏の決断であの様な顛末となりました。

仰られる通り希望に行った元民進党議員らは個人単位で離党した方が良いと私も思います

現在の自民党と公明党ですが、政策や主義思想も全く噛み合っておりませんよね。
ですご、その中でも主導権を握っているのはやはり自民党です。

要は我々国民の金と財産、更には権力も握っている側の勢力を倒そうというのですから、権力を取りに行くという姿勢についてはある意味で自公のやり方を少しは考察してみた方が良いのでは?と言いたいのです。

要は主導権の問題なのです。

先の選挙戦で言えば、希望の党の排除発言が出た時に、安易に自民党の補完勢力だ、到底組めるわけがない等の意見を沢山見ましたが、一体何がやりたいのでしょう。

今回も相手側の思う通りに見事に分断されましたが、よく見聞きしたご意見にこんなのがあります。

安倍と小池では保保二大政党制になってしまう、安倍の後に小池では何も変わらない、安倍政権は倒さなければならないが、その後に小池では政権交代の意味もない、政権交代した後に一体どうするの、などの意見です。

はっきり断言しますが、保保二大政党制にもなりませんし、安倍政権のその後を考える必要性などどこにあったのでしょう?

あり得ない事を考えても無意味ですね。

何故ならば、先の選挙戦の状況下で小池政党と対立した時点で、その後、いわゆる政権交代後の可能性など全く考える必要がないのですから。

相手方の思う通りに踊らされ、100%その後など無い事は自明な事なのにもかかわらず、何故、その後の話をする必要があるのでしょう。その後の状況に転じる以前にその可能性の芽を自ら摘み取るのですから負けると分かっていて毎回戦に挑んでいるのですよね。

これは想像になりますが、多分私は小沢一郎と考え方が近いのかもしれません。

全野党共闘。結集。小池が打って出てきたならば、例え自民の補完勢力だと分かっていたとしても第一義である打倒安倍政権の目的を達成する為には、勝ち負けに影響力を及ぼす可能性がある全野党が共闘する以外に選択肢はないのです。

その上で、何故選挙前から小池を利用するのが最善と書いていたかと言うならば、それは国民の願望を汲み取った上でその目的を達成する方法は、小池新党主導ではない形での政権交代、それ以外に選択肢がないからです。

私のコメントを以前から見ていた方がいるならば、これはかなり前から同じ事を言い続けている事に気付かれると思います。旧民主党が批判されている時も同じ事を言ってます。要は鼻摘まみ投票の時と同じで、鼻摘まみ肯定派と否定派がおりましたよね。

今回も全く同じ事の繰り返しですが、これらの市民側の分断を回避した上で国民の願望を成就させる為には、与党側野党に主導権を握らせない形での政権交代しか勝つ為の選択肢がないからです。

端的に言えば、希望の党主導ではない形での政権交代、そして民主党主導ではない形での政権交代。

勿論、簡単ではないですよ。

しかし、安倍政権は嫌だ、でも小池も嫌だ、でも安保法制に反対だし、このままでは困る。この様な要求を成就させる為には当然ながら難しい戦いへ挑む事になる事は当然ですよね。

結局は同じ事の繰り返しなのです。

では、どのようにして小池新党に主導権を握らせない形で政権交代をするのか。

これは可能性の問題になりますが、結論から言えば、今回の共産党さんの様に安易に小池新党を批判するのではなく、例え政策は違えど、打倒安倍政権という言質は取れているわけです。その一点を担保に小池新党に対して野党共闘を迫る方が良い結果を生む事は間違いないと私は思います。

ここで言う良い結果とは、国民の望む形に現在よりは少しでも近づく事が出来るという意味です。

先の選挙でいえば、小池自身も国政には出ないと表明していたのですから、それも担保に取る事が出来るのです。勿論、何らの保証もない担保ですから法的効力等は勿論ありません。しかし、国民に対して当の本人から公に表明してあるのですから、その本性を国民の前にさらけ出す事は容易になります。

仮の話として、野党共闘を求めたとしても当然ながら小池新党は野党共闘などする訳がないのですから、そこから国民に分かるように化けの皮を剥がしていけば良いのです。

結局のところ、仮に今回の流れの中で共産、民進、自由が小池新党に対して野党共闘を迫っていたならば、細かく書くのは難しいですが、最終的に手詰まりになるのは小池新党になりますね。そして、市民側野党の筋道も通るし、国民の信頼を裏切る事もありません。

それを安易に自民補完勢力だと批判すれば、それはもう自民小池の思う壺。これを稚拙だというのです。発言と同時に負けが確定するのですから余りにも安易過ぎますし、その発言が及ぼす影響が甚大である事が全く考慮されておりません。

何故なら、この時点で自ら主導権を明け渡しているのですから、結果は今回の様になる事は普通に考えれば目に見えているのです。

要は小池や安倍政権の思う壺だという事です。

逆に敢えて批判するのではなく、共闘や連携を小池新党に各野党が迫っていたならば、主導権は市民側勢力のまま保持される事になりますし、どう転んでも結果好転するのです。

なぜならば、今回のように小池新党に選択肢を突きつけられるのではなく、我々市民側勢力が小池新党に選択肢を突きつける事になるのですから。

そして、その突きつけた選択肢は当たり前ですが二つに一つしかありません。

一つは小池新党が野党共闘に舵を切る。安倍政権を倒せますからそれはそれで良い。

そしてもう一つの選択肢は小池新党が野党共闘を否定する。この選択です。

安倍政権を倒す為に共闘しようと持ちかけながらそれを否定するならば、小池新党の化けの皮がより剥がれ、結局はこれも市民側野党勢力を利する事になりますよね。
この場合、与野党一騎打ちに持ち込めなかった事になりますから、少しでも多く野党側勢力に票を集めるしかありません。

自民の補完勢力だと言明するならば、多分この時点にするべきであり、安倍政権を倒す為には与野党一騎打ちの構図が不可避であると訴え、その為に、小池新党に共闘を求める。

何故ならば、小池氏自身が打倒安倍と公言しているから。市民側野党勢力が求めても応じずに野党共闘を否定する。

小池の嘘はばれますから、この時点で自民の補完勢力だと言明する事が最も票を奪う効果があり、尚且つ小池新党の化けの皮を剥がせますから、結果としてどの道野党側勢力に利する結果となるでしょうね。

しかし、それ以上に肝心なのは、決して小池新党に主導権を握らせる事なく筋道を通して打倒安倍政権への覚悟を示す事が出来るのです。

個人的にはこれが最善だと常に思いますし、
これは童話北風と太陽に例えれば太陽の戦略だという事です。

幾ら批判してみても北風では安倍政権から権力を剥ぎ取る事は難しいでしょう。

少し長くなりましたのでこの辺にしておきますが、結果的に野党共闘の流れが以前にも増してより野党分断になりました。
何しろ民進党だけで三つに分かれましたし、そこへ邪魔でしかない希望の党も加わったのですから。

これ、国民の望みなのですかね?

権力への執着に関してはある意味で自公を見習うべきだと私は思いまよ。

理想的には市民側勢力と野党が現在の自民の立場に、そしてある程度は混ざるであろう極右さんや日和見議員さんらは現在の公明の立ち位置ちに。

これが自民補完勢力主導ではない形での政権交代だと私は思います。

要は主導権が全てだと言いたいのですが、本心を言えば、その主導権を握るのはあくまでも我々国民だという事です。

政治家に頼る、政治家に期待する、政治家を信用する。

こんな考えはそろそろ卒業した方が良いと思いますね。

立憲民主を否定する訳ではないですが、それにしても安易に信用過ぎる国民性には危機感すら感じます。

それとある程度人数を抱えた組織なのですから、普通に考えて、お好きな人達と、お好きな仲間だけで、同じ考えの者同士で。
こんな形で何とかしようと思う方が無理があるのです。

巷の小さな会社組織などでさえ、意見の合わない上司や嫌な奴など普通におりますし、当たり前ですが、通常はそれらが玉石混交とした中でやり繰りしているのです。

気に食わない奴を排除するのも良いですが、大切な目的さえいつ迄経っても成就しないならば、それもどうかと思いますよ。

まあ、それが国民の望みなら仕方がないですが、実現もしない政策の事で論争したり、あり得もしないその後の事を考えて仲間同士が分断し、何故分かりきっているのに負ける事を選択するのでしょう。

いつになったらスタート地点に立てるのでしょうか。

取りあえず、野党側勢力、国民自らが負ける事を選択したのですから、しばらくは状況に を見守る事と致しますが、まあ、この状況で何とかしたいならば、以前にも書いたように国民側から安倍総理に成り代る国のトップ、舵取り役を求めるしかないかもしれませんね。

都民



109. 22A[24] glGCUUE 2017年11月08日 00:20:58 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1836]
都民さん

少し前にも言ったと思うけど、あなたの書く文章のような長文を読む人はめったにいない。

私も実は読んでいない。こんなものを読むほどの元気はない。

そもそもこの掲示板に投稿する文章は、他人に読んでもらうためか、それとも自分が言いたいことを一方的に主張するだけのものか、だね。
はっきり言ってね、あなたの文章は、そのどちらでもない。単にコンピューターの記憶装置を無駄に使っているだけ。

あなたの投稿は、全く何の意味もないんだよ。
もちろん営業マンの都民さんらしく双方に花を持たせる表現もある。それは技術職の私にはまったく理解できないものだ。
だからあなたのコメントは多くの人にスルーされる。それに気づきなさい。


110. 2017年11月08日 01:19:31 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[123]
>>109.22Aさん
こんばんは。

>>少し前にも言ったと思うけど、あなたの書く文章のような長文を読む人はめったにいない。
私も実は読んでいない。こんなものを読むほどの元気はない。

こんなものを読む元気がないのでしたら普通にスルーでいいと思いますよ。
意味がないと思うコメにわざわざ返レスする必要も無いでしょうに。。

私もどうでもいいと思えるコメは普通にスルーしていますが、それを他人にいちいち言ってどうするの?
普通にスルーするなり、ご自身が変われば簡単に済む事でしょうに。

都民


111. 22A[25] glGCUUE 2017年11月08日 04:26:19 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1837]
都民さん

>こんなものを読む元気がないのでしたら普通にスルーでいいと思いますよ。

それはね、読む側の問題ではなく、書く側の問題なのだよ。自分の文章を多くの人に読んでもらいたいか、ということね。
自分の考えを、多くの人に見てほしいのなら、それなりの手段があるだろう、と言うことだよ。


112. 2017年11月08日 04:30:48 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[624]

全く阿修羅の選挙版はいつも敗因から逃げて言い訳を正当化する政治カルトの腐臭がする。

野党共闘が未だ発展途上で成果を結集できなかったから与党が圧勝し野党が大敗したんだ。

野党共闘の基本は有権者が自公の政治にNOを示し政権交代の民意を醸成するということ。

野党の政治家の中に共産党と一緒にやれないと言う政治家もいるのは事実。対等に愚かだ。

公平に野党を見渡せば政党単独で政治を任せらられると思う国民は恐らく一人もいないね。

非現実的な政治妄想論では与党はおろか野党の仲間内でさえ共闘を忘れて小競り合いだろ。

いい加減に言い訳はもうたくさんだ! 



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

113. 知る大切さ[10666] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月08日 04:46:53 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1492]
>112
>公平に野党を見渡せば政党単独で政治を任せらられる
>と思う国民は恐らく一人もいないね。

hahahahabakaな【正統な日本人】にはそう見えるんだ?
おかしなロジックだね。それだと小選挙区は全て自民党が独占しないと
成立しないはずなんだよね。
あくまで小選挙区の制度とブロック比例の選挙制度でそうなっているだけ。

1位と2位の決戦投票制度も小選挙区に組み入れれば結果は随分違うよ?

自民党も党首選ぶ際に使っている、制度だよ。


114. 2017年11月08日 04:56:42 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[626]

>>113. 知る大切さ
>hahahahabaka・・・党首選ぶ際に使っている制度だ

あんたは相変わらず物知らずの恥知らずだな。謙虚さが足りない!

自民党の権力体質と思想体質を批判したらどうなんだ? 吸血鬼キラか!

法や制度の正しい運用の話と横暴な政党が法破壊する問題は全く次元が違う。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

115. 知る大切さ[10675] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月08日 06:30:40 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1501]
>114

まあ宗教を通さないと物事が見えない人には無理だろうね。

選挙制度を変えれば今でも与野党のパワーバランスは全く違うよ
言ってるんだがそれイメージ出来ない
hahahhabakaな【正統な日本人】には無理だろうね。

>自民党の権力体質と思想体質を批判したらどうなんだ? 

あれ?当方がやってるの気づいてないの? 認識力が無さすぎるよ?


116. 知る大切さ[10676] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月08日 06:43:09 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1502]
>112

【正統な日本】を自負するhahhahahbakaなお主は
これ告発したか? 当方は既に告発し行政に受理させたぞ

お前は何してる? 告発すべきと思うなら、お住いの最寄りの警察に
告発してきたらいかがかな? 行政のケツ叩いてみてみなよ。
口だけで無く行動してみそ。

安倍総理がおにぎりを頬張る!!公職選挙法違反なのか?
25分以降におにぎり晋三 有権者へのおにぎり配布案内あります。
https://m.youtube.com/watch?v=w1jn53O645k

公選法違反139条(飲食物の提供の禁止)
がこの現場であったのは間違い無いでしょう。
そして安倍候補者の面前で公選法139条違反を見過ごしているのも間違いありません。


告発の権利がある者
何人でも、犯罪があると思うときは、告発をすることができる(刑訴法239条1項)。
告発する義務がある者
公務員は職務上、犯罪を認知したときは告発義務を負う(刑訴法239条2項)。


117. ボケ老人[2430] g3uDUJhWkGw 2017年11月08日 07:24:07 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[862]
>106.gvKl5@23F80:私は何度も出て来る山本太郎の支持者ですが、

おっしゃることに同意します。
わたしは、一主婦さんの土俵にのぼった上で、議論したつもりですが
どうも理解していただけなかったようです。

山本太郎が小沢一郎とくっついたことに少々疑問を感じ、オリーブの木構想には賛成するものの、小沢一郎に対する疑念がくすぶり続けていました。
今回の騒動は小沢一郎が自民党を追い出された(自分から飛び出した)政治家であって、その本質は自民党そのものであったことが露呈されたと思います。
もっと露骨に言うと
政権選択ではなく
自民党内の勢力争いに矮小化してしまったものが希望の党の騒動であった。

いずれにせよ立憲民主党の誕生で民進の澱が剥がれ落ちた。
希望の党も分裂必至の状態
自民の大勝という副作用を伴ったが、克服できないものではない。
若い人は知らないだろうが
昔の電球は切れる直前に大きく輝いた。
今回の選挙がそうだと思いたい。
山本太郎(自由)ー立憲民主党ー社民党ー共産党
これに参院民進、希望、自民の良識派を含んだ緩やかな連合でよい。

新しいオリーブの木の構築を

    


118. 22A[26] glGCUUE 2017年11月08日 09:37:19 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1838]
>>117 ボケ老人さん

あなたの主張の大部分には同意するし、しかもあの難儀な

* 一 主 婦 さ ん *

の相手を私に代わってしてくださっていることはありがたいと思っている。

あなたの見立て通り、タヌキの党はもう崩壊寸前であるし、一方では立憲民主党は良くまとまっているね。最近の政党支持率の動きは、しばらくはこの傾向で推移するだろう。

ただ一つだけ指摘する。
オリーブの木とはなんだ。

これは言うまでもなく、もともとは20世紀末ごろのイタリアにおける政党連合の名前だね。中道から左翼までの連合で、全部の小選挙区で統一候補を立てて政権を奪取した。

戦後のイタリアの政局は日本に似ていて、万年与党のキリスト教民主党(日本では自民党に相当する)、万年野党第一党のイタリア共産党(日本では社会党に相当する)。それが初めての政権交代を行ったのだ。
やがて万年与党のキリスト教民主党は、汚職事件をきっかけに分裂し、戦後初の政権交代のチャンスが訪れた。

オリーブの木の中核になったのは、共産主義を放棄して党名を左翼民主党と変更し中道左派の政党となった、かつてのイタリア共産党。これに反対した人たちは共産主義再建党を結成した。この党はオリーブの木のメンバーではなかったが選挙協力は行い、オリーブの木が政権をとった(第一次プローディ内閣)ときは閣外協力を行った。この党が日本では日本共産党に相当するだろう。やがて共産主義再建党は閣外協力を打ち切り、これによりオリーブの木政権は崩壊した。

選挙制度が比例代表制から小選挙区制に代わってから初めて政権交代が行われたわけで、これで日本でも、小選挙区制が政権交代を可能とする制度、と言うとんでもない誤解が生まれた。
実は日本での初めての政権交代は、(最後の)中選挙区制の下で行われた選挙の結果として生まれた8党連立の細川政権なのだが。

もっとも日本では、オリーブの木とはかつてのイタリアにおける政党連合とは関係なく、小沢一郎さんの構想のことを指す。本来は(本家のイタリアでは)小選挙区での統一候補の擁立のことだったのだが、比例区における統一名簿のことをオリーブの木と呼ぶようなとんでもない誤解が広がった。もちろんその発生源は小沢さん。

イタリアのオリーブの木では、比例区では選挙協力は行っていない。各党が独自に名簿を作った。ただし足切り制度(得票率が一定値以下の政党には議席を与えない)があったので、極小政党は統一名簿を作ったようだ。左翼民主党のような大政党は単独で独自の名簿を作った。

日本でイタリアのオリーブの木に最初に注目した政治家は、私の知っている限りでは、小沢一郎さんではなく、実は菅直人さんだよ。(これを言えば一主婦さんは怒り狂うだろうな。)

だからね、そんな外国からの輸入語であり、しかも意味を全く誤解して使っているような、オリーブの木と言う言葉は使ってほしくない。

外国からの輸入語の中では、「人民戦線」(Popular front)の方は私は好きだね(反ファシズム統一戦線とも呼ぶ)。さすがにこれは、ぼけ老人さんですら生まれる前の話であるが。


以下はは蛇足かもしれないが、最後に補足すると、ヨーロッパにおいて大きな共産党と言えば、イタリアとフランスの共産党だった。今ではイタリアは上記のとおり。さらに左翼民主党はほかの党と合同し党名を民主党と変え、もう左翼ですらなくなった。フランスの共産党はもう虫の息。
だがどちらの党も、ソ連と密接な関係があったから、ソ連の崩壊は両党にとって大きな打撃となった。
それに対して、ガラパゴス共産党とでも言うべき、日本共産党は、早くから自主独立路線を確立した。この点がヨーロッパとは異なる。

ヨーロッパにおいては、欧州左翼党に加盟する政党は、勢力を伸ばしている。イギリス労働党も最左派のジェレミー・コービンが党首となった。だから(極右の台頭がある中でも)左翼はまだ見捨てたものではないことは指摘しておきたい。


119. 2017年11月08日 09:48:55 : 8K8L3PSaYk : gvKl5@23F80[627]
>>118 ボケ老人さま

106です、どうもありがとうございます。

スレッドの上のほうで、丁寧な、大変長い応答の投稿をなさっておられましたね。
私にはあのように細かく検討し、コメントする気力はありません。

私は山本太郎が議員になる前の2011年から、彼の活動をずっと支持しています(当時の彼は俳優の職を投げ打って、あらゆる反原発集会に顔を出し、大変な勢いで勉強をし、放射能から逃れて子連れで遠方へ避難したママさんたちを励まして歩くなど、全国行脚をしていました)。「血のにじむような努力」と言うと大袈裟に聞こえるかも知れませんが、その表現があてはまるほど、山本太郎は努力をしたと思います。

福島の子どもたちを被曝させたくない、福島以外に暮らしている我々も内部被曝したくないというときに、被曝回避派の代弁者たりえるのは彼しかいませんでした。

ですから、二度目の挑戦で国会議員になったときは、(これからが大変だ。太郎は苦労する)と思いながらも、本当に嬉しかったです。

>山本太郎が小沢一郎とくっついたことに少々疑問を感じ

そうでした。小沢さんは、西松事件・陸山会事件などで不当な目にあっていると思っていましたし、そこから日本の政治や検察の実態に関心を持ったので、決して嫌いではなかったのですが、無所属議員として苦労を重ねていた太郎が小沢さんの党に入ることには、かなり異和感がありました。
それまでの彼は、福島みずほさんと一緒に活動をしていることが多く、社民党に入るなら自然だけれども、なぜ小沢さんだろうと。

べつに阿修羅で綺麗事を書いても仕方ないので、これは結局、生活の党の議員数が欲しかった小沢さんが太郎に、「うちへ来ないか」と声をかけたからですね。

ある長老が、「小沢は最初、亀井静香に声をかけたんだよ。だけど亀井におれはもう嫌だって言われたから山本太郎を誘ったんだよ」とトークイベントで語っていましたけど、まあ、そんなところだろうと思います。亀井さんは短期間ですが未来の党に合流して、そこで散々な揉め事に巻きこまれて、辟易した後でしたからね。

>今回の騒動は〜政権選択ではなく
>自民党内の勢力争いに矮小化してしまったものが希望の党の騒動であった。

私は、各派閥がしのぎを削っていた時代の自民党政治には疎いのですが、「政策の違いなど脇に置いて、とにかく数を求める」「とにかく政権交代あるのみ」の小沢さんの姿勢や、裏で色々画策をしていたことを思うと、やはりかつての自民党の流儀なんだなと思いますね。
たいして知りませんが、政治家の鼎談集などを読むと、すごいことが色々書いてありますからね。亀井静香さんが「細川氏の、殿の首を取るために、私は絶対にしたくないことをした」と語っているなど。

小沢さんと合流してからの太郎は、否応なく小沢さんの影響を受けています。
良い意味でも、悪い意味でも、だと思います。
「やっぱり政権を取らないと、野党では何もできない」発言などは、太郎の実感ではあるでしょうが、だいぶ影響受けたな、と思って見ています。

選挙戦では彼らしい独自の行動を取ったのでホッとしましたが、これからどうしていくのかはわかりませんね。小沢さんはまたもや、「今度こそ野党結集」と言ってますが、もうあまり裏工作はしてほしくないなと思っています。


120. ボケ老人[2433] g3uDUJhWkGw 2017年11月08日 11:10:33 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[865]
>118.22A:意味を全く誤解して使っているような、オリーブの木と言う言葉は使ってほしくない。

よくご存じですネ
日本語では適当なものが無いので、イタリア本家のものではない小沢一郎のオリーブの木を借用しました。
小沢の構想を支持していたから
小沢や石川知裕が理不尽な謀略に遭ったことは認めますが、
今回の選挙で、小沢自身がやっぱり謀略の人と認識しました。
しかし、もはや過去の人だと思います。
小沢が取り仕切っていたならこんな無様な姿にはならなかったと思います。
根っ子が腐っているオリーブの木でなく、新しいオリーブの木が欲しいのです。

〔Popular front〕は良いですが、訳語の『人民戦線』となると
コミンテルン人民戦線や私の学生時代の○○人民戦線が直ぐに浮かんでくる。

何か良いネーミングがないものか
この点で、橋下徹や小池百合子の旋風の起こし方を学ばなければと思う。

山尾志桜里が渦中の弁護士を政策顧問に選任したという。
好いぞ良いぞ、とことん開き直れ。
山尾も含む両ウィングの結集を

    


121. 2017年11月08日 11:38:24 : YuTkIgKg7w : 0IapwwsDhFo[124]
>>111.22Aさん
おはようございます。

>>それはね、読む側の問題ではなく、書く側の問題なのだよ。自分の文章を多くの人に読んでもらいたいか、ということね。

なんかしばらく見ないうちに書く事が劣化しましたね。
共産党さんを安易で稚拙と書いた事がお気に召さなかったのかな。

掲示板で書く事の自由を阻害は出来ないでしょうに。
読まないなら読まない。

書く側の問題とは言え、私のは駄目だご自身のように昔の歌謡曲が何か知らないが妙な替え歌を書くのは良いと言いたいのかな? んな馬鹿な笑

大人なのですから、お気に召さない相手であればスルーでもすればよいでしょう。それと意見に対して意見するのならまだしも、単なる誹謗中傷レベルに成り下がっているように見えますよ。

なんだかんだ、意見の合う時や合わない時も冷静に話せる方だと思っていましたが、まあ、残念な感じになりましたね。下らない誹謗中傷はいらないですよ。

スルーもしくは、きちんと頭で考えて反論なり何なりを期待しますよ。

都民


122. 22A[27] glGCUUE 2017年11月08日 12:15:14 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1839]
>>120 ボケ老人さん

もしかして、「○○人民戦線」とは、PFLPのことを言ってるの?
70年代に、飛行機乗っ取りなどで有名になったね。
これ、日本語の訳語でなくても、英語名称は、
Popular Front for the Liberation of Palestine
だよ。

でも、私はPopular Frontと言う言葉は好きだな。

Rainbow frontと言う言葉もいいかもしれない。日本語では「虹の戦線」。虹と言うのは、言うまでもなく、多様性の象徴。池内さおりさんもポスターに使っていたね。

以下、ボケ老人さんの年代の人なら、よくご存じだと思うけど、一応書くね。

1930年代の人民戦線は、コミンテルン第7回大会においてディミトロフが提唱したもの。スターリンも承認した。
これはドイツ共産党の誤りを反省することから提案されたもの。ドイツ共産党は(コミンテルンの指示に従ってだと思うが)、社会ファシズム論=社民主要打撃論に従って行動した。これはナチスと社会民主党を同列に置くものであり、そのためにドイツ共産党は孤立し、ナチスによって、まず共産党、次いで社会民主党と、個別撃破された。

コミンテルンの新しい方針である人民戦線戦術は、フランスとスペインで政権をとる、と言う成果を上げた。
ファシストに対しては、「奴らを通すな!(No Pasarán)」と言うスローガンのもとで戦ったが、残念ながらファシストの軍事力で崩壊させられた。

もっとも人民戦線内部に問題がなかったわけではない。スペイン共産党はトロツキストとされたPOUMを攻撃し、結局は自滅した面も否定できない。(私はジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」で知っているだけだが。)

どっちかと言うと、以上は雑談だったかな。

もしぼけ老人さんが、コミンテルンの人民戦線に対して批判的な意見を持っているなら、それを聞いたみたい気がする。


123. 2017年11月08日 14:12:47 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[2]

ディミトロフが、ブルガリア人で、コミンテルンの議長^^

レーニンが、ハンガリー人で、プロテスタント牧師の、ソビエト最高指導者^^

スターリンが、グルジア人で、レーニンの後を継いだ、ソビエト最高指導者^^


3人とも、ロシア人でも、ウクライナ人でもない^^

ロシア人でも、ウクライナ人でもない3人が^^

人民戦線を唱え、人民戦線の発展型である「大祖国防衛戦争」を唱え^^

ロシア人と、ウクライナ人が、対ナチス戦線によって、史上空前の戦死者を出した^^


ロシア人でも、ウクライナ人でもない、共産主義者が^^

ロシアやウクライナが祖国でもないのに、祖国を守れと^^


[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

124. 2017年11月08日 14:26:47 : X45OxUCV9A : QVwFbjXjfT4[3]

コミンテルンは言う^^

コミンテルンが無ければ、人類は、イルミナティ(ナチス)に征服されたと^^

しかし逆も言える^^

イルミナティ(ナチス)があったから、人類は、コミンテルンの征服から免れたとも^^


結局^^

コミンテルンも、イルミナティ(ナチス)も、世界を征服できなかった^^

だから人類は、21世紀を迎えることができた^^


コミンテルンも、イルミナティ(ナチス)も、復権しなくて良い^^

人類は、コミンテルンとイルミナティ(ナチス)が、密かに^^

今の生命を全うすることを妨げないので^^

その精神を未来へ繋げることなく、その精神を抱いたまま、死に絶えよ^^



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

125. ボケ老人[2436] g3uDUJhWkGw 2017年11月08日 15:51:55 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[868]
>122.22A:コミンテルンの人民戦線に対して批判的な意見を持っているなら、それを聞いたみたい気がする。

わたしは共産主義者ではないので、コミンテルンには詳しくないし、興味もない。どちらかというと、人民戦線やコミンテルンという言葉は避けたい。
理由は、ウジャウジャウヨウヨと湧いて出てくるネトウヨのお相手をするのが煩わしいからです。

    


126. 22A[28] glGCUUE 2017年11月08日 17:15:52 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1840]
>>125 ボケ老人さん

ま、ほんのちょっとした突込みを。

確かに人民戦線はコミンテルンの大会でディミトロフが提唱したけど、人民戦線は共産主義者だけのものではないよ。
それは今の日本での野党共闘が、日本共産党だけのものではないのと同じ。それを提案したのが志位和夫さんだとしてもね。

ネトウヨが煩わしいのはわかるけど、ここ阿修羅ではそんなにひどくはないのではないかな。



127. 2017年11月08日 19:28:11 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[630]

>>115. 知る大切さ
>まあ宗教を通さないと物事が見えない人・・・

あんたは本当に馬鹿な人間だな。宗教をツールと認識するのが間違い。

宗教を通さないと? だから何も知らぬ大雪と馬鹿にされるんだよバーカ!

あんた宗教を通しても何も理解できない。あんた己の宗教無知を知れ(恥知らず!)

hahahahahahahabaka!




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

128. 2017年11月08日 21:15:57 : Vcqx5Bhr7E : U3YH2l_PpGI[1]
一主婦さん
ご苦労様でした。
おかげで今回の選挙の裏側がいろいろと理解できました。
それにしても左巻きの人達はどうしようもないね。
山本太郎が何故小沢と組んでいるかって?
それは、どちらも現実を動かして国民に奉仕したいからじゃないの。

129. 22A[29] glGCUUE 2017年11月08日 22:42:59 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1841]
都民さん

いろいろ書いているようだけど、私にはそれほどの長文を読む時間も気力もない。だから全て読んでいないし、一切無視する。

相手にあなたの長文を読むことを強いることは、その人の人生の一部を奪うということだよ。
その程度のことも、あなたは理解できないの?


130. 2017年11月08日 23:33:53 : iVNnv5UqoU : OxTc7CPiIxk[2]
>>129.22Aさん
>>相手にあなたの長文を読むことを強いることは、その人の人生の一部を奪うということだよ。

まだそこまでお年ではないかと思いましたが、少し呆けているのですか?
私がいつどのコメントで長文を読む事を強いたのでしょう。

余りに滅茶苦茶な事を書くので少し引いてましたが、個人的な拒否反応で遂に妄想まで現実化してしまったのですか。

人の人生を奪う?ww
真面目に書いているのでしたらかなりの重症なのでしょう。

>>その程度のことも、あなたは理解できないの?

きっとご自分は全てが理解出来ていると思っているのでしょうね。
余り関わりたくない人なのかも知れんません。ごめんなさいね

都民


131. 知る大切さ[10700] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月09日 07:55:09 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1517]
>127
うんうん【正統な日本人】はそのテイストがよく似合っているよ。

ちなみに世界の宗教はこうなっている。

http://sekaika.org/worldreligion/

我が宗教が唯一無二とか語ってどうすんだい? どの宗教もその
人を惹きつける魅力があるんだろうね。他人へ迷惑かけない趣味に
文句つけるつもりはない。

当方は無宗教でいいよ。全然困らない。


132. 知る大切さ[10701] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月09日 08:00:19 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1518]
あと宗教観に時間費やす時間をたの
知的好奇心を満たした方が、人生で有意義なんだ当方は、
考えるだけでは面白くない、やれる事を実践する為に知識や
情報を入手する。 ネット時代の今は当方みたいな、人間には大変便利だ。

福島の件を告発したかい? 【正統な日本人】
それとも、いろいろと人の道をネットで解く貴殿は
現実社会で起こった犯罪行為を貴殿は見過ごすのかい?

見下げた宗教家だね。


133. 2017年11月09日 19:07:29 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[634]

>>131. 知る大切さ
>うんうん・・・当方は無宗教・・・全然困らない
>>132.
>あと宗教観・・・見下げた宗教家・・・

せいぜい忠告しておくが、お前は改名しろ。全然ふさわしくない詐欺師のハンネ以下。

あんたら共産カルト信者は宗教の話をする人を宗教家と言うの? 無知にも程がある。

ガキが他人に大人になれなんぞとコメントするなバーカ!! 出来損ないの偽善者よ!




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

134. パラノイア[416] g3CDiYNtg0ODQQ 2017年11月09日 19:35:02 : XYfaHkf5oY : yBjf@i_TSJM[1]
今日、拙宅のニャンコちゃん(キジトラ4歳)が布団でウンコりんしました。
阿修羅の良識が相争ってるんなんて。
笑いしかないね。

135. 寝ぼけたゴミ[54] kFGC2oKvgr2DU4N@ 2017年11月10日 01:14:16 : sbJsFL6wAk : 48oqs7Trj2E[3]
>>106
>その「与党が一番困る四野党共闘」をぶっ壊したのは誰ですか?
>前原誠司と小池百合子です。小沢さんにも責任がありますよ、相当ね。

まるで、小池さん、前原さん、小沢さんが動かなければ、四野党共闘が出来てたみたいな言い方だけど、どうすれば四野党共闘が出来るんだ?
方法を知ってるのなら教えてくれ。

おれは停滞していた政局を動かしたと、前原さんの行動をそれなりに評価しているんだが。


136. 2017年11月10日 01:22:20 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[639]

人間は宗教観が常識を形成し無意識のうちに外界を見た内面を語って主張してるんだよ。

だから宗教を通して物事を語るという見方や認識はそもそも現実を錯誤してる証左です。

宗教観も思想の数ほど現実に存在してるのだから宗教の二文字で宗教は言い尽くせない。

つまり宗教の意味さえ分からずに宗教の言葉を使うからその分だけ現実を見てはいない。

宗教を通してしか現実を見れないと思い込むのは宗教を通して現実が見えない僻みだろ。

宗教を知る大切さを放棄して飽き足らずに偽善者の目を尊び仏眼を批判する愚かの極み。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

137. ボケ老人[2446] g3uDUJhWkGw 2017年11月10日 08:34:04 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[878]
>135.寝ぼけたゴミ:おれは停滞していた政局を動かしたと、前原さんの行動をそれなりに評価しているんだが。

この評価が誤りであると断定する根拠は持っておりませんが、
政局がどう動いたのでしょうか?

政局が動く可能性があったのに、小池ー前原が潰してしまったとみる方が妥当なのではないかと思います。
難破して沈没寸前の民進党候補者の排除された側を救ったのは共産党のアンパンの顔的犠牲によるものです。
排除した側の希望の党は、選挙区それぞれが持つ地域事情を無視した、小池の恣意的采配による非常に拙い選挙戦術で大敗し、小池の風で当選した者は極一部、大半は民進で選挙に強い候補者が辛うじて生き残った状況。
小池の風を満帆に受けた若狭勝でさえ落選。

>135.寝ぼけたゴミ:どうすれば四野党共闘が出来るんだ?

野党共闘は北海道で、新潟で、沖縄でそれなりの実績を出している。
『小異を捨てて大同につく』
これさえやれば野党共闘は可能だ。

    


138. 知る大切さ[10719] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月10日 08:36:21 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1533]
>136
宗教感を抜きに語るすべを持たぬのが宗教に固執する輩のよくあるパラドックス。

で、、、、告発したのかね? 【正統な日本人】
福島のこの動画みて何も行政にアクションすら起こさない貴殿に大した興味は無い。

http://www.asyura2.com/17/senkyo233/msg/785.html

宗教の時間を無駄にすごしただけの老人に興味は無い。

それと当方は共産党でもないのすら認識できないのは致命的にダメ男さんだ。


139. 知る大切さ[10720] km2C6ZHlkNiCsw 2017年11月10日 08:48:48 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[1534]
136
なあ【正統な日本人】のご老人
貴殿はキリスト教の信者と腹割って話せるか?
貴殿はイスラム教の信者と腹割って話せるか?
他の仏教の信者と腹割ってはなせるか?

当方はできるぞ? 【正統な日本人】は
他の仏教すら全て否定した発言してるから全然ダメじゃないのか?

どうなんだ? 我が宗教が唯一無二な世界観が既に器が小さんだよ【正統な日本人】


140. 寝ぼけたゴミ[55] kFGC2oKvgr2DU4N@ 2017年11月10日 23:07:02 : sbJsFL6wAk : 48oqs7Trj2E[4]
>>137
>政局がどう動いたのでしょうか?

希望の党という企てが無ければ、民進党はいつものような平々凡々な選挙で終わっていたと思うが。
なんせ党首が共産党との共闘に反対の前原さんだ。
党首選で応援してくれた議員への配慮もある。
四野党共闘は無理だろう。

おれは野党第一党でありながら、政権を取りたいのかどうかも分からないような民進党に苛立っていた。
分離して双方共ようやく本気になったと感じている。
政局動き出したんじゃないの?


141. 寝ぼけたゴミ[56] kFGC2oKvgr2DU4N@ 2017年11月10日 23:30:21 : sbJsFL6wAk : 48oqs7Trj2E[5]
>>135

訂正というか取り消しというか
>方法を知ってるのなら教えてくれ。

問いかけておいてなんだけど、
実は「四野党共闘」に期待していない。
もし政権を奪取した場合、まともに政治を行えるのかと考えてしまう。


142. ボケ老人[2450] g3uDUJhWkGw 2017年11月11日 08:02:04 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[881]
>>137. ボケ老人:政局がどう動いたのでしょうか?
>140.寝ぼけたゴミ:希望の党という企てが無ければ、民進党はいつものような平々凡々な選挙で終わっていたと思うが。

それは、あなたの思い込み。
北海道で新潟で沖縄でそれなりの成果を上げている。
新潟知事選では連合と民進の非協力にもかかわらず米山知事を誕生させた。
希望の党のヨコヤリがなければさらに多数の選挙区で成果を上げたと思う。
ただし、これは私の思い込みであることも事実。
政局は民進党だけで動くものではない。

>140.:分離して双方共ようやく本気になったと感じている。政局動き出したんじゃないの?

民進党の澱のようなものが剥がれ落ちてスッキリした。
それと政局が動いたかどうかは全然別次元の話。

イチかバチかで冷や汗ものだった安倍政権が、小池ー前原の軽挙妄動の末に、
より横暴を極めることのできる議席を確保できた。
これのどこが、動き出した政局なのだ。

民進党がいつもの平々凡々であったとしても
自民がソコソコの議席減となることが予想されていた。
だから選挙前の安倍は目標議席数を低めに抑えていた。

【小池ー前原の軽挙妄動】が安倍に煮え湯を飲ませるのではなく、栄養ドリンクを与えたということだ。

    


143. 寝ぼけたゴミ[57] kFGC2oKvgr2DU4N@ 2017年11月11日 09:35:16 : sbJsFL6wAk : 48oqs7Trj2E[6]
>>142
>北海道で新潟で沖縄でそれなりの成果を上げている。

立憲民主党と他党がね。

>より横暴を極めることのできる議席を確保できた。
>これのどこが、動き出した政局なのだ。

おれが政局といってるのは与党と野党の力関係を言っているんじゃない。
野党がどう組んで、どう政権交代向かって動き出すのかを言っている。
(「政局」という言葉の定義や認識が間違ってたら訂正するが)

おれは民進党の態度が政局と停滞させていたと思っている。
政党勢力図が変わったろう?
立憲民主党と共産党が共闘し始めた。
希望の党と維新の党が共闘し始めた。
これからどう展開していくか、希望と不安を持ってみている。
民進党のままだとそれすら感じなかったろう。

>自民がソコソコの議席減となることが予想されていた。
そうだろうなー。
結果的にそれを邪魔したのが、希望の党だ。

ソコソコ自公が議席を減らしたところで、おれは政局が変わったとは思わない。
そりゃあ自民の暴走を止めたいとは思ってるが。
もともと民進党が解体し、新しい政党勢力図が形成させることを期待していたんでね。


144. 宇宙の塵[295] iUaSiILMkG8 2017年12月05日 00:08:25 : gVIV2DLXb2 : OH6IjzZPVLk[1]
 
>>108のご意見を支持します。

希望の党は、自公の票田に食い込む計り知れない潜在力をもっていました(都議選のように)。
2009年総選挙で自公が勝った選挙区を希望に任せ、民主が勝った選挙区を既存野党(無所属を含む)で統一候補を立てる(一部を希望にも譲りつつ)という戦略を徹底させておれば、自公は完敗し、安倍政権は崩壊していたでしょう。

今回総選挙の結果(比例区の各党得票数と小選挙区の候補者別獲得票数)がそれを示唆しています。54%の低投票率のもとでさえ、民意は「安倍離れ」を示していたのですから。

・・・ 今頃は政界再編の大きなうねりが生じていたことでしょう。しかし、弱小政党となった自公がそこで主導権を握ることはあり得なかったはずです。

小沢さん、そうですよね ・・・ 


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK235掲示板  
次へ