★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235 > 486.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
手を握り見つめ合って称賛し合う日米首脳会談の危うさ(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/486.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 09 日 12:35:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


手を握り見つめ合って称賛し合う日米首脳会談の危うさ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/217202
2017年11月9日 日刊ゲンダイ


  
   お互いに褒めちぎり(C)AP

 英語に“a good cop―bad cop strategy”という表現がある。「人情刑事とこわもて刑事の役割分担作戦」という意味で、容疑者を自白に導くには、こわもての方が怒鳴ったり机を叩いたりして震え上がらせておいて、人情家を装った方が優しい言葉をかけると、思わずホロッとして……というあの型である。

 10月16日付ニューズウィークによると、米政府の対北朝鮮姿勢がまさにこれで、トランプ大統領が「怒りと炎」とか「完全破壊」とか恐ろしいことばかり口走るのに対して、マティス国防・ティラーソン国務両長官らは「外交的解決」を明言している。これは米政府内でうまく役割分担をしているのであって、トランプといえども「軍事的解決」などあり得ないことは分かっている、というのだ。

 さて、そこで問題はトランプが果たしてこの役目を首尾よく演じきれるかどうかである。スタンフォード大学のダニエル・スナイダー教授はかなり悲観的な意見で、こう書いている。

「今のところマティス長官らは、予測不可能なトランプが怒り出して、戦争の引き金を引かせないようにする“歯止め役”であると考えられている。しかし、……最も厄介な問題は、トランプが感情的・精神的に安定しているかどうかだ。精神科医の多くは、同大統領が自己愛性パーソナリティ障害を持っている可能性があるのではないかと指摘してきた。あるいは、注意力が著しく欠けていると指摘する医師もいる」(11月5日付「東洋経済オンライン」)

 そこへ「安倍晋三」という、もうひとつの懸念材料が重なったのが今回の日米首脳会談である。安倍は戦争になるのも辞さずに「最大限の圧力をかけて北朝鮮が屈服してくるのを待つ」という単線思考の超強硬論で、その立場からトランプを盛んにあおり立てた。

 しかもまずいことに、安倍もまた自己愛性パーソナリティー障害の傾向が強く(私はそのことを2013年6月27日付の本欄で書いた)、その特徴は、「自分は特別の存在だ」と思い込んでいて、そういう「自分を称賛してくれる友達や側近を求める」半面、「自分を批判したり非難したりする者には激しく反発して攻撃的に立ち向かおうとする」ところにある。

 そういう性向が強い2人が、目を見つめ合い手を握り合ってお互いを称賛し合う一方で、金正恩への憎しみを大いにかき立てたのだとすると、マティス長官ら米外交政策エスタブリッシュメントによるトランプ暴走ストップ作戦は一段と困難を増すことになるのではないか。

  
  高野孟 ジャーナリスト
1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。













 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月09日 12:47:46 : 53uRnpnFSA : Rlfd5DqAPR8[20]
歴史の歯車はどのように回るか分からない。
一考に値する指摘だ。
安倍の暴走を止められる側近はいるだろうか。
もしいるならモリカケ問題はここまでこじれることはなかったと思うと憂鬱になる。


2. 2017年11月09日 19:07:29 : nMUJNZ1BLU : hTEZQE5cRyA[111]
精神の せいとはいえぬ 確信犯

3. 地下爺[896] km6Jupbq 2017年11月09日 20:16:19 : F8wPZQzmYo : F4K4j5cqXzU[568]


    安 倍 く ん 急 に 元 気 に な っ た な !!

   
    ア メ ポ チ と 呼 ば れ る だ け は あ る。


    犬 は 飼 い 主 が 近 く に い る と、


    安 心 す る ん だ な。 は し ゃ ぎ す ぎ て


    一 回 転 も 披 露 し た し な 。


           by アホー太郎@福岡8区



4. 2017年11月09日 22:23:53 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3712]
大統領就任当初におけるトランプに対する中露の評価には前任のオバマやブッシュJr.と異なって好戦的ではないというものもあったし米中首脳会談における中国の歓迎ぶりから察するにこの点が好感されたというのもあるのではないかと思う。安倍シンパの妄想に沿ってその辺の事実が歪められて大メディアのスタンダードなトランプ評が固定化されている。そんな疑いを持ってしまうのだが(トランプ・安倍のキャラクターは必ずしも瓜二つではない)。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK235掲示板  
次へ