★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235 > 815.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今度は麻生財相の「武装難民は射殺」発言を肯定する閣議決定! トンデモ閣議決定を乱発する安倍政権の異常(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/815.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 17 日 15:05:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

         
            麻生太郎オフィシャルサイトより


今度は麻生財相の「武装難民は射殺」発言を肯定する閣議決定! トンデモ閣議決定を乱発する安倍政権の異常
http://lite-ra.com/2017/11/post-3591.html
2017.11.17 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定 リテラ


 今月14日、政府は信じがたい答弁書を閣議決定した。麻生太郎副総理兼財務相が9月23日におこなわれた講演会で、朝鮮半島から難民が押し寄せる可能性にふれて「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と発言したことについて、このような答弁書を閣議決定したのだ。

〈有事の際に想定され得る様々な事態について、聴衆の問題意識を喚起する趣旨からなされた〉

 麻生発言は、難民の大量流入が現実的にありうる状況下で、副総理が「武装難民がいるかもしれない」という妄想をくわえたうえで「射殺ですか」と言い放つという悪質かつ難民への憎悪を煽る非常に危険なものだ。それを政府は〈聴衆の問題意識を喚起する趣旨〉と肯定してみせたのである。

 閣議決定された答弁書は政府の統一見解を示すもので、政府の方針や姿勢を定めるという極めて重い意味をもつ。しかし、安倍政権下では、今回のような危険な答弁書の閣議決定が乱発されている。

 たとえば、教育勅語については〈憲法や教育基本法等に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されることではない〉とし、2021年度から実施される中学校学習指導要領の保健体育で武道9種目の一つとして、戦前の軍事教練で取り入れていた「銃剣道」を明記したことについても、〈武道の内容の弾力化を一層図るもの〉〈「軍国主義の復活や戦前回帰の一環」との御指摘は当たらない〉と説明。さらに、ヒトラーの『我が闘争』を教材として用いることも〈留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる〉とした。

 これらの閣議決定は、安倍政権が目論む軍国主義教育復活を大きく前進させるもので、本来、慎重さが求められる答弁書の閣議決定が乱暴なものになっていることを表しているだろう。

 いや、安倍政権による答弁書の閣議決定は、乱暴な上に、もはやタガが外れて常軌を逸していると言うべきだ。

 それを象徴するのが、安倍首相の「そもそも」発言をめぐる閣議決定だ。

 あまりにも下らない話ではあるが、大事なことでもあるので経緯を振り返っておこう。安倍首相は今年1月、共謀罪法案審議のなかで過去の法案との違いとして「今回は“そもそも”犯罪を犯すことを目的としている集団でなければならない」と述べた。ところがその後、オウム真理教を例に「当初はこれは宗教法人として認められた団体でありましたが、まさに犯罪集団として一変したわけであります」と説明を一変。この答弁の矛盾を民進党の山尾志桜里議員にただされると、安倍首相は自信満々にこう言ってのけた。

「そもそも、『そもそも』という言葉の意味について、山尾委員は『はじめから』という理解しかない、こう思っておられるかもしれませんが、『そもそも』という意味にはですね、これは調べてみますと、辞書で調べてみますとですね、辞書で念のために調べてみたんです。へへっへ(笑)。念のために調べてみたわけでありますが、これは『基本的に』という意味もあるということも、ぜひ知っておいていただきたい」

 周知の通り、「そもそも」の意味を「基本的に」と記している辞書など存在しない。ようするに安倍首相は自分の答弁の矛盾をごまかすために「そもそも」を「基本的に」という意味に捏造、あまつさえ「辞書で調べてみますと」などと大嘘を言ったのだ。

 だが、安倍政権は度肝を抜くような答弁書を閣議決定した。

〈平成十八年に株式会社三省堂が発行した「大辞林(第三版)」には、「そもそも」について、「(物事の)最初。起こり。どだい。」等と記述され、また、この「どだい」について、「物事の基礎。もとい。基本。」等と記述されていると承知している〉

 無理やりにも程があるだろう。「どだい」も副詞で使うときは基本というニュアンスとは違う上、違う言葉を間にはさんで意味が同じになるなら、ほとんど全部の言葉が同じ意味になる。しかし、さらに驚くことに、その後“首相が自ら辞書を引いて意味を調べたものではない”という答弁書まで閣議決定したのである。

 こうした馬鹿馬鹿しい閣議決定は枚挙に暇がない。党首討論でポツダム宣言について「つまびらかに読んでいない」と述べていたのに、答弁書では〈当然、読んでいる〉。森友問題では、安倍昭恵夫人について〈公人ではなく私人〉とし、総理大臣夫人付きの谷査恵子氏が籠池泰典前理事長に送った口利きFAXも“行政文書には当たらない”とした。

 このような答弁書の閣議決定に対しては、「答弁書は質問主意書があってのものだから、そもそもの質問がバカなだけ」「野党の質問主意書が悪い」という声がある。だが、質問主意書は国民への情報開示の目的もあり、野党にとっては国会での質疑とならんで重要な武器だ。実際、自民党も下野時代は揚げ足取り的な質問主意書を提出していたし、また、そうして政府の統一見解を引き出すことは重要なことだろう。

 しかし、ここまで答弁書の閣議決定の内容が「劣化」しているのは、質問主意書が悪いのではなく、そうした質問主意書が生まれる原因を安倍政権がつくっているからだ。前述した「そもそも」問題にしても、安倍首相が素直に答弁の矛盾を認めていれば、こんな質問は“そもそも”飛んでこない。政治・国会の低レベル化が、アホな答弁書を連発させているのである。

 しかも問題は、安倍政権は答弁書の閣議決定を「自己正当化」のために使っていることだ。

 たとえば、今年5月に安倍首相が閣議において改憲実現を目標2020年と発言したことを、答弁書では“自民党総裁としてのもので、首相の職務として行われたものではない”とした。このような自分勝手な立場の使い分けで言い逃れできるものではないが、今後もこの閣議決定が利用されていくのは間違いない。

 さらに絶句したのは、やはり今年5月、国連の特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏が共謀罪法案を「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と指摘する書簡を安倍首相宛てに送付した件だ。このことについて閣議決定した答弁書では〈特別報告者の見解は、当該個人としての資格で述べられるものであり、国際連合又はその機関である人権理事会としての見解ではない〉と否定した上、〈その内容には誤解に基づくと考えられる点も多く、我が国政府として受け入れ難い内容のもの〉と批判した。

 これは政府見解としてあまりに乱暴で一方的すぎる。事実、アントニオ・グテーレス国連事務総長が安倍首相との会談についてのプレスリリースで〈特別報告者による報告書に関し、特別報告者は人権委員会に直接報告する、独立した専門家であると語った〉(編集部訳)と報告している。この「独立した」は日本国憲法76条が規定している「裁判官の独立」の「独立」と同じ意味で、何者にも干渉されない存在であることを説明するもの。それを「国連とは別の個人の資格」と訳するのは明らかにインチキだが、政府は事実をねじ曲げ、閣議決定までしてしまった。

 そして、最大の問題は、このような横暴極まりない閣議決定が、たとえその内容があからさまな嘘や身勝手な論理・解釈でも、政府見解として「お墨付き」を与えることで、「正しい判断」のように流布していることだろう。ようするに、正当化のための「手段」にされてしまっているのだ。

 政府の統一見解を示す本来の趣旨が、「安倍政権は正しい」と主張し、慎重な議論もすっ飛ばした暴走を是とするための道具に成り下がる。──閣議決定された、とんでもない答弁書の数々は、当たり前の政治がおこなわれていないという現実を表しているのである。

(水井多賀子)




































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月17日 16:02:29 : 39HuzqnW7g : iSxAvvYop7Q[21]
> 政治・国会の低レベル化が、アホな答弁書を連発させているのである。

まったくその通りだ。
国会中継で安倍信三の答弁をみれば、誰だってレベルが低下していることがわかる。


こんなこともあった。
福島みずほ議員の質問主意書

「一 安倍首相は、学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が今治市に獣医学部を作りたいと考えていることを二〇一六年十一月九日以前に知っていたか。知っていたのであれば、いつから知っていたのか。」

に対して、

「獣医学部の新設については、平成十九年十一月の愛媛県今治市等からの構造改革特別区域法(平成十四年法律第百八十九号)第三条第三項に規定されている提案に係る説明資料において、学校法人加計学園がその候補となる者である旨記載されており、こうした提案を受けて、安倍内閣総理大臣を本部長とする構造改革特別区域推進本部において、平成二十五年十月十一日、平成二十六年五月十九日及び平成二十七年八月二十五日に構造改革特別区域の提案等に対する政府の対応方針を決定するとともに、平成二十七年六月三十日に「「日本再興戦略」改訂二○一五」を閣議決定したところである。」

と答弁書を閣議決定したが、2017年1月20日より前には知らなかったと言い張り、それに矛盾する国会での発言を修正した。
単に記憶がおかしかったとか、言葉の綾とかじゃなくて、贈収賄という犯罪を隠蔽するためのアリバイづくりじゃないのか。



2. 2017年11月17日 16:10:15 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[596]
馬鹿に相手させなくて普通に海上保安庁にさせれば良いよ。
ボートピープルの時代からやってんだからそれこそ粛々と対応してくれるよ。
まぁ、単に武装解除しろって言えば良いだけなんだけどな。

3. 新共産主義クラブ[5284] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年11月17日 16:41:48 : kcpTJ8oMrE : NRGtxPBoAp8[54]
 
 政府は、初鹿明博衆議院議員が提出した「麻生太郎副総理兼財務大臣の北朝鮮から難民が押し寄せてきた場合に射殺することを考えなければならないとの発言に関する質問主意書」の
 
 「質問 四 
 
 副総理という立場にあるものが、難民が来た場合に射殺するという発言をすることは、難民条約を締結している国として不適切だと考えますが、政府の見解を伺います。」
 
 に対して、答弁書で、
 
 「有事の際に想定され得るさまざまな事態について、聴衆の問題意識を喚起する趣旨からなされた」
 
 と答えたものの、
 
 初鹿氏の質問趣意書の、一から三までの質問には、事実上、全く答えなかったのではないだろうか。
 
 この状態で、先日の日米首脳会談において、安倍首相とトランプ大統領とが、来年夏の北朝鮮への軍事攻撃を互いに確認し合ったというのだから、恐ろしい。
 
  
(参考)
 
◆【第195回国会 衆議院】麻生太郎副総理兼財務大臣の北朝鮮から難民が押し寄せてきた場合に射殺することを考えなければならないとの発言に関する質問主意書
 
《 質問本文情報 》
 
平成二十九年十一月六日提出
質問第一九号
 
麻生太郎副総理兼財務大臣の北朝鮮から難民が押し寄せてきた場合に射殺することを考えなければならないとの発言に関する質問主意書
提出者  初鹿明博
 
 
『麻生太郎副総理兼財務大臣の北朝鮮から難民が押し寄せてきた場合に射殺することを考えなければならないとの発言に関する質問主意書』
 
 
 九月二十三日、麻生太郎副総理兼財務大臣は宇都宮市の講演で、北朝鮮有事の際に大量の難民が日本に押し寄せてくる可能性があるとした上で、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と発言したと報じられております。
 
 我が国は難民条約を締結しており、難民が漂流してきた場合、基本的には条約の趣旨に沿って難民を保護しなければならず、いきなり射殺することは認めていないと考えます。
 
 仮に武器を所持している場合は、武装解除を求め、その求めに応じない場合は上陸を拒むという対処が適切だと考えます。
 
 また、仮に武器を使用してきた場合は、警察官職務執行法などにより、正当防衛および緊急避難の範囲で警察官、海上保安庁、入管の職員も職務執行に伴う武器使用を認めています。
 
 以上を踏まえ、以下質問します。
 
一 難民対処のために防衛出動することを認めている法律はありますか。
 
二 難民を射殺する法的根拠について、どの法律のどの規定に基づいて相手を射殺することが出来るのか、政府の見解を伺います。
 
三 北朝鮮有事が発生し、船舶などにより難民が漂流した際にどのように対処するかを定めていますか。定めているのであれば、その手順はどのようになっていますか。
 
四 副総理という立場にあるものが、難民が来た場合に射殺するという発言をすることは、難民条約を締結している国として不適切だと考えますが、政府の見解を伺います。
 
 右質問する。
 
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a195019.htm
 
  
◆ 武装難民「問題意識喚起」麻生太郎財務相の“射殺”発言で答弁書
(産経ニュース,2017.11.14)
 
 政府は14日、麻生太郎副総理兼財務相が9月の宇都宮市での講演で、北朝鮮から日本に武装難民が押し寄せた場合、「警察で対応するのか。防衛出動か。射殺ですか」などと発言したことに関し、「有事の際に想定され得るさまざまな事態について、聴衆の問題意識を喚起する趣旨からなされた」とする答弁書を閣議決定した。
 
http://www.sankei.com/politics/news/171114/plt1711140016-n1.html
 

4. 2017年11月17日 16:49:37 : w7zislk1WI : GxMeqXDQDo8[38]
閣議決定というのは何か意味があるの?
やたらと決定して、あれもこれもめちゃくちゃ。

「妻は私人」も閣議決定しました。
公人の妻は私人なの?


5. 新共産主義クラブ[5285] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年11月17日 17:08:56 : LAKxHT9fXE : @n8pq14a1ek[61]
 
 1994年に北朝鮮の核開発疑惑が浮上し、クリントン政権は北朝鮮への攻撃を計画した。
 
 当時は、韓国と日本が猛反対して、北朝鮮への攻撃は見送られた。
 
 韓国が反対した側としては、まず北朝鮮側からの高射砲によるソウルへの攻撃による甚大な被害が不可避であることが主な要因だった。
 
 日本側の理由としては、
 
(1)北朝鮮の特殊工作部隊による日本の原発への攻撃を防げない
 
(2)北朝鮮からの大量の避難民を受け入れる体制が整っていない
 
(3)日本がまだ攻撃を受けていない時点での、自衛隊の米軍への海上後方支援や、自衛隊による在韓邦人の救出と輸送、米軍と一体となった自衛隊の武力行使(集団的自衛権行使)についての法的整備がされていない。
 
などが主なものだった。
 
 13年経った今でも、アメリカからの強い要請によって、(3)の朝鮮半島とその周辺地域での米軍と一体となった自衛隊の武力行使に関する法整備だけが進み、(1)の原発への攻撃に対する対策や、(2)の北朝鮮からの大量の避難民を受け入れる体制づくりは、全く進んでいない。
  
 1994年と違い今回は、韓国は北朝鮮への先制軍事攻撃に反対しているようだが、日本の安倍首相は、逆にトランプ大統領に、北朝鮮への先制軍事攻撃を薦めているという。
 
 北朝鮮からの大量の避難民を受け入れる体制づくりも、ミサイルを使った核攻撃や化学兵器攻撃に対して日本の国民を守る体制づくりも、全くおこなわれないまま、
 
 先日の日米首脳会談において、安倍首相とトランプ大統領とが、来年夏の、北朝鮮への先制軍事攻撃を、互いに合意したというのだから、空恐ろしい。
 
 Jアラートを鳴らせば、日本の国民を守る体制づくりが完備したとでも思っているのだろうか。
 
 来年夏に北朝鮮に対しての軍事攻撃を始めてから、イージス・アショアの建設を進めることに、何らかの意味があるのだろうか?
 
 
■ 北朝鮮難民対策 「日本は大混乱になる」 官僚、強い危機感/政府マル秘文書
(読売新聞朝刊,2003年1月4日)
 
 九四年に入り、情勢はさらに悪化する。三月十九日、板門店で開かれた第八回南北実務協議で、双方が激しく対立し、北朝鮮代表が「戦争になればソウルは火の海になるだろう」と攻撃をほのめかす発言をした。一方のクリントン米大統領は、寧辺の原子炉を破壊する作戦を立て、北朝鮮に「核開発を放棄しなければ攻撃する」と警告した。
 
 これを受けて九四年四月、石原副長官は、官僚主導で半島有事に対応した検討を進めるように指示した。〈1〉大量避難民対策〈2〉有事立法の研究〈3〉米軍支援〈4〉朝鮮半島の邦人救出――などがテーマだった。避難民対策は、情報交換の場だった「内閣合同情報会議」のメンバーを絞り込み、内閣法制局、防衛、外務、警察、法務の局長クラスが担当し、実務は課長クラスで検討を加えた。
 
 
◆予算も態勢も何もなかった/石原信雄・元内閣官房副長官
 九五年二月まで官僚のトップとして、七年三か月にわたって七人の首相を支えた石原信雄・元内閣官房副長官に、朝鮮半島危機にどう対応したのか聞いた。
 
 ――九四年当時、どのようなことを検討したのか。
 
 「ひとつは避難民。朝鮮半島は一触即発の緊迫した状態にあると感じていた。北朝鮮への攻撃があれば、大量の避難民が韓国へ、さらに日本に大挙して来るのではないか、と議論した。大量避難民をどう位置づけるかという法的な問題と、どこに受け入れるかという物理的問題が議題になった」
 
 ――なぜこうした議論が必要と感じたのか。
 
 「当時の政局はまことに異常な事態だった。細川内閣が、四月二十五日に突然総辞職し、後継の羽田氏は総理に指名されながら、連立与党内部の対立で組閣できない。一方で、朝鮮半島の緊迫度は増し、政治的に空白だからこそ、官僚側が必要なことは準備しておかなくては、という気持ちだった。社会不安を避けるためにも極秘で議論し、後に概略を首相、閣僚に報告した」
 
 ――予算面での裏付けはあったのか。
 
 「予算も態勢も何もなかった。だが人道上、追い返すわけにも行かず、食料は災害時の炊き出しのような形で与え、市町村の講堂やホールで収容する、という対応を考えた。まず、受け入れる自治体の知事や市町村の判断で必要な措置を講じ、後で予備費などで国が補てんするという方法だ」
 
 ――ほかにはどのような議論をしたのか。
 
 「日本の近くに危険な国があるのに、安全保障問題で突っ込んだ議論をすることがはばかれる空気が残っていた。安保条約の手続きで米軍への協力をどうするかという、条約の再定義についても議論した。有事の際は時限立法で可能な限り対応する、という考え方など、今の有事法制の議論も根っこにあるのはあの時の議論だ。各省庁は九四年の検討事項を一つの実績として保管しているはずだ」
 
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00997/contents/00219.htm
 

6. 2017年11月17日 17:18:00 : cH4jhM3bG2 : XqauBqrRDGo[281]
人をアレする為に戦争法作ったり派兵の準備をしてるんだから

不要なものはアレするのは当たり前じゃないですか。でないと税金の無駄遣いですよ

アベさんを支持する若者には海外で頑張って貰わないとね。オッサン世代は責任持ちませんよ。


7. 2017年11月17日 17:21:13 : js75VjAzyU : eOrLaXk7_5M[1]
>問題は、安倍政権は答弁書の閣議決定を「自己正当化」
 のために使っていることだ。

-問題はこの事に集約される。


8. 新共産主義クラブ[5286] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年11月17日 17:22:56 : 49od7e9ucI : rt8cSMY5j1M[3]
>>3(参考)
> この状態で、先日の日米首脳会談において、安倍首相とトランプ大統領とが、来年夏の北朝鮮への軍事攻撃を互いに確認し合ったというのだから、恐ろしい。
 
>>5(参考)
> 先日の日米首脳会談において、安倍首相とトランプ大統領とが、来年夏の、北朝鮮への先制軍事攻撃を、互いに合意したというのだから、空恐ろしい。
 
 
■ 近藤大介『習近平がトランプに呑ませた「スーパー・ビッグディール」の中身 そして北朝鮮空爆は「延期」された… 』
(講談社『現代ビジネス』,2017年11月14日) 
 
  
 アメリカは、少なくとも来年夏まで、北朝鮮を攻撃するのを延期する。
 
 なぜ来年夏かと言えば、来年11月に重要な中間選挙を控えたトランプ大統領にとって、来年夏というのが、我慢できる限界だからである。
 
 トランプ大統領としては、中間選挙の時までには、北朝鮮を攻撃して金正恩政権を崩壊させるか、もしくは金正恩政権に核開発を断念させるかして、外交成果を得たいのである。
 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53488
 
 
■ [スクープ]日米会談の一部始終 トランプが安倍に通告した「北朝鮮攻撃」の時期
(『週刊現代』十一月二十五日号,2017.11.13)
 
 
 関係者の話を総合すると、5日にゴルフ場でトランプ大統領が安倍首相に告げたのは、以下の通りだ。
 
 「年内に北朝鮮を攻撃するのは止めた。
  
  開戦は来年の夏になると思っておいてくれ。
 
  それまでに、もっともっとアメリカの兵器を買って、北朝鮮のミサイル攻撃に備えてほしい。
 
  日本はアメリカ軍を頼らず、自国で守れるようにならないとダメだ。」
 
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/45981/
 

9. 2017年11月17日 17:24:34 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[1522]
自民党に良心のある人間はいないの?

10. 新共産主義クラブ[5287] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年11月17日 17:31:40 : 49od7e9ucI : rt8cSMY5j1M[4]
>>5(参考)
> 1994年と違い今回は、韓国は北朝鮮への先制軍事攻撃に反対しているようだが、日本の安倍首相は、逆にトランプ大統領に、北朝鮮への先制軍事攻撃を薦めているという。
 
 
■ 自民ネトサポの頭がオカシイ!中央日報「安倍がトランプに北朝鮮への攻撃を助言」引用の投稿に、引用文を改竄してまで噛み付く!
(投稿者 新共産主義クラブ 日時 2017 年 10 月 20 日) 
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/410.html
 

11. 2017年11月17日 19:11:55 : xbNz884bqA : W5nv19u2fzg[7]
> 今度は麻生財相の「武装難民は射殺」発言を肯定する閣議決定! トンデモ閣議決定を乱発する安倍政権の異常

「武装難民は射殺」は日本国民の命を守るためには当然の行為。

リテラは武装朝鮮人の命は守れ、非武装の日本国民は死んでも良い、と言いたいのか?

> しかし、安倍政権下では、今回のような危険な答弁書の閣議決定が乱発されている。

しかし、安倍政権下では、今回のような朝鮮人には危険な答弁書の閣議決定がなされているが、日本国民の命を守るためのの閣議決定がなされている。


12. 2017年11月17日 19:50:34 : iAHdVqf4ls : yT432DwDg70[1]
> 「武装難民は射殺」発言を肯定する閣議決定!

米国・戦争屋の言うとおりやっているだけだろ。

たしか、拷問もOKに変えただろ。

麻生にしても、安倍にしても日本人としては珍しい戦争屋たちだ。


13. 2017年11月18日 10:18:48 : oQmJfmgdmk : UWFT7cvdbHk[607]
つい先日、欧州の友人から電話で「今、日本には北朝鮮から難民が押し寄せて来ていると聞いたが事実か?」との質問を受けた。

14. 2017年11月18日 16:11:59 : M6P7nhoK5E : Np5dffau2SU[931]
気にする事はない
これは竹島と同じで口ばっかり、いざとなったら一人残らず安全に日本に受け入れますからwww
朝鮮人が大好きだからね、自民党は
つうか自分達がそうだし、難民爆弾を日本に入れれば大混乱、政府にとっては好都合
戒厳令を出して解除しなければ、ずっと政権を続けられるからな

そもそも、リテラも視点がおかしい
アヘ達がロクデナシなのは、もう十分すぎるほど分かり切っている
その悪党連中を、いつまでも放置し続ける「怠慢な検察や警察の特集」でもやったらどうだ?


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK235掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK235掲示板  
次へ