★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236 > 430.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
年内に旧民進党の分離分割を完遂するべきだー(植草一秀氏) 
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/430.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 28 日 09:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

年内に旧民進党の分離分割を完遂するべきだー(植草一秀氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sqbbr5
27th Nov 2017 市村 悦延 · @hellotomhanks


11月28日(火)に、参議院議員会館講堂で、

イタリア「五つ星運動」リーダーのリカルド・フラカーロ・イタリア下院議員が

初来日して、彼らが巻き起こしたムーブメントを語る。

講演概要は以下の通り。

日時 2017年11月28日(火)
   午後4時半〜7時半(開場 午後4時)

場所 参議院議員会館講堂

資料代 1000円

参加ご希望の方は、必ず下記フォームからの申し込みをしてほしいとのことである。

https://goo.gl/hJYZcv

主催 五つ星運動との対話集会実行委員会

問い合わせ m5s2j@yahoo.co.jp

対話集会について、加計問題追及の先頭に立ってこられた黒川敦彦氏が

ブログに詳述されているので、こちらも参照いただきたい。

https://goo.gl/P87GP2

イタリアの五つ星運動は政党支持率でトップに立つ運動体で

「地域のためにいいことしよう」

「自分たちのことは自分たちで決める」

を合言葉に直接民主制をイタリアに根づかせようと、

SNSを通じて急速に広まった、市民による市民のための草の根活動である。

その五つ星運動のリーダーの一人が初来日して市民と交流する貴重な機会である。

事前申し込みが必要なので、ぜひ、登録して対話集会に参加していただきたいと思う。


「五つ星運動」は、
ローカリゼーション、
スローライフ、
ダウンシフト、
インターネットデモクラシー
をテーマに掲げており、

政党名となった「5つ」の星は、社会が守るべき

(1)発展
(2)水資源
(3)持続可能性のある交通
(4)環境主義
(5)インターネット社会

を指す。

「五つ星運動」では、
インターネット投票で候補者を選抜し、政治腐敗を防ぐために、

国会議員の任期は2期までとし、他の政党とは連立を組まない、

議員報酬は国民の平均年収。

実際に返納ができないため、半額をマイクロクレジット基金に寄付している。

また、4800万ユーロの政党助成金も受け取りを拒否している。

普通の人の、当たり前の感覚を大切にしている。

地域を良くしようという運動から始まったことから、議員になることが目的ではない。

直接民主制をイタリアに根付かせたら、役目を終えるとしている。

運動の存続自体が目的ではない。

こんな「五つ星運動」が、既存政治の腐敗にウンザリしていた、

20〜40代の若い世代を中心に支持を広げてきた。

現在、「五つ星運動」は、イタリア下院第2党で、

国民支持率はトップを記録している。

他党との連携を行っていないため、

小選挙区制度下の選挙でどこまで議席を増やすことができるか、

解決するべき課題を抱えているが、来年までに実施される総選挙で、

さらに勢力を拡大できるかどうか、注目されている。

代議制の民主主義の限界や問題点を認識して、

直接民主主義の手法を活用することを提案している。

政治は政治家のためにあるんじゃない。

自分たちのことは自分たちで決める。

この発想がベースにある。

イタリアの「五つ星運動」がどのように躍進してきたのか。

そのヒントを、直接、「五つ星運動」リーダーである

リカルド・フラカーロ・イタリア下院議員から聴くことのできる貴重な機会である。

フラカーロ氏はイタリア憲法改訂の直接民主条項の起草者でもある。

フラカーロ氏との対話集会の機会をぜひ活用いただきたい。

イタリアに劣らず、日本政治も最悪の状況にある。

民意が政治に反映されない状況が続いている。

その理由は、自公の与党が小選挙区制度の特性を最大に活用して、

最小の得票で最大の議席を確保している一方で、

安倍自公に対峙する勢力が小選挙区制の特性を踏まえずに、

最大の得票で最小の議席を確保する方策を採っていることにある。

そして、自公側の勢力は、反自公側に手を突っ込んで、

反自公票が割れることを誘導している。

自公勢力は両面作戦を取っていると見るべきである。

この敵の戦術を知り、これに対処しなければ、事態を打開することはできない。

しかし、事態を打開する道筋は、おぼろげながらも見えている。

10月22日の衆院総選挙において、北海道、新潟、沖縄で、

自公対峙勢力が自公勢力と完全に互角の戦いを演じた。

その根幹は何であったか。

それは、

安倍自公対峙勢力の政策を明確にした上で、

候補者を一本化し、

それを主権者=市民が全面的に支えたこと

である。

安倍自公対峙勢力の政策を明確にすることとは、

旧民進党勢力のなかの立憲民主党を基軸にするということであった。

民進党には与党と野党が混在してきた。

このために、野党共闘の足並みが乱されてきた。

民進党が分離・分割されて、初めて「たしかな野党」勢力が明確な姿を現した。

この立憲民主党を基軸に据えたからこそ、

政策を基軸にする野党共闘が成立したのである。

総選挙前に希望の党が創設され、反自公陣営の共闘体制が揺さぶられた。

「安倍政権打倒」の一点で大同団結、呉越同舟が形成されていたなら、

安倍自公政権を退場させることも可能であったかも知れない。

しかし、希望の党は、その途上で、自公補完勢力である「本性」をむき出しにした。

ここで、立ち止まり、民進党の完全分離を実現していれば、

北海道、新潟、沖縄以外でも、野党共闘が形成されて、

異なる結果が生み出されただろうが、

民進党の大部分がそのまま希望の党への合流に踏み切り、

結果として野党勢力の分断が自公勢力に漁夫の利をもたらした。

民進党の分離・分割が生じたのは、希望の党が

戦争法制の容認、憲法改定の推進

という根幹にある問題を踏み絵に用いたからである。

これまでの民進党は、こうした根源的な問題についての路線対立を

党の中に内包するものであった。

だからこそ、野党共闘の成立が阻害されてきたのである。

重要なことは、政治勢力が基本政策路線を明確にすることだ。

こんな当たり前のことすら守られてこなかったところに本質的な問題がある。

これが民進党の一部分離・分割によって、一部解消された。

そして、野党共闘を推進できる勢力が立憲民主党として分離・独立した。

次の衆院総選挙、そして、2019年夏の参院選に向けて、

この民進党の分離・分割を完遂する必要がある。

それが、主権者に対する誠実な行動である。

民進党は現在、立憲民主、希望、無所属、参院民主の4勢力に分離された状況にある。

この分離が野党勢力の混乱を招いている。

これを、政策路線を基軸に整理するべきだ。

政策路線の焦点になるのは、

原発、戦争法制・憲法、消費税

である。

自公の路線に賛同するのか、

自公の路線に対峙するのか、

この基準で二つの勢力に分離・分割されるべきなのだ。

正当に残存する政党交付金の存在が問題解決の進捗を妨げている。

政党交付金残高は、分離分割後の議員数に応じて按分すればよい。

それが合理的な解決方法であろう。

安倍自公政治に対峙する勢力が明確にひとつの勢力としてまとまる。

これが実現すれば、野党共闘は極めて分かりやすくなるだろう。

北海道、新潟、沖縄で実現した野党統一候補の擁立が可能になる。

そうなれば、選挙における死票を大幅に減らすことができるはずだ。

この野党共闘勢力と自公勢力以外に、

自公補完勢力がもう一人候補を擁立することになれば、

この第三の候補は、野党統一候補とではなく、自公候補と競合することになる。

そうなれば、野党統一候補が勝利する可能性が一気に高まることになるだろう。

この実現のためには、民進党の裏側に存在してきた連合の分離・分割が

必要不可欠になる。

年末に向けて、野党勢力の再編、

とりわけ、旧民進党勢力の完全分離・分割が最重要の課題になっている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月28日 09:29:47 : ITmyVBNWhM : c20bAHLi0PQ[2]
そのとうりだが参院民進党、無所属、はいずれも両方の勢力をかかえている。実は希望の党もそうだ。

2. 2017年11月28日 09:45:38 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[142]
「排除します」で大変なことになった政党がある

「分割します」でどうなるか。やってみ


3. 2017年11月28日 10:09:41 : 5NO1S9BYv4 : 1txC@BWV4Ng[37]

ペテン4分割しても民進のゴミを排除しなけりゃ先はない。

岡田、枝野、前原、野田、菅、玄葉、こんなテロリストがウロウロしている

かぎり国民は許さない。旧民主党を破壊したハンドラーの手先は勘弁してよ。


4. 2017年11月28日 10:11:36 : 2Ia986XbSo : 3uNgibAHaGw[22]
あれこれ言ってもたいてい逆効果というか
最悪の結果になるだけ
排除ごっこにうつつを抜かすよりも、安倍政権と戦うほうが支持を集める
人も集まる
あれ追い出せこれ切れとやたら指示してくる人間は疫病神として無視するのが一番

5. 2017年11月28日 10:52:08 : DLATFX7bTE : asuPhqle_jw[2]
ごちゃごちゃいわずに政策で分割すればスッキリする。

6. 2017年11月28日 12:42:03 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[5963]
⇒《北海道、新潟、沖縄で実現した野党統一候補の擁立が可能になる。》

森ゆうこ氏
「『米山知事を支える十日町・津南の会』結成総会
原発再稼働を許さない!いのちとくらしを守る!」
https://twitter.com/moriyukogiin/status/935339219492356096

いのちとくらしを守る…
個人的には「守る」ではなく、攻めの「革新」がよいかと思いますが…

革新の方向性は、五つ星運動にならって、むりやり5つに絞ってみました。

(1)多様性(ダイバーシティ)の確保
 ※自然は多様性を好む、しかし社会はそれを嫌う。社会の自然化です。
 ※人種差別、性差別、性的少数者差別をなくしていく
(2)持続可能(自然)エネルギーへのシフト
 ※石油、石炭、ウランなど資源を消費する形のエネルギーに頼らない。
 ※自動車、飛行機、船などあらゆるものが対象
(3)AI(人工知能)、遺伝子治療分野の実用・研究の推進
(4)脱米国依存
(5)司法改革

植草氏、がんばってください。応援しております。


7. 2017年11月28日 13:42:43 : VIpTlazuRE : TCz4_pT6fl0[42]

 3年後の衆院選で、「希望の党」の目はない。
 
 早く逃げろ。

 希望は50人中40人が比例当選だ。

 次回は、ひとけた政党になるだろう。

 


8. 2017年11月28日 14:06:45 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[5964]
野中広務氏、京都のホテルで倒れる 病院に緊急搬送
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/27/nonakahiromu_a_23289677/

野中広務がいわゆる被差別部落の出身であることは知られているが、彼が首相になる可能性が出てきたとき、麻生太郎が笑いながら面と向かって「部落民を首相にするわけにはいかんわな」と言い、怒った野中広務が「私はあんたを絶対に許さんぞ」と言ったのは有名な話。
https://twitter.com/Holms6/status/935316196424957952

森達也氏
「これ、絶対に忘れてはいけない話です。ただ、面と向かってではない。魚住朗さんが現場にいた複数の自民党議員に確認しています。」
「この話を耳にした野中議員は、議員総会(だったかな)で麻生本人に「私はあなたを絶対に許さない」と宣言しています。本当に本当に、国会議員とか蔵相とか総理経験者とかしてのレベルではなく、人間として絶対にダメだと思う。」
https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/935332531611697152
https://twitter.com/MoriTatsuyaInfo/status/935369823772598272

ヒトとしてダメな麻生太郎氏。
人種差別者、性差別者、出自差別者の吹き溜まり、自民党。
気持ち悪いですね。


9. 2017年11月28日 21:21:19 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[5970]
日本の原子力行政を拘束している「日米原子力協定」

第12条の4項には「…その行動の経済的影響を慎重に検討しなければならない。(Shall carefully consider)」と、明記してある。つまり、米国の了承がないと、原発をやめるような行動をとることはできないことも意味しているのである。2013年9月、当時の野田内閣が<2030年代に原発稼動ゼロを目指すエネルギー戦略>を米国の強い懸念によって閣議決定できなかったのは、その典型的な出来事であった。
http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1979

独立です。脱原発も独立しないとできません。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK236掲示板  
次へ