★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236 > 602.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
JCPサポーター制度発足
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/602.html
投稿者 AAA+ 日時 2017 年 12 月 03 日 12:03:43: HRvoVvuTAqkVc QUFBKw
 

2017年12月3日(日)

JCPサポーター制度発足

「赤旗」日刊紙電子版を準備


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-03/2017120301_02_1.html


 日本共産党の志位和夫委員長は2日に開いた第3回中央委員会総会の幹部会報告のなかで、「新しい取り組みを試みたい」と述べて、「JCP(日本共産党)サポーター」制度(仮称)を発足させること、来年7月をめどに「しんぶん赤旗」日刊紙の電子版を発行する準備を進めていることを報告しました。

 「JCPサポーター」制度は、後援会活動の抜本的強化にむけて、党中央として党と国民がネット・SNSで日常的に結びつき、力をあわせて選挙をたたかうために発足させます。ネット・SNSを通じて登録・参加し、日常的な情報提供と双方向型の交流・発信を行い、節目でのイベントや集いの開催、国政選挙をはじめとする選挙戦での協力などを進めます。

 さらに党勢拡大前進にむけて、紙の「赤旗」読者を増やすことを基本にすえつつ、新しく党に関心や期待を寄せている人びとに広く「赤旗」を読んでもらえるよう日刊紙の電子版発行準備を進めています。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年12月03日 12:05:45 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[6052]
素晴らしいですね。
ご活躍、お祈りいたします。
野党共闘も進みますように…

2. 2017年12月03日 12:15:21 : oopQrNdARw : tI4aNSeRvjM[1]
でもサポーターという名前はやめたほうがいい
部外者の余計なお世話かもしれないが

3. 2017年12月03日 12:29:48 : trY2KTQMKc : p1iFKfdRv1s[21]
巷では志位氏が更迭されるやも知れぬとの噂。事実とすれば津久井湖の御仁が裏で蠢いているのか?
それはさておき、サポータを言うからには、まずは党名の改定ではなかろうか?

4. 乳良〜くTIMES[507] k_uXx4Fggq1USU1FUw 2017年12月03日 13:34:21 : eGz9aPAQCI : 2z@4JYhqp5c[7]
引退したり死んだりした先輩への「忖度❗」じゃないの?党名変更をしないのは。

綱領から「社会主義政権樹立」とか「天皇制廃止」とかを削除しないから、「反共デマ」が「健在」なんだって現実を、もっと見て欲しいです。


5. 2017年12月03日 14:28:20 : R4ByWzQ34g : z5axLePkgWc[3]
中国が資本主義に転んだというデマが流布していますけど
実際はますますマルクス主義に執着して、中国特色社会主義の実現に邁進している
マルクス主義です だからこそ中国共産党なのですね
その結果が、世界第二の経済大国です

米原万里さんが、マルクスが現代社会の矛盾を最も正しく解明している、みたいなことを
言ってたな 叩かれるからあまり大っぴらには言ってなかったな
難しいからおれには読めないけど、共産党には共産党の気持ちや言い分があるのかもしれない
と忖度してみる
なんとか主義よりも、国民の生活が第一、であることは、言うまでもありません


6. 2017年12月03日 17:26:21 : j5UTiJDezc : 8xTaYW_4TU8[149]

2000年の党大会より、毎回アメリカ大使館に招待状を出すようになったアホたれ政党
本土日本人の『平和』とやらの犠牲になって、沖縄県民は昼夜「日米安保条約」の苦しみを味わっているが、、、
日本は全土、アメリカの戦争出撃基地の半占領下で、戦争の島、
しかし
―――とうとう選挙政策から「日米安保条約」の文字まで消した、ヘタレの志位共産党
今の若者たちは、共産党の政策見ても「日米安保条約廃棄」の文字読めないね
それ言われ、
近所の共産党員は「恥ずかしい」と言った(;´д`)、、、党名変更の潮時か?

共産党がやっている、実際の言動は、もう他のいくつかの政党と差が無くなった
それ分かって、身内が共産党からドンドン離れてとどまることがありません、
「赤旗」購読者は、減り続け、
2000年に、200万人ほどいたらしい「赤旗」購読者は、
今年2017年1月には113万人ほどに激減している、
ネットを見ると、10月だけでまた1万3千人減ったと書いてある、
11〜10月まで4万数千人の購読者が減ったとある、
先月11月は、減りが大きくて共産党本部は発表出来なかったらしい、ものすごく減ったのでしょうね、
期待し支持していた人たちが減る・・・とは、もうそれだけで末期的です!

だいたいが、共産党の連中はオツムがまともでない、
選挙に勝てないで敗北する、身内が減る
企業なら倒産に向かっているようなもので、やっていることに将来性がないということ、
役員トップは交代、企画書はゴミ箱へというのがまともな組織のすることですが、
金様のように万年党首のおかしな政治結社です・・・負け続けてそのまんま平穏な政党
それじゃ、自民党に負けるのは当たり前・・・期待する方が馬鹿を見る、、、お粗末政党

天皇陛下万歳・天皇家を守る「国体護持」政党・志位共産党、
党大会に毎回アメリカ(帝国主義)大使館ご招待、
ついに「日米安保条約廃棄」の政策を消した・・・それで日本は戦争基地の島
「憲法守ります」と言って、「日米安保条約」黙認するようになった欺瞞政党・志位共産党
最近は、「消費税廃止」も政策から消したヘタレ政党・志位共産党
それじゃシップ包帯も役に立たんでしょう( ´艸`)


7. 2017年12月03日 17:31:20 : j5UTiJDezc : 8xTaYW_4TU8[150]
訂正
×11〜10月まで4万数千人の購読者が減ったとある、
〇1〜10月まで4万数千人の購読者が減ったとある、

8. 2017年12月05日 11:41:38 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3274]
3中総中央委員会総会 志位委員長の幹部会報告の録画(YouTube)と報告全文(2017.12.3)
http://www.jcp.or.jp/web_jcp/2017/12/post-68.html

9. 2017年12月05日 12:16:21 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-3273]
2017年12月5日(火)
JCPサポーターの制度発足1月末めど
小池氏 “双方向”“日常的に”

 日本共産党の小池晃書記局長は4日の会見で、3中総で発足を提起した「JCP(日本共産党)サポーター」制度(仮称)について問われ、「共産党を熱烈に応援したいという人もちょっと力になりたいという人も、それぞれの関わり方で共産党と共に未来を開いていくようなものにしたい」と述べ、1月末をめどにスタートすると説明しました。

 小池氏は、同制度の発足は「市民と野党の共闘を通じて新たに共産党を応援し始めた方々が圧倒的にネットやSNSを通じてつながってきた方々で、しかも、その方々が候補者個人だけでなく共産党そのものを応援するような新たな流れが起きていることを踏まえたものだ」と発言。ネットやSNSで党が日常的に市民・国民と結びついて力を合わせて選挙戦などをたたかう制度としたいと話しました。

 具体的には、党のホームページにサポーターのページを開設して会員登録をしたり、LINE(ライン)などで結び付き、会員にはネットやSNSでの発信、対話での協力、条件に応じで選挙活動への協力や募金を呼びかけていくことに加え、「会員の意見や知恵を寄せていただくような双方向型の交流も計画していきたい」と表明。さらに「節々でサポーターに集まってもらうイベントなども計画していきたい」と現段階での構想を披露しました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-05/2017120502_02_1.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK236掲示板  
次へ