★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236 > 772.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安倍首相に読ませたい"無欲絶対主義"の『南洲翁遺訓』(サンデー毎日)
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/772.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 08 日 02:20:20: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

安倍首相に読ませたい"無欲絶対主義"の『南洲翁遺訓』
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/column/2017/12/17/post-1856.html
サンデー毎日 2017年12月17日号 


牧太郎の青い空白い雲 648

 アメリカのトランプ大統領に、中国の習近平国家主席に、ロシアのプーチン大統領になりたい! そんな気持ちなんだろう。いつの間にか、安倍首相は「俺は誰より偉いんだぞ!」症候群になってしまったように感じる。

「謙虚に」なんて言いながら、後ろに向かって舌を出している。その上、名声が欲しい。「王様」になりたい。

 そんな「安倍首相に読ませたい」第7弾は、来年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」に登場する(だろう)『南洲翁遺訓』を"先読み"した。

《命ちもいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕抹に困るもの也。此の仕抹に困る人ならでは、艱難(かんなん)を共にして国家の大業は成し得られぬなり》

 安倍さん!

 お分かりか? リーダーが「無欲な人間」じゃなければ、改革はできない。国は滅びる。国民は迷惑する。

    ×  ×  ×

『南洲翁遺訓』は旧出羽庄内藩の関係者が西郷隆盛から聞いた話である。明治維新の立役者「薩長土肥」が作成した"宣伝文"ではない。「維新の天敵」だった旧庄内藩の面々が記録した「教え」だから、素晴らしいのだ。

 慶応3年、王政復古の大号令の後、西郷は芝三田の薩摩藩邸に浪人を集め、江戸の治安を攪乱(かくらん)した。革命である。

 その頃の庄内藩は、江戸の警備組織「新徴組」を預かっていたから、当然、薩摩藩の浪人たちと庄内藩士は対立する。この年の12月25日、庄内藩を中心とする旧幕府側が薩摩藩邸を焼き打ちするという事件にまで発展した。

 翌年、新政府軍は上野戦争で彰義隊を破ったが、東北諸藩は奥羽越列藩同盟を結び抗戦。この東北戦争で、官軍は鶴ヶ城を攻撃して会津藩は降伏した。でも、庄内藩だけが官軍を撃退した。彼らは、勇猛だった。

 しかし、西郷に抵抗した「最後の天敵」は、奥羽越列藩同盟の崩壊で、ついに9月26日、降伏せざるを得ない運命だった。

 当然、庄内藩士には厳しい処分が下されると思われたが、意外にも寛大な処置。西郷の英断だった。

 西郷の名声は庄内に広まり、旧庄内藩の関係者は次々に鹿児島を訪れ、親交を深めた。『南洲翁遺訓』は、この旧庄内藩の人々が西郷に「教え」を請い、まとめた「教訓」である。

 その教訓の柱は「無欲が国を動かす!」だった。

    ×  ×  ×

 もう一つの西郷流の柱は「負けた者に恨みを残さない!」である。これは聖徳太子の教えにも繋(つな)がる。

 日本書紀に記載された「十七条の憲法」の第一条は、

《以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。以是、或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成》

 要するに、「和」が絶対だ!と言っている。

 「天皇への忠誠」は第三条になっているから、それより大事なのは「話し合い主義」、これこそファーストだった。

 なぜ、聖徳太子は「和」を大事にしたのか?

 古代、日本は神様の子孫が治める国だった。天皇は絶対だが、台風、地震、疫病など、どうにもならない「不幸」が起こる。

 古代の人々は、これを「怨霊の仕業」と考えた。

 天皇の絶対力に対抗する霊的パワーは「敗者の怨念」から生まれる、と考えたのだ。
 つまり「政治的負け組」が恨みを残すと、自然災害が起こる。これを防止するには「和」がなければならない。

 聖徳太子も西郷も、「話し合い第一主義」だったのだ。

 安倍さん、あなたは、時々「話し合い」を拒否する。北朝鮮問題でもトランプ大統領と一緒になって「圧力」ばかりである。

「祟(たた)り」がなければよいのだが。












 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年12月08日 05:47:26 : ThvQP0ntvE : J7bqvGPaOB0[58]
西郷の教えなんてアヘが理解できるはずがない。
生きている世界(見えているもの)が全く違うのだ。
アヘの言動からアヘが精神病で脳内の回路が壊れていることが分かる。

1.平然と嘘を吐く(自己愛が強過ぎ他者のことは眼中にない)
2.その嘘が見破られそうになるとまた嘘を吐く(嘘の上塗り、自己防御一辺倒)
3.言い訳ができない状態まで追いつめられると全く別の話を持ち出す(論点のすり替えと議論の撹乱)
4.または実際に起こったことのうち、自分に都合の悪いことは無かったことにするか、相手がしたことにする(事実の歪曲)
5.時間切れ(会期切れや相手が攻撃をやめる)まで上記を繰り返す
6.何とか時間切れを迎えると勝利した(自分が正しかった)と心底確信する

こういう特徴を持つ者は皆の周辺にも少なからずいるだろうが、これは糖質患者の典型的なパターンである。
先天的(遺伝)か後天的かはともかく精神病なのだ。
この国は精神異常者が仕切っているのである。
悪名高き売国奴ケケ中も同類。
この手の精神異常者の頭の中にあるのは自己の利益のみ。
『国民の幸福』というキーワードは存在しない。
国民生活が疲弊するのは当然なのである。


2. 2017年12月08日 10:59:10 : ms4g1oI5ZY : 4v5Ea1m8vDQ[2]
吉田松陰というキチガイキムチ偽ユダヤ殉教テロリストを尊敬しているのが安倍晋三というクズ。ついでにいうなら、山口県民は、明治維新幻想の毒気に骨の髄から浸かっている白痴の土人集団。

山口出身のマトモな人物なんて、金子みすゞくらいではなかろうか?その金子みすゞのような素晴らしい人を犠牲にしても良心すら痛まないのが、山口の土人性だ。流石、そういう女性を排斥したがる県民性は、日本で一番腐っている証。


3. 新共産主義クラブ[5400] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 11:43:03 : FjFsbYfpWk : CfDICePJrNM[4]
 
 山口県下の公立小中学校の生徒たちは、吉田松陰の言葉を、『毛沢東語録』のように毎日暗誦させられているそうだ。
 
 中国ですら、もう現在では、『毛沢東語録』を子供たちに暗誦させるようなことはしていない、というのに。
 
 吉田松陰を公然とは批判できない、山口県下の公立小中学校の生徒たちが気の毒だね。
 
 
■ 甦る吉田松陰 是非が問われる偉人教育 
(JBPress,2009.5.29(金))
 
 今年の春から山口県下の公立小中学校では、吉田松陰を教材にして教育を行うことが推奨されている。
 
 旗振り役は県の教育委員会である。背景には、かつての安倍政権下で改正された教育基本法の「愛国心条項」がある。このことは3月31日付の朝日新聞でも取り上げられ、私の周囲でもちょっとした議論になった。
 
 「愛国心条項」には、教育の目標として、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛する」と謳われている。折しも今年は松陰没後150年のメモリアルイヤーである。松陰が選ばれるのも不思議ではない。
 
 吉田松陰は、長州藩(今の山口県)出身の思想家で、萩の松下村塾にて伊藤博文や高杉晋作といった明治維新の立役者を育てた人物である。全国的に教育の神様のように崇められている。
 
 ただ、尊皇攘夷を説いたために戦前の修身教育で利用された経緯があること、また、たった1人の人物だけに絞っている点に批判が集まった。さらに、山口県が安倍晋三元首相のお膝元である点も、引っかかる。
 
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1087
 
 
■ 毛主席語録
 
 1971年に林彪が失脚すると、林彪によるまえがきは削除されたが、発行は続けられた。しかし四人組も失脚した後の1979年2月12日に「林彪が毛沢東思想を断章取義によって捻じ曲げたものであり、四人組の害毒を垂れ流すもの」として公式の発行は停止された。現在でも資本主義圏の観光客向けに中国土産として土産物業者が文革当時のタイプを製造販売している。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B%E4%B8%BB%E5%B8%AD%E8%AA%9E%E9%8C%B2
 

4. 阿快[482] iKKJ9Q 2017年12月08日 12:02:57 : PKq9rBPqw6 : xDlb6OTdmis[1]
おまいらはだれだれの言葉なんてもちだして、それでなにか
偉い人にでもなったつもりか。笑
どうせコピペするなら以下のようなまともなことばを示せ。

ものごとを為政者
のようにかんがえてはいけない。痩せたイエグモのように、ひ
っそりと思惟することだ。

口で反ファシズムとさけんだからといって、反ファシズムになん
かなりはしない。いくら反スターリン主義をとなえても、スター
リニストはいっこうにへらない。

とても「乱暴なこと」がはじまるだろう。ものごとを為政者のよ
うにかんがえてはならない。痩せたイエグモのように、ひっそり
と思惟することだ。もしくは、眠れ。ツチグモのように。
http://yo-hemmi.net/(辺見庸)

おまえらに意味がわかるわけがないが。笑
野良猫に一万円札を投げるようなものだが。笑


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

5. 新共産主義クラブ[5401] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 12:17:40 : Aitmb8XO1o : cYRPk@V3ZvI[24]
>>4. 阿快さん
> おまいらはだれだれの言葉なんてもちだして、
> それでなにか偉い人にでもなったつもりか。笑 
 
(ご参考) 
◆ 甦る吉田松陰 是非が問われる偉人教育 
(JBPress,2009.5.29(金))
 
 松下村塾があった萩の(市立)明倫小学校では、以前から松陰の言葉を毎朝朗唱させているという。
 
 何も考えずにこんなことをやらされていては、偶像化、神格化が生じるのではないかという批判の声がある。
 
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1087
 
 
◆ 山口県 萩市立 明倫小学校 各学年の朗唱文
(萩市立 明倫小学校)
  
 明倫小学校では、昭和56年(1981年)より、毎朝、朝の会の時に、松陰先生の言葉を声高らかに朗唱しています。
 
 学年ごと、学期ごとに言葉が変わります。小学生に、こんな難しい言葉を言わせて、・・・というご意見もあります。

 しかし、昔から素読という学習方法もあり、「読書百篇、意自ずから通ず」と言われるように、毎日声に出して言うことにより、だんだんと意味がわかってくるようです。
 
 大人になってからも、ふと思い出すこともあると聞きます。論語の中に「学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや」という言葉もあります。
 
 物質は豊かになったけれど、心が貧しい人間が増え、道徳教育の重要性が叫ばれている昨今です。
 
 これらの松陰先生の言葉が、子どもたちの心の支えになってくれることを願ってやみません。
 
http://edu.city.hagi.lg.jp/meirin-e/
 


6. 2017年12月08日 12:58:16 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[164]
2.3>>おまいらみたいなやつに、吉田松陰の偉大さなんてわかるはずはない。

   おまいらただの害毒垂れ流しだ。 

3>> 吉田松陰語録と、毛沢東語録に何の関係があるの?

   中国は中国 日本は日本のやり方でよい。

   中国の真似がいいのか?
    


7. 新共産主義クラブ[5403] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 13:37:22 : 5kLs0sx3yo : E@Vl78m2eLE[1]
>>6さん
> 中国は中国 日本は日本のやり方でよい。
> 中国の真似がいいのか?
 
 
 いや、山口県教育委員会が、文化大革命時代の、中国の真似をやっている。
 
 山口県は、日本の中華人民共和国だ。
 
 
◆ 中国革命館(毛語録・林彪前書き)
 
 文革の期間中、中国人民が日常生活の上で、まず何をおいてもやらなければならないのは、毛語録の暗唱であった。

 店頭で物を買うにも、仕事の合間にも、はては散髪屋に行っても、理髪師が突然毛語録の中の一節(前半)を暗唱し、客がその後を受けて、後半を暗唱しなければならないといった事まで起きた。例えば、買い物に入った店で、店員がいきなり「奮闘すれば犠牲者が出るし…」と前の句を言う。客はすかさず「人が死ぬのもよくあることだ」と継がなければならない。これでは記憶力に自信がないと、うっかり外出もできない。紅衛兵が横行していた時期は、通行人を呼び止め、「毛語録の何ページ第何ヶ条を言って見ろ」と命令することがあった。これができないと、油を絞られることになる。
 
 小学生が習う最初の歌も、『我らの事業を指導する中核の力』という語録歌であった。
 
http://www.uranus.dti.ne.jp/~yuugeki/chimou01.htm
 


8. 2017年12月08日 13:43:11 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[165]
「何も考えずにこんなことをやらされていては、偶像化、神格化が生じるのではないかという批判の声がある。」

 だから、日本は中国とは違う

 日本は自由に考えをのべられるよう教育すればいいだけ。

 中国共産党はまさに毛沢東独裁政治、紅衛兵見てもわかるように

 キチガイ集団がいた、出てきたわけよ。


9. 新共産主義クラブ[5404] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 13:48:54 : 5kLs0sx3yo : E@Vl78m2eLE[2]
>>8さん
>日本は自由に考えをのべられるよう教育すればいいだけ。
 
 
 毎朝、吉田松陰の言葉を朗唱させられている、 
 
 萩市立 明倫小学校の生徒たちは、
 
 小学校の先生に向かって、
 
 「何も考えずにこんなことをやらされていては、偶像化、神格化が生じるのではないか!」
 
 なんて、言えないでしょ!!!
 

10. 2017年12月08日 13:50:19 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[166]
7>>共産クラブ
 
  毛沢東語録と吉田松陰語録の内容、中身がちがうだろ

  同列に論じる意味がないでしょ。

  吉田松陰語録のな中身のここが悪い、ここが良いて指摘できるのか君は

  吉田松陰語録を読んだこともないくせに。


11. 2017年12月08日 13:57:53 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[167]
神格化かどうかはしらないが、立派な人物としてみとめられているからではない

のか、吉田松陰は。

共産クラブの考えとはちがうんだ、別に問題ない。


12. 2017年12月08日 14:04:52 : rwgORSmgTI : ySbarMWNCPU[192]
阿快さんの今までのコメントを読むと、辺見庸の言葉を理解できているとは考えられない。
ましてや吉田松陰の思想などわかったようなことを書かれると、松陰先生草葉の陰で嘆き悲しむだろう。

13. 2017年12月08日 14:05:31 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[168]
明倫小学校のホ−ムペ−ジURL

暗唱文が掲載されている、どの内容が問題あるんだいってくれ。


http://edu.city.hagi.lg.jp/meirin-e/


14. 2017年12月08日 14:06:30 : ccO0aKoYGc : sdPfrFtIms8[3]
松陰語録も毛語録もけっこういいこと言ってるよ。両方ともかなりアウトな人だったけど、革命家ってそういうもんでしょ。
日本でも松陰や高杉晋作が幕末維新を生き延びていたら、西郷・大久保・木戸なんか出る幕もなく最高指導者になって、文化大革命みたいなのやってたかもしれないよ。実際、明治初期の文化政策ってわりに過激だったしね。

15. 新共産主義クラブ[5405] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 14:36:49 : 1arMvjF8sE : 0Suuu9PQjkE[33]
>>10さん
> 毛沢東語録と吉田松陰語録の内容、中身がちがうだろ
> 同列に論じる意味がないでしょ。 
 
 
 「思想の内容が素晴らしいから、子供たちに暗誦させよう」という教育のやり方が、中国共産党と同列だ。
 
 『草莽崛起』論の君たちが大好きなのは、吉田松陰の『幽囚録』の下の一節だろう。
 
 吉田らは武士以外の人々、すなわち豪農・豪商・郷士などの階層、そして武士としての社会的身分を捨てた脱藩浪士を「草莽」と称し、彼らが身分を越えて、国家を論じて変革に寄与して行くべきであると主張した。 
 
 幕末の日本の、奇兵隊・天誅組・生野組・真忠組・花山院隊・赤報隊などは、言わば、中華人民共和国の人民解放軍のようなものだ。
 
 
◆ 幽囚録
 
日不レ升則昃、月不レ盈則虧、國不レ隆則替、故善保レ國者、不二徒無一レ失二其所一レ有、又有レ増二其所一レ無、今急修二武備一、艦略具、礮略足、則宜開二-墾蝦夷一、封二-建諸侯一、乘レ間奪二加摸察加隩都加一、諭二琉球一朝覲會同比內諸侯、責レ朝-鮮納レ質奉レ貢、如二古盛時一、北割二満州之地一、南牧二台灣呂宋諸嶋一、漸示二進取之勢一、然後愛レ民養レ士、慎二守邊一、固則可レ謂二善保一レ國、矣不然坐于群夷爭聚之中、無二能舉レ足揺一レ手而國不レ替者其幾與、

【現代語訳】
 
日は昇らなければ沈み、月は満ちなければ欠け、国は繁栄しなければ衰廃する。よって、国をよく保つ者は、有る領土をむなしく失わないだけではなく、ない領土を増やすのである。今、急いで軍備を整え、軍艦の計画を持ち、大砲の計画も充足すれば、すなわち北海道を開拓して諸侯を封建し、間に乗じてカムチャツカ半島とオホーツクを取り、琉球を説得し謁見し理性的に交流して内諸侯とし、朝鮮に要求し質を納め貢を奉らせていた古代の盛時のようにし、北は満州の地を分割し、南は台湾とルソン諸島を治め、しだい進取の勢いを示すべきだ。その後、住民を愛撫し、国土を養い、辺境の守りに気を配って、つまり堅固によく国を維持するといえるのだ。そうでなく諸国民が集まって争っている中で座りこみ、うまく行動することがなければ、国は㡬らかのうちに廃れるのだ。
 
https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%B9%BD%E5%9B%9A%E9%8C%B2
 
◆ 草莽
 
 草莽(そうもう)は、民間にあって地位を求めず、国家的危機の際に国家への忠誠心に基づく行動に出る人(草莽之臣)を指す。
 
 黒船来航など西洋からの圧力が大きくなった1850年代に入ると、吉田松陰らによって「草莽崛起」論が唱えられた。
 
 吉田らは武士以外の人々、すなわち豪農・豪商・郷士などの階層、そして武士としての社会的身分を捨てた脱藩浪士を「草莽」と称し、彼らが身分を越えて、国家を論じて変革に寄与して行くべきであると主張した。
 
 これを受けて、1860年代にはこうした草莽が尊王攘夷運動や討幕運動に参加していくことになる(奇兵隊・天誅組・生野組・真忠組・花山院隊・赤報隊など)。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E8%8E%BD
 


16. 2017年12月08日 15:33:45 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[169]
 15>>。ヨ思想の内容が素晴らしいから、子供たちに暗誦させよう」という教育のやり方が、中国共産党と同列だ。


 あのな、中国共産党は全国数億人?に毛語録を暗唱させたんだ。

 萩の明倫小学校 数百人に内容がいいから暗唱させて問題なかろう。

 レベルが全然違うだろ 億人 と 百人のちがいがある。

 強制でもなかろうし、目くじら立てる問題か?

 バイバイ


17. 新共産主義クラブ[5406] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 16:30:41 : FmZeRF5yeA : 5i4TD21O4X4[52]
>>16さん
> レベルが全然違うだろ 億人 と 百人のちがいがある。
> 強制でもなかろうし、目くじら立てる問題か?
 
 
 萩市立・明倫小学校での朝の朗唱は、強制だろ?
 
 一億人殺した人物は、百人殺した人物よりも悪いに決まっているが、殺された人にとっては、一つしかない命を奪われたのだから、百人しか殺していないからと言って、放っておけるものではない。
 
 明倫小学校の個々の生徒にとっては、一つしかない自分の人生なのだから、公立の小学校で特定の人物についての偏った教育を受けて、歴史を多様な側面から洞察する感性を若い時期に損なわれては気の毒だ。
 
 吉田松陰の思想に基づいて生徒に教育する『松蔭学園』というのがあるが、あれは私立学校だ。
 
 革命家養成塾もしくはテロリスト訓練キャンプの指導者だった吉田松陰の言葉を使って、公立学校において、特定の革命家もしくはテロリストを礼賛する教育を行うのは如何なものか?
 

18. 2017年12月08日 17:20:16 : d7ilBS8V8s : TjoCJrPLhrI[1]
毛沢東を批判するのは、日本が負ける要因を造ったという理由だけじゃねーの?あの敗戦が無かったら、日本は戦後平和にはならなかった。

しかし、安倍の祖父をはじめとした長州病原菌共に、アメ公に貢ぐようにさせられてしまった。その問題は一世紀近くも続いている。それもこれもテロリスト吉田の悪影響と、狂人吉田を神格化した明治政府の腐った根が張っているからだ。

山口県は日本で一番不要な県だ。沖縄をはじめ、米軍基地を山口だけにしてくれたら、少しは見直すだろうが、そんな根性がねーだろーしな、キムチクセー邪魔口県民には。


19. 新共産主義クラブ[5410] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 18:55:20 : CRHueJWY82 : mLufy1i4@ZY[6]
 
 中国では、明治維新は、「成功した革命」の事例として高く評価されていて、学校教育でも重要事項として教えられているようです。
 
 一方、明治維新後の明治政府のとった、対外侵略・拡張的な大陸政策には批判しています。
 
 
 私は、明治維新は革命ではなく、律令政治における行政改革の一種だと考えていますが、明治維新はその後のロシア革命や辛亥革命および中華人民共和国樹立に大きな影響を与えたと考えています。
 
 
◆ 中島恵『中国の若者は日本をどう見ているか?』
(中央公論,2010年11月号)
 
 《明治維新は最重要課題です》
 
 中国の歴史の授業ではフランス革命など世界の七大革命を学ぶことは大きなポイントで、中でも明治維新は最重要課題なのだという。大学受験の問題としてもよく出題される。
 
 「孫文の辛亥革命も失敗しましたが、中国の革命と比べて日本の革命はなぜ成功したのか。日本のどこがよかったのかを徹底的に学ばされました」(呉)
 
 呉の記憶では「侍の子は侍、下級武士の子は下級武士で、江戸時代の日本では下から上に這い上がるルートはなく社会が硬直化していた。でも、腐敗が進んだ江戸幕府の臨界点は近づいていて『日本を変えなければいけない』という気運が高まり、大きなうねりとなっていく中で坂本龍馬のような傑出した人物が現れ、革命を成し遂げることができた」と学んだという。
 
http://www.chuko.co.jp/chuokoron/2010/10/post_34_5.html
 
◆ 右翼の甲午戦争わい曲に反ばく 人民日報が明治の大陸政策分析
(北京8月9日発新華社,2005/08/10)
 
 日本が大陸政策をとったのには、その必然性と深い社会的根源があった。
 
 甲午戦争前、日本の政治家は多くの論述を発表しており、その中からその深いわけを知ることができる。

 当時外務大臣だった柳原前光は「朝鮮論考」で、「皇国はすなわち滄海の一大孤島にして、この後たとい相応の兵備を保有するとも、周囲環海の地の万世始終を保ち、各国と並立し、皇の国威を張するは、すなわち最大の難事なり」と書いている。
 
 かつて外務卿を務めた副島種臣は「大陸経略論」の中でもっとはっきり言っている。

 「日本は四方を海に囲まれており、海軍で進攻すれば、攻めるのは易しいが守るのは難しい。……国防の危機は永遠に避けがたく、故に大陸に領土を獲得することが是非とも必要である、……まず中国と朝鮮に手をつけないわけにいかない」と。
 
 山県有朋は大陸を日本の「利益線」と呼び、利益線を守ることは国家の独立自衛を守るために必要な策であると言った。

 彼の論理に従えば、日本がその利益にかかわると考えれば、どこでも出兵してそこを「防衛」できるのである。
 
 柳原前光、副島種臣、山県有朋などの人物はすべて近代日本の重要な政治家で、彼らの主張は当時の日本の支配グループの意識の主流を代表するものだった。

 日本の政治家にとって、富国強兵と島国であることの矛盾は、領土拡大の要請に現れるだけでなく、経済発展面にも同様に現れている。
 
 19世紀70年代以降、日本の工業化は急速に進んだが、乏しい資源と狭い国内市場では、十分な原料供給を保証できないだけでなく、急激に増大する生産能力も受け入れきれず、そのため中国大陸の潜在力が重視されるようになった。

 しかし後発の資本主義工業国である日本は、通常の貿易では西洋の列強と競争できず、軍事占領によって排他的な経済的略奪を行わなければ、原料供給と商品輸出を確保できない。こうした状況の下で、大陸政策が登場し、日本を対外侵略・拡張の道に導いたのは少しも不思議ではない。
  
(注)甲午戦争 ⇒ 日清戦争
 
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/qqq115/t206724.htm
 
  
◆ 〈記憶をつくるもの〉中国TV番組―「冷静に正しく」日本の姿を
(朝日新聞)
 
 中国中央テレビ(CCTV)の歴史ドキュメンタリー「大国崛起(くっき)」(「大国の台頭」の意味)だ。米国、ロシアなど9カ国の近代化の過程を全12回(1回約50分)で描いた。経済発展が著しい中国が真の大国になるための教訓を得ようという番組だ。
 
 「百年維新」と題した日本編は、評論家の加藤周一(かとう・しゅういち)さんら日中の知識人らのコメントを交えつつ、1853年の黒船来航から戦後の発展までをたどった。力点が置かれたのは明治維新だ。劉さんは「中国人にとって明治維新は軍国主義の台頭を想起させ、決してプラスイメージはない」という。
 
 しかし、番組は明治維新期の産業育成、海外文化を吸収する様子などを紹介。第2次大戦の敗北からの再生も、明治維新で形作られた人材育成制度などのソフトパワーがあったから、と評価している。登場する人物は、変革時のリーダーとして大久保利通(おおくぼ・としみち)、産業育成の観点から渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)、国家制度を構築したとして伊藤博文(いとう・ひろぶみ)の3人にスポットを当てた。一方、中国などへの侵略戦争の歴史は簡単に紹介するにとどまっている。 
 
http://www.asahi.com/international/history/chapter01/memory/01.html
 


20. 2017年12月08日 19:23:38 : 1pl8z4h1OQ : nAvHYKVs9UM[291]
西郷も 長州閥に 辟易し

21. 新共産主義クラブ[5411] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年12月08日 19:41:32 : ZZRN8DfbzY : YLOyQZg@BC4[112]
 
 歴史修正主義は、長州閥の、悪しき伝統。
 
◆ 西郷どんの征韓論に異説 長州閥の策略?本当は反対派?
(朝日新聞,2017年7月2日)
 
 維新の立役者・西郷隆盛(1828〜77)が唱えたと言われ、明治政府が割れる契機になったとされる、朝鮮出兵を前提とした「征韓論」。

 が、最初に唱えたのは西郷ではなく、西郷は平和的解決を目指していたとの説が注目されている。
 
http://www.asahi.com/articles/ASK6X43L8K6XULZU00H.html
 


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK236掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK236掲示板  
次へ