★阿修羅♪ > 戦争b20 > 529.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ハンブルグのG20サミットの頃に米軍がシリア政府軍に対する本格的な戦争を始めるという噂(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/529.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 30 日 18:57:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

ハンブルグのG20サミットの頃に米軍がシリア政府軍に対する本格的な戦争を始めるという噂
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201706290000/
2017.06.30 03:16:45 櫻井ジャーナル


7月10日前後にシリアでアメリカ軍が大規模な軍事作戦を始めるという見方がある。6月26日にホワイトハウスの広報担当、シーン・スパイサーはシリア政府が化学兵器を計画している可能性があるとしたうえで、もし攻撃したなら報復すると発言したが、いつものように証拠や根拠の類いは示されていない。シリアを攻撃するという脅しにしては唐突で、何者からか攻撃命令が出たのかもしれない。

7月7日から8日にかけてドイツのハンブルグで開かれるG20サミットでドナルド・トランプ米大統領がウラジミル・プーチン露大統領に最後通牒を突きつけ、それが不調に終われば戦争になるとも予想されているが、そうした脅しにシリアやロシアが屈するとは考え難く、バラク・オバマ政権が2013年に計画した侵攻作戦を実行するのではないかと懸念されている。

トランプ政権は4月6日夜、駆逐艦のポーターとロスから巡航ミサイルのトマホーク59機をシリアのシャイラット空軍基地に向けて発射させ、少なくとも数機は目標へ到達したと言われている。これが次の攻撃をトランプにさせる仕掛けだったと考える人もいる。

この攻撃は4月4日にシリア政府軍が化学兵器を使ったという口実で実行されたのだが、現地の様子を撮影した映像を見て嘘だと考えた人は少なくない。理由のひとつは、現場にいる人物が防護服を着ていないことだ。そもそもシリア政府に化学兵器を使う理由がない。

ジャーナリストのロバート・パリーは攻撃の直後、4月6日の早朝にドナルド・トランプ大統領がマイク・ポンペオCIA長官からシリア政府軍による化学兵器の使用を否定する説明を受けていたとする内部情報を伝えている。

6月25日にはジャーナリストのシーモア・ハーシュが同じ内容の記事をドイツのメディアに書いた。ハーシュによると、4月4日に聖戦主義者の幹部が会議を開くという情報をつかんだロシアとシリアは攻撃計画を立て、その内容をアメリカ側へ伝えている。CIAにも直接、ロシアから攻撃に関する情報が伝えられていた。攻撃の前からアメリカ側はロシアから情報を知らされ、監視していた。

ハーシュの記事が出た翌日、スパイサーの荒唐無稽な話が飛び出したのだが、こうした動きを察知してハーシュへ国家安全保障の事情に精通した人物からリークがあった可能性も否定できない。

これまでネオコンは自分たちに都合の良い展開を予想して仕掛けてきたが、いずれも失敗している。見込み違いだ。プーチンはネオコンが願うようには動いてこなかった。もしアメリカ軍がシリア政府軍に対する本格的な戦争を始めたなら、同じ運命が待っているだろう。ただ、その結果は深刻なものになる。

アメリカは早い段階から特殊部隊をシリアへ潜入させてきた。2016年9月にはバラク・オバマ政権は特殊部隊をシリア北部にある7つの基地へ派遣したと伝えられ、クルド軍とラッカへ入ったともいう。

当初はトルコが拠点だったが、そのトルコがアメリカ、サウジアラビア、イスラエルの3国同盟から離れたことから北の兵站線が細り、ヨルダンにアメリカはイギリスと拠点を築いている。そこからシリア政府の承認をえないまま特殊部隊をシリア南部、バグダッドとダマスカスを結ぶ幹線が通るアル・タンフへ侵入させた。

そこで反シリア政府軍、つまり新ダーイッシュを訓練しているのだが、そこへ近づいているとしてアメリカ主導軍の航空機が5月18日に政府軍のT-62戦車2輌を破壊、6名の兵士を殺害、何人かを負傷させている。さらに6月6日と8日に同じくアル・タンフでシリア政府軍を攻撃、6月18日にはシリアの要衝、ラッカ近くでシリア政府軍のSasyuracom-22戦闘爆撃機をアメリカ主導軍のF/A-18E戦闘機が撃墜、19日には米軍のF-15戦闘機がシリア政府軍のドローンを撃ち落としている。アル・タンフにはHIMARS(高機動ロケット砲システム)を持ち込んでシリア政府軍との戦闘に備えている。

このほか、シリア北部には今年に入り、第11海兵遠征部隊が戦闘態勢を整えたと報道され、アレッポのマンビジにはアメリカ陸軍の第75歩兵連隊の車列が入ったとも伝えられている。

実は、ロシア側も特殊部隊をシリア領内で活動させはじめている。特殊部隊に限らず、ロシア軍は強い。これを示したのは2008年にジョージア(グルジア)が南オセチアに対して行った奇襲攻撃。ジョージアはイスラエル軍から武器/兵器を提供され、将兵を訓練され、おそらく作戦も提供されていた。そのジョージア軍がロシア軍に惨敗しているのだ。そうしたことを考えると、アメリカの地上部隊が苦しめられることは間違いない。

航空兵力を比較すると、アメリカ軍が恐れるロシアの最新鋭戦闘機は10機程度であるのに対し、アメリカ側はステルス戦闘機のほか数十機のF-15、F-16といった戦闘機、さらにB-1やB-52といった爆撃機を配備している。戦力的にはアメリカ軍が圧倒しているというように見える。

しかし、こうした戦闘機はロシアが配備したS-300、S-400、パーンツィリ-S1に苦しめられることになる。スペンサーが攻撃予告する3日前、ロシア軍は地中海の東側にいる2フリゲート艦と潜水艦から6機の巡航ミサイル、カリバルを発射、侵略部隊の司令部や兵器庫を破壊している。このミサイルは超音速で飛行することができ、命中精度が高く、アメリカ軍がシリア領内で勝手に建設した基地がターゲットになる可能性がある。状況によってはカスピ海の艦船から巡航ミサイルを発射したり、マッハ6から7で飛行する弾道ミサイルのイスカンダルが使われることもありえるだろう。

ハーシュの記事によると、アメリカ軍はロシア軍が張り子の虎ではなく、反撃してくることを認識しているが、トランプ政権、つまりネオコンは本当に理解していない可能性がある。サウジアラビアやイスラエルの動きもきな臭い。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年6月30日 22:45:30 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[332]
湾岸戦争の時のイラクと違って、シリアにはロシア軍の基地がある。
ロシアの対空ミサイルシステムが配備されているので、米軍が制空権を握ることは難しい。
制空権を取れなければ、当然のように地上軍の損害は大きくなり、大軍の進撃は困難になり、戦局は膠着し泥沼化する。
ロシアは、域外から巡航ミサイルで攻撃する能力があるので、基地の維持も困難であろう。

本格的に戦争を始めれば、米軍はシリアから引き揚げるしかなくなり、米国の寿命は縮む。
残念でした。


2. 2017年6月30日 23:11:58 : caDDyxuZVY : YCsvou154w4[7]


ネオコンは云ってみりゃあ、ジャンキーみたいなもんで、

 I`m waiting for my manと大合唱、シリア反政府武装勢力に化学兵器でのテロ攻撃への許可を与えている。

 Hey white house!

 マクロンにブレアの代役は務まるかな?

 閑話休題 
 
 武装勢力との連携で、空爆機を出動させても、ロシアは今度は撃ち落とすであろう、何としても地上軍を派遣したいのであろうが、今となっては、設置可能なのはクルド支配地域だけとなり、ISILにもシリア軍にもトルコ軍にも接する顛末となる。NATOによる軍事介入の構図が描けない。
 
 ヨルダンとイスラエルは、シリアと国境を接しているが、両国経由の軍事進攻を両国が許可するようには思えない。ロシアとの直接対峙は避けたいであろう。この点に関しては、サウジだって、そう思っている。

 イラクからの越境、侵攻は親シリアであるイラク民兵大群の反撃にあい、電撃作戦の遂行はほとほと困難であろう。

 通常兵器での軍事作戦は素人目にはUSに不利であって、短時間で一定の領域を占拠し拠点とするのは難しい。当たり前であるが、制空権はロシアが握っている。

 従って、目論見はハンブルクでのプーチン氏への辱めなり政治的な抹殺なりであろうが、US、UK国内、ドイツ、日本人よりは英語力のある仏でのRT,スプートニクの影響力を考えると、うまくいくだろうか? ロシアサイトはテロリストからの化学兵器攻撃の可能性のある地域をイドリブ県の2か所、ヨルダン国境の県を想定し発表している。MSMへの対抗策は講じているが、瞬時になされている。軍事的な動きを早くから把握しており、軍事面、情報戦のどちらも事前の用意がなされていたかのように思える。

 荒っぽさはサウジのカタールとの断交の進行に似ており、シナリオライターは同じか、同じ類の頭脳明晰力をもっていのであろう。


3. 2017年6月30日 23:43:40 : FZOPvgNti6 : WbRMTCel7Ko[17]

局地的にでる可能性はあるかもしれないが、全面侵攻は不可能、歴戦のシリア軍、イラン軍、レバノン軍、シーア派民兵、ロシア軍と戦うはめになる。
米兵が100人も死ねば国内が大騒ぎになって収集がつかない。

第三次世界大戦を覚悟すれば別だが、トランプは世界大戦はやらない。いずれにせよ終わらせかた、名誉を保ってのアメリカが撤退方法ということになるだろう。


4. なか[135] gsiCqQ 2017年6月30日 23:54:42 : bMKpwBNZyo : CdRCE4TsFpc[45]
またまた嘘をついて口実にですか?

5. 2017年7月02日 10:56:01 : t0YNtD8diM : 0@82Toj9tw4[78]
戦争ビジネスで弱い市民が死んでいく、アメリカ文化とアメリカ人は好きだが戦争屋としてのアメリカは嫌いだ

今回はロシアと真正面と戦争してロシアに叩きのめされることを希望する


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b20掲示板  
次へ