★阿修羅♪ > 戦争b20 > 714.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
目を背けないで読んでほしい! もう一つの8月9日! 
http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/714.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 09 日 20:31:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

目を背けないで読んでほしい! もう一つの8月9日!
http://79516147.at.webry.info/201708/article_102.html
2017/08/08 23:11 半歩前へU


▼目を背けないで読んでほしい! もう一つの8月9日!


 8月9日は長崎に原爆が落とされた日である。この日、ソ連軍が日ソ不可侵条約を破って、満州(現在の中国東北部)に侵攻した。

 満州に移住した日本人開拓団を守ってくれるはずの関東軍(日本軍)は既に撤退した後だった。彼らは東南アジアや太平洋戦線に送り込まれていた。

 そこへソ連軍が無差別攻撃をかけてきた。逃げ惑う日本人入植者に情け容赦なく砲弾や銃弾を浴びせ、戦車でひき殺した。沖縄戦と同じ殺戮が満州各地で繰り広げられた。

 必死で逃げる日本人入植者たちの敵はソビエト軍だけではなかった。日本に土地を奪われた中国人が集団で怒涛のように押し寄せ、金品や食料などすべてを略奪した。ツルハシや斧(おの)で殺害された日本人もいた。

 大混乱に陥った日本人開拓団の集団自決が相次いだ。新京(現長春市)の近くにいた熊本県出身の来民開拓と広島県出身の高田開拓団は、ほぼ全員が自決した。

 互いの頭を銃で撃ち、のどを刃物で突いた。毒を飲み、母親はわが子の首を絞め、自分は首を吊り、爆薬を爆発させて自害した。沖縄戦の集団自決が満州でも再現された。 

 戦争は弱い者に犠牲を強いる。戦争は絶対してはならない。こんな悲しいことは繰り返してはならない。 8月9日が明けた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月09日 21:23:12 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[233]
日本国憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


日本国憲法第九条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


2. 2017年8月10日 10:46:58 : 75b9cFpVWI : pZc389uq6zM[185]
昔も今も、国(御上)の言うことを信用したら駄目!

自分で考えることを身に付けよう。

そうすれば、万が一の時でも機転が聞く。

前文科事務次官の前川氏の座右の銘が「面従腹背」ということで、国の役人と言えども大事なことである。

世界大戦のとき、政府の意向に逆らってナチスから逃れるユダヤ人に日本経由のビザを発給した杉原千畝も同じ。

つまり、自分でものごとを考えることが自分を救うことになるのである。


3. 2017年8月10日 11:15:40 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4105]

と言うより、

自分と相手、そして環境を良くみることだ

勝てる戦争は確実に勝ち

負ける戦争はしない

そういう賢さを持つことが重要


そもそも社会保障に依存する膨大な弱者がいる現状では

国家に依存しないことなど不可能なのだから

バカなブサヨの宣伝にも

頭のおかしい極右の脅しにも惑わされず

賢く判断することだ


4. 信陵君[314] kE2Xy4xO 2017年8月10日 12:55:18 : FHbOK8ccaQ : suJGLvxWI0w[1]
3>言ってることがおかしい。勝てる戦争もしてはいけない。相手国の同盟国などに攻撃されたり、際限なく戦争に巻き込まれることになる。

社会保障に依存する膨大な弱者>その弱者から税金を強奪している国家こそが
国民に依存しているのだよ。国民こそが主権者。


5. 2017年8月10日 17:24:41 : jmit1K30uA : M0jnRVkCWao[1]

>>3.

勝てるから戦争をするという論理に正当な理由の欠片もない。

人間なら最も愚かな人格の状態で畜生以下の存在まさに鬼畜。

平和ボケ著しい馬鹿ウヨは戦勝なら人は死なないと思うのか。

人の諍いを静め権力の傲りを諌める勇気と人間らしさを持て。


6. 2017年8月10日 17:57:17 : E7nxdlgiMH : 8fQ5FiRkiYc[1]
4さま、5さま、まったくおっしゃる通りです 付け加えることはありません
愚かで頭が悪いは立ち直ってくれるでしょうか 彼は脳を取り出して、たわしでごしごし
洗わなければいけません

後段には一言いいます
社会保障に依存する膨大な弱者がいますね
一方で、社会制度を捻じ曲げて、不当な暴利を得る強者もいます
それは「公平・公正であるべき社会制度が不当に歪められた」結果である

弱者は強者であった 強者は弱者になるであろう


7. 2017年8月10日 17:58:22 : E7nxdlgiMH : 8fQ5FiRkiYc[2]
投稿の本旨に戻りますと、地域の公立図書館に通った時期がありまして
満蒙開拓団の歴史、帰国者の証言等、膨大な資料が残っており興味深く読んだ

ひとつの村落が集団自決した話や、徒歩で移動中全員ソ連の戦車に轢き潰されたとか
はたして生き残りがいて帰国後に証言をするとは、そんなことがあり得るのか
どこまでが目撃した事実で、どこまでが伝聞で、どこまでが創作なのか、判断しかねる
部分もありますが、総体として、おおむねそういうことがあったことは事実だ、
ということは、おそらくまちがいありません

今の総理大臣とか官房長官を見ればわかります 国家など信用すると、ロクなことがありません


8. 2017年8月10日 18:14:09 : E7nxdlgiMH : 8fQ5FiRkiYc[7]
軍隊の非人間性や開拓団の悲惨さは、映画「人間の條件」仲代達也主演を見ると
その一端を垣間見ることができます 現実はもっと悲惨だったことは言うまでもありませんが
日本人必見の映画です

9. 2017年8月10日 18:44:25 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[236]
>>1の憲法前文と憲法九条を町のそこかしこで唱え日本全国で其れを唱え、
憲法前文と憲法九条の暗唱又は朗読の地方大会、全国大会を開催するようにすれば、
市民が変わり国民が変わり国家が変わり今の日本国憲法に則した日本に成っていくのではないでしょうか。

10. 2017年8月10日 21:29:39 : hyEQL9xgYu : k5UBbXQ5ICI[105]
殺し殺され、何にもならんのが戦争。
しかし、儲かることがあるのでやめられぬ。
今は、世界支配の夢を見て、狂人どもが仕掛けを繰り出す。
何も知らない連中は洗脳の洗礼を受けロボットと為す。
戦争という作り話が現実に現れた時は、戦争以前の苦悩が始まる。
戦前のあり様が全てを決する・・ここでやられたらアウトだ!!
今がその時だ。

11. 冷笑者[30] l@KPzo7S 2017年8月10日 23:19:04 : mbgNsq5N8A : pb1ojSXDuBA[1]
赤かぶさんの言葉に楯突くようだが。関東軍は南方転属・本土防衛で弱体化していたとは言え、兵隊だけはいたのだ。いたから何十万もシベリア送りにされたのだ。

ソ連軍がドイツ降伏の3か月以内に米国の要請に従い日本を背後から攻撃することはヤルタ会談の大密約で、その情報は在ロンドンのポーランド正統政府のユダヤ人イワノフを通じてスウェーデンにいた小野寺大佐が掌握し、大本営にも伝えられていた。期限ぎりぎりの8月8日ソ連は対日宣戦し、翌日満を持してソ連軍は越境した。国境線の関東軍守備隊は壊滅し、満鉄沿線の関東軍は駅に押しかけていた満蒙開拓団の婦女子に銃を向けて乗車させず、自ら(とその一部家族のみ)朝鮮へと南下した。軍が国民を守らず、防衛線再構築を名目に逃亡するという世界の戦史上例を見ない醜態を演じたのである。
ソ連参戦必至の情報はあったのに、国境線近くの開拓団の撤収をサボったことについて瀬島参謀は弁解しているが、「起こってもらいたくないもの」を見ず、対策をしない日本人独自のオツムの弱さがあったのだ。欧米人は何をおいても最も避けたい悲劇の回避から始めるのに何たる情けない国民性!世界最悪の原発事故を起こしながら漫然と原発再稼働を続ける政府とそれに盲目的に追従する日本人の姿とそっくり重なるではないか?ドイツ人スイス人は呆れ果てている。

ソ連軍の程度の悪さは囚人服の連中がいたことでもわかるが、大連市などの都会地では非行兵士を列車に追い詰めたカーゲーヴェー職員が現行犯として射殺する場面も見られたと聞かされた。もちろん他人の目がなければ見て見ぬふりだったようだ。日本人に農地を奪われた地元民の仕返しは当然あったが、現地人を大事にしてきた日本人は大切に扱われたと経験者から聞かされている。そういう土壌の上に例の中国残留日本人孤児の物語があるわけだ。憎しみばかりなら、何で皆殺しにしなかったのだろうか?孤児を育ててくれた中国の母親にはどんな感謝の言葉をおくっても、日本人全体感謝のし過ぎはない。世の嫌中論者は多分そういった人間らしい感情のないカタワものだと思う。

私はハルビン戦車隊の生き残りから大変良い話を聞いたので、披歴しておきたい。
彼らはソ連軍の自動車部隊に配属され、使役されたのだが、ソ連軍将校団は大変垢抜けした紳士的軍人で、自分たちに配給される砂糖・タバコなどを集めて確保し、それを日本人捕虜に回してくれた。それを知った日本人は恩を感じて仕事に精を出し、友好的雰囲気が生まれた。対してドイツ人捕虜は頭からロシア人をバカにして口もきかず、気を許した日本人を小ばかにしたと。
シベリアでの重労働ばかりかと思っていたら、やはり技術系は厚遇されたのだ。戦争は運しだいと言われるが、まことにさまざまな体験があったものだ。

最後に、敗戦後満洲には100万近い日本人がのこされた。日本政府は彼らを内地に引き揚げさせることを拒否し、満洲で土になれと言った。国内での飢餓状態を緩和するため、棄民政策をとったのである。体験者なかにし礼氏の「赤い月」が書いた通り。
日本軍と日本政府にはそのような恥ずべき前科があることを忘れまい。

満洲残存日本人を救ってくれたのは米国だった。蒋介石軍を満洲に送った空舟に日本人を載せて日本に届けてくれたのだ。国共内戦のお蔭だった。日本人は昔から他人の不幸で儲けさせてもらうラッキーな国だったということになる。


12. 2017年8月11日 00:10:07 : EcCl41S2m3 : Hk2u2ImIjSg[1]
逃げ出して肝心の時に居ない日本軍共の批判もしろよ
何のために税金にたかりデカイ面してんだ

13. 年金少な[33] lE6L4I@tgsg 2017年8月11日 05:57:18 : bgxmWQr4xw : WQMc65tQWDs[1]

軍隊は国は守っても、国民は守りません。
組織は組織を守っても、個人は守りません。
自衛隊もそうです。いざ戦争になれば基地は守っても住民は守りません。
それが軍隊です。
だから、沖縄も満州も国民を盾にして軍隊は先に逃亡した。
終戦直前、敗戦濃厚となったため戦争犯罪を追及されるのを嫌った大本営の幹部は記録を焼却しました。
今も昔も小役人の考えることは同じです。保身だけ。

だからこそ、初期の教育の段階で倫理道徳あるいは修身というものが必要なんです。
まぁ嘘を平気でつける亡者にそんなこと期待しても地獄の鬼に笑われるか


14. 2017年8月11日 06:03:34 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[73]

半歩前さんの投稿はいつも興味深く閲覧してるんだけど今回は特に感慨深いものがあった。

あの戦争は何だったのかと問われると真っ先に日本は戦争に負けて本当に良かったと思う。

その理由は、父親が満州から引き揚げしてから十年ほどして自分がこの世に生まれたから。

国民が神国日本の戦勝を信じて祈願し国民皆兵という戦争協力体制が敷かれた時代である。

帝国海軍のハワイ奇襲作戦成功のニュースで戦勝を狂って信じた日本はたった四年で玉砕?

日本が本当に玉砕していれば本土にいてB29の爆撃を逃げたと語る母親は死んでいたはず。

もちろん南方や大陸に侵攻した軍部とその協力者らも本土の支援が途絶え敗戦なき玉砕だ。

戦後生まれは戦争を見て知る訳ではないが今の価値観で冷静に歴史を見ることができます。

あの戦争は何だったのかは愚問。勝てる戦争と狂ったから敗戦色が濃くなって玉砕ありき。

出生の因果を考えるなら玉砕作戦の遂行を固持するような軍隊の放棄こそ日本建国の礎だ。

日本は外国に対してとやかく言う前に日本の権力体質と思想体質の正邪と善悪を知るべき。

未だ商法も謗法も知らず上辺だけ立派で中身は戦争信者の邪宗神社を供養するのは愚民だ。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

15. 2017年8月11日 06:06:32 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[74]

>>14.

正:未だ正法も謗法も知らず・・・

 ⇅

誤:未だ商法も・・・



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

16. 2017年8月11日 06:31:55 : pMJwG7k7Y2 : RjKk7QIE6J8[12]
五味川純平を読むと、当時と今が全く同じ構造だということが良く判る。
善人ぶる無知の加害者ほど始末に終えないものはない。
今の日本は、上から下まで、そういうもので溢れている。

17. 2017年8月11日 08:51:04 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[238]
戦時中の役人や軍隊による美談は有るだろう、人間なんだから中にはまともな人も居る当たり前だ、すべが総て狂う訳でもないだろう。
でもそんな微々たる美談の裏でどれだけの国民や軍人が狂わされて意味も無く死んでいったり傷付いていったのか。
その対比を考えたら僅かな美談なんて平和への屁のツッパリも成らない話、戦争が無ければ無駄に死んだり傷つく人は居ないのだから。
戦争の根源を見れば総てが金持ち連中のマネーゲームそんなマネーゲームに国民は付き合わされるべきではない、そんな事を言っているだけでは巻き込まれるのは目に見えている、だから皆で国や権力者が隠す事実を暴き勉強して、自分の声を挙げて戦争を回避させるしか無いのではないか

18. 不眠症[775] lXOWsI_H 2017年8月11日 09:55:40 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[778]
,

 昭和 20年 8月 9日 長崎に 原爆が 落とされた日。


 ソ連軍が 日ソ不可侵条約を破って、満州(現在の中国東北部)に侵略。


⇒『自衛隊は 殺人組織』の 日本共産党 藤野バカ 以外の 日本共産党員にも


 『ソ連軍も 殺人組織 では?』と 歴史認識を 聞いてみたくなった。


、 


19. けろりん[2970] gq@C64LogvE 2017年8月11日 10:29:02 : HUdEeJMsbA : Uq0FjHijzUE[21]


>勝てる戦争は確実に勝ち
>負ける戦争はしない
>そういう賢さを持つことが重要

w
けっさくな論理展開___だな?


この>3.のぢぃさん、
[ n7GottskVWw コメント履歴 ] 眺めて見れば、
原因と結果をまるきり反対に観察する
「 そういう賢さを持つ 」
代表的・ネトウヨ脳__さんだ。

______________________________

日露戦に、完全勝利し・・・、
台湾・韓国半島をソックリ併合できる
怖いものナシ状態で、満州に繰り込んだ
完全に”勝てる”_戦争だったので
関東軍は、民間開拓民を引き連れて乗り込んで行った。
「 そういう賢さを持っていた 」わが関東軍だった。
・・・おまけに満州には戦争をしに行ったんじゃ無い。
勝てる戦争は確実に勝ったッ! アトで・・・、
開拓しに入って行ったんだ・・・・。

わかりた?___>3.の ネット難民ぢぃさん?



20. けろりん[2971] gq@C64LogvE 2017年8月11日 10:34:44 : HUdEeJMsbA : Uq0FjHijzUE[22]


アフォウ展開___開陳しながらの・・・、
『 そういう賢さ 』・・・・とは、

どういうカシコサ___なんだろう???



[ 4105 ] ___もの投稿数値、
・・・ムカシからの、阿修羅貼り着き大張り切り
ネトウヨおぢぃさん___なんだろうね


>3.さん。
アンタ・・・・W


21. 2017年8月11日 15:03:32 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[241]
>>18さん
戦争になれば普通の人は狂うか殺人者に成るしかないんですよ。
ソ連も、アメリカも、日本も、他の国の人たちも。
指導者が狂って戦争を始めたら簡単には止まりません、
殺すか殺されるか、その結果、復習の連鎖、憎しみの連鎖が発生しますから。
良い戦争なんて有りません、勝者が困るから正義の戦争、良い戦争と言っているだけです。

22. 斜め中道[1860] js6C35KGk7k 2017年8月11日 16:23:57 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[992]
>>21 さま
そのとおりだと思います。

23. 冷笑者[33] l@KPzo7S 2017年8月11日 22:56:35 : 3j8oiTKJWY : XewMvQX5E0M[2]
不眠症氏に一言。
ソ連軍の満洲侵攻の背景をご存知ないようだ。ヤルタで米国は日本の背後をドツかせるためにソ連を抱き込みにかかり、中立条約を破棄して背信的に日本を攻撃する代償=成功報酬として南サハリンとクリル諸島を与えることにした。米国務省はそのさいクリル諸島のどこまでソ連に与えるかの歴史的な検討をしなかった。本来国後・択捉は日本固有の領土とすべきを怠ったのである。ソ連参戦に道を開いたのは
米国であったという明白なの事実をまず確認してからのことだ。

なお、日本は近衛を特使としてソ連に送り、連合国との講和の仲介を頼もうとしたが、対日参戦準備中のソ連は拒否している。中立条約の再延長もしないとしているし、シベリア鉄道を通って帰国する日本政府・軍関係者らは赤軍戦車の東方移送を
目撃しているゆえ、真珠湾のようなまったくのtreacherous attackとは言えまい。

ヒトラーの対ソ開戦時に南進策を決めていた日本は「関東軍特別大演習」で協力ポーズを示すだけに止めたのだが、「狐と狸の化かしあい」であり、「お前を助けてやったではないか」とソ連に恩を着せるほどのものでもあるまい。ヒトラー完勝でソ連崩壊なら、直ちに日本軍はシベリアに展開し、ナチと同じく共産党関係者を皆殺しにしていたのは疑いない、

満洲は本来中国のものである。満州事変を自国の脅威としたのは中国と米国(スティムソン国務長官は即時対日開戦を主張)および1922年のワシントン会議の
9か国条約諸国であるが、国境を接するソ連も同じだった。蒋介石が日中戦争勃発後ソ連の介入・参戦を工作・依頼したのも当然だった。もしこの段階でソ連軍が満洲に入ったなら、中国側は大歓迎で、日本の傀儡満洲国は民衆反乱の中で崩壊していた可能性がある。
もちろん米英の最大の敵はソ連だから、米英は直ちにヒトラーのソ連攻撃を唆し、第二次世界大戦は起こっていないことになる。スターリンはそれを避け、最終的な勝利の美酒をゆっくりと味わおうとしたのだ。
歴史にifはないことになっているが、さまざまな計算と誤算の交錯だ。
トランプはどんな計算をし、キム3世はどんな誤算をするのか、避けるのか見ものだ。


24. 2017年8月12日 06:09:54 : b4IfJ6g4LY : gUd8HSH082o[2]
嘘つくな。満州は満人のものだ。中国なんて毛がつくったろ。シナ5000年はあるが、中国5000年は無いぞ。中華民族なんて存在せんよ。嘘つくな。満州泥棒中国。

植民地白人の手先になって日本を攻撃した中国人、、。有色人種の裏切りだ。中国人の精神の異常性が示すところだ。


25. 金太マカオに着く[180] i@CRvoN9g0qDSYLJkoWCrQ 2017年8月12日 12:22:47 : 7Mao2VQWW2 : E5G9pNPmu9I[245]
しかし半歩前はいつも悪質な文章を書いて反吐が出るな
軽く安倍批判をして信用させるちょっとだけ高度な工作員だが、
こういうところでボロが出る

まず日本が百万の兵を送り込んで何をしたかは無視して被害だけを書いている
日本人が略奪・強姦・殺戮された?
日本がやったことを逆にやられると問題なのか?
半歩は知恵遅れか?

ここのポイントは皇族である東久邇宮が終戦処理会議で「日本人は帰ってくるな」
と決定した棄民のことだろ?
軍幹部だけ早々に帰らせて、その他は敵と仲良く暮らせってことだから死ねってことだ
日本兵はロシアでも強姦しまくって性病が蔓延して困っていた
金品のみならず美術品、文化財まで略奪して、その骨董品をアメリカに売っていたのが東久邇宮
殺戮・略奪部隊をけしかけたのが朝香宮

で、日本は何が目的で海を渡って満州をとりに行ったんだ
朝鮮人天皇の故郷だからだろ
そこで被害だけを語る阿修羅・半歩前は日本人にとって非常に危険な存在なので半島に帰れ

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

26. 2017年8月12日 21:30:57 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[75]

>>25. 金太マ・・・
>半歩前はいつも・・・

お前の方がよっぽど不潔で汚らわしい!

半歩前さんはこれから大きく一歩前進する男だ。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

27. 2017年8月13日 18:37:11 : Q82AFi3rQM : Taieh4XiAN4[1081]
26氏に共感します。

 最近やたら投稿しておられるが、内容は「半歩後ろへ」
と皮肉りたくなるような「為ニスル」臭いが感じられて、
なんか真実味を感じない。
(この点天木氏と一緒だが、天木氏に自覚はなく半歩氏には自覚がある。)


28. 2017年8月13日 21:01:43 : gyc7yXtbq2 : Hs4vrNfs41c[266]
>>25さん
あなたのコメントを見て、再度記事を読み直したが何もおかしい記述は無いと感じます。記事の最終段に↓の様に書いてます。

> 戦争は弱い者に犠牲を強いる。戦争は絶対してはならない。こんな悲しいことは繰り返してはならない。 8月9日が明けた。

そういう思いで戦争の悲惨さ無意味さを言っているのですから、それで良いのではないでしょうか、総てを網羅して書く訳にも行かないと思います。
記事を読まれて足りない部分が有ると思えば貴方が記事を書いてアップしたらいかがですか。


29. 不眠症[781] lXOWsI_H 2017年8月14日 11:06:25 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[784]
,


 昭和 25年 6月 25日 北朝鮮が 国境 38度線を 越え


 韓国を 侵略した 朝鮮戦争も 同じさ…


 極左全体主義の 共産党 労働党 に 良識など 無い…


 国民は 極左党に 安易に 票など 入れない。


 反戦運動を 反米運動に 利用する 極左の 不逞の輩に 御用心下さい。


、 


30. 2017疾風[63] glGCT4JQglaOvpWX 2017年8月18日 07:57:35 : nBrcXfYipc : rJXd2ZCkanY[75]
やはり、太平洋戦争で当時の日本国民が蒙った悲惨な体験を知らないと正しい判断はできないんじゃないですかね。戦争というのはやる以上、絶対に負けてはだめだとつくづく思いますね。

野獣の館と化した収容所―満蒙開拓団女性の悲惨極めた敗戦の夏
(当時四合成開拓団家族の来須富子氏手記より抜粋―女性たちの太平洋戦争 新人物往来社)

(略奪で丸裸にされた開拓団員)
九月十日、慶安満拓公社跡に入った。そこで最初に見たものは、この世の様とは思えぬ不思議な情景だった。
三々五々、女の人達がかたまっている。それがみんな裸なのだ。子供の頃、母と行った銭湯を思った。九月も中旬になれば霜が降りる。それなのに肩に手拭いを一枚かけて、下は腰巻のようなものを巻いていた。
「どうしたというんだろう?これが戦いに敗れた者の姿なんだろうか・・・・・」
私達が入ったと知れると、どこからもなく多勢の同胞が集まって来たが、ほとんどが裸同然だった。ブラウスを肩から引き裂かれた女の人もいた。彼女は満州人に襲撃された様子を、泣きじゃくりながら私達に話した・・・・・

四日目、口にするものはなんにもない。誰もが井戸へ水を呑みに行って来ては、のたり、くたりしていた・・・・・まだ朝日がきらきらしている時間だった。突然、誰もが黙り込んで一方を見た。「何だろう?」私も見た。十八、九の髪の長い体格のよい娘さんが、二人の兵隊にはさまれ、後ろの兵隊に銃口を背中に突き付けられて、空き家に連れて行かれるところだった。引き裂かれたブラウスが、わずかに肩にかかって、両手で胸を隠すようにして、項を垂れて歩いていた。「どうしようー連れて行かれる!」歯軋りするほど悔しかった。妻が連れて行かれるのを見て、夫が「止めてくれー」、叫んで立ち上がったとたん、「ずどーん」と一発。大勢の前で、もんどり打って倒れたそうだ。手出しは絶対に出来ない。ただ、見送っているより仕方がなかった・・・・・
以上抜粋終わり
ソ連の憲兵の中にも日本人の難民に対する犯罪の現場を目撃するとその場で犯人を射殺するようなことをするのもいたらしいが、焼け石に水だったんじゃないですかね。




  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b20掲示板  
次へ