★阿修羅♪ > 戦争b21 > 134.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
空爆激化、市民の犠牲相次ぐ=シリア東部のIS掃討作戦  AFP
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/134.html
投稿者 ダイナモ 日時 2017 年 9 月 15 日 20:32:18: mY9T/8MdR98ug g1@DQ4Npg4I
 

【9月15日 時事通信社】シリア東部デリゾール県で、米軍主導の有志連合とロシア軍の空爆が激化し、女性や子供を含む民間人の犠牲者が相次いでいる。空爆の狙いは、敗走する過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討だが、過去1週間以内で少なくとも100人の市民が死亡。巻き添えの被害が収まる兆しはない。

 デリゾール県では、アサド政権軍が5日、ISが約3年にわたり張っていた県都デリゾールの包囲網を突破。クルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)も9日、政権軍と競うように別方向からIS掃討を開始した。デリゾール県はシリア屈指の油田地帯で、双方は戦略的に重要なこの地域の支配権確保を急いでいるもようだ。

 ロシア軍はアサド政権軍を、有志連合はSDFをそれぞれ空爆で支援。地上での進攻作戦が活発になるにつれて、空爆も増えているとみられる。

 在英のシリア人権監視団によると、デリゾール県では14日、ロシア軍と有志連合によるとみられる別々の空爆で計39人の市民が死亡。12日にも、ロシア軍と有志連合によるとされる空爆で計35人が犠牲になった。ロシア軍は、激化する戦闘を逃れようとした避難民のテントを攻撃したという。10日には県都を流れるユーフラテス川を渡って避難していた船がロシア軍の空襲を受け、34人が死亡した。(c)時事通信社


http://www.afpbb.com/articles/-/3143087?cx_position=19  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月16日 17:41:15 : 1P1Roemzwg : cpeiGfCK_yQ[21]
アレッポで反政府側が負けそうになっていたときもAFPは何度もこんなことを書いていたな。停戦だ、人道のために停戦だ、停戦だと。

その停戦ががいつまでも戦闘を続けて住民がさらに苦しむ結果になった。アレッポの住民が平穏を取り戻したのは停戦などぜす、戦闘の決着、つまり政府軍が勝利したあと。


2. 2017年9月16日 18:04:09 : no31X615y2 : MLXvQrwDTgc[481]

>米軍主導の有志連合

これが未だに信用できない。いない方がマシなのだが。

>ロシア軍は、激化する戦闘を逃れようとした避難民のテントを攻撃したという

デタラメだろう。ソースはあの悪名高き在英の「シリア人権監視団」である。此奴等が英国内でテロに遭う事は100%ない。


3. 2017年9月16日 22:14:56 : caDDyxuZVY : YCsvou154w4[22]

 世に手袋なるものがあって、左右取り換えれば、ひっくり返しても手袋として使用可能である。

 さてと、ひっくり返した手袋は、裏側を表にしても機能は変わらない、手袋制作過程の巧劣を眺めつつ、寒さに、汚辱に耐えんと身につけるのも一興か。

 MSMの報道の意図はデリゾールはシリア政府軍が解放したが、ラッカ解放をほっぽり出して、政府軍のデリゾール進軍の進展具合に驚いて付け焼刃よろしくデリゾール地域に接するシリア北東部のハサカから進軍したSDFへのよいしょ記事を広めることであろう。クルド勢力を主体とするSDFのISILを撃破しての進軍?なにをおっしゃるか!ISILとの裏取引でのSDFの支配地域拡大の宣言でしかない。シリア中部に広がる砂漠地帯ではシリア政府軍とISILとの壮絶な戦闘が繰り広げられていた。ISILの精強部隊が占拠防衛にあたっていたため、ロシア特殊部隊の強力なアシストなるものが必要であった。その一方で今回のSDFの進軍は空にむけて銃声をとどろかし、US提供の車両にのってのパレードであったであろう。

 この進軍には決して閑暇できぬエピソードが先行している。戦況の悪化が鮮明になるなか、デリゾールに展開していたISILの高位の非イスラム人員がUS軍のヘリコプターで救出されSDF支配地域のハサカに運ばれていた。今回のSDFの進軍には、救出され移送されたメンバーがおおきな力を発揮したと想像するのは、個人的には、チャーミングな考えと思っている。

 現在、情報はやや錯綜しロシア、イラン発のニュースにはシリア軍がユーフラテス河を渡ったとの記事は載っていない。しかし西側世界に属するオルタナティブサイトであるサウスフロントクライシスでは、ロシア外務省報道官の女史がさわやかな赤い勝負服?で声明を読み上げている画像を見ることはできる。それによると、シリア軍は既に渡河し陣地を設営したと。更に本日、9月16日のスプトニク国際版ではSDFメンバーがデリゾール地域でロシア戦闘機の銃撃で負傷したとの報道がなされている。渡河後の陣地防衛のための威嚇射撃かと思われる。

 この間の事情はSDFが声明をだして、シリア軍は俺たちが到達した地域にはユーフラテス河を渡ってくるなと要求している事に対してシリア政府、ロシア政府が同意していない状況にあると想定すれば説明はつく。

 先に記載した、ISIlメンバーのUS軍による救出・移送作戦の後にAFP記載のユーフラテスを渡る民間人乗る船が空爆され死者がでたとの報道は、きっと高位のISILメンバーをのせていたことであろう。ロシアからのISIL要員の救出移送への非難があって、河路での作戦になった故と思われる。

 ラッカ解放をおっぽりだしてのデイゾールへの進軍、USのご都合主義もここに極まれり、か。彼らはISILとは戦っていない、その例証の一つである。


 

 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ