★阿修羅♪ > 戦争b21 > 385.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界トップレベルの日本の潜水艦技術を決して甘く見てはならない!―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/385.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 11 月 28 日 23:33:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

28日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の潜水艦技術について紹介する記事が掲載された。資料写真。


世界トップレベルの日本の潜水艦技術を決して甘く見てはならない!―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b223164-s0-c10.html
2017年11月28日(火) 23時0分


2017年11月28日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「日本を甘く見るな、潜水艦技術は世界トップレベルで、米中ロを超えた」と題する記事が掲載された。

記事は、日本のそうりゅう型潜水艦・しょうりゅうが最近進水したことを紹介。そうりゅう型潜水艦は、日本が初めて非大気依存推進(AIP)を採用した潜水艦で、現役では世界最大の排水量の通常動力型潜水艦だと伝えた。

記事はまた、前世代のおやしお型潜水艦は2004年に建造し始めた1隻が最後で、その後、潜水艦の「平成16年度計画」としてそうりゅう級の研究開発が始まったと紹介。そうりゅう型の特徴について伝えた。

その一つが動力システムだ。おやしお型もそうりゅう型も、ディーゼル機関2基と推進電動機1基を装備しているが、記事によればそうりゅう級は総出力が1万1900馬力で、おやしお型の1万1150馬力を上回っているという。また、そうりゅう型はAIPを採用しており、潜水時間が長く静かなため、ステルス性が増しているとした。

武器システムにも注目している。「そうりゅう型はHU―606の533mm魚雷発射管を6門装備しているほか、89式魚雷、米国製のMK37魚雷、ハープーン級USMなどがある」と紹介。また、「ひそかにトマホークを装備しているとの報道もある」とした。

もう一つがソナーシステムだ。そうりゅう型にはZQQ―7が採用されているが、艦首下方の艦首アレイ、側面アレイ、曳航アレイなどで構成されているほか、性能が向上した魚雷警報装置も備えているという。

記事は最後に、「通常動力型潜水艦では日本は米国やロシア、中国より進んでいる」と主張。「中国には039型潜水艦があるものの、排水量でそうりゅう型とは比べものにならない」と論じた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「日本の技術が米国を超えたとは言い難い。でも中国より上であることは間違いない」「われわれの潜水艦はフランスや英国と比べられるようなものだろうか」「日本の自動車を見ればすごさは分かる」など、おおむね日本の技術力を評価するコメントが並んでいる。(翻訳・編集/山中)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月29日 20:57:35 : ASF2inKWF6 : YoyTHXJCe8Q[2]
原子力潜水艦をサメに例えるなら、ディーゼル燃料電池潜水艦はクラゲだろう。

なぜそうなるのかと言うと、原子力潜水艦は必要ならば40㌩に近い速度で、しかも半永久的に逃げ続ける事ができるのに対し、ディーゼル燃料電池潜水艦は最高でも20㌩程度、しかも2時間も全速航行すれば艦内の電池は全て使い切ってしまう。電気のない潜水艦は沈むしかない。AIPはディーゼル潜水艦のように潜望鏡深度まで浮上してうるさいディーゼルエンジンを動かして充電する必要はないが、敵が警戒している海域から高速で逃げ出せないのは同じだ。原子力潜水艦のように全速で安全な海域まで逃げ続ける事ができないのである。

またディーゼル燃料電池潜水艦は原子力潜水艦のように船団護衛が出来るわけではない。つまり、シーレーンの護衛には使えないのである。敵が現れると思われる海域でひたすら敵の出現を待つ事しかできない。このような兵器は本土や島の防衛には有効だが、後は第二次大戦時のドイツ軍のように定期航路を航行する民間船を待ち伏せして撃沈するしかない。

その様な使い方しかできないディーゼル燃料電池潜水艦を世界最大の排水量にしてどうするつもりなのか。旧ドイツ軍のように遠洋で民間船を待ち伏せして攻撃するならともかく、どうせ国内での沿岸警備にしか使えないのである。

もし宣戦布告無しに他国の海域に潜入すれば戦争行為であり、ミサイルを発射すればただちに発射地点はレーダーで探知されて対潜哨戒機が向かうであろう。三日四日と遠くに逃げられずに飛行機や軍艦にソナー探知されてはさすがのAIP潜水艦も無事で済むとは思えない。何せ世界最大の排水量なのだからそれなりにソナーにも引っ掛かりやすい。

今のドイツが2000dクラスの小型潜水艦しか造らないのは、それなりの合理性があるからなのだ。


2. 2017年11月29日 23:56:36 : d20IYwvDVE : 6fYRUWxeMTY[32]
単に大きくなってしまったってだけ
スターリングエンジン搭載ですから、しかもスエーデンSAABの設計
http://saab.com/naval/Submarines-and-Warships/technologies/The-Stirling-Engine/
別に日本独自じゃないし、スエーデンではネッケン、ゴトランド級に使われてるし

>1.

>AIPはディーゼル潜水艦のように潜望鏡深度まで浮上してうるさいディーゼルエンジンを動かして充電する必要はないが

別にAIPは発電機であって、起動させておいてリチウムイオン電池に充電
推進力はモーターで出す訳、だから水中速度には関係ありません

ただ、パッシブ探知技術の進んだ時代において、原潜より静粛性では勝るのも事実
原潜はどうしても冷却ポンプや熱散乱は隠しきれないからね
結局は深く静かに潜航せよってのは現代の潜水艦技術でも使えるんだよ。

まあ使い物になるかはわからん
だが、


3. 2017年11月30日 01:37:49 : zIwRwnf2p6 : _U6I3pEr1QE[1]
>>02

リチウムイオン電池だって電気を使い切ってしまいます。スターリングエンジンは低速時に電池に電気を供給できますが全速疾走できるほどの電気を供給できるわけではありません。そんなマネが出来たら原子炉はお払い箱ですよ。

原潜より静粛性では勝るのも事実と言うけど、敵側にしてみればミサイル発射地点を中心にして索敵するわけです。例えばミサイル発射後に対潜哨戒機が発射地点に到着するまでに原潜はミサイル発射地点から5海里離れたとします。ディーゼル燃料電池潜水艦は電気を使い切ってしまうと沈んでしまうので全力疾走するわけにはいかない。せいぜいミサイル発射地点から1海里離れたとします。ソナー音波の強度は距離の二乗に反比例するから潜水艦の静粛性が同じ場合ディーゼル燃料電池潜水艦は原潜の25倍もソナー反射音波が強い事になるのです。しかも索敵面積もミサイル発射地点を中心とする円を描くと25倍。

つまりミサイルを発射してレーダーに発見された場合ディーゼル燃料電池潜水艦は原潜に比べて25倍も見つかりやすく、さらに原潜を発見できる25分の一の時間で発見されてしまう可能性が高いのです。さらに索敵の間も原潜は500mもの大深度に潜りながら40㌩以上の速度で逃げ続ける事ができる。逆にディーゼル燃料電池潜水艦は探知されないように、電気を消耗しないように5㌩以下の低速で逃げるしかありません。

これだけ不利だとディーゼル燃料電池潜水艦でミサイルを発射するのは、一撃で敵を沈黙させない限り自殺行為ではないのでしょうか。


4. 2017年11月30日 13:26:15 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4479]

あほらしい

安い海中ドローンを大量に配備すれば、日本の潜水艦など無力だよ


5. 2017年11月30日 23:38:51 : PQXJWdncjo : PyeAYx@OGno[22]
>>3.

原潜は出力の高い無酸素機関が無かった時代に作られたものですよ
有ったのはワルター機関、低出力のスターリングエンジンぐらいでしょ
だから原潜が作られた、ソ連は最初ワルター潜水艦を作ってたみたいだけど

大戦中の第七十一号艦でも水中速力21.3ノット、潜高型で水中で19.5ノット
出たことから、
公には巡航約20ノットとされているがもっと出るはず。
75キロワット4基だから300キロワット有ります

>敵側にしてみればミサイル発射地点を中心にして索敵するわけです

アクティブに対しては、吸音タイルやマスカーで対処できるやん
それにね、スイムアウト方式で発射して水中航行の長い発射方式になってるよ

>電気を消耗しないように5㌩以下の低速で逃げるしかありません。

大戦中の伊号潜水艦ですか?そりゃそうですね、君の言うのは何時の時代かな?

2,600馬力程度の大戦中航洋型と比べたら今のは8000馬力以上は有りますよ
前期の潜高型で5000馬力で19ノット出たわけですから。もっと水中抵抗は洗練
されているから30ノット近く出るね
電池でも特D型 2,088基、ミカン箱ぐらいの大きさが有る鉛蓄電池です。
現代のはリチウムイオン電池でインバーター制御です。交流モーターですから
効率が全く違うのは解るでしょ

今の潜水艦は水中巡航速度で20ノットはでます、最高速度や航続距離は機密ですが
君は時代錯誤してるんですね。



6. 2017年12月01日 00:50:47 : 83GXd9dZ66 : _0cLe7bAtsA[3]
>>05

君はカタログを額面どうりに受け取るタイプだね。

まずはワルターボートについてだが、最初に造ったのはドイツだよ。ワルターはドイツ人だろ。ロシア人の名前じゃない。ワルターボートは電池で20ノットも出せば一時間も持たないのでは。

>吸音タイルやマスカーで対処
それにだって限界はある。一定距離以上間隔をあけないと高周波アクティブソナーに引っかかるだろう。それにパッシブセンサーだってある。距離が近いと磁気センサーにも引っかかる。とにかく敵との距離が近くて良い事はないよ。

実際に潜水艦に乗ってみれば分かるが、16ノット以上出せば自分のパッシブソナーすら使えないくらいに騒音は大きくなる。これは水流による物理現象だからどうしようもない。30ノットも出して敵に気づかれないためには5海里の距離ですら苦しいくらいだ。それに30ノットというのは緊急事態で出す速度であって何時間も航行できるわけではない。例えば30ノットで2時間航行(これでさえ現行のキロ級潜水艦の2倍以上の電池エネルギーが必要なんだが)できたとして、その後は電池の電気がなくなりAIPの発電だけ。敵の追撃が2時間で終わるのを神に祈るしかない。ちなみに第二次大戦中のASW作戦は48時間以上なんてのもざらなんだけどね。

君が信じているカタログ数値よりも、実際に物理でどれだけエネルギーを必要とするのか計算できないと常識で判断する事すら出来ず、日本の技術すごい、で思考停止してしまう。リチウムイオン電池は鉛蓄電池よりも高出力だけど、同じ体積で2倍の電気エネルギーがあるのか。家にEV車がある人ならそんなはずはないと気づくだろう。それに発火しやすいのは潜水艦用としては大きな欠点である。

AIPで巡航速度20ノットとかwその数値は原潜の戦闘速度です。
それ以上の速度はなりふり構わぬ命がけの全力疾走です。
本当に潜水艦がバラバラになってしまうのではないかと思えるほどの大音響ですよ。カタログだけ見て言ってる人には分からないでしょうけどね。


7. 2017年12月03日 00:19:36 : FumULPG9iA : d4hLuGNAdak[34]
>>6.

だからさ何言っての何もカタログで言ってる訳じゃない
史実だよ、君は史実も知らないみたいだからな

電池容量もAIPをどうつないでるかも、機密なのに君が知る訳ないね
知っててそれを言えば、普通は機密漏洩で捕まるもんな

ヘルムート・ヴァルターはドイツ人ですよ、だが当のドイツで作られた
21型はワルター機関ではない、エレクトロボートです
戦後、技術者を連れ去ったソ連が数隻作ったんでしょうが、何勘違いしてるのかね
知らないのだね

戦略攻撃型問わず原潜でも通常は数ノット程度で巡航してますよ
とにかく探知を逃れれば良いわけです、常時高速で有る必要は無いです
そのための静粛性ですよ
其の上、電池の1時間放電率も秘密のベールに包まれています
少なくとも、君が知ってる訳ないのはばれてるよ、
潜航状態で2週間、3ノットで動けるとしても、放電率はかなり低いです
20ノットで動いたとしても、大戦中じゃあるまいし1時間なんて数値には
ならないですよ、技術を混同してますね


ふーん、君は潜水艦に乗っていたの?映画や動画は全て加工されてますよ
知ったかくんよ

ドイツ21型エレクトロボートでも
戦後に接収した本型を使用して行われた対潜訓練では、
当時最も優れているといわれたアメリカ・イギリス海軍の対潜部隊を持ってしても
本型を探知できなかったという逸話が残っているぐらいです
現代の通常動力はこれ以上に静かですよ。



8. 2017年12月03日 12:21:30 : TAikWDSmNg : VPb9CFuTlZ4[3]
>>07

君は基本が出来ていないのだよ。世の中はね、何事も基本を超える事は出来ない。
軍事機密だろうが何だろうが、物理法則を超えるのは不可能だ。

夢ばかり見ていないで、学校に帰ってまじめに勉強したまえw


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ