★阿修羅♪ > 戦争b21 > 853.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリアを軍事力で侵略することに失敗したフランスだが、帝国主義的な野望は捨てていない(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/853.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 24 日 11:36:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

シリアを軍事力で侵略することに失敗したフランスだが、帝国主義的な野望は捨てていない
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201804240000/
2018.04.24 櫻井ジャーナル


 ​エマニュエル・マクロン仏大統領は4月22日、アメリカのネットワーク局、FOXニュースのインタビューを受け、その中でダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)との戦争が終わっても、自分たちが「新しいシリア」を作る上で重要な役割を果たすと語った。シリア人の意思を尊重するというつもりはないと理解できる。

 マクロンがシリアの今後を決める国としてまず挙げたのはアメリカ、フランス、その同盟国、中東の国々。2011年3月からシリアに対する侵略戦争を始めたのはアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟、イギリスとフランスのサイクス-ピコ協定コンビ、そしてトルコやカタールで、そのうちトルコとカタールは侵略勢力から離れている。侵略の継続だ。

 この侵略勢力は侵略のためにサラフィ主義者(ワッハーブ派)、ムスリム同胞団、つまりジハード傭兵で武装グループを編成して送り込んだ。このグループの幹部はCIAから軍事訓練を受けた戦闘員で、​​ロビン・クック元英外相が指摘したように、その戦闘員のコンピュータ・ファイルがアル・カイダ(データベース)である。この仕組みは1970年代の終盤、ジミー・カーター政権の大統領補佐官だったズビグネフ・ブレジンスキーが考え出したもの。ダーイッシュはタグが違うだけで、基本構造は同じだ。

 そのダーイッシュを打ち負かしたのは2015年9月30日にシリア政府の要請で軍事介入したロシア。その戦いにイランも協力している。マクロンはロシアやトルコを排除するとは言わなかったが、新しいシリアを築くためにシリア人自身とイラン人を排除している。勿論、本心ではロシアも排除したいのだろうが、とりあえず軍事的に太刀打ちできないので名前は入れておいたということだろう。

 この帝国主義丸出しの発言をしたマクロンは2006年から09年まで社会党に所属、その間、08年にはロスチャイルド系の投資銀行で200万ユーロという報酬を得ていた人物。そこで、彼はロスチャイルドの使用人と見なされている。

 その後、2012年から14年にかけてマクロンはフランソワ・オランド政権の大統領府副事務総長を務め、14年に経済産業デジタル大臣に就任すると巨大資本のカネ儲けを支援する新自由主義的な政策を推進、マクロンのボスだったオランドはアメリカ政府の侵略政策にも加わる。そしてオランドはフランス国民に憎悪されることになった。マクロンはそのオランドから離れ、「前進!」を結成したのは2016年4月のこと。フランス人はこの目眩ましに騙されたわけだ。

 ところで、イタリアやフランスはコミュニストが強い国だった。そこでイタリアではNATOの秘密部隊であるグラディオが極左を装った爆弾攻撃を1960年代から80年代にかけて繰り返し、コミュニストを弱体化させて治安体制を強化することに成功している。そうした対コミュニスト対策でCIAはイタリアやフランスを含む国々で社会党や労働組合へ資金を投入してきたこともわかっている。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年4月24日 18:44:43 : 5Lu4L8ZTlE : YfL@HBDw4eU[2]
フランスは弱いです。近年はいつも負けております。第二次世界大戦はいうにおよばず戦後もしつこく軍事力を使いましたがベトナムでもアルジェリアでも負けております。シリアもかつてはフランスの植民地でしたが今はもう影響力はほとんどありません。

2. 2018年4月24日 20:52:33 : SHmxpx51d2 : HJlYz4UYAmk[26]

 US、UK、仏3国の思惑は単純に見れば、シリアにおいて、ISIL、アル・カイーダ、種々の反政府武装勢力の衰退が消滅へと向かう前に、こじつけてシリアに軍事進攻をするというものであろう。代理侵略の失敗をみて本体の進軍へと至ったとも云える。

 帝国主義的、植民地主義的な行動そのものである。植民地運営が長かった国では、普通の光景なのであろうか?国内での反対が少ないのであろう?

 シリアに駐留するロシア将兵への危険度が増す、自軍への防衛に手間暇がとられる、その結果シリア政府軍への3国による帝国主義的な攻撃がロシア駐留によっては阻止しづらい。そのようにロシアが先を見通すならば、その一つの解決策として、シリアの防衛力の増強を計ろうとするであろう。

 シリアの防衛力の増大を隣国イスラエルは脅威に感じるであろう。このことはロシアは認識してはいるが、イスラエルへの行動への不信感が増大しており、隣国への配慮は今回はないであろう。

 ロシア外相はS−300のシリアへの供与を考慮するとのコメントを出している。コメントを出したからと言って仏軍が引き上げるはずもないであろうから、供与は時間の問題であろう。

 コメント後には早速にUS高位の軍人がイスラエルに足を運んでいる。

 どうも数合わせの仏軍駐留によってイスラエルが脅威にさらされる上に尚且つ、想定としてあったシリアへのイスラエルからの空爆、ミサイル攻撃が完全に抑制されるだろうから、収支決算はロシアとシリアに分があるように思われる。

 3国の行動は後手にまわっての行動なのであろう、その行動のもたらす反応までうまくシュミレーションしてないのではないかと思われる節がある。

 


3. 2018年4月25日 12:17:52 : 7PFH7UhePM : nTJwnLzArjY[4]
装甲車で、米軍とフランス軍が、北東シリアに侵入したとの報道がある。

米軍の狙いは、新しい飛行場を開設することにあるのではないか、と見られている。

> More American, French Military Convoys Arrive in Northeastern Syria

http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13970204001209


4. 2018年4月25日 17:00:58 : FYv369TSRU : QnzxUAAntQQ[228]
優雅なる 見かけに潜む 残酷さ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ