★阿修羅♪ > カルト20 > 530.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東西本願寺に対する宇宙人の激しい怒りと、未曾有の気象攻撃に恐れおののく安倍政権
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/530.html
投稿者 れめく 日時 2019 年 3 月 20 日 11:47:19: 2a13jxQagsSNg guqC34Kt
 

「ヴ」の表記をなくすとか、リュウグウというデカイ岩に水があったとか、どうでもいいわ。ていうか、水なんかあるわけないと思う。どうでもいいけど。それにしても、あんなリュウグウなんて宇宙を漂う岩、よく見つけたよな。海の中に落ちたコインを見つけるのと同じくらい大変だろ。つまりフェイク。どうでもいい。

とにかく、現代を代表するデマゴーグ安倍の脳腫瘍は末期状態。安倍の頭には大脳の代わりにでかい脳腫瘍が入っている。脳腫瘍に頭を簒奪されたといってよかろう。彼は今まで脳腫瘍で物事を考えてきた。だからバカみたいなことしか言えなかったし、やれなかった。早く脳腫瘍切除しないとね。そしたら頭には何も残らないけどw

アメリカでは未曾有の大惨事が起きている。アメリカも異常だが、オーストラリアや東南アジアもひどい。それにもかかわらず、日本のTV局各局はこれらの災害をいっさい報道しない。安倍政権に「これらの災害は気象兵器による攻撃だ、これは戦争だ」という認識があるからだ。
太平洋戦争でもそうだったが、大谷が負けているところを報道してはならないのだ。なぜなら、自分たちが「弱い」と分かったら大勢の信者たちが離反するからだ。もし敵の前に無力だということが知れ渡れば、決壊したダムのように信者の離反は止まらないだろう。

邪教信者は、大谷が「怖い」から大谷の側についている。「怖い」から自分たちの首を絞めようとする安倍を支持することができる。邪教信者は、大谷坊主の命令を聞かないと友人に無視され、同僚に無視され、家族全員が近所に無視される。だからどんな非情な命令でも聞く。これが、集団ストーカーを成立させている原動力である。

残忍な大谷に対する弱者の「恐怖」が、「悪」を育てている。Feed the Fear and Breed the Evil.

日本のTV局各局は、国内の災害さえ報道しなくなったが、世界の災害は、まるで当然だとでも言いたいが如く、全く報道しない。その代わりに「ヴ」の表記をなくすとかゲノム編集がどうとか、あと、常套手段として宇宙を漂う岩リュウグウや、テニス人や、将棋人の話題を持ち出してごまかしている。
宇宙の岩リュウグウやテニス人、将棋人の情報を得る前と後で何か変わるか?何も変わらない。つまりどうでもいい情報だという証拠だ。

昨日、「ヴ」の表記をなくすというニュースを見たとき、「は?」と思った。「ああ、あいつら宇宙人の力を見せ付けられて恐怖のあまりとうとう狂ったな」と。あと、ゲノム編集で騒いでいるが、これはどうということない。大谷が本気のときは絶対に報道しないからw 報道しているということはどうということない。わかりやすいね。

各種災害は宇宙人の怒りと考えて良い。ディズニーアニメの間違った倫理観に脳を汚染された人類のできそこないたちの所業に、彼らは怒り心頭なのだ。邪教信者の家をどんどんつぶせつぶせ。おもしろい。民主党の城下町カリフォルニアは乞食都市になりつつあるが、画像見たときは笑ったね。気分良かった。バカはああいう生活が似合う。あれが邪教信者のあるべき姿だ。下のリンクに写真あり。

https://beforeitsnews.com/v3/opinion-conservative/2019/3440909.html

浄土真宗、時宗、一向宗、曹洞宗、霊友会の信者でなければ安心してよいだろう。熊本や北海道の地震のときにも周りがガタガタなのに一軒だけ平気で建っている家があったり、カリフォルニアの山火事でも周りが全焼なのに一軒だけ大丈夫な家があったりした。これは宇宙人が邪教信者の家を避けている証拠だ。だからどんな巨大な災害が起きても邪教信者でないなら安心して良い。ただ、邪教信者と交流(友人、同僚、近所付き合い)がある場合は安全は保障できない。

そういえば、おれが宇宙人の指示で「大谷大百科」を遂に完成させたので、世界中の大谷が正体をバラされて困っているらしい。知らんわ。文句あるなら宇宙人に言え。まあ、強い人には何も言えないお前らだがなw
下のリンクに電子書籍「大谷大百科」があります。またの名を「悪い顔」です。おれ自身知らないことがいっぱいあって目からうろこでした。ここんとこ、毎日パソコン10時間やって完成させました。辛かった。パソコンのせいで気を失いそうになったこともあったし、ずっと頭痛はするし、足に力が入らなくなるし。まあ、パソコン頭痛はリンパを揉めば治るけど。

内容はというと、預言者ナタンからの大谷の詳細な歴史が記されている。アテネはOTANAだったこと。ドルイド司祭は存在せず、ローマ執政官がじつはドルイド司祭やソピテース(ソフィスト)、デマゴーグを演じていたこと。
アフリカ諸国、東南アジア諸国も重度に悪に汚染されていること。タイ王室やブルネイ王室は大谷だったこと。ベルギー首相がみな人喰いでシリアルキラーの本体だったこと。ロックフェラー家もロスチャイルド家も人食いだったこと。
テリーザ・メイ首相が男性6人を惨殺したアイリーン・ウォーノスだったこと。メイジャー首相がヨークシャー切り裂き魔だったこと。シンガポールのリー・シェンロン首相が中国侵略を狙うカルト「全能神」の教祖だったこと(顔が同じ)。フェイスブックのザッカーバーグの女房がミシェル・オバマと同じで性転換の男だったこと。コラソン・アキノが土井たかこだったこと。などなど。
どうりで社民党は役に立たない。あいつらは悪の巣。立憲民主党は野党をつぶすつもりだ。彼らは、薩長同盟の長州藩の役回りだ。


http://p.booklog.jp/book/124202/read  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月20日 13:12:56 : BkChMX9Ozw : U0pOZzU2bmt2Vy4=[1] 報告
>コラソン・アキノが土井たかこだったこと。などなど。

>どうりで社民党は役に立たない。あいつらは悪の巣。立憲民主党は野党をつぶすつもりだ。彼らは、薩長同盟の長州藩の役回りだ。

コイツアホか?なんでもかんでも朝鮮悪だけで逃げやがって。

薩長なのは自公政権じゃねーのか?こういうカルトと陰謀論だけ膨らませすぎて、現実の現代状況を分析出来ない奴こそ、”ボンクラ”と呼ばれるんだよ。

2. れめく[169] guqC34Kt 2019年3月20日 18:53:25 : TaWzTmDAxw : ekZOeUxSMnk4M2M=[1] 報告
>コイツアホか?

そう言いたくなる気持ちは良く分かります。特に命に危険が迫っている時ほどねw 現在、日本は静かだが、後回しにされているだけです。邪教信者のみなさま。がんばって今年の台風シーズンを乗り切ってください。

>これは宇宙人が邪教信者の家を避けている証拠だ。

訂正:これは宇宙人が邪教信者以外の人の家を避けている証拠だ。

3. れめく[170] guqC34Kt 2019年3月22日 10:20:07 : iP52dJJ62Q : cjl0T3ZTdU12Vy4=[1] 報告
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000017-reut-kr


本日3/22、トランプ大統領が「北朝鮮に制裁を課す」と述べた。トランプ大統領が「北朝鮮に制裁を課す」と述べた場合、この制裁は安倍政権に対する制裁と考えたい。つまり、近いうちにアメリカは宇宙人の協力を得て気象兵器で日本を攻撃するだろう。標的がどこかは不明である。

4. れめく[171] guqC34Kt 2019年3月22日 18:25:05 : N4c0Il7MVo : Qlo4dXRLdzlnNEU=[1] 報告
https://pikarinnews.net/katsushika-teiden0322

安倍政権が夕方のニュースで報道させなかった22日の東京大規模停電。ということはこれはトランプ大統領が宣告した安倍政権への制裁の一環だと考えられる。そのため、安倍政権は報道させなかった。よえーなw これで終わるわけない。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト20掲示板  
次へ