★阿修羅♪ > カルト20 > 539.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国では、これまでの「金融路論は、全部ゴミ」の論争起き〜世界は「行くも地獄、退くも地獄」に〜すべての貧乏人に月10万円を
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/539.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 3 月 21 日 08:48:56: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

米国では、これまでの「金融路論は、全部ゴミ」の論争が起きている〜世界は「行くも地獄、退くも地獄」に〜すべての貧乏人に月10万円を政府が配るのが義だ、と〜米は…国家分裂する/副島隆彦

[2392]このあと、世界で次々と 何が起きるか。私が予言します。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-03-20 10:41:59
http://snsi.jp/bbs/page/1/

 (一部のみピックップ)

 嵐の前の静けさ である。 今は、世界中が静まりかえっている。もうすぐ何かが大きく起きそうだ。

 世界の金融・経済では、トランプ大統領が、FRBパウエル議長を、脅(おど)し上げて、言い放った、「金利を上げるな−」、「金融緩和を再開せよ」が、効いた。

 1月30日から、世界は、「利上げせず」に大きく変った。ヨーロッパも利上げをやめた。パウエルが、泣きそうな顔で、自分たちのこれまでの大方針を、ボッキリ自分たちで折って、トランプ独裁政治に屈服した。日本では、日銀黒田の「マイナス金利政策の続行」だ。

それよりも、もっと大きな世界変動 が、私たちに襲いかかってくる。 私は、それを、じぃーっと、静かに、自分の生来の運命としての 予言者の頭 (人々に予兆を伝える能力)で、受け留めて、沈思黙考している。じっとして、自分の頭で、あらゆる事態の予兆を 感じ取っている。

ちょっとぐらいの、辺境国での銃乱射事件やサイクロンや、ハリケーンの被害ぐらいでは、世界は動じない。 

金融・経済の 場面で、3月初めから、大きな 論争が起きている。その内容は、うしろの方に載せる。記事の見出しだけを、ここに挙げておく。ものすごく重要な、時代の大きな転換点に出現した論争だ。 

アメリカで始まったばかりの論争は、 「経済学者たちがこれまで唱えてきた、金融路論(マネタリー・セオリー)は、全部、ゴミ(garbage ガーベッジ) だ 」の記事の見出しを載せます。


1. 「 ブラックロックCEO、現代金融理論を支持せず−「くず」と一蹴 」

BlackRock CEO Fink Says Modern Monetary Theory Is ‘Garbage’  
2019年3/8(金)  ブルームバーグ

2. 「 「財政赤字は悪くない」、大統領選にらみ米国で経済学論争 」
2019年3/8(金) ロイター

3.  「 「現代金融理論」、にわかに脚光 − 米財政赤字拡大や「AOC」効果で」
MMT Bursts From Obscurity Helped by Trump Deficits, ‘AOC 
2019年3/13(水)  ブルームバーグ

4.  「 マイナス金利は経済冷やす? 功罪論争、日銀に影響も 」
2019/3/16  日経新聞 

副島隆彦です。  世界は、「行くも地獄、退(ひ)くも地獄」になってきた。
こうなったら、貧乏人(最低限度の低所得者層)のすべての国民に、 月10万円(欧米でなら、月1000ドル、月800ユーロ) を、政府が、配れ。それが、正義だ。

 政府 と中央銀行 が、どこまでも、どれだけでも、果てしなく、大(だい)借金(すなわち 更なる巨額財政赤字の積み上げ、更なる日銀引き受け)を抱えても、もう、構わない、ヤレ、ヤレ、ガンガンとどこまでもやれ。 という経済理論が、公然と主張されている。

 これは、左翼の経済学の理論である。 アメリカ民主党の左派 (若いAOC女史 )が、旗を振っている。もう、社会主義(ソシアリズム)肯定の、大合唱だ。ジャブジャブ・マネーを、もっとやれ、もっとやれ、貧困層を助けろ、の 叫び声だ。これが、アメリカの ニューヨークから、今、巻き起こっている。

 それに対して、共和党のトランプ大統領 は、「それは間違いだ。左派、左翼の理論に屈服した民主党め」と、批判している。 が、トランプは、自分が、温厚な従来型の、「借金はイカン。政府の借金もイカン。赤字経営はイカン。

 人間は、皆、自分の収入の範囲で、切り詰めて生活しなくてはいけない」 と、 財政赤字反対 の 敬虔(けいけん)な伝統保守の おやじの思想で、反撃している、ように見えて、これは、偽善だ。

トランプは、20歳代の若い頃は、NY民主党であり、体に民主党リベラルの匂いが染みついている男だ。そして、今、トランプは、「22兆ドル(2400兆円)の政府財政赤字を抱えた政権の責任者」という重荷(おもに)を、自分で背負っている。自分が大借金の責任者なのだ。 副島隆彦は、本当は、その3倍の70兆ドル(8000兆円)有るんだろ、と自分の本で、書き続けてきた。

 トランプ自身が、「そんな借金(巨額の財政赤字)なんか、オレは、恐くないぞ。オレは、大借金を抱えながら、ずっと経営者をやってきた。伸(の)るか、反(そ)るか、の大バクチの 危険を一杯抱えながら、高層商業ビル土建屋、都市開発デベロッパーとして生き延びてきた。こんな借金ぐらいで、オレはへこたれないぞー」と、こういう 男なのだ。

 だから、貧乏国民も喰わせろ、よりも、 株価をつり上げて、401Kで、株の値上がりと配当で、年金暮らしをしている、中産階級(ミドルクラス)の保守的なアメリカの老人たちの機嫌取りをやりながら、自分への支持を宛てにして、「パウエル。金利を上げるな。挙げなくても、何とか、加熱させた景気のまま、なんとか、アメリカはやって行けるゾ。オレが、なんとか、景気を保(も)たせてみせる。お前ら、見ていろ」 という感じだ。これが今のアメリカ政治だ。

だから、トランプは、自分が、「このまま、突っ込めー。このまま、行くしかないのだ。金利を上げるな。FRBの政府借金の引き受け=米国債買い取り、買い上げの、金融緩和(イージング・マネー)も再開して、やり続けろ。 それ以外に、手はないのだろ。

 だったら、それをやれ。責任は、オレが取る。オレが、体を張って、大統領としての権限で、この、ジャブジャブ・マネー、ユルユル・パンツのまま、突っ走ってやる。

 金融引き締め (金融でのタカ派政策。健全な財政運営を求める。市場にユルユル・パンツの博奕ガネを持たせない) なんかやるな。いいんだ、このままのユルユル・パンツで。カネ、ちょっとぐらい 後(うし)ろ暗い連中の、危険な投資でもいいいから、そのための資金を借りやすくしたままにしろ。 景気を崩すな。 

 このまま、金融市場に、バクチ用の危険なカネが、溢(あふ)れまくって、それで、この先、金融市場が、どういう危険な大爆発をするか、までは、オレも知らないが。それでも、このまま、突っ込め。 オレに付いてこい。まだまだ、大丈夫だ」 と、 トランプは、大号令を出している。

これが、今のアメリカであり、それに引きづられてゆく世界だ。

 そのあと、どうなるのか? だから、それは、私が、最新刊で書いた「 国家分裂( divided デヴァイデッド)するアメリカ政治 七顛八倒(しちてんばっとう)」(2019年2月刊、秀和システム)だ。 アメリカは、ゆくゆく、国家分裂するのだ。

あのソビエト連邦が、1991年12月に消滅したとき( 今からもう 28年前だ)に、4分裂したのと全く同じように。まずバルト3国が、瞬間で離れた。そして、ウクライナが離れた。そして、中央アジア5カ国のイスラム諸国が分離独立した。だから、アメリカ合衆国も分裂するのだ。

そして、あとに ただのロシア、ロシア共和国が、ポツンと残った。人口はたったの 1億五千万人に 減っていた。 それと、似たようなことが、やがて起こる。 アメリカは、10年後には、3分裂する。 まさか、そんな。と 思う人は、それでいいから。副島隆彦の話、予言、ホラ話に、驚いているのなら、この本を買って読みなさい。

だから、貧乏国民を助けろ。ベイシック・インカムで、一人毎月10万円を政府が出せ、という政策議論と、トランプが、「オレが何とかするが、それでも、ジャブジャブ・マネー(緩和マネー)を出し続けろ。税金ではもうこれ以上取れないのだ。 

 誰も今以上、税金を払う奴はいない。 それなら、政府と中央銀行FRB が、どこまででも、借金を増やしてゆくしか、他にないじゃないか。おれは、それで構(かま)わない」と、トランプは、ふてぶてしく居直ってる。  

つまり、 (1)
アメリカの左翼経済学者(ケインズ左派の伝統を正しく、復活させている)と、(2) トランプ たち  「このまま、金融緩和で突っ込め。引き締めなんかするな」が、やろうとしている方向は、同じだ。大きくは、なんの変わりもない。それなのに、それを、金融、経済の新しい論争として、上品に説明しているだけだ。 主張と結論は、一致している。それが、今の、米、欧、日の 3大先進国地域の現状、現実だ。  

このトランプの動きに、世界中の 既成勢力(きせいせいりょく)の、陰に隠れている支配者たち(ヨーロッパ貴族たち、ユダヤ人財閥たち、悪質な官僚たち)は、青ざめ始めている。もし、財政危機と、金融市場の崩壊による 大混乱、大恐慌が起きたら、自分たちが隠し持っている富(とみ)も、奪い取られてしまうのではないか、と脅え始めている。

私、副島隆彦の結論も、「行くところまで、行け。世界の破局まで。大恐慌か、大戦争か、の人類にとっての 必定(ひつじょう)に道を、突き進んでゆけ」というものだ。

 (以下、略)


 (関連)
http://www.asyura2.com/19/hasan131/msg/598.html
 ◆世界経済のリセットを準備する米国/田中宇
 http://tanakanews.com/
 【2019年3月19日】
 米単独覇権の意図的な崩壊と多極化・新世界秩序について、私と似た見立てをしている分析者が米国にいることに気づいた。
 alt-market.com を主宰するブランドン・スミス(Brandon Smith)だ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年3月21日 10:15:48 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[42] 報告
り; 輪転機でマネー刷って株買うも ウハウハは投資家と大企業だけ ツケは国民
ど; どうせなら庶民に配れよ 土台から実体経済回復しマットウな世の中に
え; FRB 底固い  成長と言いつつ  (怖くて)利上げなし
2. 仁王像[2631] kG2JpJGc 2019年3月21日 20:37:09 : QlfBy1ybLg : NEhNdWxIUXdhemc=[4] 報告
 これらの論点は、大きな流れとしては資本主義の終焉とも密接に関係していると思える。

http://www.asyura2.com/19/senkyo258/msg/686.html#c6
 フィンランド等北欧諸国は、資本主義の次の経済システムを既に歩んでいるのではないかという気がする。(税金は高いが、社会保障は充実。つまりこれが出来る国家が存続できることを実証)
 前世紀の末辺りから資本主義経済システムがギリギリと軋(きし)みを生じていた。今世紀に入り、ガタゴトとその軋みは大きくなってきている。どこかで破綻せざるを得ないのではないだろうか。だとしてもこれは歴史の法則であり、人類が愚かだからとは言えまい。

 経済学者の水野和夫は、資本主義の終焉と唱え、次のシステムのの準備をしなければならないが、全く目途がついていない、としている。また、資本主義の終焉とともに民主主義も終わる、と。つまり経済・政治システムが現在のものとは様変わりすることを示唆している。

・水野和夫(経済学者)の論考集
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/421.html
 投稿者 仁王像 日時 2016 年 10 月 18 日 20:04:15: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

3. 2019年3月21日 21:46:43 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[44] 報告
 せ;正反合  デミオでGO-

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト20掲示板  
次へ