★阿修羅♪ > カルト20 > 766.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
令和天皇の使命は、大伴・張衡・嘉慶帝の名代として馬鹿を退陣に追い込む空気を作る事である。
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/766.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2019 年 5 月 01 日 12:17:35: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM
 

日スポによると、皇室と官邸によるバトルが続いているようであるが、トランプに赤絨毯を踏ませてもらえないような馬鹿にいつまでも官邸をジャックさせていては駄目で、国民統合の象徴として、違憲にならぬ範囲で馬鹿が居座れない空気を作る事である。
令和は俺様が中西に考えさせたと言って憚らない馬鹿に、原典の意味を徐々に分からせていく事である。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年5月01日 14:14:52 : t2EbbjtoUo : aGlWN0ZTazl5dmM=[1] 報告
いやいや、何を見てるのか。そんな空気は既に出来てるよ。

トランプは民主党と2兆ドルのインフラ事業を決めた。就任後直ぐから200兆円規模を「壁」建設費としてバラまけばいいと思っていたがやはりその額となった。200兆円を市場にバラまく事ということだが、これは一方で戦争屋の負けが確定したという意味だろう。
日本はいったい世界の何を見て来たのか。令和おじさんなんて呼ばれてうかれたおじさんみてなにがおもしろいのか。
200兆円バラまくのはいいが、これをきちんと民間と市場に循環するものにしなくてはならないんであって、歯車回すにも人参目の前にぶら下げてそれを追いかけさせるだけのやり方はもう通用しない。まず人々を活動的にせしめるには、楽しみを与える事である。順番を間違えてはいけない。けして身体に鞭打たせず、傷を負ったら癒える迄の十分な休息を社会が与えよと言う事である。疲労を癒すてだてをあたえる事が国の務め、社会インフラ、雇用、職場、活力維持の為の大原則である。それが美しさの現れである。そうしたものをシステムのデザインの優、または美として世界を癒すものが発表されねばならない。
おおまかなこととしては、まずその手だてとして、BIを基盤とした「定期的に消費をうむ好循環」をつくり出し、その次に雇用となる。経済界には大鉈が振るわれる。経済界はいま、まったく必要とされない詐欺のような連中ばかりがのさばっているだろう。要るものは要るし要らぬものはまったく要らぬ。しかしそうしたなかで無駄=たのしみはあってもいいというだけのことである。
全世帯の生活水準の一定の向上を実現するのが最優先であって、一律一定額の税徴収をあらかじめさし引いたものをBIとする。その為の資金はいくらでも国が用意すればよく、それは可能である。定期的に一定額常に困らない額が誰の手元にも入るとしたら、怖れや保守の意識は消え去って人々の間の垣根もなくなり、所有による優越感は薄まり、誰かを困らせることもできず、愚か者は皆こけて、タンス預金などまったく意味無いものという話になる。そうなれば政府→国民→市場→政府ととどこおりなく金がながれて循環する。同じ領土に住むもの同士が狭苦しく肩を寄せてもがきながら生きる必要も無く、奪い合い、力を削ぎ合う必要もない。そのような時代はもうおわり。戦争屋が蔓延る時代にもどしたいのかということである。欲しいものは作れ、大きいものなら皆で作れと言う話になる。その基盤の上で社会構造の改革改造を推進する。社会必須のインフラ設備を徹底する。いくらでも公務職、諸事行政要員を拡充すればいい。

2. 2019年5月01日 16:09:52 : HCDU7rB1lg : NkdOS2ZMTkJ0cXc=[161] 報告
皇室と官邸によるバトル
○「譲位」と言うか「退位」と言うか言葉の表現の問題。
○ご即位前の新天皇に対して首相が新元号の原案を見せたことは、元号法や憲法に抵触しないかという問題。

安倍はあくまで「譲位」でなく「退位」であるとした。
そして元号の事前説明については、日本会議などが求めていたとおり、実施した。

3. 2019年5月01日 17:43:31 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[173] 報告
 安倍首相が追加で中西氏に考案させた令和の新元号につき首相が皇太子(新天皇)さんに二度も事前説明しに行ったことが政治利用にあたると問題にされている
 
 元号選定に次期天皇となる方を介入させることは当然避けねばならない
幸い新天皇は“皆さんでよく考えて決めてください”との趣旨の言に終始したようだ  さすがに物事をよくわかっておられる 

 特にこの政権下では新天皇の緊張もヒトシオではないか  皇居に向かわれる皇太子いや新天皇の表情には雅子皇后とはまた違う決意のようなものが感じられたわけだが‥
 
 

4. 2019年5月01日 18:19:14 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[174] 報告
>>3 
 
「この件は殿下、陛下にも説明済みでありご了解頂いている」といった“補足説明”が事後、別の場所でなされて“錦の御旗効果”を持つなら文字通り天皇の政治利用となる
  また効果の有無以前に政治利用を疑われる機会、可能性は極力排除しようという警戒感が緊張感のかなりの部分を占めていると言えそうだ  心中お察しするところ
5. 知的上級者さん[171] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年5月02日 08:36:50 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[91] 報告
ありゃどう見ても昭和天皇の再来だわな
ヨメが広島原爆の日本窒素肥料だぞ
しかも即位の5月1日がユダヤ的な日だと言うじゃないか

しかも昭和が始まったときと同じように銀行がヤバくなってきた
銀行が買い込んでいるジャンク債は時限爆弾だからな
それが爆発したら世界大戦が始まる
昭和と同じだ
ちょっと昭和天皇即位後の国内外の状況をサラッと調べてみるといい
「1927」で検索するだけで見れる

今回のタイミングは生前退位によって作られたが
前回は大正天皇暗殺でタイミング合わせしたよ
タイミングちゅうか欧米の計画と合わせる必要があるから

6. 地下爺[6053] km6Jupbq 2019年5月02日 16:48:55 : EvprcEFGVc : NDJuS292Z1UvRHc=[434] 報告
 
7. 2019年5月02日 19:22:45 : PBkkm9hrU6 : dEdER3VvS2FwV1k=[4] 報告
"大伴・張衡・嘉慶帝" 教養が足りず、何の事だかわかりません。

前世や守護霊、オーラで波動を霊視するのはおなじみですが、
自分のチャクラの反応で波動を測定する方法も、ネットにのっています。

やんごとなきお方の波動は、外部からの侵入を防ぐためか、防御がされており、見るのが難しいです。

宗教の戒律も、このような防御のために役立っていたように思います。

利殖や名誉欲、税金対策のための宗教に陥らないようにして、
本来の、、霊性を高めたり、学びを深めるための役割を見直せば、新しい時代の光ともなりそうですが。
玄奘さんがインドへ向かったあたりや、仏教の宇宙論に、少しふるえています。 


8. 知的上級者さん[174] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年5月02日 21:23:00 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[94] 報告
阿修羅は工作員とバカで満たされている
次の世界大戦の火種になりそうなイスラエルは誰が作ったのか
あんなちっぽけな国で、なぜ核開発や最新兵器の開発ができるのか

天皇の特別会計から毎年膨大な金がイスラエルに渡っている

つべで「イスラエル国歌 和訳」で検索して聞くといい
日本とイスラエルの関係が判るだろう
日の丸が太陽で、イスラエル国旗が夜だ

日本の図書館でアンネの日記が破られる事件があったのを覚えているか
あれはネタニヤフが天皇に接見する理由付けだ
なんでネタニヤフが天皇に合いに来るんだよ
欧米の首脳はネタニヤフと一緒に写真に撮られるのも嫌うというのに
なぜ天皇はネタニヤフと会ったんだ

勿論、小遣いの値上げ交渉に決まってるだろ
天皇ほど極悪な者は地球上のどこにもいない
阿修羅なんかに騙されるなよ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト20掲示板  
次へ