★阿修羅♪ > 原発・フッ素50 > 362.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発 
http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/362.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 9 月 29 日 02:21:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発
https://www.asahi.com/articles/ASL9X6HQ3L9XULBJ014.html
2018年9月28日22時51分 朝日新聞


新たな汚染水処理のイメージ

 福島第一原発の敷地内のタンクにたまる汚染水について、東京電力は28日、一部のタンクから放出基準値の最大約2万倍にあたる放射性物質が検出されていたことを明らかにした。今回分析した浄化されたはずの汚染水約89万トンのうち、8割超にあたる約75万トンが基準を上回っていたという。

 東電や経済産業省によると、多核種除去設備(ALPS)で処理した汚染水を分析したところ、一部のタンクの汚染水から、ストロンチウム90などが基準値の約2万倍にあたる1リットルあたり約60万ベクレルの濃度で検出された。東電はこれまで、ALPSで処理すれば、トリチウム以外の62種類の放射性物質を除去できると説明していた。

 東電は今後、汚染水の海洋放出などの処分法を決めた場合は、再びALPSに通して処理する方針も示した。タンクに保管されている処理済みの汚染水は現在94万トン。現状の処理能力は1日最大1500トンにとどまっており、再び処理することになれば、追加の費用や年単位の時間がかかるのは必至だ。

 基準値を超えた原因について、東電は、2013年度に起きたALPSの不具合で、処理しきれなかった高濃度の汚染水がそのまま保管されていることや、処理量を優先し、放射性物質を取り除く吸着材の交換が遅れたことなどを挙げている。今後、吸着材の交換時期を見直すなど対応を検討するという。ただ、今後も基準値超えの放射性物質が検出される可能性は否定できないと認めた。

 東電は、こうした測定値をホームページで公表していたが、積極的には説明してこなかった。「掲載しただけで満足していたのは大きな反省点」としている。

 今年8月に福島県などで開かれた経産省の公聴会では、汚染水の中にトリチウム以外の放射性物質があることに批判が集まっていた。(小川裕介、石塚広志)

■【解説】住民側の指摘で明…

残り:662文字/全文:1422文字


































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 茶色のうさぎ[-8255] koOQRoLMgqSCs4Ks 2018年9月29日 06:07:45 : R9RtiDzwTe : zWLpGSdz65U[4] 報告

 新型ALPS 150億円ですね。

 こんなに、オンボロなの? ばか

 Sr90がー♪ がー♪ がーー♪ ばか うさぎ♂



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

2. 赤かぶ[397] kNSCqYLU 2018年9月29日 10:04:03 : 8kzaG4YZ92 : CgeuaoUQfeY[54] 報告
福島第一原発の処理汚染水 8割以上が基準超の放射性物質
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180929/k10011648861000.html
2018年9月29日 5時27分 NHK



福島第一原子力発電所の敷地にたまり続けている汚染水を処理したあとの水について東京電力は、8割以上の75万トンで放射性物質の濃度が環境中に放出する際の基準を上回っていたという推定結果を明らかにしました。

福島第一原発で出る汚染水を処理したあとの水には、取り除くのが難しい「トリチウム」という放射性物質が含まれ、原発の敷地にあるタンクでおよそ94万トンが保管され、増え続けています。

この水の中には、トリチウム以外にもルテニウムやヨウ素などの放射性物質が一部、環境中に放出する際の濃度の基準を上回っていることが確認されていましたが、東京電力は、データをまとめたところ、満水となったタンクの水あわせて89万トンのうち、およそ84%にあたる75万トンでこうした放射性物質の濃度が基準を上回っていたという推定結果を明らかにしました。

このうち複数のタンクでは、放射性物質を処理する設備の不具合で基準の2万倍近くに達しているとみられる放射性物質もあるということです。

東京電力は事故の2年後からこうした放射性物質を処理する設備を運用してきましたが、発電所全体のリスクを下げるために、濃度の基準にこだわらず運用した時期があったとしています。

東京電力は今後、海洋や大気など環境に放出する処分を行う場合、トリチウム以外の放射性物質を水で薄めるのではなく、再び処理設備を運用して基準以下にすることを検討しているということです。










3. 2018年9月29日 11:46:47 : ZGyrKtFq0E : ta4DDGulCkk[1] 報告
1リットルで60万ベクレル。
1トンで6億ベクレル。
1万トンで6兆ベクレル。
75万トンがこの濃度なら
450兆ベクレル。
広島原爆何発分ですか?
4. 2018年9月29日 11:50:47 : ZGyrKtFq0E : ta4DDGulCkk[2] 報告
処理した8割が不良品という歩留まりも凄すぎる。運用能力が全くない。こんな会社倒産させてしまうべきだ。残しておかないと原発の処理ができないなんて大嘘だよ。
5. 2018年9月29日 12:58:05 : INPgWBX1VU : LI37_nr9_xY[3] 報告
何回も、同じことを言っているのだけれど、核燃料の放射性物質の大部分を占める、ウラニウム(U−235、U−238など)は、どうなったのか?

ALPSが、除去できる放射性物質62種からも、ウラニウムは除外されている。

6. 2018年9月29日 20:48:03 : MqW3FylPZg : QzYYsoWRxEw[41] 報告
>>5.

U-238は全く関係なしだね、ウランは地球上の地殻や海水中に広く分布しており
銀の40倍、スズと同量が存在すると推定されている物だからね
自然界にはウラン 238、ウラン 235、ウラン 234. が存在する、この自然界のウラン
に平衡量の235も234も含まれてる訳だからね。

>核燃料の放射性物質の大部分を占める

放射性物質で問題になるのは、核分裂生成物です、半減期が短いから強い放射線を
出します。
ウラン235が7億年かかって出すエネルギーを、出来た核分裂生成物は短時間で出す
って簡単に言えばそういう事ですから。
100のエネルギーを10年かかって出す放射性物質が1年あたり出すのは10です
このエネルギーを1年で出し切る場合は1年で100のエネルギー出す
つまり10倍の強度のを出すって事です

7. 2018年9月30日 04:27:49 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[969] 報告
>>6
自然界に存在するウランとは濃度が桁違いだから、とても安全とは言えないね。

もし安全なら、ウラン鉱山周辺で健康被害は起きないはず。

8. ボケ老人[-174] g3uDUJhWkGw 2018年9月30日 11:42:22 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-3067] 報告
>6.:QzYYsoWRxEw

ところで、貴君は(6)のコメで一体何を主張したいのかね。
アルプスだサリーだなんだかんだ言って、トリチウム水以外はすべて除去できると東電が主張していたことは全て嘘だった。

これが問題の本質ではないのかね
馬鹿々々しい中途半端な話を得意そうにひけらかすだけなら5chでやっとくれ。

安倍の言うアンダーコントロールの結果がこれだ。
トリチウム水を規定濃度以下に希釈すれば間違いなくコントロール下の水だ。
安全だというならペットボトルに詰めて官邸と東電の食堂で使用するなら放流しても風評被害は出ないだろう。
これにかかる費用なぞ、風評防止の宣伝費と考えればゼロに等しいだろう。
高倍率で希釈した浄化処理水のボトル詰めを煮沸してから使用することぐらい許してやろうじゃないか。
あるいはもう一度活性炭フィルターを通してもよい。

    

9. 2018年10月01日 02:28:36 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[971] 報告
>ストロンチウム90などが基準値の約2万倍にあたる1リットルあたり
>約60万ベクレルの濃度で検出された。

ほらほら出てきたストロンチウム90。

こんなものを海に垂れ流ししたら漁業は完全に壊滅する。

10. 2018年10月04日 12:07:30 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8401] 報告
2018年10月4日(木)

情報隠し東電に抗議

共産党議員団 汚染水で聞き取り

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-04/2018100415_03_1.jpg
(写真)国や東電(左側)による説明を聞く党国会議員団=3日、衆院第2議員会館

 日本共産党国会議員団福島チームは3日、東京電力福島第1原発の多核種除去設備(アルプス)で処理した汚染水の処分方法をめぐる公聴会の結果や、約8割にあたる約75万トンの処理水にトリチウム(3重水素)以外の放射性物質が国の放出基準(告示濃度限度)を超えて残っている問題で、経済産業省、東電、原子力規制委員会から説明を受けました。議員団は冒頭、汚染水の情報を隠蔽(いんぺい)してきた東電と国に抗議しました。

 東電は、アルプス処理水に含まれる放射性物質濃度のデータを説明していませんでした。東電の木元崇宏原子力・立地本部長代理は「説明が足りなかったことを反省している」と述べ、基準超えの理由を「稼働率を上げて汚染水処理量を増やすことを優先したため」と釈明しました。

 資源エネルギー庁の比良井慎司・原子力発電所事故収束対応室長は、基準超え汚染水の存在を以前から知っていたと認め、「今回まとめた資料で8割を超えていると公開した」と述べました。8月末の公聴会で、海洋放出への反対意見が相次ぎ、タンクでの長期保管も提案されたことについては、今後、国の小委員会で検討すると表明しました。

 議員団は、汚染水問題は国民的な課題だと強調。また、公聴会はアルプス処理水に含まれる放射性物質はトリチウムだけであることを前提としていたと指摘し、公聴会のやり直しを求めました。

 塩川鉄也、高橋千鶴子、藤野保史(以上衆院)、井上哲士、岩渕友、武田良介、山添拓(以上参院)の各議員が参加しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-04/2018100415_03_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

11. 茶色のうさぎ[-8312] koOQRoLMgqSCs4Ks 2018年10月04日 13:18:45 : 7enjDvfvWk : nOwX1wnVwEg[1] 報告

 ぺっ♪ ばか 赤旗

 共産党、真島省三なんて、

 汚染水は、湾内へ流せー♪wwwばか <安倍と同じじゃん♪ぺっ

 共産党の、うそつき、二枚舌は有名だよ!!あほ ぺっ♪ うさぎ♂



[18初期非表示理由]:担当:反原発を装い、原発を推進して日本を今日の大破局に追いやった自民党=利権官僚政府と原子力ムラには批判も非難もせず口を開けば『小出がー』『松本ガー』『共産党がー』とやって利権者以外を誹謗中傷するコメント多数のため全部処理http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/413.html#c82

12. 2018年10月24日 23:10:08 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8728] 報告
2018年10月24日(水)

汚染水海洋放出やめよ

党国会議員団が経産省に要請

福島第1 基準超す放射性物質含む

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-24/2018102414_01_1.jpg
(写真)磯崎副大臣(左から5人目)に申し入れる党国会議員団ら=23日、経済産業省

 東京電力福島第1原発の多核種除去設備(アルプス)で処理した汚染水の処分をめぐり、日本共産党国会議員団・福島チームは23日、経済産業省に対し汚染水を海洋放出しないことやタンクでの保管を継続することなどを申し入れました。磯崎仁彦副大臣が応対しました。

 国と東電は、アルプス処理水に基準値を超えた放射性物質を含む汚染水があると知りながら、情報公開せず事実上隠蔽(いんぺい)。汚染水に含まれる放射性物質濃度について東電が国の小委員会に出した資料のグラフに、誤りが1200カ所以上あったことも判明しました。

 高橋千鶴子衆院議員は「東電はこれまでデータ改ざんや情報隠蔽など絶えず繰り返してきた」と厳しく批判し、情報公開と詳細な説明を求めました。同席した福島県の神山悦子県議団長は、「公聴会を3回開いたのは何だったのか。福島県民は海洋放出に反対している。県民に責任を押し付けることになるのではないか」と述べました。

 磯崎副大臣は、「数字の誤りは信頼にかかわる。しっかり東電に指導したい」とし、汚染水について「海洋放出ありきではない」としてタンクで長期保管するという公聴会の意見も踏まえ小委員会で議論すると述べました。

 この他、藤野保史衆院議員、岩渕友、紙智子、吉良よし子、武田良介、辰巳孝太郎、山添拓の各参院議員が参加しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-24/2018102414_01_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

13. 2019年7月29日 20:40:40 : u7DnVEIfN6 : by9uakg2Q2VkL0E=[5] 報告
>>06
海水には、天然ウランが含まれているから、海に放出しても、誤魔化せる。

核分裂生成物は、ウランと比べると3−5%しかない。

> 放射性物質で問題になるのは、核分裂生成物です

誤り。

バスビー博士は、ウラニウムの危険性について、警告している。

> Uranium - the 'demon metal' that threatens us all

https://theecologist.org/2014/jan/01/uranium-demon-metal-threatens-us-all

14. 2019年9月19日 00:46:21 : ett8XMf70s : ZHouNXFLbFRpMEk=[1] 報告
>>7.

>自然界に存在するウランとは濃度が桁違いだから、とても安全とは言えないね。

濃度って何の話かな?235が3パーセント濃縮だからって話、それとも238の話
意味不明なんだけど?二酸化ウランは水には溶けませんけど

大体、ウランでもプルトニウムでも地球上どこにでもある元素だけどな


>>8.

>アルプスだサリーだなんだかんだ言って、トリチウム水以外はすべて除去できると>>東電が主張していたことは全て嘘だった。

嘘という根拠は?この事象が起きたのはフィルターの交換時期の間違いだろ。
嘘だと言う根拠は?
そもそも全てとは言って無いだろ除去後の情報は実際に定期的に過去から公開されてるし
大半を取り除けるって言ってたのが記憶にあるがね

バカかお前は、自然界の濃度の程度まで希釈できるでしょ
自然界の濃度や歴史上過去の濃度が危険だと言うなら地球から出ていけばいいよ
自分の主張はおかしいと気が付かないのかね全く

海水は13該リッター、トリチウムトリチウムと騒いでるがタンクの総量に対し
含まれるトリチウム水だけの量は22cc程度だって判ってるかね
それを危険だと騒いで認識できる神経が可笑しいね

>>13.

>バスビー博士は、ウラニウムの危険性について、警告している。

またこの人か、普通に考えれば判りそうなもんだけどな

では、なぜこの人は、まだいろんな機関で効果が無いと否定され、医薬品にもならない
ビタアルトなる高額な健康食品をデトックス効果が有ると偽って売ってるのかな?
そこを教えてほしい、この様な事をしている人を信じる根拠は何なんだろ?

そもそも、アップルペクチンは人間には難消化性食物繊維、腸内の物なら判るが
取り込まれたものに効果が出る訳ないわな


15. 2020年9月11日 10:32:22 : XgpvjPYix6 : ZmpkYW9aZ1I0WUE=[2] 報告
>>14
無恥で無知な工作員。

> 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発 

http://www.asyura2.com/18/genpatu50/msg/362.html

16. 2021年4月13日 13:02:46 : oyZaIFcmqk : MllDcjNWVHpBMmc=[777] 報告
ここでウランがどうたらこうたらといっている情弱がいるが自然界にあるウランの99%以上は核分裂の材料には使えない。いくら自然界にあるウランの量を論じても始まらない。

ほんの一部のウランだけが人間による核分裂が可能でそれが原発の材料となる。相当濃縮しなければ使えない。イランの濃縮を認めないとか北朝鮮の工場が報道されるのはこのため。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素50掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素50掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素50掲示板  
次へ